進撃の巨人の作者「諫山創先生」の情報

【進撃の巨人】作者諫山創先生の絵は上手いのか?読み切り版も踏まえ検証!

アース
アース
我らが進撃の巨人の作者「諫山創先生」の絵について徹底検証します!

「進撃の巨人の絵は下手だ」と、現在でもネット上で取り上げられているのを見かけます。

「進撃の巨人の絵は見られたものではない」

「下手すぎてワロタ」など。

絵の評価は人それぞれだと思いますが、そんなに「進撃の巨人」の絵は下手なのか?

それともよくある根拠のないネット上での噂なのか?

1巻から順番に検証し、さらに0巻まで見てみましょう!

アース
アース
コメント欄で進撃の巨人ファンから「進撃の巨人の作者の絵」についての評判を多数いただきました!
いつもコメントありがとうございます!
コメント欄もご覧いただくと面白いかと思いますよ!

◆「進撃の巨人」の絵は上手いのか検証!

2015-07-03_044336

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

第1話の絵はどうでしょうか?

全体として見られなくは無いけれど、プロの漫画家としては決して上手くはない、と感じられます。

デビュー作品なのでこの時点では、プロの漫画家と言ってもいわゆる何年もそれで飯を食っている作家ではありません。

と考えれば、「あまり絵が上手くは無い作家」くらいでも自然でしょう。
2143464334-0

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

ただ、この時点でも部分部分見ていくと「お!上手くはないけれど迫力があるな」と感じられる絵が散見されます。

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

>>第1話ミカサの「いってらっしゃいエレン」の伏線を考察

1話時点ではあまりうまいとは言えないが見せ場では迫力を感じる

明らかに「ここは見せ所」という場面の絵には、力強さが感じられます。

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

これは30巻まで進んだ現在でもそうですが、見せ所の絵にはやはり注力されていたのが第1話からもうかがえますね。

ただそれ以外の絵は、明らかに「下手」と評価しても良いかなと(・_・;)

昔は画力がコマによってムラがあった

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

このミカサの腕は、ちょっとヤバすぎですよね(笑)

力を込めていない、注力されていない小さなコマの絵は、かなりヒドイように感じます。

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

これはもともと諫山先生は「ネームが面白ければそれで良い」という考えをもたれていたからだと、インタビューで答えられています。

つまりは「面白い展開が出来ていれば、画力は問題ではない」という考えだったということでしょう。

ただその考えは間違っており、アシスタント時代に画力はネームと同じくらい重要だと気付いた、とも語られています。

それでもやはりすぐに画力が付く訳もなく、デビュー当時はどうしても見せる場面と下手な場面とでムラができてしまっていたということでしょう。

>>「2000年後の君」がだれなのかを考察【進撃の巨人の伏線】

中盤あたりから安定した画力になって上達してきた

ただこれは個人的な見方になりますが、10巻くらいには安定感が出てきます。
yumiru

「進撃の巨人」第40話「ユミル」より

細かいコマでも決して下手ではなく、安定した絵柄になっています。

そして20巻くらいには普通に上手い画力を持った作家と言えるくらいになっています。
2016-05-07_033940

「進撃の巨人」第81話「約束」より

そして現在最新刊30巻では…ハッキリと「絵が上手い作家」の部類に入るのでは、と感じられます。

「進撃の巨人」第122話「二千年前の君から」より

もともと迫力のある絵を描かれる諫山先生ですが、そこに画力、技術が加わりハッキリと「上手い絵を描く作家」になったと言えるでしょう。

10年でこんなに変わるんですね~。

諫山先生の努力の賜物なのでしょうが、やはりマンガを描く事が好きなんだろうなと感じますよ。

さて、ここまでで諫山先生が「もともとは絵が下手だったけれど、現在はかなり上手い絵を描く作家」であると判断できました。

ここからさらに、1巻よりも前に描かれた0巻を見てみましょう!

>>「2000年前の君から」で10年越しの伏線回収の解説

◆進撃の巨人0巻の存在から絵が下手という噂を検証!

2016-02-17_050607

「進撃の巨人」0巻より

「進撃の巨人」0巻は、アニメ「進撃の巨人」DVD&Blu-ray第1巻の初回特典として収録されている作品であり「進撃の巨人」読み切り版です。

0巻については進撃の巨人0巻の考察あらすじまとめ!にてまとめていますので、見てみてください!

2006年のマガジングランプリへの投稿作として描かれた未発表作品となっているので、デビュー前でもありかなり荒削りな絵となっています。
2016-02-17_050421

「進撃の巨人」0巻より

ネット上で「諫山先生の絵が下手」という記事にこの時の画像が表示されることもあり、もしかしたら0巻時点での絵から「絵が下手」と判断されている方もいるかもですよね!

たしかにこれを見ると…下手と言い切られてしまうでしょう(;´Д`)
2016-02-17_050731

「進撃の巨人」0巻より

いっぽうでこの絵から3年でここまで成長し

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

さらに10年でここまで画力が伸びた諫山先生の努力は凄まじかったのだろうな、と察しますよ。

「進撃の巨人」第124話「氷解」より

画力以上に伏線、物語作りの方が大変だったはずでしょうし…

間違いなく諫山先生は努力家なのだろうな、と感じましたよ。

今回の考察で、諫山先生はもともと絵は上手ではなかったけれど凄まじい努力から、現在では「絵が上手い作家」であることが分かりました!

今年中に完結する最終展開での「見せ場の絵」がどんな描写なのか、今からむっちゃ楽しみですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人全話まとめ】
アニメFINALSeason情報!
32巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
128話あらすじ!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 文鳥ひとり旅 より:

    団長お疲れ様です。

    最初の頃の諌山先生の絵ってバランスとか人物の大きさが不自然なコトが結構ありましたよね。特にエレンとアルミンとミカサの三人、誰が一番背が高いんだよっ!って突っ込むこともw
    でも、自分的にはその不安定な構図がループ説を含む不安定な世界観を見事に現している風に感じていました。
    でも、最近はそんなグラっとした描き方がないので、思い過ごしだったのかな。
    自分的には、初期の不安定な読み手がめまいを起こすような絵が好きなんですよね〜w

    • >その不安定な構図がループ説を含む不安定な世界観を見事に現している風に

      面白いですね!
      管理人アースも初期の頃の絵も好きですよ。
      今の絵も進撃に合っているし味があるので好きですが。
      この絵にしてこの物語あり、って感じですよね(*^^*)

      管理人アース

  2. SINYA-F より:

    サイトのリニューアルお疲れさまでした。先月頭から繋がらないと思ったら……ひさびさに拝読できてうれしい限りです。

    『進撃の巨人』が傑作であることを前提として言いますが、諌山先生の画力は「美人すぎる沢口靖子・新垣結衣の演技」であり「芝居がうますぎる小林聡美・安藤サクラの顔」だと思います。両者とも酷いわけではないのに、長所が際立ちすぎているから、それには及ばない部分の悪口を言いたくなる。

    アニの復活場面の絵はすごい画力ですね。ただ、これほどの漫画だと凄腕のアシスタント志願者が何重にも列をなしたことでしょうから、次第に画力が上がってきたように見えるのはそのせいかなとも……ヘタと言うよりは初期は雑だったのを、アシさんたちが完成度を高めているような。

    ただ、画力と表現力はまた別で。当初から諌山先生、メリハリのある的確な表現をされていました。ヘンなところで大ゴマを使わない、1コマで済む表現を2コマに分けたりしない……たとえば『美〇し〇ぼ』の作画担当はわかりやすい達者な絵を描くけど、わりと近年のやつはコマ割りのバランスが悪いと言うか。みんなが論争しているコマがあって、その後に栗田さんだけのコマがあって「試してみましょう」とひと言だけ。社主が驚いて黙り込んでいるコマの次に、ほとんど同じ表情で「何だって?」とひと言だけ発してるコマ……

    諌山先生は画力より何より表現力が卓抜しています。意図がしっかりしていて、それが伝わる。ライナーが自分とベルトルトの正体を明かすところ、あんなコマの端っこで……ああいう作りがすごいなって思います。あれはアシさんではなくご本人の仕事だし。

    最近はうまいけど、ちょっと力が入り過ぎかな、と思うところも。ほとんど好き嫌いの問題ですが……クサヴァーさんが出てきた回の、怒鳴られて唇を歪めながらベソをかくジーク。あの口もとは嫌いだけど、心境がビンビン伝わります。オニャンコポンが裏切り者扱いされそうになって弁明しているときの、両手を広げている仕種……なんかわざとらしい。あと、ピークちゃんの顔が場面によって変わり過ぎ……

    ただ、フォローじゃないけど、諌山先生の描くキャラの顔や表情はどれもすごく魅力的なんですよね。超男前じゃないけど華があったり、馬面だけど人間臭さがあふれていたり、女顔の男でも軟弱さより聡明さが感じられたり。リヴァイは他の漫画だったら人気の出る顔じゃありません。でも描き方がうまいからファンが多い。ヘタと言われていた頃から、ミカサやアニはきちんと「美人」に見えてたし。ずっと読んでて問題だと思ったのは、巨人同士のレスリングで何描いてるかわかんなかったところぐらいでしょうか。

    万人に受ける絵ってないんだろうなあ……うまくてもリアル過ぎて気持ち悪かったりして。ドラマが好評だった『テセウスの船』の原作漫画を読みましたが、最近の漫画家さんは「絵は二の次」の人が多いのかなと……諌山先生はともかく作画にも魂が入っているのが感じられます。

  3. 17期卒現役調査兵 より:

    こんにちは!

    サイト、スマートな感じでいいですね。
    最新の記事が増えたり、記事が検索できたり色々と前よりも使いやすくなりましたね!

    諌山先生の絵については私も同じ感想です。
    段々と上達してきたなと言う印象です。

    確か「進撃の巨人と解剖学」とかなんとか言う本がありましたよ。
    昔、本屋で見かけました。
    諌山先生の絵に関する内容だったような…

    • 進撃の考察本はけっこうありますよね。
      管理人アースも1冊は購入して、サイトを作る前は読み込んでいました(笑)
      絵に関する考察本もあるんですね!
      面白そう!

      管理人アース

  4. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。
     サイトを新しくされたのですね。お疲れ様です。

     諫山先生は画が下手なのではなく、不器用なのでしょう。
     これは素人意見です。漫画は画の技術力が高い事が大前提です
    が、物語の創作力は更に重要な要素だと思います。諫山先生は物
    語を複雑に構築し、そこに人物の感情を織り交ぜる高い表現力を
    お持ちです。

     画は描かないと描けなくなりますが、毎日描いていれば確実に
    洗練されます。
     第一話では表情の変化が少なかったのに、話数を重ねる毎に
    表情の変化が細かくなっています。喜怒哀楽しかなかった、寧ろ
    “怒”だけが突出していた表情が、バリエーションに富むように
    なりました。表情の変化の幅が、メートル単位からミリ単位で変
    化するようになったと言うべきでしょうか。表情自体の描写力も
    第一話と比べて飛躍的に洗練されています。
     人体の描き方や人体比率には今でも時々気になる部分はありま
    すが、表情の描き方は決して下手では無く、寧ろ秀逸です。

     想像ですが、諌山先生は人物、特に人体を描くのが苦手なので
    はないでしょうか。絵は趣味以上になれず、今では描いていない
    私が言うのはおこがましいですが、人間に酷似しているが人間
    ではない『無垢の巨人』を描くには、寧ろ人体を正確にデッサン
    出来る人には難儀です。わざとらしくない歪さを描くのは難しく、
    ただ大きな人間を描くだけでは『無垢』の恐ろしさを表現出来ま
    せん。デッサン力不足という短所が、『無垢』の特徴を最大限に
    表現し得る長所になったと思います。これでは褒め言葉になりま
    せんね・・・。

     失礼致しました。

  5. 普通の東洋人。 より:

    『画力に難があるのに大ヒットしたマンガ家』
    といえばさくらももこか諫山創かというくらい、初期の頃は絵に関して、半分ネタになってましたね。
    当時よその進撃サイト(スミマセン💦)のコメント欄で実際に、①スピンオフ作品「絵は原作者よりも上手いぞ」、②ザックレーの芸術品「先生は力入れるとこ間違えてる」、はては③「諫山は死体の絵がすごく上手い」というのを読みました、どんなマンガ家かという(笑)
    しかし、諫山先生が不出世の漫画家であるのは紛れもない事実、進撃の巨人の魅力は一晩やそこらでは語り尽くせません!
    スケールの大きな世界観や、独創性や、練られたストーリー展開など、人によっても様々でしょうが、私は、繊細な心の機微を紡ぐ表現力を推したいです。
    単純な喜怒哀楽じゃない、白黒だけの善悪でもない、人間が生きてる限り必ず生じる諸々の感情が描かれて、それが画力の向上とあいまって、連載を重ねるごとに深くなって。
    88話『進撃の巨人』のラスト、グリシャがキースの背の自由の翼を見上げた表情、あれはアニメでも再現できないだろうと思いました。 そのくらい心を鷲掴みにされました。
    元々の非凡な想像力に加え、思い描いた世界をそのままに描ける諫山先生、ラスト間際になっても更に、進撃の巨人は面白くて仕方ないです!

    • 進撃の魅力は語り尽くせないですよね❗
      たしかBeforethefallの帯で諫山先生が「こっちの巨人はキレイです」と自虐推しをしていたのを覚えています(笑)でも当時から進撃の巨人の方が好きでしたが。
      また
      進撃の魅力をまとめた記事を作りたいですよ❗

      管理人アース

  6. 馬来熊 より:

    なんちゅう畏れ多い記事を……
    進撃の巨人は構図やコマ同士をつなぐテンポが好きで、何度も見返してしまうところがいくつもあります
    特にシガンシナ決戦編でリヴァイが獣の巨人に襲いかかるところは最高ですね
    1コマ1コマじっくり何度読んでも唸ります

    • シガンシナのリヴァイシーンは最高ですよね。管理人アースも大好きです(*^^*)
      違う意味でミカサの壁での「生きてる・・・」シーンも大好きで。
      仰る通りコマの間みたいな感覚が最高ですよ❗\(^^)/

      管理人アース

  7. HN忘れた より:

    ー追伸ー

    新しいサイトは、インターネットエクスプローラでも普通に見れました♪

  8. 和銀 より:

    アース団長 リニューアルおめでとうございます
    リニューアルと解らなくてTwitterにコメント書いてしまいました 多少被りますが よろしくお願いしますはっ!
    漫画はネーム て良くいいますし車田正美先生も子供からの質問に「絵は上手くなくていい」と答えてらして私もかなりそう思っていたのですが パックさんのインタビューによると一年間デビューまで”はじめの一歩”で摸写を練習されたと聞きまして 自分のネームを生かすにはそれなりの画力が必要で 先生も頑張られたんだなと改めて思いました アニメから入ったせいか原作のテンポの良さや引き込まれるセリフそして私が何より引かれたのは絵ではなくて 漫画から伝わってくる 熱でした 私のスマホカバーのミカサを見た人が前期のミカサと後期のミカサを見て同じ人?と言われ😭ちゃんと上手くなってることを伝えて置きました 私は進撃の巨人は先生の 情熱 若さ その時にしか描けなかったであろう勢い の賜物で 本当に作品として始まり先生と共に段々微妙な表情や場面 何かが熟し成長していくように絵もかなり努力されて もともともってらしたネーム力に追いつくように上達されたのではないでしょうか?
    今でも熱く一生懸命描かれている姿が想像されますし この作品を世に出して下さった別マガに感謝です 私は何度も泣きながら救われました ラストはどうなるか解りませんが 進撃の巨人展ファイナルの最後のインタビューで「後悔させません」とおっしゃっていたと思うので先生を信じてラストを待ちたいと思います
    団長様もお疲れが出ません様に ご自愛くださいませては はっ!

  9. 通りすがり より:

    まさか画力問題に正面から突っ込んでくるとは(笑)

    どちらかといえば、しっかり描き込めば昔から上手かったのですが、昔は描くスピードが足らずに雑になっていたというイメージですね。例の超大型巨人が頭を出す絵は序盤も序盤ですがすごく上手かったのに、その後にジャン達が追い詰められているときの巨人は雑でしたから。

    しかし、雑ではあっても、昔から凄みのある絵を描かれていて、雰囲気の再現はバッチリであり、単純な画力以上に大事なことなのだと思いますね。

    そして、今の時代、少年誌、青年誌はともかく、大人向けやネット媒体であれば絵が下手な漫画家はそれほど珍しくなく、また絵が下手であっても面白くて売れているものがいくつも思い当たります。漫画も絵以外で売れることができる時代になっているのでしょうね。

    • >雑ではあっても、昔から凄みのある絵を描かれていて、雰囲気の再現はバッチリであり、単純な画力以上に大事なことなのだと
      仰る通りですね。
      作品のイメージ、雰囲気に合っている絵というのが魅力ですよね!

      管理人アース

  10. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    ここ数日、なんだかサイトの表示がいつもと違うなぁと思っていたら、リニューアル工事をされていたんですね。
    前よりもすっきりと見やすく素敵なデザインになりましたよ♪

    最近、進撃以外の漫画をほとんど読んでいないのですが、他の少年誌(青年誌)も含めて作画が上手でなくても人気作品は存在します。
    キングダムやONE PIECEなんかは、その最たる例かと思います。

    今は作者の絵柄云々よりもストーリー性が重要視される時代なのだなぁと感じます。
    自分は元々絵柄に惹かれて進撃の世界に引き込まれたのではないので、最初からこの絵でも抵抗は感じていませんでした。

    ただ、こうして改めて1話から順に絵柄変遷の歴史を辿っていくと、女型の巨人編あたりから段違いに作画が向上していますね。
    その技術は王政編、シガンシナ区決戦編を経て進化を続け、現在では進撃が作画の下手な作品と思う人はそうはいないでしょう。

    進撃の世界観自体がファンタジーだった事もあり、作画用の資料集めも大変だったと思います。
    ゲーム等に登場するモンスター然とした巨人ではなく、人が巨人化した巨人を描くのですから諫山先生の努力は相当なものだったと思います。

    この作画技術の向上によって、これまで読み取れなかったキャラの心情描写等が鮮明に描かれるようになった事は大きいですね。
    絵の個性が強過ぎてなかなか模写出来ずに苦労していますが、いつか自分も進撃キャラのイラストを公開出来るようになれたらと思っています。

    • >前よりもすっきりと見やすく素敵なデザインになりましたよ♪
      ありがとうございます!
      デザインもですが、記事のまとめも兼ねています。
      現在1300以上の記事があるのですが、それを上手く辿れるようにまとめているところです。

      >いつか自分も進撃キャラのイラストを公開出来るようになれたらと
      良いですね!
      Twitterで巴里さんの昔のイラストを見た記憶があります。
      絵心がある人が羨ましいですよ(;´Д`)
      ぜひいつか見させて下さい!

      管理人アース

  11. HN忘れた より:

    こんばんわ

    サイト、かっこよくなりましたね。
    「いいです、ヒジョーにいい」(同期のサクラ風に)

    進撃の1巻をたまに見返すと、同じ漫画とは思えません。

    でも、デビュー作と10年選手では全然違って当然です。

    デビュー作を休まず続けて10年選手であることが、何よりも素晴らしいと思います。
    線の書き分けや、トーンの使い方など、アシさんたちの力も大きいと思います。
    たくさんのことを吸収し、進化の止まらない10年だと思います。

    なお、諌山先生はかなり伏線を張るので、わざと人物の存在をぼやかしていることが多いと感じます。
    逆に、力を込めて主張する部分は「これでもか」という熱量が伝わってくるような人物描写になっていますから。

    元気で、ラストまで書き上げてくださるのを、楽しみにしています。

    最終回は2冊買って、1冊は保存用にしようかな。

    • >最終回は2冊買って、1冊は保存用にしようかな。
      ホントですね。
      来年の今頃は最終巻待ちになっているのでしょうか?アニメもFINALSeason2クール目待ちとか…
      その頃の絵も楽しみですね(*^^*)

      管理人アース

  12. ユミル・イェーガー より:

    団長 サイトリニューアルしたんですね。
    新鮮な気持ちでコメント書いてますっ( ´∀` )

    さて 諌山先生の画力に関してですが・・・
    累計1億部越えの大先生に、画力についてのコメントなど・・・
    でっ・・・できま・・せ・・んんん・・・

    ただ・・・
    これは誰??? 的なのはナシにしていただければと。。。

    個人的には先生のタッチは好きですし、この物語にとてもマッチしていると思います。
    粗さ加減が というか下手さ加減が( ´∀` )
    スミマセン・・先生・・(笑)

    最終回のラストカットは別マガから切り取って額に入れて家宝にするつもりですっ!!!

    佐藤タカヒロ先生のことを思い出すたびに 是非とも最終回まで体調など崩さぬよう気を付けて頂きたく思います。

    • >団長 サイトリニューアルしたんですね。
      そうなんです。
      最初はとまどうかもですが、よろしくです!

      >先生のタッチは好きですし、この物語にとてもマッチしていると思います。
      そうなんですよね。物語にマッチしている絵柄ですよね。
      そこが一番大事なのかもと、みなさんのコメント見て感じています。

      管理人アース

  13. 次列三・伝達 より:

    団長、新記事ありがとうございます☆

    団長の仰る通り、現在は比類なき画力であり、我々ファンとしてもその新しい一コマ一コマを見たくて一ヶ月間ウズウズしています☆

    元々のストーリー性やネーム等でも、沢山の方が「この人には勝てない」と漫画家の夢を諦めたと思います。

    諫山先生はその人達の夢も全て背負って、一生懸命書かれていると、紙面から我々にも伝わって来るので、だから余計に凄く応援したくなるんですよね☆

    団長も、サイトリニューアルおめでとうございます☆

    諫山先生も進撃の巨人も団長も団員の皆様も、そして私も、日々一歩一歩着実に進撃していますよね♪

    これからも頑張って行きましょう☆

    • >団長も、サイトリニューアルおめでとうございます☆
      諫山先生も進撃の巨人も団長も団員の皆様も、そして私も、日々一歩一歩着実に進撃していますよね♪

      ありがとうございます!
      諫山先生と同列はむちゃ恐縮ですが、最終話に向けて走り続けたいと思っています!
      これからもよろしくです!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です