プロフィール

ミカサ・アッカーマンの考察&伏線!かわいいと評判も強さ実力を検証【進撃の巨人】

「『地鳴らし編』までのミカサを見直し考察!」を追加しました!

ヒロイン ミカサ・アッカーマンのキャラクター紹介と考察をします!

ミカサとはどのようなキャラクターなのでしょうか?

ミカサに進撃してみましょう!(笑)

進撃の巨人のヒロイン ミカサ・アッカーマンとは?

エレンは私と一緒にいないと早死にする

「進撃の巨人」第3話「解散式の夜」より

ヒロイン ミカサ・アッカーマンのプロフィールです!

項目内容
名前ミカサ・アッカーマン
身長170cm→176cm
体重68kg
誕生日2月10日
年齢15才→19才
出身地シガンシナ区
所属第104期訓練兵団→調査兵団
訓練成績1位
目的エレンの側にいること
ミカサの由来ファーストネームの”ミカサ”は日露戦争で活躍した戦艦三笠が由来とされる。
アッカーマンの由来ドイツ語のacker : 畑・耕地という意味とmann : 人・男という意味からと言われている。

公式ガイドブックデータ

2015-11-26_040813
格闘術:10
行動力:9
家族への思い:10
協調性:6
頭脳戦:8

(「公式ガイドブック抗」より)

キース教官の分析
目的を実現する強さと技を併せ持つ!
目的を達成するために、自分が何を行えば良いのかを理解する能力に長ける。
年齢に見合わないその判断力は、幼い頃に数々の地獄を経験したからだろう。
近い将来、兵団を支えることになる逸材なのは間違いない。
評価A+

公式ガイドブックより

体重が見かけよりも重いのは同じアッカーマン一族であるリヴァイ兵長も同じですね。

筋肉質で体重が重くないと辻褄が合わないからだと思われます。

姓であるアッカーマンの由来については【アッカーマン一族の謎とは?】にて考察しています。

良かったら見てみてください!

◆管理人アースによるミカサ・アッカーマンのオススメ名場面!

2015-11-26_040633

「進撃の巨人」第30話「敗者達」より

ミカサの名シーンと言えば、第7話「小さな刃」と第30話「敗者達」と第50話「叫び」でしょう!

見てみましょう!

第7話の名場面!

2015-11-26_040715

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

104期生はガスの補給をしようにも、補給棟に巨人が群がり出来ません。

104期生は絶体絶命のピンチとなっています。

そんな中、ミカサはアルミンからエレンが戦死したことを聞きます。

アルミンは泣きながらエレンが自分のために死亡したとミカサに伝えます。

そんなアルミンにミカサは言います。

ミカサ
「落ち着いて 今は感傷的になってる場合じゃない」
2015-11-26_040753

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

「マルコ」

「本部に群がる巨人を排除すればガスが補給できてみんなは壁を登れる」

「違わない?」

マルコ
「あ…あぁ そうだ」

「し、しかし…いくらお前がいても…あれだけの数は…」

ミカサ
「出来る」
2015-11-26_040734

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

スッとブレードを天に掲げるミカサ

ミカサ
「私は…強い…あなた達より強い…すごく強い!」

「…ので私は…あそこの巨人共を蹴散らせることができる…例えば…一人でも」
2015-11-26_040715

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

「…あなた達は…腕が立たないばかりか…腰抜けだ…とても残念だ」

「ここで…指をくわえたりしてればいい…くわえて見てろ」

同期生
「ちょっとミカサ?いきなり何を言い出すの?」

「あの数の巨人を一人で相手する気か?そんなことできるわけが…」

ミカサ
「出来なければ……死ぬだけ」

「でも…勝てば生きる…」

「戦わなければ」「勝てない」
2015-11-26_040653

「進撃の巨人」第7話「小さな刃」より

絶体絶命になり皆が生きることを諦めていた時に、全員を発奮させるきっかけの名場面です!

「戦わなければ勝てない」という死亡したと聞いたばかりのエレンの言葉を使うところも心を打たれますね!!

大好きなシーンです!

第30話「敗者達」の名場面!

mikasa

「進撃の巨人」第29話「鉄槌」より

女型の巨人にエレンを食われ、取り返そうとしている場面です。

ミカサ
「…絶対 生きてる」

「絶対に…エレンは…生きてる」
2015-11-26_040633

「進撃の巨人」第30話「敗者達」より

ミカサはブレードを取り替えます。

ミカサ
「どこにいたってその女殺して…体中かっさばいて」

「その汚い所から出してあげるから」
2015-11-26_040501

「進撃の巨人」第30話「敗者達」より

「ごめんね エレン」「もう少しだけ 待ってて」

エレンに対する執着がアリアリと描かれていますね!

「その女殺して体中かっさばいて」が良いですね!(笑)

第50話の名場面!

2015-11-26_040206

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

エレンとミカサ、調査兵団は巨人たちに襲われ、絶体絶命のピンチに陥っています。

その状況の中、ミカサはエレンに言います。

ミカサ
「エレン 聞いて」

「伝えたいことがある」
2015-11-26_040305

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

「私と…一緒にいてくれてありがとう」

「私に…生き方を教えてくれてありがとう」

少し照れくさそうな表情のミカサ

「…私に」
2015-11-26_040239

ミカサ
「・・・マフラーを巻いてくれてありがとう…」
2015-11-26_040206
涙を浮かべて伝えるミカサ

エレンの「座標」を発動させるきっかけとなる名場面です!

ミカサが反則級にカワイイです!!(〃∇〃)

第32話「慈悲」や第48話「誰か」にも名場面がありますが、多くなりそうなのでここまでにしておきます(笑)
2015-11-26_180448

「進撃の巨人」第32話「慈悲」より

2015-09-23_192759
「進撃の巨人」第48話「誰か」より

◆ミカサ・アッカーマンの考察・伏線まとめ!

第63話鎖

「進撃の巨人」第63話「鎖」より

第6話でもミカサのリミッター解除のシーンが、アッカーマン一族の伏線となっていることには驚きました!

ミカサの強さはアッカーマン一族の伏線だったのです。

そして今後のミカサは「東洋の一族の末裔」として役割が大きいでしょう。

ミカサの手首の刺青には「失われた世界の記憶」が刻まれているという可能性がありますし、ループ説もミカサが起因しているのは間違いありません。
a32330a2

「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より

これも「東洋の末裔」という設定に絡んでいる可能性もありますね!

これらの伏線は物語の謎の中心に位置しているファクターだと管理人アースは考えています。

今後のミカサの役割はさらに大きくなるでしょう!

それはエレンを守るための戦闘力の高さではなく、ミカサの存在自体での活躍になると思われます!

◆ミカサ・アッカーマンの実力・強さはどれくらい?

061402

「進撃の巨人」第31話「微笑み」より

ミカサの格闘術は10となっており、これはエレンよりも上でアニとミケと同等です。

そしてリヴァイの11よりも下になっています。

ミケが「リヴァイに次ぐ実力者」と公式ガイドブックに記載されているため、ミケよりもミカサの実力は下ということになるでしょう。

しかし、現在では間違いなくリヴァイに次ぐ実力者はミカサでしょう!

エレンのピンチが絡めば最も実力を発揮するのはミカサです!

これからも起こるであろうエレンのピンチにて、名シーンが誕生するのが待ち遠しいです!

◆「地鳴らし編」現在までのミカサを見直し考察!

ミカサの頭痛について

ミカサに仕掛けられた大きな伏線と言えば「東洋の一族」「右手首の刺青」「マフラー」「頬の傷」、そして「頭痛」でしょう。

「東洋の一族」という血統については、ヒィズル国のアズマビト家が登場し、どのような意味を持った血統なのかは分かってきました。

右手首の刺青も107話にてデザインが明らかとなっています。

頬の傷とマフラーは、最終展開まで回収はされないような気もします。

では、頭痛についてはどうでしょうか?

ミカサの頭痛は112話にてアッカーマン血統の習性だと、エレンから明らかとなっています。

しかし112話考察!ミカサの頭痛はアッカーマンの抵抗か検証!でも結論付けていますが、これはエレンのウソだと管理人アースは予想しています。

もしアッカーマンの習性であるならばリヴァイ兵長にもあるはずですが、描写はありません。

何より、死亡しそうなエレンを助けに行く事に、ミカサが抵抗を覚えるのはおかしいでしょう。

  • 第2話「その日」にてエレンの母親でミカサの養母であるカルラが巨人に殺された場面
  • 第5話「絶望の中で鈍く光る」にて避難出来なかった母子を助けた場面
  • 第7話「小さな刃」にてエレンの死を聞いた後にガス切れで落ちた場面
  • 第29話「鉄槌」にて女型の巨人にエレンが食べられるのを見た場面
  • 第45話「追う者」にてライナー達にエレンが連れ去られた事を聞いた場面
  • 第83話「大鉈」にて、アルミンが瀕死の状態になっている所を発見した場面
  • 第109話「導く者」にて、ルイーゼの敬礼を見た場面
  • 第112話「無知」にて、エレンからアッカーマン一族の習性を説かれている場面
  • これまでに登場した頭痛の場面にエレンの説明がそぐわないのは、間違いありません。

    ここから、ミカサの頭痛はアッカーマンの習性ではなく東洋の一族の習性だと管理人アースはイメージしています。

    もしかしたら、ループ能力に繋がる現象なのかなと。

    この辺りはミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!にて考察していますので、見てみて下さい。

    ミカサが死亡して終わることはあるのか?

    ミカサが死亡する展開はあるのか?

    「進撃の巨人展 FINAL」で最後の風景で、アルミンの声が確認されています。

    という事は最終展開で、アルミンの生存は確定されていることになります。

    アルミンが生存展開で、ミカサが死亡する展開というのはちょっと考え辛いですよね。

    ここからも、ミカサは死亡せず生き残るのでは、と予想しています。

    しかしいっぽうで引っかかるのは、1巻第1話に登場しているミカサの「いってらっしゃい」です。

    管理人アースはこの「いってらっしゃい」は回収されると信じています。

    その展開で、もしかしたらミカサが死亡する展開が無いとは言えないかな、とイメージしています。

    ミカサが命をかけて「やり直しループ」でエレンを送り出す展開、というイメージです。

    もしこの展開が来たら、最後の最後にミカサが死亡する、という事になります。

    ただ「ミカサが死亡する展開があるとしたら」…ですが。

    もちろん、無いことを祈っていますよ!(ミカサファンなので)

    ミカサの「いってらっしゃい」については1話「いってらっしゃいエレン」伏線を検証!にて考察しています。

    ミカサがかわいいと評判な理由とは?

    ミカサが「かわいい」という評判を見かけますが、これは諫山先生の計算もあると思われます。

    諫山先生はインタビューで「ミカサは僕が考える萌えの集大成」と評しています。

    ミカサが萌キャラという意見には賛否両論あるかもしれませんが、少なくとも管理人アースは進撃の巨人で最も好きなキャラです。

    「萌え」かどうかは、別ですが(・_・;)

    おそらく「かわいい」で最もヒットするのは、ヒストリアでしょう。

    ただ、管理人アースは強い女性キャラが好きなので、どうしてもミカサになりますね。

    普段むっちゃ無口で感情を表さないところも魅力です。

    そしてあれだけ強いのに、エレンには弱い。

    そしてエレンに対しては必死になる(笑)

    ここに管理人アースは「かわいい」という評価になります。

    人によって、ここは違うかもですが(笑)

    ただ、管理人アースとしてはミカサはかわいい、と評判になるのはよく分かります(*^^*)

    ミカサが怖いと評判な理由とは?

    かわいいキャラだけど、同時に「怖い」キャラでもあるミカサ。

    ここもよく分かりますよね。

    ミカサが「怖い」と評価される場面でパッと思いつくのは8巻32話でエレンにアニに対して特別な感情があるのか、とエレンに迫る場面ですよね(笑)

    さらに12巻48話でエレンを返さないベルトルトを睨みつけるミカサは、実際怖かったです(;´Д`)

    17巻70話でエレンと仲良く話をするヒストリアを睨むミカサも怖かった!

    共通して言えるのは、「エレンを奪おうとする相手」「エレンの気持ちを持っていこうとする女性」には、ミカサは怖いということでしょう。

    女性には嫉妬でしょうが(笑)

    やっぱり「家族」な感情ではないですよね(笑)

    ミカサが怖い理由は「エレンが好きだから」だと考察できます。

    ミカサとリヴァイの関係は?

    ミカサとリヴァイの関係は「縁戚関係」となっています。

    リヴァイはアッカーマン一族本家の血統であり、ミカサは分家となっています。

    この辺りは16巻65話にてケニーから説明が登場していますので、疑問な方は確認してみてください。

    ミカサの名言まとめ!

    以前にもミカサの名言はまとめていましたが、最近のミカサの名言ですと何があるのでしょうか?

    「マーレ編」にて久々に登場したミカサからの

    「エレン」
    「お願い」
    「帰ってきて」

    は好きな名言ですね。

    「これぞミカサ!」という感じなセリフで、大好きなシーンです。

    もともとのネーム時よりも、スゴくミカサらしいセリフになっているところも好きなところです!

    ミカサの名言についてはミカサの名言まとめ!でもまとめてあります。

    ミカサがエレンが好きで結婚するのか考察!

    ミカサとエレンの結婚はあるのでしょうか?

    「地鳴らし編(当サイト呼称)」に入りエレノサウルス化したエレンを見ると、とてもミカサと結婚できる状況ではないように感じられますよね(笑)

    ただ結婚は無いとしても、エレンとミカサが結ばれるという展開は十分にあるように感じます。

    28巻112話で、エレンはミカサに「ずっと嫌いだった」と暴言を吐いています。

    いっぽうで31巻123話では「オレは…お前の何だ?」とこれまでに無い、恋愛感情を示唆する告白が登場しています。

    管理人アースは、これは後に二人の恋愛展開が登場する伏線だと感じています。

    それは二人が結ばれる展開なのでは、と妄想していますよ!

    少なくともエレンがエレノサウルスから出てミカサと対峙し「オレはお前の何だ?」に対する違った答えを提示する場面が登場するかなと。

    それはやはり「家族」ではなく「恋人」「パートナー」という意味合いの答えをミカサが出すのでは、とイメージしています。

    その先に「結婚」があるか…

    可能性は低いかもですが、「あるといいなぁ」と、ミカサファンな管理人アースは妄想しています(*^^*)

    ミカサの結婚相手はエレンになるか検証!でも考察しています。

    ミカサのマフラーを考察!

    ミカサのいくつかある大きな伏線とひとつである「マフラー」。

    今後、このマフラーからどのような展開が生まれるでしょうか?

    ミカサは29巻で一度マフラーを外し、それ以降32巻までマフラーをしていません。

    そのいっぽうで3、1巻表紙でのミカサはマフラーを巻いています。

    このポイントだけでも31巻表紙は「あり得ない場面」を描いている事が分かりますが、いっぽうで今後ミカサのマフラーがポイントとなる展開が登場するのでは、とも察せられます。

    諫山先生が「わざわざミカサにマフラーを巻かせてこの場面を描いた」ところに、今後マフラーが活躍する展開が登場するのだろうとイメージできますよね。

    それは、どのような場面なのでしょうか?

    31巻表紙は、ミカサがマフラーを巻いてエレンに向かっているように見えます。

    管理人アースには、これはミカサがエレンにマフラーを巻くために立体機動しているように見えます。

    現在エレンは一人で地鳴らしを実施し、全てを終わらせようとしています。

    そんなエレンに、ミカサは地鳴らしを止めるため単独で駆けつけようとしているのではないでしょうか?

    そしてエレンにマフラーを巻き、エレンの地鳴らしは止まる…

    これは、「あり得ない場面である31巻表紙」からの考察なのであり得ない予想です。

    しかしイメージとして、諫山先生はそんな役割をマフラーに持たせているのでは、と思うのです。

    「エレンを救う」みたいな、そんな役割がマフラーにはあるような気がするのです。

    あくまでイメージ先行な見方ですが。

    地鳴らしはコンプしてしまうかもしれないですし、その可能性は十分にあります。

    しかしその後の展開かもしれないですが、ミカサがエレンにマフラーを巻きエレンを救うような気がしていますよ!

    いっぽうで、マフラーからのループ展開もあるかなとも思っています。

    そちらの考察はミカサのマフラーはループ伏線か?にて考察しています。

    ミカサの腹筋とは?

    「ミカサの腹筋」は、けっこう前に一部のネット上で盛り上がりを見せていました。

    これは、アニメコラボでそのようなビジュアルが使われている事があったからでしょう。

    原作でミカサの腹筋がバキバキなところは描写されていないですし、あったのはコミックス「巻末ウソ予告」のミカサですね。

    ここでのミカサはたしかにバキバキな腹筋でした(笑)

    あとは、新リヴァイ班結成時でミカサが腹筋をしていた、というエレンのセリフくらいでしょうか?

    ちなみに別冊少年マガジン2014年04月号での諫山先生へ一問一答にて

    Q、 ミカサの腹筋はいつからバッキバキになったんですか?
    A、 開拓地にいる頃から徐々にですよ。

    と諫山先生は答えられています。

    このように、これまでミカサの腹筋がスピンオフアニメメインな事が分かりますね。

    今後原作で登場する可能性も低いような気もしますが、バキバキなのは諫山先生も認められているので登場する可能性はゼロではない、と思われますね!(*^^*)

    ミカサ声優 石川由依さんとは?

    s1

    ミカサファンな管理人アースにとっても、担当声優である石川由依さんの存在は非常に大きいです。

    ミカサのしゃべり方、声は全てアニメからのイメージとなっていますし、ほとんどのミカサファンの方はそうなのではないでしょうか?

    なので、FINALSeasonでの石川由依さん@ミカサも、非常に楽しみですよね!

    石川由依さんについてはミカサ声優石川由依さんを紹介!にて紹介しています。

    ミカサの巨人化はあるのか?

    ミカサの巨人化はあるのか?

    これはほぼ「無い」と、言い切って良いでしょう。

    作中では、27巻108話でジャンから「巨人化できるか怪しい」との指摘がありましたね。

    さらに127話では、ミカサではないですが同じアッカーマン一族であるリヴァイに対し「リヴァイが巨人化しなかったのはアッカーマンだからだ」とハンジさんが言い切っています。

    ここからミカサが巨人化できないことは、ほぼ確定して良いでしょう。

    これからのミカサの活躍は巨人化ではなく、このまま人として登場するのだろうと予想できますね。

    ミカサの過去まとめ!

    ここでミカサの過去をざっくりとまとめておきましょう。

    ミカサの両親は父がアッカーマン一族であり、母が東洋の一族となっています。

    記憶改ざんが効かない二家はレイス王政から迫害を受け、それぞれレイス王政からは最も距離的に遠いシガンシナ区に逃げ、そこで出会います。

    二人は結婚し、ミカサが生まれる事になります。

    ミカサの両親についてはミカサの両親の経歴プロフィールまとめにてまとめてあります。

    ミカサが9歳の時に強盗に襲われ、両親は死亡しミカサはグリシャの家に引き取られエレンと共に暮らします。

    一年後10歳の時に超大型巨人来襲によりシガンシナ区が陥落し、エレンと共にトロスト区に逃げます。

    その後開拓地で暮らし、12歳で訓練兵団に入団し15歳で首席にて卒業し、トロスト区奪還作戦からずっとエレンを守るために活躍します。

    現在19歳となっています。

    ミカサの正体を検証!

    ミカサの正体とは何なのか?

    ミカサがかわいい理由を検証でも取り上げていますが、諫山先生としては「萌えの集大成」という存在のようです(笑)

    もちろんそのような側面もありますが、物語の中でミカサとはどのような存在なのか?

    物語の中でのミカサの正体とは何なのか?を検証してみたいなと。

    キャラクターをそれぞれ見ていくと、キャラ自体にもそれぞれ伏線が仕掛けられているのが分かります。

    ライベルアニにもそれぞれ鎧、超大型、女型の巨人の正体であるという伏線が、かなり初期から貼られていました。

    グリシャにも地下室の鍵が示唆されていましたし、「ミカサやアルミンを救いたいなら、この力を使いこなさなければならない」という発言もそうですよね。

    エレン自体にも頭痛などから巨人化能力者である伏線が貼られていましたし、地下室の鍵を持っている事も伏線でした。

    リヴァイ兵長の強さや、当初には姓が隠されていたのも伏線でしたよね。

    では、ミカサの伏線はどうなのか?

    このように見ていくと、最も多く伏線が仕掛けられている存在ってミカサかも、と管理人アースは感じるのです。

    「頭痛」「強さ」「東洋の一族」「右手首の刺青」「頬の傷」「マフラー」「いってらっしゃい」などなど。

    「エレンへの執着」もそうですよね。

    まだまだあるかもしれません。

    間違いなく、一番多くの伏線を貼られているキャラはミカサでしょう。

    そう考えていくと、ミカサって「物語の中で最もキーとなる存在なのでは」と考察できますよね。

    つまり、物語において最も重要なキャラ、ということです。

    これまでにもライベルアニにグリシャやジーク、レイス家など物語における重要なキーマンは数多く登場してきました。

    しかしそんな彼らよりもミカサはさらに重要な意味を持つキャラなのでは、と予想できますよ!

    つまりミカサは「物語のヒロイン」であり「萌えの集大成」という存在でもありますが、全く別の側面を持った存在でもありますよね。

    物語の最重要キーマン。

    そんな存在なのでは、と管理人アースは考えています。

    現在のミカサには、そこまでのキーマンという意味や役割はまだ登場していません。

    最後の最後で「頭痛」「東洋の一族」「右手首の刺青」「頬の傷」「マフラー」「いってらっしゃい」が全て回収されて、そのような意味合いを持つキャラとして役割を果たして終わって欲しいなと願っていますよ!

    ミカサの正体は、物語の最重要キーマン。

    そのように予想し、最後の最後まで見届け確認したいなと願っていますよ!

    この予想が当たるのか?

    むっちゃ期待しています!\(^o^)/

    【進撃の巨人ミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!】
    【リミッター解除の真相について!アッカーマン一族の謎とは?】

    アニメやマンガが見放題
    進撃の巨人を無料で楽しむ方法

    進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

    今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

    初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

    U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

    \無料キャンペーンあり/

    U-NEXT公式ページ

    ↑タップでコスパ比較↑

    POSTED COMMENT

    1. ユミル・イェーガー より:

      こんばんわ。

      ホームステイ規制中につき 度々失礼します。

      ミカサのタトゥなどについて妄想してみました。

      【三本の剣のタトゥの意味】
       国を守る剣
       人を守る剣
       自分を守る剣

      【東洋の一族の秘密】
      3つの世界線があることを知っている
      1、国を守る世界線・・・パラディ島(エルディア人)が生き残り、その他の人類が滅ぶ世界線
      2、人を守る世界線・・・パラディ島(エルディア人)が犠牲となり、人類が生き残る世界線
      3、自分を守る世界線・・・これからミカサの選択によって創られる世界線

      【ミカサの頭痛】
      他の世界線とシンクロしてしまう場面で起こる

      【表紙のifデザイン】
      他の世界線の描写

      ミカサ自身に特殊な能力があり、それを使って・・・というような展開は起こらないのではと思っています。
      あくまでも一人の人間としてのミカサの『選択』にゆだねられ、同じようにエレンやアルミンや他の登場人物たちの『それぞれの選択』により、他の世界線とは異なる結末と未来がある という展開を妄想いたしました。

      失礼いたしました。

    2. 和銀 より:

      今晩はアース団長‼️三度目の投稿です 感想にならないように頑張って考察してみます 今更です考えの一つとしてお気楽に聞いてくださると助かります 今更ですか
      ミカサの頭痛です ルイーゼの事が最初 納得が行かなくて なぜルイーゼを見ると 覚醒の場面を思い出すのか?覚醒時の年齢が当時のルイーゼに近く事件を思い出したから そしてその記憶は引き金のように彼女にあってまた思い出しています 関連して思い出しているので ルイーゼで頭痛を起こすのは やっぱりエレン絡みかと思います やっぱりエレン絡みの頭痛でエレンの危機と共にある(前は共感的なものかとも思っていたのですが)のでしょう エレンは過去介入出来ませんがミカサは出来て 頭痛はチェックポイントだったらルイーゼも一緒に救えるのではとも思え エレンと違う出会い方をしたなら彼女の覚醒はなくなり もしかしたら カルラも生き まるっと全部変わってしまうということになります がそれで全て上手くいくとはちょっと思えないちょっと都合良すぎます でもエレンに答えるシーンにはループして欲しかったりします 彼女の愛情は覚醒があってもなくても同じで 執着とは似ているけと違うので また最後にエレンは最初からミカサに一目惚れ説を推します 推しとしてはそれくらいの夢のサプライズが欲しいのと案外当たってる気がします✨頑張れミカサきっと大丈夫🌹ほぼ妄想ですが ミカサが後悔するようなラストはないと信じています✨いつも熱くてすみません 信じてラストを見届けたいと思います🌹はっ!

      • >エレンに答えるシーンにはループして欲しかったりします
        同感です。これはあると思いますよ。ループ信者である事が大きいですが、実際あるかなと。
        ミカサとエレンのハッピーエンドが今から楽しみです(*^^*)

        管理人アース

    3. 馬来熊 より:

      エレンの「マフラーを何度でもまいてやる」発言
      アース団長の仰るとおりこれは「結婚しよう」も同然では、という意見もよく見かけますが、エレンとミカサのカップリングが好きな嫁がこれに異を唱えていました
      異というか、アニメ二期の最終回を見たときに
      マフラーなんていいんだよ!キスだよキス!ミカサが待ってるんだから! と大興奮していました

      今でも時々「エレンがあそこで気づいていれば…」と言ってま
      嫁はアニメしか追っていなくて原作未読なので、マーレ編のあのシーンのことは黙っていようと思いました

      • >マフラーなんていいんだよ!キスだよキス!ミカサが待ってるんだから!
        アニメでは完全にミカサがキスしようとしていたように見えましたよね(笑)
        原作もそうだったのかもですが。
        作品的にはキスよりもマフラーが重要ですよね(笑)
        アニメのみの方には、マーレ編はちょっと言えないですね(;´Д`)

        管理人アース

    4. ヤヴァイ.アッカーマン より:

      団長お疲れ様です。
      いつも楽しみに見ています!

      さてミカサとは…私にとっては「可愛い」より「カッコイイ」イメージでした。
      もうすぐ最終回が近いというのにエレンが不在だったり、ラスボス扱いされている事にモヤモヤを募らせて居ましたが、改めてミカサについて考えてみました。
      「健気で可愛い」し「強くてカッコイイ」最強なヒロインだな、、と思いました。
      語彙力が無い分、行動で示す所も魅力のひとつかな。
      これからミカサの伏線を回収するのは必須でしょうし、「(家族としてではなく)好き」とエレンに伝えてあげて欲しい。
      恋愛要素は少ない進撃ですが、2人が結ばれる事を妄想しながらニヤけて最終回を迎えたいと思います。

    5. 和銀 より:

      今晩は🌙すっかり遅くなってしまって お昼には上がってたのにとんでもない時間になってしまいました💦今日中と行ったのに申し訳ありませんm(_ _)m
      いいですね(//∇//)やっぱりミカサは萌の集大成ですねと感想を話しまくって終わりそうなので 行ってらっしゃいについて 時々Twitterで呟いているのですが
      ミカサはエレンの側に居たいが一番の願いです そのミカサがエレンに行ってらっしゃいと行って送り出す これは本当に エレンからの執着が取れ 普通の女性になって エレンが旦那様か恋人になって送り出す 場面でないと今までのミカサからはちょっと考えられないなと思うのです 条件として 離れても大丈夫な世界 そしてエレンが離れていても ミカサが安心出きる信頼と絆があるということ エレンは行方不明になる前ミカサに行ってらっしゃいと言えるくらいの安心感を確かめたのかなとも 家族の答えはまだエレンにとっては9歳で止まってしまった 少女の心を確認してしまって黙って行くことになったのではないでしょうか?
      再び二人が再開した時26巻
      「じゃあ 帰ろう 私達の家に」
      は2巻の「早く帰ろうぜ オレ達の家に」
      対応していると思うのですがエレンは振り向きもしません もうすっかりすれ違っています
      そんなわけで回収だらけのミカサちゃんなのですが
      頭痛の話もしたかったのですが バッテリー切れで今回はこれで 失礼致します 私は最後に始祖ユミルが望んだように(持論です)結婚して終わって欲しい そこからが二人の始まりだと思うので 幼なじみがガンダムでは結ばれする事がないので 是非ゼクシィのバックアップのもと二人には頑張って欲しいです 話は逸れましたが
      ミカサ推しには変わりません 幸せになって欲しいです🌹

      • エレンはミカサに気持ちがあるように感じますよ。やはり123話の「オレはおまえの何だ?」は大きな伏線だと思います。
        ミカサに違った答えが求められているのかなと。
        二人の幸せを最期まで期待しながら追い続けたいですね(*^^*)

        管理人アース

    6. 普通の東洋人。 より:

      ジャンが一目惚れした「とても綺麗な黒髪ミカサ」は『恋の呼吸・壱ノ型』あたりで、「マフラーを巻いてくれてありがとうミカサ」がたぶん『伍ノ型』くらいで、「エレンお願い帰ってきてミカサ」が『陸の型』くらい…。
      エレンを止める時に使用するであろう最終奥義『終の型』、これまでで最高の可憐さに、エレンどころかアース団長も萌え斃される事でしょう…。 たぶん。

      • >エレンを止める時に使用するであろう最終奥義『終の型』、これまでで最高の可憐さに
        幻の13の型ですね。ミカサに繰り出されたら絶対萌え倒されること必至です(笑)
        ミカサの最後の終盤での活躍がもうすぐだろうな、と思うとたまらなく楽しみですよ!
        絶対にリアルタイムで目に焼き付けます!\(^o^)/

        管理人アース

    7. ユミル・イェーガー より:

      団長 記事更新お疲れ様です。

      団長のミカサへの想いがこもった熱い考察記事ですね!

      ショートカットでボーイッシュな美人であるミカサが、

      >あれだけ強いのに、エレンには弱い。
      >そしてエレンに対しては必死になる(笑)

      諫山先生の「萌えの集大成」は、まさしくコノ部分かなと。

      そんなミカサの死亡展開は、やっぱり見たくありませんが・・・
      もし、可能性があるとしたら、ミカサ外伝にある「相応の報いがある願望達成能力」によるものかもしれません。
      エレンを救う という願望を叶えた引き換えに 命を落とす・・・
      いや、やっぱり見たくないですね。

      個人的にミカサ生き残りの裏付けにもなるうる願望が一つありマス。
      それは 
      アニメファイナルシーズンのナレーション役が、アルミンからミカサに!!
      というサプライズへの期待です。
      原作連載中盤において、アルミン以外全員死亡という結末から、より深く、意義ある結末へと変更されたはず と予想している自分としては、ミカサ生き残りの伏線の為にも ミカサのアニメナレーション役を期待しています。
      「最後の音」によりアルミン生き残りがほぼ確定しているので、ミカサのナレーション役抜擢により、ミカサ生き残り伏線が欲しいな と。
      ミカサのナレーションは、物語をより叙情的に仕上げると思います。
      そして何より、「いってらっしゃい」の回収を ラストにナレーションで ってな演出も可能になるかと・・・

      123話時点で、ミカサのナレーションは『アリ』だと切望しておりました(笑)
      期待して待ってマス!!!

      • >123話時点で、ミカサのナレーションは『アリ』だと切望しておりました(笑)
        これはありそうですよね!
        ミカサファンにはたまらない回ですし楽しみだなぁ。
        同時に「ずっとお前が嫌いだった」がむちゃ見たくない(泣)もちろん見ますが(笑)
        早くFINALSeason見たいですね!(^^)

        管理人アース

    8. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      ステイホーム週間に入った事もあって怒涛の更新ラッシュですね。
      最新話が伸びた事もあってのんびり構えていましたが、5/1の大喜利開幕を控えているのでまとめ読み&投稿です(笑)

      ミカサの特集記事、改めて拝見させて頂きました。
      さすがに推しキャラだけあって熱量が違いますね😍

      特に50話のあの場面の記事には、団長殿の熱い想いを感じます。
      アニメの37話も含めて、あの場面は進撃屈指の名場面だと思います。

      物語も佳境に入り気になるのは、ミカサと東洋の一族の関係ですね。
      キヨミ様の「無料では死ねない」は一族の頭首として、どうしてもミカサに伝えなければならない事が残っていると言ったメッセージを感じています。

      問題はこの先どうやってエレンを止めるかです。
      兵長の物理攻撃やヒストリアの座標展開等、エレンを改心させる方法はいくつか考えられますが、やはり最後にエレンを救済するのはミカサであって欲しいと言う気持ちはあります。

      東洋の一族の力は確実にに存在すると確信しています。
      どんな展開で「いってらっしゃい」が発動するのか楽しみですね。

      • >キヨミ様の「無料では死ねない」は一族の頭首として、どうしてもミカサに伝えなければならない事が残っていると言ったメッセージを
        これはまた面白い見方ですよ。
        たしかにそう受け取れるし、ありそうですね(*^^*)

        >東洋の一族の力は確実にに存在すると確信しています。
        そうなんですよね。
        これは管理人アースも信じていますし、何かしらの回収は間違いなくあると感じていますよ!
        これからのミカサには要注目ですね!\(^o^)/

        管理人アース

    9. 和銀 より:

      こんにちは☀️アース団長 Twitter限定のお話だったんですね✨ミカサのかわいいところとか 長くなるのでこちらに 書かせて頂きます 私がきっかけとして好きになったはこのシーン エレンが死んだと聞かされてミカサが人生を諦めかけたとき ふと刃を見て 戦え を思いだし「ごめんなさいエレン… 私はもう…諦めない 死んでしまったらもう…あなたのことを 思い出すことさえできない だからー何としてでも 勝つ! 何としてでも生きる‼️うああああ…」のこのシーンだと思います 理由は良く分からないのですがこのシーン衝撃でΣ(-∀-;)ミカサのファンになりました かわいさというより諦めない心や残酷な事を知っていても絶望せず美しさを見いだし抗い生きることを諦めない そしてエレンに今だに恋をしている姿は本当に愛おしいです🌹残酷な世界を直視している所も好きです‼️
      書き出すときりがないので 今回はこの辺で私はミカサに恋をしているのでしょう(女子だけど)だから好きに理由などないのですはっ!

      • >アース団長 Twitter限定のお話だったんですね
        今書いているところですよ。近々(もしかしたら今日?)更新します(*^^*)

        >「ごめんなさいエレン… 私はもう…諦めない 死んでしまったらもう…あなたのことを 思い出すことさえできない だからー何としてでも 勝つ!」
        この場面最高ですね!
        「いい人生だった」からのくだり、最高ですよ。
        また追加更新しますね(^^)

        管理人アース

        • 和銀 より:

          おはようございます☀️アース団長 ミカサの記事楽しみにしています🍀どうかごゆっくり お休みをしながら
          お元気でお過ごし下さい 私も家族と一緒に家に居ようと思いますはっ!

    10. アルミン蝉 より:

      私はミカサ・ループ説を強く信じています。
      特に83話とか、ものすごく不気味でしたよね。
      きっと頭痛は、前回アルミン(家族的存在)がここで死んだ、という頭痛で、うわあああああというミカサらしくない暴れ方もきっといつも通りの態度にしていたらリヴァイの気が変わらずに、アルミンが死んじゃった体験をしてからこそのこうどうなのでは?
      85話でいろんなものが反転していますが、ミカサの傷は読者からみて左側なのは変わってないようですね。

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!

        >アルミンが死んじゃった体験をしてからこその
        管理人アースも、この考察には賛成です。
        おそらく、そのような経験から来る、取り乱し方だったのかなと。

        >ミカサの傷は読者からみて左側なのは変わってない
        ですね。
        そして、おそらく心臓を捧げよの敬礼の位置も、変わらないのかなと。
        86話では、この辺り、要注目ですね!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    11. アルミン蝉 より:

      ごめんなさい。
      ミカサとグリシャじゃなくて
      グリシャがミカサに向かっている、と言いたかったのでした。申し訳ございません。
      進撃の巨人を一巻から最新まで何度も繰り返し読むと、ミカサが不思議を通り越してちょっと不気味、異端な存在だとよくわかります。
      ミカサの表情や台詞に!?とよくなります。
      ほとんどが、ミカサの台詞によって動かされていると、そしてそれが成功していると、私は感じました。

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!

        >ミカサが不思議を通り越してちょっと不気味、異端な存在だと
        浮いていますよね?
        やはり、ミカサには何かありますよね?
        まだまだ、回収は後なのでしょうが…

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    12. アルミン蝉 より:

      ミカサはやっぱりエレンが巨人になることを以前から知っていて、そうならなければ、この世界が救われないことも。
      エレンが70話、いつか見た夢で、巨人になった自分に食べられる、いわば親父目線であったことを話したとき、ミカサは話をさえぎり、そのあと回想でごめんな、ミカサとグリシャから言われています。これはどういう意味でしょう。
      私は、巨人の力を託す予定のエレンを、お前一人に任せてしまってごめんな。と言う意味なのではと思っているのですが。。

      • 管理人アース より:

        アルミン蝉さん!

        コメントありがとうございます!

        >エレンが巨人になることを以前から知っていて、そうならなければ、この世界が救われないことも
        これ、面白いですね!
        その可能性もあると思います。

        >回想でごめんな、ミカサとグリシャから言われています。
        これはグリシャを捕食してしまい、ミカサにとっても父親的存在であったことを思い出したエレンが「ごめんな」と謝ったのだと思います。

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    13. こんにちは!
      「叫び」でのミカサはかわいすぎですよね 反則です笑
      作者もがんばってますね
      あれで惚れないエレンもなかなかですね笑
      これからもミカサにはがんばってもらいたいです!

      • 管理人アース より:

        ミカサかわいい!さん!

        コメントどうもです!

        現在最新話でもミカサは大活躍ですよね!
        最後のエレンとミカサの関係がどうなるのかが、今から気になっています!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    14. 王政編以降、やや影が薄く感じるミカサですが。
      エレンとヒストリアの親密な様子を見て、嫉妬がメラメラ!!
      あれは 50話の笑顔と双対を成す “犯罪的”な顔です。(笑)
      目の下に クマをつくり、三白眼の凄い目つき!!
      これにて ミカサ復活!と思ったものでした。

      最近では、腹にパンチをまともに受けて、ドコッといわせ
      ながら、何気ない涼しい顔で話しをする。
      このギャップこそが、ミカサの魅力と感じるのです。

      • 管理人アース より:

        おおぞらバードさん!

        コメントありがとうございます!

        >目の下に クマをつくり、三白眼の凄い目つき!!
        これは、この時の表情と被りますね(笑)
        2015-11-26_180448

        「進撃の巨人」第32話「慈悲」より

        ミカサ良いですよね~( ´∀`)
        来月号からまた活躍するのを期待しています!

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    15. 007W より:

      ミカサがループに関係している可能性は高いですが、
      個人的にはミカサ自身がそれを意図的に起こしてるとは思えません。
      確かにそれっぽい発言や表情もありますが、何かしっくりこないのです。

      作者は読者がもっと驚くような展開を考えていると思うので、あえてループ説に疑問を持ってみました。

      私は以前ミカサがあまり好きではなかったのですが50話のあの笑顔を見て一気に好きになり、今では進撃の女性キャラの中でNO.1です(笑)。
      女の子にあんなこと言われたらそりゃあ鈍感なエレンでも燃えますねw

    16. エリシオン より:

      ミカサの名前の由来は旧日本海軍の戦艦の三笠から来ているようで、これはエヴァンゲリオンの綾波や涼宮ハルヒの憂鬱の長門など、戦艦の名前を冠している登場人物は人気が出るというスラングにあやかっているようです。
      ミカサは女性キャラでは一番好きなキャラでエレンをかなり慕っているところが好きです。
      アルミンからエレンが巨人に食べられたことを聞かされたミカサが仲間に腰抜けなどと演説するシーンはミカサに関するシーンで一番印象的でした。
      アッカーマン一族はリミッターを解除することで異常な能力を発揮し、リヴァイもリミッターを解除しているような描写はありますが、ミカサは9歳の時にすでにリミッター解除しているので、小さいときから潜在的に戦闘能力があったことを暗示しているシーンですね。

      • 管理人アース より:

        エリシオンさん!

        コメントありがとうございます!

        ミカサのが一番好きで、好きなシーンも同じじゃないですか!
        好みが合いそうですね!(笑)

        >ミカサは9歳の時にすでにリミッター解除しているので、小さいときから潜在的に戦闘能力があったことを暗示しているシーンですね。
        そういうことだと思います!
        引き出したのはエレンということですよね!
        ミカサとエレンが最後に結ばれるシーンがあるのかないのかも楽しみですよね(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    17. Flügel der Freiheit より:

      御指摘の通り、ミカサの名前の由来は戦艦三笠です。

      大日本帝国海軍が日本海海戦で勝利したのは、ロシア帝国が圧倒的な軍事力を有していたことを考えると、極めて偉大な功績です。その日本海海戦で特に重要な活躍をした戦艦が、三笠です。

      強大なロシア帝国と戦った戦艦三笠のように、強大な巨人と戦うのがミカサだと言えるでしょう。ですから、もちろん作者も、ミカサの戦闘能力の高さを強く認識していると思います。

      さて、ミカサは現段階でも十二分に強い兵士ですが、彼女のポテンシャルはさらに驚異的なのではないかと思います。

      具体的に言うと、ミケ分隊長はベテラン兵士ですから、単純な戦闘能力ではミカサより強くても不思議ではありません。しかし、潜在能力を基準にすれば、ミカサはひょっとするとリヴァイ兵士長以上に強いのではないか?とも思います。

      その根拠の1つとして、リヴァイは足の治るスピードは人並みだったようですが、ミカサはあばら骨を大きく負傷したにも関わらず1週間で回復したということが挙げられます。

      言い換えれば、ミカサはまだまだ本当の能力を出し切れていないのではないか、と思います。

      ミカサの戦闘力の高さは非常に有名ですが、少し意外だったのが、頭脳戦の能力もかなり高いということですね。

      リヴァイの頭脳戦の能力も8であるようですが、以前の私の解釈では、リヴァイ>>ミカサでした。

      例えばリヴァイ兵長は、リーブス商会を味方にしたり、ケニーの攻撃から見事に脱出したりするなど、天才的な頭脳を持っています。学者タイプのエルヴィン団長とは違った意味で天才だと思います。ケニーから教わった処世術ですね。

      一方、ミカサはどうでしょうか。確かに、ミカサが「精神力の強さ」を発揮するシーンは数多くありますが…。「判断力の高さ」を発揮する場面は少ないと思います。エレンが絡むと判断力が低下するせいもあるかもしれませんが…。少なくとも現段階では、リヴァイの方が頭脳戦で活躍していると思います。

      ミカサの判断力が全く活躍していないわけではありません。第57話では、リヴァイの異常性を認識しながらも、彼に従うのが最善だと判断しました。このことは高く評価できると思います。

      • 管理人アース より:

        Flügel der Freiheitさん!

        コメントありがとうございます!

        ミカサの頭脳についての考察面白いですね!

        ミカサの頭脳について分かりにくいのは、ミカサがあまり自分の考えを言わない所が大きな要因だと思います。
        これは、ループの伏線に支障が出るから、あまり発言をしないようにしているのだと思われます。
        ただ、はじめの頃、感情的になるエレンを諌めるミカサはけっこう、知的でしたし分別があるように見えました。
        なのでエレンよりも頭脳が上なのかなと思ったりしていました。

        >第57話では、リヴァイの異常性を認識しながらも、彼に従うのが最善だと判断しました。このことは高く評価できると思います。
        ありましたね!
        こういう判断もループで何周目かだから判断できるのかなとか思っちゃいますが(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    18. ロザ より:

      こんにちは!
      ミカサ強いし可愛いですよね〜!!アニとハンジとユミルの次に好きです!
      進撃の巨人に出てくる東洋人はミカサとミカサの母親くらい、あとヒストリアの母親も東洋人ではなさそうですが、(なんかレイス家の人間は顔が濃いからかもしれません)そんな感じの顔だった気がします。
      それでも作者の絵柄のせいか、世界観のせいか、「ミカサはハーフだけどあんまり東アジア系に見えないぞ」とミカサアップのカットでもずっと思っていたのですが……「マフラーを巻いてくれてありがとう」のシーン。
      ミカサのあんな笑顔が出てくるのは多分はじめてだと思うのですが、東洋の女性らしい気品のある、想像以上の綺麗な顔たちでびっくりしました!絵柄のせいか、顔自体は韓国人のきれいな女優さんみたいな印象を受けました。とにかくミカサの東洋美人っぷりが、あの一番の感動&一番の伏線となったこのあとの「座標発動」のシーンを最高に彩ってますよね。エレンの表情も好きです!この辺のミカサとエレンを最初に見た時は5分くらいそのページを見たまま固まっていました。

      • 管理人アース より:

        ロザさん!

        コメントありがとうございます!

        >アニとハンジとユミルの次に好きです!
        これは、かなり上位なのでしょうか?(笑)
        管理人アースはミカサがNO1です!(笑)

        >この辺のミカサとエレンを最初に見た時は5分くらいそのページを見たまま固まっていました。
        50話「叫び」は神回でしたよね!
        エレンもカッコ良かった!
        aa7a216a

        「進撃の巨人」第50話「叫び」より

        このエレンのセリフを最初に読んだ時は「結婚しよう」みたいな意味だと思いましたよ!(笑)

        またコメントください!
        よろしくです!

        管理人アース

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です