単行本

【進撃の単行本】コミックス24巻あらすじ感想と考察まとめ!

「巻末ニセ予告」「本誌からの改変」を追加しました!

2017年12月8日発売予定となっている24巻ですが、1話目に当たる95話が別冊マガジン8月号にて内容が明らかとなりました。

23巻がマーレ側の話であったため、24巻に入りパラディ側の話に転換するであろうという読者の予想を裏切り、引き続きマーレ側の内容が展開されました。

この驚きの1話目の展開から、24巻はどのような内容となると予想できるでしょうか?

「進撃の巨人」24巻を予想してみましょう!

進撃の巨人単行本24巻

進撃の巨人24巻
進撃の巨人24巻

進撃の巨人の単行本全巻
【進撃全巻】コミックス単行本を深読みする伏線を各巻ごとに徹底考察【進撃の巨人】 進撃の巨人もいよいよクライマックス。 最終回に向けて改めてコミックス1巻から読み直したり、アニメシーズン4...

◆24巻1話目@95話「嘘つき」あらすじ&感想!

2017-06-08_041858

「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より

23巻最終話94話は、ライナーとエレンが同じ空を見上げているという場面で終わりました。

95話は、ライナーの回想シーンが終わり、そのままマーレの展開となります。

まずは95話の内容を見て行きましょう!

第95話「嘘つき」のあらすじ!

2017-07-06_040020

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

レベリオ収容区を歩いているライナーとガビの場面から始まります。

二人は街中の人々に好意的に声をかけられながら、マーレ軍本部に移動します。

そこで二人は別れ、ガビは戦士候補生としての訓練、ライナーは戦士長ジークの部屋で他のマーレの戦士たちと会議に参加します。

そこではジークの話から9つ目の巨人であろう「戦槌の巨人」が明らかになり、その巨人を継承している一族「タイバー家」が説明にて登場します。
2017-07-06_041019

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

その後、ライナーの回想シーンとなり、ライナー、ベルトルト、アニ達が巨人を継承し、壁ドン時の始祖奪還作戦の話となります。
2017-07-06_041350

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

そこではライナーの父親が登場し、その父親が母カリナとライナーと一緒に暮らす気持ちがサラサラない事、そしてライナーが鎧の巨人を継承できたのはマルセルが印象操作していたためであることが明らかとなりました。

そこに無知性ユミルが登場し、マルセルを捕食する場面となり、終わります。

詳細は、95話「嘘つき」あらすじ考察と感想!にて載っていますので、見てみて下さい!

95話「嘘つき」の感想!

2017-07-06_042054

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

どこまでライナーを追い込むのか…(・_・;)

ここ数話は本当にライナーに気持ちが入り込んでしまう展開となっていますが、95話は本当にライナーに同情してしまう回でした。

特にライナー父に罵倒される場面は、かなり厳しいですよね(・_・;)
2017-07-06_042116

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

これまで必死でマーレの戦士になるために努力してきたライナーの目的である「父と一緒に暮らすため」が、グラリと揺らぎ全てを否定されると場面となっていました。

繰り返しになりますが、本当にどこまでライナーを追い込むのか…

これまでエレンをはじめ、壁内人類が巨人に苦しめられている境遇が描かれてきましたが、ここ最近のマーレ側のエルディア人の苦しみを見るともう何とも言えないですよね!

そして、ここまでのライナーというキャラクターの掘り下げを見ると、もうしばらくするとライナーが死亡するのかとも感じられ…(;´Д`)

今後の展開が非常に気になってしまう95話でした!

◆24巻2話目@96話の展開予想!

2017-07-07_204344

「進撃の巨人」第1話「二千年後の君へ」より

ライナーの回想シーンの続きから始まると予想します。

マルセルが捕食され、逃げたライナーとベルトルト、アニは彼を死なせてしまった自責の念を吹っ切るように壁を破壊します。

場面は回想シーンから現在のマーレの戦士ライナーに移ります。

マーレ本部を歩いていると、マガト隊長、ジークとともに会話をしながら、一人の人物が歩いてきます。

その人物がタイバー家当主だと判明し、終わります。

【追記】
2017-08-08_021230

「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より

96話は予想通り壁ドンの展開となりました!

ただライナーの回想シーンのまま終わり、タイバー家の登場という展開にはなりませんでした。

97話の予想からは、かなり厳しいだろうなと感じています(・_・;)

◆24巻3話目@97話の展開予想!

2017-07-06_041019

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

ライナーが初めてタイバー家当主と対峙した場面から始まります。

ライナーと同年代と思われる当主は、親しげに手を差し出し、握手を求めてきます。

タイバー家当主
「はじめまして、副戦士長。あなたの活躍は耳にしています。」

「ただ悲しいかな、4年前の始祖の巨人奪還作戦失敗はマズかったですね。」

「次回の始祖奪還作戦が最後のチャンスですよ。エルディア人がこの世界に生き残る為にも、絶対に失敗は許されません。あなたがエルディア人と祖国マーレの盾になるのです。鎧の巨人。」

タイバー家当主はニコヤカに爽やかな笑顔でライナーと握手をします。

そして、マガト隊長とジークとともに去っていく後ろ姿を見送るライナー

ライナーは再び行くことになるパラディ島を思い出します。

場面は壁ドンが成功し、壁内に侵入したライナー、ベルトルト、アニに移ります。

巨人から避難する人々に紛れ、壁内に何とか潜り込んだ描写があり、終わります。

【追記】

97話でタイバー家当主と握手を交わしたのはマガト隊長でした。

そして、壁内に潜り込む場面は、96話にて登場していましたね!

微妙に予想と重なっている場面はありましたが、やはり展開はズレてきていますね(;´Д`)

◆24巻4話目@98話の展開予想!

2015-11-21_185457

壁ドン後、トロスト区に入り込み、その後開拓地へと移るライナーの回想シーンから始まります。

開拓地にて、ライナーは労働に勤しみながら、必死に体を鍛え勉強に励みます。

マルセルを捕食させてしまった罪悪感、そして彼に言われた「本当は鎧の巨人の継承者ではなかった」という言葉を吹っ切るためめ、毎日毎日自分の体をいじめ続けます。

そして2年後、訓練兵団に入団する頃にはたくましい体になり、自信に満ち溢れた顔付きになっています。
2015-11-21_195949

104期訓練兵団入団式にて、サシャがキース教官にイモを半分渡している場面がライナー目線で見え、回想シーンからマーレの戦士となっている現在のライナーに戻ります。

タイバー家当主が祭事にて演説をしている場面の描写があり、終わります。
2017-07-06_041216

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

う~ん、97話、98話はほとんど妄想ですね(笑)

ただ、24巻はライナーのパラディ島回想シーンと現在のマーレの展開が交互に登場する展開になるのではと予想しました!

読者に「これでもか!」というほどのライナーへの感情移入を促す展開が起こるのではと予想します!(笑)

少しでも当たっていたら、嬉しいです!(*^^*)

【追記】

訓練兵団に入団したライナーとベルトルトが登場したのは、96話の最後の場面に登場していましたね。

そしてタイバー家の祭事の展開は、もう少し先のようです。

予想は当たっていませんでしたが、方向性はけっこう当たっていたように感じます。

3話先の展開予想だった割には、まあまあ悪くない予想だったなと感じています(*^^*)

◆24巻表紙が公開!

進撃の巨人単行本24巻

進撃の巨人24巻
進撃の巨人24巻

進撃の巨人の単行本全巻
【進撃全巻】コミックス単行本を深読みする伏線を各巻ごとに徹底考察【進撃の巨人】 進撃の巨人もいよいよクライマックス。 最終回に向けて改めてコミックス1巻から読み直したり、アニメシーズン4...

24巻表紙が公開されました!

これは96話「希望の扉」にて登場した、ライナー達がローゼ内に侵入しエレン達がトロスト区に避難した場面ですよね。

本編では登場しなかった場面ですが、いちおうあり得る場面ではありますよね!

それとも、侵入した場面ならアニは気を失い眠っていたはずだから、目を開けているアニは「あり得ない」と考えるべきなのか…

悩ましい場面ですよね!

でも、ちょっと良い表紙ですよね!

これまでには無い雰囲気の表紙のように感じました!\(^o^)/

こういう感じの表紙も良いですよね!

なお、24巻限定版の特典は「LOSTGIRLS」のアニメDVDと判明しています!

「LOST GIRLS」アニメ化決定!24、25、26巻限定版も!にて紹介&考察していますので、見てみてください!

◆「24巻PV」が公開!

24巻PVが公開されました!

むちゃくちゃ盛り上がる仕上がりとなっていました!

特に「手紙」が登場する場面が良いですよ!

ぜひ、見てみてください!

◆24巻限定版付属OVA「アニ外伝」予告PVが公開!

24巻限定版付属OVA「アニ外伝」の予告PVが公開されました!

ひっさびさのアニですよね!

そして、まさかの「マルコ死亡場面」の登場!

これ、コミカライズのアニ外伝、小説版のアニ外伝にも登場しなかった場面ですよね!

この予告PVの場面だけで、アニメオリジナルシーンの期待が高まりますよ!

そして相変わらずの、最高な音楽と声優!

変わらないどころか、さらに高まっているクオリティー!

はやく24巻を手にしたいです!\(^o^)/

◆24巻巻末ニセ予告も「スクールカースト編」!

2017-12-09_202653

「進撃の巨人」24巻巻末ウソ予告より

24巻が発売となり、巻末ウソ予告の内容が明らかとなりました。

21巻から続いていた「スクールカースト編」が今回も登場しました!

というか、「スクールカースト」ではないですが!(笑)

ただ、死亡退場しているエルヴィンが見られるのは嬉しいですよね!

25巻も「スクール編」が続くのかが、楽しみです!(^^)

◆本誌からの改変を検証!

2016-03-16_045115

「進撃の巨人」第76話「雷槍」より

コミックス化する際に本誌から見て改変された場面を取り挙げ検証します!

まずは1話目の95話のピークのセリフからです!

第95話ピークのセリフの改変!

2017-12-10_045139-horz

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

ピークがタイバー家を説明するセリフに「救世の」という表現が追加されていますね。

これは後の98話で「救世の末裔」というヴィリーを表す表現が登場しており、ここから95話のこの場面でもそのように表現することになったのだと考えられます。

たしかにこの時のタイバー家のポジションを表すには「救世の」という表現は的確ですよね!

次は第96話からベルトルトのセリフからです!

第96話ベルトルトのセリフの改変!

2017-12-10_044749-horz

「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より

ベルトルトの無垢の巨人を説明するセリフが「仕掛け通り」から「仕組み通り」に改変されています。

この改変にはショックを受けました(・_・;)

96話考察!巨人の「仕掛け通り」について考察!にて、「仕掛け通り」という表現を取り挙げ「巨人は人為的に作られた」と考察していたのです。

「仕掛け通り」という説明には、「無垢の巨人が注射液を人為的に作った者の意志により、人間に引き寄せられるように作られた」という意味が込められているように感じられます。

しかし今回の改変の「仕組み通り」だと、「作った者の意志ではなく、自然の『仕組み通り』に人間に引き寄せられるのでは」と考えられますよね?

この改変からは、無垢の巨人の性質とは「人為的」ではなく「自然発生的」に生まれたということが考えられますね!

この改変は、ちょっと頭に入れておいた方が良い気がします。

次はライナーのセリフの改変です!

第96話ライナーのセリフの改変!

2017-12-10_044826-horz

「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より

ライナーが壁の扉の破壊をベルトルトに任せる場面の改変ですね。

「頼んだぞ」から「頼む…」に改変されているのですが、これにより「任せる」というニュアンスから「託す」というニュアンスに変わりますよね。

この改変から、ベルトルトによる壁の破壊が、ライナーから見ても「かなり難しい任務」であったことが強く感じられます。

「この壁を破壊するのは、超大型巨人でもかなり難しいのでは」

そのように壁を見たライナーも感じたのでしょう!

素晴らしい改変ですよね!

次は最後の検証になりますが、97話のケニーのセリフの改変です!

第97話ケニーのセリフの改変!

2017-12-10_044903-horz

「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より

アニとやり取りをするケニーのセリフの改変です。

「絶対にねえな」から「妹に誓ってねえな」へと改変されています。

これはこれまで見た改変の中でも、本当に素晴らしいと感じられる改変となっています!

アニはケニー捕まり、何とか逃れようと「私は貴方の知らないところで生まれたあなたの娘」とウソをつきます。

しかしケニーは全く取り合いません。

そんなケニーに「絶対に覚えのない娘がいないと言い切れるのか?」とツッコみます。

その答えが「妹に誓ってない」であり、つまりは「客の子であるリヴァイを身籠り死んだ妹クシェルに誓ってない」という意味となります。

具体的に「妹に誓って」という言葉が入る事により、読者にその意味が分かりやすくなっており、さらにクシェルとリヴァイへの想いが感じられるようになった改変ですよね!

本当に秀逸な改変ですよ!

この改変により、さらにケニーファンが増えるのではないでしょうか?(笑)

24巻限定版は、こちらから購入できます!

進撃の巨人単行本24巻

進撃の巨人24巻
進撃の巨人24巻

進撃の巨人の単行本全巻
【進撃全巻】コミックス単行本を深読みする伏線を各巻ごとに徹底考察【進撃の巨人】 進撃の巨人もいよいよクライマックス。 最終回に向けて改めてコミックス1巻から読み直したり、アニメシーズン4...

【進撃の巨人】ネタバレ25巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
「LOST GIRLS」アニメ化決定!24、25、26巻限定版も!
23巻最新刊あらすじ感想と考察まとめ!
進撃の巨人の表紙を考察!ループ説と関係も!!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ゲレゲレ より:

    そもそもエレンは野球という物自体知ってたのかなーとちょっと思った。グリシャやクルーガーらの記憶から知る術はあるが実際やった事はなさそう。それにキャッチボールには相手が必要だが…?

  2. みーたろぅ より:

    いつも楽しませて貰っています!

    新しい表紙とても素敵ですね(≧∇≦)暗い部屋にいる子供達皆んなに暖かな光が射していますね。そんな未来が皆んなに待っていると良いですね!

  3. より:

    タイバーが真っ二つに

    否戦槌継承者と知ってるのか知らないのか、というのもあるが、
    そもそもタイバーが、自分が殺される事まで予定通りの
    「世界に対してエレン個人を悪として認識させる」
    共謀者であったとしたらキツイ判断だなぁ

    エレン側の予定を察知しているっぽいアズマビトと繋がりがないようだから分からないが…

  4. 進撃のチョコたん より:

    ベルトルさんの射撃の腕って活躍する場がなかったような・・・

    • 管理人アース より:

      そうなんですよね(笑)
      これから登場する回想場面で登場するのかも…です(・_・;)

      管理人アース

  5. そーなんです。 動物好きの巨人 殿
    ハヤブサは近年、インコの仲間に
    入れられたようです。
    でも、インコは知能が高いので、侮っ
    てはなりませぬ。

    これは逆に、ファルコが スズメや
    インコから、ハヤブサに化けるという
    暗示とも思えますが どうでしょうか?
    (エレンと出合ってから、ファルコは
     成長してきたように感じます。)

    ところで 本題の24巻、第98話には
    今後のキーパーソンとなるであろう、
    ヒィズル国のアズマビト家キヨミ様が
    初登場なさいます。
    このお方は、故意にウドに近づいて
    巨人候補生たちの気を引こうとした
    のではないか?
    そんな疑惑を抱いております。
    その登場シーンなど注目です。

    • 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

      さすが、おおぞらバード殿ですね。名にバードがあるだけありますよ。

      初めて知った時は、驚きました。これは「収斂進化」(全く別の過程を経たはずなのに姿、特徴がそっくりになる進化)というものであるようで、身近な例としては、サメとイルカ、エゾモモンガとフクロモモンガ、アリとシロアリといったところでしょうか。生息場所や習性などが似通っている場合になりやすいようです。

      進化って不思議ですよね。つまり、ファルコも誰かしらと似ており、それでいて別の道を行くって伏線?なのかもですね。考えすぎな気がしますが(ーー;)

      あと、補足ですがハヤブサは「インコの仲間に入れられた」わけではなく、「インコに近い仲間に位置付けられた」が正しいようです。
      それではまた。

      • 動物好きの巨人 殿
        『収斂進化』=「全く別の過程をたどって
         来たはずなのに、姿や特徴が そっくりに
         なる進化。
         これは、環境や習性などが似通っている
         場合に起きやすい。」
        これは 勉強になりました!
        この意味する処は 物凄く深いです。

        例えば、動物に限らず、人類の歴史でも
        西洋と東洋、違った歴史を歩みながらも
        突き詰めれば、思考や技術など共通する
        処も多々見られます。

        「進撃の巨人」でも、マーレとパラディ島、
        両者には 隔てられた歴史があったにせよ、
        似通った情況で 相まみえる事になるのでは
        ないだろうか。
        作者が「収斂進化」を知り、それを 進撃の
        世界に反映しているとすれば、ストーリーの
        少なからぬ一助になると思われます。

  6. 動物好きの巨人ewigseele ∞ より:

    最近知った衝撃の事実は、なんとファルコの名の由来ファルコンことハヤブサは、猛禽類ではなく、スズメやインコの仲間だったこと!動物好きの巨人でございます。衝撃ですよね、最近のDNAの調査をしたらしいのですが、結果、ハヤブサ目はスズメ目インコ目の近くに移籍したようです。

    つまり、ファルコはなんかの皮を被ることになるのではと考えております。

    ちなみに、しっかりと限定版の24巻の予約をしておきました!大変楽しみです。

    それではまた。

    • 管理人アース より:

      >ファルコはなんかの皮を被ることになるのでは
      衝撃の考察ですね!
      たしかにファルコは、何か化けそうな気がしますよ!
      管理人アースも24巻限定版予約しているので、LOSTGIRLSがむっちゃ楽しみです!(*^^*)

      管理人アース

  7. エーデルマン より:

    こんばんは。

    前々から疑問に思っていたんですが、なぜ壁って三重で各壁に4か所の城壁都市があるんでしょうか?
    この構造って壁外に巨人がいることが前提だと思うんですが、初代王が壁内にこもった直後は壁外に巨人はいなかったはずでは。

    これは実権を握ったマーレが反意を示したエルディア人を島内に巨人として送り込んでくること知っていたように感じます。
    だとすれば、マーレに残されたエルディア人は巨人にされるために残された生贄的な役割を担わされており、初代王とダイバー家はそういう取り決めを交わしていたのでしょうか?

  8. PANDA より:

    お疲れ様です

    コミック考察は、ほぼ未来予知というか、先読みというか
    先見の明というか…
    大変ですね
    方向性すら分からん(;´Д`)

    23巻はともかく、
    24巻、25巻には、ヒントが隠されていそうな気がします

    ⚫アニメseason3スタート
    ⚫オマケDVDがある
    ⚫内容はアニ

    アニメseason3は王政編でしょうから
    当然パラディーサイドなわけで、読者の気持ちをマーレサイドから引き戻す為には絶対エレン達の話に戻っていなければならないと思います
    従って24巻全てがマーレサイドというのはいささか厳しい気がします
    いや、逆にマーレサイドにしておいて、次の月刊誌でパラディに…?(;-ω-)ウーン

    私は大人しく物語を享受しようと思います。

    ところで、始祖の巨人は見た目女の人って感じじゃないんですね?

    あ、コミック予想するなら
    諫山先生になりきるのもありかもですね!
    もしくは先生の脳内に進撃!
    ⊂(‘ω’⊂ )))Σ≡GO!!
    その折にはぜひお供させてください♪

    • 管理人アース より:

      >始祖の巨人は見た目女の人って感じじゃないんですね?
      これ、69話でケニーを捕まえたウーリ巨人の時の始祖は男っぽくなかったですか?

      管理人アース

      • PANDA より:

        ウーリの巨人は背中側だったので
        判定不可だと思っていたんですが
        最新刊のキャラ説明?
        最初のページのやつ?
        ユミルの民の記憶を
        奪っている図?
        の始祖の巨人は少なくとも女性には見えないなぁと。

        スイパラ行かれたんですね(*^_^*)
        記事楽しみにしてますよー
        ((o(。>ω<。)o))ワクワク
        てか、早くお仕事慣れきって、
        余裕のある生活に戻ってください
        気長に待ちますケド
        そろそろ返事ないと寂しいです
        (*óㅿò*)シュン。。。

        • 管理人アース より:

          最近は可能な限りチョコチョコと返信しています(^^)
          仕事に慣れていないのもありますが、今の所属場所はかなり自分の時間が削られるので厳しいですね(・_・;)

          スイパラの記事は本日更新しました!
          トップに持ってきたので見てみて下さい!

          始祖の巨人はウーリ巨人からも、女形とは決まっていないと思いますよ!

          管理人アース

  9. ライナーは必ず俺たちの仲間に返ってくる より:

    お忙しい中、幾つも記事更新お疲れさまです。

    ライナーファンにとっては、95話は相当堪えました・・・

    気になっているのが、ライナーの「未婚の母」です。
    あの時代の倫理観として、特にそれで問題がなかったのが不思議で、何か背景があるのではと勘ぐってしまっています。

    事情は違いますが、ヒストリアは「妾の子」みたいに差別されていたので、尚更不思議に感じてます。

    リトル・ライナー、壁内潜入後は、劣等感から必死に勉強して身体を鍛えたんだろうという予想は同感です。

    そこで束の間の心の安らぎを覚えたんだろうな・・・(涙)

    命が尽きる前に、せめて一度でもエレンたちと話ができればと願うばかりです。

  10. 玉無しの巨人 より:

    おおっ!考察チャレンジャー♫アー様

    流石に、性格も人格も…タイバー家全く見当がつきませんが……

    難しい考察こそアー様冥利につきますね。
    楽しみです♫

    • 管理人アース より:

      おひさです!
      毎回コミックス単位の予想は、ほぼ妄想です(笑)
      展開の方向が、少しでも合っていたら嬉しいですよ!(*^^*)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です