アルミン・アルレルト

アルミンが巨人化して黒焦げ丸焦げから復活するか検証!

第82話「勇者」にて、アルミンが丸焦げ瀕死の状態になるという展開が起きました。

ここで思い付くのは、リヴァイの巨人化注射により、アルミンが巨人化して助かるのではないかという予想です。

アルミンが巨人化するという展開があるのでしょうか?

検証してみましょう!

◆アルミンが死亡するという展開があるのか?

2016-06-08_182741

アルミンと言えば、ミカサとともに第1話から登場している主人公エレンの親友です。

これまでミカサと同じように、ずっとエレンの側にいる、ミカサに次ぎ最もリタイアしないと思われるキャラクターでした。

ただ、ミカサには「アッカーマン一族の血統であり、東洋の一族の末裔」という、これからの物語の展開の上で、なくてはならない役割があります。

しかし、アルミンには、そのような今後の展開上必須となる役割は思い付きませんよね。

それどころかエルヴィン、ハンジとのキャラかぶりが良く指摘され、82話でのハンジの復活と同時にアルミンの丸焦げリタイア展開は、ハンジとのかぶりを作者が避けるためにしたのではないかと疑ってしまいます。

では、アルミンの死亡展開があるということになるのでしょうか?

それは、ないのではないかと管理人アースは思います。

それは、アルミンにはまだ回収されていない伏線が存在するからです。

◆アルミンの伏線とは?

2016-06-10_202308

まずは、第4話に登場した、アルミンが持っていた壁外について書かれていた本です。

祖父が持っていたとされるこの本は、もともとどこから仕入れた物なのかは分かっていません。

この本の持ち主であった、アルミンの祖父も気になりますよね。

原作では登場していない祖父ですが、壁外とのコンタクトを取っていた可能性も考えられます。

さらには、アルミンの両親です。
2016-06-10_202515

「進撃の巨人」第15話「個々」より

原作では口減らし作戦の犠牲になり、死亡していますが、アニメでは壁外へ行こうとして、憲兵に殺されているようです。

このように、原作では一切登場していないアルミンの家族は、ことごとく壁外との関わりが示唆されています。

アルミンも第1話では、いじめられっ子に「異端者」と言われていますが、アルミン自身というよりも「アルレルト家」が異端なのではないかと思わせられます。

この「アルレルト家」の伏線が回収されない間は、アルミンの死亡退場はないのではないかと、管理人アースは考えています。

つまり、82話での丸焦げ展開から死亡せず、アルミンは助かるのではないかと考えます。

◆アルミンは巨人化して助かるのか!?

2016-06-08_195151

「進撃の巨人」第69話「友人」より

では、アルミンはどのようにして助かるのでしょうか?

パッと思い付くのはリヴァイの巨人化注射で巨人化し、ライナーかベルトルトを捕食して巨人化能力者になり助かる展開ですよね。

確かに、この展開が起きる可能性はゼロではないでしょう。

しかし可能性は低く、どちらかというと管理人アースは否定派です、

それは、シバイさん、焦げミンさんのコメントにあった、、第11巻の巻末ウソ予告からの考察です。
011

「進撃の巨人」第11巻巻末より

ここで、104期生が一斉に巨人化しており、アルミンも巨人化しています。

つまり、「ウソ予告」で巨人化した訳ですから、「本編ではあり得ない展開」ということになります。

なので、ここで巨人化しているメンバーは、本編で巨人化する事はないと考えられるでしょう!

シバイさんのコメントはさらに続き「ここでサシャ巨人は登場していないので、サシャが巨人化する展開はあるかも」と述べています。

この予想も面白いですね!

シバイさん!焦げミンさん!ありがとうございました!

では、アルミンは巨人化せずに、あの丸焦げからどのように助かるのでしょうか?

管理人アースは、アルミンの作戦は、まだ続いているのではと予想します。

◆アルミンの作戦から、アルミンの生存を予想!

2016-05-07_035447

「進撃の巨人」第81話「約束」より

まず、巨人化せずにアルミンが助かる展開予想を、さらに焦げミンさんがコメントしてくれました。

その内容は、「あの丸焦げはライナーなのではないか」との考察です。

なるほど!

ミカサが雷槍で吹き飛ばしたライナーが、どこかのタイミングでアルミンと入れ替わったという考察ですね!

面白いです!

丸焦げで、顔が判別できないという所に着目したのでしょう!

焦げミンさん、重ね重ねありがとうございます!

さらに、体格もアルミンにしては、ちょっと大柄にも見えますよね?

そこからも、「これはライナーか!?」とも思えます。

ただ、それにはちょっと時間的に厳しいようにも思えます。

ここでミカサが、超大型巨人の蒸気攻撃を見て、エレンとアルミンを心配しています。
2016-06-08_025518

「進撃の巨人」第81話「勇者」より

この時点で、まだ鎧の巨人と最後の戦いをしていません。

ここから鎧の巨人と戦い、さらにハンジさん登場からライナーを吹き飛ばし、ライナーを担いで壁まで持って行き入れ替えるのは、かなり時間的に厳しいですよね。

なので、これは無いかなと思います。

では、どのようにしてアルミンは助かるのでしょうか?

実は、アルミンはエレンの硬質化物質で覆われていたのではないかと思っています。

アルミンから作戦を説明されている時に、エレンゲリオンの力で、アルミンの素肌を薄い硬質化物質で覆っていたのです。

なので、服の下の部分はその硬質化物質に守られ、高熱と50mから飛び降りたような衝撃からの致命傷を免れたのではないかと予想します!

自分自身だけではなく、対象物を硬質化物質で覆うという事が、エレンゲリオンには出来るのではないでしょうか?

とすれば、丸焦げアルミンが気持ち大きく見えるのも分かりますし、この展開はあり得ると思います!

この予想は、丸焦げのアルミンを見たエレンがあまりにも冷静であり、落ち着いていた所から考察しました。

アルミンを薄い硬質化物質で覆い、エレンゲリオンがワザと壁の上から落ちて起き上がれないと見せかけて硬質化して壁を塞ぎながらカカシにし、エレンがベルトルトを討伐しるという所までがアルミンの作戦だったのでしょう!

しかし、顔の部分は覆われていなかったでしょうから、高熱に晒されたことにより、失明するという展開があるかもしれません。

まさに「作戦が成功したら、海を見る事ができない」という事になりますね!

目が見えなくなったとしても、アルミンには生きていて欲しいと願う管理人アースでした!

追記

83話「大鉈」にて、アルミンが生存しているという展開となりました。

ただ、アルミンが生存していた理由は、硬質化物質で覆われていたという理由では無いようです。

具体的な説明は、まだされていません。

そして、エレンの冷静さは、瀕死のアルミンを見て呆然としていた描写だったようです。

まだまだ、目が離せない83話なっています!

さらに、84話にてアルミンが巨人化するという展開が起きました!

11巻ウソ予告は、関係無かったようです!

【進撃の巨人 ネタバレ】83話最新「大鉈」あらすじ!
進撃の巨人の黒幕はアルミンの真相は?
アルミン死亡ネタバレの真相!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. キセツ より:

    こんばんは。
    先日の自身の突飛だと思っていた生存説が更に面白い形の記事になっており、その考察への好奇心に脱帽するばかりです。

    さて、アルミン。
    巨人化するのか?については①エレン達の意思で注射をされる
    ②元々アルレルト家が壁外の巨人の家系
    に場合分けを致しまして、①についてはやはりしない、を私は選択します。リヴァイは遠いですし、状況判断は信煙弾でも難しいでしょうからね。エルヴィンと迷う迷わない以前に、物理的に。ここに時系列の問題が加われば別ですが…。
    ②も、アッカーマンでかなり「特殊な血族」を描いてしまっている以上、メタ的視点ですがアルレルト家とその血筋をさらにさらにと風呂敷広げに勤む必要に乏しい気がします。Blu-rayについてくる特典には、飛行機に乗って外に行こうとして死んだアルミンの父母の姿があった覚えです(また確認しますね)。彼の家は秘密を多く知る、レイス家に関わる或いは関わろうと試みた家だったのかもしれない。もしくは単純に外への冒険心に富んだ家族だったのかもしれない…でもそれだけでも「アルミン・アルレルト」が壁外に興味を持ち執着するには十分なんですよね。だから彼の家族や血について新たな理由付けは考えていないのでは。

    そして硬質化。
    これは新しい見方ですね、面白いです。これをSF的といいますか、頑張って敢えて通すのならば、エレン硬質化の際にうっかり巻き込まれてしまった或いは蒸気によって何らかの反応があり奇跡的に硬質化できた、という所でしょうか。
    前者は手をブレードから離した後に「そう」ならなければならず、その状態であるならばアルミンはえび反りですよね。…中々に、厳しい。
    後者はアルミンに力があるというよりは、エレンの座標としての力のような、何かを配分する力を考えたほうが早そうです。エレンは硬質化の際に何かしらの物質を空気中に分泌し、近くにいたアルミンは偶然普通の人間ではあり得ない巨人のような高温に晒され、蒸気を浴びていたため、その物質がアルミンを「硬質化すべき巨人」だと見なしてしまい硬質化してしまった。
    これだと苦しくも通る気はします。ただアニのようになってしまいそうですが。

    やはり腕が開いている雑な焼死体の描写が一番それっぽく感じてしまいます。諫山先生はそういったものに目を逸らすどころか爛々と目を輝かせるタイプだと思っておりましたので…。
    歯を食いしばったことで気道が全焼していない可能性、心肺機能が無事である可能性も捨て切れません。落下によって本来ならば崩れてもおかしくない筈の焼死体が崩れないならば、肋骨が複雑に折れまくっているとも思えませんし、内臓に負荷がかかっている等の議論は立体起動を使い落ちることもある進撃において持ち出して良いものかビミョーな所があるので。
    また海に行くことを再度強調し始めた白々しさについても…私は何かあると踏んでおります。
    逆に何かないとフラグがあまりに露骨で…。

    どういう形にせよ、アルミンには生きていて貰いたいですね。生きよ少年、見よ少年。人一倍吸収する生きるスポンジなんですから、彼は。

    • 管理人アース より:

      キセツさん!

      コメントありがとうございます!

      なかなか厳しいアルミン生存説支持者同士、頑張りましょう!(笑)
      本当に細かく検証されていて、こちらも脱帽ですよ!
      スゴイです!
      諫山先生の描写の特徴まで検証されていて…見習いますm(_ _)m

      >また海に行くことを再度強調し始めた白々しさについても
      これは絶対今回、そしてこれからの展開に繋がる伏線ですよね。
      そしてエレンの冷静過ぎる態度…まだ何かあると思われます!
      それが、アルミン生存に繋がるのではないかと!
      アルミンには最後の最後まで、エレンとミカサと歩んで欲しいです!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  2. 超小型巨人 より:

    もし既出ならごめんなさい。
    私は画バレの画像しか見てないのでわかりませんが、最後のページで、エレンとベルトルトの後ろに超大型巨人の背中が見えます。エレンがベルトルトをうなじから引き剥がしたこと、超大型巨人が前のめりに倒れたことからも‘’背中‘’とおもいます。
    アルミンは超大型巨人の前方に飛ばされたのだと思ってたので、最後のシーンで焦げミンが超大型巨人の後ろにいるのには違和感を覚えます。
    つまり、あの焦げミンはアルミンではなく、以前の爆風で飛ばされたハンジ班の誰かではないでしょうか?
    アルミンは別の場所で瀕死だけど、生きてるってことを願いたいです。

    • 管理人アース より:

      超小型巨人さん!

      コメントありがとうございます!

      面白い考察ですね。
      ただ、ベルトルトが「エレンと馬を―」と言う前にも、このアルミンを見ている描写があるんですよ。

      しかし、仰る通り、位置関係は少しおかしいですよね。
      アルミンが飛ぶ方向としては不自然かもです。
      やはり、アルミン生存という展開があるかもですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  3. 世界は残酷 より:

    アースさん、考察お疲れ様です&ありがとうございます!

    アルミン…非常にツラいですね…

    アースさんがおっしゃる通り、アルミン本人に伏線や物語を進めるにあたる特殊能力がないことは大きな退場の要因かと思います。

    ただ、アルミンの両親・祖父等々の家族の伏線があるということですが、これはアルミン本人がいなくても回収出来る伏線かと思います。

    一方で
    エレンは地下室の鍵、座標
    ミカサは東洋人、アッカーマン性、頭痛(ループ説)
    とまだまだ本人自身に物語の本質に迫る要素が多く残っています。

    また、北欧神話ではラグナロク後に生き残った人間は男女2人という内容が書かれており、もし当てはめるとするならば、エレンとミカサになるような気がします。(もちろんこれに沿って、進撃の巨人が構成されているかは不明ですが…)

    悲しいですが、この2人以外全滅を予想します…
    物語も終盤、互いにこの戦いで決着をつける覚悟ですから主要キャラがここで退場するのはむしろ筋書き通りかと思います。

    さらにもう一つ、作者は『瞳』にこだわって描いているというのをアニメ化の際に荒木監督と共有していると聞きました。
    旧リヴァイ班の際も、瞳の光の有無で生死を表現していると知り、それに対応するのであれば瞳に光どころか真っ白な状態ですから死と判断してもおかしくはないのではないでしょうか…

    引っかかるのは、エレンの最後の表情です。他の方もおっしゃる通りあまりにもあっさりしていて、アルミンの生死に疑念を抱きました。
    しかし、現実においても両親や大切な友人が亡くなった時に、すぐに《死》を受け入れるのは難しいことです。

    ましてや、つい先程まで話しをしていた人間なら尚更、「信じられない」というようなあっさりとした表情の方が、《死》に対するリアルな反応のような気がします。
    また、エレンもアルミンが嘘をついて命懸けで挑むことはある程度覚悟しており、冷静にこの結果を受け入れることが出来たのではないでしょうか。

    そして1巻の中で「殺った」のシーンが際立っていますが、私が一番グッときたのは

    得意な座学を活かした技巧ではなく、調査兵団に行くと言ったアルミンに、エレンが
    「長所を捨ててまで非効率な選択をするのは勇敢って言わねえぞ」に対し
    「死んでも足手まといにはならないよ!」
    と1巻でやり取りがあった上で
    今回エレンがアルミンに「わかってたはずなのに…お前が誰よりも勇敢なことぐらい」と言ったのは、心にくるものがありました。

    アルミンの役割は
    主人公に「外の世界を探検する」という《夢》を与え、それが叶う未来へと変えるために自分の捨てられるもの《命》を捨てること。

    だったのではないでしょうか。その名に相応しい、勇敢な兵士の役割かと思います。

    今回その役割を終えたため、殉職・勇退という判断をしてもおかしくないかなと思います。

    長々と話した上で言うことではありませんが、まだアルミンには生きていて欲しいというのが本音です…笑

    • 管理人アース より:

      世界は残酷さん!

      コメントありがとうございます!

      >悲しいですが、この2人以外全滅を予想します…
      ラグナロクに当てはめればそのような展開になるかもですね!
      そこから新しい世界が構築されるという感じでエンドとなるのかもとも予想出来ますね!

      >「長所を捨ててまで非効率な選択をするのは勇敢って言わねえぞ」に対し
      「死んでも足手まといにはならないよ!」
      ありましたね~。
      バック氏のTwitterの「1巻からの読み直し」はここも入っていたかもですね!

      アルミンの役割は終了という考察ですね!
      確かにそのようにも考えられると思います。
      しかし、アルミンには生きていて欲しい!(笑)
      それに、アニメのナレーションという役割も!(爆)

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  4. 上手に焼けました より:

    アースさん初めまして!

    アルミンについてなんですがリヴさんと似たような考察なんですがハンジさんがもう既に地下室に行っておりそこからグリシャが造り出した人の傷を直す何かを見つけてアルミン&サシャが復活すると予想します!!

    • 管理人アース より:

      上手に焼けましたさん!

      コメントありがとうございます!

      Eテレの子ども料理番組のような名前ですね(笑)

      リヴたんさんも言われていましたね!
      ハンジが登場していなかった間に地下室行っていたという展開はあるかもですね。
      グリシャは医者だったので、何かしらアルミンを救う方法を見つけて来たという展開もあり得るかと!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  5. ジャックメン より:

    こんにちは!

    アルミンはこのまま退場だと思っています。薄い硬質で……とアースさんはおっしゃっていましたが、もしそうであるのなら、アルミンは蒸気にやられているときに「エレンに托すんだ…僕の夢、命、すべて」なんて思わないはずです。

    そして、エレンが海を見るシーンを想像してみると、アルミン、エレンの2人で”ほらな、海はしょっぱいだろ?───そうだな、これじゃ商人も取り尽くせないよな”なんていう具合にほのぼのとした雰囲気で海を眺めるより、”エレンが1人で海を寂しく眺め、アルミンを回送しながら拳を握る描写がある”くらいの方が進撃の巨人らしくないですか?

    アルミンには生きていてほしいですが、このまま死んでいてほしいとも願うというなんとも矛盾した気持ちです。。。

    • 管理人アース より:

      ジャックメンさん!

      コメントありがとうございます!

      アルミン生存予想は、多分に希望が混ざっていることは認めます(・_・;)
      ただ、アルミン死亡は、ちょっと信じられない展開なので…

      >アルミンには生きていてほしいですが、このまま死んでいてほしいとも願うというなんとも矛盾した気持ち
      これ、よく分かりますよ!
      管理人アースは、死んでほしくないという気持ちが強いですが…
      というか、「死ぬはずない」という感情です!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  6. りゔたん より:

    団長、新しい考察をありがとうございます。

    アルミン復活の可能性ですが、リヴァイの注射ではなく、地下室に活路があるのでは、と考えています。
    理由としまして俺は巨人化の絡繰りの一つに細胞の活性化が影響しているのではないか、細胞の活性化の副作用が巨人化なのではないか、と仮説を立てています。
    グリシャがキースと出会った時、所持品はありませんでした。
    そこから壁外から何かを持ち込んだ可能性は低いと思います。
    ですが、壁内に入ってから10数年経過しています。その間に自身の持つ知識を記したり、或いは、自分を使い何かを作り出したりするには十分な時間ではないでしょうか。
    目的を達成する前に目を付けられては困るでしょうから、それを誰かに見せることはしなかったと思います。
    調査兵団に入りたいと言った息子に見せようとしたもの、壁外調査に出るなら、対巨人の何かがあるのかも…
    地下室にあるのは巨人に関するものではないかと考えていますが、もし、細胞活性化の副作用が巨人化なら副作用を抑えられるよう手を加えた注射があってもいいのではないか、と。
    リヴァイの持つ注射は巨人化を目的としたものと思われますので、瀕死のアルミンに使用するのは体力的に賭けの要素が多過ぎるのではないでしょうか(だからこそ、敢て使うかもしれませんが)

    俺はハンジとアルミンのキャラ被りは、団を分けて作戦行動をとる際の指揮官候補として目された、生存が厳しいモブリットの後釜候補とされた、と考えたので、エルヴィンが右腕を失う前ほどは気にしていませんでした。

    硬質化で覆う、という考えは全く浮かびませんでした!
    ただ、巨人化した際の衝撃に耐えるのと、ベルトルトの発する熱に耐えるのは、異なるのではないか、と考えています。
    あの発光は熱を伴っているか疑わしい、というのが一番の理由です。
    エレンの巨人化解除後の事も考慮し、アルミンは自身を守るようなことは一切考えなかったのではないかな、と。
    11話でアルミンが見せたあの敬礼がグッと心に響きます。

    • 管理人アース より:

      りゔたんさん!

      コメントありがとうございます!

      >地下室に活路があるのでは
      確かにこの展開もあると思います。
      ただ、アルミンに時間的余裕があればですが…
      それと、エレンの冷静さが伏線であるならば、地下室に望みを託しているというのはちょっと不自然ですよね。
      このエレンの冷静さが気になります。

      >巨人化した際の衝撃に耐えるのと、ベルトルトの発する熱に耐えるのは、異なるのでは
      これは、第45話のベルトルトATTACKの熱と衝撃に鎧の巨人が耐えていたので、このような予想となりました。
      もちろん、鎧の巨人ほどの分厚い硬質化物質でまとわれている訳ではないですが、致命傷にならない程度には緩和できるのではという感じです。

      来月号が、楽しみですよね!
      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  7. あの 樽の中身が、巨人化薬に類する
    万能治療薬だとしたら。
    それを使って、アルミンは “樽ミン”で復活!!

    • 管理人アース より:

      おおぞらバードさん!

      コメントありがとうございます!

      リヴァイがポチを倒して、「樽ミン」「樽ヴィン」展開ですか!w
      良いですね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  8. mady より:

    幼馴染で近しい存在であるはずなのに、アルミンだけ家族やアルミン自身の過去が語られていないのがずっと不思議に感じていました(ミカサはかなり詳しく描写されているのに)両親がアルミンの口以外に死亡した経緯の描写がないので、壁内出身者なのか?とか・・

    82話でのアルミンの生死ですが、アルミン自身は「死ぬこと」について、「そうしなきゃいけない理由が理解できたら死ななきゃいけない時もあると思うよ」と言っていたので、この作戦を実行するにあたっては、特に生き延びるための手立てを自分自身では積極的に打っていないのではないか、と思います。エルヴィン団長が、新兵の先頭に立って、特攻をかけたように・・

    ただ、注射での巨人化はなく、何か本人も予期せぬ事で、死んでいないという状況はあり得るのではないか(半分は願望)と期待しています。

    ミカサが武闘派としてエレンを守っているとしたら、アルミンは精神的な支えで目指すべき方向に導く羅針盤のような存在。それを置き換える存在が他にはないですし。

    • 管理人アース より:

      madyさん!

      コメントありがとうございます!

      >何か本人も予期せぬ事で、死んでいないという状況はあり得るのではないか
      管理人アースも、変に冷静なエレンの描写が無ければそう思いました。
      そして、半分願望でアルミン生存展開が無いかなと!(・_・;)
      アルミンの代わりはいないですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  9. SINYA-F より:

    おおっ、アース様、すごい! 目は見えなくなるけど生きてると。可哀相だけど。

    エレンゲリオンが自身以外を硬化物質で覆うのは可能というより、むしろ普通にできそうですよね。ギロチン処刑台も作ったわけだし。スケールのでかい話になりますが「始祖の巨人」だって自分を硬化するだけじゃなく壁を作ったわけで。

    「海を見られない」か。なるほどー。「海で泳げない」とは言ってませんもんね。

    そうそう、アルミンの両親設定って原作とアニメで違うんですよね。14巻あたりで「空を飛ぼうとした夫婦」というのが出てきて絶対アルミンの両親だ!と思ったんですが、アニメと考えると矛盾するのでちょっと残念に思ってました。

    • 管理人アース より:

      SINYA-Fさん!

      コメントありがとうございます!

      >「海を見られない」か。なるほどー。「海で泳げない」とは言ってませんもんね。
      上手いですね!
      記事で使いたかった(笑)

      >アルミンの両親設定って原作とアニメで違うんですよね。
      そうなんですよ。
      アニメでは祖父が登場して、口減らし作戦で死亡しています。
      空を飛ぼうとした夫婦は原作で登場しますが、アニメでのアルミン両親かと。
      この辺り、意味深ですよね!

      またコメントください!
      よろしくです!

      管理人アース

  10. ノーラ より:

    記事読みました!
    私もアースさんと同じで巨人化はないけどアルミンは死なないと思っている派です。ただその生存ルートが見つからずずっと悩んでいました。
    しかし今回のアースさんの記事を読んで、すごく納得させられました。まさか硬質化物質で覆うとは…驚きと同時にあり得ると思いました。(同時に暗殺教室の殺せんせーの脱皮を思い出しました)私も今回これ推しでいきたいと思います。

    アルミンにはまだまだ役割があると私も信じています!

    何の考察も出来ずすみませんm(_ _)m

    • 管理人アース より:

      ノーラさん!

      コメントありがとうございます!

      >巨人化はないけどアルミンは死なないと思っている派
      今回の考察は、まさにコレありきです。
      殺せんせーの脱皮は笑えますね(笑)

      考察はなくても、全然OKですよ!
      これまでどれだけ書いてきてもらったか!(笑)
      また時間と余裕がある時に、見に来てください!

      よろしくです!

      管理人アース

mon にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です