巨人化する注射の中身を考察!巨人になれる能力は脊髄液?

「進撃の巨人」第64話「歓迎会」にてフリーダが注射を打ち巨人化するシーンがあり、これにより人間が巨人化するための「薬」が存在することが分かりました。

ロッドレイスやグリシャが持っていた巨人化する注射の薬とはどのような物なのでしょうか?


この注射の中身を検証してみましょう!

Sponsored Link


◆巨人化するための条件を検証!

12_11
「進撃の巨人」第42話「戦士」より

まず注射の中身を考察する前に巨人化するための条件を検証してみましょう。

  • 傷を負わなければ巨人化は出来ません。ほとんどは自傷行為で巨人化していますが第42話でライナーとベルトルトはミカサに斬りつけられた傷で巨人化しています。
    ここで自傷行為ではなくても傷を負えば巨人化できる事が分かりました。

  • 体力が十分に無いと巨人化は出来ません。第53話でのハンジの実験によりエレンは連続で巨人化出来たのは二度で三度目は不完全な巨人にしかなれませんでした。


  • さらに第46話ではライナーがエレンに大きなダメージを負った状態では巨人化は出来ないと言っています。

    なぜ巨人化するには「傷」と「体力」が必要なのでしょう?


    ◆巨人化能力は自己再生機能!?

    e6de8a30dba76b921edba93e02f767b2
    「進撃の巨人」第12話「偶像」より

    巨人化する際には必ず傷を負わなければなりません。

    傷を負うと人間には自然に治癒する「自然治癒力」が活動し出します。この自然治癒力には傷を治す「自己再生機能」と病原体やウイルスと戦う「自己防衛機能」と二種類あります。

    この二種類の自然治癒力の両方に重要な役割を果たすのが白血球「マクロファージ」です。

    このマクロファージは白血球の一種で怪我をすると集まって細胞と細胞の間のコミュニケーション因子を出します。そこから筋線維芽細胞が作られ、これがコラーゲンを作って血小板を活性化させ肉芽組織になり、傷口をふさぎます。

    このマクロファージの働きは巨人化する際のプロセスと良く似ています。まず傷を負った際に働くという点です。

    そして巨人は非常に「発熱」していますがマクロファージも活動している際には発熱していることが分かっています。さらに巨人は傷を負うと凄まじい回復力を見せていますがこれは自己再生機能と全く同じ働きです。そして巨人の再生中の部位が高熱を出しているのも分かっています。まさにこれは白血球「マクロファージ」の働きと言えます。

    もしこの自己再生機能をとんでもなく活性化させれば巨人化も可能なのではないでしょうか?

    そうなると注射の中身にはマクロファージの働きをとんでもなく活性化させ肉芽組織を異常増殖させる薬が入っているのかもしれません。そして肉芽組織を異常増殖させて肉芽組織の細胞分裂が活発化すれば体力はかなり必要になるのも分かります。

    そのために巨人化するためには「傷」と「体力」が必要なのかもしれません。


    巨人化の能力は自己再生機能が関係していることが分かりました。ここからさらに別の角度から巨人化する注射の中身を考察してみましょう!!


    ◆巨人化出来る能力を有する人間を食べると能力が移行する理由が解明!

    2015-06-05_035655
    「進撃の巨人」第62話「罪」より

    第65話にてロッド・レイスよりエレンの「脊髄液を体内に入れれば」レイス家に伝わる「巨人の力」と「世界の記憶」が手に入ると分かりました。これはエレンが父グリシャから受け継いだ巨人化の能力と同じ原理だと言えます。

    巨人化の能力は巨人化出来る人間の「脊髄液」を取り入れればその能力を受け継ぐことが出来るのです。ということは巨人化の能力は骨髄液にあるのでしょうか?

    そこで自己再生機能に必要な白血球「マクロファージ」、血小板に着目してみると、白血球や血小板は骨髄で作られていることが分かりました。やはりこれは巨人化の能力は自己再生機能にあるということでしょう!


    ◆巨人化できる注射の中身は奪われた骨髄液だった!?

    150209_03
    「進撃の巨人」第66話「願い」より

    そうなるとやはり注射の中身は自己再生機能をとんでもなく活発化させる薬が入っていると思われます。

    しかしロッド・レイスが持っていた注射は「ヨロイ・ブラウン」と書かれていたり、超超大型巨人になれる薬などでした。ただ巨人化するだけの薬ではありません。

    このような特殊な巨人になれる薬をどのようにして手にしたのでしょうか?ロッド・レイスの発言から「巨人化する人間の骨髄液を入れれば」巨人化出来るようになるのが分かりました。ということは超超大型巨人化出来る人間の骨髄液を入れれば超超大型巨人になれるようになるのです。そして「鎧の巨人」の骨髄液を入れれば鎧の巨人になれるようになるのです。

    もしかしたらロッド・レイスが持っていたカバンの中にあった数々の巨人になれる注射の薬は、「巨人化出来る人間から抽出した骨髄液」だったのではないでしょうか?


    ◆巨人化能力から分かるレイス家と壁内人類の罪!レイス家が「悪魔の末裔」だった!?


    そう考えるといろいろな事が繋がります。ベルトルトやライナーたちもロッド・レイスのように血統で巨人化能力を受け継いでいたとしたら、祖先がレイス家の人間に骨髄液を奪われたことになります。

    そう考えるとベルトルトが第49話で言っていた「悪魔の末裔」という言葉は壁内人類の王家であるレイス家に対して言っていたのかもしれません。

    ということはロッド・レイスが持っていた注射は過去の壁内人類が犯した罪の結晶なのかもしれません。

    【進撃の巨人ネタバレ70話から脊髄液と巨人作成の目的を考察!】
    【エルヴィンの腕は再生するのか検証!巨人化する?】


    Sponsored Link

    14 Responses to “巨人化する注射の中身を考察!巨人になれる能力は脊髄液?”

    1. ロザ より:

      こんばんは!たしかにあの薬に脊髄液が関係しているのはほぼ間違いないですよね!けれど、この世界には人以外にも巨大化してるものがありますよね。巨大樹の森です!あれもなにか関係しているのではないでしょうか?例えば樹液とか……確証はありませんが、動物などは今のところそういった描写はありませんがあの木はなんだかただ舞台になるだけのものではなさそうです!アースさんの中で既出でしたらすみません!

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        >例えば樹液とか……
        脊髄液と巨大樹の樹液を使って巨人化注射を作ったということですかね?
        これは面白い考察ですね!
        ちなみに当サイトの既出ではありません。

        巨大樹以外に巨大な物が登場したら、そこから巨人化注射作成の手がかりがあるのかもしれませんね!
        これは要チェックです!

        またコメントください!
        よろしくです!



        管理人アース

    2. ロザ より:

      ありがとうございます!
      そう言えば、巨人って日光がないところでは動けないものがほとんどで、ハンジの言う「月光の巨人」も光の量は違えど原理は変わりませんよね。
      巨人は日光とエネルギーを作っているのでしょうか?何だか植物の光合成を連想させます。もしそうだと酸素を作って人類に貢献してますね(笑)
      葉緑体は持ってなさそうですが(笑)
      しかし、あの木を調査すればたとえば巨人のメカニズムと似たところが見つかったり、たとえばその生態に地質が影響しているのがわかったりと、何かしら利益はあると思います!本当に薬には樹液が混ざってるかもしれません。
      あと至るところに群生というのも気になりますね。それぞれあの下にピンポイントに何か埋まってるのでしょうか?

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        >それぞれあの下にピンポイントに何か埋まってるのでしょうか?
        そう言えば小説版「Before the fall」では、立体機動装置とスナップブレードの誕生が描かれています。
        スナップブレードを作る際には巨人の固い皮膚を削ぐために「黒金竹」という素材が使えわれています。
        この黒金竹は山岳地帯に自生しており、土壌に含まれている鉄分を長年吸収して固い竹となったという設定だった気がします。
        となると、巨大樹が生えている下には「物を大きくする何か」が埋まっている可能性がありますね。
        それが巨人化注射の成分に関わっている可能性は大ですね!

        面白い考察です!
        日光との関わり方も植物と似ていますよね!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    3. ゆう より:

      お疲れ様です☆

      最強、ビフォーザフォールの小説を読みました。
      漫画にはまだ出てきていませんが、
      黒金竹以外にも、
      氷爆石が出てきています。


      湖が凍ってできた氷爆石は、
      持ち出そうとして、
      常温になるとガス爆発、
      気化してしまうみたいです。

      本編の、
      巨大樹の森、光る鉱石、
      黒金竹、氷爆石、
      どれも巨人から身を守るために使われていますが、
      巨大化、光、硬質化、爆発、気化する事は、
      巨人の性質に似ています。

      これらの材料を調べていくと、脊髄液の他にも、
      巨人化する薬に入ってる成分になるのかもしれませんね。

      • 管理人アース より:

        ゆうさん!

        コメントありがとうございます!

        >これらの材料を調べていくと、脊髄液の他にも、
        巨人化する薬に入ってる成分になるのかもしれませんね。
        巨大樹は怪しいですよね!
        やっぱり「巨大にする何か」が巨人化液に関係していそうです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    4. sukekiyo より:

      こんばんは、アースさん。

      過去の検証記事にて失礼致します。
      実は4月29日付けの最新記事を読ませて頂いて(ヒストリアに注射が使用される可能性についての内容です。)ふと巨人化注射についてもう一度考え直してみたくなりこちらの記事に飛びました。

      以前私も自分なりに巨人化するメカニズムについて数日考え込んだことがあります。
      アースさんのおっしゃる傷をつける事でその修復に必要なマクロファージの働きが絡んでいるとの考察には恐れ入りました。
      脊髄液が由来ならばかなり可能性が高いですね。

      巨人化能力を有する人間と、壁外をさまよっている無知性の巨人との決定的な違いはなんなのか、また注射器の中身によって巨人化した場合とそれ以外の方法で巨人化する場合とでは根本的に何かが違うのだろうかと考えが煮詰まってしまっており、さらにレイス家だの初代王の記憶だのが絡んでくるので…。

      こちらの記事の内容だと、巨人化注射について知っているだろうグリシャが医者だったことにも合点がいきますし、壁外の技術がかなり高度なものだということの説明にも繋がりますよね。

      最新考察記事の内容については今後の展開だけでなくあらゆる方面の情報を総動員させないと「これ」と納得できる考えに至らないので頭の中がまとまったらまたコメントさせて下さい(^^;

      乱文失礼致しました。

      • 管理人アース より:

        sukekiyoさん!

        コメントありがとうございます!
        懐かしい記事ですね!(笑)
        もう一年以上前に書いた記事なんだなと思いました。
        この記事は巨人化注射液が「脊髄液由来」と分かる前に書いた記事で
        第70話で巨人化注射が「脊髄液由来」と分かった時には嬉しかったですよ!(笑)

        またコメントよろしくです!


        管理人アース

    5. べリア より:

      とても興味深い考察内容で面白かったです。
      脊髄液とかマクロファージのメカニズムについてもとても参考になりました。
      マクロファージは掃除屋とも呼ばれてるみたいですが

      ベルトルト・フーバーのフーバーは掃除機をかける(吸い込む飲み込む)いう意味もあるそうで
      進撃の巨人の象徴キャラのこのネーミングにも何か関係があるのかなとこちらの考察を読んで考えてしまいました。

      • 管理人アース より:

        べリアさん!

        コメントありがとうございます!

        >フーバーは掃除機をかける(吸い込む飲み込む)いう意味
        これは知らなかったです!ありがとうございます!
        諫山先生のネーミングは意味深すぎますよね!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    6. カピバラ より:

      初めてコメントしますカピバラです
      私はマンガを詳しくよんでるわけでは無いのですが、疑問点があったので、、、

      脊髄液によって無知性巨人が人間に戻れることは分かりましたが、それでは一番最初に巨人化できる人間になった人は一体誰の脊髄液によって巨人化できる人間になったのだろうと思いました

      もしかしたら未来からつれてきて脊髄液を?とおもったのですが、やっぱりそれではどうやってうまれたのかわからないなーとおもってました汗
      つまらない疑問でごめんなさい汗

      • 管理人アース より:

        カピバラさん!

        コメントありがとうございます!

        >一番最初に巨人化できる人間になった人は一体誰の脊髄液によって巨人化できる人間になったのだろう
        よく分かりますよ。
        ただ、無知性巨人もどのように誕生したのかも分からないので・・・(・_・;)
        人間が、巨人化液を摂取すると無知性巨人になるのは分かっていますが、その巨人化液はどのように作られたのかも分かっていません。
        なので、まずそこが分からないと、だと思います。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    7. Lhowon より:

      楽しく拝見させていただいております。

      あまり、細かい科学的考察をするのは、野暮ですが、

      脊髄液と骨髄液はだいぶ違います。前者はほとんど細胞成分のない液体です。後者は液というよりは造血細胞の塊です。背骨だけにあるわけではありません。

      余計なことで、申し訳ありません

      • 管理人アース より:

        Lhowonさん!

        コメントありがとうございます!

        そうなんですね。
        となると、脊髄液が正しいでしょうか?
        大雑把な考察に、ご指摘ありがとうございます!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ