【進撃の巨人】Before the fallネタバレ33話「遁走の籠姫」感想考察!

「Before the fall」10巻1話目となる第33話ですが、ここからシャルルの大冒険が始まります!

32話にてベルンハルト隊長に工場都市にいた事に気付かれそうになったシャルルが、ここからどのようにして大冒険へと向かう展開になったのでしょうか?

そして、その冒険とはどこへと向かう冒険なのか?

シャルルの大冒険の序章となる第33話の内容を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」第33話「遁走の籠姫」あらすじ&内容!

2016-12-19_172314
「Before the fall」第33話より


第32話の続きである、パーティーにてベルンハルト隊長からどこかで会ったのではと尋ねられる場面から始まります。

いつも余裕のあるシャビィが一瞬「まずい」と思います。

しかし、そのような状況で当のシャルルは「いいえ お会いするのは今日が初めてですわ」と笑顔で返し、全てアドリブでデマカセを言い、切り抜けます。
2016-12-19_172333
「Before the fall」第33話より


キュクロが助かっている可能性を感じたシャルルは、気持ちにハリができ、何かを決心したようです。

場面はイノセンシオ家の屋敷に移ります。
2016-12-19_172411
「Before the fall」第33話より


シャルルはキュクロが生きている事を信じ、自分に何が出来るのかを考えます。

そこで以前、アンヘルが製作した短剣の手入れをしたことを思い出し、その依頼主に会いアンヘルの居所を突き止め、装置改良の助けを頼むというアイデアを思い付きます。
2016-12-19_172431
「Before the fall」第33話より


そしてシャルルは、その短剣の依頼主が中央憲兵団宿舎にいることを思い出します。

そこで、前日のパーティーで会ったミヒャエル・ポッテリングが屋敷を訪ねてきます。

兄シャビィと執事リスクナーが不在であることを知り、外出の口実を作るために、シャルルはオペラ観劇へと誘いに来たミヒャエルと共に馬車に乗ります。
2016-12-19_172451
「Before the fall」第33話より


昨夜会ったばかりのシャルルをいきなりオペラ観劇へと誘いに来たという大胆な行動を取る人物でありながら、ミヒャエルはシャルルと視線を合わせようともしません。

そこへ、ガラの悪い男が二人、いきなり乗り込みシャルルに襲いかかります!
2016-12-19_172511
「Before the fall」第33話より


ミヒャエルは、この二人に脅され、シャルルを連れ出したのでした!

しかし、シャルルは男の股間を蹴り上げ、もう一人の男の足を踏みつけ、馬車から逃げ出します!
2016-12-19_172531
「Before the fall」第33話より


そして、何とか逃げ切り、憲兵団本部前まで到着します!
2016-12-19_172551
「Before the fall」第33話より


シャルルはホッとし立ち止まりますが、男が追い付き、シャルルの口を塞ぎながら憲兵をごまかし、連れ去ろうとします。

しかしシャルルは口を塞いできた男の脇腹に肘を入れ、逃れようとします!

もう一人の男に蹴られ倒されますが、男たちは憲兵に取り押さえられ、シャルルは前日に会ったベルンハルト隊長の名前を出し、取り次ぎを頼みます。
2016-12-19_172620
「Before the fall」第33話より


現れたベルンハルト隊長、憲兵に男たちは捕まり、シャルルは助かります。
2016-12-19_172640
「Before the fall」第33話より


そしてベルンハルト隊長と別れた後、憲兵団にいるはずであるアンヘルに短刀を製作してもらったハンス・ルーマンを訪ねます。

ハンス・ルーマンに会えたシャルルは、あまり目が見えていないが腕のいい鍛冶師としてアンヘルがストヘス区の地下街にいることを聞き出します。
2016-12-19_172659
「Before the fall」第33話より


アンヘルに会いたいので地下街での道順を聞いたシャルルは、「ありとあらゆる犯罪と悪徳の温床となってる無法地帯」なので諦めろと言われます。
2016-12-19_172754
「Before the fall」第33話より


しかし、帰りの馬車で「やり遂げて見せる」とシャルルは決心し、終わります。
2016-12-19_172812
「Before the fall」第33話より



◆第33話の考察ポイント!


33話の考察ポイントは、このようになっています。

  • アンヘルがいると言うストヘス区地下街
  • あまり目が見えていないというアンヘル

  • それでは、見て行きましょう!


    ◆第33話のポイント考察!

    2016-11-01_193751
    「Before the fall」第25話より


    第25話にて、アンヘルが製作した短刀にゼノフォンが気付いた場面がありました。

    そして、「短剣の持ち主がアンヘルの消息を知っているかも」という伏線が張られており、Before the fallネタバレ25話「嵐の前」感想考察!にて管理人アースは、「アンヘル登場という展開になるかも」と予想していましたが、まさにその展開となりそうですね!

    そして、アンヘルがいるという場所がストヘス区地下街となっていました。
    2016-12-19_172716
    「Before the fall」第33話より


    ストヘス区の地下というのは、本編「進撃の巨人」第31話、32話にてアニとエレン達が対峙した場所が、その入口となっていました。
    2016-12-19_172246
    「進撃の巨人」第32話「慈悲」より


    この入口からさらに地下に行くと、アンヘルが住んでいるというストヘス区地下街に行けるのかもですね!

    そして、この「ストヘス区地下街」がリヴァイが生まれた「王都地下街」と繋がっているのかが疑問ですね。
    2016-12-19_172201
    「進撃の巨人」第20話「特別作戦班」より


    ただストヘス区もギリギリ、ウォール・シーナ内となっています。

    第51話では、「ウォール・シーナ内旧地下都市」と一括りで表現されているので、ストヘス区の地下街も王都地下街も同じ場所を指していると考えて良いのかもですね。
    2016-12-19_172225
    「進撃の巨人」第51話「リヴァイ班」より


    そして、アンヘルの目があまり見えていないとされていました。
    2016-12-19_172738
    「Before the fall」第33話より


    これは、原作である小説版「Before the fall」の最後で、アンヘルが巨人を倒す際に目を痛めていたためだと思われます。

    この設定をキチンと踏まえた展開となっているようですね!

    このように、原作の設定を忠実に踏まえて話が展開するのは、嬉しいですよね!(^^)

    34話でシャルルはストヘス区地下街へと行くのでしょうか?

    そして、アンヘルが登場となるのでしょうか?

    原作である小説版では登場していない、巨人を倒した後のアンヘルが登場となると、これはファンにはたまらない展開ですよね!

    34話が、非常に楽しみな管理人アースでした!\(^o^)/

    Before the fallネタバレ32話「籠の夜宴」感想考察!
    進撃の巨人Before the fallのネタバレ考察!
    【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


    Sponsored Link

    コメントを残す

    このページの先頭へ