進撃の巨人が人気の理由を徹底考察!伏線やストーリーが凄い?

「進撃の巨人」は連載開始して5年半が経過しました。今年はアニメ映画、実写映画、実写ドラマが始まるなど、その人気はとどまることを知りません。

来年にはテレビアニメの2期が開始することも決定しています。なぜ「進撃の巨人」の人気はこれほど続いているのでしょうか?

早速、検証してみましょう!

Sponsored Link


◆計算され尽くしたストーリーと伏線がすごい

42126354
「進撃の巨人」第18話「今何をすべきか」より

まず第1話冒頭からループ説や夢説などを思わせるタイトルや始まり方は作者の策略を感じさせます。

例えば第21話でアルミンがアニの立体機動装置がマルコの物であると気付いたシーンや第18話でアニが「ごめんなさい」と謝るシーンなど伏線が張り巡らせています。女型の巨人の正体がアニであると分かってから読み返すとアニの「ごめんなさい」は「助けられなくてごめんなさい」ではなく「殺してごめんなさい」だったのかと気付きます。

そのため2回3回と読み返しても違う意味に気付き、違うストーリーを読んでいるような気にさせられ飽きさせない作品になっています。そのため物語の最終回を読んだ後に第1話のタイトルと冒頭のシーンも違った意味に取れるのではないかと期待させられます。

作者諫山創先生の「計算しつくされたストーリー」と「キチンと回収されている伏線」が人気の理由のひとつであることは間違いありません。

Sponsored Link


◆アニメのクオリティーとオリジナリティーがすごい!!

37f81fbe
「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

これまで原作のお決まりパターンというアニメの定番をぶっ壊し、オリジナリティーを出した所がすごいです。

作者諫山創先生は「アニメが完成版」と公言しています。これは打ち切りになる恐れから序盤でのキャラクターの掘り下げが足りなかったため、アニメではそこを補いより完成度を増したバージョンになっているためです。

これまでのアニメにはあまり見られなかったところではないでしょうか?

クオリティーも高く、原作では感じられなかった立体機動装置を使用している時のスピード感は素晴らしかったです。そして原作の世界観を壊すこと無く逆に世界観を固める役目をしました。

完成度は間違いなく原作のファンを満足させ、なおかつ原作ファンを増やしていると思われます。ちなみに管理人アースもテレビアニメで初めて「進撃の巨人」を見て原作を買ったパターンです。アースとしてはあまりなかったパターンでそれだけアニメの完成度が高いのだと感じています。

その他にもキャラクターの魅力が人気の理由のひとつです。リヴァイ兵士長の人気は凄まじく、間違いなく「進撃の巨人」の人気を支えるひとつの要因になっているでしょう。


原作とアニメの双方がお互いの人気を支えあっている形になっているようです。来年から始まるアニメ2期によって、より人気が高まることは間違いでしょう!

これからの作品の進撃が楽しみでなりません!

【諫山創が天才だと言える理由を考察!ストーリーと伏線がやばい!】
【諫山創の年収はいくらか検証!年収は17億円以上ある?】


Sponsored Link

6 Responses to “進撃の巨人が人気の理由を徹底考察!伏線やストーリーが凄い?”

  1. Flügel der Freiheit より:

    個人的なケースなので参考にはならないかもしれませんが、私が『進撃の巨人』を読み始めた経緯についてコメントしたいと思います。その中で、少し一般論も交えたいと思います。ものすごく長いコメントなので、途中まで読んでもらっても構いません(笑)



    以前にも申しましたが、私がこの作品を読み始めたのは、最近のことです。

    基本的に私は、『妖怪ウォッチ』や『ドラえもん』のように、どちらかといえば、ほのぼのしていて、低年齢向けのアニメが好きです(笑)ジバニャンかわいい(笑)

    その一方、以前から『進撃の巨人』という作品の存在は知っていましたが…。流血シーンが苦手な私にとっては、怖くて読みにくそうなので、読むことは永遠にないだろうなと思っていました(笑)今でも、特に血なまぐさい描写については、直視を躊躇うことがあります。

    一般論として、流血シーンが多いという点で『進撃の巨人』は、同じく大人気漫画である『ONE PIECE』よりも足を踏み入れにくいと言えるかもしれません。



    そうは言っても、非常に人気のある漫画なので、どんな話なのかネットで評判を見てみました。『進撃の巨人』には、壮大な世界観があって、そこには重大な秘密が隠されており、読者はそれを考察しながらストーリーを楽しむというタイプの物語だと分かり、何となく興味を持ちました。

    『ONE PIECE』も、そういうタイプの漫画だと言えるのかもしれませんが、かなりの長期連載ですからね。「今から読み始めても難しいかも」と私は感じていました。『進撃の巨人』なら15巻程度なので、初心者でも何とかなるかもしれないと思いました(笑)この点においては、『進撃の巨人』のほうが足を踏み入れやすいですね(笑)野暮ったい話で大変申し訳ないですが…。

    そんなわけで、少しずつ『進撃の巨人』に興味を持ち始めておりました。確かめてみると、GYAO!でアニメ『進撃の巨人』の無料配信があったので、騙されたつもりで見てみました!

    アニメの内容に入る前に、オープニングソングの段階で既に感動してしまいました(笑)私は、すでにこの時点で、良い予感がしていました。一般論として、アニメに新しい視聴者を誘い込むためには、オープニングソングは重要だと思います。

    個人的には、「このシーンが決め手で『進撃の巨人』を見続けようと思った!」というのは特にありませんでした。あえて言えば、「全てのシーン」が決め手でした(笑)物語の謎が気になって仕方ないので、無我夢中にガンガン見まくったという感じです。



    アニメを25話まで見終わっても、まだ先の展開が気になるということで、原作を買って読むことにしました。

    作者の画力は高くないという噂も聞いていたので、絵については、あまり期待していなかったのですが…。実際に読んでみると、まだアニメでは見られない場面はもちろん、すでにアニメで見た場面も面白いと思いました!

    画力については、確かに素人っぽい部分もあるようには感じました。けれども、この作品の魅力の1つである戦闘シーンの描写については、非常に上手だと思います!

    また、特に重要な場面では、作者が全身全霊で絵を描いていることが非常に伝わってきます!私が特にジーンと感動したのは、エレンやリヴァイの女型の巨人との戦闘シーン、エルヴィンの演説シーンです。あれだけの迫力ある絵は、諫山先生以外の人には描けないと思います!

    アニメのクオリティーは確かに高いですが、それも原作の描写が素晴らしいからこそ可能なのだと思います。



    『進撃の巨人』の謎のうち、一部が判明するにつれて、この作品の「思想性」も感じられるようになってきました。

    この作品の大きなテーマとして「自由」があると思いますが、この言葉は、ややもすれば、非常に浅はかに使われがちだと思います。

    この作品で描かれる「自由」とは、単に「好きなことができる」という浅薄な意味ではないと思います。「たとえ敵がどれだけ強くても、心の奥底までは敵に支配されたり拘束されたりしない」という、人間の精神の本質を炙り出しているのではないでしょうか。

    もしも『進撃の巨人』が小説だったら文学賞を取れるだろうと思ってしまうくらい、この作品は重厚で審美的だと思っています。



    言うまでもないことですが、『進撃の巨人』は素晴らしい作品です。具体的には、
    ・世界観の壮大さ
    ・物語の謎の興味深さ
    ・伏線の精巧さ
    ・キャラクターの魅力的な個性
    ・重要シーンでの迫力ある描写
    ・さりげなく盛り込まれているギャグ
    ・審美的な心理描写
    ・哲学的で普遍的なテーマ性
    といった点において、漫画以外の物語も含め、どの作品と比べても決して劣ることのない名作ではないでしょうか。

    やっぱり長いコメントになってしまいました(笑)内容を全部読んでくださったか自信がないですが、ほんの少しでも参考になる部分があれば幸いです。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >ジバニャンかわいい(笑)
      低年齢向けアニメの方が好きというのは意外でした。
      考察力からして、考察物ばかりを読んでいるのかと思いっていました!
      「妖怪ウォッチ」は面白いですよね!
      個人的にはオロチがかっこ良くて好きです(笑)

      >特に重要な場面では、作者が全身全霊で絵を描いていることが非常に伝わってきます!
      盛り上がるシーンでの見開き2ページを使った画には「思い入れ」を感じますよね!
      見た瞬間「ハッ!」とさせられます!

      >「たとえ敵がどれだけ強くても、心の奥底までは敵に支配されたり拘束されたりしない」
      これですよね!
      エレンの「何にも屈しない」という精神がこの作品の根本であり魅力だと思います。
      トロスト区攻防戦での圧倒的戦力を誇る無知性巨人に104期生が挑む姿は読んでて熱くなりました!
      エレンゲリオンが岩を塞ぐ時のシーンを見た時に「この作品はずっと追いかけよう」と決めました(笑)

      今回のコメントでFlügel der Freiheitさんの「進撃の巨人」に対する熱い気持ちが伝わって来ました!
      来年のアニメ化がすごく楽しみですよね!

      現在「リミッター解除の真相について!アッカーマン一族の謎とは?」という内容でリミッター解除についてのコンテンツ作成中です!
      Flügel der Freiheitさんの考察を基に、書かせて頂いております。

      公開しましたら、ぜひ読んで頂ければと思います。


      よろしくお願いします!


      管理人アース

  2. Flügel der Freiheit より:

    返信ありがとうございます。

    さて、ジーンと感動した絵の例として、「エルヴィンの演説」を1つ挙げました。これは特に、第49話『突撃』で描かれている絵を指しています。「エルヴィンの突撃命令時の絵」と言ったほうが明確だったかもしれません。

    エルヴィンの活躍を含め、調査兵団が鎧の巨人らと戦う場面は、今後のアニメ『進撃の巨人』で、特に期待したい場面の1つでもあります!

    他に、私が特別期待しているのは、やはりケニー・アッカーマンの演出です!声は誰が担当されるんでしょうか?非常に気になります。

    ケニーは、アニメ2期で登場するでしょうか?アニメ3期まで待たなければならないでしょうか?アニメのケニーが早く見たいです。

    そして、アニメ1期からは予想しにくいほど、クリスタが大活躍することになります。他にも、怒ったら怖いハンジ、戦士と兵士の葛藤に悩まされるライナーたちなど、キャラクターの意外な側面が判明することになりますので、そういった新しい要素をアニメでいかに表現するか、注目していきたいと思います。

    原作で内容を知っている人でも、アニメを新鮮な気分で楽しめるようにするため、何らかの新しいエピソードや伏線が設けられると予想されます。


    ※前回に投稿した私のコメントで、「この作品の大きなテーマとして『自由』があると思いますが、この言葉は、ややもすれば、非常に浅はかに使われがちだと思います」と書きました。これは、「現実世界では、『自由』という言葉が浅はかに使われがちである」という意味です。

    それに対し、『進撃の巨人』で描かれるのは、人間の精神の本質としての「自由」です。この「自由」の意味については、作品のテーマとして重要であるだけでなく、物語の伏線を考察する上でも重要だと思っています。

    ですので、もっと詳しく考えたいところなのですが、さすがにコメントが長くなりすぎるので、今日はこのくらいにしておきたいと思います。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      【リミッター解除の真相について!アッカーマン一族の謎とは?】アップしましたので読んでください!
      かなりFlügel der Freiheitさんの考察を取り入れさせてもらい、かなり良いコンテンツが出来たと思っています!
      ありがとうございました!
      これからも考えを聞かせてください!

      >ケニーは、アニメ2期で登場するでしょうか?
      【進撃の巨人のアニメ2期の最終回の結末は?アニメ2期の配分を予想!】でも書きましたが、1期と同じように2クール続けばケニーも登場しますよ!
      ケニーの声優は気になりますね(*^_^*)
      コメディーな感じを出しながら渋い声のイメージですね。

      >『進撃の巨人』で描かれるのは、人間の精神の本質としての「自由」です。この「自由」の意味については、作品のテーマとして重要であるだけでなく、物語の伏線を考察する上でも重要だと思っています。
      深いですね。
      与えられた「自由」ではなく勝ち取った「自由」という意味でしょうか?
      英語で言うとfreeではなくLibertyといったところでしょうか?

      「進撃の巨人」で描かれている「自由」とは外の世界へ行くことと同義になっていますね。
      壁に囲まれた世界だけが「与えられた自由」であり、エレンは「勝ち取って手に入れる自由」を求め外の世界行くことを渇望しています。
      現在72話ではこのエレンのLibertyに対する気持ちがかなり浅薄になっているところが気になるところですが…
      初期の頃のエレンの自由への渇望をもっと前面に出して欲しいですね。
      「戦え!!」と決して屈しないエレンを見たいです!

      またコメントよろしくお願いします!


      管理人アース

  3. Flügel der Freiheit より:

    返信ありがとうございます。

    英語のLibertyかFreedomか?それとも、ドイツ語のFreiheitでしょうか?微妙なニュアンスの違いがあるかもしれませんが、少なくとも現段階においては、作品と関連づけて考察するのは難しいと思います…。

    現段階では、初代王の思想のすべてが分かったわけではありません。従って、それと対立する「自由」の思想についても、必ずしも明確ではないという状況ではあると思います。

    ちょっと話が変わりますが、『進撃の巨人』という作品は、確かに「自由」がテーマであると考えられますが、それが絶対的な正義であるとは決めつけていませんね!壁内人類の敵側や、エレンと対立する側にも大義があることが、ちゃんと描かれています。

    『進撃の巨人』という作品自体は、主人公の敵側についても、基本的には寛容だと思いますし、描写も奥深いです。このことは、作品のレベルをさらに高めています!

    こういった観点から考えると、最近のエレンが「自由」への意思を見失いかけているのも納得できます!つまり、作品の思想性を高めるため、主人公の困惑の時期をわざと設けたとも推測できるのではないでしょうか。

    この私の推測が当たっているかどうかは定かではありませんが、いずれにせよ、今後のエレンに注目したいですね。

    • 管理人アース より:

      Flügel der Freiheitさん!

      コメントありがとうございます!

      >壁内人類の敵側や、エレンと対立する側にも大義があることが、ちゃんと描かれています。
      そうなんですよね~。
      敵側にも大義があるように含みを持たせていますね!
      ライナー、ベルトルト、アニ達の大義が何なのかは分かりませんが、間違い無くありますね!
      切り裂きケニーのような大量殺人鬼にすら大義、そのようになった理由が描かれており、「絶対悪」がこの作品にはいないように見えます。

      それはラスボス?「獣の巨人」もそうなのでしょうか?
      エレンは皆の大義を理解した上でも「自由」を求めるでしょうか?
      その時のエレンはどのように描かれるでしょう?

      楽しみですね!
      その時のFlügel der Freiheitの考察も楽しみです!

      またコメントよろしくお願いします!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ