【進撃の巨人】「Answers」ネタバレ考察内容まとめ!

「進撃の巨人」20巻と同日発売となった公式ガイドブック「Answers」の内容は、かなり充実しており、購入されたファンは大満足だったのではないでしょうか?

ここで、「Answers」の内容を紹介し、考察していきたいと思います!

思わぬネタバレから「?」なところまである、盛りだくさんな内容となっている「Answers」を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆公式ガイドブック「Answers」の内容を紹介!

2016-08-15_042226
公式ガイドブック「Answers」表紙より


まず、「Answers」がどのような内容となっているのかを紹介します。

「諫山先生へ一問一答」完全収録!

2016-08-15_042251
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


別冊マガジンに収録されている、これまでの「諫山先生へ一問一答」が完全収録されていています。

これだけでも、購入する価値があるのではと管理人アースは感じています。

お気に入りの一問一答は、2015年12月号の「Q、ジャンが髪を伸ばしたきっかけはありますか? A、自分の可能性をまだ信じているからです。」です!

この辺りに、成長していても変わらないジャンを発見したような気がしました!(笑)

その他にも必読となっている一問一答が、多々あります!

王政編、シガンシナ区決戦編の解説!

2016-08-15_042907
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


まず、王政編について細かく解説されています。

そしてレイス家について、アッカーマン家について、東洋の一族について、中央憲兵についても、同じように説明があります!

さらに、現在最新話にて終盤となっている、シガンシナ区決戦が図解入りで説明されています!

これは必読ですよ!

キャラクタープロフィール早見表

2016-08-15_042626
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


主要キャラクターの生年月日等の一覧です。

これまでの公式ガイドブックでもありましたが、さらに追加されています!

諫山先生インタビュー!

2016-08-15_042647
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


このガイドブックで、最も楽しみなコーナーでしょう!

「進撃の巨人」ファンは、読めば必ず興奮します!(笑)

「エルヴィンが笑顔になった理由」「エルヴィンの夢を知ったリヴァイの気持ち」など、ファンであれば誰もが気になっていた、エルヴィンとリヴァイの心理を諫山先生が解説してくれています!

間違いなく必読です!

諫山先生描きおろし!ifイラスト!

2016-08-15_042707
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


さらに「スクールカースト世界」と称されたifイラストが、諫山先生描きおろしで公開されています。

これまでの公式ガイドブックでもifイラストコーナーがありましたが、今回も諫山先生じたいが楽しんでいるのが感じられます!(笑)

ひとコマ大喜利!

2016-08-15_042732
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


auスマートパス名物「ひとコマ大喜利」の優秀作品の中から、厳選された作品が公開されています!

むちゃくちゃ面白い作品が、たくさん掲載されています!

リヴァイの「探さないでください」は、笑えました(笑)
2016-08-15_042753
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


その他にも、「新巨人体格差図」など、盛りだくさんな内容となっています!
2016-08-15_045723
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


Sponsored Link


◆公式ガイドブック「Answers」を読んだ感想!

2016-08-15_042226
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」表紙より

「これで864円は安い!」が、読み終わった感想です。

コアなファンほど、この公式ガイドブックに満足感を得るのではないでしょうか?

特に、諫山先生のインタビューは、良かったです!

エルヴィン、リヴァイ、ケニー、ウーリ達の、それぞれの気持ちを語った内容は、かなりヤバかったですね!

購入していないコアなファンの方は、オススメします!

ただ、これまでの公式ガイドブックにも言えますが、今回もチョコチョコと「?」な所がありました。

ここで、「?」な部分を紹介し、さらにそこから検証したいと思います!

レイス家の「巨人の頂点に立つ力」が「全ての巨人を操る力」であることを明言!

2016-08-15_042812
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


レイス家について説明する記事の中で「始祖の巨人には、全ての巨人を操る力がある」と明言されていました!(P30)

「始祖の巨人」とは、レイス家の巨人の力の事を指しており、ロッド・レイスが言っていた「レイス家の巨人の頂点に立つ力」の事です。

これが、「全ての巨人を操る力」とは、作中では明言されていません。

これは、とんでもないカミングアウトではないでしょうか?

さらに、「座標」についての考察記事では、「巨人たち(ライベル、ジーク)の狙いは、エレンが持つ『始祖の巨人』と考えて間違いないだろう」と書かれ、「ジーク達が求めているものとは、『始祖の巨人』の力を手に入れることだ」と断言しています。(P100)

つまり、「レイス家の巨人の頂点に立つ力」=「座標」と断定しているのです!!!

これも、とんでもない情報ですよね!

ということは、「座標」は「全ての巨人を操る事ができる、レイス家の巨人の頂点に立つ力」ということになりそうです!

これでは、「Answers」を読んでいない人は本編の考察に、かなり乗り遅れることになりそうですよ!

この公式ガイドブックで断定して良いのかな、と思ってしまう管理人アースです(・_・;)

グリシャの「レイス家襲撃」が「その日」の数日後!

2016-08-15_042844
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


グリシャによってレイス家の「始祖の巨人」の力が奪われたという記事で、「シガンシナ区陥落後の数日後に奪われた」と書かれていました!(P35)

作中では、同じ日のように書かれていたような…(・_・;)

71話「傍観者」で、キースとグリシャが会ったのは、シガンシナ区陥落から何日後なのでしょうか?
2015-07-09_012842
「進撃の巨人」第70話「傍観者」より


この時には、グリシャはレイス家を襲撃した後となっています。

グリシャがシガンシナ区陥落から数日後にレイス家を襲っているのなら、この時は、陥落から4日~1周間くらい経っているのということになるかもです(-_-;)

「シガンシナ区陥落から数日後にレイス家を襲った」というのは、あり得ないですよね(・_・;)

これは、間違いだと思います。

【追記】

ごく普通の奇行種さんから、72話の冒頭の会議シーンでのハンジのセリフからレイス家襲撃はシガンシナ区陥落後なのではと指摘がありました。

管理人アースも「Answers」のこの記事を読んで思い出しましたが「まさか」という思いから否定していました。

しかし、公式ガイドブックと作中でのハンジのセリフを合わせると、たしかにグリシャのレイス家襲撃はシガンシナ区陥落を知ってからなのかもしれません。

こうなると、グリシャの行動の時系列がかなり厳しくなるように感じますが、「間違いではないかもしれない」と思えてきました(・_・;)

グリシャのレイス家襲撃は、シガンシナ区陥落を知った後かもです!

クシェルがいた娼館をケニーが突き止めた時には、死亡していた!

2016-08-15_042927
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


第69話にて、ケニーがクシェルの元を訪れた時には、たしかにクシェルは死亡していました。

しかし、第65話にてケニーが訪れた際には、会話をしており、ケニーは「客の子を産むって聞かねぇんだよ…」と話しています。

いっぽう、「Answers」では、「ケニーが娼館を突き止めた時には、すでに息絶えていた」と書かれています。(P69)

これでは、会話が出来ないのでは…(-_-;)

アッカーマン家のリミッター解除は、主君に仕える事で発揮!

2016-08-15_042951
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


諫山先生のインタビュー記事には、アッカーマン家について、多く語られています。

その中で諫山先生は、「アッカーマン家には主君に仕えることで、力を最大限に発揮できる人が多いのです」と語っています。(P168)

つまり、ミカサはエレンに、リヴァイはエルヴィンに、ケニーはウーリに仕えることで、力を最大限に発揮できると言っているのです。

なるほど、と頷ける記事ですが、問題なのはこれを公で作者が確定したことです。

つまり、「リミッター解除は、主君に仕えることで最大限の力が発揮できる」と言う事を、作者が公で認めたということです!

これまでイメージとしてはありましたが、改めて作者に言われるとドキドキしますよね!

ここで気になるのは、最新話84話でリヴァイの力が弱まったとミカサが感じたことです。
2016-08-15_050902
「進撃の巨人」第84話「白夜」より


この時エルヴィンは瀕死でした。

仕える主君の命が終わろうとしているために、リヴァイの力が弱まったのかなと想像してしまいました。

ただ、仕える主君が瀕死で、自分の持っている巨人化注射で助けられると思ったら、逆に最大限の力を発揮するはずですよね!

ここから、リヴァイの力が弱まったのは、リミッター解除が解けている訳ではないと考えられそうです!

他にも、本当に面白いインタビュー記事が盛りだくさんでした!

たとえば、72話で喧嘩していたエレンとジャンを必要以上の暴力で止めたのは、奪還作戦からエルヴィンをリタイアさせられなかった事による「リヴァイの八つ当たり」だったと明かしています(笑)
2016-08-15_051200
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


これも、本当に面白いエピソードでした!

ぜひ、購入して読んでみてください!



20巻あらすじ感想と考察まとめ!
アニメ2期放送日が2017年4月1日又は4月8日放送か検証!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

20 Responses to “【進撃の巨人】「Answers」ネタバレ考察内容まとめ!”

  1. このガイドブックを興味深く思い、中身を
    サラサラと眺めてみました。
    確かに、ガイドブックとしては 良いのです
    が、あくまでもガイド本です。
    そこまで 核心を突いた内容は、ボヤか
    されていると思っていました。
    ので、未だ深くは読んでおらず、これから
    じっくり読んでいこうと思います。

    ところで、一つ非常に気になった事が。
    それは、「ウォールマリア奪還作戦」を、
    「シガンシナ区決戦」としている事です。
    が、激戦のエルヴィンの特攻攻撃などは
    シガンシナの外であり、この名称には
    違和感を覚えてしまうのです。

    では 「ウォールマリア奪還作戦」とは、
    硬質化で壁を塞いだところまでであり、
    それ以後の ライベルジークとの戦いを、
    「シガンシナ区決戦」と呼ぶのだろうか?
    とすれば、ジークとの最終決戦が 再び
    シガンシナで勃発!? とも受け取れる
    のですが、どうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      >「ウォールマリア奪還作戦」を、
      「シガンシナ区決戦」としている事です。

      おそらくこれから、「シガンシナ区決戦」という名称になると思われます。
      たしかにエルヴィン、リヴァイ側はマリア領となりますが、それもシガンシナ区近郊なので、含めて「シガンシナ区決戦」と称するのではと思われます。

      >ジークとの最終決戦が 再び
      シガンシナで勃発!?
      個人的には、次は壁外かな~と思っています。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  2. おろち より:

    こんばんは!
    いつも楽しく読ませていただいてます!

    最後、気になったのが
    エレンとリヴァイじゃなくてジャンじゃないですか??

    • 管理人アース より:

      おろちさん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンとリヴァイじゃなくてジャンじゃないですか??
      ご指摘ありがとうございます!
      なんというミス…(・_・;)
      修正しました!

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. コスケ より:

    更新ありがとうございます。

    「座標」=「巨人の頂点の力」って事は、グリシャが「座標の力」を持って故郷から逃げてきた訳ではない!のですね。カルラが殺されるまでは、グリシャも「座標」を奪う事になるとは思ってなかったかもしれませんね。

    エルヴィンとリヴァイですが、エルヴィンからの最後の指示は「自分が夢を諦めて死ぬ代わりに獣を倒す事」でした。
    主従関係であるならば、エルヴィンを生き返らせる事は指示に反する事なので、力が発揮出来なかったのかも…と思いました。
    また獣と戦う事があれば、無双のリヴァイになってくれると思ってます!

    読み返してないので、間違いがあるかもしれませんが…
    大筋では皆それぞれ主従関係が始まったと思われる発言通りに行動してる様な気がします。
    リヴァイはエルヴィンについていく事、ケニーはウーリを許し友人(対等→巨人)になる事、ミカサは生きるためには戦って勝つ事。

    まだ色々謎はありますが、今後の展開も楽しみですね。

    • 管理人アース より:

      コスケさん!

      コメントありがとうございます!

      >エルヴィンを生き返らせる事は指示に反する事なので
      面白いですね!
      もっと言うと「夢を諦めて死んでくれ」はリヴァイがエルヴィンに言った言葉なので、立場が逆転しています。
      それも影響しているかもですね。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  4. mady より:

    作者の解説に興味があったので早速購入しました。 

    アースさんも書かれていましたが、漫画を一読しただけではわからなかったリヴァイの八つ当たりなど、物語の流れや心情の解説が面白いなと想いました。

    その辺りを読むと、104期に兵長が「ありがとうな」といったのと、団長の「リヴァイ、ありがとう」のシーンが重なります。エルヴィンがリヴァイを信頼して後を託し、自ら荷を降ろしたのかなと。

    • 管理人アース より:

      madyさん!

      コメントありがとうございます!

      >面白いなと想いました。
      ですよね!
      「そういう意図で描かれていたんだ」等、面白く読めました!

      >104期に兵長が「ありがとうな」といったのと、団長の「リヴァイ、ありがとう」のシーンが重なります。
      ああ、そうですね!
      これは気付きませんでした。
      ただ、エルヴィンの「ありがとう」は、最後まで調査兵団団長として正しい選択をさせてくれたお礼のように感じました。
      自分を地下室に行かせず、引導を渡してくれて「ありがとう」というような…

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

      • mady より:

        アース団長お疲れ様です。

        まだ斜め読みしかしてないんですがあれこれ興味深いなと思います。いつか最後まで描ききったら、作者による解説書とかも出るんですかね?(^^;見たいような…

        ANSWERを一読後に、リヴァイもエルヴィンも何かの奴隷だったけど、リヴァイは104期に、エルヴィンはリヴァイの言葉によって囚われた物から解放されて。エルヴィンはそれにより、団長として公の決断ができた。でも二人とも何かに囚われてたのは同じじゃねぇかとリヴァイが気付いた…んじゃないかと、その様に感じてしまいました。


        本当に読み返す度に視点が変わる奥深い作品ですね。

        • 管理人アース より:

          madyさん!

          コメントありがとうございます!

          >エルヴィンはリヴァイの言葉によって囚われた物から解放されて。エルヴィンはそれにより、団長として公の決断ができた
          まさに、これですね!
          この気持があったから「ありがとう リヴァイ」という言葉が出たのだと思います。
          エルヴィンは「オレはこのまま地下室に行きたい」「見えるか?俺達の仲間が」と私と公の間で揺れていました。
          揺れている以上、えるヴぃんは、公の自分が気になってしょうがないということだと思います。
          そして、リヴァイの言葉により「最後まで公の自分」でいさせてもらえた。
          このような気持ちだったのかなと。

          読み返す度…変わる作品…なんてお得なんでしょうね(笑)
          一冊の金額で、何作も素晴らしい作品が読めるという感じですよ!

          またコメントください!
          よろしくです!


          管理人アース

  5. トトロ より:

    アースさんはじめまして!
    いつも考察楽しく読ませて貰っています。
    少し前の話になりますが、ジークとエレンが兄弟なんじゃないかという説があったと思いますが、外見からして相当2人には年齢差があるように見えるので僕は納得がいきません!笑
    アースさんの考えを聞きたいです🙏

    • 管理人アース より:

      トトロさん!

      コメントありがとうございます!

      >外見からして相当2人には年齢差があるように見えるので僕は納得がいきません!
      これは、ジーク戦士長の正体が分かる前に書いた記事ですが、グリシャ・イェーガーの経歴プロフィールまとめ!を読むと分かると思います。
      要は、グリシャは壁内に来る前は無知性巨人だったのではないかという予想です。
      第47話での「60年間だ」というユミルのセリフから、無知性巨人時は年を取らないのではと考えられています。
      となれば、グリシャが数十年間無知性巨人である期間があれば、外見が若くとも50歳以上、もしくは60歳くらいであってもおかしくはないかと。
      さらに、第69話でのウーリが異常に年を取っているように見えます。
      ここから、巨人の力を使用すると年をとるスピードは早くなるとも考えられます。
      とすれば、ジーク戦士長の年をとるスピードが早くなっており、見た目よりも実際は若いという可能性があります。
      この辺りから、グリシャとジークの年齢が見た目よりも逆転している可能性が十分にあると考えられます。

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  6. 蒼雪 より:

    こちらのサイトさんの影響で「Answers」を買ってみました。
    色々と興味深かったですね。本書の進撃キャラでアメリカのスクールカーストをやってみたら、というイラスト企画。この裏話が作者ブログに出ていました。読まれましたか?
    アメリカのスクールカーストネタになったのはあるゲームの影響だったようですね。
    そのゲーム、どうやら時間を巻き戻して過去の失敗を解決するというものでもあるみたいです。そして過去は取り返せないということを実感させられるようで。その内容が、今月号の内容にも影響したと書いておられましたよ。
    もしかして、ハンジさんとミカサの百合シーンもそのゲームの影響? とかも色々と考えてしまいましたが。ご参考まで。

    • 管理人アース より:

      蒼雪さん!

      コメントありがとうございます!

      >こちらのサイトさんの影響で「Answers」を買ってみました。
      おー!買われましたか!
      面白く読まれたようで、良かったです(^^)
      ブログも見ましたよ!
      いちおう、数日に1回は更新チェックしています!(笑)

      >ハンジさんとミカサの百合シーンもそのゲームの影響?
      たしかに作者は「百合最高!」とか言っていましたね(笑)
      しかし、ハンジとミカサのシーンは名シーンでしたよね!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  7. あをり より:

    凄いですね!僕の住んでいる所には書店が1件しかないので入手は困難ですが、かなり面白そうな進撃の巨人の参考書(?)なので書店に行ってみたいと思いました!

    • 管理人アース より:

      あをりさん!

      コメントありがとうございます!

      >書店に行ってみたいと思いました!
      書店では、大型でないと置いていないかもですね!
      Amazonで購入できると良いですが…
      ぜひ、一読して欲しい、ガイドブックです!
      面白いですよ!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  8. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    早速、買って読んでみました。
    この本は、ここで考察を書き込まれている団員なら必読の書ではないでしょうか。作者自身がキャラの心情をそこまで話していいの?って驚きました。

    今回この書で「通過儀礼」という言葉が頻繁に登場しますね。これは進撃全編に通じるポイントだと思います。

    2点気になった部分があります。

    ●アルミンとエレンの間で揺れ動くミカサの今後です。
    84話で、アルミンが巨人化能力を手に入れました。つまり幼馴染3人組の中で、巨人化能力が無いのはミカサだけになります。
    ミカサ的には、「私だけ置いてきぼりを喰った」様な複雑な気もちかもしれません。

    また本書に有る様に、今後ミカサがエレンから卒業出来るかどうかが試されるのかしれないなと感じました。

    ●そして、アルミンが巨人化能力を手に入れた事によって、今までと関係性が変わってくるでしょう。
    有巨人化能力者としてエレンとアルミンは、ある意味ライバル関係になり、考え方の違いからすれ違いも生まれ、いつまでも幼馴染の仲良しではいられなくなるのかもと感じました。

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      コメントありがとうございます!

      >ここで考察を書き込まれている団員なら必読の書ではないでしょうか。
      そう感じますよ。
      言い方を変えると、「当サイトを読まれている人なら、絶対に楽しめる一冊」ではないかと思います。

      エレンから卒業という作者の話から思い付くのは、まさに「いってらっしゃい エレン」という言葉ですね。
      あの言葉は「エレンから卒業するミカサ」の言葉だったのか?とも思いました。
      ただ、作者の「ミカサが可哀想」という言葉は驚きました。
      作者はそう感じながらミカサを描いていたのだなと。

      >アルミンが巨人化能力を手に入れた事によって、今までと関係性が変わってくるでしょう。
      エレンとアルミンの関係性もこのままではないと「Answers」に書いてありましたね。
      ライバル関係という予想、面白いですね!
      エレンが一方的にアルミンをライバル視するのかもですが(笑)
      ただ、ミカサとアルミンが同時にエレンから離れていくとなったら・・・きつい展開になりそうですよね。
      これは、ちょっとこれから要チェックです!

      またコメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

  9. じじ より:

    うーん…
    細かい心情や設定があるなら物語の中で語って欲しいと思うんですがね…。


    とりあえずケニーと妹が会話できてないじゃん!の鋭いツッコミに笑いました

    • 管理人アース より:

      じじさん!

      コメントありがとうございます!

      >ケニーと妹が会話できてないじゃん!
      これはいただけないですよね!
      「公式」ガイドブックなんですから!(笑)

      また、コメントください!
      よろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ