進撃の巨人マルロが巨人化する?声優が杉田智和の真相!

ヒッチとともに憲兵団いてアニの同期であったマルロは、最新話77話では調査兵団に所属しシガンシナ区決戦に参加しています。

しかも前線にて、馬を守っているマルロはミカサ、エレン達と離れており、かなり危険なポジションと言えるでしょう!

マルロの今後の展開は、どうなっていくのでしょうか?

巨人化するという展開も考えられるのでは…

考察してみましょう!

※マルロが81話で死亡したことが確定したので追記してます。

Sponsored Link

◆マルロ・フロイデンベルクとは?

2016-01-25_035347
マルロのプロフィールです!

項目 内容
名前 マルロ・フロイデンベルク
身長 178cm
体重 66kg
誕生日 2月28日
年齢
出身地
所属 憲兵団→調査兵団
目的 この世界の不正を正すこと
マルロの由来 ヘブライ語由来の女性名
フロイデンベルクの由来 ドイツの地名

公式ガイドブックデータ
2016-01-25_070356 格闘術:8
行動力:8
秘めた熱意:9
頭脳戦:7
協調性:8

(「公式ガイドブック抗」より)

上官の分析
マルロ?ああ、あの堅苦しい奴ね。理想に燃えるのはいいんだが、ここじゃそういうのは願い下げさ。せっかく巨人のいない内地に来れたんだ。肩肘張らず、酒でも飲んで気楽に過ごせばいいんじゃないの?
評価 ?

公式ガイドブックデータより

分析している上官とはコイツの事です!(笑)
2016-01-25_035126 本当にクズな上官でしたよね!(笑)

データーではそれほど特筆すべき数値は出ていません。

「秘めた熱意」も9となっていますし、思ったよりも低い数値です。

これは、アニメオリジナルで備品を横流ししている上官に屈した事が影響しているのかもしれませんね。

しかし、あの状況では仕方ないでしょう…

ちなみにマルロは、59話雑誌掲載時ではマルロ・サンドという名前でしたが、コミックス掲載時にマルロ・フロイデンベルクに修正されています。
2016-01-25_052626
もともとのマルロ・サンドという名前は格闘家のマルロン・サンドロが由来のようです。
2016-01-25_073121 格闘好きの諫山先生らしいネーミングです!(笑)


◆管理人アースによるマルロのオススメ名場面!

2016-01-25_060258
マルロの名場面と言えば第31話「微笑み」と第59話「外道の魂」でしょう!

見てみましょう!

第59話の名場面!

2016-01-25_070512
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より

調査兵団を捜索していたマルロは、ヒッチとともに逆に調査兵団に捕まってしまいます。

マルロは人類最強と言われるリヴァイを目の当たりにし、「本物だ…」と思っています。

これは、リヴァイの数々の武勇伝を知っているからでしょう!

そして、このまま殺されるのではないかと想像しているようです。
2016-01-25_070535
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より


しかし、捕まっている間に聞いたリヴァイ兵長の話から、マルロは調査兵団が間違っていないと思いはじめます。
2016-01-25_070604
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より


さらに、リヴァイ兵長の自分たちを解放するという言葉から、調査兵団が正しいと判断し、協力を申し出ます!
2016-01-25_070654
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より


リヴァイ兵長の強さ、恐ろしさを知っており、さらには解放すると聞いていおきながら協力を申し出るこの時のマルロは、間違いなく損得抜きで言っていますね!

この後、ジャンのファインプレーにより、調査兵団に協力することが叶い、マルロ達はリヴァイ兵長を助ける活躍を見せることになります!
2016-01-25_070712
「進撃の巨人」第59話「外道の魂」より


この正義感はエレンの馬鹿さ加減に通じるものであり、マルロの特徴を表す名場面となっています!

第31話「微笑み」の名場面は【進撃の巨人アニ・レオンハートの経歴プロフィールまとめ!】にて紹介していますので、見てみてください!

Sponsored Link


◆マルロの役割と今後の展開を予想!巨人化する?

2016-01-25_074057
「進撃の巨人」第76話「雷槍」より

現在最新話77話でマルロは調査兵団の兵士としてシガンシナ区決戦に参加しており、故郷組から馬を守る役を担っています。

ここは獣の巨人側に近く、獣の巨人の攻撃が始まった際は真っ先に犠牲になる可能性を秘めています。

そして、獣の巨人の攻撃と言うと、どのような事が予想されるでしょうか?

やはり何かしらを投げる攻撃が予想されます!

そして投げるとしたら、やはり四足歩行型巨人の上にある木箱であることが濃厚だと思われます!

その木箱の中身が何かによって、マルロの今後に影響してくるでしょう。

ちなみに管理人アースはこの木箱の中身を「巨人化液」が入っていると予想しています!

となると、マルコが無知性巨人化する可能性があるということになります!

ここまでの予想はあくまで管理人アースの予想と一パターンですので可能性は低いかもしれませんが、今後のマルロにどのような展開が起きてもショックを受けないように心の準備はしておきましょう!(笑)

【追記】
2016-05-07_034244
「進撃の巨人」第81話「約束」より


第81話「約束」にて、マルロは巨人化する機会もなく死亡しています。

ある意味、巨人化よりもショックな展開となっています(泣)


◆マルロ役声優 杉田智和さんによるアニメオリジナルエピソード!

2016-01-25_074311 マルロ役の杉田智和さんは埼玉県出身の35才の声優です。

ナレーターであり、作家としても活躍しています。

「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」ではカズヒラ・ミラー役、「ジョジョの奇妙な冒険」ではジョセフ・ジョースター役などをこなしている素晴らしい声優さんです。

第1期アニメ範囲で原作でのマルロの登場は、ほんの少しでしたが、アニメ「進撃の巨人」第23話「微笑み」では大きく改変があり、かなりのオリジナル展開がありました。

マルロの露出は多く、マルロ役の杉田智和の出番も多かったですね!

上官に蹴倒される展開は、可哀想でしたが!(^_^;)
2016-01-25_035611
杉田さんの素晴らしい演技でマルロの魅力が大きく描かれているアニメオリジナルエピソードとなっていました!

第2期アニメでの杉田智和さんによるマルロの名場面シーンがどのようになるのか、今から楽しみです!\(^o^)/

【進撃の巨人ヒッチが枕営業して憲兵団に入った?経歴まとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ31話の考察!「微笑み」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ59話の考察!「外道の魂」の伏線ポイントまとめ!】
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

8 Responses to “進撃の巨人マルロが巨人化する?声優が杉田智和の真相!”

  1. ソフィ より:

    マルロの名字が変わっていることは知りませんでした。最近までコミック派だったので。

    フロイデンベルクというドイツ地名、ありますね。
    Freudenで喜び、Bergで山。日本人ならさしずめ嘉山さんでしょうか。
    あえて改名したところに作者の意図を勘ぐりたくなります。
    山といえば、最も高いところにある王都ミットラス?マルロの登場により、王都が喜びにみちあふれるエンディングを示唆していると信じたいです。今まで魅力的な脇役が死にすぎましたから、せめて新たにクローズアップされたマルロやディルクやマレーネなど、死なないでほしいですね(-_-)

    • 管理人アース より:

      ソフィさん!

      コメントありがとうございます!

      >意図を勘ぐりたくなります。
      おそらく安直に格闘家から付けたのを後悔したのかなと(笑)
      分かりませんが!(笑)

      >死なないでほしいですね(-_-)
      どうですかね~…
      諫山先生は、え!?って感じで死亡退場させることがあるので、怪しいですよね!(^_^;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 阿仁・獅子心 より:

    アースさん!
    ずーーーっと読ませていただいていたんですが今回コメントするのは始めてです!
    これからも面白い記事お願いします!

    さて、マルロなのですが、そんなに出番がないのならこんな声優さんを使わないのでは…?こんなすごいひとを使うのなら恐らくこの作戦で活躍すると、私は思っています!

    あ、あとマルロがマルコになってますよwww

    • 管理人アース より:

      阿仁・獅子心さん!

      コメントありがとうございます!

      >ずーーーっと読ませていただいていたんですが今回コメントするのは始めてです!
      ありがとうございます!
      これからも記事書いていくのでよろしくです!

      >そんなに出番がないのならこんな声優さんを使わないのでは…?
      あ~、なるほど!
      こういう予想の仕方もありますよね!(^^)
      ということは、マルロの死亡退場は無いかもですね!
      マルコ→マルロに修正しました!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 進撃のJK より:

    勝手な深読みをします。諫山先生がこういった意図でキャラを生んだかはわかりませんがマルロとヒッチには読書向けの隠された役割があると私は思うのです。

    まずマルロです。マルロは初見の時髪型が印象的で何だこのキャラと思ったものです同時に絶対この人モブだろと思いましたが考えてみると憲兵団から調査兵団に編入するという異例な経歴を持つ唯一のキャラです。そんなマルロには巨人化能力を持たなかった場合のエレン=裏エレンという隠された役割があると私は思うのです。

    2人は強い意思を持っているところや人の気持ちを理解出来ない鈍感なところなど共通点がいくつかあります。違うところといってパッと思いつくのは巨人化能力を持ってるか持ってないかです。もしエレンが巨人化能力を持たなかったらどうなるか?これは本当にただの死に急ぎ野郎になってしまいます。一方のマルロも編入という大きな決断をし自ら危険な道へ進もうとしていてまさに死に急いでいる状態です。72話でジャンがエレンに「巨人の力がなかったらお前何回死んでんだ」というセリフがありこれは本当に的を射たセリフなのだと思います。おそらくエレンは巨人化能力が無ければトロスト区奪還作戦あたりで真っ先に死んでいたと思います。ここで悲しいことにこのセリフの伏線回収(?)役にマルロが近いうちなると私は予想します。つまりあっけなく巨人に殺されるということです。いくら人一倍強い目的意識があったとしても力がなければ生き残れないという残酷な世界の象徴になってしまうと思います。

    • 管理人アース より:

      進撃のJKさん!

      コメントありがとうございます!

      >いくら人一倍強い目的意識があったとしても力がなければ生き残れないという残酷な世界の象徴になってしまうと思います。
      これヤバイ展開ですね!
      たしかにマルロはアニからもエレンと被るキャラだと判断されていましたよね!
      十分あり得るパターンだと思います!
      死に際に「まだこの世界には多くの不正が残っているのに…ガク」のような感じですかね(ーー;)
      マルロ要注目ですね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. ゆっきー より:

    マルロは結構好きです。
    もともと諌山先生はマルコはキャラが立たないから殺した、みたいなことを言っていましたが、私は今、マルロが果たしている役割は本来、マルコにやらせるつもりだったのではないかと思っています。
    キャラがいまいちなマルコに退場願って、その代替役として作りだしたのがマルロなのではと。名前も似ているし(笑)
     そのマルロが無知性巨人化とは・・・・
    ただ、この戦いのどっかで巨人化薬を使わないわけはないんですよね。この戦いが一段落つくか、戦いの途中で。(私は途中で、ハンジに指揮を委ねたエルヴィンがアルミンを引っ張って、「エレンと共に地下室まで私を案内しろ!」と命令すると思います。エレンがいないと瓦礫がどけられないし、アルミンかミカサがいないと正確な位置が分からない)
     いずれにせよ、地下室には世界の秘密はもちろんのこと、巨人化薬ぐらいは普通にあるでしょうから。あれを貴重品扱いしているのは地下室発見前だからでしょう。
    リヴァイが誰に使うかは興味深々であります。

    • 管理人アース より:

      ゆっきーさん!

      コメントありがとうございます!

      >マルロが果たしている役割は本来、マルコにやらせるつもりだったのではないかと思っています。
      確かに名前が似すぎですしね!(笑)
      キャラが立たなかった分エレンの「本物のバカ」を注入したのかもしれませんね!

      >そのマルロが無知性巨人化とは・・・・
      これはリヴァイの巨人化注射でなるのではなく、四足歩行型巨人が持っている木箱の中身でなるのだと思っています。
      樽の中にはベルトルトがいたことが分かっていますが、残りのもう一つの樽にはユミルが、他の四角い木箱には巨人化薬が入っているのではないかと考えています。
      それを獣の巨人が投げ、かかったマルロは強制無知性巨人化!(巨人化液が口に入って)
      そして近くにいたリヴァイを襲い…マルロのうなじが!(T_T)

      そんな展開があったりするかも、という予想です!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ