【進撃の巨人】ネタバレ26巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!

「26巻表紙が公開!」を追加更新しました!

8月9日発売予定(予想)となっている26巻第1話目となる103話の内容が明らかとなりました!

25巻からマーレの戦士達と激突展開となっている調査兵団ですが、さらに26巻も激しい戦闘展開となりそうですよね!

さて、そんな26巻は第2話からはどのような展開となるのでしょうか?

さらに26巻とは、どのような巻となるのでしょうか?

「進撃の巨人」第26巻を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆26巻1話目@103話あらすじ&感想!

2018-03-19_095048
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


26巻第1話は、25巻の続きとなる調査兵団とマーレの戦士達の戦闘展開から始まりました。

それでは第1話目103話のあらすじから見て行きましょう!

26巻1話目第103話「強襲」あらすじ!

2018-03-19_141556
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


エレンの巨人化の影響で倒れていたファルコが目を覚ます場面から始まります。

身を挺してファルコを守ったライナーは、その失くした気力の影響により意識を失った状態となっていました。

いっぽう戦鎚の巨人の正体は水晶体に守られており、捕食しようとしたエレンゲリオンですが敵いません。
2018-03-15_053040
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


そこからエレンはうなじから脱出し、再び巨人化し、戦鎚の巨人の正体を再び掴みます。

マーレの巨人と調査兵団の戦いは調査兵団側が優勢に進め、獣の巨人をリヴァイ兵長が倒します!

そして車力の巨人はサシャのライフル、さらにジャンの雷槍がキッカケで一気にたたみかけ、瀕死の状態にまで追い込みます!

最後はジャンが車力の巨人にトドメを刺そうと雷槍を向けたところにファルコが止めに入り終わります。


26巻1話目第103話「強襲」の感想!

2018-03-19_142204
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


とうとうライナーとファルコ登場!

ファルコから始まり、ファルコの場面で終わった103話は、まさにマーレ編の主人公だろうと思っていたファルコが動き出したなと感じました。

そしてアルミンも登場し、後はハンジが合流すればほぼ全てのキャラは揃う展開となることから、この26巻はまさにマーレ編が佳境に入る巻となるのだろうなと期待させられる展開となっていました。

まずはジャンとファルコの展開がどうなるのか?

マーレと調査兵団の戦いと共に、2話目以降の展開が非常に気になる26巻第1話目だと感じる103話でした!


◆26巻2話目@104話の展開予想!

2018-03-08_052440
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


103話最後の場面から始まります。

自身と車力の巨人の前に立ち塞がるファルコを見て、ジャンは撃てません。

撃てないジャンはファルコに怒鳴りつけます!

しかし動かないファルコ。

決死の表情で車力の巨人の前に立ちふさがります。

その後ろでソッとライフルを手にするガビ
2018-02-13_070019
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


狙いをジャンに定めます。

そこへ息を切らしながら走ってくる人物がおり、ファルコの横で膝を付きます。

コルト
「やめろ、ファルコ!」

「子どもが出る幕じゃないんだ!」

突然の兄の叱責に動じるファルコ。

その後ろで突然発砲音がします!

ガビのライフルが火を吹いたのです!

倒れ込むジャン!

驚いた表情のサシャ、コニー

このような展開を予想します!

【追記】

ジャンはファルコを撃つという展開となりました。

予想は外れましたね!(;´Д`)

104話「勝者」あらすじ感想考察!にて内容が分かりますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆26巻3話目@105話の展開予想!

2016-07-08_035331
「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


ガビのライフルにより、倒れ込んだジャンですが「うう…」と痛みを感じている声がします。

どうやら自由の翼が描かれた胸当てのおかげで一命はとりとめたようです。

ホッと胸を撫で下ろすサシャやコニー、フロック達。

しかし、フロックの表情は曇り「だからここには敵しかいないと言っただろう!」と叫びながら飛び出します!

そしてファルコとガビ、コルトに構うこと無く雷槍を撃ち込むフロック!

このような展開が起こるのではないかと予想します!

【追記】
2018-05-15_210117
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


ガビのライフルでサシャが撃たれ倒れるという展開となっていました!

そしてフロックは雷撃を撃ち込みませんでした!

この予想も外れてしまいましたね!(;´Д`)

105話あらすじ感想考察!にて内容が分かりますので見てみてください!

◆26巻4話目@106話の展開予想!

2017-03-08_031630
「進撃の巨人」第91話「海の向こう側」より


フロックの雷槍により、辺りに爆発音が響きます。

そこには吹っ飛び動かなくなったコルトが横たわっています。

ファルコとガビを守る為に犠牲になったコルト。

コルト
「逃げろ…」

「ここは危ない 逃げろ!」

そうファルコとガビに叫び、絶命し横たわるコルト

そんなコルトを見て、泣き叫ぶファルコ

ファルコ
「兄さん!」

ガビ
「そんな…」

あまりの展開に泣き叫びファルコとガビ!

二人の泣き叫ぶ声に反応し、固まっていたライナーの目がうっすらと開きます。

このような展開が起こるのではと予想します!

調査兵団とマーレの戦士との戦いが佳境となるこの26巻にて、ライナーが復活するのではと予想します!

26巻の展開、非常に楽しみですね!\(^o^)/

【追記】
2018-06-08_070946
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


コルト絶命展開ではなくサシャ死亡が確定しアニ再登場という展開となっていました。

これまた予想は外れましたね(;´Д`)

106話「義勇兵」あらすじ感想考察!にて内容が分かりますので見てみてください!

◆「進撃の巨人」26巻は「マーレ編終焉」の巻だった!

2018-06-08_070651
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


第103話から106話までの内容が明らかとなりました!

つまりは26巻の展開が判明したということであり、その内容から26はが「マーレ編終焉の巻」だと位置付けができるでしょう!

23巻から始まった「マーレ編」ですが、これまでにライナー達の故郷がマーレであった事や彼らの境遇、9つの巨人など様々な謎が明らかとなってきました。

大きな謎であった「ライナー達の故郷」が判明したのはこの「マーレ編」でしたよね!

そして26巻ではサシャ死亡という展開も起こり、とても濃い章だったと言えるでしょう。

そんな「マーレ編」も26巻最終話106話でパラディ島に戻る展開となり、この26巻で「マーレ編」が終わったと言えます。

それは同時に「新たな章」が始まる事を意味し、それが「パラディ島の3年間」なのではないかと察せさせる展開となっていました!

27巻からは新たな章「パラディ島の3年間編」が始まると思われます!

そう考えると、26巻は「マーレ編終焉」の巻であり、同時に新たな章の始まりの巻だと言えますね!

26巻は大きな節目の巻だな、と感じた管理人アースでした!(*^^*)

この大きな区切りの巻である26巻の発売日は、8月9日(木)となっています!

◆26巻表紙が公開!

2018-07-02_200615
「進撃の巨人」26巻表紙より


Amazonにて「進撃の巨人」26巻表紙が公開されました!

25巻の着せ替えカバーを思い出させる、素晴らしい夜空がバックとなっていますね!
2018-03-28_034106
そしてパッと見ても分かる通り、リヴァイ兵長のブレードの持ち方が違っていますよね!

26巻に収録される103話でリヴァイ兵長が獣の巨人にブレードを振り下ろす場面でも、やはり逆手でブレードを握っています。
2018-03-08_065322
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


これは明らかに「あり得ない場面」となっているのではないでしょうか?

これはちょっと考察の必要がありそうですよね!

どこかで考察しなきゃですよ!

26巻コミックは、こちらから予約できます!


「LOST GIRLS」ミカサ外伝アニメDVD付きの26巻限定版予約は、こちらからできます!


ぜひ予約しておきましょう!\(^o^)/

さらに「進撃の巨人 ひとコマ大喜利ブック」の発売が決定!


これは必見ですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人】25巻の発売日4月9日までに抑えるべき考察まとめ!
25巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

10 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ26巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!”

  1. ハンジ班志望 より:

    アースさんいつも考察楽しく拝見しています!
    自由の翼の胸当てで一命を取り止めた展開あれば新しい団服が役に立つから見たいシーンです!
    私もライナーの目覚めのきっかけはファルコが持っていると思います。

    ところで私は105話あたりでアニかハンジさんの介入があると思います。シーンは楽園の港とか。。。予想というよりも願望でもあります(笑)アニは超大型巨人がアルミンに奪われたと知ったらどんな気持ちになるだろう。

    • 管理人アース より:

      >105話あたりでアニかハンジさんの介入があると
      26巻内でアニの再登場があったら嬉しいですよね!
      願望&希望ですが!(笑)


      管理人アース

  2. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    なるほど そう予想されましたか・・・。
    はっきり言って104話は全く予想が立たないですね。
    ジャンは撃てるかもしれないし撃てないかもだし。

    ただ、結果的に、誰かが死ぬでしょう。
    それは なんとなく ガビのような気がするんです。
    理由は、ガビをみるとフェイとかぶるから。

    さてどうなる事やら。
    次の発売日が待ち遠しいですね。

    • 管理人アース より:

      >はっきり言って104話は全く予想が立たないですね。
      全くその通りです(;´Д`)
      マーレ編になってから、本当に予想が難しいです(泣)
      今は104話に期待でドキドキです(*^^*)



      管理人アース

  3. アルミン・アルロレロ(噛 より:

    いつも楽しく読ませて頂いております。

    最新話を読み返して、アレ?と今更、気になっていることがあります。
    22巻89話『会議』の中で、エレンが叫んだ
    「まさか?!」
    なんですが、あのまさかがまさかだったりして、イェーガー兄弟が接触すると、まさかが可能になってしまったりするんでしょうか。
    「始祖の巨人」の力を使うなら、そろそろ兄弟喧嘩を止めにして文字通り「手を取り合う」のが早いような。
    そんな展開、ありかな、なしかな…、無いかなあ?
    この予想、全く自信はありません!w

    九日が待ち遠しいです。

    • 管理人アース より:

      エレンがジークの接触したら、たしかに座標は発動するでしょう。
      ここにエレンとジークが繋がっている事を匂わせる伏線の意味があると思われます!


      管理人アース

  4. 何のカロリーも得られませんでした(ダイエット中 より:

    いつも楽しく拝見させて頂いてます(๑´ㅂ`๑)
    今話には関係ないことで申し訳ないのですが、地ならし用の壁の中にいる大型巨人。
    あれって壁のなりたちを描いた絵では腕を組んで外を向いていましたけど、実際には壁の内側を向いて立ってたような記憶があるのですが、

    だとすれば地ならしとは本来145代フリッツ王は壁中人類を絶滅するため だったのかな~なんて思ったり。。。

    • 管理人アース より:

      ストヘス区の巨人は内側を向いていましたよね。
      もしかしたらシーナの壁は内側を向いており、ローゼとマリアは外側を向いているのかもしれませんね。
      この辺りも気になるところです!



      管理人アース

  5. 第26巻の表紙ですが、巨人がいないし、
    アルミンはどうした?
    という印象でした。

    ところが、バックに 大きな発光があります。
    つまり これは、アルミンの巨人化の瞬間
    なのではないか。
    この発光で、アルミンと巨人を暗示させて
    いるのが上手いと思います。

    • 管理人アース より:

      おお、アルミンの発光説は26巻を購入したら確かめたいですね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ