【進撃の情熱大陸】最終回の画像「最後のひとコマ」を考察!登場人物と最終話展開を予想!

「『お前は自由だ』」の後にセリフは続くのかを検証!」を追加しました!

11月18日 (日) 夜 11時00分より放送された「情熱大陸」は、非常に素晴らしい内容大きな反響を呼びました!

その中でも終盤に登場した「最後のひとコマ」には、震えを覚えるほどテンションが上がったファンも多かったのではないでしょうか?

管理人アースもその一人です!

未だに賑わいを見せているネット上ですが、その最後のひとコマをここで考察してみようと思います!

赤子と男は誰なのか?

そのコマの意味とは?

いざ、最後のひとコマを検証してみましょう!\(^o^)/

Sponsored Link

◆「情熱大陸」の「最後のひとコマ」を検証!

2018-11-19_000724
「情熱大陸」放送の終盤に登場した「最後のひとコマ」には、本当に衝撃を覚えました!

「変わる可能性もありながら」と示唆されながらも、間違いなく現時点での諫山先生の「最後のひとコマ」がこれなのです!

展開予想としてある「全員死亡」から見れば、「明るい終わり方だな」「希望があるエンドだ」と感じられます。

少なくとも「全滅エンド」は回避されるのだろう、と察せられます。

誰が言っているセリフかは定かではありませんが、「お前は自由だ」からは「進撃の巨人」全体のテーマである「自由」の回収も感じられます。

第1巻からエレンが見せていた「自由を得る」というテーマが回収される終わり方にも見えますよね!

さて、これは誰と誰の子どもなのでしょうか?

Tweetで募ってみたのですが、半数の方が「エレンとエレンの子ども」と予想されています。


たしかにそのようにも見えますよね!

いっぽうでコメントでは「ヒストリアの子ども」という予想も多く見られました。

中には「エレンとミカサの子どもを抱くアルミン」という、ちょっとシュールな予想もありましたが(恐)

ただ、管理人アースは「グリシャとエレン」かなと考えています。

それを踏まえ、この「最後のひとコマ」から最終話展開を予想してみましょう!

Sponsored Link

◆最後のひとコマからの最終話展開予想!

2018-11-19_202513
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


最終話までにマーレとジークをクリアし、全てを投げ売って自分の道を突き進んだエレンですが、結局は「自らの自由を得る」という目的を達成することが出来ず、絶望に暮れ倒れ込んでいます。

血を吐きながら、倒れ込んでいるエレン

その隣にはミカサがいます。


エレン
「ミカサ…結局俺は何がしたかったのだろう…」

「自由を…真の自由がただ欲しかっただけなのに」

ゴホっと血と共に咳き込むエレン

そんなエレンにミカサは優しく答えるミカサ


ミカサ
「エレン、あなたは何も間違っていない。ただ一人で得る自由には、孤独を伴う事になる」

「自由を得ても孤独では…だからあなたは満足できないのでしょう」

「でも、次ならあなたは自由を得られる」

「次はグリシャおじさんが、最初から教えてくれるだろうから…」

そういうミカサの手首から光が…

じっとミカサの右手首を見つめるエレン


エレン
「次はって?」

「次があるのか?」

意味を探るエレン

ミカサ
「そう、次のあなたは間違いなく届くでしょう」

「真の自由に…みんなと」

すると右手首から発する光に包まれながら、エレンは悟ります。

何度目かになるターンが来ることを。


エレン
「ミカサ…ありがとう」

目をつむり、眠りに着くエレン

そんなエレンに涙を溜めながらつぶやくミカサ


ミカサ
「行ってらっしゃい エレン」

「また、いつもの場所で会いましょう」

気がつくとエレンは抱かれています。

赤子のエレンをジッと真剣な表情で見つめるグリシャ

そして赤子のエレンの頭に乗せ、グリシャはつぶやきます。


グリシャ
「お前は自由だ…」
2018-11-19_000724


このような最後が起こるのではないか、と予想します!

救いのある、こんな最後の展開…

寂しいですが、最後まで見届けたいですね!(*^^*)

◆「お前は自由だ」の後にセリフは続くのかを検証!

2018-11-19_000724
非常に注目を浴びた諫山先生の「情熱大陸」ですが、やはり「最後のひとコマ」が衝撃的でしたね!

この記事にも、最新話ネタ並のコメントをいただいているように感じますよ!\(^o^)/

さて、これまでに最後のひとコマの人物とそれまでのストーリーの考察は行いましたが、ここで気になるコメントがありました。

カバ村出身さんからのコメントで、「『お前は自由だ』の後に続きのセリフがあるのでは」という指摘があったのです。

コメントを見てみましょう!

最後のコマの「お前は自由だ・・・」の横に線が引かれているので、このセリフには続きが有るのでは?と考え、妄想してみました。

ヒストリアの子供なら「獣の巨人は継承しなくていい」

ガビとファルコの子供なら「どこへでも飛んで行け」

エレンとミカサの子供なら「だけど、困った事があったら、ここに帰ってこい」

単なる思い付きですいません。

面白いですね!

吹き出しのこの部分の事でしょう!
2018-11-25_171741
このようにアップで見ると、吹き出しの枠線と繋がっているので、もしかしたら吹き出しの線なのかなとも思われます。

しかし、あまりにも不自然な線にも見え、もしかしたら続きのセリフの存在を表す「ー」かもしれませんね!

続きが存在するのならば、どのようなセリフが続くのでしょうか?

おそらく巨人の力という「呪い」から解放され、エレンが切望していた「自由」を手に入れたであろう子どもに向けて言うセリフ…

「お前は自由だ…壁の向こうでも海の向こうでも、どこでも行きたいところに行け」みたいなイメージでしょうか?

管理人アースはグリシャが子どものエレンに向けて言っていると考えているので、壁の外にすら自由に行けなかったエレンに向けて、このように言うかなと考えました!

これがエレンがヒストリアの子どもにだったら「その血も特別じゃない。これからは普通に生きろ」みたいになるかもですね!

こういう考察、たまらないですね!

実際の最終話の最後のセリフが、どのようなものなのか?

やはり寂しさが伴いますが、答え合わせが楽しみです!(*^^*)

情熱大陸に諫山先生が登場の感想考察!
111話「森の子ら」あらすじ感想考察!
「進撃の巨人」ハリウッド版実写映画化決定!


Sponsored Link

93 Responses to “【進撃の情熱大陸】最終回の画像「最後のひとコマ」を考察!登場人物と最終話展開を予想!”

  1. ただのヒィズル国民 より:

    グリシャの前妻がカルラやハンネスを食った巨人だという残酷な記憶をエレンが見て泣いていた場面は、『行ってらっしゃいエレン』の記憶を見たエレンが泣いていた場面と重なるので『行ってらっしゃいエレン』のシーンが描かれると思われる物語終盤は残酷なのかもしれないですねぇ。追記 最終コマの、お前は自由だがグロスの台詞と同じと被ってて大爆笑しました。(笑)

    • 管理人アース より:

      グロスのお前は自由だは、管理人アースも気付き笑えました(笑)




      管理人アース

  2. ハーデス より:

    全ての巨人を体内に収めたエレンが、誰にも能力を奪われる事なく13年の寿命を全うし赤子継承されたのかと。

    まさに「お前は自由だ」と言っているのはグリシャであり輪廻というループがあるかの様なエンディング。

    ダメだ、何と貧相な想像力^^;

    わかるようで分からない。

    最終話は確実に近づいているのでしょうが、このタイミングで作者がTVを使って放った究極の伏線と言ったところでしょうか。。

    • 管理人アース より:

      ループエレンとグリシャという展開は同じく管理人アースも想像しました。
      究極の伏線・・・
      たしかにですね!



      管理人アース

  3. HNわすれた より:

    いろいろ考えましたが、
    グリシャ  エレン
    とに一票。

    マーレでエルディア人として迫害を受けたグリシャ。
    エルディア復権派として活動し、実の息子ジークさえも自分の活動のために重い定めを負わせてしまった犠牲にしてしまった。

    壁内へたどり着き、つかの間の幸せに身をゆだね、カルラとの間に授かった新しい命。
    エレンを抱き上げ、無垢な笑顔に心を洗われ、抱きしめ、こう語りかけたのでしょう。
    「お前は、自由だ」と。


    エレンが成長し、壁の中に抑圧されていることに気づいたとき、何より自由を求めたのは、父から与えられた「自由」の言葉が彼に深く刻み込まれていたからでしょう。

    【エンディング予想】
    エレン「俺は、なぜ自由を追い求めていたのだろう・・・」
    浮かび上がる記憶、若き日の父グリシャと母カルラの姿。
    エレン「父さんと母さんが笑ってる・・・」
    太陽にかざすようにエレンを抱き上げるグリシャ。それを見つめてほほ笑むカルラ。

    エレン「そうだ、俺が自由を追い求めたのは、この時からだったんだ・・・」

    エレンを抱きしめるグリシャ
    グリシャ「お前は、自由だ・・」

  4. 下っ端の訓練兵 より:

    団長、こんにちは。
    私も団長と同じような考えです。

    巨人の力を使いこなしている今のエレンなら、フクロウやグリシャが言っていた「ミカサやアルミンを救いたいなら・・・」という「誰かの記憶」が見えているはずで、その当時のミカサたちの良くないであろう行く末を知っていると思います。
    だとしたら、絶対に阻止したいはず。今、エレンが単独で行動してるのも納得できます。
    今世(といえばいいのかな?)ではそれが阻止できず、でもエレンの行動によって来世での運命や歴史が少しずつ変わり、結果的にエレンが継承する前のグリシャの代で巨人から解放されるんではないかと思います。
    そうすれば、カルラやハンネスさん、エルヴィンやサシャも来世では生きているわけだし。
    来世では104期生がそれぞれ出会うことはないかもしれないけど、みんな自由で平穏な暮らしをしているというハッピーエンド!がいいな・・・。(願望)

  5. みんみん より:

    抱いてる赤子はエルディア人でありながら
    もう巨人になったりすることがない
    自由なんだっていう風に僕はみえました
    巨人というものに縛られてる事がもう
    エルディア人や世界にとって自由じゃないのではないかと思ってしまう

    どうあったとしても最後は救いがありそうで、よかったです・・

    • みんみん より:

      知性巨人達は何らかの形で終わりをむかえていそうですし、全てがおわったあと巨人から開放された世界が誕生し
      ヒストリアの子にたいして、生き残ってる誰か・・・がいってるのじゃないかと思いました

      • 管理人アース より:

        なるほど。ジャンやアルミンとかかもですね。ありそうです!(*^^*)




        管理人アース

    • うみねこ より:

      私もそう感じました。
      巨人にならずに済む、と。

  6. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    あの微妙なロン毛感、既存キャラではエレンかグリシャしか無いですね。あとは、まさかのハンジさん、ピクシス・コニーがズラをつけてるか?(あ、ピクシスなら「おぬしは、自由じゃ」なので違いますね)
    まあ、グリシャだと、ループか、何らかの決着がついて回想しているか、くらいしかないように思います。ループだと決着がつかないか、最悪の決着で戻ってる可能性もあり、何とも言えないですね。
    また、エレンだと、「敵を駆逐するまで戦い続ける」と言ってる以上、敵を駆逐した可能性が高いですね。つまり、エルディアに敵対するもの全ての駆逐完了ではないでしょうか?この終わり方だと、ほぼジェノサイドを完了させたことになるので、読者を考えさせる結末になるのではないでしょうか?
    現在、我々の世界で起こってる争いも敵対勢力の殲滅駆逐を目指しているようなものが多く、これに対しても、本当にそれでいいのかというアンチテーゼで終わるような気がします。
    しかし、諌山氏は我々の妄想の斜め上や下、たまにアサッテの方向に行くので、この最終コマに行く過程で、我々はまだまだ妄想を楽しめそうですね。

  7. 『自由』を望む≪あの日の少年≫ より:

    団長さん、こんにちは!

    今回で物語の終わり方が見え始めてきましたね。
    進撃の巨人でずっと描かれてきた『自由』のテーマで完結へ向かっていきそうですね。

    この言葉が『二千年後の君へ』伝えたいメッセージだったように感じていて、大きな伏線が回収される気がします。
    まだ、この2人が誰なのか分からないのですが…

    最初と最後を繋げる物語で幸せな終わり方を迎えて欲しいです!

    • 管理人アース より:

      最初と最後を繋げる終わり方・・・
      むっちゃ分かりますよ❗



      管理人アース

  8. もふもふ より:

    はじめまして。
    いつも楽しませていただいてますが、コメントは初です。
    抱かれてる赤ちゃんの眉毛の描き方がエレンと一緒なのと、後ろ姿がエレンというよりもグリシャによく似てるなぁと思います。
    ただ、着てる服が今までのグリシャにしてはかなりラフにも見えて謎です笑笑
    グリシャは一度も襟なしの服で登場したことないんですよね。

    • 管理人アース より:

      >グリシャは一度も襟なしの服で登場したことないんですよね。
      たしかに子どもの時からそんな感じでしたね。
      そう見ると揺れてしまいますが、クルーガーも襟なしのイメージないし(・_・;)
      グリシャっぽいんですけどね…




      管理人アース

  9. おおぞらバード より:

    「お前は 自由だ…」 この言葉は、
    「これでようやく、進撃の巨人という
     世界から解放される」
    そんな 諌山先生の、心の内を吐露した
    言葉なのではと思います。
    後ろ姿で赤ん坊を抱いているのは、巨人。
    赤ん坊は、諌山先生 という構図なのでは。

    ので、この構図は 諌山先生が 最終回に
    臨む心境であり、実際の最終回の絵と
    なるかは 分からないと思うのですが…

    • 管理人アース より:

      「変わるかもしれない」と言っていますし…イメージくらいに捉えておいた方が良いかもですね。




      管理人アース

  10. より:

    僕はかねてから密かにエンディングを想像していたのを紹介します。あのシーンは別として
    この戦いに終止符を打つことのできた104期はそれぞれの道を模索します。例えばミカさはモデルになったりジャンはIT企業に就職、コニーは農業とかしかしハンジだけは今までと同じで世界の秘境を探索します。何故同じことを続けるの? それが〇〇〇〇だろ?みたいな。

  11. A-11 より:

    どうも最近の国家の長などの言葉を聞いていると、一々それらの言葉の逆を採る方が良いのではないかと感じます。
    例えばこの「お前は自由だ…」。
    裏を返せば「お前以外(例えばこの赤子を抱いている俺とか)は不自由だ…」となります。
    そして、進撃世界のループ回数が数回程度だとは、私は考えていません。
    もし、ループ回数が非常に多いならば…。

    — というわけで私の最終話展開予想 —
    最後近くまでアース隊長からのコピペ。

    ミカサ
    「でも、次ならあなたは自由を得られる『かも』」
    「次はグリシャおじさんが、最初から教えてくれる『かもしれない』から…」
    エレン
    「次はって?」
    「次があるのか?」
    ミカサ
    「そう、次のあなたなら届く『かも知れない』」
    「真の自由に…みんなと」
    エレン
    「なんでやたらと『かも』が追加されてるんだ?
    そもそも、今回のターンでは何故、オヤジは最初から教えてくれなかったんだ?」
    ミカサ
    「ううっ、頭痛がっ! ループ回数が、記憶が多すぎる!
    Max Erik Tegmarkの数学的宇宙仮説によれば、物理定数などが極端な値を採ろうとも数学的に存在を記述できさえすれば、その宇宙は沢山ある多元宇宙の一つとして物理的にも存在するの。
    大抵のSFやファンタジー小説家モドキの考えなんて、多元宇宙のどれかや多数のループのどれかで、実際に起きていること。
    ループ回数が多すぎて、流れてくる記憶が別のターンで実際に起きたことなのか、神話や童話や小説家になろうサイトを読み過ぎた影響なのか、グリシャおじさんも、おじさんの話を聞いたあなたも区別できなかったのだと思う。」

    ミカサの右手首から発する光に包まれながら、エレンは悟ります。
    何度目かになるターンが去ったことを。
    何度目かよりひとつ多い回数のターンが来ることを。
    即ち、真の自由に達するには、任意の自然数より一つだけ多い数のループが必要だろうことを。

    エレン
    「最後に、ゴホッ…、そいつを…」
    希望溢れる未来を生きる赤ん坊に、そして一話冒頭を読む読者に、悲しみの涙を見せないようにエレンに赤ん坊を渡すミカサ
    「さようなら、じゃなかった…」
    「行ってらっしゃい エレン」
    「また、いつもの場所で会いましょう」
    「(私そっくりの赤の他人だけど…)」

    誰の記憶から学んだ数学を思い出してか、エレンは悟ります。
    「任意の自然数より一つだけ多い数」とは、可算無限の定義だということを。
    平行線は、無限遠点でのみ交わるということを。
    それは別の定義「決して交わることのない直線」と同義だということを。
    無限の先に約束された自由は、決して届かないのと同義であることを。

    真の自由どころか、閉ループ世界からすら自由になれないことを悟るエレン
    「何にも変わってなかったな、俺は。」
    「なんにも、できなかった。だが…」
    誰の記憶でしょうか。どこからともなく響く、死せるエルヴィンの声
    「ならば人生には意味が無いのか?」
    「そもそも生まれてきたことに意味は無かったのか?」
    「死んだ兵士もそうなのか?」
    「あの兵士たちも…無意味だったのか?」

    マルロからアルミン、グロス兵長からマガト、ジーク、ソニー&ビーンに至るまで、敵味方一般人巨人小人人面魚、全ての面々が紙面を流れます。
    まるで、「沈黙の艦隊」の最終話の様に。

    エルビィン?
    「いや違う!!」
    「あの兵士達に意味を与えるのは我々だ!!」
    「あの勇敢な死者を!! 哀れな死者を!!」
    「想うことができるのは!! 読者っ、じゃなかった、生者である我々だ!!」

    赤ん坊のドレッドノート級アップが見開き二ページを跨ぐ特大コマで描かれます。

    諫山先生?
    「連載はここでっ、じゃなかった、我々はここで死に 次の生者に意味を託す!!」
    「それこそ唯一!! この残酷な世界に抗う術なのだ!!」
    ミカサから渡された赤子を抱く最後のコマのエレン
    「俺は自由になれなかった。だが…」
    「お前は自由だ…」
    ナレーション
    「読者の皆さん、ご自由で構わないので彼らに意味を与えていただければ幸甚です。
    長い間ご愛読ありがとうございました!」
    完。
    — 予想終了 —

    やはり読者としては、「真の自由ターン」も見たいと思うのです。
    私は見たい!
    「真の自由ターン」の存在だけ匂わせて終わるなんて、マブラヴ オルタネイティヴからの訴訟回避以上の意味なんてないと思います。
    「真の自由ターン」が存在することが前提ですが!

    逆に言えば、そんなバラ色ターンは存在しないと私は考えます。
    最後のコマは「お前『も』自由だ…」じゃないんです。

    個人的には、自分の予想もアース隊長の予想も外れて欲しいと考えます。
    エレンの子どもや、エレンそっくりの赤の他人ではダメです。
    読者と共に歩んだ方のエレンに、幸せになって欲しい。

    • 管理人アース より:

      ループ展開が来るのかどうか、気になりますね!



      管理人アース

    • A-11 より:

      もう、予想と言うより希望的観測ってやつです。

      — 予想開始 —
      「地鳴らし編」から5年後…、とある墓の前。

      もうすぐ6歳のガキンチョ「
      父さん、折角の旅行なのに、こんな寂しい所の何処が面白いの?」
      ユミルの呪いを1年近く超過中のエレン「
      面白そうだから来ているんじゃない。
      ここにも、父さんのあやまちで死なせた人が眠っている。
      巨大樹の森なら、ジャンおじさんに連れて行って貰えたのに、断ったのはお前だろ。」
      ガキンチョ「
      イヤだ!
      今年は父さんと立体機動するんだ!
      墓参りなんかしなくたって、世界を救った英雄を叱る人なんていないよ。」
      エレン「
      その通り。
      だからこそ、父さんはしなくちゃならないんだ。
      父さんがやめれば、世界も英雄に倣ってこの人達の記憶を忘れてしまい、世界はリセットしてしまう。
      それでは、同じ過ちを繰り返す閉ループに囚われるだけだ。
      自由を得るためには、記憶は絶対に手放してはならない。
      だから、全てを忘れて世界をリセットする代わりに、この人達への罪を背負い続けてでも未来への進撃路を拓くことを、父さんは選択したんだ。」
      ガキ「
      あれ? 変なの。
      まるで、時間を巻き戻すことが父さんにはできたみたいな言い方じゃん。
      それに、自分の子どもと観光地で遊べないのに、父さんは自由なの?」
      エレン「
      はは(笑い)、来年の巨大樹の森は、何とかして父さんがお前を連れて行くとして。
      …(すこし考え込む)。
      …結局、父さんは自由には手が届かなかったのかもな。
      だが、」

      赤子(頭しか見えないけど、もうすぐ6歳の図体がエレンの胴体に隠れている!)を抱く最後の一コマ。

      エレン「お前は自由だ…。」

      完!
      — 予想終了 —

      テニスのおじさまが考察する様に、頭部だけでは年齢を推測できません。
      目を瞑っているけど、この赤子は眠っているとは限らないと希望的推測します。
      そもそも、「お前は自由だ…。」の「お前」は明らかに赤子であり、話しかけられている相手はこの赤子なのだから、言葉を解する年齢にこの赤子は達していると希望的解釈すべきだと私は希望的に考えます。
      そして、主人公がユミルの呪い等で早死にしたり閉ループや封印行きになるようなバッドエンドなど、絶対にあり得ないと私は希望的考察します。
      作品が「地鳴らし」編で終わるとすると、新規の登場人物はこれ以上出ないので、この赤子の候補はヒストリアの腹の中の人一択で希望的確定です。
      エレンがユミルの呪いから解放されたことを示すには、残り寿命4年を越えた場面が必要です。
      よって、この赤子の年齢は4歳以上だと私は希望的考察します。

      まあ、ミカサ・アルミンはともかくとしてジャンは、「普通の人間」として読者が感情移入するために用意されたとしか思えないので、エレンと共に生き延びると、普通に考察します。

      • 管理人アース より:

        >レンがユミルの呪いから解放されたことを示すには、残り寿命4年を越えた場面が必要
        素晴らしいですし、熱い予想ですね!
        エレンが生き延びるのか、死亡orループ展開で終わるのかで予想が分かれますね。
        管理人アースはループかタイムスリップ展開を予想していますが。
        この記事、人気があるのでまた更新しますね!(*^^*)



        管理人アース

  12. ツクシ より:

    進撃の巨人の固有能力か、九つの巨人を全て揃えた者のみが開眼する真の力なのかはさておき、今後エレンがエルディア人を繋ぐ道を自由自在に辿る事が出来るようになるという考察は皆さんいたるところでされているように私もそう考えています
    二千年前から続くエルディアとマーレの争いは、ニコロが言っていた通りもうどっちが先かなんてどうでもいい、大切なものを奪われたから殺すだけというように、どちらかが滅ぶまで終わらない様相を呈しています

    これを真っ当な方法で解決しようとしているのが、ジークであり、マーレ軍部であります。つまり相手を一人残らず滅ぼせば戦いは終わると。そして現状それ以外に両者の衝突を止める手立てはありません

    では我らがエレンはどうするか。一人残らず駆逐のままではジークとモロ被りですのもっと別の結論にたどり着くでしょう
    例えば二千年間続く憎しみで戦いが止まらないのであれば、二千年前にそれを終わらせればいい。道を辿り、二千年前の始祖王ユミル・フリッツと対峙し、真の自由を勝ち取るなど…

    ラストネームの一コマはグリシャとエレンだと予想します。あのグリシャらしき父親のセリフは、歴史改変を終え、時空の狭間を彷徨う事になる本編主人公のエレンが道を通して語りかけているもの。真に自由を勝ち取ったもうひとりのエレンに向けたメッセージではないかと思いました

    • ツクシ より:

      連投ですみません
      最終話かその手前あたりに、エレンがユミル・フリッツと対峙する回のタイトルが
      「二千年前のあなたへ」だったら、あまりにもベタですがちょっと感動しちゃうかもしれません。全てが繋がり全てが終わる事を予感させるような……妄想失礼しました

      • 管理人アース より:

        二千年後と対比するようなタイトルだと震えるかもです!(*^^*)



        管理人アース

    • 管理人アース より:

      良いですね!
      ループかスリップかは分かりませんが、そのような展開が起こりそうですね!



      管理人アース

  13. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    遅ればせながら情熱大陸を観ました✨

    あの日田市の高台からの映像を見た時…

    あゝ諌山先生にとってはあの山々が壁なんだなぁ〜😆

    としみじみ感じました👍

    展開は色々、変わるかも❓
    ですがあのお父さんとの会話を見てやっぱり最後の一コマはグリシャとエレンだな❗️

    …と単純に自分は思いました✨

    • 管理人アース より:

      諫山先生とお父さんの関係は、諫山先生にとってけっこう重い事なのだろうなとテレビを見て感じました。
      ヒストリアの父ロッドやアニ父、エレンにとってのグリシャなど、この辺りからも察せられます。
      「越えなければいけない壁」として、これからも父親という存在は登場するのかなと思いましたよ!



      管理人アース

  14. 井筒孝庵 より:

    おはようございます。

    グリシャとエレンかな。
    (お前は自由だ、と言われているエレンだけでなく、そう言っているグリシャ自身も自由だからそう言える、という姿で)

    また、象徴的には、グリシャとエレンですが、その状況では、グリシャとエレンに限らずどの親子にとってもそれ当てはまると。
    (巨人の呪縛からの人類の解放)

    一方で、最終シーンに至るまでに、控えている「ラグナロク」がいったいどのように描かれていくのか、興味が尽きません。

    サンダvsガイラでは、和解できぬ兄弟が凄惨な死闘の中で、海底火山の噴火の中で海中に没していきましたが、

    ジークとエレンの和解はなるのか。(巨人の呪縛からの解放で協力しあえるのか)

    もし兄弟の絆の回復となるならば、最終シーンのお前は自由だは、グリシャとジークにも当てはまるのでしょう。

    • 管理人アース より:

      グリシャとエレンが最もしっくり来ますよね。同感!ですよ(*^^*)



      管理人アース

  15. テニスのおじさま より:

    いやいやいやいや
    あれはきっとジャンとエレンですよ・・・
    一見赤子に見えますけど、実は焼け焦げたエレンなんです
    コゲミンを見直すと分かりやすいと思います、コゲミンも見ようによっては赤子でしょう?

    やっぱり進撃の巨人というのはごく初期を除いてはエレンとジャン2人のピリピリした葛藤が常にうごめいて裏テーマになってますから、ジャンが出てくるフィナーレが一番しっくりきそうな気がします
    ハリーポッターでいうところのネビルです

  16. 炭酸水 より:

    エレンとヒストリアの子供かな?と最初思いましたが、
    全く予想不可能な今後の展開なので
    救いようのない凄惨なバッドエンドあと(特にエレンにとって)、
    皮肉にも感じるエレン誕生時のグリシャの祝福、というエンデイングかも?
    そうするとオープニングのミカサとかにつながらないかしらん^^;
    とにかく今後の恐ろしい展開を楽しみに待つばかりです。胸がすくような展開ならいいんですけど。

  17. リヴァイ屋さん より:

    やっぱりグリシャとエレンなのかなぁ…
    エレンとヒストリアの子供で、その子を抱えながら地鳴らしするのかな、と思いました。
    で、それで全てを終わらせたエレンがその子供にお前は自由だ、と…。
    で、エレンは9つの巨人を秘めたまま2千年の眠りにつくのかと。

    • 管理人アース より:

      それもありそうですけどね!
      その赤子は獣を継承しているということですよね。
      あんなに小さな子でも継承できる…でしょうね。
      その展開もありそうです!



      管理人アース

  18. ふぉすけ より:

    お前はフリーダってことですね(笑)

  19. ピロマン より:

    テレビ見ました!

    諫山先生のコメントからも、終わりに向かって、ずっとライフワークとして作品に集中していることがわかり、感動しました!

    また、しみじみ、終わるのか・・・
    っと、寂しさを覚えます。

    毎週、毎週、作品が出るのを待ち、このサイトで確認し、妄想し、楽しみが、終わったら悲しいです。

    先生、出身がエレンと同じく、壁の中だったんですね 笑

    • 管理人アース より:

      諫山先生の故郷は本当にシガンシナ区でしたよね。
      無意識だったのかもしれませんが、そこから生まれているのは間違いないですよね!



      管理人アース

  20. 二度目の投稿投稿 より:

    こんばんは。団長!
    最初にテレビで見た瞬間は抱いてるのはエレン?と思ったのですが、かつてカルラが赤子のエレンを抱きしめながらキースに「この子はもう偉いんです」と言ったシーンを思い浮かべました。
    アニメのシーンが印象に残ってるからかもですが、このシーンとの対比では?と思いました。
    即ち、幼子のエレンを抱き抱えたグリシャの後ろ姿でパラディ島VS世界の決着は想像もできませんが、最後はキースとグリシャの会話のフラッシュバックとなり、この最後のひとコマとなるのではと。

    • 管理人アース より:

      良いですね!
      対比が多用されるこの作品だとありそうですよね!



      管理人アース

  21. とく より:

    最後の一コマを見ての感想

    でも、良かった報われて。エレン.

  22. 蒼雪 より:

    あのラストラフは、父となったエレンが未来を我が子に託すシーンに見えました。初見ぱっと見の印象ですが。じゃあ、そのお母さんは誰なんだってことになるんですが…やっぱりミカサなのかな。
    噂に聞いていた諌山先生の郷里の山峰、本当に作中の壁みたいでした。この山を越えると自由があるんだ、という皮膚感覚があったのでしょうね。
    ところで、自由というのは孤独とも表裏一体です。ここで言っている自由というのが、明るい意味なのか何なのかも気になりますね。
    ともあれ、完結が怖いような、でも楽しみでもあります。長い物語をきちんと終わらせること。その責務を無事に先生が果たされますように。

    • 管理人アース より:

      暗い意味での「自由」というのもありそうですよね。
      「これだけの犠牲を払ってしまったが…自由だ」みたいな。

      何より悔いが残らない、自分である程度納得の行くラストを諫山先生が迎えられることをファンも願いますよね!(*^^*)



      管理人アース

  23. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    「お前は自由だ」をヒントに妄想を膨らませてみましたが、なんだか納得出来る展開予想が思い浮かびません。
    ハッピーエンドで終わってさえくれれば、それで十分だと思えるし弱りましたね。

    なので団長殿の展開予想を見て、なんだか胸が熱くなりましたよ。
    ・・・でも、ミカサの一途な愛が報われない事には、真の意味でのハッピーエンドにはなりませんよね?団長?(笑)

    情熱大陸の最終話の打ち合わせシーンで、諌山先生達が「父親を超えていく」みたいな話をしていました。
    おそらく番組構成上の演出かもしれませんが、最後のヒトコマはこのテーマにかかわっているのかもしれません。

    あの親子像が幼子グリシャを抱くエレンだったら泣けるなぁと考えましたが、さすがにこの展開は無理があり過ぎなので却下します(笑)
    ・・・なので、今回は団長殿の予想に全面的に賛同します。

    これが一番しっくりくる終わり方だし、ループ説の裏付けにもなります。
    問題はミカサがこの力をどの段階で知る事になるかですね。

    • 管理人アース より:

      ミカサの刺青にはまだ何かある→ループ能力みたいな妄想ですが、何かしらの形で刺青はこれから登場し回収されると思われます。
      「父親を超える」がテーマだと思いますが、それがこのコマに表されているのか、ですよね。
      最後の最後まで、見逃せないですし、答え合わせが楽しみです!(*^^*)




      管理人アース

  24. のりたま より:

    アース団長度々お邪魔してます
    更新された年表を見て思ったのですが
    あの最終コマが2000年後の君へに繋がるなら
    エレンは寿命一杯生き抜くのではないかと思いました。
    そうするとあと寿命4年程ありますしあの抱かれている赤ちゃんはあと数か月で産まれるヒストリアの子ではないと思いました。
    そうなると他の誰かと子供を作るのか?そもそもエレンの子ではないのか?
    分からない事だらけです。
    最終回の日を迎えるまでまだまだ進撃から目が離せませんね!

    • 管理人アース より:

      全く同感ですね。
      おそらく最後のひとコマはエレンの寿命が尽きる時と重なるくらいかなと感じます。
      そこからループで終わるか、それこそ本当にエレンの子やヒストリアの子で締めくくるのか?
      諫山先生がどう持っていくのか最後まで見届けなきゃですね!



      管理人アース

  25. カバ村出身 より:

    団長殿更新お疲れ様です。
    最後のコマの「お前は自由だ・・・」の横に線が引かれているので、このセリフには続きが有るのでは?と考え、妄想してみました。

    ヒストリアの子供なら「獣の巨人は継承しなくていい」

    ガビとファルコの子供なら「どこへでも飛んで行け」

    エレンとミカサの子供なら「だけど、困った事があったら、ここに帰ってこい」

    単なる思い付きですいません。

    • 管理人アース より:

      良いですね!
      たしかにーがありますね。
      これが「まだ明かせらないセリフ」という考察、面白いです!
      グリシャとエレンなら「壁の向こうでも海の向こうでも、どこにでも…」みたいな感じでしょうか?
      こういう予想、たまんないですね!(*^^*)



      管理人アース

    • A-11 より:

      > 最後のコマの「お前は自由だ・・・」の横に線が引かれているので、このセリフには続きが有るのでは?と考え、妄想してみました。
      水を差すようで恐縮ですが、この「横に線」、上部1/4が吹き出し枠の一部になっています。
      恐らく、元々は全体が吹き出し枠の一部だったと私は考察します。
      吹き出し枠として見た場合、「横に線」の下部3/4は内側への凹みとなって綺麗ではありません。
      なので、上部1/4はそのまま吹き出し枠として残し、凹み部分の枠部分を埋めるように諫山先生は枠を書き足し、新たな外枠の内側に残った凹み線が「横に線」として残ったと私は考えます。
      なので、現時点には、続きのセリフは存在しないと私は考察します。

      ただし、同様に吹き出し枠を子細に見ると、枠の上下と右は書き直した跡が見られないのに、左は上記書き直しがあるだけでなく、左下には書き直されていない凹みが残っていてグダグダです。
      枠左部分のサイズ決定で、かなり諫山先生は逡巡していたようで、もう少し大きな枠の場合も考えていたようです。
      現時点では、追加スペースに入るはずの「このセリフの続き」は蛇足だと諫山先生は判断しているようですが、清書版では復活するかもしれません。
      または、前のコマに転載したから、このコマでは削除したかもしれません。

      • 管理人アース より:

        >続きのセリフは存在しないと私は考察します。
        その可能性高いなとも感じていますよ!
        このコマ自体変わる可能性も高い感じですし、イメージとして捉えなきゃですよね!



        管理人アース

  26. みかん型巨人 より:

    管理人様いつも御世話になります

    2期のOPに赤ちゃんの手を握る大人の手が描写がありましたが、それは今回の「お前は自由だ」の二人と同じなのかなと思いました。

    それでもふもふ様も書かれてた洋服の件ですが、OPの大人の洋服も兵団のジャケットの様な色だったので、大人はエレンなのかなと思いました。

    だとすると子供は特徴的な眉毛からするとエレンの子供なのかな?と思いました。

    うーん…でも現在物語中の不自由な運命の子供といえばヒストリアの子供になるので、ヒストリアの子供であって欲しいなーと願望もあります

    • 管理人アース より:

      エレンとヒストリアの子どもだったら卒倒します!(´;ω;`)



      管理人アース

  27. パパゴン より:

    グリシャの「みんなを守りたいなら…」発言を考えると、記憶は過去未来関係なく道を通って伝わる説がありますよね。

    ということは極論を言うと、始祖の巨人のように記憶の影響力が強ければ、継承者は全員同一人物(人格?)と考えることもできます。
    つまり、約2000年前の進撃の巨人には2000年後の記憶もあった可能性が微レ存…

    最終話で、どうにかして巨人を全て駆逐(どうにか の部分が一番大事なんですけど笑)したエレンが、
    巨人の呪いに2000年間縛られてきた最初の進撃の巨人の継承者として、そして父として、自分の息子に
    「お前は自由だ」
    と言って2000年の生涯を終えるという感じのエンディングも個人的にはアツいっすね。

    進撃の巨人という人格(呪い)を、息子に受け継ぎ自由を奪ったグリシャとの対比にもなります。

    そして、最初の進撃の巨人が2000年後に全ての物語が終わることを知った上で、2000年後に生まれる(ジークのように巨人の呪いに囚われていない)本当に自由な自分の息子に
    (2000年後の君に)向けての言葉としての
    「お前は自由だ」
    と考えるのも胸アツ展開ですねえ

    ミカサの頭痛とかは無視した考察ですが…

    • 管理人アース より:

      >進撃の巨人という人格(呪い)を、息子に受け継ぎ自由を奪ったグリシャとの対比にもなります
      良いですね~!
      そして熱い!
      最初に二千年後に自由な子どもが誕生と分かっていながら巨人化能力を得なければいけない、というエピソードも気になります。
      諫山先生がどのような最後のひとコマまでの物語を用意するのか、むっちゃ楽しみです!(*^^*)



      管理人アース

  28. lesmills より:

    情熱大陸見逃し放送見終わった直後に書き込ませていただきます。

    実際はエレンがエレンの子供を抱きかかえている絵なのですが、エレンの中にいるグリシャが浮かんできて、グリシャを抱きかかえているエレンの絵に重なってる瞬間なのだと直感的に感じました。

    父親の方が髪が長いのでグリシャに最初から見えましたがエレンも今では髪が長い..

    しかしメガネの輪郭のようなものが見える気がして私はこの人物がグリシャに見えて仕方ありません。

    でも今グリシャが出てくるとなると過去の回想になるわけで

    現実としてはエレンとその子供なのですが、グリシャとエレンにそれを重ねてる。。ように見えました

    • 管理人アース より:

      管理人アースはループ後のグリシャかなと思っています。
      エレンに重なるグリシャ、は88話みたいな展開でありそうですね!



      管理人アース

  29. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    情熱大陸見逃してしまって、さっきダイジェスト版?を視聴しました。

    諌山先生の両親って、サシャの両親のまんまな感じでしたね。

    最後の絵は、ヒストリアのこどもとエレンだろうと最初思ったんですけど、エレンより大人の人のような気がします。

    お前は自由だ。ということは、巨人の力からの解放だとは思いますが、32

    • 管理人アース より:

      本日までは情熱大陸見逃し配信で全て見られると思います。
      今夜までかな?
      良かったら進撃の情熱大陸、全て見てみてください!

      >諌山先生の両親って
      お母様はそんな感じでしたね。
      お父様は…ちょっと印象違うように管理人アースは感じました。

      >お前は自由だ。ということは、巨人の力からの解放だとは思いますが
      同感ですね。
      巨人の力が消滅し、エルディア人も解放される…
      そんな感じかなと感じました。
      この記事またどこかで更新します!



      管理人アース

  30. 下っ端の訓練兵 より:

    団長、すみません。この記事2回目のコメントです。
    ループ後のグリシャとエレンかなと思っていましたが、グリシャとジークもありかなとも思えてきました。

    ジークをマーレの戦士として送り込むつもりだったグリシャだけど、それをしなくて済むようになり、ジークは両親の愛情を受けて育つ。
    そしてパラディ島ではミカサやアルミンたちが平穏に暮らす。
    人類は自由を手に入れたけど、それを望んていたエレンは生まれることはない。ダークファンタジーです。

    ハッピーエンドを望んでる反面、こういう後味の悪い最後でもいいのかなと思ったりもします。

    • 管理人アース より:

      >人類は自由を手に入れたけど、それを望んていたエレンは生まれることはない。
      これは!
      ありそうな残酷な展開ですね(・_・;)
      ただこの後味の悪さの種類が諫山先生の残酷さと沿うかどうかですが…
      スゴい予想で震えました!(;´Д`)



      管理人アース

  31. リヴァイ大好き より:

    ね、ねこが、送信ボタン押してしまいました。(ほんとう)

    えーっと、絵から感じられるのは、巨人の力からの解放を示していることと、エレンより大人の男性。グリシャなのかな?

    グリシャだったら、どうして解放が起こったことを知ることができるんだろうか。

    うーん。やっぱりエレンと、ヒストリアの子どもかな。

    解放に成功し、希望である赤ちゃんを、エレンは守ることができた。

    …兵長大丈夫かな。

  32. NURO より:

    あの赤子は戦いに巻き込まれて死んだのかも、と思いました
    死んで残酷な人生を歩まなくて済んだ(誰かは分からないが)赤子に対して、生きている誰かが「良かったな、お前は自由だ、でも俺はこれからも不自由だ」と。
    現実世界の人種差別のように、エルディア人であるかぎり、不自由からは逃れられない
    が、それを受け入れて生きていくしかないよな、という諦めと悟り

    あと自由というテーマで思ったのは「自由と孤独」という概念です
    ミカサは孤独になりたくない旨の発言を何度もしていますが、それはエレンにとっては、不自由になるということではないでしょうか
    でもその一方でミカサのことは大事にしたい

    そういう自由への欲望と、不自由への欲望というジレンマを抱えて、最終的に、ミカサの側に一生居るという選択をした
    それでエレンは不自由になり、「お前は自由だ、俺は不自由だけどな」に繋がる、、、ちょっと無理があるか、、

    あるいは、道を支配する始祖の巨人であるエレンが結晶化により永遠の眠りにつくことでエルディア人全員から巨人化能力を奪う前の、我が子との最後の抱擁とか?

    • 管理人アース より:

      抱いて語りかけている子供が死んでいるという予想は全く想定外だったので驚きました!
      でもあり得ますよね!
      一気に希望のない最終回になりそうですが( ̄▽ ̄;)
      色々な意味合いが出てきそうです❗




      管理人アース

  33. masser より:

    団長こんばんわー。
    私は、この一枚はやっと自由を手に入れられる、入れられた瞬間と思いたいです。
    だって、自由を手に入れられなかったら、あんなにも悲惨な犠牲者が浮かばれません。
    あまりにも可哀想です。
    私は、パラディ島とマーレーの戦いによる決着で自由が手に入ると思えません。
    この進撃の世界では、ジャーナリズムがどこまで進んでいるか解りませんが、ジャーナリズムによって、自由が手に入ることを望みます。
    と、言ってもきれいごとで争いが解決出来ないのが世の中です。
    例えば、我々の世界でのインドの独立です。
    インドの独立は、かの有名なノーベル賞受賞者「ガンジー」の無抵抗の抵抗が有名です。
    この無抵抗の抵抗によってインドの独立がもたらせた。と言われています。
    しかし、インドの人に言わせるとガンジーより、スバスチャンドラ ボースの功績の方が大きいと言います。
    スバスチャンドラ ボースは、革命家で、革命軍を組織して、当時最強の軍事力を持った英国軍に勇敢に戦いました。
    その戦い方は命を惜しまず壮絶な戦いでした。
    スバスチャンドラ ボースの戦いはインド中に知れ渡り。インド各地に革命の機運が広まり始めました。
    スバスチャンドラ ボースとの戦いに手を焼き、嫌気がさしていた英国はインドの植民地支配をあきらめたくなっていました。
    しかし、このまま植民地支配をあきらめると、スバスチャンドラ ボースの革命軍に負けた事になります。
    そうなると、他のアジアやアフリカの植民地に革命の嵐が広まることを恐れました。
    そんな時、英国のジャーナリスト【名前忘れました】がガンジーの無抵抗の抵抗を世界中に知らせたのです。
    すると、英国に世界中から非難の嵐がおこり、英国はインドの独立を認めました。
    英国としてはインドの革命軍に負けたと言う汚名を隠すことが出来たのです。
    話が長くなりましたが、マーレーのエルディア人への差別は、迫害であり、人権侵害であり、大量虐殺です。
    こんなことは、許される事ではありません。
    この悪を何とか無くすには、ジャーナリズムが関わって欲しいな~!とおもうのです。
    私、個人としては赤ん坊はエレンで抱いているのはグリシアがいいです。
    このシーンの経緯は全く考察は出来ません。
    改めて皆さんの考察に脱帽です。

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      マーレが信じている歴史は真実ではないでしょうが、エルディア帝国による世界を蹂躙した虐殺の歴史は事実でしょう。
      現在のエルディア人に対する差別、迫害はその事実によるところ、というのもキツいですよね。
      もちろん、エルディア人に対する差別、迫害は悪であり、許されることではないですが!
      今回のニコロとガビのやり取りは、その縮図でしたし、ニコロの「知るかよ」「どっちが先なんか」というセリフはグッと来ました。

      >この悪を何とか無くすには、ジャーナリズムが関わって欲しいな~!と
      そうですね!
      「王政編」でも新聞やジャーナリズムが活躍する展開があったので、また登場する可能性はありますよね!

      >私、個人としては赤ん坊はエレンで抱いているのはグリシア
      管理人アースと同じですね!
      エレンに自由がもたらされる展開、楽しみですね!(*^^*)



      管理人アース

      • masser より:

        アース団長こんばんはー。団長に「面白い」と言って頂き光栄です。
        確かにニコロとサシャの関係には明るい未来がありました。
        敵同士であっても信じあえる。
        人が人を好きになると言う当たり前のことが感じられました。
        マーレーの中にも「エルディア人への迫害は間違っている。」と思っている人がいないものですかね~!
        あっ!それと、赤ん坊がエレンで抱っこしているのがグリシアがいいです。と言った理由は、グリシアがエレンをこの悲惨な運命に引き込んだ事に相当苦しんだと思います。
        物凄い葛藤の中でエレンに食べられたと思います。
        そんなグリシアを救ってあげたいです。
        二人が本来の親子に戻してあげたいです。
        グリシアだって、ほぼ苦しい人生だったじゃないですか。

        • 管理人アース より:

          壁内に入りカルラと結婚してからの約13年間は幸せであったと考えたいですが、分かります。
          地獄を抱えながらのグリシャの生活は、幸せだったかもですがやはり苦しめられた時間も多かったかもですね。
          そんなグリシャにもエレンにも救いのある最後のひとコマであって欲しいなと感じますよ!(*^^*)



          管理人アース

  34. 兵長の寝室掃除係 より:

    もしこれがエレンとエレンの子だとするなら、ここから更に最短でも10ヵ月後になってしまうんですよね。
    それは物語の中ではありえないと思うので(その前にマーレが攻めてくるか、潜伏しているライナー達が暴れ出すでしょう)。

    ……大穴で、グリシャとジークというのはどうでしょうか?
    死にゆくジークが走馬灯の中で見た、父グリシャからかけられた言葉……とか。
    グリシャも幼少期に、マーレの壁の中で「自分は自由になる為に生まれたのだ」と感じていたかもしれません。
    あの時のエレンと同じように。

    • 管理人アース より:

      >……大穴で、グリシャとジークというのはどうでしょうか?
      これも可能性はゼロではないですよね。
      そうなってくると、本当に進撃はグリシャの物語だったのかなと感じますよ!
      でも、それもアリですよね!(*^^*)



      管理人アース

  35. 進撃の芋女 より:

    こんにちは、進撃の芋女です。

    アース団長おひさしぶりです。

    この絵は私もエレン&グリシャだと思います。

    ただみなさんのようにどうしても希望を持てないんですよね、ラストに。

    呪いがとけて9つの巨人が集まったエレンが最後に座標を通してグリシャに自由だって言われてる場面で眠りにつく(死ぬ)のではないかと…。

    きっとそうなると当然アルミンもアニも死んでますよね。

    実は呪いが解けたエレンとミカサの子だとうれしいのですが。

    • 管理人アース より:

      アルミンはエレンに捕食される展開となりますよね。
      それは見たくないですよ!(;´Д`)
      悲しい意味での「お前は自由だ」展開もありかもですが、できればエレンが自由になれるループ回を示して終わるような感じだと嬉しいです!(*^^*)



      管理人アース

  36. 加湿器いいね より:

    アース団長様、いつも更新ありがとうございます!
    グリシャがエレンを抱いてるのに賛成です。そして、あのセリフだけなのではと思います。
    ただ、自由って、「やったーゲットしたーっ」てものではない気がするんです。巨人がいなくなれば自由なのか、塀がなくなれば自由なのか、マーレが敗戦すれば自由なのか…不自由とは実は誰もがまとっている鎖みたいなもので、いじめとか性差の事とか生まれの事とか国家からの強制とか。理不尽な圧力に対して勇気を持って意義を唱えて鎖をひきちぎり抗い続けるのが自由を求め続けるということかな、と。終わりがないんですね。
    合理主義者のジークはエルディア人全員と心中するという極論に走りそうで怖いですが、エレンはそれを抑えつけ、自分だけを犠牲にして巨人システムを壊すつもりとかどうでしょう。知性巨人全部手に入れてミカサと一緒に大地の悪魔に返す、闇に返す術を見つけたのかなぁと思ったり。今まで知性巨人を何体もひとりで抱えた人はいなさそうだから何か根源的な部分を見出すことができたのではと期待してます。
    最後死ぬ間際に、グリシャの記憶を通してあのシーンを見て、そうか俺はやはり始めから自由であり続けたんだなと納得して死んじゃうのかなと思いました。
    そうなるとミカサのループがなくなったちゃうんでもう訳がわかりません。すみません。
    団長、そして皆さんの考察に胸が熱くなります。
    うう、エレン死なないで〜涙

    • 管理人アース より:

      >グリシャの記憶を通してあのシーンを見て、そうか俺はやはり始めから自由であり続けたんだなと納得して
      これ良いですね!
      ループで終わるかは分かりませんし、これもありそうだなと!
      エレンが死亡して終わる展開は悲しいですが可能性高そうですよね(´;ω;`)
      でも、希望が見い出せる終わり方なら…(大号泣)



      管理人アース

  37. maSumi より:

    こんばんは(o^^o)

    コメント欄もわいわい
    皆さん、本当に楽しそうですねw

    私もグリシャとエレンだと思っていたのですが、回収されるはずの伏線と繋げて妄想してみました。

    初回に出てくるエレンの夢の中で出てくる赤子継承らしき映像で、おもちゃの散らばりと兵士の死に方が同じ並びのコマ。
    あれに繋げてみると、一旦は赤子継承されるけど、エレンが任期を終える前に全ての巨人の能力自体が抹消する。
    そして赤ちゃんを抱き抱え、「お前は自由だ」って言うってのはどうでしょうか?w
    誰の子かは妄想不足です。
    エレンも死なずに済むし、アルミンを救えますよ♪

    幸せなENDが良いなぁ(๑˃̵ᴗ˂̵)

    • 管理人アース より:

      >一旦は赤子継承されるけど、エレンが任期を終える前に全ての巨人の能力自体が抹消する。
      この展開が一番ですよね!
      ただ諫山先生なので…(不安)(・_・;)
      救いと希望がある終わり方なら、本当に良いなと思いますよ!



      管理人アース

  38. なり より:

    こんばんは、なりでございます。稚拙ながらも私も予想をさせていただきたいと思います。
    お話的に〜と言うのは私、どうも表現するのが苦手なものですから、考察面から予想させて下さい。
    ①「お前は、自由だーー」:←こういう可能性もありませんか?セリフはーー(赤子に向けて続く言葉を喋っているかも知れませんが、我々読者には聞こえず、想像にお任せします。と言うもの)。
    私の願望としては
    「生きたいように、生きていいんだ。」…とかですかね。
    ②自由という意味:私は巨人化の力が喪失したことを示しているのかなと予想しております。そして第1話の”二千年後の君”と言うのはこの赤子(またはこれから生まれてくるであろう子供達全て)であり、その子への言葉が「お前は、自由だーー」なのかなと。自分達は不自由であるが為に力を得て、自由を勝ち取る為に戦い、そして手に入れた。その平和を生まれてすぐ享受出来るのはお前達次の世代だ!と言う予想です。
    そこで気になることが。これは物語上で(登場して活躍してきた全ての人物の)きっと誰もが知らないことなのかも知れませんが、ユミル・フリッツが交わした大地の悪魔との契約。これは言い伝えとして語られていますが、実はこの効力が発効から2000年目丁度に失効し、巨人の力が全て道を通じて帰って行き(力を喪失したので能力者も道とアクセスできなくなる)、エルディア人は普通の人間へと戻る。ジークやイェレナ、それ以外の残存している黒幕、ラスボス枠の方々(誰かまではまだ特定できないんですが)もこれを知らなかったので、突然力が消えて呆然。戦えなくなり、必要以上の血が流れる事はなくパラディ島は脅威でなくなり、平和に暮らせるようになった兵団員達。そして時は流れて最後のシーンへと続く、とか。もちろんユミルの呪いも契約失効により消失し、その場で生きていた能力者達は、力を失う代わりに13年縛りの寿命も無くなる、と。ただしジークだけはその時が来る前に寿命かリヴァイかエレンの手で葬られてしまうのかなとも考えています。この説だとジークはラスボスではなくなってしまいますけれども…。
    この契約期間(仮説)を知っていたのは契約したユミル・フリッツだけだった。2000年と言う年月は契約した自分からは途方もない未来であり、寿命的に自分の目で見られない為一族や継承者にも明かさなかった(または契約の期間は悪魔から他言無用と釘を刺されていた)、と言うのはいかがでしょう?
    ③この大人と赤子は?:アース団長はグリシャとエレン説を推していらっしゃいますが(ループするならば、エレンが自由を言い渡されるのも納得が行きます。誰よりも自由を求めていますし)、私はエレン(父親側)、エレンの赤子(ヒストリアとの子なのか、それともミカサとの子なのか?)説を推したいです。エレンは自由を求め戦い、そして最後に勝ち取った。とも解釈出来るのではないか、と思いまして。

    • 管理人アース より:

      エレンとヒストリアの子供説はけっこう根強いですよね!
      エレンが次世代に自由をもたらし終わる、という展開も熱いですし好きですよ!
      最後の最後まで目が離せませんよね!\(^o^)/



      管理人アース

  39. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    アース団長さんに教えていただいて情熱大陸視聴させていただきました。ありがとうございます。

    印象に残ったのは、諌山先生が、ここから出たかった。みたいに語られていたシーンです。

    夢を実現させたい、田舎に埋もれたくない。
    それ以外に父親の束縛からも放たれたい。そんな印象を持ちました。

    進撃の巨人は、諌山先生のそんな思いが詰まった漫画だとしたら、背を向けた男の人は、グリシャで、父親へのメッセージにもなるのかなとも思いました。

    でも男じゃないのでわかりませんが、男の子って、父親から抱きしめられて自由に生きろて言われるのは、気恥ずかしいんじゃないのかな?

    なので、父親に束縛されていた過去を想い、父親にできなかった囚われ人を開放する息子として、最後のコマは、やっぱりエレンとヒストリアのこどもかな。

    ミカサの「いってらっしゃいエレン」は、ミカサがなんらかの事情で最後までエレンに付き添うことができなくなって、自分から離れようとしないエレンに、自由を勝ち取るために行きなさいと諭した言葉なんじゃないかとか妄想してしまいました。

    • 管理人アース より:

      >自分から離れようとしないエレンに、自由を勝ち取るために行きなさいと諭した言葉なんじゃないかと
      ちょっとエレンのキャラとは違う感じもしますが、その後に目が覚めたエレンが涙を流していたところからは、この展開もあるかなと感じました!

      >男の子って、父親から抱きしめられて自由に生きろて言われるのは、気恥ずかしいんじゃないのかな?
      それはあるかもですが、状況によってはアリかなと!
      あと、この子供が恥ずかしがるくらいの年令かどうかですね。
      けっこう幼いように見えたので!
      答え合わせ、楽しみですね!(*^^*)



      管理人アース

  40. オムオムジャンボ より:

    なんかあれですよね、エレンって自由を求めることに縛られてる節がありますよね。

    だから進撃の最後はエレンが自分で自由の基準を低くして満足するのかなぁなんて思います笑

    • 管理人アース より:

      エレンが自由を求めるのはアルミンの本がキッカケだと思うのですが、ほとんど本人に性質かなと!
      最後は巨人の力からも解放されて、自由になるのかなと思っています!



      管理人アース

  41. おおぞらバード より:

    諌山先生の 初投稿作「進撃の巨人 0巻」
    によると、巨人の力を打ち負かしたのは
    「植物のような純粋な心」だとあります。
    ので、この二人は がっちり抱き合って、
    植物になるかもしれません。

    巨人の力から自由になるハッピーエンドと、
    植物になって人間に戻れない アンハッピー
    エンドという結末なのか…?

    • 管理人アース より:

      0巻は環境破壊に対するメッセージ性が強かったですよね!
      そこを踏襲するのかどうか、見どころですね!(*^^*)



      管理人アース

  42. りょーた より:

    やはりグリシャとエレンが1番自然じゃないですかね。

    最後のコマにエレンが映ってないのは不自然というか、いてほしい(笑)

    そしてエレンがお父さん側というのは少し違和感ありますね。1番自由にこだわっていたのはエレンですから、エレンの発言なら「俺は自由だ」で終わると思うので。

    「エレンの子供は自由」より「エレンは自由」で終わって欲しいので!

コメントを残す

このページの先頭へ