キングダムのネタバレ考察

【キングダム】ネタバレ646話「雁門以来」あらすじ感想考察!李牧神回の内容とは?

アース
アース
646話は李牧神回!

「キングダム」646話の内容が明らかとなりました。

前話では李牧(りぼく)が解放され太子嘉の先導から国を立て直せると思いきや、郭開と末子遷によりひっくり返るという展開となっていました。

そこから、646話はどのような展開となったのか?

やはり趙の展開が描かれると予想できますが、実際はどうだったのか?

読んでみると、とんでもない李牧の神回展開でした!

これまでに無い、李牧の素顔が登場!

神回646話を見てみましょう!\(^o^)/

◆キングダム646話「雁門以来」あらすじ!

末子遷に王位に就かれた李牧たち

郭開の遺書開示により末子遷に王位に就かれた、太子嘉側の描写から始まります。

邯鄲を移動する李牧、カイネを始め太子嘉側の文官達。

末子遷を王にするという遺言、は郭開の作り変えだと疑います。

朝廷に申し立て裁判を起こそう、と叫ぶ文官達。

しかし「そんな悠長なことを言っている場合ではない」、と李牧が指摘します。

すると、いきなり李牧達に向け弓矢が飛んできます!

武力で粛清される太子嘉側

「太子!」

剣を抜き、弓矢から太子嘉を守る李牧。

カイネも剣を抜き、自分と李牧を狙う弓矢を打ち返します。

しかし、いっぽうで多くの文官達の頭を射抜く弓矢。

幾人かが死亡します。

さらに朱凶のような暗殺集団が登場。

李牧、太子嘉を狙います!

暗殺集団を確認した李牧は太子嘉を邯鄲から逃がすため、剣を振るいます。

暗殺者の頭を真っ二つに裂く李牧の描写。

秦の信、蒙恬、河了貂の会話

王翦(おうせん)軍の前線地帯で宿営地を築いている信、河了貂、蒙恬達。

趙の王都軍が登場したため前線をさげた信たちが、新たな宿営地を築いています。

そこにも趙の王が太子嘉ではなく末子遷が継承した、と情報が入ります。

それを踏まえ「末子遷側が太子嘉と李牧を粛清するだろう」、と蒙恬が語ります。

河了貂も嬴政と弟成蟜の争いを例に挙げ、信に説明します。

驚く信の描写。

「さすがにちょっと李牧に道場するな…」と真顔でつぶやく蒙恬。

郭開の粛清の嵐

夜の王都邯鄲。

太子嘉側の文官達、さらにその一族が全て皆殺しにされています。

邯鄲のアチラコチラに見られる、血を流し倒れている一族の描写。

次々と太子嘉側の一族皆殺しの報告が、郭開の元に集まります。

王の玉璽を使い、「王都中の兵で李牧と太子嘉の首を取ってこい」と、さらに指示をする郭開の描写。

太子嘉を邯鄲から脱出させる李牧とカイネ

太子嘉を馬車に乗せ、邯鄲から逃がす李牧とカイネ。

幾人の味方の兵と共に、李牧の知人が治める法紹という城を目指します。

あまりの展開に、呆然としたままの太子嘉。

「必ず来る再起の日まで、生き延びるため心を強くお持ちください」、と諭す李牧。

そんな彼らの前に、5倍はいる敵兵が現れます。

「二人で馬を並べ戦うのは、雁門以来ですね」と懐かしげに語りながら、自らも馬に乗りカイネとともに敵に立ち向かう李牧。

腕に弓矢を受けながらも太子嘉を守るため、李牧は戦います。

李牧の弱音

5倍以上の敵から守り、太子嘉を法紹の城まで届けた李牧。

太子嘉の再起を図るため、夜に野営をしながら作戦を練ります。

しかし太子嘉を支えた文官達の死亡、一連の逃亡劇でボロボロな李牧。

さらに秦を始め中華が動いているタイミングでの国内のゴタゴタに、「さすがに…ちょっと疲れましたね」と、カイネにこぼします。

その言葉に思わず涙を流し、号泣しそうになるカイネ。

席を外そうと涙を拭いながら出ようとするカイネに、李牧は続けます。

「もう少しだけ」

「そこに居てくれませんか」

ボロボロと涙を流し、李牧に「ずっと側にいますよ」と言葉をかけるカイネ。

李牧の背中に抱きつき号泣するカイネの描写があり、キングダム647話に続きます。

【キングダムネタバレ】647話「河南の動き」あらすじ感想考察! 前話では、とことんどん底まで落ちた李牧でしたが、647話ではどのような動きとなるのか? さらには、秦側の動きは登場するのか...

◆キングダム646話感想考察!

646話「雁門以来」の感想!

「悲運の将」李牧…

ネットで「キングダム 李牧」と検索すると、このようなタイトルを多く見かけます。

史実でも、李牧は今回王となった末子遷に斬首され死亡します。

それには王翦の軍略も絡んでくるのでしょうが、悲運の将という表現は間違っていないでしょう。

その対比回にもなるであろう今回味方から追われ狙われる李牧の描写は、本当たまらないですよね!

作中でのカイネの叫びが全てを表しています。

「何でだ!」
「趙人同士でよりによって李牧様に刃を向けるなんて」
「こんなのおかしいだろ!」

このカイネの叫びは、李牧の心の叫びでしょう。

まさに悲運の将の心情が表れている、と察せられます。

常に冷静で落ち着いている李牧ですが、今回の悲運な展開にはさすがに弱音がこぼれてましたね。

【キングダム】李牧が桓騎(かんき)を倒す!史実から最後は昌平君の調略により死亡か?【実在】始皇帝が中華を統一する物語である「キングダム」ですが、主人公は嬴政ではなく、天下の大将軍を目指す信となっています。 その信のライバ...

タイトル「雁門以来」についての考察

タイトルが「雁門以来」となっていますが、5倍の敵にぶつかる直前に李牧はカイネに「こんな小隊で馬を並べるのは雁門以来ですね」と語り、当時を懐かしく思い出す描写が登場しています。

さらに太子嘉を送り届けた夜、ボロボロになった李牧は「我々が雁門を出て何年に経ちましたか」とカイネに尋ねる場面も登場しています。

これは思わずこぼした弱音でしょうが、ここに李牧とカイネの設定が見られると考察します。

史実の李牧は実在し、もともと趙の北部にある雁門の長官という立場でした。

キングダムでもたまに登場する匈奴が攻めてくる場所ですね。

雁門の長官とは、匈奴から趙を守る国境防衛が役目の役職となっています。

県知事みたいなイメージでも間違いないかもしれません。

李牧はそこで策にはめ、10万の匈奴軍を全滅させています。

その武功により、李牧は王都邯鄲に招集されます。

キングダムでもこの史実は踏襲されており、15巻で王騎を倒す前に李牧は匈奴軍10万を策で倒しています。

ここから今回のタイトル「雁門以来」を振り返ると、カイネは王都邯鄲に来る前からの知り合いなのでしょう。

雁門で趙の北部を守っていた頃からの付き合い、ということになります。

カイネは武功を挙げ招集された李牧に付いてきた、ということになるでしょう。

間違いなく李牧の才覚に触れ、惚れ込んで付いてきたのだろうと察せられますよね!

そして李牧にとって、その頃からの付き合いはカイネだけなのではないでしょうか?

もしかしたら舜水樹もそうかもですが、カイネの方が古い付き合いだと希望を込め予想します(笑)

そんな相手に向ける、カイネにだけに伝わる「雁門以来」という言葉…

李牧の心情が、むっちゃ察せられますよね!(号泣)

今回で、李牧が本当に好きになりましたよ!

「雁門以来」何年なのか計算!

さて、作中で李牧が「我々が雁門を出て何年に経ちましたか」とカイネに尋ねていましたが、実際何年経っているのでしょうか?

キングダムでは李牧が匈奴軍10万を倒したのが王騎を倒した年と同年なので、史実を照らし合わせると紀元前244年となります。

もう少し前になるかもしれませんが、この辺りで李牧は雁門を出たのでしょう。

そして現在最新話は、紀元前236年です。

なので「雁門を出てから8年くらい」と言えそうです。

「雁門を出てから8年です」と李牧さんに伝えてあげなきゃですよね!(笑)

今回は、完全に李牧神回でした!

李牧には不運な展開ですが、作品としては最高な李牧回でしたね!

さて、645話発表時点で646話の展開を予想していました。

自己検証してみます!

【キングダムネタバレ】647話「河南の動き」あらすじ感想考察! 前話では、とことんどん底まで落ちた李牧でしたが、647話ではどのような動きとなるのか? さらには、秦側の動きは登場するのか...
【キングダムネタバレ考察】アースが伏線&未解明の謎を徹底研究!今一番アツい漫画「キングダム」のネタバレ考察をします!最新話の展開を史実を元に予想、キャラクターの伏線や史実からの予想、魅力的なキャラクターたちを深掘り考察していきます!...

◆キングダム646話展開予想を自己検証!

年号内容
紀元前236年王翦が楊端和、桓騎を従え「鄴」を攻め落とす
235年呂不韋服毒自殺・趙王悼襄王死亡←現在最新話
234年平陽の戦い:桓齮VS扈輒で桓齮勝利。扈輒を討ち取られる。
233年肥下の戦い:李牧VS桓齮 桓齮敗れ死亡?
230年韓滅亡
229年趙の李牧死亡
228年趙滅亡

悼襄王死亡から斬首を免れた李牧ですが、末子遷の登場により全てがひっくり返る展開で645話は終わりました。

となると、ここから646話では李牧が再び投獄される展開になるように思えますよね。

末子遷を立てる郭開が、李牧一派を再び追い込むように動くのではないでしょうか?

李牧は投獄、太子嘉も拘束される展開になると予想できます。

そして王都軍の登場により前線を退けた王翦軍の前から、王都軍が引き上げる描写も登場すると思われます。

郭開が李牧側の動きを抑えるため邯鄲に軍を戻す指示をするのでは、と思いますよ。

そこから趙の動きを察知した王翦軍が、再び攻勢に出る展開に!

しかしいっぽうで、秦でも呂不韋の周りで不穏な動きが・・・

こんな描写が登場するのでは、と予想します!

646話予想をまとめてみました!

  • 再び投獄される李牧・拘束される太子嘉
  • 王都軍撤退から攻めに転ずる王翦軍
  • 呂不韋自殺の予兆

さてさて、このような展開が登場するのか?

646話も必見ですよ!\(^o^)/

アース
アース
久々に呂不韋見たい

予想ここまで!

→全て外れていましたね(泣)

李牧は投獄されず、太子嘉は逃げ延び、呂不韋は全く登場しませんでした(;´Д`)

0点ですね!(号泣)

次話647話では、かするくらいしたいです!

【VOD】アニメ視聴におすすめの動画配信サービスを比較【評判&口コミ】 動画を視聴できるサービスは数多く存在していてどれを選べばいいのか悩みますよね。 しかし、多くの比較サイトでは広告報...
【キングダム最新話ネタバレ】655話までの確定あらすじ&伏線の考察【全話まとめ】キングダムの最新話「647話648話」の確定ネタバレあらすじ感想を毎週木曜日に更新!全話のストーリーとみどころ、伏線を網羅して解説しています。...
キングダムアニメ最新話のフル動画が配信中!
キングダムアニメが配信中

現在U-NEXTでキングダムのアニメシーズン3の最新話4話まで配信されています!

U-NEXTならキングダムのシーズン1、シーズン2、シーズン3が全て無料で視聴できます!

シーズン3のアニメ再開の2021年春までにイッキ観しちゃいましょう!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

\無料キャンペーンあり/

U-NEXT公式ページ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。
    李牧や蒙武などの、本編コミックスに収められていない、サイドストーリーが存在するのを知っていますか?
    読み切りの特別編というのがあります。
    そこには、読み切り短編『李牧』と『蒙武と楚子』という話があります。
    もしご存じなければ、是非入手して読んでみて下さい。
    そこには、李牧とカイネの話も描かれていますよ。

  2. ユミル・イェーガー より:

    団長、記事更新お疲れ様です。

    646話、まさに李牧神回でしたね!
    太子嘉を匿うのは青歌城ではなく法紹でしたねぇ(笑)
    でも北へ逃れたコト、舞台が整うまで、という状況からこれから李牧と司馬尚が繋がってゆくと思われます。
    李牧と司馬尚のすり替わりは、肥下の戦いと番吾の戦いで秦軍に大勝した後ですかねぇ。
    李牧が武安君に封じられた後でもいつでもいいので私の妄想の通り、名を変えカイネと共に生き延びて欲しいデス。
    そして太子嘉と『代』を建てる。
    あくまでも妄想ですが(笑)

    • ユミル・イェーガー より:

      追記です。

      李牧・カイネ・太子嘉の関係が、物語前半の信・カリョウテン・政の関係と対になってきました。
      中華統一のクライマックスは、この6人が相まみえるのかと。

    • >名を変えカイネと共に生き延びて欲しい
      李牧退場の後も含めてですが、カイネが今後どのように活躍していくのか気になりますよ!
      今回のカイネで李牧との関係がかなり深い事が分かりましたし(*^^*)

      管理人アース

  3. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。

    キングダムの今後の展開について、フィクションを絡めた妄想予想デス。。。

    李牧は太子嘉を連れて青歌城へ逃亡。司馬尚の元で太子嘉を匿う。李牧無き後の趙が劣勢になった時に再び現れ大勝を治める。このとき李牧暗殺(誅殺)を危惧した司馬尚が李牧とすり替わる。幽繆王の命によって身代わりの李牧(司馬尚)が処刑されたあと、司馬尚(李牧)は太子嘉を連れて趙国を捨てる。太子嘉を立て『代』を建国。後に代は秦に攻められるが、このとき、信と李牧が再会を果たす。

    以上、妄想予想でした(笑)

    • >身代わりの李牧(司馬尚)が処刑されたあと、司馬尚(李牧)は太子嘉を連れて趙国を捨てる。太子嘉を立て『代』を建国
      面白いですね~。
      あくまで李牧を生き残らせ…という予想ですね。
      司馬尚もけっこうカッコよく描かれていたので(顔は分からないけれど)活躍しそうな気もしますが、もしかしたら李牧と入れ替わる展開も登場するかもですね!
      代を建国する李牧やカイネも見てみたいですよ!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です