【進撃の巨人】Before the fallネタバレ56話「夜陰の明徴」の感想考察!

立体機動装置が保管してある整備室にいたシャビィ・イノセンシオ監察役。

彼が立体機動装置に細工した犯人なのでしょうか?

もし違うのであれば、なぜ整備室にいたのか?

56話の内容を見てみましょう!

Sponsored Link

◆「Before the fall」ネタバレ56話「夜陰の明徴」あらすじ&内容!

2018-10-05_073258
「Before the fall」第56話より


カイ達が整備室にシャビィがいる事を発見した場面から始まります。

投げ飛ばされ、頭を押さえているフェリクス

そこへキュクロが顔を出し「もう終わったのか」とシャビィに声をかけます。

「注文の品はそこだ」と目線を下にし示すシャビィ
2018-10-05_073353
「Before the fall」第56話より


そこには数人の訓練兵が眠らされています!
2018-10-05_073456
「Before the fall」第56話より


驚くカイ達!

キュクロは「協力を感謝する」と述べ、シャビィは「用が済んだはずだから失礼する」と答え部屋から出ていきます。

意味が分からないカイやフェリクス

キュクロが明かりを灯し床で眠っている訓練兵が、以前ローザの事をバカにしてカイ達とケンカをした連中だと確認します。
2018-10-05_073535
「Before the fall」第56話より


場面は会議室に移ります。
2018-10-05_073810
「Before the fall」第56話より


調査兵団隊長のカルロ、ホルヘ教官やキュクロ、シャルル、カルディナ達が席についていますが、皆一様に俯き加減になっています。

特に重苦しく俯いているホルヘ教官

キュクロから立体機動装置細工事件の説明が始まります。
2018-10-05_073827
「Before the fall」第56話より


ハーネスの切れ込みよりもワイヤー機構に入り込んでいた鉄片に注目したキュクロは、ワイヤー部分を切ろうとして欠けたナイフの欠片だと気付きます。

立体機動装置本体を普通のナイフで壊そうとしていた時点で立体機動装置に詳しくない者が犯人となると説明し、その時点でシャビィを犯人候補から除外し、協力を求めたと話します。

そして罠にかかったのが一般訓練兵の5人であったと判明します。

彼らの嫌がらせの理由は「嫉妬」であり、自分の不徳が理由であると頭を下げるホルヘ教官
2018-10-05_073843
「Before the fall」第56話より


立体機動装置を訓練できる「特別訓練クラス」に入れなかった悔しさと、クラスに入れたメンバーへの嫉妬が理由だったとホルヘ教官から説明があります。

そこから次の壁外遠征が失敗したら調査兵団が解散となる事実を訓練兵達に明かし「一般訓練クラス」と「特別訓練クラス」合同で訓練をしようとホルヘ教官やキュクロ、カルディナから提案されます。

驚くカルロ隊長!
2018-10-05_073902
「Before the fall」第56話より


アンヘルがシガンシナ区から戻ってきたら相談し決めよう、と受け入れます。

場面はシャビィにお礼を言うために訪れるキュクロに移ります。
2018-10-05_073919
「Before the fall」第56話より


改めてお礼を言うキュクロ

妹シャルルの為だ、と返答するシャビィ

「これは貸しにしておく」と部屋から出ようとするキュクロにシャビィが言い、終わります。
2018-10-05_073936
「Before the fall」第56話より

Sponsored Link

◆第56話の感想と考察!

2018-10-05_073827
「Before the fall」第56話より


原作の小説版ではキュクロに対する嫌がらせとしてシャビィが行っていた立体機動装置への細工ですが、コミカライズ版では「嫉妬による訓練兵」による犯行、という展開となっていました。

「特別訓練クラス」と「一般訓練クラス」とに分かれて立体機動装置を訓練していたために生まれた訓練兵の嫉妬、というのは完全にオリジナルな回収となりましたね!

小説版では全員が訓練兵団所属の訓練兵で、皆と同じように訓練兵のカリキュラムをこなした後にキュクロやカルディナ、ローザが立体機動装置の訓練を非公式に行っていたという展開でした。

むしろ、シャビィ達にはその訓練をバカにされているような展開でした。

原作の展開も面白かったですが、コミカライズ版の展開も良いですよね!

原作と比べて最も改変されたのはシャビィでしょう。
2018-10-05_073353
「Before the fall」第56話より


全く違った存在になっていますよね!

特に最後のキュクロがシャビィにお礼を言う場面なんて、小説版からは考えられないような展開ではないでしょうか?
2018-10-05_073919
「Before the fall」第56話より


ここまで来ると、「Before the fall」は「キュクロとシャビィ二人の物語」という感じですよね!

さて、そろそろ壁外遠征に出る展開が来るのでは!という感じになってきました!

キュクロ達の壁外遠征!

楽しみです!\(^o^)/

Before the fall 55話「虚妄の匣」の感想考察!
進撃の巨人Before the fallのネタバレ考察!
【進撃の巨人ネタバレ全話まとめ】


Sponsored Link

この考察記事を読まれた方には、こちらの記事にも進撃して頂いてます。

2 Responses to “【進撃の巨人】Before the fallネタバレ56話「夜陰の明徴」の感想考察!”

  1. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    キュクロ、カッコいい(*´∀`)

    外伝(スピンオフ)は本編に厚みを与えて、楽しみを膨らませてくれます(*^^*)

    • 管理人アース より:

      立体機動装置誕生の経緯と巨人の子キュクロの話は、本当に本編を補完してくれていると思いますよ!
      この辺りも「進撃の巨人」の魅力のひとつですよね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ