【進撃の巨人】最新刊27巻の発売日12月7日(金)までに抑えるべき考察まとめ!

12月7日が発売日(予定)となっている第27巻ですが、「マーレ編」が終わり新章の始まりとなる巻と言えます。

「パラディ島の3年間編」とも呼べる新章が始まる27巻は、間違いなく進撃の考察好きにはたまらない「答え合わせの巻」になると思われます!

そんな伏線回収が多い27巻を読む前に、抑えておくべきだろうと思われるポイントをまとめてみました!

27巻を読む前に、一読しておきましょう!

ポイントの説明のため、多少27巻の展開が分かる記述となっているので、あしからずですm(_ _)m

Sponsored Link

◆89話冒頭との対比場面が登場!

2018-07-27_045227
「進撃の巨人」第89話「会議」より


22巻第89話は、地下牢に入れられたエレンの元にハンジが訪れエレンをいじる展開から始まります。

いじられたエレンはたまらなくなり最後にはキレる!という展開となり、これは多くの読者も思わず笑ってしまうような流れでしたよ!(笑)

27巻1話目となる107話冒頭は、この流れと対比となるような展開から始まります。

1話目の冒頭を読んで、「あぁ、この流れは22巻との対比になっているんだな」と気付けるように、27巻発売日までに22巻を読み返し抑えておきましょう!

今すぐその場面を確認したい方は107話「来客」あらすじ考察感想!にて確認できますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆東洋の一族伏線が…?

a32330a2
「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


様々な伏線が仕掛けられている「進撃の巨人」ですが、大きな伏線や謎は、物語の進行とともにこれまでかなり回収されてきました。

その中でも未だ回収されていない大きな伏線は第1話タイトル「二千年後の君へ」「いってらっしゃい エレン」「壁の中の巨人」「ミカサの東洋の一族の伏線」でしょう。

この長らく回収されて来なかった2巻第5話に登場していた「ミカサの伏線」に、とうとう動きがあります!

この動きに気付けるように、27巻発売日までに2巻を読み返しておきましょう!

今すぐこの場面を確認したい方は107話「来客」あらすじ考察感想!にて確認できますので、見てみてください!

◆ジークが密告した理由が判明!

2016-11-08_034444
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


21巻86話、22巻87話にてグリシャの過去が明らかとなる展開が登場していましたが、その中で謎として登場したのが「ジークがグリシャとダイナを密告した理由」でした。

これには多くの考察がされてきましたが、27巻1話目となる107話にて明らかとなります!

この回収場面が登場する前に21巻、22巻を読み返しおさらいをしておきましょう!

ジークが密告した理由を今すぐ知りたい方は107話「来客」あらすじ考察感想!にて記載されていますので、見てみてください!

◆ミケの立体機動装置が登場!

kemono
「進撃の巨人」第35話「獣の巨人」より


9巻にてミケは獣の巨人に蹂躙され死亡してしまいますが、その際、立体機動装置を奪われ持ち帰られました。

この立体機動装置がどうなったのか、その後全く登場してきませんでしたが、27巻1話目となる107話にて登場します!

この登場場面で「これはミケの立体機動装置では?」と気付けるように、27巻発売日までに9巻を読み返し抑えておきましょう!

今すぐミケの立体機動装置登場場面を確認したい方は107話「来客」あらすじ考察感想!にて確認できますので見てみて下さい!
Sponsored Link

◆93話との対比場面が登場!

2017-05-08_041359
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


23巻93話で初登場となったポルコですが、その場面ではライナーに喧嘩を売るように絡みながらの登場となっていました。

この場面と対比とも言える場面が、27巻1話目107話にて登場します!

その場面を見て、「この場面は93話のポルコの場面との対比では?」と気付けるように、27巻発売日までに23巻を読み返しておきましょう!

今すぐその対比場面を確認したい方は107話「来客」あらすじ考察感想!にて確認できますので見てみてください!

◆ヒストリアの生い立ちの再確認を!

2015-10-02_051143
「進撃の巨人」第52話「クリスタ・レンズ」より


ヒストリアは王家血統者であり、そのため現在はパラディ島の女王となっています。

しかし妾腹の子だったため、名前をクリスタ・レンズと名前を変え訓練兵団に入れられます。

それまでも母と暮らしますが、かなり酷い育ちとなっており、そのエピソードは13巻にて登場しています。

このエピソードが関わる展開が、27巻2話目となる108話にて登場します!

27巻発売日までに、13巻を読み返しておきましょう!

今すぐ108話の展開を確認したい方は108話「正論」あらすじ考察!にて確認できますので、見てみてください!
Sponsored Link

◆エルヴィンの名言を想起させる場面が登場!

2015-08-07_223559
「進撃の巨人」第72話「奪還作戦の夜」より


調査兵団のカリスマ団長として君臨していた今は亡きエルヴィン団長には、数々の名言が登場していました。

その中でも18巻72話に登場した「地下室に何があるのか?知りたければ行けばいい」「それが調査兵団だろ?」というくだりは、熱く読者の心を震わせる名言であり、名場面となっていました。

現在はエルヴィン団長は死亡退場していますが、この名言を踏まえ読者の心を熱くさせる名場面が27巻2話目となる108話にて登場します!

108話に登場するこの名場面の意味に気付くためにも、27巻発売日までに18巻を読み返しておきましょう!

今すぐ108話の名場面を確認したい方は108話「正論」あらすじ考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆9巻36話のサシャ父の言葉の回収!

2018-09-25_054959
「進撃の巨人」第36話「ただいま」より


9巻36話では、サシャとサシャ父の会話が多く登場しました。

その中にて登場したサシャ父の言葉が回収される展開が、27巻3話目となる109話にて登場します!

さらには36話にて登場したサシャが子どもを助けた展開が、109話にて大きく影響して登場します!

27巻発売日までに9巻を再読し、抑えておきましょう!

今すぐ109話の展開を確認したい方は109話「導く者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆サネスの言葉をチェック!

2015-10-09_192512
「進撃の巨人」第56話「役者」より


14巻第56話「役者」にて罠をしかけ騙し、王を裏切らせたサネスから「頑張れよ」とハンジが励まされるシーンが登場しました。

このシーンを踏まえた展開が、27巻3話目となる109話にて登場します!

27巻発売日までに14巻を読み返しておきましょう!

今すぐ109話の展開を確認したい方は109話「導く者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

◆ミカサが助けた少女の再確認!

2018-02-12_150444
「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


2巻第5話にて、ミカサに巨人から少女が助けてもらうという展開がありました。

この少女とミカサが絡む展開が、27巻3話目となる109話にて登場します!

27巻発売日までに、2巻を読み返しておきましょう!

これまでに102話考察!最後の調査兵を考察!にてこの少女に絡む考察をしていましたが、27巻ネタバレも含むので未読の方は要注意です。

今すぐ109話の展開を確認したい方は109話「導く者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

Sponsored Link

◆ミカサの頭痛を再確認!

2015-06-29_024144
「進撃の巨人」第2話「その日」より


第2話「その日」から登場しているミカサの頭痛ですが、これは何かしらの大きな伏線ではないかと考えられています。

これまでのミカサの頭痛に関してはミカサが頭痛の意味は?結末がループ説の真相を検証!にて考察していますが、27巻のネタバレも含まれているので未読の方は要注意です。

このミカサの頭痛に関連する展開が、27巻3話目となる109話にて登場します!

27巻発売日までに、ミカサの頭痛に関して読み返しておきましょう!

これまでミカサの頭痛が登場した場面は、このようになっています。
  • 第2話「その日」にてエレンの母親でミカサの養母であるカルラが巨人に殺された場面
  • 第5話「絶望の中で鈍く光る」にて避難出来なかった母子を助けた場面
  • 第7話「小さな刃」にてエレンの死を聞いた後にガス切れで落ちた場面
  • 第29話「鉄槌」にて女型の巨人にエレンが食べられるのを見た場面
  • 第45話「追う者」にてライナー達にエレンが連れ去られた事を聞いた場面
  • 第83話「大鉈」にて、アルミンが瀕死の状態になっている所を発見した場面

  • ぜひ、抑えておきましょう!

    今すぐ109話の展開を確認したい方は109話「導く者」あらすじ感想考察!にて確認できますので、見てみてください!

    【進撃の巨人】アニメ3期NHKで7月22日放送決定!
    【進撃の巨人 アニメ】3期1話(38話)の動画あらすじ感想!


    Sponsored Link

    8 Responses to “【進撃の巨人】最新刊27巻の発売日12月7日(金)までに抑えるべき考察まとめ!”

    1. 次列三・伝達 より:

      団長、おはようございます☆
      新記事更新ありがとうございます☆

      まだ110話の内容は分かりませんが本当に回収の多かった一冊でしたね!
      突飛な現状を取り巻く経緯を回収しながらの過去の回収は本当にストーリー性の高さに感慨してしまいます。

      28巻からおそらく新章突入でしょうから、そこに綺麗に繋がる経過やそれまでの回収の次話を楽しみにしています♫

      実はコミックスは買っていませんでした汗
      そろそろ全巻大人買いします。
      伝達班員として正確な情報収集無くしてはいつまで経っても見当違いな考察のままですから汗

      • 管理人アース より:

        >実はコミックスは買っていませんでした汗
        そうなんですか!?
        これは驚きましたよ!
        ブックオフ等でまとめて売っていますし、揃えましょう!
        間違いなく損な買い物にはならないかと!



        管理人アース

        • 次列三・伝達 より:

          団長の原作に忠実な考察記事の賜物です☆

          全てのセリフが掲載されている過去記事以前の初期の頃の情報不足だったので…まあ、あれです…いつかは諫山先生にちゃんと調査費用を納めなきゃと思っていましたのでご勘弁を汗

          • 管理人アース より:

            これから納めていけば、諫山先生も講談社も喜ばれると思いますよ!(*^^*)



            管理人アース

    2. 井筒孝庵 より:

      こんにちは。

      緻密な考察まとめ、いつもありがとうございます。

      旅行をするとき、出かけるまでに、あれこれ準備したり調べたり想像したりするのも自分の大きな楽しみですが、

      考察まとめはそれとよく似た感じで楽しいです(*^^*)

      ・・・

      ミカサの頭痛は、エレン(とミカサ)にとっての一大事で起こっていましたが、

      さりげない第5話での頭痛が第109話のそれに繋がってきていて、

      調査兵団での不協和音が、エレン(とミカサ)にとって、どういう波乱/試練をもたらすのか、あれこれ想像しますが、さっぱり見当がつきません(^-^ゞ

      ではまた。

      • 管理人アース より:

        >調査兵団での不協和音が、エレン(とミカサ)にとって、どういう波乱/試練をもたらすのか
        一時的にミカサがエレンから離れる展開になるのかな?なんて思っています。
        最後には戻ると信じていますが!(泣)
        これからの展開も楽しみですよね!(*^^*)


        管理人アース

    3. Mr.k より:

      先週の進撃のアニメ見てて、現在公開可能な情報のところでアッカーマン一族の血筋で『謎の”目覚め”を経験し、常人を超える能力を獲得するものもいるらしい。』って書いてた。『もいるらしい』ってことは目覚めを起こさない人もいるってことでしょうか?

      ミカサ父、クシェル・アッカーマン

      • 管理人アース より:

        確定していないことと、仰る通りミカサ父やクシェル、もしかしたらケニー祖父の事を指しているのかもですね!



        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ