ネタバレ考察

【進撃の巨人】ネタバレ94話考察!ユミルの民の意味を考察!

94話でライナーの父親がマーレ人という、衝撃的な事実が明らかとなりました。

この事実が真実であるのかは賛否両論となっていますが、おそらくは真実でしょう。

それでは、巨人化はエルディア人ではなくても可能なのでしょうか?

とすれば、巨人となれる「ユミルの民」とは何を指して言うのでしょうか?

検証してみましょう!

◆エルディア人ではなくても巨人化は可能なのか?

2017-06-12_224116

「進撃の巨人」特別編「イルゼの手帳」より

まず、ユミルの民という言葉が登場したのは、5巻収録の特別編「イルゼの手帳」です。

ここで登場した無垢の巨人であるイルゼ・イーターが「ユ…ミル…の…たみ」と発したセリフでの登場が初登場となっていますね。

こうやって振り返ると、かなり初期の頃から「ユミルの民」という設定が考えられていたことが分かりますね!

まさか、「イルゼの手帳」で登場したセリフが、今考察されるとは!(笑)

そして次に「ユミルの民」という言葉が登場したのは、第86話「あの日」でした。
2017-06-12_222655

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

グリシャ父がグリシャにエルディアの歴史を説明する場面にて登場し、「ユミルの民」とは巨人になれる力を持った者を指しています。

これは89話「会議」では、ハンジが同じ意味で説明しています。
2017-06-06_052634

「進撃の巨人」第89話「会議」より

いっぽう87話「境界線」にてグロス曹長から、巨人になるのはエルディア人だけであるとの説明が登場しました。
2016-11-08_035420

「進撃の巨人」第87話「境界線」より

ここから、ユミルの民=巨人化が可能な者=エルディア人となり、ユミルの民=エルディア人と、ほとんどの読者が理解していました。

さてそんな中、今回94話にて、ライナーの父親がマーレ人であることが明らかとなりました。

ライナーの父親についてはライナー父がマーレ人から展開を予想!にて考察しています。

その際にTwitterでライナーの父親がマーレ人であるかを募りましたが、マーレ人の方が僅かに多かったですね。

管理人アースとしては、ライナーの父親はマーレ人であると考えていますので、それを前提に考察を進めて行きます。

つまり、ここからマーレ人のハーフでも巨人化は可能ということが確定されました。

たしかに86話でグリシャ父は「他民族に無理やり子どもを産ませユミルの民を増やした」と解説しており、他民族とのハーフでも巨人化が可能だということを示唆されていました。
2017-06-12_223209

「進撃の巨人」第86話「あの日」より

ということは、マーレ人のハーフでも他民族のハーフでも巨人化は可能であり、「ユミルの民」という事になりますね。

ここからこれまで考えてきた「エルディア人=ユミルの民」は、崩れます。

これは一体どういうことでしょうか?

そして、「ユミルの民」とは何を指しているのでしょうか?

◆ユミルの民とは?

2017-06-06_052614

「進撃の巨人」第86話「あの日より

エルディア人と同義ではないことが明らかとなりましたが、「ユミルの民」の意味が「巨人化が可能な者」であることは揺るがないでしょう。

ただ、これが純粋なエルディア人ではなく、父親がマーレ人のライナーでも巨人化が可能な事から「純血なエルディア人」では無くても「ユミルの民」であることが察せられます。

ということは、巨人化が可能な者である「ユミルの民」とはどのような存在なのでしょう?

つまり、「ユミルの民」の定義とは?

コメントでは、まずライナーの母親がエルディア人であり、父親がマーレ人であることから「巨人体質は女系で継承するのでは?」との説がいくつか登場しました。

つまり、女性エルディア人の子どもが「ユミルの民」という考察ですね。

ただこれだと、「他民族に無理やり子どもを産ませユミルの民を増やした」という民族浄化の歴史に当てはまらなくなりますよね?

子どもを産ませているのはエルディア人であろうし、となると産まされている女性が他民族となります。

これでは女系継承とはなりません。

では、どのようにして「ユミルの民」は継承されていっているのでしょうか?

ここで面白い考察を、ゆっきーさんがコメントにて紹介してくれました。

これは、平たく言うと「進撃の人種は血液型で判別しているのではないか?」という考察です。

そして、

我々が生きているこの世界のABO式の血液型でのタイプは、A型(AA、AO)、B型(BB,BO)、AB型(AB)、O型(OO)です。

進撃の世界ではY(Ymir)型という架空の血液型があると考えられるのではないでしょうか。

そして基本的にはユミルの民はY型(YY)ではないのかと。だからライナーが本当に混血ならば(YA)(YB)(YO)のいずれかの血液型になる。
そしてYの因子さえあれば、巨人化が可能なのではないかと思います。

と書かれています。

さらにそこから考察は広がっていきますが、詳細は94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!95話あらすじのコメント欄にて、ゆっきーさんのコメントが読めますので見てみてください!

かなり秀逸なコメントで、最終的には「マガトはマーレ人であるが、エルディア人から生まれたのでは?」と帰着されており、全てが丸く収まる考察となっています。

本当に素晴らしい考察でした!

ゆっきーさん!

いつも素晴らしい考察をありがとうございます!

このような考察に触れるたびに、当サイトの考察レベルを支えてくてているのは、みなさんの考察コメントのおかげだなと実感する管理人アースです!m(__)m

さて、ではゆっきーさんの唱えるY型という血液型はどこから生まれたのでしょうか?

管理人アースは、これこそ始祖ユミルが触れた「有機生物の起源」ではないかと考えます。

ユミル・フリッツは大地の悪魔と契約し「巨人の力」を得た際にY型因子も受け継いだとしましょう。

これはこの世の全ての「有機物の起源」に由来する因子であり、他の全ての血液型に対し共存していく事が可能なのではないでしょうか?

つまりユミルの民とは、最終的にはユミル・フリッツに繋がる者 全ての人々を指すのではないでしょうか?

ちょっとありきたりでアバウトな結論になってしまい管理人アース自身納得できないのですが、現在ではここまでの考察が限界かなと感じました。

これからの展開にて進展があれば更新していきたいと思っています!

アニメ36話動画ネタバレ「突撃」あらすじ考察と感想!
94話「壁の中の少年」あらすじ考察と感想!
95話あらすじ

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. こんにちは
    いつも楽しく拝見させてもらってます!
    全然関係ないことではありますがふと思ったことを書かせてもらいます。
    壁外に人類が存在していたことがグリシャの3冊の本で分かりましたが、それが実写版の進撃の巨人エンドオブザワールドの終わり方と関係あるかなーとか思いました。
    気が向いたら考察お願い致します!

    • 管理人アース より:

      実写映画のラストに本って出てきましたっけ?
      あまり印象が良くはない映画だったので、記憶が…(;´Д`)

      またよろしくです!

      管理人アース

  2. SINYA-F より:

    アース様、こんにちは。相変わらず惹きつける考察内容を打ち出してこられますね。

    私のは今回、考察と呼べるものではなく質問に近いんですが、ハンジさんは「我々はエルディア人のなかでも特殊な『ユミルの民』」と言っていますが、じゃあ「『ユミルの民』じゃないエルディア人」って何なんだろう……? エルディア人=ユミルの民ではないとしたら、ハンジさんは自分たちが「エルディア人」であることを知っているのは当然としても、なぜ自分たちを「ユミルの民」と考えるのだろう……

    グリシャの父は「ユミルが自分の力を9つに分けてエルディア帝国を作った」そして「巨人化できるユミルの民は他民族を迫害した」と語り、さらっとエルディア帝国の人とユミルの民をイコールで結んでいるような言い方をしています。

    巨人化能力を持った人間は特殊な血液型を持つという考察は素晴らしいと思いますが、問題はその呼び名ですよね。ユミルの民で間違いはないけれど、=エルディア人でいいのか駄目なのか。

    ハンジさんが「エルディア人」と「ユミルの民」を区別している根拠がそもそもわかりません。単に国語の問題でしょうか。

    ちなみに話が逸れますが、最新話に出てきた腕章逆の負傷兵はハンジさんの扮装かなと思っています。身寄りのない負傷兵は人体実験にうってつけ……おそらく治療という名目で人体実験に使われるために「巨人科学研究所」に連れて行かれるんですね。そのあたりの事情はパラディ島で、マーレの船を襲って捕虜から聞き出していたんでしょう。巨人を愛するハンジさんは命に替えてもそこを見たかったはず。足は切断してあるように見えますが、そのあたりが膨らんでいるのでたぶん見せかけでしょう。女型の巨人を継承して切断したなんてことがあったら胸熱ですが……そこで「ユミルの民」の定義を把握したハンジさんが「ほら、やっぱり私の思ったとおり、ユミルの民は特殊な体質をうんぬんかんぬん」とわかりやすく解説してくれるといいなぁ。

    • 管理人アース より:

      ユミルの民ではないエルディア人がいるのか、ですよね。
      血液型で言うならY型を受け継いでいないエルディア人がいれば、ユミルの民ではないエルディア人がいるということになりますよね?
      それってあるのかどうかですが、ユミル・フリッツに繋がらないエルディア人が存在すれば、ありえることになります。
      ここがどうなのかが、分かりませんが…(・_・;)
      もう少し展開を見ないと分かりませんね。

      またよろしくです!

      管理人アース

  3. 壁の巨人 より:

    血液型は確実にキーになっていると思いますが、私は単純に先祖がユミルに繋がれば「ユミルの民」で良い気がしています。
    「日本とアメリカのハーフ」と言ったら、その子孫は何代経ってもうっすらとアメリカの血も入ってるよ、ってな感覚で。
    この考察で言うY因子の検出がマーレの行っている「血液検査」に確実に関わっているとは思いますが。

    私は「始祖ユミル」の血が入っていればマーレ人でも何でも巨人化できると思っています。(アッカーマンはまた別でアッカーマンの因子の方が強いor Yを打ち消してしまって、なんとなく無理な気がしています。妄想のレベルですが。)

    中東連合の人が言っていた「売女の末裔」に関してふと思ったのですが、民族浄化・もしくは「内部工作」と言われている歴史の中にはマーレの女性が積極的にエルディア人との子を産んでマーレ内に「ユミル(Y因子)」の血を入れ、巨人の力を手に入れようと画策した、なんて歴史も考えられるかなと。これなら「売女」の意味とも合うかな?と。
    そうすると、私たちが思っている以上にエルディア人・マーレ人の血は混ざっているかもな、なんて思いました。

    • 管理人アース より:

      となると、ハーフやクォーターでも道に繋がっていると考えられますよね。
      この辺りにまた違った伏線が絡みそうな気がしますよ。

      またよろしくです!

      管理人アース

  4. HM より:

    初めて投稿します。
    血液型の考察面白いですね。

    ただ、ラガコ村の住民が全員巨人になれた、という点をどのように解釈すればよいのでしょうか。

    民族浄化で混血は進んでいると思われるので、Y型を持つ親同士の子供だがY型を持たない人は一定数生まれるはずです。
    マーレ内では、生まれた際に選別されて、Y型があればエルディア人として育てられる、とすれば、注射された際に必ず巨人化することを説明できます。
    ただ、壁の中で同じような選別が行われているとは考えにくいと思います。となると、壁に籠った人たちは全員YY型であり、子孫もすべてYY型である、という結論になる、、のでしょうか。

    • 管理人アース より:

      これは壁内にどのような人々が籠ったのかに繋がる考察ですね。
      壁内にはマーレ人もいましたし。

      またよろしくです!

      管理人アース

  5. テリー より:

    血液型の考察は素晴らしいですね。
    20世紀初頭の科学技術で判別可能という根拠はかなりの説得力があります。

    これを聞くともうそうとしか思えないレベルですね。

    • 管理人アース より:

      この謎の回収がどのように行われるのかが、すごく楽しみですよ❗

      またよろしくです!

      管理人アース

  6. 進撃の初老 より:

    アース様、更新お疲れ様です。
    上記されていた”誰でも巨人化”の意見には賛成できません。やはり”道”でつながっているのがエルディア人であり、ユミルの民なのだから、巨人の肉体が送られてくる”道”に繋がっていない他の血族(という言葉をケニーの祖父が使ってましたね)は巨人になれないと考えるのが妥当です。そして巨人になれるかどうかを採血で知ることができるのはグリシャとクルーガーの会話からも明らかだと思います。

    • 管理人アース より:

      記憶を改竄できない民族=巨人化できない民族=道で繋がっていない民族となりそうですよね。
      これは良く分かります。
      しかしそれがライナーのようにマーレ人ハーフでも道で繋がっているとなると、どういう定義なのか。
      この辺り、気になりますよ!

      またよろしくです!

      管理人アース

      • 通りすがりの新参者 より:

        アース様
        いつも楽しく読ませて頂いています。

        新参者ゆえ、もし、既に議論されていたら、ご容赦下さい。

        上のほうのアース様のコメントに、下記の様なものがありました。
        『記憶を改竄出来ない民族=巨人化出来ない民族=道で繋がっていない民族
        となりそうですよね。』

        これを読んでふと気になった事があります。
        それは、巨人化能力者の「能力の影響範囲です」

        壁内初代王の記憶改竄能力は、壁内の一部を除くほとんど全てのエルディア人の記憶を書き換えました。
        しかし、マーレの収容所にいるエルディア人は、初代王の記憶改竄能力の影響を受けていない様です。

        しかし、マーレの収容所のエルディア人や、コニーの故郷の人達は(ジークの骨髄液を注射されたエルディア人は)
        ジークの「叫び」で巨人化しました。

        これらを見ると、巨人の能力の影響範囲がとても気になります。

        今後の展開を楽しみにしつつ、
        良かったら、アース様の考えを聞いてみたいです。
        では、長々と失礼しました。

  7. リヴァイ料理長 より:

    こんばんは!!

    自分も、民族浄化云々は別として巨人になるのは恐らくマーレもエルディアも中東連合も関係なく全人類だと考えています。

    大地の悪魔=有機生物の起源と考えているのでユミルの民だけではなく、人類全体が巨人化可能だと思います。
    九つの巨人を継承できるのがユミルの民だと考えています。
    恐らく、巨人の脊髄液を注射すればマーレエルディア中東東洋関係なく無垢の巨人になるのでは?と思います。

    • 管理人アース より:

      この予想はけっこう見ますね。
      う~ん、管理人アースはレイスの記憶改ざんが単一民族=エルディア人だけに影響する、から巨人化も同じかなと思っていますが。

      またよろしくです!

      管理人アース

  8. 迎撃の巨人 より:

    確かに血液型のようにユミル因子がある人間がユミルの民でしょうね。エルディアってエンジェル=エル、デビル=ディアブロを足した感じですかね。

    • 管理人アース より:

      エンジェルとデビルを足してエルディアは面白いですね!
      またよろしくです!

      管理人アース

  9. グロスの長男 より:

    こんばんは。いつも楽しく読ませてもらっております。
    少し話題は逸れますが、最近エルディア人とマーレ人について気づいたことがあるのでご報告させていただきます。巨人とはあまり関係ありませんが、エルディア人のモデルはゲルマン系民族、マーレ人のモデルはラテン系民族なのではないかということです。
    グロスやマガト、コスロ等のマーレ人は(登場する限りですが)黒髪で彫りが深めの人が多いです。これはラテン人に多い顔の特徴です。
    また、86話に出てきた旧マーレとエルディアの戦いを描いた絵画ではマーレ兵の装備がかつてのローマ帝国軍の装備に似ていて、ここからもマーレ人のモデルがラテン人だと思われます。
    対して、エルディア人は黒髪も金髪もおり、色白な典型的なゲルマン系の顔立ちをしています。
    さらに、『ユミル』の登場する北欧神話はゲルマン人の原住地であるスカンディナビアの発祥なのでここも一致します。
    エルディア人(ゲルマン人)がもともと大陸にあったラテン人(マーレ人)の大国ローマ帝国に(旧マーレ)に進撃した過去があったと考えると史実にも合います。マーレ人の差別意識の高さはビザンツ帝国のゲルマン人を見下している様さながらです。
    このような点から、自分はエルディア人のモデルはゲルマン人、マーレ人のモデルはラテン人だと考察しております。伏線なのかは怪しいですが是非参考になったらありがたいです。
    長文失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      おお、なるほど。
      このような観点から見たのことがないので、新鮮ですよ。
      ありがとうございます!

      またよろしくです!

      管理人アース

  10. くるみぱん より:

    グリシャ過去編から、エルディア人(ユミルの民)しか巨人になれない、という教えはマーレの洗脳だと踏んで出ていました。なんとなくでしたが、怪しいなぁと。民族浄化だの初代王だの、そこら辺の情報はすべて神話に近いですよね?現実でいう、古事記やギリシャ神話などのことです。これらの神話を歴史と同等にしてしまえば、世界がゴチャゴチャになってしまいます。ですが、特定の人種・民族な洗脳したいのであれば、格好の餌食です。神話を本物の歴史として教育したり、神話というその国の文化を全否定させる教育をさせる、そして「だからお前達は悪魔だ。我々に償え。」といって幼い頃から教育させれば、呆気なくその国民は洗脳してきた国の従順な犬と化します。
    ですから、感覚論になってしまうかも知れませんが、私は巨人化に人種や民族は関係ない派です。

    • 管理人アース より:

      その展開もあるかもですね。
      試してみないと分かりませんが。
      ただ、マーレ人やアッカーマンなどに、レイスの記憶改ざんが影響しないというのが巨人化もできないに繋がっている気もしますが。

      またよろしくです!

      管理人アース

ゆじ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です