【進撃の巨人】ネタバレ96話考察!巨人の「仕掛け通り」について考察!

845年壁ドン時のライベルアニの真相が明らかとなった96話ですが、それと同時に様々な謎や伏線が仕掛けられている内容となっていました。

その中のひとつと言えるのが、無垢の巨人について「すべての巨人が…仕掛け通りに行動するわけじゃない」と言ったベルトルトのセリフです。

この「仕掛け通り」という表現が引っかかったのは、管理人アースだけではないでしょう。

ここからどのような考察ができるでしょうか?

そこから巨人誕生の経緯が!?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆「仕掛け通り」という表現から巨人を考察!

2017-08-08_020135
「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より


第96話「希望の扉」にて、マルセルを捕食したユミル巨人の登場について、奇行種であることを指しているような説明として
「すべての巨人が仕掛け通りに行動するわけじゃない」とベルトルトのセリフが登場しました。

これは「人がいるところに移動する」や「直近の人間を捕食する」という無垢の巨人の行動原理について説明していると思われます。

つまり、「人間に近付いていく」という巨人の行動原理を「仕掛け通り」と表現しているということですね!

これは【進撃の巨人 ネタバレ】96話「希望の扉」あらすじ考察と感想!の考察部分でも取り挙げていますが、「仕掛け通り」という表現には「人為的に作られた」という事実が感じられます。

つまり、ベルトルトは無垢の巨人がどのようにして誕生したのかを知っており、その知識に基づいた言い方として「仕掛け通りに」という表現をしたのではないかと考察できるのです。

では、この「仕掛け通り」とは何を指して言っているのでしょうか?

これはもちろん「人間に引き寄せられ、捕食する」という無垢の巨人の通常種の行動原理ですよね!

ということは、この「人に引き寄せられ、捕食する」という無垢の巨人は、人為的に作られたということになりますよね?

つまり、この巨人を生む巨人化注射液は、人為的に作られているということになります!

誰が何の為に?

さらに考察を進めます!

Sponsored Link


◆巨人化液は誰が開発したのか?

2015-10-26_193250
「進撃の巨人」第63話「鎖」より


巨人化注射は誰が何の為に作ったのか?

まず、誰が作ったのかと考えると、「フリッツ家」「マーレ人」が考えられるでしょう。

「エルディア人」が作ったと考えると、その目的は「巨人化能力の継承」にあると考えられます。

通常種の「最も近くにいる人間を捕食する」という性質は、まさに巨人化能力の継承のためにあるように感じられますよね!

そのように作為的に開発されているのでは、と感じられますよね!

まさに「仕掛けとして」人間を捕食するように作られているのでは、と思われます。

さらに考えると、「巨人化注射が無かったら、巨人化能力の継承は不可能ではないか?」と思えますよね!

と考えると、そのような巨人化注射は過去の巨人化能力者、つまりはユミル・フリッツの家であるフリッツ家の人間が作ったのかなと予想できますよね!

もうひとつ考えられるのが、「マーレ人」ですね。

現在この巨人化注射を最も使用しているのはマーレ人です。
2016-11-08_034830
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


この巨人化注射を使用し、巨人を軍事利用しているマーレがもともとこの巨人化注射液を開発していたとしてもおかしくはないでしょう。

ただ、そうなると自分達で巨人化液を開発しておいて、「エルディア人しか巨人にならない」と言うマーレは、かなりヒドイようにも感じますね!(・_・;)
2016-11-08_035420
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


ただ、これはこれであり得る展開かなとも思えます!

巨人化注射液が「フリッツ家」か「マーレ」のどちらが開発したのかは確定できませんが、ベルトルトは知っていたのだろうと、このセリフから分かります。
2017-08-08_020135
「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より


ということは、現在超大型巨人を継承しているアルミンは巨人化注射液を作ったのが誰なのかを知っている事になりますよね!

アルミンの口からその事実が明かされる展開が楽しみですよ!\(^o^)/

96話「希望の扉」あらすじ考察と感想!
96話考察!女型だけ王都に行ける謎を考察!
96話考察!他人種系エルディア人とは何なのか検証!
96話考察!「タイバー家」と「不戦の契り」を考察!
96話考察!トロスト区襲撃の真相を考察!


Sponsored Link

4 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ96話考察!巨人の「仕掛け通り」について考察!”

  1. 寺田 より:

    団長更新お疲れ様です!

    薬はマーレが開発したように見えます。
    巨人化学研究所でしたっけ?
    そこの関係者が誰か気になります。

    しかし、結論を言うと私は巨人から薬を作るのは簡単なのではないかという考えに至りました。

    意外にかなり昔から巨人の脊髄液を瓶に保存していたりしたのではないでしょうか。
    だとするとロッド・レイスが持っていたものは、ウーリやフリーダ、先祖の脊髄液だったのかもしれません。
    脊髄液を取るのも仲間の巨人ならそう難しいことには思えませんし。すぐに蒸発するわけでもなさそう。(ロッドの例)
    とすると、エレンの脊髄液を取ることも可能な気がします。

    ところで、水晶化したアニをエレンの脊髄液で無垢の巨人化したミカサが食べて女型の巨人になる胸熱展開を期待してます。

    そして早くエレンの前の前の前の継承者や、ベルトルトの記憶、その前の継承者の記憶など思い出してほしいです。

    • 管理人アース より:

      ロッド・レイスが持っていたカバンの注射には歴代の始祖の巨人の脊髄液があルかもですね。ただ、ヒストリアに打とうとし自らに打つことになった超超大型巨人の注射は、謎ですね。
      あと、ミカサはアッカーマンと東洋のハイブリッドなので巨人化は難しいでしょう。
      ただ、パラディ側の展開を早く見たいなと願っています(^_^)


      管理人アース

  2. トーマス好き より:

    管理人アース様

    人に近づく、捕食するは、ライナーを襲ってマルセルを喰っているので、これが仕掛けだとすれば仕掛け通りになると思います。

    仕掛けとは
    ライナーが直前に言っている「壁に近づかないと巨人は居ない」
    及び
    この13年前にグロス曹長が言った「巨人は海に近づかない様になっている」
    ではないでしょうか。

    ユミルは60年くらい楽園を彷徨っている古参なので、この間の47年程の間に、仕掛けが完成したのかも知れないですね。

  3. 考察初心者🔰 より:

    管理人アース様、更新お疲れ様です。
    寺田さんも書いてますが脊髄液を瓶に詰めて保管するとかの方法はかなり昔からあったのではないかと自分も思います。
    マーレだけでは無くエルディア帝国でも無垢の巨人は安価な兵器として利用していたので…当然、戦況にあわせて無垢の巨人を投入する為には注射による巨人化は最適な方法ではないかな?と思います。
    そもそも…九つの巨人の継承をコントロールする為にも任意のタイミングで巨人を生み出す必要があります。
    かなり古い時代から注射による巨人化は行なわれていたのでは?と自分は思ってます。
    ただ…海に近づかないや集団に引きつけられるなどの習性はマーレの研究によって作り出されたのででは?と思います。
    それがベルトルトの言う仕掛けの意味では(^^)

コメントを残す

このページの先頭へ