【進撃の巨人】88話ネタバレ考察!二千年後の君が誰なのかを検証!

第88話「進撃の巨人」にて、巨人化能力者が13年で死ぬという「ユミルの呪い」の存在が明らかとなりました。

そこから以前「二千年後の君」が明らかとなる考察を行い、ユミル・フリッツからエレン、もしくはエレンの次の継承者へのメッセージではないかと予想しました。

ただ、その後管理人アースは違和感を覚え、さらに考察し作者のミスリードではないかと感じました。

ここではその考察を明らかにしたいと思います。

それでは、その考察を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆「ユミルの呪い」から明らかになったと思った「二千年後の君」とは?

2016-12-08_041500
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


「進撃の巨人」第88話あらすじ考察!の考察部分でも触れ、とくに 「ユミルの呪い」を検証!で大きく取り挙げ考察したのですが、巨人化能力者が13年で死ぬという「ユミルの呪い」には第1話から、作品中で最も大きな謎と思われる「二千年後の君へ」というタイトルの意味が明らかになるのではと予想しました。

その考察では、145×13+107(壁ができてからの年数)=1992年となり、そこにエレンの残りの寿命を足すと2000年となることから、「二千年後の君」がエレンか、もしくはエレンの次の継承者を指しているのではないかと予想しました。

これは初代フリッツ=ユミル・フリッツから、二千年間キッチリ13年毎に巨人の力が継承されている事を表していますよね!

この計算に気付いた時は寒気を覚え、「第1話からここまで計算されていたのか!」と驚嘆しました。

ただ、管理人アースはTwitterにてフォロワーのりゔたんさんのTweetを見て、この考察に違和感を覚えました。


つまり、13年毎にキチンと継承されていたら13年に対し一年ズレが生じ、逆に145×13+107+8=2000のように「二千年後の君へ」が成立しないはずだということになるのです!

ここから、ユミルの呪いから二千年後の君の意味が予想できるという考察は不成立となり、ミスリードだということが分かりますよね!

ただ、いっぽうで巨人継承の初年度を「0年目」とカウントすればズレは生じなくなるという考えもできますが、マルセル、ベルトルト、フリーダ達のように、5年程度でこれだけ13年未満での継承が起きているのを見ると、二千年間ずっと満期継承できていたと考えるのは不自然ではと感じます。

それはクルーガーが指摘した「1700年間行われた民族浄化」と同じくらい不自然では?と思いますよ!
2016-12-31_042511

「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


ここから、ユミルの呪いから「二千年後の君」が導けないと考え、さらに考察を進めます!

Sponsored Link


◆「二千年後の君」には、ユミル・フリッツは関係ないのか?

2016-10-07_032549
「進撃の巨人」第86話「あの日」より


ちなみに、管理人アースは 86話ネタバレ考察!グリシャの巨人時期から「二千年後の君」を検証!の最後の部分の考察にて、ユミル・フリッツが巨人の力を手に入れたのは計算上、約1852年前となり2000年前にはならないと考察していました。

約148年のズレが生じたのです。

と、ここでさらに気になることに気付きます。

この148年のズレと、このりゔたんさんの考察から生まれたズレが同じ意味を持っているのではないかと感じたのです。

エレンかエレンの次の継承者が二千年後の君ではという考察には145代フリッツ王の「145代」が軸となっているので、ズレが145年程度起きる事になるでしょう。

少なくとも150年程度のズレが生じるはずです。

ここから、これはミスリードを誘うトラップではないかと考えられ、実際は約1852年程度前にユミル・フリッツは巨人の力を継承しており、2000-8年前ではなかったのではと考えられます。

では、第1話で「二千年後の君へ」というメッセージにはどのような意味があるのでしょうか?

ここでの考察から、少なくともユミル・フリッツの巨人の力の継承には関係がないのではと考えられます。

まだまだ明かされていない重要な何かが存在しそうですね…(・_・;)

88話「進撃の巨人」あらすじ感想考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】
【進撃の巨人用語集まとめ】


Sponsored Link

46 Responses to “【進撃の巨人】88話ネタバレ考察!二千年後の君が誰なのかを検証!”

  1. yasu より:

    継承期間は13年を目安にしてるということだし、
    実際そうなんじゃないでしょうか。
    寿命は13年ジャストとは明言されていないので
    例えば13年と数か月の寿命があれば、
    13年ごとにきっちり交代してもおかしいとは思いません。

    • 管理人アース より:

      yasuさん!

      コメントありがとうございます!

      >13年と数か月の寿命があれば
      この辺りですよね。
      13年数ヶ月毎に継承という展開なのかもしれません。
      そして、それが二千年間続いていた…あり得るかもですが…

      またよろしくです!


      管理人アース

  2. 超小型巨人 より:

    二千年後の君への表記は漢字表記で、2000年の数字表記ではないですね。
    漢字表記は数字表記より少しアバウトな印象を受けます。
    きっちり2000年という計算をしなくても、だいたい2000年くらいという感じでいいんじゃないでしょうか?
    千年単位で考えれば数十年~百年くらいのズレは許容範囲と考えてもいいかと思いますが、どうでしょう。

    • 管理人アース より:

      超小型巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      たしかに千年単位で考えれば100年程度のズレはあり得るかもですね。
      しかし、エレンの「ユミルの呪い」である13年目がキッチリ初代フリッツ王継承から2000年後になるのが気になりますね。
      何かの意味があると思うのですが…(ミスリードも含め)

      またよろしくです!


      管理人アース

  3. 明日の小人 より:

    初めまして!そして明けましておめでとうございます。
    いつも陰ながらアースさんの考察を見ては脳足りん私は一人そう考えれるのか!こんな着目点があるのか!と感動してます笑
    ですが、ある疑問が浮かび、どうしても気になったのでアースさんならどう考えられるのか気になるので初コメントさせていただきました!
    記事の内容とはかけ離れたもので申し訳ごさいません。

    その疑問とは、
    ユミルという名前ですが、「ユミルの呪い」「ユミルの民」とエルディア人はもちろんマーレ人も知ってるこの名前に、ライナー達は訓練兵時代に同じ名前を持つ同期のユミルに対して疑いをかけたりカマをかけたりしなかったか(その描写がまだ描かれてないにしろ、ニシンのやり取りからするにユミルへ壁外のことを匂わせる会話とかしてなかったのかな、と私は考えてます)、ということです。
    もしかしたら、意外にもユミルという名前はよくある名前だったりするかもしれないのですが…笑
    もう一つ、トロスト区の壁が突破されエレンが巨人に食われてからアルミンがコニー達と合流した時に、ユミルがアルミンへ当たってたことに、ヒストリアは気が動転してる、と言ってましたが巨人化できる彼女が気を動転させる理由も気になるところです。
    ひょんなことから知性巨人になれ人間に戻れた自分が座標を探しにきたマーレにバレるのではという焦りとか、戦いに向かないヒストリアが心配、とかなのでしょうか。
    そもそも、こういう細かいとこは気にするべき着目点じゃないのですかね…笑

    お忙しいところすみませんが、良ければアースさんの意見をお聞かせください!

    • 管理人アース より:

      明日の小人さん!

      明けましておめでとうございます!

      >意外にもユミルという名前はよくある名前だったりするかも
      これは管理人アースも想像しました。
      ただ、37話で「ユミル」という名前を聞いて、ハンジとリヴァイは驚いています。
      となると、「ユミル」という名前は、少なくとも壁内ではそうある名前ではないのかなとも思います。

      >こういう細かいとこは気にするべき着目点じゃないのですかね…笑
      いえいえ、そんな事はないですよ(笑)
      全てのマンガが、とは言いませんが諫山先生の「進撃の巨人」は、そこまで見て考えて丁度いいくらいではないでしょうか?(笑)
      それに、この場面はユミルの初登場です。
      間違いなく要チェックポイントでしょう!
      ユミルがアルミンに当たった場面…どういう意味があったのでしょうか?
      この時間違いなくユミルは「マーレの戦士」が攻めてきたと判断したでしょう。
      となると、「この壁の世界も終わった」と判断したと思います。
      つまり、「イカした自分の人生」も終わり「王家血統のクリスタ」の命を気にかけていたのかなと判断できますね。
      やはり、ユミルなりに「気が動転」というか焦ってはいたのかなと考えられます。
      まだ、明らかになっていないユミルの事情があるかもなので、この場面の意味を確定はできないかもですが…
      コニーいわく「いつも以上にふざけている」ユミルには、何か意味があるとは思います!

      今年もよろしくです!


      管理人アース

  4. にこ より:

    アース団長あけましておめでとうございます。
    昨年の進撃の展開はすごかったですね。
    今年もいっぱい気になる所を解明研究よろしくお願いいたします。


    さて、13年きっちりで継承ではないということは、つまりは能力が使えるようになってからという事でしょうか。
    それとも、巨人能力が使えるようになっても使わなければ寿命は延びるという事でしょうか?

    赤子に継承されても使えるようになってから13年後ということも成り立つわけですね。

    2000年後の君へは、現世の21世紀を生きる世界中の苦しむ人達へのメッセージだと思っています。
    逆境の中でも、苦境に立たされた中でも、どうしようもない現実を生きなければならないたくさんの人達でも、私達は生まれた時から自由だから何とか今の環境から抜け出すすべをこれから教えるからとのメッセージだと思っていますし、思いたいです。

    でも本当に13はそそられる数ですね。
    巨人は9ではなく実は13いるのかもしれませんね。
    今年も謎が深まるばかりです。

    ちなみにコミックの13巻では雑誌の頃より4ページ増えているのですがその時の雑誌にはなかったヒストリアの顔に何かの伏線がある気がして仕方がありません。
    1+3=4だし・・・
    やはり数字にかなり意味を持たせていると思います。

    話がずれてしまいました。長文すみません。

    • 管理人アース より:

      にこさん!

      明けましておめでとうございます!

      >使えるようになってから13年後ということも成り立つわけですね
      これを考え出すとキリがないですね(笑)
      今は13年毎で継承され、145×13+107+8の方が真実なのではと考え始めています。
      本当に「真の歴史」が気になりますよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  5. 団長、こちらの記事についての考察ではないのですが、気になったことがあったのでちょっとコメントさせて頂きました(`_´)ゞ


    マーレ当局曰く、マーレの戦士募集の際に、その家族は栄誉マーレ人として自由が保証されるとありますが、これは本当にそうなのでしょうか?
    その描写もなかったのと、これまでもマーレ側はエルディア人に対してはマーレ側の都合に合わせて来た事からも、私的には、この栄誉マーレ人という肩書きは嘘なのでは?と思うのですが(-_-)

    事実、巨人化が可能なのはエルディア人のみ→エルディア人を利用→マーレの戦士として祭り立てる→結果→良いとこどりのマーレ政府→捨て駒なのはエルディア人のみ。

    9つの巨人のうちの7体がマーレ側にあるというのも、他の方の考察からもあるように真実かどうかも今の段階では不明。この事からも、そのようにエルディア側には嘘の真実を伝えて、マーレの戦士を募りエルディア人がエルディア人を喰らうという悪夢を生み出し自国のみが悠々自適な暮らしをする。捨て駒の為のエルディア人。

    エルディア側には、さも栄誉マーレ人の称号を与えたように見せかけ、本来は監禁までは行かずとも決してエルディア人が思い描いた自由とは程遠い生活を強いられているとしたら?

    そこで、アニ父を思うのですが。マーレの戦士としてアニをマーレ側に引き渡したは良いが、やはりマーレはマーレだったという事実。
    もしかしたら、アニは赤子継承という所は捨て切れませんが。仮に赤子継承していたとして、その事実を伏せてマーレの戦士としてアニ父がマーレに引き渡し、マーレ側から新たな女型の巨人の能力を継承したとしたら。

    アニ父にどんな気持ちの変化があって、アニに後悔の念を口にしていたのかは不明ですが、アニ父は少なからず後悔をしている様子ですからね。

    アニ父→栄誉マーレ人としての暮らしに期待→実はそんなものは初めからなかった→アニを巨人にしてしまったことへの後悔→皆んなを敵に回しても発言

    その様な事からも、栄誉マーレ人としての暮らしは保証されていたとは素直に考えられないのでは?と、思いました!

    まとまりのない長文で、大変申し訳ありません!

    団長的には、どのようにお考えでしょうか?

    いやー、進撃の巨人の考察は色んな角度から考察しなけらばのらないので楽しいですよね☆
    では、また、コメントさせて頂きますね〜╰(*´︶`*)╯♡

    • 管理人アース より:

      リヴァイの嫁さん!

      コメントありがとうございます!

      >アニ父→栄誉マーレ人としての暮らしに期待→実はそんなものは初めからなかった→アニを巨人にしてしまったことへの後悔→皆んなを敵に回しても発言
      面白いですね!
      ただ、アニ父も巨人化能力者という可能性が高いんですよね。
      アニが巨人化に使用していた指輪は父親から貰ったというエピソードがあります。
      ということは、アニ父も巨人化に熟練していたと考えるのが自然かなと。
      そう考えると、アニが赤子継承という可能性は低くなるかなとも思います。
      ただ、アニ父が巨人化能力でアニが継承していたら、アニ父は死亡していることになり、「帰ってきて」というのはおかしいかなと思われ…(・_・;)
      この辺りは難しいですね。
      となると、リヴァイの嫁さんの考察は、けっこうイイ線を行っているかなと感じますよ。
      アニ再登場、待ち遠しいです!(^^)

      またよろしくです!



      管理人アース

  6. ヘイ!長 より:

    団長、皆様、明けましておめでとうございます!
    今年も楽しく拝見させていただきます(^_^)

    「二千年後の君」が誰なのか…
    私は今のところ作中の誰かを断定せず、「君=王(君主)」を意味するのではないかと思っています。
    年表の事などは私の頭ではついて行かれない(笑)ので浅い考えですが、ユミルの呪いが始まってから二千年後の時点で王の役割を担っている者に宛てて何かメッセージのような物がある、という意味かなと。
    また、「君」と言う言葉は、主に東アジアの漢字圏で使われた称号との事なので、そこに東洋人であるミカサとの関わりがあるように感じます。

    …となると、君=エレンなのかなとどうしても安易な考えになってしまうのですが…
    もしかしたらエレンが王様のポジションにつくなんていう展開があるかも⁈
    と、妄想してしまいました^_^

  7. マルロとヒッチの息子 より:

    普通に145×13+107+8でいいと思います
    西暦0年に赤子継承した子が13歳になり、生まれたての0歳の子へ継承したとすると
    西暦13年に継承が行われたことになり、西暦13年が次代の誕生日となる
    次代は西暦13年が0歳なので
    西暦14年に1歳、西暦15年に2歳・・・となれば、西暦26年に13歳となるはずです
    つまり、1継承1年の誤差はありてないのです
    なので、145×13+107+8なのではと思います

  8. ヨウスケザン より:

    団長さま。はじめまして!
    今回の内容とは全く関係ないのですが、壁の中の超大型巨人の存在がずっと気になってしかたありません。
    ベルトルトと何かしら関係があるように思えてしまうのですがどうなんでしょうかね…
    時間あれば予測お願いします。
    失礼しました。

  9. マルロとヒッチの息子 より:

    ユミルが悪魔と契約してから1992年後が今ですか?
    だとすると、
    1992-1820=172
    で、86話の「あの日」は
    今から172年前になる?
    107年が関係ないとするなら65年前?
    1820÷13=140
    「あの日」は140回目の継承行事年
    だったとすると145-140=5
    (あの日から今までの継承の代の差)
    5×13で65
    で重なるんですよね
    65年前がグリシャ7歳?だったら
    グリシャ何歳だよ(笑)
    享年67歳?
    ええええ?
    年号よく分かりません
    年表おねがいしまぁぁぁす!
    団長ー!!

    • マルロとヒッチの息子 より:

      あと、今気付いたんですが

      107-3だから104期生なんですね
      3年が訓練期間だから、
      3年遅れなんですねなるほど

    • 管理人アース より:

      マルロとヒッチの息子さん!

      コメントありがとうございます!

      >107-3だから104期生なんですね
      おお、なるほど。
      これ面白いですね!
      そうなると壁が出来てすぐに訓練兵団が作られたことになりますね。
      ちょっと違和感ですが…(笑)

      >で、86話の「あの日」は
      今から172年前になる?
      確かにですね…(・_・;)
      う~ん、エレンの時代が1992年であるとは思うのですが…ちょっと考え直しますね。
      今年表作成中です。
      完成前にご指摘いただき助かりました!m(_ _)m

      よろしくです!


      管理人アース

      >で、86話の「あの日」は
      今から172年前になる?
      ああ、本当ですね。
      現在年表作成中ですが、これは気付かなかったです(・_・;)

  10. 湿度45% より:

    私もミスリードだと思います。

    満期継承にかなり違和感もありますし、レイスがグリシャに喰われたことも違和感の根拠としてあります。

    145×13+107+8を成り立たせるには、145代王が13年目に壁を作ったことになります。

    そこからグリシャに喰われるまで102年、13年ごとに満期継承していれば

  11. 湿度45% より:

    私もミスリードだと思います。

    満期継承にかなり違和感もありますし、フリーダレイスがグリシャに喰われたことも違和感の根拠としてあります。

    145×13+107+8を成り立たせるには、145代王が13年目死ぬ年に壁を作ったことになります。

    そこからグリシャに喰われるまで102年、13年ごとに満期継承していればフリーダは継承後11年目?なので経験値は豊富なはずです。

    グリシャに負けた辻褄が合わなくなります。

    これはミスリードかなーと思います!

    • 管理人アース より:

      湿度45%さん!

      コメントありがとうございます!

      >145×13+107+8を成り立たせるには、145代王が13年目に壁を作ったことになります。
      おお、なるほど。
      ただ、管理人アースは、もしかしたらミスリードではなく本当に13年毎に継承しているのかなと感じはじめています。

      >フリーダは継承後11年目?
      107÷13=8.2…なので8年目かなと思います。
      フリーダが負けたのはレイス≠フリッツであり、始祖の巨人を使えないという伏線かなと思っているので、この辺りはあり得るかなと。
      う~ん…真の歴史が気になりますね!

      またよろしくです!


      管理人アース

      • 湿度45% より:

        返信ありがとうございます^_^

        確かにフリーダがレイス巨人とフリッツ巨人のデュアルコアだったら色々と説明もつきますね。


        新たな仮説として、一つ思いつきました。

        レイス巨人はマーレ先遣隊の第一陣だったのかもですね。
        能力アドオンの瓶とか持ってましたし。

        乗り込めば昔からいたかのように記憶操作できます。

        で、始祖巨人を食べて意思を継承したときに真の歴史や思想を知り心変わり?影響?を受けてしまい、始祖巨人の意思を尊重しつつ、「私たちは罪人だ」的な感じに落ち着いたのかもしれません。

        マーレ側の歴史がねじ曲がってるのも、マーレに居た時のレイス家の記憶操作のせいかもしれません。

        ただ、正当継承者でないレイス家は意思継承されるのに、エレンが意思継承されてないので、この説もまた決定的な根拠に欠けますね、

        進撃の巨人は考えるほど迷路に入ってしまいます(笑)

        • 管理人アース より:

          湿度45%さん!

          コメントありがとうございます!

          >レイス巨人はマーレ先遣隊の第一陣だったのかもですね。
          これは面白いですね!
          あり得るかもです。
          ただ、マーレの歴史とエルディアの歴史の食い違いは、お互いに都合の良いように改ざんしているだけだと思いますよ。
          現実世界の報道のようなものです(笑)
          おそらくレイスはマーレ人の記憶改ざんは出来ないでしょうし。

          またよろしくです!


          管理人アース

  12. 進撃のじゃがりこ より:

    アースさん明けましておめでとうございます。

    2000年後の君へは、大方の予想通り次の継承者を指している気がします。

    湿度45%さんの考察ですが
    私もレイスはマーレ側の人間だと思っています。

    ・マーレ側の巨人化液を持っていた

  13. 進撃のじゃがりこ より:

    すみません途中で送信されてしまいました。

    ・マーレ側の巨人化液を持っていた
    ・楽園制度にマーレ側のメリットが皆無
    ・多分始祖の力は使えない

    ということから、マーレ側の「巨人大戦時の内部工作」はレイス巨人との取引ではないかと考えています。
    始祖の巨人を葬る代わりに、レイス巨人の持つ破滅的平和思想の実現を手助けする。
    具体的に言うと巨人を楽園送りにすることで、一定量巨人を壁外に保つことができます。
    レイス家も始祖の巨人に従う必要がなくなり、マーレもエルディア支配から解放されwinwinです。

    • 管理人アース より:

      進撃のじゃがりこさん!

      明けましておめでとうございます!

      ひとつ気になるのはレイスにマーレの記憶改ざんは出来ないと思うのでマーレの歴史を捻じ曲げることは出来ないでしょう。
      あと、巨人化注射を持っていたのはもともとはフリッツの物であり、捕食した後に自分の物にしたのかなと。
      ただ、側近にマーレ人が多々いたであろうことから、レイスが一部のマーレ人と何かしらの取引があったのかなとも考えられますね。

      今年もよろしくです!


      管理人アース

  14. いち訓練兵 より:

    いつも楽しく読ませていただいております。
    『2000年後の君へ』で『君』が誰であるか?を88話を絡めて妄想してみました。
    ユミル=フリッツからエレンへのメッセージというのが一般的だと思いますが、ここではあえて違う『君』を考えてみました。
    88話で、クルーガーは9つの巨人には名前があり、進撃の巨人については、「いついかなる時代においても自由を求めて進み続けた。自由のために戦った」と言っております。これはまるで思想、哲学を持った人間のようです。さらに継承者については、器と表現していました。継承者が主体ではないのです。
    そして『2000年後の君へ』をそのままの意味で捉えると2000年前に君がいて、そこから2000年たったときの君へのメッセージのようにも受け取ることが出来ます。2000年間生きているということです。
    そこから『2000年後の君』の『君』は、“進撃の巨人”というのはいかがでしょうか?

    • 管理人アース より:

      いち訓練兵さん!

      コメントありがとうございます!

      >『君』は、“進撃の巨人”というのはいかがでしょうか?
      面白いですね!
      「巨人の力」がいったい何なのかが分かると判明しそうですね!

      またよろしくです!



      管理人アース

  15. エルサレム より:

    世界は繰り返すということを前提に妄想しました
    エレンが九つの巨人全てを身に宿し、始祖の巨人(仮)になり全人類の記憶を改竄。後エレンも記憶を失いエレンは大地の悪魔となり一人の少女と契約を交わす。そして二千年後、始祖の巨人(仮)となったエレン・イェーガーが…みたいな
    SSで書くべきでしたね(笑)

  16. 芋をふかした者 より:

    まだ全てのコメントを読んでいませんが安易に〇代×13年という計算をするのは好ましくない気がします。
    都合良く掛けたり足したりすると2000になるというのはそれはそれで作者様の意図ともとれます(たぶん作者様の意図だとは思っています)が、巨人化能力者がピッタリ満期13年で世代交代しているとは考えにくいです。
    作中では描かれないかもしれませんが、能力者が継承後13年間の間でもし事故や病気で亡くなっていたら?偶然犯罪に巻き込まれて殺されていたら?赤子継承してそれに気づかず病死したら?などなど考えられ、これまで何年もこのような事が無く全員が13年生き延びられるほうが不思議なぐらいです。赤子継承の設定も出てきたので能力者死亡後赤子継承がどれぐらいの月日を空けて発現するのかなども気になるところです。赤子継承というワードが出てきた時点で過去に赤子継承で継承した人物がいることは確定なので今後その話も出てくると思われます。
    この記事にもあるとおり数え方の解釈によってズレたりズレなかったりしますしまだ検証が必要かと

  17. 籠の中の鳥 より:

    そもそも、本当に13年しか生きられないのかも微妙ですよね。エレン達がキース教官のもとに会いに行ったとき、キース教官はグリシャとあったのは20年前と言っています。シガンシナが破壊されたときが5年前なのでグリシャは15年生きていたことになります。寿命を延ばす方法が何かあるのかもしれません。
    グリシャは医師ですから、人体への理解も深いですし。また壁外人類の方も月光の巨人の件から巨人の研究も進んでそうですし。

    • 管理人アース より:

      籠の中の鳥さん!

      コメントありがとうございます!

      >グリシャは15年生きていたことになります。
      これはキースが「20年…前になるか」という言い方なので実際は「18年」という事かなと思っています。
      となると、エレンがグリシャを捕食したのが13年目となり、グリシャもギリギリだったのかなと察せられます。

      またよろしくです!


      管理人アース

  18. イオ より:

    新年になりましたね!今年もアースさんの考察を楽しみにしています!!

    今回の記事で気になった所を質問させて下さい。

    今回エレンがヒストリアを摂取すれば、な事を考えていましたが、ダイナに触れた時に始祖の力?が発動したのならばヒストリアに触れても発動出来るのではないですか?

    また、王家を摂取するというのであればフリーダは摂取した事にならないのでしょうか?(間接摂取はダメ?)

    あるいは、壁外王家と壁内王家を別物と考えると、ダイナで発動出来てヒストリアで発動出来ない理由になりますかね…?
    その場合、壁外王家の血を引くジークに触れた時に何か起きるのではと思っています。

    逆にエレンを捕食してジークが始祖の力を手にした場合は不戦の契りに縛られるのかどうかも気になる所です!

  19. とーる より:

    明けましておめでとうございます。今晩は。
    二千年後の君への考察面白いですね。

    考察読みながらふと思い出したのですが
    一話目で845という数字が出てましたよね。
    で、2話目の「その日」で850。
    普通に西暦のような年号だとずーっと思って、その後忘れ去ってたのですが、
    ユミル・フリッツが力を手に入れたのが計算上だと1852年前。というのを読んで
    あれ?コレもしかして本当に年号だったの!?
    という所に至ってしまいましたw

    • 管理人アース より:

      とーるさん!

      コメントありがとうございます!

      845や850が年号であることは、アニメでは確定しています。
      2015-11-19_150312

      なので、年号で間違いはないと思われますが、1852年との関係は分かりませんね。
      う~ん、やはりユミル・フリッツと年数は、何か関係があるのか…

      またよろしくです!


      管理人アース

      • とーる より:

        言い方が変でしたね;
        年号だっていうのは知ってたんですが、
        計算で1852年になったというアースさんの考察をみて
        845や850は1000を省略した年号で、本来は1845年、1850年であり(2年ぐらいは誤差範囲?)
        ユミル・フリッツが力を手に入れてからの年号では?と思ったのです。

        実はずっと気になってたんですよね。845年という年号が何から数えての年号なのか。
        壁の中に閉じこもってから…というには多過ぎますし、人類の歴史というには妙に少なすぎる。

        エルディア人にとって、ユミル・フリッツは絶対的な存在だったわけですし、そこからエルディアが始まったといっても過言ではないと思うんですよ。
        進撃世界の現在が1992年よりは、1850年の方が何となくしっくり来る気がします。

        となると二千年後までにはあと150年あることになるんですが…
        二千年後の君は、進撃の巨人を受け継ぐ誰かっぽい感じはします。
        まさかエレンがアニみたいに水晶体になって150年間眠るとかそんなオチにならない事を期待したいですがw

        • 管理人アース より:

          とーるさん!

          コメントありがとうございます!

          >となると二千年後までにはあと150年あることになるんですが…
          これ、その通りで管理人アースもずっと引っかかっています。
          ここから考えられるのは、「二千年後の君はユミル・フリッツとは関係なく別の誰かからのメッセージ」「150年ズレの根拠を作ったグリシャ父の発言が間違い」「145×13+107+8=2000年がミスリード」のどれかなのですが、管理人アースは取り敢えずグリシャ父の発言を無視することで処理しています(笑)
          つまり、150年のズレはグリシャ父の勘違いかなと(笑)

          またよろしくです!


          管理人アース

  20. PANDA より:

    ワンピースみたいに
    空白の100年とか
    あったりしないですかねー

    そしたら
    ユミルフリッツが力を得てから
    ちょうど2000年後に
    エレンの寿命が当てはまるのに

    • 管理人アース より:

      PANDAさん!

      コメントありがとうございます!
      計算難しいですよね!
      どのような形にしろ、これらを作品内で回収してもらえれば嬉しいです(^^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  21. 全員1年だったら? より:

    全員1年で継承するだったら145年なのに、
    13年だったら-1しなきゃいけないなんてことはないので、満13年だと仮定すれば計算はあいますね。

    仮定が嘘かどうかは別の議論でして。

    • 管理人アース より:

      全員1年だったら?さん!

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      ですが、13年で…というユミルの呪いがどうしても…という感じです。
      ただ、計算のピッタリな合い方には、何かを感じますよ!

      またよろしくです!


      管理人アース

  22. でぶねこ より:

    進撃の巨人のファンブック「攻」では、「1999年に現れるとノストラダムスが予言していたアンゴルモア大王。しかしそれは、我々(読者たち)の世界ではなく進撃の巨人の世界に起こる事だったのだ。」というふうな文があり、これを進撃の巨人が元にしている北欧神話と重ね、1999年=ラグナロクとする。どちらも世界が終わる日という意味では同じなので。すると第1話のタイトル「2000年後の君へ」の意味が見えて来ます。2000年後とは本来訪れるはずのないものであり、そうさせない為にミカサはループ?をし、ラグナロクを止めようとしている。つまり「2000年後の君」とはラグナロクを止める事ができた子孫?もしくは全く無関係の人物に宛てたものである。少し強引な気もしますがこんな考察はどうでしょうか。団長方の御返事待ってます。

    • 管理人アース より:

      ということは、第1巻1話からの二千年度の誰かにメッセージを送っているということですかね?



      管理人アース

  23. 進撃の真のヒロインはヒッチ・ドリス より:

    2000年後の君へと言うのはユミルフリッツから2000年でユミルの呪い(悪魔との契約)が切れるよと言うメッセージなのではないでしょうか?
    そうすればエレンが13年で死ぬことはなくなり主人公とアルミン、ファルコなどは延命し、巨人の力がなくなりエルディア人が巨人になれることもなくなり、汚れた民族などと言われず、真の平和が訪れそうです。
    でもこれだとアース団長の考えたズレが説明できなくなりますね。 伏線が回収されることは祈っております
    長文失礼いたしました

  24. 最後のエルディア人 より:

    私は、「2000年後の君へ」は、最後のエルディア人に宛てており、その最後のエルディア人が死ぬ時がユミル・フリッツ誕生から2000年後、と考えました。

    もし最後のエルディア人が死亡したらどうなるか?
    巨人の力はどこへ行くのか?

    そこでよく言われている「ループ説」が出てきます。
    最後のエルディア人が死亡すると、つまり滅亡すると、その力は時空を超え初代のユミル・フリッツに受け継がれる。
    その根拠として、クルーガーがミカサとアルミンについて口にしています。
    まだ生まれてもいない二人をどうして知っているのか?つまり初代に受け継がれる前のエレンの記憶と考えられます。

    もう一つ、17巻でウーリーとケニーが話している場面で「この世界は必ず滅ぶ。」と言っています。そして、「そのわずかな人類の黄昏に、私は楽園を築き上げたいのだ。」とも言っています。ここからは、この先の世界を知っていて今までも色んな手段を試したが、結局滅亡からは逃れられず、最後は平和に終わりたいと思い、壁を築いた。と考えられます。
    こちらもよく言われている「ラグナロック説」です。
    (この壁の中の設定が、ギバーという本の話と結構似ています。)

    以上のことから、初代誕生から2000年後にエルディア人が滅ぶ何らかのイベントが起こり、
    その時、歴代の王家の思想にとらわれない王家以外の始祖の巨人を受け継ぐ者へ、滅亡回避のメッセージを送っているのかもしれません。

    かなり突拍子も無い内容で、全部伝えられたか分かりませんが、どうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      9つの巨人の力が時空を超えユミル・フリッツに戻るという展開は面白いですね!
      もしそのメッセージが届いたら、そのループから抜け出せるという展開になるということですね!
      その展開が今回の「進撃の巨人」で起こるのかどうか、ですね。
      最終話が待ち遠しいです(^o^)

      またよろしくです!


      管理人アース

  25. ぎしょー より:

    はじめまして。
    2000年後の君へについての考察、興味深く読ませて頂きました。

    正直、細かい年数についてはよく分からないのですが、個人的には大まかな概要は以下の通りだと思います。

    ・マーレとの争い等で、壁内人類が敗北。
    または世界全体の破滅に繋がる何かが起きる。
    ・何らかの方法でエレン本人、もしくは巨人の能力を初代ユミルの時代に送る。
    ・クルーガーが曖昧とはいえミカサやアルミンの名前を知っていたように、エレンの記憶の一部が巨人の力と共に受け継がれる。
    ・2000年後の「君」とは、現在(連載本編)のエレンである。

    根拠としては
    作者がパクったと言っているマブラヴが、一度人類が敗北した世界を救う為に主人公がループしてやり直す、というストーリーということ。
    また、第一話でエレンが「いってらっしゃいエレン」と言うミカサの夢をみている。
    その際に髪の長さにも言及。

    このことから、一度失敗を経験したエレンが過去に戻ることを決意し、ミカサがそれを見送る。
    連載本編のエレン(2000年後の君)がその失敗の経験から、人類又は世界を破滅から救う。
    と言う流れなのではと思います。

    ただ、自分で書いたくせに矛盾しているのですが、第一話のエレンは巨人の力を継承する前なのに、ミカサに見送られる夢を見て涙を流していること。
    ここが謎です。

    あと細かい計算苦手なのですが、2000年に関しては初代ユミル~現在エレンまでではなくて、過去エレン~初代ユミル~第一話エレンにしたら2000年からズレちゃいますかね?

    長文失礼しました。
    また、私がコミック派なので、連載で新しい情報出てて既に判明してる話だったらすいません。

    • 管理人アース より:

      エレンが巨人継承前なので矛盾するという部分から、エレンが赤子継承ではないか、という説が生まれるんですよね。ただ、管理人アースは否定派ですが。
      このループはエレンの巨人の力ではなくミカサの力なのではとも考えています。
      東洋の一族の力なのてまはと。

      またよろしくです!


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ