進撃の巨人78話考察!エレンがアルミンの交渉に懸念?

第78話「光臨」にてアルミンがベルトルトに交渉を持ちかける場面があり、78話の大きな見どころとなっていました。

ベルトルトに交渉を持ちかけたアルミンの真意には策略という狙いだけではなく、104期生同期としての気持ちも大きくあったはずですが、その気持ちがエレンには無いような描写がありました。

アルミンの気持ちが理解出来ないエレンには、どのような意味があるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆アルミンのベルトルト交渉の真意とは!?

2016-02-13_073404
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


ハンジがベルトルトを倒すため、部下に指示を出し動き出しましたが、アルミンは「最後の交渉チャンス」だと単独行動でベルトルトに声を掛けます。

その真意にはベルトルトの言う通り、ライナーを倒すための「時間稼ぎ」という狙いがあるとは思いますが、同期であるベルトルトへの気持ちが大きく作用している事は間違いないでしょう。

それは77話「雷槍」にて、ライナーを殺したと思ったアルミンが言った「交渉…できる余地なんて無かった…」という言葉からも感じられます。
2016-02-13_073356
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


この時涙を浮かべながら語るアルミンには後悔と悔いが強く感じられ、「今回は同じ事を繰り返したくない」という気持ちが強くあることが想像出来ます。

この時の気持ちが今回78話でのベルトルト交渉に繫がっていることは明白でしょう!

しかし、エレンはこの時のアルミンの行動を理解出来ないようです。
2016-02-13_073021
「進撃の巨人」第78話「光臨」より


なぜなのでしょう?

参考に、ライナーを殺したと思ったアルミン以外の104期生の気持ちはどうだったのか見てみましょう。

サシャとコニーは明らかに悲しんでいます。
2016-02-13_073338
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


自分たちの手で殺したと思っている事が大きく感情を揺さぶっているのでしょう。

ジャンも口では認めていませんが浮かべている涙から、強い悲しみを感じますね。
2016-02-13_073307
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


ミカサはどうでしょうか?

アルミンの「仕方なかった」という言葉を受けて、思う所はあるように見えます。
2016-02-13_073415
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


では今回考察するエレンはどうでしょうか?

ライナーが死亡したと思っている時の表情はこうです。
2016-02-13_073320
「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


ちょっと気持ちは読み取れませんね。

ただ、今回のアルミンの行動が理解出来ない所から、ベルトルトと会話をしたいと言う気持ちが無い事は窺えます。

なぜエレンだけは、このように割り切れていれるのでしょうか?

70話「いつか見た夢」では自分を言い聞かせようとしているエレンが描写されていました。
2016-02-13_073459
「進撃の巨人」第70話「いつか見た夢」より


この時にはライナー、ベルトルトへの複雑な気持ちがある事が感じられ、間違いなく同期としての感情があったのが分かります。

ただ、75話「二つの戦局」での「ぶっ殺してやる」のシーンで吹っ切れたのかもしれません。
2016-02-13_074219
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


この場面でのエレンゲリオンの鎧への雄叫びには、そのような決心が感じられます。
2016-02-13_073743
「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


ここでエレンと他の104期生との間に気持ちにおいて大きな差が出来たのかもしれませんね。

やはり、今のエレンには今回のアルミンの気持ちが理解出来ないと言うことになります。

ここから今後どのような展開が生まれるのでしょうか?

007Wさんからのコメントから考察してみましょう!

Sponsored Link


◆007Wさんからのコメント!エレンとアルミンの仲違い伏線か?

2016-02-13_073045
「進撃の巨人」第78話「光臨」より


007Wさんから「エレンとアルミンの考えのギャップですが、これは以前作者が言っていたエレンとアルミンが喧嘩をする伏線だと思います。」とのコメントをもらいました!

他の方からも同じようなコメントをもらっています!

コメントありがとうございました!

「エレンとアルミンがこのまま仲良しのままでは終わらない」と作者がコメントしていたというのは聞いたことがあります。

ということは、今回のエレンがアルミンの気持ちを理解出来ない場面は、エレンとアルミンの仲違いへの伏線ということになりそうです!

では、今後エレンがアルミンに今回の交渉について問い詰めるシーンがあるかもですね!

「なんであの時ベルトルトを止めたんだ!そのせいでハンジ班は全滅してしまったじゃないか!」「あいつらは殺さなきゃいけない敵なんだ!」とエレンがアルミンに食って掛かる展開が来るかもしれません!

現在78話では、ハンジの安否は分からず、エレン、アルミン達はエルヴィンとリヴァイとも距離が離れています。

このような時にこの展開が来たら、かなりヤバイです!

これは色んな意味で、今後の展開か目が離せませんね!(^_^;)

【進撃の巨人 ネタバレ】79話の最新話あらすじ!
【進撃の巨人 ネタバレ】78話のあらすじまとめ!
【進撃の巨人ライナーの脳機能の移行の意味とは?】
【ハンジとモブリットが死亡してる真相は?】


Sponsored Link

20 Responses to “進撃の巨人78話考察!エレンがアルミンの交渉に懸念?”

  1. リヴァイ料理長 より:

    こんばんわ!

    進撃の巨人、78話まできてまだまだ謎を増やしますね(笑)
    これはやはりみなさんおっしゃる通り、仲違い伏線だと思います。アルミンはアースさんがおっしゃる通り「今回は同じ事を繰り返したくない」のだと思います。
    しかし、76話の最後でライナーがうなじの鎧がはがれたところに雷槍を撃ち込まれるシーンで、ライナーが「・・・待っ、待って――」と言っています。これはライナーも交渉しようとしていたのではないでしょうか。以前のナンバリング考察であったようにアルミンは交渉し、ライナーは交渉できず。。。ということなのでは?と思いました。

    アルミンついでに質問なんですが、アニメ12話の巨人エレンを大岩の前でアルミンが説得するシーンで、「炎の水や氷の大地、砂の雪原が広がっている」のセリフの後に「僕の父さんや母さんが目指した世界だ」というセリフが追加されているのに気がつきました。アースさんはこれはどういう意味だと思いますか??
    アルミンの両親については伏線がある?ようなので気になりました。



    最後はほんとになんとなく気になったので質問させていただきました(笑)
    これからも興味深い考察をよろしくお願いします!!楽しみにしてます!!

    • 管理人アース より:

      リヴァイ料理長さん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミンは交渉し、ライナーは交渉できず。。。ということなのでは?と思いました。
      ライナーの「待って」は交渉するつもりだったと考えれば、分かりますね!
      ただ、その直前に「奥の手」を出そうとしていたので、どうかな?とは思いますが…

      >「僕の父さんや母さんが目指した世界だ」
      これはどこかの記事で書きましたが、仰る通りアニメオリジナルです。
      原作でのアルミンの両親は第15話冒頭で明らかになっているように王政の「口減らし作戦」で亡くなっています。
      しかしアニメでのアルミンの両親は壁外へ行こうとし死亡しているのでは、ということになっています!
      【進撃の巨人ネタバレ55話の考察!「痛み」の伏線ポイントまとめ!】の最後の考察で書いていました!
      見てみてください!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. 進撃してやる! より:

    考察お疲れ様です!

    70話のエレンのセリフがあったのでエレンが壁外に同情して仲違いだと思っていましたが違うっぽいですね。正直違和感を感じましたが私だけでしょうかw
    まあエレンの性格からいうと今はシガンシナに来てマリア奪還ということしか考えることができないという感じなんだと思います。もし、エレンが後悔するとしたら二人を倒して故郷側の事情を知ったときですね。エレンはアルミンと違い感情が先に来るタイプですから。キース教官も熱くなると周りが見えなくなるタイプと言っていますし

    エレンって感情のアップダウンが激しいですよね最近は特に。なんか情緒不安定に見えてしまいますw
    仲違いした時エレンがアルミンに口喧嘩で勝てると思わないのですがw

    • 管理人アース より:

      進撃してやる!さん!

      コメントありがとうございます!

      >仲違いした時エレンがアルミンに口喧嘩で勝てると思わないのですがw
      確かにそうですね!
      最後にエレンが「キー!!」って言いながら髪を掻きむしって終わるのでは?(笑)
      アニメではアルミンとエレンの口喧嘩のシーンがありましたよね?
      アニメ第5話でアルミンがくれたパンを食べずに巨人を駆逐するというエレンにアルミンが「無理だよ」というシーンです。
      結局はミカサがエレンにグーパンを食らわし口にパンを突っ込んで終わったのですが、今回エレンとアルミンの口喧嘩が起きたら、はさすがにこの終わり方は無いでしょう!(笑)

      エレンとアルミンの仲違い展開はどうなるのでしょうか?
      不安と期待が入り混じった感じです!(笑)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  3. 「巨人のことを 知らな過ぎる。」
    そうアルミンが言っていましたが、全く同感です。
    彼等が なぜ人を襲うのか?
    なぜ人類の死滅まで願うのか?
    エレンの力を欲するのはなぜか?
    など、相手の根本的なことが、まるでわかって
    いません。
    今までは、力ずくで巨人を追い払っていただけで、
    巨人相手に正面から話し合ったことなど、無かった
    と思います。
    これでは、例え ライベルジークを倒したとしても、
    再び故郷組から戦士が現れ、同じことのくり返し
    だと思います。

    その意味で、今回 アルミンが交渉に持ち込んだ
    事は、時間稼ぎ以前に 画期的なことだと思うのです。
    (ちなみに この時、「話をしよう!!」と 叫んだ
     アルミンの目が、“白目”なのが 気になります。
     もしや、アルミンの叫びの力なのか…?)

    とにかく これまで、巨人は恐いが 「壁」があるし、
    うなじを斬ってやっつけさえすればいい。
    その程度の認識しかなかったのが、いけないと
    思います。
    そこを、「相手の意思を聴こう」と進んだ アルミンの
    姿勢は、素晴らしいと思います。

    この事で、エレンとの仲違いはないと思います。
    あるとすれば、もっと深い思考、例えば 人類の
    行く末についての衝突は、今後出てくるのではと
    思います。

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >アルミンの目が、“白目”なのが 気になります。
      これは目を瞑っているのかと思います。

      >「相手の意思を聴こう」と進んだ アルミンの
      姿勢は、素晴らしいと思います。
      会話をしようとした姿勢は良いかもしれませんが、ハンジの許可無しに単独行動は
      兵団組織の一員としてどうかなと思いました。
      やはり、ハンジの許可を取るべきかと。

      これがキッカケで仲違いにならなければ良いですが…
      今仲違い展開があったら、故郷組も思う壺ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. アナベル より:

    エレンと他の104期生の感情の違いは、エレンは拉致された際に故郷組と会話しているからかもしれませんね。
    その時、母の死因を作ったベルトルトから「気の毒だと思ったよ」などと言われていますし、その問答の中で「お前らができるだけ苦しんで死ぬように努力する」と宣言しています(帰還後はまた別のことを言ってますが)。
    つまり、一度対話を試み相手方の考えを聞いているため、再度交渉する気にならないのではないでしょうか。
    また、そもそもエレンは強盗誘拐犯とは言え問答無用で人を殺しているような子です。そしてその事を後悔もしていないようです。その辺の気質によるものもありそうだと思います。

    • 管理人アース より:

      アナベルさん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンは拉致された際に故郷組と会話しているからかもしれませんね
      なるほど!
      エレナは一度話をしていますしね!
      この辺りの差は確かに大きいですよね!

      >その辺の気質によるものもありそうだと思います。
      エレンの気質も異常ですよね!
      これも何かしらの伏線なのでしょうか?

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  5. ポンジ より:

    アースさん、お疲れさまでした(o^・^o)

    私も75話「二つの戦局」でエレンの気持ちが吹っ切れたのだと思います。
    何より、仲間だとずっと思っていたのに、敵だった。
    かつて、人類を追い込んだ敵だった。。
    それが一番エレンの気持ちにあるでしょう。ライナー、ベルトルトはたくさんの仲間も殺していますし。

    もう、ライナー、ベルトルトをしっかり敵であるとエレンは認識しているのでしょうね。
    アルミンはまだ交渉できると思っていたようですが。
     
    これは修羅場になりそうです。

    • 管理人アース より:

      ポンジさん!

      コメントありがとうございます!

      >これは修羅場になりそうです。
      仲違い展開になりますかね?
      このタイミングで仲違いが起きると、故郷組の思う壺になりそうですが・・・(・_・;)
      来月号が気になります!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. 進撃の巨人もどき より:

    ごめんなさい…さっき間違えて送ってしまいました…
    ふと思ったのですが、ウォールマリア奪還作戦は成功するのでしょうか?まあ、成功するのでしょうが、成功しないとなると僕はこう思います。
    戦っている最中だが、団長命令?で地下室に行くことに。エレンは少し戸惑いながらも104期に後押しされ、地下室に行くことを決めます。しかし、地下室には何も無かった。ただ一つ、やり直せ、と書いてあった。エレンは何のことだか分からないでいた。そのとき、外からエレンを呼ぶ声が‼︎出てみると、104期やリヴァイ兵士長やその他の兵士が故郷組にやられて、次々と巨人に捕食されている。エレンは何のために地下室に行ったのか。どうして仲間を見捨てたのか。と、何のために戦っているのか分からなくなり、飛び出した。ミカサも追うが、アルミンは兵士を助けるために残る。着いた所は第1話でエレンが目覚めたあの木の下。そこでミカサは全てを理解し、エレンをループされることに。そして、「いってらっしゃい、エレン」といって、エレンをループさせた。
    以上、半分妄想の考察?でした。長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      進撃の巨人もどきさん!

      コメントありがとうございます!

      >ただ一つ、やり直せ、と書いてあった
      地下室がミカサループの引き金になる場所だったということでしょうか?
      うーん面白い考察ですが、ちょっとモヤモヤが残る感じですかね?(・_・;)

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. ソフィ より:

    アースさんこんにちは。
    投稿始めたころから一貫して私の考えにあるのは、この話は家族の物語だということです。
    エレンとアルミンの大きな違いは、目の前で大切な人を喪っているかどうかです。
    母を目の前で喰われたエレン。また、ハンネスさんの死も目の当たりにしています。ミカサもエレンと全く同じものを見ています。
    アルミンは、シガンシナでもそういう悲劇にはみまわれていない。
    むしろ、口減らしで両親をはじめ殺されていますから、王政への怒りはエレンより強いでしょう。
    ハンネスさんが喰われる瞬間は、自分とジャンが今にも別のきに喰われそうだったから、目撃はしていないように見えます。
    巨人への怒りが、キツい言い方をすると、観念的なのです。怒り〈 恐怖 というと言い過ぎでしょうか。

    リヴァイのスピンオフを加えることが許されるなら、リヴァイも大切な2人を巨人に食べられました。個人的にはリヴァイの覚醒はこの時だったとおもってますが、それはまた別の話。

    ウトガルドで、ヒストリアもコニーも目の前で上官が食べられるのを見てます。特にヒストリアにとっては、女型作戦の班長だったナナバが目の前で悲惨な死に方をしてますね。
    コニーにとってはいうまでもなくラガコのことがあります。
    こういうグループにとっては、いざという時の心の立ち位置は、もうぶれないのではないかと思います。
    ハンジの背景、知りたいなぁ。

    さてさて、ライベルですが。
    彼らの背景が全く見えないのでよくわからないけれど、彼らが壁内を憎むのには、きっと何か、彼らなりの理由があるのでしょうね。壁内の悪業によって、望んでもないのに巨人になっちゃったとか。わからないけど。
    ライベルの家族が故郷で人質になっているかもしれないし!だからひとたび猿の影響下にもどった以上、今の彼らの覚悟は揺るぎないものになっているかと思います。

    戦略的には情報を取ろうというのは必要なんでしょうが、正直そんな悠長なこといえる状況ではなさそうですね。
    エレンがアルミンに、「おまえは大切なものを巨人から奪われてないから!」的な感情的な言葉を投げかけたりすると、ちょっとヤバいです。

    ところで、78話の最後のページ、鎧の肩の下にガレキが見えるきがします。てことは、鎧もあおられて、ライナー人間にも爆風が直撃してそうに思いますが。
    なんとか調査兵団に有利な条件が見つからないか、くまなく探した結果なんですけどね
    >_<

    • 管理人アース より:

      ソフィさん!

      コメントありがとうございます!

      >投稿始めたころから一貫して私の考えにあるのは、この話は家族の物語だということです。
      つまりは「大切な人を奪われた経験をしている者達の物語」という意味ですね!

      リヴァイはファーランとイザベルを失う前から強いので、どうでしょうか?
      リミッター解除は、もっと以前の様な気がしますね。

      >エレンがアルミンに、「おまえは大切なものを巨人から奪われてないから!」的な感情的な言葉を投げかけたりすると、ちょっとヤバいです。
      この展開を想像したら、ドキッとしました!
      あり得そうな気がしますね!

      ライナー「シュウウウ」って回復している描写があるので、無事なような気がします…(・_・;)
      来月号の104期生が気になりますね。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. ノーラ より:

    名前変えました。進撃のJKと名乗ってた者です。

    この記事を読んで最初はさすがにミカサがいるためエレンとアルミンが喧嘩という展開はないと思っていました。しかし「エレンとアルミンがこのまま仲良しのままでは終わらない」と作者がコメントしているということを初めて知って考え直しました。そしてそこから妄想を広げているうちにとんでもない展開が浮かんでしまいました。個人の妄想で良ければ続きをお読み下さい。


    今回の予想は調査兵団と104期が内部分裂を起こすという展開です。


    割と最近の回でエルヴィンが人類の為というよりかは自分の為に地下室を目指しているという話がありました。(あの死体の上に乗ってるシーンは結構強烈でした。)そしてここにきてアルミンの指揮官としての存在感が凄く出て来たというというのもあります。この二つの話を合わせて考えると今までエルヴィンを尊敬していたアルミンが一人前になったあと、本当のエルヴィンの目的を知りそれでも信用し、ついていくことが出来るかということです。アルミンという新しい指揮官を生み出しているところを見るとエルヴィンの考えに不審感を持った104期生(エレン、ミカサを除く)が分裂しアルミン指揮で単独行動を起こすことも考えられると思うのです。エレン及びミカサがエルヴィン側につくというのはやはり今後アルミンとの意見の食い違いが起きるという展開から考えています。エレンは敵さえ殺せればそれでいいと思ってると思うのでエルヴィンの夢のために利用されてることがわかったとしても怒らないと思います。(ミカサはエレンが行くなら私も行く的なやつですね。ここにミカサ個人の意見は無いと思います。)

    • 管理人アース より:

      ノーラさん!

      コメントありがとうございます!

      >今回の予想は調査兵団と104期が内部分裂を起こすという展開です。
      エルヴィン側とアルミン側に分裂という予想は斬新で驚きましたよ!
      たしかにエルヴィンの個人的な気持ちからのシガンシナ区奪還が発覚したら、そのような展開はあるかですね!
      面白い予想です!


      管理人アース

  9. ノーラ より:

    続きです。上の展開は相当なことがない限り起こらないと思うのでこうなるきっかけとなりそうな今後の展開を3パターン予想しました。

    1、ユミルの帰還
    ユミルがもし生きていた場合ヒストリアに会うことを強く望むと思います。その際104期はユミルを信じてあげたいと考え、エルヴィン達はそれを敵の策略と考え、殺すか巨人化の生贄にするといった意見の食い違いが起こる気がします。104期としての情が直接の対立のきっかけを生むこともあると思うのです。


    2、リヴァイの死亡
    今後ジークとリヴァイの直接対決があると思います。その時リヴァイにピンチが訪れ最悪死亡もありえます。
    そして現在104期はリヴァイ班という立場であり、あの「ありがとな」発言からは信頼関係はよく築かれていることがわかります。リヴァイはエルヴィンの目的を知った上でついていってるわけですからそこの分裂は間違いなくないです。つまりリヴァイは104期とエルヴィンの信頼を繋ぐ大切な立場なのだと思います。そのリヴァイが死んだ時、もうリヴァイ班とは呼べないはずです。(わかりませんけど)肩書きがなくなれば団を抜けるのも多少やりやすくなるでしょうからこれを機に独立に走るというのもあり得るのかなと思います。


    3、作戦の途中で内地で巨人が発生する
    ウォールマリア奪還作戦がある程度進んだあと、内地に巨人が出現したという報告を受けたとします。地下室は目の前、しかし壁内はピンチ!こうなった時エルヴィンの本性が出る気がします。壁内人類の命を捨てエルヴィンは地下室を目指すと思います。これを見ればさすがにアルミンやジャンあたりがキレそうです。104期だけ命令無視で内地に助けに行き、その他はエルヴィンの指示によりシガンシナ区に残るなんて展開もあり得るのかなと思います。その際のシガンシナ区からの脱出方法はユミルの俊足を使うなんて妄想しました。ライナーがエレン(知性巨人)なら内地まで逃げられると言ってたので。ジークはエレン狙いだから104期の脱走のことは案外見逃すのかもなと思いました。


    とりあえずこの3つですね。どれも起こるとすれば作戦終盤だと思ってます。分裂なんて起こって欲しくはないですがエルヴィンの夢の描写とアルミンの成長はなんかアルミン隊とエルヴィン隊に分かれるフラグな気がするんです。それと3だった場合内地で駐屯兵団と104期が協力しながら巨人と戦うなんて展開を妄想してます。個人的にちょっと見てみたいです。

    • 管理人アース より:

      ノーラさん!

      コメントありがとうございます!

      1、ユミルを挟んでの分裂はありそうですね!これはあり得そうです!
      2、リヴァイが死亡した後はある意味「旧リヴァイ班」となりますね!(笑)ペトラ達とどちらかなのか分からずややこしくなりそうです(笑)
      3,個人的にはこの展開が最も面白そうです!ココ最近が巨人対巨人が多く、やはり無知性巨人対兵団という構図がこの作品の大きな魅力なので
      壁内での駐屯兵団と104期生が無知性巨人と戦う場面を見てみたいですね!

      エレンとアルミンの仲違いが調査兵団分裂まで引き起こすという展開予想は面白いですね!
      とくにハンジ班の安否が分からない現在では、リアルな展開に感じられます(^_^;)
      面白い予想ありがとうございました!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  10. 阿仁・獅子心 より:

    考察お疲れさまです!

    確かに作者さんの発言、出発前外の世界の話へのエレンの反応が鈍かったこと、それに今回のを加え仲違いはあると思います!

    あと関係ない質問で申し訳ないのですが、
    ユミルの威力偵察発言は、
    猿のことをいっていて猿山があるのでは?というかたは意外と多いですが、あれは壁内に巨人を湧かせたのに対して威力偵察ではないのですかね
    僕は兵士長:戦士長の関係から猿は最強だけど、上がいる可能性は高いと考えています、どうなのでしょう?

    ちなみに、エレンの殺さなきゃいけない発言の画像のところの文章、
    いましたがいまいした?になってましたよ!

    長々とすみません、
    これからも面白い考察宜しくお願いします!

    • 管理人アース より:

      阿仁・獅子心さん!

      コメントありがとうございます!

      >壁内に巨人を湧かせたのに対して威力偵察ではないのですかね
      ユミルの威力偵察発言は、巨人を湧かせて調査兵団と戦わせ、それを観察して「どれくらいの兵力があるのか」という意味での偵察だと思っていました。
      実際それで獣の巨人は、立体機動装置の威力に興味を持っていましたしね。

      >上がいる可能性は高いと考えています、どうなのでしょう?
      これは現時点は難しいですね!
      ただ、上がいるかもですが、管理人アースは獣の巨人が最後のラスボスだと思っています!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ