【進撃の巨人】ネタバレ105話考察!「マーレ編」のまとめ!時系列で検証!

23巻91話から始まった「マーレ編」ですが、105話にてほぼ完結したのではと感じられました。

突然舞台がマーレに移り、時系列も3年ほど飛び始まったマーレ編ですが、105話ではその間の出来事もいろいろと判明した展開となっていました。

ここで105話までに明らかとなっている事実を踏まえ、「マーレ編」を時系列でまとめ、検証してみましょう!

Sponsored Link

◆105話時点でのマーレ編まとめ!

2017-03-08_031841
「進撃の巨人」第91話「海の向こう側」より


「マーレ編」にて明らかになっている事実を年表でまとめてみました!

「進撃の巨人」全体の年表は進撃の巨人年表【考察ネタバレ用】に記載されています。

【マーレ編】年表

年代 話数、関連記事 世界の出来事
851年 22巻第90話 エレン達が海にたどり着く
851年 26巻第105話 マーレからパラディ島に、イェレナとオニャンコポンが乗船している最初の調査船が送り込まれる
851年~853年 23巻第93話 マーレから32隻の調査船が送り込まれる
いわゆる「パラディ島の3年間」期間
854年 23巻第93話 4年続いたマーレと中東連合との戦争が終わる。
この時点でエレンのマーレ潜入が確認
3日目 24巻第97話 ファルコがエレンから手紙を託される
1ヶ月後(33日目) 24巻第98話
ファルコが初めてガビを抜く。
1ヶ月後+1日目(34日目) 24巻第98話
~
26巻第105話
祭事開催。
エレンとライナーが4年ぶりに再会。
ヴィリー死亡。
エレン戦鎚捕食。
サシャ死亡。

時系列でまとめると、このようになっていたのではと考えられます。

この年表から改めて分かるのは、「イェレナとオニャンコポンがパラディ島で3年間くらしてい事」「エレンがマーレに潜入してから少なくとも1ヶ月は滞在していた」事ですね!

イェレナとオニャンコポンが3年間パラディ島で暮らしていた事から、オニャンコポンがハンジを心酔している感じなのも、イェレナがリヴァイ兵長やジャンともそれなりの距離感で接していることも頷けます。

そして「エレンがマーレに潜入してから少なくとも1ヶ月は滞在していた」というのは、改めて考え直すとけっこう重要ですよね!

これは1ヶ月以上続いていた、ということになりますよね!
2018-05-22_053418
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


この間にリヴァイ兵長や調査兵団と手紙のやり取りをしていたと考えられるので、少なくともこの時点で「単独行動」をとっていたのでしょう!

そしてジークともやり取りし、接触していたのだろうと考えられます。

◆エレンはどうやってマーレに潜入したのか考察!

2017-05-08_155119
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


ひとつ重要なのは「エレンがいつマーレに潜入したのか」ですね。

93話で潜入したのではなく、もっと以前から単独行動を潜入したのではという考察も見かけたりします。

しかしこれは、23巻94話で「エルディア人の負傷兵」としてコスロに連れられレベリオ収容区に入った時にレベリオに潜入したと考えて良いと思われます。
2017-06-08_040033
「進撃の巨人」94話「壁の中の少年」より


おそらくエレンはスラバ要塞でエルディア人の戦士として、800人の戦士隊に紛れ込んだのでしょう。

これを手引きしたのは、イェレナとジークかなと思われます。

パラディ島からスラバ要塞までの航路はイェレナがエレンを案内し、スラバ要塞に入ってからはジークがエルディア戦士隊に紛れ込ませたのではないかなと予想できます。

そして中東連合との戦争が終わり、エルディア人の負傷兵としてエレンは病院へ入院し、1ヶ月程度ここを拠点にし手紙にてリヴァイ兵長や調査兵団とやり取りをしたのでしょう。

そしてジークとも接触し、祭事でのタイバー家襲撃を打ち合わせしたのではと思われます!

ジークとはボールとグローブの存在から、直接邂逅し会話をしたのではとも予想できます!
2018-02-11_055525
「進撃の巨人」第98話「よかったな」


イェレナもアゴ髭マーレ兵として紛れ込み、ポルコとピークを落とした罠を準備したりと動いていたのではないかなと!

105話で最初の調査船団にイェレナとオニャンコポンがいたことが分かり、いろいろと考察ができるようになりましたよね!

さて、エレンが潜入した方法と時期は当たっているでしょうか?

エレンはスラバ要塞で潜入したのか?

手引きしたのはイェレナなのか?

答え合わせが楽しみですよ!\(^o^)/

105話考察!ロボフ師団長は過去に登場していたか検証!
105話考察!サシャ死亡!哀悼を込め伏線を検証!
105話考察!イェレナの意味とは?ジーク信奉者を検証!
105話考察!ピークの個人的興味とは?


Sponsored Link

15 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ105話考察!「マーレ編」のまとめ!時系列で検証!”

  1. 一つ重要な事があります。 それは、
    あの飛行船が、どうやって造られたのか?

    パラディ島で造られたとすれば、空白の
    3年間でです。
    しかし 考えてみれば、これまで島内に
    全く無かったものを、わずか3年で造って、
    実戦に使用できるものか?

    先ずは、計画立案から資金調達。
    ここで 軍部や島民たちの承認がすんなり
    いったのか。
    次に、材料調達と加工製造。
    飛行船の材料や 製造のノウハウを集める
    だけでも 大変な時間を要します。
    さらに、完成品のテスト飛行。 すぐに飛行が
    順調にいくものではないはずです。
    そう考えると、あの飛行船は わずか3年の
    間に、本当にパラディ島で造られたのか?
    大いに疑問なのです。

    そこで思うのが、あの飛行船が マーレ軍の
    スラバ要塞戦で使われたものと酷似している
    ということです。
    つまりは、飛行船はパラディ島製ではなく、
    マーレの基地から奪ったものではないのか?

    となると、エレンの襲撃と同時並行で、飛行船
    奪取計画も行われたのではないか。
    恐らく、ハンジ、アルミン、オニャンコポンらが
    別働隊で 飛行船奪取に向かったと思われます。
    つまり、パラディ島勢は 往路は船で別れ、復路
    は飛行船に合流という経緯です。

    祭事会場襲撃と 飛行船の奪取。
    この二つを 同時並行で完遂したとすれば、
    3年の間に 凄く綿密な計画が練られていたと
    思われます。

    • 管理人アース より:

      マーレから奪ったのか、ヒィズル国から献上されたのか?
      もしくはパラディ島製かもですね!
      この辺りも要注目ですね!



      管理人アース

    • 馬来熊 より:

      おおぞらバードさん
      僕も飛行船はパラディ独自開発ではないと思ってましたが、マーレ製とは思いませんでした!
      てっきりヒィズルからの支援かなと
      しかしマーレ人と思しきオニャンコポンが操縦してるということは、マーレ製の可能性も高そうですね
      これは別働隊の話も近いうちに本編で見られるのかも……?

  2. PANDA より:

    マーレ編時系列まとめ
    ありがとうございます

    おおぞらバードさんのコメント拝見しました
    てっきりヒィズル国からの支援かと思っていのですが
    パラディ製に考えが変わりました

    それも、アルミンのご両親の研究が生かされて実用化したものならなお熱いです

    アルミンご両親の研究は人が乗れるところまで進んでいたし、そのデータなどは中央憲兵に没収されて保管してあっただろうし、動力やエンジンとなるものは32隻分もあるし、国自体が豊かになったパラディでは調査兵団への資金はもりもり出ていると思いますので自国で作れたらすごいと思います
    したがいまして、
    パラディ製に1票です!(○>Д<)ノハィッ

    アルミンのあの静かな怒りは
    エレンの暴走もさながら
    ご両親の成果を戦争の道具に使われたという内心もあるのかなと思いました。

    世界の色んな景色を見る為に、進歩の為に飛行船を使いたかったアルミン

    自由を求めて進み続けるために、進撃する為に飛行船を使わせたエレン

    また妄想が止まらないし、長文になってすみません
    ( ̄∇ ̄*)ゞえへ

    • 管理人アース より:

      >パラディ製に1票です!(○>Д<)ノハィッ
      なるほど!
      この展開もあるかもですね!
      マーレからパラディ島はけっこう近そうですしね!
      明らかになるのが楽しみですよ!


      管理人アース

    • PANDA 殿
      私も最初は、パラディ製に一票でした。
      あの飛行船は、立体機動のガス技術を
      活かした、全くのオリジナル製だと期待
      していたのです。

      ところが、マーレ製と同じ。
      同じ物を造るという事は、そのノウハウを
      集めねばならず、返って時間がかかると
      思い マーレ製に一票なのです。

      • PANDA より:

        おおぞらバード殿

        全く同じなんですか!
        じゃあやっぱりマーレから奪取なんですね〜
        アルミンご両親の出番なくて残念です

        自分でもコメントしながらもオニャンコポンとハンジさんの会話が1番しっくりくるのは飛行船奪取、強奪だと分かりながらも妄想が止まりませんでした
        (;・∀・)・

        とすれば、エルディアメンバーは
        会場襲撃チーム
        飛行船強奪チーム
        戦艦撃破チーム(アルミン単独?)
        巨人軟禁チーム(イェレナ)
        と多数のチームに別れて同時進行していたわけで、誰か1人でも失敗したら即全滅に繋がる恐ろしい綿密な計画だったんですね
        アルミン&ハンジさんの頭脳チームの計画はすごいなぁ

  3. リヴァイ大好き より:

     おはようございます。
     わたしは祭事の黒幕は、ヴィリーの命を受けたマガト隊長だと思っていますので、その下準備としてジークに指示を出し、ジークがエレンに祭事の日程を伝えたと妄想しています。
     イェレナは3年前にパラディに渡っていますので、その時にはヴィリーの指示は出ていないので、もしかしたらマガト隊長はが独自に動き出していて、その動きを察知したヴィリーが、後から作戦に乗っかったのかも。マガト隊長は、ヴィリーに、「遅すぎる」発言を確かしていたので、当初のマガト隊長の計画とは違うが、本質的には同じだった計画に乗ったのでは、なんて。
     なので直接の手引きはイェレナかもしれませんが、大元はマガト隊長、かな。
     なので手引きをしたのは、

    • 管理人アース より:

      >大元はマガト隊長、かな。
      この考察は面白いですね!
      もしマガト隊長が黒幕だったらスゴイですね!



      管理人アース

  4. 住吉夢物語 より:

    団長、 新記事有難うございます。

    エレンや調査兵団の潜入時期や経路は、まだ謎ですが非常に興味深いですね。

    エレンは「敵と同じ屋根の下で、敵と同じ飯を食った」と言っている事から、潜入時期はスラバ要塞攻略以前で、エレンはマーレのエルディア人兵として戦ったのでは、と考えています。

    そして、エレンを導いたのはイェレナでしょう。イェレナは西のラクア基地から来たと言っており、マーレの西側へ航路で上陸し潜入したと思われます。
    マーレは中東連合(多分、マーレの東側の国々)と戦っており、東側は監視が厳しく、西側は緩かったのでは、と考えます。
    マガトがパラディ島勢力の潜入を予期しており、監視は結構緩かったと思います。

    おそらく、調査兵団も同様のルートでマーレの西側に上陸し、レベリオ地区に侵入したのだと思います。(案内はオニャンコポンかな)
    ラクア基地には、ジーク派(信奉者?)が他にもいて、パラディ島勢力の上陸潜入、飛行船の貸与等で協力したと妄想しています。

    昔、ドイツの戯言で「雨とどアホは西からやって来る」というのを聞いた事があります。(マンガだったかな?)
    マーレにとって「どアホ」な者達(パラディ島勢力やエルディア復権派)も西側からやって来たのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      イェレナのラクア基地発言からの予想面白いですね!
      この辺りは作品内で描写で登場して欲しいですよね!
      むっちゃ楽しみです!



      管理人アース

  5. 猫神 より:

    アースさん、こんにちは。
    エレンのマーレ軍への侵入が中東連合とのスラバ要塞戦のどさくさに紛れてとの推理は正解かもしれませんね。そこでわざとエレンが負傷して病院送りになる。ライナー達のパラディ島への侵入方法と同じです。ただエレンのマーレへの侵入は流石にジークらとの打合せもありもうちょっと前からではないでしょうか。さて、飛行船ですが、私はパラディ島製だと思います。やはりイェレナやオニャンコポンを載せた3年前の最初の調査船団のジークの命を受けたもの達が技術供与したのではないでしょうか。今回の収容区での戦闘でも調査船団兵団が嘗て中央憲兵隊が身につけていたと思われる新型の立体機動を装着し、かなりの人数で乗り込んでいます。最初から飛行船でマーレに部隊を運び海岸付近まできて一時的に隠れ、イェレナらが手引きした軍用トラックで収容区のアジトへ運び待機とのことではないでしょうか?私もパラディ島製に一票です。さて、これからパラディ島へ行くジークですが、エレンを喰って始祖の巨人を手にした場合、王家の血を引くジークはフリッツ王の「不戦の契り」で身動きが取れなくなります。よってジークはエレンの中に始祖の巨人を置いたままで始祖の巨人の力を使おうとしていると思います。それが「地ならし」なのか、それとも始祖の巨人からエルディア人への呼び掛けなのか?(記憶操作できる位ですから)…ちなみにパラディ島の塀の超大型巨人はなぜ壁の内側を向いているのでしょうか?「地ならし」は建前上、壁の外に対して行われるもの。……私これがずっと引っ掛かっています。

    • 管理人アース より:

      >エレンのマーレへの侵入は流石にジークらとの打合せもありもうちょっと前からではないでしょうか
      そうですね。
      ジークと前もって打ち合わせがしてあったと思われますし、そこにイェレナが絡んでもいそうですよね!

      >ジークはエレンの中に始祖の巨人を置いたままで始祖の巨人の力を使おうとしていると
      仰る通りだと思いますよ!
      ただ、この場合エレンが発動することになりますよね?
      となると、ジークとエレンはかなり信頼し合っている事になりそうですね!
      もしくは、発動した瞬間にジークが使えるのか…

      >パラディ島の塀の超大型巨人はなぜ壁の内側を向いているのでしょうか?
      これ、ウォール・シーナだけがそうなのですかね?
      ちょっと画が出てきませんが、21巻86話でのダイナが145代フリッツ王について語る場面での壁の巨人は外を向いてます。
      このあたり、まだちょっと分かりませんね。



      管理人アース

  6. 双子座流星群 より:

    エレンがマーレのエルディア人兵として対中東連合戦に従軍したとの見方が有力のようですが、私は違うように思います。
    以前も書いたのですが、100話でのライナーとの会話の中で、候補生の子どもたちを可愛がるライナーをエレンが尾行観察していた際の回想場面が登場します。
    そこでのエレンは無傷―ただし93話でのマーレ編初登場の際と同様「逆腕章」―でした。
    ゆえに、エレンが負傷兵の群れの中に紛れ込んだのは尾行観察(無論対中東連合戦争後)の後、わざと片脚を切断し片目を傷つけてのことと考えられます。
    また「逆腕章」はマーレのエルディア人を装う上での未熟さを示すので、収容区のエルディア人の中に紛れ込むこと自体、比較的新しいことだったように思います。
    ただ、だとすると、かなり早い時期からと推察されているマーレ潜入から、エレンはどこでどう暮らしていたのかが謎となりますが。

    • 管理人アース より:

      となると、どうやってマーレに入ったのかが気になりますね!
      イェレナやキヨミ様が協力すれば出来たのかもですが!
      このあたり、エレンの回想シーンで明らかになって欲しいですね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ