【進撃の巨人】Before the fallネタバレ58話「出立の刻」の感想考察!

とうとう始まった「壁外遠征」

小説版「Before the fall」とはかなり改変されており、同じ展開とはならないでしょうが「最終章」である事は間違いないでしょう!

調査兵団を存続させるためには、必ず「成果」を出さなければいけない「壁外遠征」。

調査兵団にとっては「成果必須」な壁外遠征ですが、シガンシナ区の住民にとっても強い想いを寄せるイベントとなっていましす。

様々な想いが集まった壁外遠征となっていますが、いったいどのように始まったのでしょうか?

その経緯が登場する、58話を見てみましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」ネタバレ58話「出立の刻」あらすじ&内容!

2019-01-02_062931
「Before the fall」58話より


数日間降り続いていた雨が、夜明けとともに上がる描写から始まります。

調査兵団本部内にある森の中で立体機動装置の自主訓練をしているキュクロ。

雨があがったため、久々の屋外での立体機動装置訓練のようです。

そこにシャルルが訪れます。

キュクロに笑顔を見せながらも、決まったであろう壁外遠征日時を尋ねるシャルル

キュクロは黙ってシャルルを抱き上げ、立体機動装置で木の上に移動します。
2019-01-02_062952
「Before the fall」58話より


素晴らしい眺めに歓声をあげるシャルル

そんなシャルルを見つめながら、キュクロは「明日壁外遠征に出立する」と語ります。

キュクロの言葉に黙ってうなずくシャルル

しばらく沈黙してからシャルルは、「全てが片付いたらキュクロはどうするの?」と尋ねます。

巨人を倒すことしか頭に無かったキュクロは、シャルルの問いかけにキチンと答えられず、「壁外遠征から帰ったら考える」と答えます。

そのためにも、無事に帰ってくるようにと釘を刺すシャルル
2019-01-02_063015
「Before the fall」58話より


そのシャルルに珍しい笑顔を見せるキュクロ
2019-01-02_063034
「Before the fall」58話より


場面は夜が明け、調査兵団が壁外遠征に出立する日となります。

大歓声を上げるシガンシナ区住民の中を外門に向かう調査兵団

住民の大歓声について「成果を期待されているのではなく、日常に刺激を与えるイベントとして認識されているだけ」とキュクロに説明するカルディナ

そこに一人の住民が駆け寄り、キュクロやカルディナに「15年前、巨人に殺された家族の仇をとってくれ!」と叫びます。

その住民に向かい、手を差し伸べながら「任せろ」と答えるキュクロ
2019-01-02_063056
「Before the fall」58話より


すると、家族を巨人に殺された住民達から次々と「仇を取ってくれ」との声が溢れ出します!

それを聞いたキュクロは自分たちの壁外遠征は「彼らの想いを背負っている」と実感します。

「開門!!!」と叫ぶカルロ隊長!
2019-01-02_063115
「Before the fall」58話より


とうとうキュクロ達の壁外遠征が始まり、終わります。
Sponsored Link

◆第58話の感想と考察!

2019-01-02_063056
「Before the fall」58話より


原作「進撃の巨人」の現在の展開は、当初からは考えないくらい「遠くへ」と進展しています。

これはエレンの成長とともに、世界も広がった結果でしょう。

そのため、巨人が人類の天敵であり、一体を倒すのに平均で30名の命が奪われた、みたいな話は遠い昔の話となっています。

ただ、「立体機動装置誕生物語」である、この「Before the fall」は違います。

特に15年前に巨人信奉者によりシガンシナ区は巨人が侵入されており、被害を受けたシガンシナ区の住民の「仇を!」という想いが強く描かれており、これは原作では失われているような気持ちですよね!

人類が敵わない相手「巨人」に挑む調査兵団!

犠牲となった兵士の意志をムダにしないために想いを背負い、巨人に立ち向かう調査兵たち!

初期の「進撃の巨人」を思い出させられる描写ですよね!

スピンオフならではの、ある意味原作の「補完」かなと!

懐かしくも滾る展開ですよ!

さて、最終章となるであろう「壁外遠征」が始まりました。

壁外に向かったキュクロ達には、どのような展開が待ち受けているのか?

見逃せませんね!\(^o^)/

Before the fall57話「遠征の前」の感想考察!
進撃の巨人Before the fallのネタバレ考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ