【進撃の巨人】89話ネタバレ考察!「不戦の契り」を考察!

88話では「赤子継承」という語句が初登場しましたが、89話では「不戦の契り」という言葉が初登場しました。

クルーガーの説明から登場した、この「不戦の契り」から、どのような考察が出来るでしょうか?

そこからは「始祖の巨人」に関する重大な内容が読み取れました!

それでは考察してみましょう!

Sponsored Link

◆145第フリッツ王が交わした「不戦の契り」を考察!

2017-01-06_033347
「進撃の巨人」第89話「会議」より


まず管理人アースは、レイス家≠フリッツ家と考えており、145代フリッツ王は、レイス初代王に捕食されたと考えています。

そして、フリーダが苦しめられていたり、巨人の駆逐を提唱していたウ―リが巨人の力を継承すると提唱しなくなった理由は、「フリッツ王を捕食した罪悪感」であったり「フリッツの血統ではないため、始祖の巨人を扱えないから」だと考えています。

ただ、レイス王=フリッツ王という展開が起こる可能性も大いにあり、ここでは血統に関係なく「不戦の契り」を考察したいと思います。

まず、「不戦の契り」という言葉の意味をキチンと調べてみました。

「不戦」と「契り」で、その言葉の意味を見てみましょう。

まず「不戦」とは「戦わないこと」という意味のようです。(goo国語辞書より)

そのままですよね(笑)

で、次の「契り」は「約束。誓い。」という意味ですね。(goo国語辞書より)

これもこのままの意味のようです(笑)

その他にも「 前世から定められた宿縁。因縁。」という意味があるようです。

これ、チェックしておいた方が良いですね!

ただ、89話ネタバレの考察部分でも書きましたが、この約束をフリッツ王は誰と交わしたのでしょうか?

作品内では「始祖の巨人と交わした」とされていますが、「始祖の巨人」には約束を交わせられるような、人格があるのでしょうか?

ここから「始祖の巨人」について考察してみましょう!

Sponsored Link


◆第50話に登場した巨人が「始祖の巨人」なのか?

2016-12-14_083547
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


89話までの作品内で唯一「座標」が発動した第50話の場面には、ずっと気になっていた描写があります。

それは、まさにエレンが座標を発動したこの場面で、エレンの後ろに描かれている巨人の事です。

座標が発動したこの場面に登場していながら、これまで全くこの画以外の情報がなかったために考察が出来なかったのですが、今回の「不戦の契り」という言葉からちょっと繋がったような気がします。

つまり、「座標」=「始祖の巨人」には、人格があるのではないでしょうか?

これまでに巨人の力ではレイス巨人の「記憶改ざん能力」が登場していますが、これはその表現通り能力であり、人格も何もないと考えられて来ました。

なので同じように、「座標」=「始祖の巨人」も能力の名前であり、能力な訳ですから人格は無いと考えて来ました。

しかし、今回のクルーガーの「契りを交わした」というセリフや、第50話の座標発動時に登場している巨人の描写から、もしかしたら「始祖の巨人」には独立した人格があるのかもしれないと感じました。

その人格を表したのが、この50話で描かれた巨人なのではないでしょうか?

「不戦の契り」には、なぜそのような約束をしたのかという理由が最も大きく重要な謎だと思いますが、「交わした」という表現にも重要な意味が込められているように感じますよね!

人格があるのであれば、145代フリッツ王とお互いに何かしらの影響を及ぼし合い、「不戦の契り」を交わすにいたったとも考えらえます。

その辺りのエピソードは、気になりますね!

「始祖の巨人」と145代フリッツ王の関係は、最後まで見逃せませんね!\(^o^)/

89話「会議」あらすじ考察と感想!
90話展開あらすじ!


Sponsored Link

35 Responses to “【進撃の巨人】89話ネタバレ考察!「不戦の契り」を考察!”

  1. 寸劇の個人 より:

    あのヨダレを見る限り、人格はあったとしてもさほど人格者には見えませんが・・。不戦を約束するくらいだから(巨)人は見かけによらないのかもしれません。

  2. Wir sind der Jäger より:

    レイス家≠フリッツ家だった場合、壁を築いた力も始祖の巨人の力ではなかったことになりませんか?

    もしそうだとすると、始祖の巨人の力じゃなくてもレイス家の力だけで壁の巨人を発動させることも十分できるように思えてしまいます。

    個人的にはレイス家=フリッツ家の方がしっくりくるような気がしますが、あらゆる可能性を探っておくのも大事だと思いますので、いつも丁寧な考察をありがとうございます。

    不戦の契りもそうですが、座標の謎は根深いですね。

    • 管理人アース より:

      Wir sind der Jägerさん!

      コメントありがとうございます!

      レイス家≠フリッツ家だった場は、壁を築いた後にフリッツ王は捕食されたことになりますね。
      もしくは、壁は前もって作られていたとか。
      となると、クルーガーが言ったフリッツ王の発言は、レイス王が言ったのかなと思います。

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. 湿度45% より:

    私はクルーガーがなぜ不戦の契りとかを知っているのかが気になりました。笑

    道で説明できるけど、それにしても色々知りすぎてるような、、、

  4. 湿度45% より:

    連投すみません、
    あと契りつまりは契約なので、何かしら戦わないことへの対価があるのだと思いますが、その考察はいかがでしょうか?

    • 管理人アース より:

      湿度45%さん!

      コメントありがとうございます!

      対価が発生しているとして、どちらが対価を負ってるのかが分かりませんね。
      「始祖の巨人」から言い出したのか、レイス王が言い出したのか…
      もしレイス王から言い出し契約して対価を払っているのだとしたら、あの思想の縛りのようなものでしょうか?
      何の為の契約かが分からないので、対価も想像しにくいですね。

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. コンロガス より:

    こんにちはー。

    エレンの後ろにいた巨人、私も当初は始祖の巨人かなと思っていたのですが、よくよく見ると、エレンとミカサを背後から襲おうとし「ペチン」の結果一番最初にダイナ巨人に襲いかかった巨人なのではないかなという気がします。


    不戦の契りの王家にとってのメリットは壁内限定ではあるものの束の間の平和を享受できること、デメリットは末代までレイス王の思想に拘束されて外部から攻め込まれても戦えないことではないでしょうか。始祖の巨人にとってのメリット・デメリットまで考えるとなると情報不足で難しいですね。

    • コンロガス より:

      エレンの後ろにいた巨人についての補足ですが、ミカサが「そんなことないよ」と優しく言ったコマの次のコマの時点でエレンとミカサの真後ろに迫っています。

      それから、その後のエレンの「ペチン」の時点ではエレンの後ろにおらず、二発目のパンチの際に真後ろに現れ、そのままダイナ巨人にタックルしています。

      • 管理人アース より:

        コンロガスさん!

        コメントありがとうございます!

        なるほど!
        リアルな巨人ということですね!
        う~ん、そうなのかどうか、確認は出来ませんね…
        たしかに似ていますが(-_-;)

        アニメで確認できたら嬉しいですよね!

        またよろしくです!


        管理人アース

  6. ato より:

    以前、座標発動時エレンの後ろに描かれている巨人は何者なのかについてコメントしたものです。

    あれは「進撃の巨人」だと考えていましたが、よく考えてみるとそれはありえませんね(笑)ということで記事を見て、もう一度考え直してみました。エレンの後ろにいる巨人は「始祖の巨人」そのものなのか?145代フリッツ王?大地の悪魔(有機生物の起源)?といったところだと思うのですが、今までの「始祖の巨人」の描写が、女性のような姿だったのがすこし引っかかります。「始祖の巨人」がユミル・フリッツに宿った状態の姿だからという結論付けもできますがね。まあ、「始祖の巨人」の姿で間違いないと思うのですが、どこかスッキリ腑に落ちない気もしてしまいます。

    [グリシャを捕食する直前、注射を打たれて無垢の巨人となったエレンの姿] + [クルーガーが巨人化した姿(進撃の巨人)] + [エレン座標発動時後ろに描かれた巨人の姿(始祖の巨人?)] =現在エレンが巨人化した姿、ということですよね。よく考えてみるとそれぞれの特徴を受け継いだ姿のような気もしますよね。

    少し見辛くなってしまいましたがこれが自分の考えです。確信にはたどり着けていませんが(笑)。アース管理人が記事にしてくださったことにより真相に近づけたらなと期待しております。年始早々お疲れ様です。

    • 管理人アース より:

      atoさん!

      コメントありがとうございます!
      >以前、座標発動時エレンの後ろに描かれている巨人は何者なのかについてコメントしたもの
      覚えていますよ。
      あの時は「情報が無く、考察が進みません」と返信したような気がします。

      たしかに「始祖の巨人」だと思うのですが、スッキリしませんね。
      ただ、「座標」が発動した際に現れている訳なので、「始祖の巨人」だと思うのですが…
      また、考察材料が登場したら、再考察したいですよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  7. ひつじのリヴァイアサン より:

    こんにちはー
    やっと本誌が読めました

    このこと書き込むのはここでいいのかと迷いつつ、まずは

    ハンジさん、リヴァイのことをノロマとは何事!!猿をあそこまで追い詰めたというのに!!

    さておき、
    会議でのエレンの「まさか!」がほぼほぼ全てではないかなと。

    ミカサをかばい、お母さんを食べられた怒りもあってエレンがダイナ巨人に猫パンチしたとき、ダイナからフリッツ家のなにかを継承したのかもしれないですね。ダイナも愛したグリシャの子、エレンを襲いませんでしたし。
    そうなると、エレンはフリッツ家、クリスタはレイス家になりますよね。
    そこから不戦の契り、記憶の改ざんにどこか繋がる気がせんでもないです。

    あとフクロウが、まさかリヴァイの記憶を?と思ったりしました。見た目は似ても似つきませんが。。でもエレンミカサアルミンをよく知る人物の記憶を持っているんでしょうね。

    ではでは^^

    • 管理人アース より:

      ひつじのリヴァイアサンさん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンミカサアルミンをよく知る人物の記憶を持っているんでしょうね。
      「ミカサとアルミンを助けたければ」は、エレンの記憶から来ているのかなと思いました。
      「道」を通して知ったのかなと。

      またよろしくです!


      管理人アース

  8. ぷり より:

     「不戦の契り」は壁の中にいる巨人
    (と言うより、壁になって人類を守っている巨人)と関りがあるのでは…。

    • 管理人アース より:

      ぷりさん!

      コメントありがとうございます!
      ああ、ありそうですね!
      また新しい展開が起きたら考察したいですよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  9. 玉無しの巨人 より:

    おこんばんわ

    145代フリッツが「不戦の契り」を交わしたのは、ユミル・フリッツと( 記憶 )ぢゃないでしょうか
    「9つに分けた巨人の力が、仲違いし争いの絶えない世界にして、エルディア、も、ユミルの民、も滅ぼすくらいなら闘いはしないと」
    145代王と、ユミル・フリッツの思想が重なったからとかぁ…?

    単純過ぎでしょうかぁ…( ´∀`;)

    • 管理人アース より:

      玉無しの巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      >145代フリッツが「不戦の契り」を交わしたのは、ユミル・フリッツと
      これは、「始祖の巨人」=「ユミル・フリッツ」というイメージですね。
      もし「始祖の巨人」という能力に人格があり、それがユミル・フリッツなのであればあり得るかもですよね!

      またよろしくです!


      管理人アース

      • 玉無しの巨人 より:

        どうにも、ユミル・フリッツや始祖の巨人を継承した「座標」を司る巨人は、他の巨人のルールとは違う程の能力が授かって居るのでしょうねぇ…

        「道」の統括者のように…?

        それこそアルミンの言う
        「誰でも思いつく常識の範疇に留まって居ては…到底イッサーを上回る考察はできないのかもぉ?」(笑)

        • 管理人アース より:

          玉無しの巨人さん!

          コメントありがとうございます!

          >「誰でも思いつく常識の範疇に留まって居ては…
          ですね!
          そのさらに斜め上を行く展開ですし(笑)

          またよろしくです!


          管理人アース

  10. おちゃ より:

    アースさんこんばんは!

    いつも新しい考察が更新されるたび、わくわくしながら拝見しています。

    私も、「契り」を「始祖の巨人」と交わしたという言葉に引っかかっていました!

    145代目フリッツ王という、実際にいる人と始祖の巨人という実体のない者とが契りを交わすってどういうことなんだろう?と思っていたので、この考察の、始祖の巨人は独立した人格があるという部分でスッと引っかかりが取れた気がしました!

    始祖の巨人に人格があるなら、もしかすると進撃の巨人や鎧の巨人、超大型巨人などにも人格があるのかもしれませんね。エレンの自由を求める心も何か、いつも自由に向かって進撃する進撃の巨人の影響がありそうですし、アルミンが夢にみた、超大型巨人の涙も、人格の現れだったのかも??

    あの夢の超大型巨人は、9つの巨人ではなく壁の中の巨人の可能性もありますが
    ;^_^A

    • 管理人アース より:

      おちゃさん!

      コメントありがとうございます!

      >考察が更新されるたび、わくわくしながら拝見しています。
      >独立した人格があるという部分でスッと引っかかりが取れた気がしました!
      おお、ありがとうございます!
      これからも基本毎日更新していきますので、よろしくです!

      >超大型巨人の涙も、人格の現れだったのかも??
      そうなんですよね!
      あの超大型巨人は、アルミンに継承された「巨人の力の人格」と考えれば何となく納得できそうです。
      さらにクルーガーの「進撃の巨人」も「9つの巨人には名前がある」「自由を求め進み続けた」も人格があると考えると繋がりそうですよね!
      2016-12-08_042127

      「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


      またよろしくです!



      管理人アース

  11. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です

    始祖の巨人が能力名では無く人格が有るかどうかは解りませんが、不戦の契りには、引っかかっています。
    契りとは、言い換えれば契約です。
    契約とは、双方が何かを差し出し何かを得ることだと思います。
    クルーガーの言葉の『交わす』も同じで、契約を交わした両者が何かを得ることと引き替えに、何かを失うあるいは縛りを受ける事だと思います。
    初代ユミルフリッツは、悪魔との契約により巨人の力を得る代わりに何を差し出したのでしょうか?

    また初代壁の王は、不戦の契りを交わす事で、何を得たのでしょうか?

    この点が気になります。

    • 管理人アース より:

      ギラさん!

      コメントありがとうございます!

      >初代ユミルフリッツは、悪魔との契約により巨人の力を得る代わりに何を差し出したのでしょうか?
      >初代壁の王は、不戦の契りを交わす事で、何を得たのでしょうか?
      初代王の契約は気になりますね。
      というか、どちらから契約を持ち出したのでしょうか?
      やはり、145代フリッツ王でしょうか?

      気になりますね…(・_・;)
      またよろしくです!


      管理人アース

  12. 東の海 より:

    アースさん、こんにちは。考察記事ありがとうございます。

    50話を初めて読んだ時、エレンの背後からカルライーター(ダイナ巨人)に向かっていく巨人を見て、7話のミカサの「うああああああ」の叫び声の後にミカサの背後から無知性巨人に向かってパンチするエレン巨人の描写と似ているなと思いました。

    ミカサ外伝ではこの直前にミカサが夢?違う世界の記憶?を見ています。もしかしたら50話のミカサの何かを見つめる目、「エレン」「ッ!?」の時もミカサは夢?記憶?を見ていたのかも‥でも『ズキッ』という頭痛の描写がないのですが。

    • 管理人アース より:

      東の海さん!

      コメントありがとうございます!

      >7話のミカサの「うああああああ」の叫び声の後にミカサの背後から
      ああ、たしかに似ていますね!
      この巨人は、エレン自身なのでしょうか?

      いろいろ考えてしまいますが、必ず何かの回収がありそうですよね!
      またよろしくです!


      管理人アース

      • 玉無しの巨人 より:

        ちょっと一言お邪魔します。

        「座標」発動時のエレン後ろの巨人自体にこだわってる方が結構居られる様ですがぁ…
        10ページ前程に、エレン、ミカサの背後に迫る巨人が、それですよねぇ…?
        ダイナ巨人に襲いかかる時はヨダレ垂らして、如何にも、操作された凶暴な顔付きになってますけどぉ…

        • 管理人アース より:

          玉無しの巨人さん!

          コメントありがとうございます!

          >10ページ前程に、エレン、ミカサの背後に迫る巨人が、それですよねぇ…?
          その巨人の描写なんですかね?(・_・;)
          エレンの発動時に登場した巨人のように見えました。

          またよろしくです!


          管理人アース

  13. にこ より:

    アース団長

    私も初めて「うあああああ」を見た時、何でエレン???

    エレンの巨人と違うのに、このエレンの巨人は何?
    って頭の中で???って何度も見返しました。

    見開きでエレンとミカサの片目の視線が合っているのでゾッとしたのも覚えています。

    「不戦の契り」も皆さんの深い考察になかなか付いて行けなくて悶々としています。

    すみません何も考察できません。
    難しいですけど、深くて面白くて困ってしまいます。

    • 管理人アース より:

      にこさん!

      コメントありがとうございます!

      >エレンの巨人と違うのに、このエレンの巨人は何?
      そう、そんなイメージの巨人ですよね。
      違うエレンゲリオン?(・_・;)

      またよろしくです!


      管理人アース

  14. HOKUOUのアウルゲルミル36 より:

     どうも、HOKUOUの巨人と悪魔について調べている、アウルゲルミルでございます。今回は、悪魔兄弟、第3の者について投稿します。

    まずは、レフェストの弟の「コキュートス」、こいつは低温を操るらしく、その力出体を硬くできるのです。まあ、硬質化と違ってカチコチに凍るだけですが、近さを感じました。

    ついでに、名前をまだ覚えていない悪魔についても彼は話してくれました。奴はアマモの妹で毒を操るらしいです。そして、驚異的な再生能力を宿しているそうです。

    今までの悪魔を上から並べると、レフェスト、コキュートス、アマモ、毒使いの悪魔です。8人兄弟の4体がそろいました。

    それではまた。

    • 管理人アース より:

      HOKUOUのアウルゲルミル36さん!

      コメントありがとうございます!

      悪魔と巨人との関連が気になりますね!
      再生能力も重なりますし。

      またよろしくです!


      管理人アース

  15. みみ より:

    エレンの後ろにいた巨人はについては、私も、コロンガスさん、玉無しの巨人さんと同じ考えです。
    ぎりぎりにまで近づいていてエレンたちを捕食しようとした瞬間に座標発動。一瞬でエレンたちからダイナ巨人へ目標変更し勢いそのままに突っ込んで行った。
    という描写だと理解します。

    • 管理人アース より:

      みみさん!

      コメントありがとうございます!
      そうなのかもしれないと思えてきました(・_・;)
      またよろしくです!


      管理人アース

  16. 悠真 より:

    叫び発動した瞬間の後ろの巨人はただの無垢の巨人ではないでしょうか?
    何ページかまえにエレンたちに何体か巨人が迫ってきてましたし、
    そのあともカルライーターに襲いかかってますからね。

    座標発動したときにすぐ後ろにいたのは

    前からエレンたちに近づいてた+獣の巨人の座標発動時のように無垢の巨人がすごい勢いで走り始めるからだと思います

    • 管理人アース より:

      このご指摘はたまに受けますね。
      ありがとうございます!
      そうかもですが、管理人アースはこの考察のようにも感じています。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ