ネタバレ考察

【進撃の巨人】リヴァイが死亡確定するのか114話からネタバレ考察検証!

114話最後の場面にて、雷槍の爆撃によりリヴァイ兵長が吹っ飛び終わりました。

これは「28巻最後の場面」という事にもなり、非常に思わせぶりな引き方ですよね!

「上手いな」と感じられる終わり方ですが、実際リヴァイ兵長は無事なのでしょうか?

コメントでも多くの考察がされている、最重要検証事項となっています!

すると、リヴァイ兵長の安否には伏線があった!?

徹底検証しましょう!\(^o^)/

◆リヴァイ兵長は無事なのか?伏線から検証!

2019-02-08_115353

「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より

114話最後の場面で自身の体が真っ二つになる事も厭わず爆発させたジークの雷槍により、リヴァイ兵長が吹っ飛び終わりました。

リヴァイ兵長は、無事なのでしょうか?

これについては、本当に多くのコメントをいただいており、ほとんどの人が無事であろうという意見で、読んでいくと80%くらいの人が無事という予想のような印象を受けました。

内容として「重傷だろうけど、川に落ち無事なのでは?」や「川に流れて誰かに助けられるのでは?」との予想が見られました。

意味合いからの展開としては「無敵すぎる兵長が出続けると不都合な展開になるので、負傷させて一時リタイアしてもらうつもりなのでは?」「女型の巨人の時と同じで、出られると簡単に女型を倒してしまうので負傷したのと同じ意味では?」との意見が多かったですね。

残りの20%の反対意見は「無事だろうと言う予想を裏切り、あっさりと死亡させてしまうのでは?」や、「出血しているだろうし、川に落ちたことにより出血が止まらず意識が朦朧としたまま…」「命が無事でも腕が欠損し戦えない状態になりリタイア」のような予想が見られました。

けっこうな意見をいただいており、リヴァイ兵長の安否に皆が注目していることが分かりますよ!

管理人アースは、「無事であり、川に流されヒストリアに助けてもらうのでは?」という予想をしています。

無事であるという予想をしていることには根拠があり、これはコメントでもいただいていますがジークが雷槍を爆発させる直前に「ゾクッ」とリヴァイ兵長が危機を直感し気付いているところです。
2019-02-10_113329

「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より

これは110話でミカサが近付こうとしていたザックレー総統の部屋が爆発する直前に気付いた場面とそっくりですよね!
2019-02-10_112535

「進撃の巨人」第110話「偽り者」より

結果ミカサはアルミンを助け助かっているので、おそらくリヴァイ兵長も無事と考えられるでしょう!
2019-02-10_112558

「進撃の巨人」第110話「偽り者」より

これは以前アルミンが「野良猫よりも早く察知」と表現していますが、アッカーマン一族にはこのような危機察知能力が備わっているのだろうと考えられます。
2019-02-10_112617

「進撃の巨人」第11話「応える」より

リヴァイ兵長も「ゾク」っとした後のコマで馬車の縁に足をかけ、爆発前にジャンプしようとしている事が確認できます。
2019-02-08_115601

「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より

これは雷槍の爆発の直撃は回避出来ている、という伏線と考えて間違いないでしょう!

ただ、これは死亡していないという意味の伏線であり、やはりダメージは負っていると考えられます。

そして先程のコメントにもあった無敵なリヴァイをジークから一端引き離し兵長をリタイアさせる為の展開とも思えるので、無傷ではないと思えます。

ここから、管理人アースは「無事であり、川に流されヒストリアに助けてもらうのでは?」と予想しますが、この後のリヴァイ兵長の展開はどうなるのでしょうか?

今後のリヴァイ兵長の展開を予想してみましょう!

◆リヴァイ兵長の今後の展開を予想!

2016-03-08_035913-horz

「進撃の巨人」第79話「完全試合」より

最終話が近付いていると思われる「進撃の巨人」ですが、リヴァイ兵長は最終話までに死亡退場するのでしょうか?

管理人アースは最終話までには死亡退場すると考えており、コメントでもそのような予想を目にします。

現在の安否が分からない展開に多くのコメントされているのも、リヴァイ兵長の死亡展開が近付いているのではと思われている方が多いからとも言えますよね。

先程述べた通り、今回の爆発でリヴァイ兵長は死亡したのではと予想されている方は2割くらいみえたと思われます。

そして今回助かると予想した80%の方たちも、その後の展開で死亡するのではと予想されているコメントも多く見られます。

例えばコンロガスさんもそのような予想をされています。

10話以上たって、マーレの侵入部隊との戦いが始まり、ジークによってエレンの絶対絶命になったときに「片腕を失った状態で登場して、「エルヴィン、まさかおまえと同じ状況に追い込まれるとはな」みたいなことを言いながらジークを倒して、それで格好よく絶命してほしいですかね。。。

今回の爆発展開からは助かるけれど、次の戦闘展開で死亡するのではとの予想をされていますね。

このように「再登場後にカッコよく死亡退場するのでは?」との予想はけっこう多くいただいており、次のジークとの戦いか再登場したライナーやポルコ達との戦いで死亡するのではとの予想は、けっこう多く見られました。

やはり今回死亡しなくとも、リヴァイ兵長死亡展開は近々登場するだろうとの考えが多いようですね!

コンロガスさん!

考察コメントありがとうございます!

管理人アースも今回ヒストリアに助けてもらったとしても、リヴァイ兵長は最終話までに死亡し今回のジークとの戦いかマーレとの戦いで死亡するのではと予想します。

それはどのような形になるのか?

リヴァイ級の人気重要キャラだったエルヴィン団長は壁内の未来の為に死亡しました。
2016-05-07_033940

「進撃の巨人」第81話「約束」より

リヴァイ兵長は、何の為に死亡するのでしょう?

やはりエレンの為だと思いますよね。

112話にてリヴァイ兵長は、これまでエレンを何度も助けた理由が「人類が生き残る道だから」と断じていました。
2018-12-06_063318

「進撃の巨人」第112話「無知」より

そしてリヴァイ兵長といえばアッカーマン一族の末裔であり、始祖の記憶改ざんも通じず、巨人化もできないとされています。

現在のエレンは、ジークに洗脳されている可能性があります。

このまま「地鳴らし実験」が起これば、壁の巨人が動き出し、実際に地鳴らしが起こるという展開もあり得ますよね!

そしてピクシス司令を始めとする他の兵士達も巨人化してしまい、104期生も記憶改ざんされ、操られてしまっている可能性があります。
2019-01-08_053232

「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

そんな時にリヴァイ兵長だけは操られず、地鳴らしをかいくぐりエレンを目覚めさせる役割が担われているのではないでしょうか?

命をかけて、あの時のアルミンのようにブレードでエレンを目覚めさせるのではないかと予想します!
2019-02-10_185708

「進撃の巨人」第13話「傷」より

命をかけてエレンの元までたどり着き目覚めさせ

「エルヴィン…お前との約束は果たせなかったが俺らの希望のエレンは未来に繋げたぞ…」

と、倒れ込み空を見上げながら思い、絶命する…

そんな熱い展開が起こるのではないかと予想しますよ!

今回の考察で、114話の爆発からはリヴァイ兵長は助かるけれど、その後の戦いでエレンを目覚めさせる為に絶命するのではないかと予想できました!

あくまで管理人アースの妄想が入った予想ですが!

今後のリヴァイ兵長の展開は、一瞬も目が離せないですね!(*^^*)

114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証!
114話「唯一の救い」あらすじ考察まとめ!
アニメseason3の後半情報まとめ!
115話あらすじ!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    お題とは関係なくて申し訳ありませんが、ラストネームの大人の男の人の背中と赤ちゃん。

    エレンにしては大人だなと思ってましたけど、13年の呪いを封じることができて大人になったエレンが、赤ちゃんが生まれなくなるようにジークがエルディア人の体を改竄しようとしたこともクリアできたことを示唆していたのかなとふと思いました。

    つまりラストの二人は、大人になったエレンと、ミカサとの間にできた赤ちゃん。

    そして、そのそばには、祝福する兵長。

    だといいな。

  2. 一つ不思議なことがあります。
    それは、雷槍の爆発音が描かれず
    無音なのです。
    雷槍は その名の通り、雷のような
    凄まじい爆発音を発するのです。
    それが無音というのは、どうにも
    おかしい?

    そこで 次号の冒頭では、その雷槍の
    爆発音、「ドカーーーーッ!!!」
    で始まると思います。
    その爆発音は 遠くに轟き、巨大樹の
    森に向かっていた ハンジやフロック、
    そしてエレンの耳にも届くはずです。
    そこで彼らは 異常に気付き、爆発音
    の場所に向かうと思います。

    そして 動けないリヴァイを見つけ、
    リヴァイは一命をとりとめる という
    展開かと思います。
    その場合、リヴァイは捕虜という立場
    に堕とされますが、命を失うよりまし
    かと思います。

    ちなみに、この爆発を至近距離で受けて
    なお無傷では “熱血超人マンガ”になって
    しまいます。
    ので、リヴァイが身体的な代償を支払う
    のは、残念ながら仕方のない事だと思い
    ます。

  3. あや より:

    こんにちは!
    いつも楽しく拝見させてもらっています。

    私も同じく、リヴァイ兵長、今回助かると思います。
    しかし一つ気になることが。死ぬほど負傷した時の兵長、いつも煙が立っていますよね?(ジークを追って、瀕死になったアルミンとエレン達のところに現れる場面や、前回も。)あれがもし、「巨人の能力を受け継いだ」アッカーマンの、再生能力だとしたら、兵長はそんなにすぐには死なない気がします。

    • 管理人アース より:

      アッカーマンの回復力は高かったですよね!
      いっぽうで女型の巨人編で負傷した兵長の傷が治るのには、ちょっと期間があった気がします。
      今回の負傷がどれくらいになるのかも、気になるところですね!

      管理人アース

  4. リヴァイ大好き より:

    こんばんわ。

    兵長は、ジークが悪の塊みたいな人間ではなく、理由はわからないけど、何か正義みたいなものは持っている奴だな。くらいには思っていたと思います。

    ただ今回、部下を巨人化されたことで、怒りに我を忘れてしまったところが、ジークの自爆を引き起こしてしまった。

    兵長、女型の時もそうだったけど、一言多すぎ。

    他の方も書かれているように、圧倒的な戦闘力を持つ兵長は、これからの話を進めていくうえで、控えてもらわなければいけないから怪我を負う。というところだと考えてはいます。

    兵長退場かー。

    アース団長さんの妄想のように、最期までかっこよく。

    やっぱり

    最後までかっこよく自由の翼を背負ったマントをはためかせながら立っていてもらいたいな。

    生き残る。ということで。

    • 管理人アース より:

      >最後までかっこよく自由の翼を背負ったマントをはためかせながら立っていてもらいたいな。
      そこから「ガキども」「これは一体どういう状況だ」って言って欲しいですね(泣)
      最後まで兵長はカッコいい、に同感です!(*^^*)

      管理人アース

  5. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    最近の考察の対象として、リヴァイはどこに向かっているのか? (シガンシナ区か?ヒストリアのところか?など) が取り上げられていましたが、

    今回の114話のラストで、「川」が出てきたことにより、改めて、シガンシナ区であったであろうことが推測できたかに思われます。

    そして、複数ある巨大樹の森も、シガンシナ区の東北方向に位置する最大級の森であったであろうことも。

    設定上のパラディ島中心部(壁内)地勢として、ウォール・シーナを中心に、エルミハ区→トロスト区→シガンシナ区は、河川によって概ね南北に結ばれているので。

    (また、モデルとされるマダガスカル島も、鏡映して180度反転させると、山間部中央のアンタナナリボを起点に、湾岸のマハジャンガに向けて、河川で概ね南北に結ばれていることが確認できます。)

    リヴァイが目指したのは、トロスト区なのかもしれません。そしてそこに、ピクシス指令ら兵政府幹部が駐留しているのかもしれません、が、

    河川で流されて行くのであれば、リヴァイの漂着する先は、結局はシガンシナ区方面となってくるのでしょう。

    ということは・・リヴァイとジークは、いずれシガンシナ区でまた再会か? おそらく重症なので、地鳴らしには間に合わないかと思われますが、(兵長は最強過ぎるのでいったんお休みなのでしょうが(笑 )

    地鳴らしの次に来るであろうラグナロクの最終決戦では必ずや現れて、エレンを守護するものと期待したい(*^^*)

    エレンは人類を守り、そのエレンをリヴァイが守る、そうした展開であろう/あって欲しいと思っています・・ウーリとケニーのような関係かな(*^^*)

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      追記ですが、

      リヴァイ兵長に新たにエレンの守護を期待してしまうのは、既にエレンがそれまでずっと守護役であったミカサを敢えて遠ざけているから。

      おそらくはエレンは、アルミンとミカサには、これまでとは違う役割を期待しているのではないか、と。

      ・・・

      ミカサには、東洋の将軍家の末裔としての働き。

      個人的には、ミカサの頭痛に伴って発揮される東洋の血筋の能力は、並行宇宙の異なる時間線で重なり合って重要な結節点(シナリオ分岐点)を俯瞰出来ることではないかと・・巨人の「道」とは異質だけれど、時間線を横断するところは似通っている。

      ラストのラグナロクは、重要な分岐点になるので、必ずや察知するものと期待(*^^*)

      ・・・

      アルミンは、エレンの期待では世界を救う役割か。仮に、壁の超大型巨人群が、自動的・自律的に地鳴らしを進め、始祖の巨人の制御下に置けないという場合、「道」を通じて供給される動力の源を断たなければならない・・その動力源こそが「世界樹」の幹、パラディ島にだけ群生する巨大樹の森に他ならないとすると、アルミンの超大型巨人の放つ発熱によって。

      (それを行うとパラディ島に埋蔵される化石燃料や氷爆石に引火してゆくが・・)

      ・・・

      アルミンとミカサは、エレンの命は守れないけれど、エレンの意志を守り引き継ぐという役割で、二人は生き延びるでしょう。大破局(混沌)の後に来る新秩序を見届ける役割のハンジやキースも。

      リヴァイ兵長は、エレンと共に・・最後は王を守護する武将としてのアッカーマンの本分を全うするでしょう・・つまり、今回の爆発程度ではリタイアせず、生きて働きの場を得ます(*^^*)

      ーーーーーーーーーーーー

      • 管理人アース より:

        ものスゴい広い世界観での展開予想ですね!
        >新秩序を見届ける役割のハンジやキースも。
        良いですね~。
        描写が想像できますよ(*^^*)

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      素晴らしい予想ですね!
      「始まりの地」シガンシナ区で全て揃い踏みですが、兵長はお休みかもですね(・_・;)

      >エレンは人類を守り、そのエレンをリヴァイが守る
      これも良いですね~。
      いろいろな予想があって、本当にスゴいなと思います。
      管理人アースは「ジークに染められたエレンの目を覚ます役割」だと思っていますが、どちらの展開も見てみたい!(笑)

      管理人アース

  6. yumiる より:

    こんばんは(^-^)
    前のコメントでは考察点がズレていたにもかかわらず(スミマセン💦)丁寧なお返事ありがとうございました!

    兵長は絶対無事だと思います!
    遺言が「また足が伸びてきたみてぇだな…」とか嫌すぎる!笑
    上の方の考察どおりそのための雨だと思いますし、そのための川だと思います
    さらに兵長はこれから無傷になるんじゃないかとか思ってます

    というのは
    ジークが叫んだとき兵長がビビッ、となってたことからワインを飲んでいたとします
    それで兵長は巨人化はしないが体の再生能力を得たのではないか?とか思ってしまいました

    115話冒頭でエルヴィンの時のような感じでスローモーションで兵長の手足が吹き飛ぶ描写で「兵長おぉぉ!!」となり、川に流されて行く
    ヒストリアと一緒のサスペンダーの男の人に引き揚げられてヒストリアに介抱される
    そして目を覚ました兵長は「あの時オレの手足は確かに吹っ飛んだはず…何故だ?」

    これからエレンとジークが会って地鳴らしの「実験」とかしないような気がします
    もう何をするにせよぶっつけ本番のような気がします
    そしたら悠長に回復してる暇とかないと思っての無理やり考察です(^^;

    体の構造を変えられるなんて設定が出て来たわけだし、ワンチャンあってほしいです!

    • 管理人アース より:

      >エレンとジークが会って地鳴らしの「実験」とかしないような気がします
      そうですね。ぶっつけ本番になりそうですよね。
      そこでエレンの真意が分かる展開やマーレ側との激突とかもありそうな気がしますよ!
      ヒストリアも含め、まだまだ色々絡んできそうですよね!(*^^*)

      管理人アース

  7. 寒がりさん より:

    進撃関連本で諫山先生は、ハンジが団長を継いだのは参謀のリヴァイを自由に動ける仕組みにしたかったからだと仰ってました。おかしいですよ、ジークの監視ばかりでまだ全然自由に動いてる気がしないんですが?
    ということは、リヴァイが自由に動き出すのは、これからということですよ!ジークのそばにいさせたら、リヴァイはずっと動きません。だから物理的に距離をとらせたかったのでしょう。
    リヴァイの川下りは空き家に身を隠しているマーレキャラに出会うためのもの、と予想します。ポルコが川で顔を洗いつつ、ライナーやマガトと一緒にピークの帰りを待っています。そこへ流れてくるのがリヴァイです。ポルコは警戒して殺そうとしますが、マガトは介抱して情報を得ようとします。
    リヴァイは自分の過去あった出来事を夢で回想します。目覚めるとそこは見知らぬ家で、周りにはマーレキャラたちが。次号へ続く…………!

    • 管理人アース より:

      >リヴァイの川下りは空き家に身を隠しているマーレキャラに出会うためのもの
      良いですね!
      この展開もあるかもですね!
      リヴァイの川下り(笑)
      無事に兵長がこれからも活躍できるのであれば…どのような展開でも嬉しいですよ!

      管理人アース

  8. 次列三・伝達 より:

    追記です。

    進撃の巨人の世界の工業力は高くないので上の推察が出来ました。

  9. 次列三・伝達 より:

    団長、お忙しい中での新記事ありがとうございます☆

    これからぞくぞくと皆さんのコメントが来る前に。

    最新刊が手に入らなかったので団長の記事からの推察ですが、リヴァイ兵長とジークの場面は雨が降っていますよね。

    ならば、雨により雷槍の火薬も湿気ていたのでは無いのでしょうか?

    もしくは信管が湿気ていて起爆が遅れていた等と推測出来ます。

    調査兵団御用達の信援弾は降雨の状況では役に立た無い設定は原作ファンなら周知の事実です。

    降雨による影響は他にも、馬の機動性を失ったり、立体機動の性能性も低下させる進撃の巨人の世界では大きなファクターとなっています。

    ですのでそこから推察出来る事は、
    「暫くの時間降雨に晒されていた雷槍は、起爆の遅延、もしくは、火薬の不完全燃焼により爆発力を削がれていた。
    しかし爆発力低下も雷槍を直撃せざるを得ないジークは重体。
    一方のリヴァイ兵長は、起爆の遅延により回避時間を得ており、馬車の荷台という雨天時の機動性低下も免れており、更に爆発力低下、アッカーマン由来の身体能力、降雨による河川の増水とかなりの好条件が揃っていた=助かる可能性大。」

    …リヴァイ兵長退場は今までに無い衝撃を喰らうでしょうね…。

    無い事を祈ります。

    • 管理人アース より:

      雨からの考察、素晴らしいですね!

      >調査兵団御用達の信援弾は降雨の状況では役に立た無い設定は原作ファンなら周知の事実です。
      雨の場面は原作では今回が初めてなので、これはスピンオフの「悔いなき」か「Before the fall」の設定ですね。
      ただ、最近は諫山先生もスピンオフオリジナルをかなり取り入れているので、あるかもですね!
      リヴァイ兵長退場は、管理人アースもまだないと思っていますので!
      というか、願っています!m(_ _)m

      管理人アース

  10. ヤヴァイへいちょ より:

    こんばんは
    いつも楽しく拝見してます!

    個人的にはリヴァイ兵長には死んで欲しくないです!最終話まで。

    やはり人類最強だし、人類代表だとも思えるからです。

    今の所、主人公エレンに良い所ないですしね

    リヴァイ兵長のみならず、特に104期生、エルディア人にとって、救いのあるエンディングを望みます!!

    • 管理人アース より:

      同感ですよ!
      バッドエンディングでも希望が持てるようなラストにしてもらいたいと願っていますが…怖いです(;´Д`)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です