【進撃の巨人】Before the fallネタバレ37話「贄の檻」あらすじ考察と感想!

コミカライズ版「Before the fall」第37話から、小説版第1巻にて起きた、シガンシナ区巨人侵入事件の展開がアンヘルの回想シーンにて展開します。

これは、小説版「Before the fall1」ファンには、待ちに待った展開と言えるのではないでしょうか?

その内容は、かなり小説版を踏襲した内容となっていました!

それでは、その内容を見ながら考察して行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第37話「贄の檻」あらすじ&内容!

2017-01-17_125736
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


ストヘス区地下街にて、アンヘルの工房を訪れたシャルルが、不安そうな顔をしてアンヘルに声をかけます。

シャルル
「…」

「アンヘルさん?」

声をかけられても黙ったまま無反応なアンヘルは、15年前に起きたシガンシナ区巨人侵入事件を思い出しているようです。
2017-01-17_125714
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


その光景は、

俺の知る現実を

打ち砕いた。


そんなアンヘルを見ながら、レオは声がシャルルに言います。

レオ
「心配ねぇ」

「アンヘルのおっさん たまにこうなるんだよ」

「昔の記憶に入り込んじまってるらしい」

「ここまで深いのは ずいぶん久しぶりだけどな」

黙り塞ぎこんでいるアンヘルの描写
2017-01-17_125929
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


場面はアンヘルの回想シーンとなり、工場都市からシガンシナ区へと戻ろうしているアンヘル、コリーナ、ゼノフォンに移ります。
2017-01-17_125952
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


その馬車を操っている御者は、アンヘルの幼馴染である調査兵ソルムです。

一週間滞在した工場都市からアンヘル達は工房があるシガンシナ区へと戻って来たようです。

シガンシナ区へと入り、コリーナが乗っている馬車から外を見ながら嬉しそうにつぶやきます。

コリーナ
「一周間ぶりですねー!!」
2017-01-17_130012
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


「と言っても、全然久しぶりな感じがしませんけど」

コリーナは外から目線を外し、アンヘルとゼノフォンを見ながら言います。

ゼノフォン
「工場都市にいても作業自体は工房と変わりませんからね」

「職人の性でしょう」

コリーナの言葉を受けて、ゼノフォンが答えます。

それを聞いたアンヘルが嬉しそうに口を挟みます。

アンヘル
「開発バカとも言うよな」

ゼノフォン
「そのとおり!」

ハハハと笑いながら話す二人

コリーナ
「はあ~ でも工場都市への視察」

「ちょっとした休暇のつもりだったのに…」

ゴトゴトと揺れる馬車の中で、ちょっと残念そうな表情で言うコリーナ

ゼノフォン
「せめて娯楽施設でもあればよかったのでしょうが それ自体が建設中でしたからね」

コリーナ
「ね」

察してフォローするゼノフォンと、涙目でうなずくコリーナ(笑)

そのやり取りを見ていたアンヘルがニヤリとしながらコリーナに言います。

アンヘル
「こっちに残ってても開発に精を出してたと思うぞ?」

「カスパル工場長の親父が、休みなんかくれるわけないだろ!」

コリーナ
「…ですよね…」

結局は休めず開発をしていたことになるコリーナ(笑)

それを理解して、ガク―っと項垂れます(笑)

しかし、すぐ起き上がるコリーナ


コリーナ
「ん!」

「今日は この氷爆石のコンロを使って温かい夕飯です!」
2017-01-17_130030
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


「きっと うちの親も喜ぶはずです!」

おそらく、中には工場都市でコリーナが開発したコンロが入っているのであろう、木の箱を抱きながら笑顔で話すコリーナ

気分は入れ替わったようです(笑)

ゼノフォン
「へぇ 氷爆石のですか」

感心したようにつぶやくゼノフォン

アンヘル
「ああ 氷爆石を燃料とする携帯用のコンロだ」

「とりあえずは 空き缶に入れて溶接しただけだが」

コリーナ
「そのうち専用のボンベを作りますから」

コリーナが引き継いで言います。

その表情は、やる気満々といった感じです。


ゼノフォン
「氷爆石が民間に卸されるかわかりませんが」

「広く実用化されそうなのは 意外にそのコンロかもしれませんね」

にこやかな表情で予想するゼノフォン

認められて嬉しそうなコリーナ

馬車はガタガタと進んで行きます。

その時、外の景色を見ていたゼノフォンが、異変に気付きます。


ゼノフォン
「しかし…」

「ずい分と街の様子が騒がしくありませんか?」
2017-01-17_130051
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


ゼノフォン
「私達が凱旋するのを待っていたってことはないでしょうが…」

外を見ると、多くの人々が一方向を指差し、何かを言っています。

どうやら、壁の外門の方を指差しているようで、そちらで何かがあったようです。

馬車を運転していたソルムが、その光景を見て、何かがあったと察します。


ソルム
「何かあったようだな」

ソルムは、人が固まっている門側の方へ大声で叫び、聞きます。

ソルム
「おおい!どうした!?」

「何があったんだ!?」

2017-01-17_130111
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘルとコリーナも気になり、馬車から身を乗り出し、様子を見ます。

街人
「『巨人様』の連中だよ!』」
2017-01-17_130130
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘル
“「巨人様」…!”

“巨人崇拝者か-!!”


街の人が答えた「巨人様の連中」から、アンヘルは巨人崇拝者を思い浮かべます。

街人
「『巨人様』に連中が正門を占拠してんだとさ!!」

ソルム
「何だと!?」

正門を占拠されていると聞いて驚くソルム

ソルム
「憲兵団はどうした?」

「駐屯兵団は鎮圧に出動してないのか?」


ソルムの質問は最もですよね!

シガンシナ区の外門を占拠されるということは、治安上も非常にマズい状態です。


街人
「王政府の役人が人質になってるらしいぜ!?」

「駐屯兵団も うかつに手が出せないんだってよ!」


駐屯兵団が出動しているのですが、巨人信奉者が人質を取っており、鎮圧に乗り出せないということのようです。

それを聞いたソルムが、馬車に乗っているアンヘルに声をかけます。


ソルム
「アンヘル」

「調査兵団も対応に出ているはずだ」

「俺も合流しようと思うんだが御者を任せていいか?」

ソルムは、このまま正門へ向かいたいようです。

アンヘル
「ああ!」

「大丈夫だが…」

アンヘルが返答をしている間に、バッと馬から降りるソルム

ソルム
「あとは頼む!」

そのまま正門へと駆けて行きます。

調査兵として迅速に駆けて行くソルムの後ろ姿を愛おしそうに見るアンヘル

2017-01-17_130148
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


そして馬車に残っているコリーナとゼノフォンを見て、アンヘルは言います。

アンヘル
「さて…と 俺達はどうする?」

コリーナ
「このまま帰ると気になっちゃいそうです!」

「もう少し正門に近付いてみませんか?」

コリーナの提案を受け、ゼノフォンが答えます。

ゼノフォン
「ふむ…」

「早く工房に帰りたいところですが まあいいでしょう」

「仕方ないな」という表情で了解するゼノフォン

嬉しそうな表情のコリーナ

アンヘル
「そうだな…!」

「少し行ってみるか」

アンヘル達は馬車にて、正門の方へ向け移動します。

正門に近付くにつれ、かなりの人々が集まっているのが分かってきます。

ザワザワとしながら集まっている人々


異様な雰囲気を出しています。

アンヘル
「まったく進まなくなったな…」

「護衛の兵士たちとも離れちまったし…」

ゼノフォン
「群集も更に集まってるようですね」

「引き返しませんか?」

アンヘル
「…引き返すっていってもなぁ…」

「うしろもつまってるし」

馬車で進んできたアンヘル達ですが、あまりの人の多さに前にも後ろにも進めなくなってしまったようです。

そこで、ゴオオオン ゴオオンという音が響き渡ります。

2017-01-17_130207
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘル
「鐘の音…」

「リバティ・ベル…か?」

正門前の街人
「お…おい」

「正門の方から人が…!」

街人の一人が指を指し、正門側の方から人々が走ってくるのを見つけます。

走ってくる街人たち
「…ろ」

走ってくる人が、何かを言っています。

走ってくる街人たち
「…げろ」

「にげろ…!!」

「逃げるんだ!」


「門が…」

「開いた!!!!」
2017-01-17_130255
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


正門前から走ってくる人達は、群がっている人々に門が開いたことを告げ、逃げるように叫びます!

それを聞いたアンヘルは固まります。

馬車の中にいるコリーナも、言われた事実を理解するのですが、信じられない表情で呟きます。


コリーナ
「…門が…?」

ゴオオン ゴオオンと鳴り続けるリバティ・ベル

ゼノフォン
「アンヘル君!」

「逃げましょう!」


ゼノフォンがいち早く事態を理解し、御者として馬に乗っているアンヘルに叫びます!

アンヘル
「し…しかし…」

「この状況じゃ身動きが…」

すると、周りにひしめき合っていた人々が、前から「巨人が…」という声を聞いて、後方に逃げ出します。

逃げ惑うに人々
「巨人…」

「巨人が…」

「巨人が入ってきた!!!」

前方から逃げてきた人達が、巨人侵入を知らせながら逃げていきます!

それを聞いてすぐに動いたのもゼノフォンです!


ゼノフォン
「馬車を捨てるんです!」

「早く!!!」

2017-01-17_130313
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘル
「!」

「あ…ああ…!!」

ゼノフォンに言われ、ようやく動き出すアンヘル

アンヘル
「い…いや ちょっと待っててくれ」

“この高速移動の機会だけは置いていけない…!”

装置を置いてはいけないと、馬車から持ち出すアンヘル

アンヘル
「コリーナ!くるんだ!!」

装置を抱えながらコリーナを急かすアンヘル

しかし、コリーナは荷物を見ながら迷っています。

コリーナ
「私のコンロ…」

アンヘル
「あの大きさじゃ一人で持ち出せない! また作ればいい!」

コリーナ
「うう…」

アンヘル
「さあ 早く!!」

アンヘルに言われ、断腸の思いでコンロを諦めるコリーナ

ゼノフォンはギュッと黒金竹で作った短刀を握りしめます。

2017-01-17_130333
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘル
“工房へ向かうか…”

“いや…駄目だ!”

2017-01-17_130343
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


“今帰ってきたばかりの内門を目指すんだ”

現在はシガンシナ区最南端の外門前におり、そこから巨人が入ってきているかもしれないので、逆側の内門側へ避難しようとアンヘルは考えたようです。

アンヘル達は馬車から降り、徒歩で内門側を目指します。

しかし、かなりの人間が同じ方向を目指しているようで、詰まっており全く進みません。

コリーナ
「…進みませんね…」

アンヘル
「ああ…」

“…考えることは皆同じか…”

“しかし これじゃいつ内門へたどりつけるのか”

そうアンヘルが考えていると、遠くの方から「おおおお」という声が聞こえます。

アンヘル
「なんだ…?」

「声…か?」

アンヘルとコリーナは、声のする外門の方を見るため、振り返ります。

すると、外門側の方から「おおおお」「きゃああ」という声が押し寄せてきます。
2017-01-17_130402
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


そして、その方向から逃げ惑う人々が!

アンヘルは驚き、ガッとコリーナを引き寄せます。


アンヘル
「…!」

コリーナ
「なんですか…これ…」

「まるで…人の悲鳴が押し寄せてくるみたい…!」

「きゃあああ」と叫びながら逃げてくる人達が近付いてきます!

その方向を見ていたアンヘルが叫びます!


アンヘル
「あ…」

「ああっ!」

アンヘルのすぐ横の家の屋根に巨大な手が!
2017-01-17_130427
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


その次の瞬間、巨人マンモンの姿が現れます!
2017-01-17_130452
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


アンヘル
「…あ…」

「…あ…あっ…」

“な…”

“なんなんだ…あれは…”


「…化け…物…」

ゼノフォンが見上げながら、呟きます。

ゼノフォン
「…あれが…」

「巨人…!!」
2017-01-17_130514
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


初めて見る巨人に、圧倒される二人!

巨人マンモンは、きゃあああっと叫んでいる人を口に運んでいます。


アンヘル
“…そうだ…あれが巨人…”

“ご…5mどころじゃない…”

“建物の高さからすると…10mはある…”

“あ…あんな…”


人間を捕食したマンモンは、さらに追加の人間を掴み口に運びます!

その様子見たアンヘルは、改めて思います。

アンヘル
“あんな化け物とソルム達は戦っていたのか…!!”

そこへ、数人の駐屯兵団が駆け付けます!

女性駐屯兵
「我々が時間を稼ぐ!!」

「早く逃げろ!!」

2017-01-17_130532
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


マンモンに対峙した二人の兵が、剣を抜きます!

駐屯兵
「抜刀!!」

しかし、駐屯兵もすぐに捕食されてしまいます。

「うわああ」と叫びながらマンモンに捕まり捕食される女性駐屯兵


その光景を見るアンヘルとコリーナ

コリーナ
「…」

「効いていません…」
2017-01-17_130552
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


駐屯兵が使用している剣は黒金竹製ではないので、巨人に「効いていない」という事でしょう。

黒金竹製の剣でなければ、巨人の皮膚には傷を付けられません。

アンヘル
「俺達(人類)は本物の化け物を相手にしていたわけだ」

ゼノフォン
「これでは 調査兵団が負け続けるのも…当然ですね…」

駐屯兵を全て殺し捕食した巨人マンモンは、逃げ惑っている街人達を視認します。

そして、群集へ向けて手を伸ばします!
2017-01-17_130614
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


人間を捕まえ捕食しながら歩き出すマンモン!

踏みつけられた人々の血が辺りを赤く染めます。

それを見た人々は、叫びながら我先に逃げ出します!

街の人々@群集
どけどけどけどけ この愚図共」

「巨人がくるぞオオオ」

「はなせええ ジャマだああ」

「どけええ」

「おかあさあああん」

「やめてええ」

「道を開けろおおお」

2017-01-17_130635
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


辺りはまさに地獄絵図と化します!

その群集に弾かれ、転びそうになるコリーナ

コリーナ
「きゃあああ」

アンヘル
「コリーナ!」

転びそうなコリーナを受け止めるアンヘル

アンヘルはコリーナとゼノフォンを抱きかかえます。

アンヘル
「二人共 俺の身体につかまれ!!」

しかし、ひとつの塊となった群集がアンヘルにまともに当たり、ゼノフォンとコリーナとともにふっ飛ばされます!

アンヘル
「つ…う」

アンヘルたちをふっ飛ばした塊となった人々は、みな血だらけとなっています。

塊の群集の人々
「た…助け…て」
2017-01-17_130656
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


「痛ぇ…」

「うぅ…あ」

それを見たゼノフォンは、思わず言います。

ゼノフォン
「こ…これはひどい…」

その瞬間、上から巨大な足が群集を踏みつけ、ぐちゅっと人々は潰されます!
2017-01-17_130722
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


その足が上に上がり、足の裏には大量の血が!

上に上がる足をアンヘルが見上げると、自分たちを嬉しそうに見つめているマンモンの顔が!
2017-01-17_130741
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


血の気が引くアンヘルの表情!

アンヘル
“…にげろ…”

しかし、手足は震え動きません。

ゆっくりとマンモンの手がアンヘル達に向かい、振りかぶります。


アンヘル
“う…ごけ…”

“うごけ…うごけ…!”


“動け動け動け動け動け動け動け”

「動けええええ」
2017-01-17_130759
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


叫んだアンヘルに向け、ドガッとマンモンの手が振り下ろされます!

ギリギリで動けたアンヘルは、かなり飛ばされましたが無事のようです。


アンヘル
「ぐ…う…」

「ぶ…無事か?二人共…」

アンヘルはゼノフォンに向け聞きます。

ゼノフォン
「わ…私のほうはどうにか…」

苦しそうな表情ですが、ゼノフォンは無事のようです。

アンヘル
「コリーナは!?」

「…コリーナ?」

周りを見渡してもコリーナの姿がありません。

後ろを見ると、握られた巨大なマンモンの拳があり、その中から血がポタポタと滴っています。

それを見たアンヘルの、何とも言えない苦しそうな表情で終わります。
2017-01-17_130823
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


-この日、アンヘルは昨日までの日常が二度と帰ってこないことを知った。

38話につづく

Sponsored Link


◆「Before the fall」第37話「贄の檻」の感想!

2017-01-17_130823
「Before the fall」第37話「贄の檻」より


管理人アースは小説版「Before the fall」を、かなり気に入っています。

特にアンヘルが活躍する第1巻が好きで、彼の決して諦めない精神には本編エレンに通じる反骨心が感じられ、好きなキャラクターの一人となっています。

しかし、コミカライズ版ではキュクロが誕生した場面から始まり、これまでアンヘルが活躍する場面はほとんど登場しませんでした。

しかし37話になり、とうとうアンヘル大活躍となる展開が起こりました。

回想シーンでの登場ですが、本当に嬉しいです!

まだ立体機動装置が開発されておらず、うなじの弱点も分かっていない。

巨人は無敵の存在であり、人間は捕食されるしかない。

今回37話を読み、本編の巨人よりも圧倒的に恐ろしい存在として、無敵の存在巨人が、丁寧に描かれているなと感じました。

次回38話が非常に楽しみなる、素晴らしい展開でした!


◆第37話「贄の檻」の考察ポイント!


今回のポイントはこのようになっています!

  • 登場しなかった「お壁さま」
  • 無垢な赤子を思わせる最高の笑みを浮かべる巨人マンモン
  • 小説版P103~P121までの展開

  • それではそれぞれ考察してみましょう!


    ◆第37話のポイント考察!

    2017-01-17_130130
    「Before the fall」第37話「贄の檻」より


    Before the fallのネタバレ考察!にも書いていますが、小説版「Before the fall」には巨人信奉者以外に「お壁さま」という名称が登場します。

    巨人信奉者が巨人を崇めるように、お壁さまは壁を崇めます。

    そして、小説版ではゼノフォンからこの二つは「根っこは同じ」と発言する場面がありました。

    つまり、「壁を崇めるお壁さま」と「巨人を崇める巨人信奉者」が同じということは「壁=巨人」という意味の発言であり、なぜゼノフォンが「壁が巨人で出来ていると知っているのか」と思い、この時代の壁内人類は「壁が巨人で出来ていると知っていたのでは」という考察もネット上で生まれました。

    その場面が、小説版では今回の場面で登場しているのですが、今回ゼノフォンが発言することはなく、今後「お壁さま」が登場する事はなさそうです。

    小説版「Before the fall」が発表された頃とは違い、壁が巨人で出来ていることは明らかになっている今となっては、「壁=巨人」という伏線を描写する必要がないからだと思われますが、できたら登場させて欲しかったなと感じました。

    次に、これは小説版の方の描写ですが、アンヘルが巨人マンモンを初めて見た場面で、「その巨人は、無垢な赤子を思わせる最高の笑みを顔面に張りつけている」と表現されています。

    この「無垢」という表現は、本編にて無知性巨人を表現する言葉として「無垢の巨人」という言葉にて登場しています。
    2016-12-14_132625-horz
    「進撃の巨人」別冊マガジン1月号、12月号より


    マンモンが浮かべる表情が「無垢」…

    「無垢の巨人」とは、表情が無垢なのでそのように名付けられたのでしょうか?

    ちょっと気になった管理人アースでした。

    そして、今回の感想でも書きましたが、第37話は本当に丁寧に描かれていたと感じました。

    特に、倒すことが出来ないとされている巨人への恐怖が強く感じられ、当時の壁内人類はこのような恐怖と隣り合わせで暮らしていたのだなと思いました。

    その丁寧さが表れているのが、今回37話の内容は、小説版P103~P121までの展開となっており、19ページ分の分量となっています。

    前回第36話「職人達の昔日」では、原作小説版1巻の冒頭から100ページ超を一気に展開させているため、それと比べればどれくらい丁寧に描いているかが分かりますよね!

    さて、次回の38話の展開は、小説版のアンヘルが最も活躍する場面のひとつとなっています!

    今回37話のように、見応えのある展開となる事を楽しみにしている管理人アースでした!(^^)

    Before the fallネタバレ38話「復仇の戦士」あらすじ感想と考察!
    Before the fallネタバレ36話「職人達の昔日」の感想考察!
    進撃の巨人Before the fallのネタバレ考察!


    Sponsored Link

    この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

    コメントを残す

    このページの先頭へ