【進撃の巨人】Before the fallネタバレ7話「鮮血の大地」感想考察!

第6話で壁外遠征に潜り込み、望み通り壁外へ出たキュクロは、とうとう巨人を見ることが叶いました。

しかし、巨人に襲われる展開となったキュクロは、無事に壁内へと帰還できるのでしょうか?

第7話では、キュクロと巨人の戦いが展開します!

そして、自分が人間であることを…

それでは、第7話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第7話「鮮血の大地」あらすじ&内容!

2016-09-23_043953
「Before the fall」第7話より


巨人に追いかけられるキュクロの場面から始まります。

初めて襲われる巨人の迫力に、キュクロは圧倒されます。

人間を捕食するための、巨人の大きな口を見て、巨人の吐瀉物から生まれたキュクロは自分が巨人の子だと疎まれていた頃を思い出します。
2016-09-23_044019
「Before the fall」第7話より


しかし、あまりにも人間離れした巨人と自分を比べ、「俺は人間だ!」と言い切ります!
2016-09-23_044039
「Before the fall」第7話より


今回の壁外遠征に潜り込んだ目的は、達成されたようですね!

巨人に圧倒されているのは、キュクロだけではなく15年振りの壁外遠征となっている調査兵団も同じようです。

荷駄隊の警護兵も、馬車よりも先に逃げてしまっています。
2016-09-23_044059
「Before the fall」第7話より


そのような状態を見たキュクロは、何とかしようと周り見回し荷にある火薬を発見します!

キュクロは火薬を積んだ馬車の荷台ごと、巨人にあて、ふっ飛ばそうと考えます!
2016-09-23_044118
「Before the fall」第7話より


しかし、荷台を巨人に当てるため、馬と荷台を繋いでいるワイヤーを切ろうとしますが、なかなか切れません。

そして、とうとうキュクロは巨人に捕まります!
2016-09-23_044141
「Before the fall」第7話より


キュクロと兵士が捕まったのを見た兵士達は、カルロの命令を無視し、バラバラに巨人を攻撃します!

カルロは統制をとろうと、兵士に陣形を組むよう指示し、巨人に立ち向かいます!

しかし、その間にもキュクロは巨人に捕食されそうになっています!

諦めかけたキュクロは、シャルルからもらった短刀を思い出し、巨人の目に短刀を突き刺し、終わります。
2016-09-23_044223
「Before the fall」第7話より



◆「Before the fall」第7話の考察ポイント!

第7話の考察ポイントは、このようになっています。

  • うなじという弱点を知らない、15年ぶりとなる壁外調査
  • 巨人の目を突き刺す短刀

  • それではそれぞれ見て行きましょう!


    ◆第7話のポイント考察!

    2016-09-23_044039
    「Before the fall」第7話より


    今回は、自分が巨人の子ではなく、人間であるとキュクロが判断できた回となっており、さらに、キュクロと調査兵団が巨人と戦う回となっていました。

    この巨人との戦いは、キュクロにとっては初めてであり、調査兵団にとっては15年ぶりとなる戦いです。

    そのため、巨人のとんでもない戦闘力にキュクロも調査兵団も圧倒されます。
    2016-09-23_044205
    「Before the fall」第7話より


    現在本編を読んでいる読者にとっては、ただの一体の巨人と思うでしょう。

    この場にリヴァイ兵長がいれば、一瞬で削いでくれています(笑)

    しかし、この時代の調査兵団は巨人の弱点である うなじを知りません。

    そのため、うなじを狙うための立体機動装置も存在しません。

    この時代の巨人という存在は、倒せないのです。

    つまり、無敵なのです!

    なので、巨人は倒す存在ではなく、いかに巨人から逃げ切るかという作戦になります。

    本編の調査兵よりもこの時代の調査兵の方が、間違いなく巨人への恐怖は大きいでしょう。

    それでも冷静に作戦を考え巨人に立ち向かうキュクロは、凄いですよね!
    2016-09-23_044118
    「Before the fall」第7話より


    ここに、彼の調査兵としての資質をカルロは見抜くのですが、慧眼ですよね。

    そして、最後にキュクロはシャルルから貰った短刀で巨人の目を攻撃しました。
    2016-09-23_044223
    「Before the fall」第7話より


    巨人の皮膚は固く、黒金竹により作成されたブレードでなければ切り裂けません。

    そのため、調査兵団のブレードは、全て黒金竹で出来ています。

    つまり、シャルルから貰った短刀は、黒金竹で出来ていたのですね!

    短刀のおかげで、何とか巨人に抵抗したキュクロですが、巨人の手から逃れられるのでしょうか?

    それとも人間であると分かったキュクロは、巨人に捕食されてしまうのでしょうか?

    第8話に期待ですね!(^^)

    Before the fallネタバレ8話「捕食の構図」感想考察!
    Before the fallネタバレ6話「人間の証明」感想考察!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
    【進撃の巨人用語集まとめ】


    Sponsored Link

    4 Responses to “【進撃の巨人】Before the fallネタバレ7話「鮮血の大地」感想考察!”

    1. 生き残れなかった兵士 より:

      この時代に生きる調査兵団はとても勇敢ですよね!
      立体起動装置もないのに、壁外に行こうとする心理は本当に外の世界に行きたいと思う強い心がないと志願なんかしませんよねσ^_^;

      • 管理人アース より:

        生き残れなかった兵士さん!

        コメントありがとうございます!

        この時代の調査兵たちの気持ちは、すごく強いですよ!
        壁内に閉じこもっていたら「世界は衰退していく」という危機感で壁外へ行こうとしています。
        本当に、スゴイです!

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    2. 動物好きの巨人20 より:

       どうも、20回目の投稿の動物好きの巨人でございます。黒金竹でできているブレードって、世界最強の刃物である日本刀と比べるとどちらが丈夫で切れ味がよいのでしょうか。   ところで、目であれば巨人の体といえど傷つけられるのではないでしょうか。それと、キュクロに襲いかかった巨人ってマッチョな体つきではなかったでしょうか。

      • 管理人アース より:

        動物好きの巨人20さん!

        コメントありがとうございます!

        >どちらが丈夫で切れ味がよいのでしょうか。 
        通常の刃物では傷を付けることすら無理と言われている巨人の皮膚を切り裂けらるので、黒金竹の方が丈夫だと思われます。

        >目であれば巨人の体といえど傷つけられるのでは
        今回巨人の目に傷を付けたのも黒金竹の短刀であり、カルロはそれに対しても「黒金竹だから斬り付けられた」と言っています。

        >キュクロに襲いかかった巨人って
        マッチョな巨人でしたね。
        知性巨人かと、疑いたくなりますが。

        またコメントください!
        よろしくです!


        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ