リヴァイ・アッカーマン

【進撃の巨人】リヴァイ兵長の傷包帯から座標でエレンと会話したか126話を検証!

「31巻コミックスで描写ミスかチェック!」を追加しました!

126話で登場した包帯ぐるぐる巻の兵長に、ショックと安堵を覚えた数多くのリヴァイファンがみえるでしょう。

管理人アースもそんな一人で「兵長が欠損した指を見ていたのは『まだ戦える』と思っている場面」と考察をし、テンションを上げたりしています(笑)

そんな126話のリヴァイ兵長ですが、ある疑惑が登場しています。

「リヴァイ兵長の顔を覆っている包帯は、誰が巻いたのか?」という問題です。

ハンジじゃないの?と思った人は、ぜひ読み返してください。

ハンジは巻いていません。

じゃあ誰が?

結論から言うと、管理人アースはエレンだと予想しています。

それも「座標で巻いたのでは」と、予想しています!

もしくは「諫山先生のミス」かも…ですが(;´Д`)

エレンなのか、諫山先生のミスなのか?

検証してみましょう!

◆126話リヴァイ兵長の包帯は誰が巻いたのか?

2020-02-19_053914

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

リヴァイ兵長の包帯は誰が巻いたのか?

おそらくほとんどの方が「ハンジでしょ?」と答えるでしょうし、管理人アースもそう認識していました。

しかしフクシアさんのコメントを見て読み返し、違う事に気付いたのです。

まずはフクシアさんのコメントを見てみましょう。

エレン放送までは縫った傷が見えていた兵長が、放送後に起き上がった時には包帯でグルグル巻きになっているのは、なぜでしょう??
まぶたまでは縫っていないように見えたので、兵長の右目が無事どうかすごく心配しています。片目では戦えないですもんね。

これ、一瞬意味が分からなかったのですが、読み返して分かりました。

まず、ハンジさんが傷を縫っています。
2020-02-19_054518

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

この時には包帯は巻かれていません。

そしてエレン放送が起こります。
2020-02-19_054211

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

エレン放送が終わっていますが、まだこの時でも兵長の包帯は巻かれていません。
2020-02-19_054236

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

そしてハンジが振り返ると兵長の包帯が巻かれています。
2020-02-19_053914

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

この描写からだと、少なくともハンジが包帯を巻いてはいなかった事だけは確実だと分かります。

これ、フクシアさんに指摘されなければ、気付かなかったですよ。

フクシアさん!

素晴らしい考察をありがとうございます!

ちなみにおっしゃる通り、コマによっては兵長の右目自体が縫われていないように見える所もあるので、戦闘可能であり復活することを信じましょう!

では、ハンジさんが巻いていないのであれば、誰が巻いたのでしょうか?

可能性は二つある、と感じています。

「諫山先生の描写ミス」「エレンが巻いた」です。

それぞれ考察してみましょう!

◆リヴァイ兵長の包帯は座標でエレンが巻いた、という伏線なのか?

2020-02-19_203006

「進撃の巨人」第116話「天地」より

まず「諫山先生の描写ミス」から検証してみましょう。

これまでにも「描写ミス」と言われる場面はいくつかありますし、最近では「エレンのズボン」がありましたね。
2019-07-09_055641

「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より

116話で顎の巨人に両脚を捕食されたエレンの再登場時に靴を履きズボンが切れていなかったのは、明らかな描写ミスだと言えるでしょう。

以前では本誌掲載時のキース教官には無かったヒゲが
2015-12-10_041818

「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

コミックス掲載時で修正されていたりとかもありましたね。
2015-12-10_041841

「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

もしかしたら今回のリヴァイ兵長の包帯も、単純に巻く描写を入れるのを諫山先生が忘れていただけかもしれません。

そうだとしたら、コミックス掲載時に修正が入るかもしれませんね!

いっぽうで諫山先生の描写ミスではなかった場合はどうなるでしょうか?

「伏線」ということになりますよね。

どのような意味を含んだ伏線ということになるのか?

「リヴァイ兵長が座標に行った際にエレンと会い包帯も巻いてもらった」という展開を予想します。

まず、リヴァイ兵長も座標に行っている事は間違いないでしょう。
2020-02-19_054211

「進撃の巨人」第71話「傍観者」より

123話で同じアッカーマン一族のミカサも座標へ行った描写があり、エレンの声を聞いています。

ここからも、リヴァイ兵長が座標へ行きエレン放送を聞いた事は間違いないでしょう。

この時に実は、リヴァイ兵長はエレンと会った、という展開は無いでしょうか?

つまり、エレンとジークがやり取りをした座標付近の砂場で兵長とエレンが話をし、その際に包帯を巻いてもらったという展開です。
2019-09-06_060105

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

時間を超える場所であることは明らかとなっているので、これは可能でしょう。

もしこの予想が当たったとしたら、気になるのは「急にリヴァイ兵長に包帯が巻かれている事をハンジが気にしていない」事です。

これはもう「記憶改ざん」という展開となるでしょう。

「兵長の包帯は自分が巻いた」とハンジの記憶をエレンが改ざんしたことになります。

としたら、エレンとリヴァイ兵長が会話をした事実をエレンが隠したい、内緒にしたいから改ざんしたことになるので、何か兵長とエレンの間で密約っぽいことが行われたと察せられます。

それは何かと考えると、目覚めて第一声に言った「獣のクソ野郎はどこだ」が意味深になります。
2020-02-19_053914

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

初読時に「エレン放送を聞いているであろうリヴァイ兵長が地鳴らしを実行するエレンよりも、ジークを倒す事を優先するなのか?」と感じましたが、座標でエレンと会話をした上で「ジークを殺す」事を目的としているのであれば納得できます。

ここからは完全に妄想ですがこれまでの考察を元に、管理人アースの座標でのエレンとリヴァイ兵長の会話をイメージしてみます。

◆座標@エレンと兵長の会話を妄想!

2020-02-19_054211

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

寝転んだまま、砂浜の上でエレン放送を聞いているリヴァイ兵長

放送が終わり、エレンの目的がパラディ島の皆のために地鳴らしを実行し世界を滅ぼす事であったと分かります。

リヴァイ兵長
「誰も頼んでねぇのに一人で動きやがって…」

「あいつ…俺たちの為にクソ野郎になっていやがったのか」

飛行船で再会した際のエレンの目つきを思い出す兵長
2020-02-19_204027

「進撃の巨人」第105話「凶弾」より

地鳴らし自体はクソ野郎の行ないだけれど、その目的が島のためだったと分かりエレンの見方を改めたようなリヴァイ兵長。

周りにたくさんいたユミルの民はいなくなり、砂浜には自分だけが寝転がっている事に気付きます。

無音な辺りに、ザッザッっと響く足音。

誰かが近付いていきます。

エレン
「二人だけで話たかったので、兵長だけに残ってもらいました」

「お久しぶりです。兵長」

「だいぶ…重傷なようですね」

リヴァイ兵長の顔を見て話すエレン。

長髪になっているけれど、4年前と同じ真っ直ぐな瞳を見て「変わっていない」と感じる兵長。

リヴァイ兵長
「大したことはない。俺のミスだ。」

「実際、まだ戦えると俺は感じている」

欠損した指を見ながら答えるリヴァイ

そして続けます。

リヴァイ兵長
「それよりもどういうつもりだ。」

「世界を滅ぼすとは、本気で言ってるのか?」

エレンを真っ直ぐ見つめ問うリヴァイ兵長

鋭い目付きの上官の目を真っ直ぐ見つめ返し、答えるエレン

エレン
「はい。島を守るためです。」

「ただし、兵長には今後の計画も話しておきたいので、聞いてください」

今後の作戦を打ち明けるエレン

それを聞き納得する兵長

そしてエレンは最後に言います。

エレン
「これから兵長にも、皆のところに戻ってもらいます。」

「ハンジさんも戻ったばかりのタイミングに戻ります。」

「最後に、ハンジさんが縫った傷を守らせてください」

リヴァイ兵長の顔を包帯で巻くエレン

傷口が完全に見えなくなります。

エレン
「ハンジさんには違和感を覚えないよう『包帯は自分が巻いた』、と思ってもらうようにします」

「兵長、目的はジークを倒すことです。」

「エルヴィン団長との約束もですし、達成してください」

そのまま現実に戻るリヴァイ兵長

目を瞑ったまま、思います。

リヴァイ兵長
「お前に言われなくてもなぁ…俺は誓ってんだ」

「あいつと…」

エルヴィンとの約束をした場面を思い出す兵長

ハンジ
「リヴァイ!!」

自分と同じ、唯一の生き残り幹部であるハンジの声を聞く

懐かしい声に体を起こしハンジの方向をむくリヴァイ

エレンとも打ち合わせした通りの約束をつぶやきます。

「獣のクソ野郎は…どこだ」
2020-02-19_053914

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

このような展開があったのではと妄想します!

さすがに妄想が過ぎるようにも感じますが、もしリヴァイ兵長の描写ミスではなかったらこれくらいの展開を表す伏線なのではと察せられますよ。

今回の考察でリヴァイ兵長の包帯が突然登場したのは、「諫山先生の描写ミス」「座標でのエレンとリヴァイ兵長の会話伏線」であると予想できました!

さてさて、どちらの展開が来るのか?

要注目ですよ!\(^o^)/

◆31巻コミックスで描写ミスかチェック!

「進撃の巨人」第31巻より

31巻が4月9日に発売となり、リヴァイの包帯が巻かれているタイミングをチェックしました。

結果、本誌掲載時と変わっていませんでした。

つまり、エレン放送のタイミングでも巻かれておらず、起き上がったリヴァイにいきなり包帯が巻かれているという描写となっていました。

修正は入っていませんでしたね。

もちろん、エレンのズボンと靴のように修正を入れなかっただけかもしれません。

ただもしかしたら、本当にリヴァイとエレンが会話をしていた、という気もしています。

エレンのズボンと靴の修正は、もしこれを全て修正しようとするとけっこうな量の手直しになっただろうと察せられます。

そこから、「時間的に間に合わなかった」のかもしれないなと。

しかし今回のリヴァイ兵長の包帯は、一、二箇所修正を入れるだけです。

寝ているリヴァイ兵長の小さな顔に包帯を入れるだけです。

いっぽうで31巻では、エレンの表情の改変があったり

「進撃の巨人」第123話「島の悪魔」より

フロックの髪を入れたりと、かなり作画の改変と修正がありました。

「進撃の巨人」第126話「矜持」より

この辺りの改変は31巻最新刊あらすじ感想と考察まとめにてまとめてありますので、見てみて下さい!

逆にこれだけの修正と改変があったので、リヴァイ兵長の包帯を入れる時間すら無かったのかもしれませんが、どうでしょうか?

「敢えて修正しなかった」「間違いではないので修正する必要がなかった」とも感じられます。

となると…

エレンとリヴァイ兵長が座標で会っていたのか?

本当に、エレンに包帯を巻いてもらったのかも!

兵長とエレンの再会場面は、要チェックですね!\(^o^)/

126話考察!歯磨きハンジとピークの会話から巨人化できないのか検証!
126話考察!ジーク死亡?ハンジの始祖が取り込んだ説を検証!
126話考察!夜ジャン部屋に映る影の正体から端折られた場面を妄想!
126話考察!イェレナを条件にしたマガトの真意を予想!
126話考察!リヴァイの指欠損とピークフィンガーから目的達成できるか検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 普通の東洋人。 より:

    エレン不器用そうなので(あくまでイメージです)、怪我した側と反対に巻いたり、兵長を怪奇ミイラ男にしてしまい「もういい、自分でやる💢」と座標に来てまで兵長に怒られる所まで私も妄想が止まりませんでした…😅

    • 管理人アース より:

      >「もういい、自分でやる💢」と座標に来てまで兵長に怒られる所まで私も妄想が止まりません
      おお、共有していただきありがとうございます!
      さらに妄想膨らんでいるじゃないですか(笑)
      こういう「このコマの先にはこのような展開が含まれているんじゃ…」という予想(妄想)たまんないですよね\(^o^)/

      管理人アース

  2. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    みなさん細部までよくご覧になっていると感心しきりです。

    他の漫画では、「作画ミスですね」で終わるに違いないのに、考察したくなる進撃って、凄いですよね。しかもありかも知れないですもんね。

    ああ、終わってほしくないなー。

    兵長の包帯の件は、座標では有機物の修復や、作成は実施していても、包帯という無機物は、お持ち込み以外にはないんじゃないのかなとか思います(服や、始祖ユミルのバケツは最初に装備されていたからあり)。エレンは兵士なので包帯を常に常備しているかもですが。

    面白い考察ありがとうございました。

    • 管理人アース より:

      >ああ、終わってほしくないなー。
      本当にそうですよね。
      このような妄想、予想ができなくなるのか本当に寂しいです(泣)
      でも最終話も見たい、落とし所を見たい、というジレンマに陥っており、でも終わってほしくない…

      管理人アース

  3. 井筒孝庵 より:

    おはようございます。

    まず、とても細やかな観察力に脱帽です、凄い(≧∇≦)

    マイ解釈ですが、あおぞらバードさんのご意見と同じくで、横線のコマで時間が経過していて、続くコマの中での小さな部分での描写なので、ラフに描いているか適当に省略しているんじゃないかと。

    ーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      トピックのお題/考察との関連ということで、

      《問》 リヴァイは座標でエレンと意思疎通できるのか?

      《答》 エレン放送の時、ユミルの民が座標(基準座標系の原点)に繋がっている、到達していることに間違いはないところです。一方で、座標でエレン、或いは始祖ユミルと「意思疎通」できるかどうか? は、別の問題として分けてみたいと思っています。

      ・・・

      座標で意思疎通できた事例としては、ジークとエレンが接触して、座標、つまり始祖ユミルに到達したというもの。

      その時は、始祖ユミルが王家に呪縛されていたので、意思疎通のハードルが高く、王家の血統(ジーク)による命令か、始祖ユミル自身が送り込んだエージェント(エレン)との対話。

      また、その時、座標でエレンとジークが対話できているので、座標に到達すると意思疎通できるという見方も成り立ちそうですが、一方で、ジークとエレンには、二人とも「知性巨人」である共通項があり、同時に王家血統と始祖の巨人ホルダーの「組み合わせ」であるという特殊な条件があり、意思疎通するには、一定の「条件」を満たす必要があるかにも思われます。

      ・・・

      座標に接続されてはいても意思疏通できていない事例は、たくさんあって、

      通常の巨人化では、座標/始祖ユミルに接続されていますが、座標/始祖ユミルの存在すら認識できていません。そばかすユミルの証言では、無知性巨人は悪夢に放り込まれている状態。

      知性巨人で座標を心象風景のような形で認識できていたのは、ジークの再生シーンとそばかすユミルの知性巨人化の2例ですが、共通項は二人とも知性巨人であること、特殊要因はジークが王統、そばかすユミルは始祖ユミルと類似点を持つこと。それでも、この時には二人とも始祖ユミルとは意思疎通には至っていない。

      座標に到達することは、エレンや始祖ユミルと意思疎通するための必要条件ですが、到達するだけでは十分ではないように思えていて、《問》 リヴァイがエレンと意思疎通できる場合、リヴァイが意思疎通できるのはなぜだろう? となってくるでしょう。

      ・・・

      別のトピック(ジークの所在)との関連では、

      ジークが始祖の巨人に取り込まれているという場合、大きく三つの可能性がありますが、それは、

      1) あちらの冥界(余剰次元)にジークは隔離されている、

      2)こちらのエレノサウルスの中(通常空間)にいる、

      3) あちらとこちらの世界にまたがって存在している、のどれかとなるでしょう。

      1)と3)では、ジークは冥界にいるので、リヴァイが冥界でエレンと意思疎通できる場合、冥界でジークの存在を認識できるでしょうし、意思疎通もおそらくできるので、ジークの所在が分からないということはなさそうに思われます。

      《まとめ》

      ・ 座標に繋がる状態は頻繁にありますが、意思疎通するには、条件が要りそうです。

      ・ また、座標に到達するにしても、始祖に呼ばれていくのと、自らの意志で行くのとでは大きな違いがあるように思えています。(意志を持って座標に行くことが、座標での意思疎通の必要条件の一つだろうと)

      ーーーーーーーーーー

      • 管理人アース より:

        現在の始祖のイニシアチブをエレンが握っているか、始祖ユミルが握っているかで予想もかなり変わりますよね。
        さすがに無双エレン、という展開ではないと思いますが、もし無双エレンであればリヴァイと意思疎通が取れるように出来る気もします。
        エレンの再登場が待ち遠しいです!

        管理人アース

  4. ミカサファン より:

    と思って読み返して、エレン放送の瞬間のリヴァイに、遠目に見て包帯が巻かれていないってことですね(^^;

    なるほど作画ミスのような気がしますが、失礼いたしました(^^;

    • 管理人アース より:

      いえいえ、分かります。
      記事にも書きましたがかなり可能性は低いと思いますし作画ミスだろうな、と管理人アースも感じているので。
      いっぽうで「作画ミスではなかったら」という妄想の元できた展開予想です。
      来たらスゴいですよね!(*^^*)

      管理人アース

  5. ミカサファン より:

    これ水を差すようですが、だったらハンジがリヴァイの隣に座っていたところから急にハンマー持って荷車にワープってことになっちゃいますよ(^^;

    単純にリヴァイに話しかけた後、リヴァイに包帯巻いて荷車を直そうとして、つまりしばらく間が空いてエレン放送ってことで、全く違和感のない流れだと思ってました。

    恐らく他の誰かがとか、作画ミスとか、そういうことではないと思いますよ。

  6. knight より:

    十中八九ミスとは思いますが、気になる点と言えば、リヴァイは「ジークを殺す」と言っているものの、「エレンを殺す」とは明言していないところです。
    ハンジが言う通り、ジークがエレンに取り込まれているならそれらはイコールであるはずで、マガト達の協力を得るためにも「エレンを殺す」と言った方が効果的と思ったので…。(過去の因縁からジークを重視しているだけともとれますが)

    • 管理人アース より:

      ハンジも兵長も「エレンを殺す」とか「エレンを止める」とは一切明言していませんよね。
      ジークがマガト達と共通するところですが、エレンの方が…ともその通りで効果的なはずです。
      ここに座標で何かしらの打ち合わせがありハンジとも共有しているようにも感じますよ!
      …妄想ですが(・_・;)

      管理人アース

  7. エレン放送時や その直後に 包帯が描かれ
    なかったのは、リヴァイの生命力の強さを
    示すための演出という見方も。

    作画ミスなら 諌山先生に “喝!!” ですが、
    あまり喝は入れたくないので…(苦笑)

  8. リヴァイの包帯は、先月号の最終ページから
    しっかりと描かれているので、書き忘れは
    ないと思います。

    それよりも ハンジの「いっそ 二人でここで
    暮らそうか」のセリフから、エレン放送まで
    の間、時間経過を現す 太い横線が一本入って
    います。
    つまり、ハンジがリヴァイの顔を縫ってから
    エレン放送が始まるまで、ある程度 時間が
    経っているのです。
    ので、その間に ハンジが包帯を巻いたと考え
    られます。

    エレン放送の時や その直後のカットでは、
    コマが小さ過ぎて 包帯を細かく描ききれな
    かったのではないか。
    よく見ると、包帯らしき線が入っているよう
    にも見えます。

    とに角、エレン放送が始まるまで 時間が
    あるし、そもそも 縫う程の大怪我で包帯を
    巻かない方がおかしいです。
    救急箱も側に置いてあり、ハンジが包帯を
    巻いたが正しいと思います。

    • 管理人アース より:

      管理人アースも9割の確率でハンジが巻いた、ということだと捉えています。
      ただエレン放送後のリヴァイ兵長には、やはり包帯が巻かれてはいないように見えます。
      2020-02-20_044740

      「進撃の巨人」第126話「矜持」より

      たしかに小さなコマですがもし巻かれていたら右耳は見えないのではないかなと。
      ただやはり作画ミスなのだろうと思われますが、「もしそうでなかったらこんな展開も妄想できるよね」くらいに受け止めてもらえれば嬉しいです(*^^*)

      管理人アース

  9. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です。

    大胆な考察ですねぇ。
    団長も大穴狙いですかぁ(笑)
    でも、この考察通りならミカサも呼べますね。
    最終局面においてミカサが東洋の一族の秘密の力をひっさげて座標に登場!
    その力でエレンを救い そして始祖ユミルの解放へ!
    ってな展開の布石となり得ますね!

    ほぼ間違いなく作画ミスだとおもわれますが・・・

    ハンジの記憶改竄までしちゃった団長の大穴考察に 1票!!

    • 管理人アース より:

      >ほぼ間違いなく作画ミスだとおもわれますが・・・
      おっしゃる通りでございます(・_・;)
      妄想が暴走しちゃいました(;´Д`)
      1票ありがとうございます!

      管理人アース

  10. 17期卒現役調査兵 より:

    こんばんわ!

    いやぁ〜、なんと攻めた考察!!難しいですねぇ〜
    はじめ読んでいるときはただのミスでは?と思いましたが、だんだん読んでるうちに、確かにありえそうにも思えて来ましたよ。
    しかも久しぶりのエレンと兵長の絡みが見られるかもしれないなんて…
    この予想が当たれば、嬉しいですよね。
    普通なら作画ミスで済まされるところが、こんな展開になるなんてね。
    もしそうなら諫山先生、大胆ですね。

    正直なところ私の中では7:3で作画ミスの方が優位だろうと考えています。しかし、3割でも一発この展開にかけたくなるような考察ですよ。

    • 管理人アース より:

      >私の中では7:3で作画ミスの方が優位だろうと考えています。
      管理人アースは、9:1か8:2で作画ミスとイメージしています。
      記事にも書きましたがかなり当たる確率は低いだろうと。
      ただ、もし「作画ミスではなかったら」と考えるとこんなイメージが浮かび記事にしちゃいました(・_・;)
      早くエレン再登場を見たい、という願望もかなり入っています(笑)

      管理人アース

管理人アース にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です