【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!壁の名前が始祖ユミルの娘を検証!アニメEDを今一度考察!

エレンゲリオンがヴィリーを握り潰すという驚愕の展開となった第100話ですが、ある意味それを超えるのではないかと思われる伏線回収が登場しました。

なんと、壁の名前が始祖ユミルの3人の娘の名前であったとヴィリーから明かされたのです!

これを知った多くの読者は、アニメseason2のエンディングアニメーションを思い出したのではないでしょうか?

そしてこの事実から予想できるさらなる伏線回収は?

そこには、どのような意味が隠されているのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆3重の壁の名前が始祖ユミルの娘だった事実を検証!

2017-12-17_183341
「進撃の巨人」第100話「宣戦布告」より


第100話にて、パラディ島の3重の壁の名前が始祖ユミルの3人の娘の名前であると明らかになりました。

3重の壁の名前である「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」は、確かに女性の名前であり、ネット上でもあちらこちらで連載当初から、なぜ女性名なのかが検証されてきました。

当時、北欧神話に登場する「運命の女神」ノルンがそのモデルではとの考察が多く見られたのを覚えています。

運命の3女神であるノルンは、それぞれ「過去」「現在」「未来」を司っており、それらが発動すると「時空を超えてループするのでは」との考察が印象に残っており、「ループ説支持派」であった管理人アースはこの考察を読んだ時にものすごく興奮した事も記憶に残っています(笑)

現在は壁が巨人で出来ている事が確定しているので「時空を超えて」という展開が起こる可能性はかなり低いと思われますが、その名称である「マリア」「ローゼ」「シーナ」が始祖ユミルの娘の名前から付けられたという事実には、非常に大きな意味があるでしょう。

この確定により、今年2017年夏に放送されたアニメseason2のエンディングアニメーションがキチンと伏線として回収され、原作に反映するのは間違いないでしょう。
2017-04-04_060825-vert
このEDアニメーションについては、アニメ2期ED考察!3人の少女は3重の壁なのかを検証!にて考察していますので、見てみてください!

ここでの考察では、EDアニメーションを細かに考察しています。

特に現在では確定しても良いであろう3人の少女がユミル・フリッツの娘であり、娘達が食べている臓物らしきものが始祖ユミルから「巨人の力を継承」していることを表しているのではと予想しています。

そしてその臓物らしきものを他にも6つの壺に保存しており、3人の少女が捕食している臓物と合わせると「9つ」になり、これは9つの巨人が誕生している場面を表しているのではないかとも予想しました。
2017-04-04_180335
まさに今となっては当たっていると考えられますし、さらに原作にも反映しそうに感じますよね!

つまり、壁の名前が始祖ユミルの3人の娘から来ている事からこの少女達がユミル・フリッツの娘であることを確定しても良いでしょうし、そこからこの予想自体も当たっているのではと思われます!

となると、気になるのはこの時の考察でも答えがでなかった「後ろで怒鳴っている男の正体」ですね。

この男たちの意味も、原作で反映される可能性が高いでしょう。

この二人の男はなぜ怒鳴っているのでしょうか?

そしてその男の正体は?

考察してみましょう!
Sponsored Link

◆アニメEDアニメーションの後ろの男を考察!

2017-04-04_060408
まず、この二人の正体が何なのか考察してみましょう。

臓物を捕食しているユミル・フリッツの娘、そしてユミルの親であろうフリッツ王?にその本を開き向け、怒鳴ってます。

ここからは妄想になりますが、「ここに書かれたデータによれば、それをキチンと食べればユミルの力が継承されるんだ!言う通りに食べつくせ!」みたいに言っているように見えます。

このように始祖ユミルの娘や王達に言えるような人物は、どのような人達なのでしょうか?

管理人アースは、「巨人学会」ではないかなと妄想します。

グリシャ父によればユミルが巨人の力を得て、さらにその力を9つに分けた事によりエルディア帝国が築かれ大陸の支配者となります。

つまりは、ユミルが得た巨人の力を分けたことにより、その力は強大となりエルディア帝国が支配者となっています。

これを可能にしたのが「巨人学会」なのではないでしょうか?

ユミル・フリッツが巨人の力を得て力を強大にしたエルディア人達は、13年で死亡しまったユミルを前にして絶望し混乱したでしょう。

しかし、その13年の間にユミル・フリッツの巨人の力を研究していた「巨人学会」が、力を分けて継承する方法を考えそれを説き、父フリッツ王に指示をしたのだと考えられます。

特に血縁者である3人の娘マリア、ローゼ、シーナには継承できる可能性が高く、「キチンと臓物を捕食しろ」と、それまでの研究結果が記されているノートを見せながら指示しているのではないかと思われます。
2017-04-04_060825-vert
そう考えると、この場面に何となく説明が付くのではと考えられますよね!

さて、この場面の意味が原作で明らかになるのはいつなのか…

いつかは必ず登場するでしょう!

season2EDアニメーションが、全て回収されるとしたら…

想像するだけで、むっちゃテンション上がりますよ!\(^o^)/

その時にこの記事を更新するのが、今から楽しみですよ!\(^o^)/

100話考察!ヴィリーは戦槌ではない?真の継承者を検証!
100考察!ヴィリーの「お役目」とは?当主の役割を検証!
100話考察!エレンとライナー・ヴィリーとマガトの握手を考察!
100話考察!マガトとキヨミ様の目的とは?ジークとの展開を予想!


Sponsored Link

29 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ100話考察!壁の名前が始祖ユミルの娘を検証!アニメEDを今一度考察!”

  1. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    どうも、動物好きの巨人でございます。

    マリア、ローゼ、シーナ、彼女たちがなんの巨人を継承したのかも知りたいところですよね。それにしても、ナマのままの肉親かもしれない者の臓器を食べるとは…想像したくないですねぇ(・_・;全く。

    ナマの肉を食べたことのない者からしてみれば、それはもう何というか…エグいです…。かわいそうですよ、その三人、直で喰らうってことは血の味が口いっぱいに広がるってことですからね。

    「うぇっ、もう食べたくないよう(泣)」

    「ちゃんと食え💢」ってやりとりがあったとなると…アース団長はいかに考えますか?それではまた。

    • 管理人アース より:

      >「うぇっ、もう食べたくないよう(泣)」「ちゃんと食え💢」ってやりとりがあったとなると
      これは考えたくないですが、実際はそうだったのかもしれませんね(・_・;)
      「ちゃんと食べなければ継承ができないぞ!💢>巨人学会」てな感じかなと妄想していますが、この回収は本当に楽しみですよ!


      管理人アース

  2. ギラ より:

    アースさんお疲れ様です。

    二期EDの謎つながりですけれど
    EDで流れる解読不明の文字と
    今回公開されたアニのLOSTGIRLの中で出てきた
    ライナーがアニに送った封筒の手紙の差出人の文字が
    二期EDの文字のパターンと一致していました。
    ライナーブラウンという逆さカタカナの部分は解読が出来、
    その下の住所に当たるであろう部分の文字です。
    つまりやはりあの文字には何らかの法則があると感じます。

    • 管理人アース より:

      おお、本当ですか!
      となると「ウィットスタジオ」でのオリジナル文字ということになるのですかね?
      本当に手が込んでますね!
      スゴイですよ!
      となると、2期EDの文字の内容が気になりますね(・_・;)

      2017-04-03_042144 2017-04-03_042154
      こんなのもありましたね(笑)
      2017-04-03_184224

      管理人アース

  3. 馬来熊 より:

    遺体の肉を食べて継承できるのか……? というのが疑問でした
    あの絵は巨人継承の方法が一般に知られていない時代に、どうやったかをボカして描いた絵なんでしょうかね

    あの絵を見るに始祖ユミルもその娘も、巨人の力を持つことを誰かに強要されるポジションにいたのではないかと思えますね。
    作中では「ユミルは死後も自らを9つに分けた」と言われていますが、
    「せっかく使えるようになった巨人の力を失うなんて」と、娘たちに継承させたとかかな…

    その誰かというのが巨人学会だと、今度の疑問は巨人化の技術は彼らが編み出したのか、それとも大昔の記録を漁って再現しようとしたのか…
    「始祖の巨人はこうしてできた」
    というのも、いつかわかるといいですね

  4. 心臓は弱いの。 より:

    このEDのシーンは当時から本当にインパクトがありましたよね。このシーンの前に浮かぶ年号のような数字も気になっていました。確かに後ろの男性は本の内容を3女と王様?に強制しているように見えますね。
    私はアース団長の考察と似ているけどちょっぴり違うことを考えていました。ソバカスユミルの『皆のために死んであげた』という言葉とこのユミルの最期のシーンはリンクしていて、巨人化してから13年でユミルが死んでしまった理由にもなっているんじゃないかと。
    例えば老衰や事故死ではなく、人間たち(当時の権力者=このシーンでの周りの人物達)が巨人の力を欲した為に、結果的にユミルを殺して能力を分割したのではないかなと。
    9つの巨人を作り出すことに成功したが、理想とは裏腹に器になった人物はユミルの寿命を越えることができないという『ユミルの呪い』を知ることになり、継承者達は身内同士の捕食を頻繁に繰り返さないといけない宿命を背負ったのではないでしょうか。それを拒絶したら他人に赤子継承されてしまう、それが敵対している部族に渡るくらいなら親でも子でも食らう方を選ぶでしょう。
    フリーダや代々の王達のように、罪の意識から自殺願望が出たり病んでしまうのは、ユミルを殺した張本人が家族(初代の始祖)だったからなんじゃないかなと思ったこともあります。 ユミル自身は皆の為を思って能力を使うことに喜びを見出していたし最初は感謝されていたが、周囲からの要求がエスカレートしていった、もしくはその能力を恐れる人たちに凶弾されたなど、最後は誰かの大義名分の為に殺された、みたいなイメージです。北欧神話のユミル巨人を殺したのも、オーディン3兄弟で甥っこや孫のようなものですよね?そしてユミルを解体して海や大地など世界の骨格を作ったはずです。 グリム童話も本当は怖かったみたいな感じで、あの絵本の少女(=始祖ユミルの描写=クリスタ女神という名前)で一応語り継がれているけど、真実は残酷みたいな。
    王様はロッド・レイス→ヒストリアやグリシャ→ジークのように、こうするしかないんだ大勢の人の為に受け入れなさい、みたいに諭しながら捕食を娘たちに強いる側になったのかなぁと。
    考えてて辛くなってきましたが、こういうのも進撃テイストとしてはありそうだと思いました(T_T)
    最近1話~全巻を読み返したばかりなのですが、本当にエレンには、エルヴィンのように悪魔役になったとしても、バッドエンドの最終回にならないように報われて欲しいなと思いました。

  5. パラディー島には、大きな秘密が
    隠されていると思います。
    そもそも 始祖ユミル・フリッツは、
    大陸出身とは書かれていません。
    パラディー島生まれの可能性も
    充分あるのです。

    もしかすると カール・フリッツは、
    パラディー島が ユミルの出身地と
    気づき、そこで再スタートしたのでは
    ないだろうか。
    そして、壁に ユミルの3人の娘の名を
    つけた。
    となると、壁は 『王族の墓』 のような
    意味合いも持つと思われます。

    ならば、マリア、ローゼ、シーナの壁の
    原型となった “ユミルの壁”が存在する
    のではないか?
    それは、三つの壁のような大規模な
    ものでなく、王都のどこかにその痕跡を
    ひっそり 留めていると思われますが?

  6. あしゅけ より:

    あの三姉妹が母ユミル・フリッツらしき亡骸の血肉を食べている時、近くには赤子継承している幼子たちが準備されていて、無垢巨人化した三人がその幼子を捕食して、知性巨人の力を継承するのかなと思うと、さらに怖い光景に思えてきます。
    経口での摂取は脊髄液注射よりも巨人化するのが遅いであろうから、室内で儀式が行われていたのでしょうか?
    最初に進撃の巨人を保有した者でないと、他の知性巨人を併用、多数持ち出来ないのだとしたら、ジークはフリッツ家の血を引いているにもかかわらず、進撃や始祖を自分の中に取り込むことは出来ないのでしょうから、エレンをどう扱おうとしているのか?
    謎はさらに深まりますね(;´∀`)

    • 管理人アース より:

      >巨人化するのが遅いであろうから、室内で儀式が行われていたのでしょうか?
      そうですよね。巨人化する前提なら室内で儀式を行うのは不自然ですよね(・_・;)
      謎ばかりで、???ですよ(;´Д`)


      管理人アース

  7. トーマス好き より:

    管理人アース様

    死者の肉を食べて弔う部族が実在したと思います。
    ユミルを弔うために肉を食べたら、巨人の力を継承できることが初めて判明したパターンも考えられると思います。

    • 管理人アース より:

      >ユミルを弔うために肉を食べたら、巨人の力を継承できることが初めて判明
      面白いですね~。
      偶然巨人化能力を継承してしまった!みたいな展開ですね。
      あり得るかもですね!(*^^*)


      管理人アース

  8. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    何気無く見ていたアニメ第二期のED に3つの壁のヒントが隠されていたとはびっくりです。
    気になったので動画をスロー再生して見直してみました。

    この考察はまだ出ていないようなので、ちょっと視点を変えてみます。
    このEDはウォール教(レイス家)視点から描かれた3つの壁の歴史をイメージ化したモノなのではないでしょうか?

    少女が大地の悪魔に林檎を渡すシーン→始祖ユミルが巨人の力を手に入れた。
    女性巨人のシーン→その力で戦うユミル・フリッツ。
    845と言う数字→単純に最初の壁ドンが起きた年。

    そして一番肝心の3人の少女が躯の臓物を食べているレリーフっぽいモノ。
    真ん中にいる王らしき人物はカール・フリッツ145代王で、3人の少女はユミル・フリッツの娘だと思います。

    もちろん145代王とユミルの娘達が同年代に存在するわけはないので、あくまでも3人の娘に壁になる力(硬質化)を与えているイメージなのかな・・・と。
    壁の中身が硬質化した超大型巨人ならば、おそらく食べられている躯の正体は鎧の巨人では。

    レリーフに描かれている他の6人の正体は分かりかねますが、王に使える聖職者もしくはご指摘の通りで巨人学会の面々!?
    躯の正体が鎧の巨人ならば王の後ろの右窓から覗いている人物(進撃の巨人か?)を入れれば丁度9人になりますし。

    大陸側から海を渡って巨人(マーレ軍)が攻めて来たので、始祖の巨人の力で超大型巨人を操りマーレを撃退し、その後で3つの壁を造り上げて平和が訪れた。

    本当に一瞬ですが巨人達が暴れる回るシーンと花の絵が出るシーンの間に王らしき男性ののシルエット映像が出ています。
    これがカール・フリッツ145代王なのかなぁと勝手に妄想を広げてみました。

    余談ですが、九つの巨人が登場するシーン(映像ED 後半)で左側にいる大柄の巨人が未登場の戦槌の巨人だとしたら、1(戦槌の巨人)対8(残りの巨人)と言う構図もあり得ますね。

  9. 巴里の恋人 より:

    うっかり書き忘れてしまったので、連投失礼します。

    3人の少女が肉を食べているレリーフが「礼拝堂の地下からこんなモノが出てきたの」とか言ってヒストリアが見せる展開があると嬉しいです。

  10. 青ねこ より:

    アニメシーズン2のED画像の中で、巨人の影がバリッと破片になるシーンは12分割なんです。つまり最初に出た「超大型巨人」から「戦槌の巨人」までの9体と、この3姉妹の数なのかと思われます。「始祖ユミルの能力は9体に分けられた〜」などとグリシャの記述にあったかと思いますが、その前に?3姉妹にも分けられていたのでしょうか?

    • 管理人アース より:

      管理人アースは3人の娘と6つに分けられたと考えています。
      やはりユミルの臓器を詰めているのであろうと思われる壺が6個と3人の娘に分けられ9つに分けられたのではないかと思われるので。
      この回収が行われる時を想像するとドキドキですね!\(^o^)/


      管理人アース

  11. 4人目の幼馴染 より:

    こうしてみると、今の巨人を継承するには脊髄を狙って捕食しないといけないはずなのに、元祖ユミルに関しては、人肉を食べればよかった…ということになるのでしょうか…。
    あくまでも絵で表すとこう、というだけで脊髄を9分割したのでしょうか…。
    依然謎だらけです。

    いずれにしろ、人が人をそのまま食べることに抵抗が出て、巨人が食べればいい、と巨人になってから食べさせようとしたのであれば…。
    捕食継承するために、巨人科学ができたとして…。
    継承者だけを巨人化させられればよかったはずが、無垢を兵器として量産する方向に流れてしまった…という可能性もあるのかも……?

    そうなると巨人科学者がマッドサイエンティストということになってしまいますが…;;
    単純にそれぞれの巨人をコピーして増やそうとして、脊髄液を分散させようとしたら無垢ができてしまったのかもしれませんね…。

    無垢がどこで登場したのかも謎ですね…。
    巨人科学者の登場が待ち遠しいです…。

    • 管理人アース より:

      >人が人をそのまま食べることに抵抗が出て、巨人が食べればいい、
      これ、面白い発想ですね!
      なるほど!ここから人を捕食するだけの巨人が登場したと考えることも可能ですね!
      「巨人の力を継承させる為に無垢の巨人が誕生した」という事ですね。

      巨人学会が今かなり気になっていますよ!


      管理人アース

  12. 芋をふかした者 より:

    どこかの記事でこの作品のキャラは3人ごとに纏められてる的なコメントを見かけたのですが、今思えば2期EDの食肉絵のところも3人ごとに分かれてますね。幼馴染組も3人、娘の人数も3人、知性巨人の数も3の倍数の9だったり本来4人で襲撃する予定がマルセルが食われて鎧超大型女型だけ残ったり、、、
    ついでにedや漫画で9つの巨人が一斉に映ったシーンでは鎧超大型女型っぽいやつだけ他より一段高い位置に描かれてましたしこの3体には何か他と違う繋がりがあったのかもしれません。
    13の考察とは別に3の考察も何かしら出来そうな感じしますw

    • 管理人アース より:

      コメントでも3つグループという考察をされている方がみえましたね。
      諫山先生は13という数字、アニメ制作チームは3という数字を意識しているのかもしれませんね!
      あ、EDアニメーションは諫山先生でしたね(笑)
      しかし諫山先生は、本当にいろいろ考え組み立てていますよね!
      3の数も間違いなく意識していそうです!


      管理人アース

  13. 妄想を捧げよ! より:

    アース隊長

    連日の考察記事ありがとうございます!まさに進撃の考察でとても楽しく拝読させて頂いております。

    少し壁外調査(忘年会)に出ておりまして、しばらく書き込みが出来ませんでした事をお許しください。。


    2期EDの私の妄想を書かせて頂きます!

    3人の少女が泣きながら生肉を食べるシーンに出てくる怒鳴っている男性ですが、ウォール教に見えます。

    本は聖書みたいなもので、これから巨人継承の儀式を行うにあたり、『神聖なる壁を築き、この国の平和を永遠とする。これからその儀式を執り行う』
    などと書かれていているのかな?と妄想しました。

    また他にも書きたい事がありますが、今日はこの辺で^ ^

    • 管理人アース より:

      ウィール教の再登場があるのか気になりますが、何かの回収はありそうですよね!



      管理人アース

  14. チーズ好き より:

    いつも興味深い考察を楽しみにしております。
    私も4人目の幼馴染さんとほぼ同じ考えです。
    当初は臓器を経口摂取する事で、知性巨人の能力を継承していた。その場合は無垢の巨人にはならず、ヒトの状態のまま継承出来た。
    科学が発達する事で、臓器を経口摂取するやり方ではなく、脊髄液注射での継承が可能とはなったが、無垢の巨人になってから知性巨人を捕食する必要がある。
    845年前は、脊髄液注射での継承になった年か、巨人『科学』学会発足元年。
    以上の様に考察します。
    私も学会のメンバー登場が待ちどおしく、物語の鍵を握っていると嬉しいです。

    • 管理人アース より:

      >845年前は、脊髄液注射での継承になった年か、巨人『科学』学会発足元年
      これ、面白いですね!
      となると、後ろで怒鳴っている男性は巨人学会の学者ということではなくなりますね。
      ただ、845の回収に巨人学会が絡んでくるというのは面白いですよ!


      管理人アース

  15. lesmills より:

    以前どなたかも指摘されてましたが、背後の本を持つ男性は中東系の人物のように外見は見えますね。

    私はどちらかと言えば、人肉継承に対して聖書でも振りかざしてこの男性が反対して怒っているように見えました

    死者の肉を食して弔う件
    私はフィクションの小説内で読みましたが
    通常の葬式よりも更に悲しみが深いですよね..
    その風習が当たり前の部族の当事者に取っては、その時は覚悟を決めて完璧に弔う行為を行う喪主という気分でしょう

    身内を体内に取り込むという考えで行っているのですが、やはりかなりインパクトある行為なのでかなりの興奮状態に陥ってるでしょうね..

    火葬よりもインパクトありますから..

    • 管理人アース より:

      >人肉継承に対して聖書でも振りかざしてこの男性が反対して怒っている
      なるほど!
      巨人継承とは全く別のところで怒っている発想が出なかったので、驚きました。
      普通に考えればそうなりますが、進撃の世界で考察しているとなかなかそういう発想が出来なくなってしまっているようです(笑)
      この男の回収が待ち遠しいです\(^o^)/


      管理人アース

  16. pointer より:

    記事とはあまり関係ありませんが、
    3人の少女を庇うように立つ男の右手首に入れ墨があったんですね。

    ぜんぜん気づかなかった…。

    • 管理人アース より:

      これ刺青ですかね?
      管理人アースは腕輪だと認識していました。
      刺青だと…ちょっと考察ネタクラスになりますね(・_・;)
      面白いコメント、ありがとうございます!



      管理人アース

  17. 二度目の投稿 より:

    今晩は。団長。
    二度目の投稿です。
    このEDシーンは難解過ぎて。。また眠れませんわ。
    巨人の歴史が時系列に並んでるのだろうなとは感じてました。
    大地の悪魔との契約→ユミル巨人の登場→捕食による初の継承&9つの巨人誕生→無垢巨人が発生し、世界を蹂躙
    てな感じですね。
    ここまでが過去で、後は未来?
    次の巨人群による地ならしと思われるシーン、これは壁中巨人の発動を意味すると思ったけど、なんか巨人が筋肉質で超大型とイメージが違う(汗)
    でも、単行本の23巻から表紙にこのシーンが使われてるので、本編での登場に期待です。
    そして最期の平らにならされた大地の中から巨人らしき者がムクムクと起き上がるシーン、これは未来なのか過去なのか。。。
    これ本編にはないけど、アニメではユミル巨人が何年だか土中に寝てて、起きた所にライベルアニマルがいた設定だったのと関係ありだと。
    本編ではユミルの手紙で
    明かされるユミルの過去がアニメシーズン2に前倒しされてた事も考えて、意味ありだと思ったのですがね。
    他にニシン缶詰とか実写のようなのとか、各シーンの間のカットも意味があるのかないのか。。悩ましいですね。
    でわでわ、皆さまよいお年を!

  18. 二度目の投稿 より:

    すみません。連投です。
    団長はあの地鳴らしのシーンは過去の発動と見てるのですね。
    そうか!あれは壁中超大型巨人ではないとすれば、姿が違うのにうなづけますね。
    ヴイリーは全人口の3倍は殺されたと言ってたので、過去に何回か地鳴らしが発動されていてもおかしくないんですよね。
    と、すると鳴らした巨人群はどこに消えた?という新たな疑問が発生しますね!

コメントを残す

このページの先頭へ