巨人の正体

【進撃の巨人】ネタバレ95話考察!9つの巨人まとめ戦槌の巨人を予想!

第95話「嘘つき」にて、グリシャ父の口から語られ明らかとなった「9つの巨人」の最後の巨人が、とうとう登場する展開となりました!

その名は「戦槌の巨人」という、かなり強そうな名前となっています!

どのような巨人なのかは全く明らかとはなっていませんが、いったいどのような巨人なのでしょうか?

ここで予想してみましょう!

◆最後の一体は「戦槌の巨人」!9つの巨人まとめ!

2017-07-06_041019

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

クルーガー巨人から9つの巨人の正体を検証!9つの巨人と7つの巨人まとめ!にて、当サイトでは9つの巨人の正体について幾度となく考察してきました。

フリッツ巨人≠レイス巨人を提唱していた当サイトの9つの巨人予想は、残念ながら外れてしまいましたが、この予想については本当に楽しませてもらいました!

ハズレはしましたが、本当に大満足です!(笑)

さて、今回9つ目の巨人「戦槌の巨人」が明らかとなり、全ての知性巨人が明らかとなりました。

まとめてみました!

①始祖の巨人…ユミル・フリッツ→ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン
②進撃の巨人…クルーガー→グリシャ→エレン
③超大型巨人…ベルトルト・フーバー→アルミン
④鎧の巨人…ライナー・ブラウン
⑤女型の巨人…アニ・レオンハート
⑥獣の巨人…ジーク・イェーガー
⑦顎(アギト)の巨人…マルセル→ユミル→ポルコ・ガリアード
⑧車力の巨人=四足歩行型巨人…ピーク
⑨戦槌の巨人…タイバー家

このようになっています。

さて、全く情報のない戦槌の巨人は、どのような巨人なのでしょうか?

ここで予想しみましょう!

◆戦槌の巨人とはどのような巨人なのか?

まずは95話あらすじ考察と感想!でも紹介しましたが、最澄さんのTweetで指摘されている86話で登場しているこの巨人が、戦槌の巨人でしょう。

この絵の通り、進撃のデブさんがコメントでも指摘していますが、「戦槌」という名前から槌を持った巨人なのではと思われますよね。

実際には硬質化した武器を持っているとか、ありそうですよね!

そして青ねこさんのコメントでもありましたが、その名前から強く戦闘力の高い巨人がイメージされ、63話にて登場した「サイキョウノキョジン」の注射液で巨人化したロッド・レイス巨人が戦槌の巨人なのではとの指摘がいくつか見られました。
2015-10-31_045515

「進撃の巨人」第68話「壁の王」より

たしかに「戦」という名前が付いているところから「最強の巨人」という感じがしますよね!

そして168cm巨人さんは、93話で元帥が言っていた「羽根が生えた巨人」が戦槌の巨人ではないかと指摘され、戦槌の巨人は羽根が生えているのかもと予想されています!
2017-05-08_040219

「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より

もし羽根が生えており、空が飛べる「戦槌」だったらまさに最強ですよね!(笑)

無敵かもです!

いっぽうで、巨人化して戦争に出ていない戦槌の巨人は、実際にはタイバー家に存在しないのではというコメントもチラホラと見られました。

沈撃のニシンさんは、「タイバー家はどこかの壁の王様みたいでまともに信用できません。『戦槌の巨人』は、とっくにどこかへ行ってしまってるんじゃないんでしょうか。」とコメントされています。

さらに一般の巨人さんは、「タイバー家の『何かしらの継承ミス』で赤子継承が行われたと考察すると、エリーと思わしき?赤子に継承されている可能性があるのではないかと思うのです」とコメントされています。

ここに至るまでの考察は、95話あらすじ考察!のコメント欄に載っていますので見てみてください!

この考察は、戦槌の巨人がどのような巨人かとは別で、面白いですよね!

もしかしたら、パラディ島に「戦槌の巨人」が赤子継承してしまい、それに気付いたタイバー家が取り返すためにパラディ島制圧作戦を急いでいるという考察もでき、非常に興味深かったです。

みなさん、当サイトの考察レベルを上げていただけるコメントをありがとうございました!

さて、「戦槌の巨人」とはどのような巨人なのでしょうか?

これらの考察を踏まえ、管理人アースが予想してみます!

◆管理票の「戦槌の巨人」予想!

2017-07-09_070304

いくつかコメントでも書かれており、ニコマさんからも「戦槌・・・といえば、北欧神話ではトールの持つミョンニル、いわゆるトール・ハンマーですね。」とコメントをいただきました。

ニコマさんの仰る通り、「戦槌」のモデルはトール神が持っている槌「ミョルニル」で、まず間違いないでしょう。

古ノルド語で「粉砕するもの」という意味を持つ槌ミョルニルですが、自在に大きさや形が変わり、数々の巨人を倒している伝説の武器となっています。

ここから、9つの目の巨人「戦槌の巨人」がかなり戦闘力に特化した巨人であると予想できます。

さらに、ミョルニルは真っ赤に焼けているとも言われており、ここからやはり超超大型巨人を思い起こされます
2015-10-30_194103

「進撃の巨人」第67話「オルブド区外壁」より

やはり「戦槌の巨人」は超超大型巨人をイメージさせられますよね!

さらに、硬質化能力で「槌」のような武器を作り出せる能力も備えているのではないでしょうか?

全身が燃えて近付けなく、いっぽうで槌のような武器を自在に作れ、攻撃して来る…

まさに9つ目の巨人に相応しい「最強の巨人」だと思いますよね!

管理人アースは、「戦槌の巨人」は硬質化物質の武器を持った、燃える巨人ではないかと予想します!

どのように登場するのかは全く予想できませんが、登場が楽しみですよ!\(^o^)/

95話「嘘つき」あらすじ考察と感想!
96話あらすじ!
95話考察!タイバー家黒幕説を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 巨人化学毛根再生術研究員 より:

    タイバー→ダイバー→スカイダイバー

    空を飛びそうな感じもしますね。
    無理やり過ぎか・・・

  2. 刺身の天ぷら より:

    考察お疲れ様です!様々な方が戦鎚の巨人の能力について考察されてますが自分は戦鎚の巨人の性格を考えてみました。

    タイバー家はレイス家と同様に一族で受け継いできた家であり、95話にて血の繋がりがあればより記憶が受け継がれるというようなニュアンスの言葉から、巨人の性格、思想も受け継いでるのじゃないかと思いました。戦鎚の巨人は戦いに向いている巨人だと思われますがタイバー家は敵国にその力を向けたことはないという事からもしかしたら戦鎚の巨人は戦いたくないと思ってるのじゃないでしょうか?

    自由を求める進撃の巨人に対し、自分たち(巨人)による支配を拒む戦鎚の巨人みたいなそういった対比があれば個人的にはめちゃくちゃ熱いと思ってます(笑)

    それでは!これからも頑張ってください!

  3. プリンの巨人 より:

    毎回楽しく読ませていただいてます
    お疲れ様です。ありがとうございます!

    最新話を読んで自分が頭に浮かべた『戦槌の巨人』は
    腕の部分の硬質化に特化した能力を持つのではないか?でした。
    その硬質化で武器を作ったりできるとかっこいいですね…笑
    硬質化の部分がとても高熱になるとも考えました。
    大きさとしては、超大型の半分くらいとし
    そろそろ20m~30mくらいが登場してもいいんじゃないかと考えました
    いずれにせよ獣よりデカイと想像しました。

    ロッドが巨人化した姿が戦槌ならば
    ヒストリアに射つはずの注射液の中身は
    『ヨロイ ブラウン』のように能力の欠片の詰まった
    『センツイ タイバー』と書かれていたのかもしれませんね!
    となると入手経路が気になりますね。
    巨人科学研究所がレイスと繋がっていたり…
    マーレの何かと交流がないと入手は難しいですかね…
    またはジーク…

    一度赤子継承でその手を離れたが、その後発見されタイバー家に戻ったことで戦争に参加する経緯となったのかな?とも考えました。
    赤子継承を発見する術も見つけたのかも…

    すみませんm(_ _)m
    妄想が広がりすぎましたw

  4. 馬来熊 より:

    巨人には単に体がデカい以外にもいくつかの超能力があるわけですが、それは専門家の巨人でなくてもある程度使えるようです
    鎧の巨人でなくても硬質化できる、など
    タイバー家の巨人はこれまでに登場した能力の専門家かもしれませんね
    たとえば巨人の体温は高く、中でも超大型はそれを応用した攻撃をしてきましたが、表皮がないから使いやすかったというだけで、タイバー家の巨人はさらに上を行くとか
    もしくはハンジの言っていた、「巨人は大きさの割に軽い」を活かす(逆に重くするとか)かもしれません。
    早く登場してほしいですね

  5. そもそも、ダイバー家の描かれ方が
    何だか 亡霊ぽくて、ダイバー家が
    本当に存在しているのか疑問です。

    その名は知られているが、すでに
    軍部によって 殲滅させられている
    かもしれません。
    となると、戦槌の巨人も軍部が管理し、
    切り札のような存在とも思われますが。

    それ以前に、戦槌の巨人など存在せず、
    マーレの力を誇示するために、その名が
    使われているだけという気もしますが…

  6. ゆう より:

    戦鎚の巨人と言われてる巨人がいる陸側の右上にエルディア?と書かれていて、左側がなんなんですかね?

  7. 沈撃のニシン より:

    アース団長 日々の考察お疲れ様です。
    私の考察ならぬただの妄想を取り上げて頂いて恐縮至極です。

     戦槌の巨人については、私も団長同様、超超大型巨人の完全体が、硬質化により武器を備えたものかと妄想してます(やっぱトールを連想しちゃいますよね)。あと、団長が考察されたとおり、95話で戦槌の巨人が登場したことにより、戦槌と異なるレイス巨人の存在が否定されたのは確かでしょう。
     ただ、この巨人が今誰の所にあるかは別論で、レイス家経由でエレンの中に眠っている可能性もまだゼロではないように思います。私は、団長と違って諦めが悪いので、今少しの間は、タイバー家大嘘つき説でがんばろうかと思ってます。でも、私の妄想は大抵外れるので、団長にはちょっとお勧めできませんが(笑)。

     けど、ちょっと思い起こして頂きたいのは、フリッツ≠レイス説のポイントは、単に知性巨人の能力とか所在というだけではなくて、レイス家(というかヒストリア)がフリッツの血を引いているのか(座標を使えるのか)、という点にもあったと思うんです。私には、ヒストリアがフリッツの血を引いているかいないかは、これからの展開にものすごく大きな影響があるように思えます。フリッツ=レイス説の方の多くは、レイス家はフリッツの血を引いていると考えておられると思いますが、私自身の考えは、もちろんレイス家やヒストリアはフリッツの血を引いていない、というものです。さらに妄想を重ねるなら、レイス家はもともとタイバー家の一族だったのではないかと思ったりしてます。知性巨人の記憶承継は血の繋がりに影響されるという点から、レイス家が世界の記憶を承継していることを説明できると思われるからです。それに、フリーダがあっさり進撃に喰われたや、歴代レイス王が巨人を駆逐しなかったことも説明可能ですしね。

     まあ、私の妄想はともかく(どうせ外れますんで)、今後の展開が楽しみです。私の個人的予想では、タイバー家の祭事の際に、パラディ側が情報戦を仕掛ける(パラディ島の実態を集まった諸国の記者に伝える)のではないかと思ったりしてるんですが、さてどうなりますか。「よう、ライナー」の方が燃える展開だとは思うんですが。。。

  8. コスケ より:

    トールのミョンニルのように、投げれば必ず戻ってくるハンマー!ミョンニルには清めの力もあり、生き返らせる事も出来たそうです。何だかかっこいいですね。

    仮にダイバー家が巨人の力が無いとし、巨人化あるある詐欺してたら、マーレに直ぐバレるはずです。一回も巨人化せずにマーレを納得させるなんて不可能でしょう。

    だとすると、マーレとってはダイバー家が巨人化しない方が有利・得な理由があるはずです。
    「不戦の契り(始祖の力の無効化)=ダイバー家は巨人化出来ない」という様な契約をお互いに交わしたのかもしれたせん。
    又は、ダイバー家の力を恐れたフリッツが「不戦の契り」という力でダイバー家の巨人化能力を抑止してるかも…。

    ダイバー家が巨人化しなければ、始祖の力も発揮できないので、マーレにとってはかなり有利なはずです。

    それにしても、色々謎な戦槌の巨人!早く見たいですね~(^^)

  9. ゴン より:

    火を扱う能力とかだったらかっこいいですね!

    北欧神話にはあまり詳しくないのですが、火に関連する神様もいた気がします。
    他にも、霧に関連するのもいたようなきがするので、そんな感じの硬質化とはちょっと違う能力があると興奮します!

  10. 進撃のデブ より:

    アースさん、こんばんは!
    僕は幼少期のジークが持っていた人形に鎧が2個あったので、戦槌の巨人の肉体は鎧の巨人のように、全身硬質化して、その鎧の一部を変形して、武器を作り出すのだと思います。また、サイズも普通の巨人に比べ、大きいと思います。

管理人アース にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です