【進撃の巨人】ネタバレ97話考察!戦槌の巨人の正体はタイバー家の誰か検証!

97話「手から手へ」にて、タイバー家の当主であるヴィリーが初登場となりました!

ヴィリーとマガト隊長との会話により「戦槌の巨人」を実際に誰が継承しているのかが謎である事が明らかとなり、その正体についてネット上では様々な考察がされています。

「戦槌の巨人」はいったい誰が継承しているのでしょうか?

ヴィリーではないのか!?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆「戦槌の巨人」の継承者はいったい誰なのか?


9つ目の巨人が「戦槌の巨人」である事が判明したのは95話でした。

その際、同時に「戦槌の巨人」を管理しているのがタイバー家である事も明らかとなりました。

ここから、おそらく「戦槌の巨人」はレイス家のように一子相伝のようにタイバー家が継承していたとが察せられ、それは今回97話でも「『戦槌の巨人』と共に記憶を紡いできた」というセリフからも間違いないでしょう。

つまり、「戦槌の巨人」は現在もタイバー家の誰かが継承している事になります。

さて、では「戦槌の巨人」はタイバー家の誰が継承しているのでしょうか?

今回、タイバー家一族が描写されている場面が登場しています。

一部想像となりますが、ヴィリーの祖父、祖母、子供が4人とその姉か妻が描かれています。

使用人らしき人物が二人描かれていますが、一人はヴィリーの母かもしれません。

ヴィリーを含め、この中に「戦槌の巨人」継承者がいることは間違いありません。

この中の誰が「戦槌の巨人」継承者なのでしょうか?

管理人アースは、やはりヴィリー本人だと考えています。

それは、マガト隊長に話していた「継承された記憶」を話していた事からも察せられます。

100年前に大地の悪魔を倒した英雄へーロスの雄姿を「見事だった」「勇ましく美しく」と評しています。

これは当時の「戦槌の巨人継承者」の記憶を継承しているために、ヴィリーは見たかのように話せているのでしょう。

その後も、ヴィリーの先代にて起こった「マーレ軍国主義」に対する説明に、マガト隊長が「見てきたかのように仰いますな」という言葉に「見てきたよ」と言い、記憶を継承している事を説明します。

これらはおそらく本当の事を話しているでしょう。

ここから、ヴィリーが「戦槌の巨人」を継承しているであろうと考察できます。

さらにもう一点、ヴィリーが巨人を継承しているだろうと思わせるのが、タイバー一家が描かれている場面にあります。

さきほど説明したように、「祖父、祖母、子供達、妻?」らしき描写がありますが、「ヴィリーの父」を思わせる描写がありません。

これは、ヴィリーの父親が先代の継承者であり、ヴィリーに捕食されたためにいないのではと考えられますよね。

となると、タイバー家は「当主が巨人を継承する」事になっているのかもしれません。

となると、やはりヴィリーが継承している可能性が高いですよね!

管理人アースは、ヴィリーが「戦槌の巨人継承者」であると予想します!

そんなヴィリーの役割を考察してみましょう!


◆ヴィリーの役割を予想!


ヴィリーという名前は北欧神話に登場するヴィリから来ていると思われます。

このヴィリは、原初の巨人であるユミルを兄弟であるオーディン、ヴェーと共に殺害します。

そしてオーディンとヴィリとヴェーは最初の人間であるアスクとエムブラを創造し、ヴィリは「感情と知性」を二人に与えています。

さて、そんなヴィリがタイバー家当主ヴィリーのモデルであると考えられます。

ユミルを殺害した事から、「戦槌の巨人」継承者であるヴィリーの先祖が、巨人を生んだ「大地の悪魔」を倒したことが真実であると察せられますよね!

では、最初の人間に感情と知性を与えた事は、何かしらの伏線となるでしょうか?

タイバー家が紡いできた記憶が「知性」と関係があるように考えられますが、これ以上の予想は難しいですね(・_・;)

ただヴィリーという名前から、ヴィリーが「戦槌の巨人」を継承しており、タイバー家が大地の悪魔を倒したことは間違いないように感じられます!

それではタイバー家の今後の展開を予想してみます!


◆「戦槌の巨人」継承から「祭事」を予想!


タイバー家で気になる事は多々ありますが、今後の展開ではやはり「祭事」が気になるところです。

この祭事については、ジークとヴィリーがそれぞれ説明していますね。

ジークは95話にて「諸外国の要人や記者を招いて、一年以内にパラディ島を制圧すると宣言を行う」と言っています。

いっぽう、ヴィリーは「世界にすべてを明かす」と言っています。

この二つは重なるのでしょうか?

ちょっと意味が違いますよね。

「世界に全てを明かして」「一年以内にパラディ島を制圧する」と宣言するのかもしれませんが、どうもシックリ来ません。

さらに、「マーレにはへーロスが必要」と、これからのマーレにとっての英雄が誕生するような事を言っています。

いったいタイバー家は「祭事」にて、何を行うつもりなのでしょうか?

管理人アースは、「へーロスの誕生」と今回タイバー家が全員呼ばれている事に注目しました。

まず、なぜヴィリーは一家全員を連れてきたのでしょうか?

へーロスの像を見るだけであるならば、自分だけ来れば良いのではと思います。

これはおそらく祭事が近く、開催日までそのまま逗留するつもりだからかもしれませんが、あのように小さな子供まで連れてくるかな、と違和感を覚えます。

そして同時に「へーロスの誕生」が「祭事」と関係があるならば、ひとつの考察が浮かび上がります。

りゔたんさんが、その考察を簡潔にTweetしていました。


「全てを明らかにする」も含めて考えると、もしかしたら祭事にて、ヴィリーは子供に「戦槌の巨人」を継承するつもりなのではないでしょうか?

そしてその子供が「へーロス」として担ぎあげられるのではないでしょうか?

93話のガビのように!

何となく、辻褄が合いそうな気がしますよね!

りゔたんさん!

Tweetを使わせてもらい、ありがとうございます!


このような展開があるのかどうか…

「祭事」が楽しみですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人】97話「手から手へ」あらすじ考察!
98話あらすじ!
97話考察!エレンの手紙からの展開を予想!
97話考察!英雄へーロスを考察!その正体はアッカーマンか?


Sponsored Link

33 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ97話考察!戦槌の巨人の正体はタイバー家の誰か検証!”

  1. 水宮ハルキ より:

    ヴィリー、かっこいいわ笑笑

    • 管理人アース より:

      初見時にHUNTERXHUNTERに登場しそうなキャラだなと感じたのは管理人アースだけでしょうか?(・_・;)


      管理人アース

  2. 進撃の初老 より:

    13年で代替わりする必要があり、かつ一族で巨人の力を独占するには子沢山である必要がありますよね。レイス家もそうでした。ロッドはダメおやじだったこもしれないけど血を絶やさないために必要な役割りをしていたと思われます。ヴィリの子どもはまだ継承するには若すぎるかな。あるいはヴィリは継承したて?

    • 管理人アース より:

      ヴィリが継承していると思いますが、記憶をそれなりに思い出しているようなので、継承してそこそこ時間が経っているように感じます。
      この辺りが明らかになるのが、楽しみですね!


      管理人アース

  3. あしゅけ より:

    わたしも当主のヴィリーが戦槌の巨人を現在保有している人物なのかなと思うのですが、もう一つ、もしかしたらという考えでは、ヴィリーはまだ継承していなくて、現在保有しているのは本部には来ていない人物(ヴィリーの父親か兄弟姉妹?)なのではないかなというのがあります。
    戦槌の巨人を継承してしまうと、自由に動き回ることが出来なくなるから、その前に本部のヘーロス像を見に来たかったという理由で。
    そしてマーレの上層部の人たちに対しては、りゔたんさんが考察されている祭事=戦槌の巨人継承の儀式は、通常通り、安全に、平和裏に行うと伝えておきながら、本部の上官を人払いしたタイミングで突然訪問し、マガト隊長に直接、真の目的があることを明かし、協力してもらおうと接触を図ってきたように見えます。
    マガト隊長はタイバー家に対してはまだ警戒しているでしょうから、二度目に差し出されたヴィリーの手を、すぐには握らないはずですが、エルディア人、特にマーレの戦士たちには同情しているので、エルディアの復権のために協力して欲しいなあと思います。

    • 管理人アース より:

      マガト隊長の今後のポジションが気になりますよね!
      さらに、元帥がまた登場してマガト隊長のエルディアよりな考え方と衝突し…とか様々な展開が妄想させられます(笑)


      管理人アース

  4. ひでぞー より:

    新たなるヘーロスはジークフリートならぬジークフリッツではないでしょうか。
    祭事では、ジークがフリッツ王家の末裔と明かされ、ジークフリッツ王が誕生すると思います。そしてジークの任期残り1年以内の始祖奪還が至上命令として宣言されるのではと予想します。

    • 管理人アース より:

      これ、面白いですね!
      ということはジークとヴィリーが繋がっているという考察ですね!


      管理人アース

  5. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    事の元凶を討ちし英雄の力、それは今何処にあるか?動物好きの巨人でございます。

    戦鎚の巨人、大地の悪魔を討った英雄、その力が何処にあるのか、気になりますね。やっぱり、ヴィリーが妥当かなと思います。経験も豊富そうだし、頭もキレそうですしね。現時点において、マーレ勢力最強?の巨人を子供に継承させても、宝の持ち腐れになりそうですし、今から、ヴィリーが継承するのだとしても同じ事、経験がなければ、戦鎚の巨人の力をフルで出せないでしょう。一年で様になる?でも、エレンはすでに歴戦の勇士となっている、経験のあるはずの鎧ですらボコボコにやられている、ましてや、始祖の巨人の力をバッチリ使えたらどうする?という問題がありますしね。

    以前、アース団長も考えておられましたが、始祖の巨人の力の発動条件は、他人への愛では?と、私は今も信じております。エレンも4年もあれば、そのことに気づきかもしれないですしね。

    それでは、長文失礼いたしました。

    • 管理人アース より:

      >始祖の巨人の力の発動条件は、他人への愛では?と、私は今も信じております。エレンも4年もあれば、そのことに気づきかもしれないですしね。

      なるほど!
      たしかに、そうかもしれないですね!
      エレンに愛を教えた相手が気になりますが…(笑)
      ミカサじゃなかったらと思うと、夜も眠れないです(笑)



      管理人アース

      • 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

        やっぱり、エレンの愛の矛先はミカサであってほしいですね。

        そして、エレンには、非情な奴に愛の力的なもので勝ってほしいです。それこそ、ピクシス司令の演説で、兵士たちが奮い立ったときのように。

        それではまた。

  6. ライナーは必ず俺たちの仲間に返ってくる より:

    北欧神話との関連性を考察に入れてくださり、無知な読者にはありがたい限りです。

    祭事が継承というのは、あり得そうですが、なんともおぞましい(>_< )

    私が気になったのは、タイバー家の面々が、子ども達を除き、皆暗い顔で下を向いていたことです。

    最初は単に、巨人の継承一族は不幸は幸せではないのかと考えてましたが、もしかすると、近く訪れる継承のことを考えて沈んでいたのかも。

    継承を前向きに捉えて世の中の平和を願っていたレイス家とは対称的です。

    ですが、もしヴィニーが戦槌で、下の代に継ぐ時期が近づいているとしたら、もっと老けた外見ではないかと思うんですよねー。

    まだまだ謎が多く、次号もドキドキです。

  7. 考察初心者🔰 より:

    管理人様。精力的な更新❗️ありがとうございます😆

    マガト隊長の握手のコマを見て池乃めだか師匠の往年のギャグ「どうも❗️保安官のロバートです」を思い出して笑ってしまう😅病んだ中年です❗️

    自分もヴィリーが戦鎚だと思うのですが…
    子供達が小さすぎるのが気になります❗️

    ウーリとロッドじゃないですけどもう1人、適齢期の人物がいそうに思います😆

    皆さんの考察を読んでいて思ったんですが…

    大地の悪魔は始祖ユミルだったりして🙃

    始祖ユミルを殺してその肉を喰らう事で9つの巨人が誕生した…

    なんて事は無いですよね😅

    • 管理人アース より:

      始祖ユミルと契約して巨人の力を与えたのが大地の悪魔となっていますが、真実は分かりませんね。
      どのような形で明らかになるのかも分かりませんし…
      ただ、この辺りは要注意だと思います!


      管理人アース

  8. ニシンの巨人 より:

    初めまして、いつも考察楽しみにしてます。
    私は戦槌の巨人は壁内にいるのではと思っています。
    1、
    ヨロイ・ブラウンと書かれた巨人化液をレイス家が所有してた事、ヨロイ・ブラウンはライナーから採取された骨髄液の可能性が高いと思います。
    (ヨロイを継いだらブラウン姓を名のるかと思っていましたが、違った)昔にブラウンと言う人がヨロイの巨人だったかもしれませんが?
    2、
    このままマレー側にいるタイバー家の中に巨人が居ても
    アニやユミル、ライナーやベルトルトそしてエレンが巨人だった時の衝撃を越えられ無い最後の巨人はそれなりの締めくくりがあるのではと思います。
    3、
    壁内に戦槌の巨人がいるとしたら?
    怪しいのはヒッチ・ドリスかフロックだと思います。
    ヒッチはレイス家がらみで憲兵団に入った?とかアニと同室とか疑わしし、フロックは獣の巨人の投石攻撃から無傷に近い状態は巨人の力を使わないと出来ないのではとか思ってしまいます。
    長文失礼しました。

  9. ラポエリア より:

    エレンが女の子か?と気にしてることから始祖をファルコにあげるつもりかも??

  10. 青ねこ より:

     レイス家と同様、タイバー家も子沢山なのは13年周期での継承者の必要数とその予備だと推測できますが、王政編でのロッド・レイスの言葉や行動に幾つか謎の部分があったのを思い出すと、どうも必要数だけの事とも思えません。
     血族の維持が絶対必要なはずなのにヒストリアをほぼ放置した事とか、妻子が死んだのに子作りしなかったとか。「私は巨人化するわけにはいかない」というロッドの言葉も隠された何かを感じさせます。
     王の血統であるが初代ユミルに支配されてしまう事の他、まだ隠された理由があるのではないでしょうか。まあそこは「大地の悪魔」「ヘーロス」が何であるかがわからないのでこれ以上は推測できませんが。

  11. とく より:

    普段は表に出ないタイバー家を呼び寄せたのはジークであり、王家を滅ぼし国を売った家でもあるのでエレンを仲間にして滅ぼそうとしているんじゃないかい?

  12. 虚人 より:

    はじめまして。
    進撃は謎が多いので考察するのも面白いですね。

    予想ですが継承者はいかにも当主っぽいのでフェイクがありそうです。
    例えば戦槌の隠された能力で継承者が血族に巨人の力を分け与えることができるとか。
    それで一族の誰かが巨人になって、こいつが継承者だったのか!って思わせておいて実は上記の理由で戦槌は当主でした的な。

  13. 脱藩巨人 より:

    ヴィリーが戦鎚でない気がします。
    「『戦槌』の正体を明かしているのはマーレ上層部でも一部の者だけだからな」
    このセリフで当主のヴィリーが戦鎚では変な気がします。
    それとマーレに巨人とエルディア人を贖罪として与えたと話す場面で、「我々の先代がな…。」とありますが、これも我々って言葉がタイバー家の当主と戦鎚が別であると示している気がします。
    救世主的な登場ですが、タイバー家は腹黒いですね。贖罪のためと言ってエルディア人をレベリオに閉じ込めて、マーレの戦争の道具にさせてしまった。そして現在の状況はマーレ自身が選んだと言いながら、マーレを管轄下において君臨して、領土を得たていた訳です。腹黒いですよね。きっとマーレが巨人の便利さで領土拡大すると見越して、利用して領土を得た張本人がタイバー家ってところでしょう。

  14. にわかもん より:

    にわかです。
    フクロウの支援者はタイバー家?
    ダイナを復権はに遣わしたのはタイバー家?
    ジークに両親を売るように仕向けたのはタイバー家?
    ジークに母の出自を隠すように指示したのはタイバー家?
    最新話は読んでません。

    • 管理人アース より:

      タイバー家は謎ですね。
      タイバー家とフクロウとジークのそれぞれの関係が気になりますよ。



      管理人アース

  15. にわかもん より:

    にわかです。
    戦鎚の巨人ですが、その象徴は金鎚です。
    新約聖書に登場するマリアの婚約者、夫にしてイエスの養父ナザレのヨセフの職業は大工さんです。
    おまけですが、アダムとエバをそそのかした蛇は一生腹で這い回り、あらゆる家畜や獣の中で呪われる存在となったとされます。
    這いつくばった巨人が出てきましたね。楽しみです。

  16. 普通の東洋人。 より:

    スッゴク嫌な予想ですが、タイバー家全員がロッド・レイスの家族と同じ運命を辿るかもと思いました。
    レイス家の子供たちはフリーダを除いては、名前と享年以外には詳しい描写は無かったです。
    タイバー家の子供たちの振る舞いを、躾の行き届いたそれではなく、あえて傍若無人にさせる事で、小さな子供の命を奪う事への読者の嫌悪感や抵抗感を極力軽減させようとした…?
    でもヴィリーの「見てきたよ」レイス家の歴代の継承者たちに比べると何だか軽い気がしますねぇ…本当は戦槌なんか継承していないのに、言葉巧みに争いを避けて生き延びてきた、口が上手いだけの一族だったりして…。

    • 管理人アース より:

      タイバー家をエレンが皆殺し展開予想はTweetでしたのですが、むっちゃ後味悪い展開ですよね(・_・;)

      >口が上手いだけの一族だったりして…。
      ウィリーって何か胡散臭いですよね(笑)
      ロッドと同じ臭いがw
      今後の展開を見ないと何とも言えませんが…タイバー家がどのような一族なのか気になりますよ!


      管理人アース

  17. 通りすがりの考察狸 より:

    いつも楽しく読ませて頂いております。

    戦槌の巨人があるから大丈夫みたいなところがマーレ上層部にはありそうなのですが、私も戦槌はもうタイバー家にない気がします。

    それを知らしめるために、公衆の面前でタイバー家が集団自決とか・・・。

    で、押さえつける者はもういないと収容区の人達に反旗を翻させるのでは。
    その際にジークも自分の血についてカミングアウトしたらもう大混乱になりそうです。

    自決に納得する理由が思いつかないですし、ハズレだとは思いますが。

  18. きんじろう より:

    アースさんお疲れ様です。

    97話の考察を改めて読んで一巻から読み直していてふと浮かんできた疑問なので投稿させてもらいました!


    もし既出の考察であったらすいません。

    ベルトルトが話していた
    開拓地で首を吊ったおじさんを襲った髭の巨人は一巻、三巻で登場したエレンが初めて巨人になる前、エレンを食べた髭の巨人と同じ巨人だと思うのですがこれは何かの伏線ではないかなと思うのですが、


    何か考察などあれば教えて頂ければと思います!
    よろしくお願いします^ ^

  19. 完全試合 より:

    ダイバー家にはもう戦槌はいないような気がします。マガトの「見てきたように~」はそれを見ぬいての発言ではないかと思うのです。

    わざわざ「継承せずに死んだ場合は赤子継承」という設定が出てきた以上、赤子継承は作品中で必ず発生すると思われます。そしてそれができそうなのは現状「戦槌」だけですよね。

    マーレにばれていない以上、パラディ島内に戦槌の巨人がいるんじゃないでしょうかねぇ。と言うのが私の感想です。

  20. フランツで仕り候 より:

    お初です(o^^o)
    いつも楽しく見ています(o^^o)

    こないだユーチューブの
    「視聴回数5000000000回さん」の動画に、

    銅像の中は空洞=中身が無い
    との考察がありました。

    つまり、中は空洞の大地の悪魔の銅像を、不戦の契りを交わされた145代フリッツ王に例えています。

    「ヘーロスはタイバー家のシナリオ通りに動かされた操り人形」とマガトさんは言いたかったが、比喩を使って、ヴィリーと話した。という考察でした。

    アースさんはどう思いますか?

    • 管理人アース より:

      そのようにも考察できると、管理人アースも思います。
      マガト隊長の「空洞発言」をそのまま受け取れば「英雄へーロス伝説は虚像」という意味でしょう。
      ただ、伏線として捉えるなら「大地の悪魔という存在が嘘」とも取れるかなと。
      面白いですよね!



      管理人アース

  21. 910 より:

    お初です
    いつも見させてもらってます

    記事を読んでいて思ったのですが、戦槌の能力が一発使いきりの戦術兵器なんじゃないかーという気がしてきました。
    一発使いきりで出し惜しみしてるんじゃ?推測だけですが

  22. みー子 より:

    完全試合さんのコメント、そうかもしれない!と思わされました!

    普通だったら読者に誰が当主(巨人を引き継いだ)のかを考えさせる必要は無いし、あえて考えさせたところが腑に落ちません。

    アースさんや他の方とは違う見解になってしまいますが、
    空洞の像=虚像のタイバー家当主(巨人のいない空の一族)
    かもしれないなと思いました。

    もし赤子継承したのが島側だとしたら、とんでもない話の展開になりそうですね!

コメントを残す

このページの先頭へ