最新話考察

【進撃の巨人】ネタバレ128話考察!女型と鎧巨人化から展開予想!始祖ユミルは解放されていない?

アース
アース
始祖ユミルちゃんとエレンってどうなってるんだろ?

128話では、とうとうエレン・ストッパーズとイェーガー派が激突する展開となりました。

そこでのキヨミ様の「タダで死んでなるものか!」も熱かったですが、他にも見逃せない場面がありました。

鎧の巨人と女型の巨人の登場です。

サラリと登場した展開でしたが、ここにはかなり重要な意味が込められていると進撃の考察好きなら気付きますよね。

その意味とは何か?

さらにそこから予想できる展開とは?

検証してみましょう!

◆女型の巨人と鎧の巨人登場を考察!

「進撃の巨人」第128話「裏切り者」より

128話ではイェーガー派との激突を回避しようとする気持ちとは裏腹に、戦闘する展開となりました。

久々な巨人化展開、特にアニの巨人化は8巻以来ですよね!

「進撃の巨人」第128話「裏切り者」より

さらに以前は敵であった二人が味方となり(調査兵団目線)巨人化する場面は、非常に不思議な気持ちで読みました。

嫌な感じではないのですが、ちょっと表現し辛い感情ですね。

ただやはり巨人化する場面を見た時は「おお!」と熱くなりましたよ。

そして、ひとつ頷きました。

「地鳴らし後も巨人化できるんだ」と。

これは、始祖ユミルの解放から地鳴らしが起こったとしたら、9つの巨人は巨人化できなくなるのではという考察を完全否定される展開だけに、かなり要チェックなポイントですよね。

巨人化できないのでは、という考察は地ならしユミル解放から13年の呪いと巨人化能力を検証!でしていますので、見てみて下さい!

30巻122話で、全ての巨人の血肉は始祖ユミルのコネコネが送られてできている、と分かりました。
2019-10-12_051259

「進撃の巨人」第122話「二千年前の君から」より

ここから二千年間始祖ユミルが子種フリッツの言いつけを守り行っていた事だろうと察せられますし、ジークの前に跪いた始祖ユミルの描写からも始祖ユミルはフリッツの血統に奴隷化しているのだろうと感じました。

それはエレンの叫びに呼応して、初めて感情を見せたユミルちゃんの表情からもそう読み取れます。
2019-10-08_033648

「進撃の巨人」第122話「二千年前の君から」より

つまり始祖ユミルちゃんは子種フリッツの言いつけで二千年間イヤイヤ巨人を作っていたのでは、と。

けれどエレンの言葉により解放されたはずだからもう巨人は生まれないはずだ、と予想していたのです。

そこから、巨人化能力により巨人化能力者の寿命は13年になっていたので、それも無くなったのではとも予想していました。

しかし今回の二人の巨人化描写により、これは全て否定された事になります。

だって一度解除された鎧の巨人の硬質化まで元通りになっているんですから!

「進撃の巨人」第128話「裏切り者」より

これらの予想は完全に外れた、と考えて良いのかなと。

もっとも、124話で巨人化能力のひとつである治癒能力が発揮されてライナーの体から蒸気が出ているところからも、巨人化できるのだろうとも感じていましたが…

「進撃の巨人」第124話「氷解」より

ということは、始祖ユミルちゃんは解放されていないのでしょうか?

未だにコネコネし続けているのか?

さらに検証してみましょう!

◆始祖ユミルちゃんは解放されていないのか?

2019-10-08_033648

「進撃の巨人」第122話「二千年前の君から」より

女型の巨人と鎧の巨人が巨人化した事から、始祖ユミルが未だコネコネし続けている事は間違いないでしょう。

では、彼女は未だ解放されていないでしょうか?

この問題について、124話考察!ユミル覚醒で巨人化能力は失われたのか検証!で管理人アースは「始祖ユミルはエレンに協力しているのだろう」と考察しました。

つまり子種フリッツの呪いからは解放されているけれど、エレンに協力しているのではないかと。

始祖ユミルにとって、エレンは二千年間従わざるを得なかったフリッツ家から解放してくれた存在です。

そのため、エレンが認めユミルちゃんが認める存在ならば、始祖ユミルはコネコネするのではと考えれます。

となると、自分の考えに賛同してくれるイェーガー派よりも、地鳴らしを止めようとするエレンストッパーズの巨人化を認めた事になりますよね。

この辺りに「自分を止めて欲しい」というエレンの真意が隠されているのかも、とも考えられますね。

今回の考察で「始祖ユミルは解放されており、エレンとユミルが認めた巨人化は可能なのでは」と予想できました!

エレンとユミルちゃん、ジークの状態を早く知りたいですよ!\(^o^)/

アース
アース
「始祖ユミルちゃんはエレンが解放」「エレンはヒストリアが解放」みたいなイメージを持っています。

【進撃の巨人】板チョコアイス4月13日より限定発売!全10種背表紙を紹介!
本誌別マガ6月号休刊が発表!作品に与える影響は
128話考察!ライナー「お前と同じだ」回収を検証!
128話考察!コニーの「俺はー」の後を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 鉄の心クルーガー より:

    ハルキゲニアがラスボスの可能性も十分あると思いますが自分はユミルの代わりにジークが知性巨人を作成しているのでは無いのかと考察します。ジークはグリシャの願いを叶うべくまだエレンを止める事を諦めてはいないと思います。進撃の世界では闘う(エレン)、和解(アルミン)そして安楽死(ジーク)を望む3つの勢力があり、まだどれも可能性は完全に消えたわけではありません。ただ、ユミルを失ったジークはアルミン側に付きエレンvsアルミンandジークになってるかもですね。

    • ジークの現在も気になりますよ。
      どうなっているのか、描写が欲しいところです。
      エレノサウルスの中で地鳴らしを見ているのかも…
      安楽死を望んでいた彼には、地獄のような風景かもですね(;´Д`)

      管理人アース

  2. ぽん より:

    団長&皆さまの考察を見て「もしかしてラスボスはハルキゲニア的存在&ジークなのでは?」なんて思ったりしました。
    エレンの地ならし決行はハルキゲニア的存在をあぶり出すための策だったりしませんかね?
    (または全世界に注目させて真の敵を公表するタイミングを作る策とか?)
    最終的にエレンと始祖ユミルはハルキゲニア的存在とジークを現実世界に吐き出して対決するのでは?
    吐き出された獣ジークとハルキゲニアは融合していかにもラスボスらしいビジュアルに‼
    そしてエレンはエレンストッパーズと合流してドリームチーム結成‼
    顎ファルコ出陣!
    復活の兵長も大活躍!
    覚醒したミカサは車力を超える腕力を発揮!
    ガチの巨人肉弾バトルでド派手に完結!
    ・・・なんて展開だったら斜め上なんじゃないかと妄想してしまいました。

  3. 普通の東洋人。 より:

    二度目の投稿になりました💦
    生物は、子孫の数を闇雲に増やすのではなく、環境の変化に適応できる個体を確実に残す方が重要説、をどこかで読みました。
    実はハルキゲニア君は高い知能を持ち(アース団長愛読書の寄生獣みたいに?)、他の生物に寄生を繰り返す事で半永久的に生存可能なので、ハル君自身は積極的に寄生先(エルディア人)や子孫を増やす必要は無かった、なんて考察もアリですかね?
    これを前提に、関係者3人の事情を勝手に想像してみました。
    ①スルメイカの足みたいに9つに食べられ、能力も9分の1にされてしまった哀れハルキゲニア君、元の完全体に戻りたくて残りを探してる?
    ②エレン曰く「2千年前から誰かを待っていた」始祖ユミルちゃん。
    娘さんたちに会いたいのかな? 9つの巨人の中に彼女たちの魂がまだあるのかな?(この辺は妄想ですが)
    諦めて言われるままに巨人を作り続けていたけど、そこにエレンが現れる。
    ③エレン「オレがこの世を終わらせてやる! そして巨人を一匹残らず駆逐!」
    【安楽死計画】ならユミルの民がゆっくり減り、【地鳴らし】なら9つの巨人がエルディア人だけの所有となる。
    どっちにしても知性巨人がひとところに集まり回収が早まる。
    一方エレンは最終的に9つの巨人を一つに統合させ消滅させたい、そのためには近くに巨人たちがいる方が見つけやすくて都合がいい。 ここで三者三様の思惑が一致、かくて世界は地鳴らしへ…?

    ところでアニメでの第一話「二千年後の君へ」の冒頭部分、エレンの見ていた夢の中…原作では「いってらっしゃいエレン」だった部分の謎の映像ですが。
    椅子に身を沈めた軍服姿の人物の遺体? 頭部と手首がが欠損しているのに血は見られず、暖炉の火は燃え盛り、たった今まで生存していた様子でした。
    あの人物は145代王カール・フリッツ? まるでハルキゲニア君がエイリアンみたいに脊髄を食い破って出てきたような😨

    • >あの人物は145代王カール・フリッツ?
      軍服姿で倒れていた人物、いましたね!
      あれが145代フリッツ王なのか?
      アニメオリジナルの回収も気になりますね!
      それこそ最終話かも(・_・;)

      管理人アース

  4. 和銀 より:

    今晩は🌙アース団長お疲れさまです🍵やっとこの考察にたどり着きました 皆様素晴らしい考察をされていて今更なのですが 一点だけ 氷解でライナーの鎧 アニの水晶体 壁が解放されました でも巨人達は動いているので一時的に解かれたけれど それは 硬質化した部分であってまたすぐに巨人達は歩き続けてます 壁の巨人の強度は知りませんが壁の巨人が地ならしをしている間は巨人化出来るのではと思ってました でも仕組みや理解については まだまだ頭が回りません が意外と細かい指示はないように思います だからアニもライナーも巨人化出来たのではと思います アルミンは怪我が治るまで巨人化出来ないはずなので(確かに損傷の激しいときは巨人化出来るかどうか微妙ですので)アルミンが中心にドォ~んと進撃のゲームみたいには出来ないと思うので ただエレンは洗脳が使えるはずなのにもしくは記憶改ざん出来るはずなのにしてません 恥垢種さんのおっしゃられるように意のままにさせることが出来るはずなのに なぜしないのか? が気になります 巨人バトル共闘は特撮ファンなのでこんな場面ではときめくのですが今回ばかりは辛いです ほんとに今回の展開は人物 配置 エピソードすべて隙がありません 先生の進撃の巨人展ファイナル インタビューでおっしゃってた「後悔させないラスト」を信じたいと思います はっ!

    • 地鳴らしに意識が取られ過ぎてエレン・ストッパーズの改ざんまで気が回っていないのかもですね。
      エレン達がどのような状態なのか、早く確認したいですよ!(*^^*)

      管理人アース

  5. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    なかなか、疫病禍が収まらぬなか、ありがとうございます。
    これについては、私は、最近、単純に考えてまして、ようは座標が存在する限り、続くと考えています。
    座標の世界は一種の精神世界で、エレン達のやり取りも、そこで起こっていると推測します。
    そして、あそこに行けるのは、王家と始祖ホルダーで、指示できるのも彼らだけ。
    それ以外の無垢や9巨人は「勝手に」座標から物質が送られる。エレンは恐らく、ユミルちゃんに送るなと言えばできるのでしょうが、地ならしで、それどころじゃないし、それほど脅威と見てないのでしょう。(どちらかというと後者)。
    まあ、9巨人の力で来ようが、始祖を使えば、硬質化を解除したように、全て、意のままなんですから。ユミルの民は何人たりとも、エレンの意のままですから、抵抗どころか、反対にエレンに協力させられるでしょう。
    よって、エレンストッパー達で脅威は非エルディア人のマガト、イェレナ、オニャンコポンそして、2名のアッカーマンの計5人。もしかしたら、エレンに操られ、この5人と残りのユミルの民との対決とかもあり得ると見ています。
    この意のままの伏線としては、ガビがエレンに睨まれ、まただ動けない、って、あったと思うのですが、まあ、始祖には逆らえないんだと思いますよ。

    • >エレンに操られ、この5人と残りのユミルの民との対決とかもあり得る
      うわ、これはキツい(;´Д`)
      つまり巨人化を止めるほどの脅威に感じていない、というところですかね?
      なるほどです!
      早くエレンの再登場を見て確認したいですよ。
      どんな状態なんだろう(・_・;)

      管理人アース

  6. 普通の東洋人。 より:

    エレンが鎧と女型の巨人化を許可したという事は、ライナーとアニちゃんがパラディ組と行動を共にしている【現在の状況を知っている】?
    【現在の状況を予測していた】とも考えられますが、本来なら敵同士のチームが手を組む所まで、確信を持って予測するのは難しいような…。
    となると、未来の継承者の記憶をも見ることができる進撃の能力で【未来を知っていた】?
    エレンの見た「あの景色」の中に、敵も味方も無くなったストッパーズ全員の姿があれば良いですねぇ…。
    でも我々未来の記憶は見られませんが、進撃の巨人にそんな平穏な展開はあり得ない事だけは、見えなくてもわかります😓

    • >敵も味方も無くなったストッパーズ全員の姿があれば
      ホントそうですが、かなり厳しいですよね(;´Д`)
      ガビとファルコは最近生き残るっぽく感じています(*^^*)

      管理人アース

  7. つゆか より:

    最新巻読み返して気づいたことがあったので、度々コメント失礼します。地ならしの見開き悪魔風エレンのほおがこけ、やせこけたようになっているのはなぜでしょうか。始祖の巨人をあやつるのはめちゃくちゃ力を使うんでしょうか…

    • >エレンのほおがこけ、やせこけたようになっているのはなぜ
      これは分かりませんね。
      仰る通り現在の巨人のサイズはむちゃデカいので力を使うのかもしれませんし「地鳴らし」が力を使うのかもしれません。
      この辺りはエレンの再登場を待たないとちょっと分かりませんね。

      管理人アース

  8. 通りすがり より:

    始祖ユミルが解放されていてほしいというのはわかりますが、ちょっと苦しい説ではないかなと思います。エレンが認めた相手なら巨人化できるというのであれば、ライナーとアニが巨人化できることはありえないでしょう。

    > この辺りに「自分を止めて欲しい」というエレンの真意
    ともありますが、それこそありえないと思います。エレンの覚悟はそんなに甘いものではないと考えています。

    では現状はどうなっているのか? 今だ明かされていない何らかの理由により、始祖ユミルは自分の意思では巨人の制作を止められないのだと思われます。そう考えたほうが、2千年に渡って巨人の制作を続けてこれた理由としては納得感があります。

    今知り得る範囲の情報から考えた場合、始祖ユミルはハルキゲニアに支配されてしまっており、ハルキゲニアから巨人の制作を命じられたら抵抗できないと考えるのがしっくりきますね。

    ・・・ここまで書いたところで考えが変わりました。僕は「始祖ユミルはエレンに協力しているけど、【まだ】解放されてはいない」のだと想定していました。しかし、改めて考えてみると、始祖ユミルがエレンに協力するのはおかしいのです。

    なぜなら、地ならしによって、非ユミルの民が絶滅してしまうと、世界にはユミルの民だけが残ることになります。つまり、始祖ユミルは全く解放されません。今後も半永久的に巨人の制作を続けることになってしまいます。始祖ユミルが解放されることを望んでいるとしたら、むしろユミルの民を絶滅させるべきなのです。

    つまり、始祖ユミルがエレンに協力する理由はないのです。しかし、地ならしは実際に起きており(すでに描写もありますし)、地ならしは始祖ユミルの協力なしに起こせるものだとは思えません。したがって、地ならしは、エレンの命令によって、始祖ユミルが嫌々おこしているのではないかと思われます。

    まとめるとこうなります。

    まず、始祖ユミルは、自らをのっとっているハルキゲニアの命令には逆らえず、意思に反して巨人の制作を続けるしかない状態です。そして、地ならしは、エレンの命令(おそらくエレンの中の始祖の巨人がハルキゲニアに命令しハルキゲニアが始祖ユミルに命令している)によって起こされています。地ならしが完了すると、非ユミルの民が絶滅しユミルの民だけが生き残るため、始祖ユミルが解放されることはなくなります。

    したがって、あのとき始祖ユミルが目を見開いたのは、解放された喜びの表情ではなくて、解放されなくなったことに気がついた絶望の表情なのです。エレンは始祖ユミルではなくパラディ島を選んだ、そういうことです。

    ・・・あんまりにも始祖ユミルが可愛そうで、かつエレンの悪人度が高い説なので、もうちょっと救いのある説も出しておきます。始祖ユミルが解放されるには、始祖ユミルごとハルキゲニアを殺すか、ハルキゲニアを別人に乗り移らせるしか、どちらかしかないのかなと思います。

    始祖ユミルごとハルキゲニアを殺す説の場合は、始祖ユミルは地ならしという極端な現象を起こすことで、地ならしを止めるために始祖ユミルを殺しに来る勢力が登場することに期待している可能性があります。

    ハルキゲニアを別人に乗り移らせる説の場合は、エレンと始祖ユミルとの間に取引が成立しており、地ならし完了後はハルキゲニアを完全にエレンに乗り移らせて、始祖ユミルは解放され、以降の巨人の制作はエレンが引き受けるという展開が想定されますね。

    ・・・こうして書いてみるとどっちもあまり救いがありませんね。

    いずれにせよ、始祖ユミルはハルキゲニアに支配されてしまっており、ハルキゲニアから巨人の制作を命じられたら抵抗できない状態であり、始祖ユミルは解放されていないと考えています。

    • >始祖ユミルはハルキゲニアに支配されてしまっており、ハルキゲニアから巨人の制作を命じられたら抵抗できない状態であり、始祖ユミルは解放されていない
      これ、なるほどですよ!
      ハルキゲニアに意志があるのかも。
      まずここから展開するかもですね!

      管理人アース

  9. ユミル・イェーガー より:

    こんばんわ。
    度々失礼いたします。

    巴里分隊長や次列三・伝達さんのコメントにあるように まだまだ謎や未回収の矛盾点などがありますよね。
    「不戦の契り」は文字通り戦闘放棄・武力放棄であり、戦争反対の平和宣言のようなものです。
    「地ならし」はその平和条約を侵したときの報復手段です。
    経緯や方法はともかく、ユミルの民優生主義VSユミルの民根絶やしを結果的に丸く収めたのはカール・フリッツとダイバー家でした。
    カール・フリッツが壁に籠ろうとしたとき、壁の前にいた三頭の馬にまたがっていたのは始祖であるフリッツ王と戦槌継承者と進撃継承者だったのではないかと予想しています。
    その3つの巨人の継承者の記憶を持つエレンは、何かしらの答え(解決の手がかり)を知っているのではないかと思っています。
    兎にも角にも、徹底回収を期待します。

    • 145代フリッツ王がなぜ不戦の契をしたのか?
      話としては「巨人継承家同士の争いに嫌気を指したから」と明らかとなっていますが、そこも明らかにして欲しいですよね。
      フリーダから明かされた考え方も分かりますが…
      この辺り、もう少し掘り起こして欲しいなと感じますよ!\(^o^)/

      管理人アース

      • ユミル・イェーガー より:

        >「巨人継承家同士の争いに嫌気がさしたから」
        これも本来なら始祖の能力で治められたはずデス。
        団長のおっしゃる通りその辺りも回収不足ですよね。
        145代カール・フリッツの真意は、現在のエレンの真意に繋がるポイントになり、壁巨人や地ならしの意味合いも変わってくるように思えます。
        「不戦の契り」の回収を含め、145代カール・フリッツまわりの回収は、今後の展開予想考察にとって重要ですよね。
        そこの回収が進めば、知恵(アルミン)と勇気(エレン)と力(ミカサ)と愛(ヒストリア)の使い方が見えてくるような気がします。

        • >在のエレンの真意に繋がるポイントになり、壁巨人や地ならしの意味合いも変わってくる
          不戦の契と地鳴らしって真逆の行為ですよね。
          この辺りの対比を用いながらエレンの真意が解明されると嬉しいですね(*^^*)

          管理人アース

  10. 次列三・伝達 より:

    団長、新記事考察ありがとうございます☆

    団長の考察通り巨人化出来ましたね!

    始祖ユミルちゃんがエレンに協力している説も賛同いたします☆

    エレン放送でエレンは「始祖の巨人の力を介し…」と言っていたので、始祖ユミルちゃん(始祖能力者)がエレンを助けたんだと思っていました。

    問題は、始祖ユミルちゃんが「地鳴らしを止める」為にアニライナーに力を貸した事。

    地鳴らしを止める=世界の反撃によるユミルの民の根絶やしですよね。

    第145代フリッツ王の「不戦の契り」も、ユミルの民の根絶やしを受け入れるとなっています。

    ユミルの民安楽死計画を画策していた半身ジークを助けたのも始祖ユミルちゃんです。(絶賛洗脳中でしたが)

    一方のエレンは、「ユミルの民以外駆逐派」です。

    となると、始祖ユミルちゃん的に「地鳴らし」や「硬質化解除」は理に叶っていません。

    私が現在のエレンゲリオン?の姿から推測するに、エレンに力を貸しているのは「ハルキゲニア的存在」の方では無いかと思っています。

    ハルキゲニア的存在は、始祖ユミルから始まるユミルの民の血脈を介し、自身の遺伝・子孫繁栄を成功させました。

    「ユミルの民、根絶やし」はハルキゲニア的存在にとって、絶対に阻止しなければならない種の存続危機です。

    そこで仮説ですが、物語の本当の闘いの舞台は、「エレン(ハルキゲニア的存在)VSジーク(フリッツ王家)」なのではないでしょうか。

    始祖ユミルちゃんはエレンに「自我を開放してもらい」、硬質化解除とアニライナー巨人化から、目的等無く「純粋に困っているユミルの民を助けている」だけでは無いでしょうか。

    物語の歴史の流れでは、

    「有機生物の起源と接触した女の子」
    (ハルキゲニア的存在と始祖ユミルの融合)

    「始祖の巨人誕生と大地の悪魔との契約」
    (ハルキゲニア的存在+始祖ユミルちゃんと初代フリッツ王の主従契約)

    「第145代フリッツ王による不戦の契り」
    (第145代フリッツ王>始祖ユミルちゃん+ハルキゲニア的存在)

    「エレンによる始祖ユミルちゃんの開放」
    (エレン+始祖ユミルちゃん+ハルキゲニア的存在>ジーク)

    「〜アニライナーの巨人化」
    (エレン+ハルキゲニア的存在=始祖ユミルちゃん>ジーク)

    ユミルの民優生主義やユミルの民根絶やしでは、物語の世界の問題は何も解決しません。

    理想なのは、ユミルの民が別世界に転移する位しか想像出来ませんが。

    妄想が過ぎましたm(__)m

    • >「ユミルの民、根絶やし」はハルキゲニア的存在にとって、絶対に阻止しなければならない種の存続危機
      そうですよね。
      ハルキゲニア的存在からすれば、たしかにそうなります。
      ハルキゲニアに意思があるのか分かりませんが、もしかしたらこれからそんな展開になるかもですよね。
      要チェックですね!(*^^*)

      管理人アース

  11. つゆか より:

    いつも鋭い考察読んでいます。
    だいぶ前の記事にコメント失礼します…
    巣篭もりで1巻から読み返していて気づいたことです。既出だったらすみません。
    戦え、戦えと2回言った理由についてですが、1巻のエレンミカサ幼少時に強盗三人と戦った時もエレンはミカサに戦え、戦えと2回言っています。そのセルフオマージュではないかなと思いました。

    https://animenb.com/【進撃の巨人】ネタバレ107話あらすじ考察-28416

    • 鏡に二回「戦え」と言ったのは、間違いなく幼少時エレン場面のオマージュの意味でしょう。
      さらに進撃の巨人の能力が未来の記憶を見られる=エレンの言動が見られる、であると分かってからは歴代の進撃の巨人継承者に向けて言っていたのかな、とか思えます。
      例えばこの時のエレンをクルーガーは見たのかな?とか。
      いろいろ妄想が広がります(*^^*)

      管理人アース

  12. おおぞらバード より:

    鎧と女型の2ショット。これは今まで有りそうで
    無かったと思います。
    このように 九つの巨人同士が力を合わせた時、
    そこに始祖の力を超えた何かが生ずる という
    可能性もあるのでは?

    • >鎧と女型の2ショット。
      これ、たしかライナーの回想シーンで登場していたかなと。
      二人が継承したばかりで、コルトがキレていた回ですね。
      ここにアルミンが登場したら、さらに熱いですね(*^^*)

      管理人アース

  13. 巴里の恋人@アース調査兵団分隊長 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    なるほど、この考察は熱いですね。
    実を言うと自分は始祖の巨人には始祖ユミルでも介在出来ない別の人格のようなものが存在しているような気がしているんです。

    事の発端はジークが王家の血を利用する為に始祖の巨人に取り込まれていると言うハンジさんの言葉です。
    ハンジさんがわざわざエレンから始祖の巨人に言い換えているのが余計に臭います。

    ここで気になるのがここまでなにも明かされていないカール・フリッツの存在です。
    なぜ145代王が巨人を先に消滅させずに、ユミルの民の自死を優先するのかが自分的には最大の謎です。

    いつもの妄想になってしまいますが、エレンの地鳴らしは建前で本当に倒す相手は始祖の巨人なのではないかと。
    この始祖の巨人が145代王の影響下にあるならば、これまでの謎も一気に回収されるような気がします。

    ただ、自分も団長殿と同じでエレンが自分を止めて欲しいと望んでいる事を切に希望します。
    なんの罪もない人々がエレンの求める自由の為に自由を奪われる展開はあまり見たくはありませんからね。

    • >145代王が巨人を先に消滅させずに、ユミルの民の自死を優先するのかが自分的には最大の謎です。
      これ、本当にそうですよね。
      145代フリッツ王の回収欲しいですよね!
      アズマビト家と145代フリッツ王の回想とか、登場しないかなぁ。
      ぜひ見たいですよ!

      管理人アース

  14. ユミル・イェーガー より:

    団長のおっしゃる通り「始祖ユミルはエレンに協力している」状態だと思います。
    そして今は、エレンの言う「終わらせてやる」という行為の途中です。(地ならしも含め)
    それを始祖ユミルに協力してもらいながらエレンが行っている。
    全てを終わらせる最終行為が「始祖ユミルの解放」であり、同時に「巨人化能力の消滅」となるのではないかと。
    それまではエレンの協力要請内容以外は今まで通り。
    始祖ユミルの解放と巨人化能力の消滅は最終行為。

    • >始祖ユミルの解放と巨人化能力の消滅は最終行為。
      地鳴らしがコンプしたら巨人化もできなくなったりするのかもですね。
      何しても、エレンと始祖ユミル、ジークの再登場が待ち遠しいです!

      管理人アース

  15. セリヌンティウス より:

     確かに巨人化サポートの楔から解放されているとすると不可解な気もしますね。 でも「刮目」以降のユミルさんが描かれていないので妄想するしかありませんね。 可能性はいくつかありそうです。 1.ユミルさんは頼まれたら断れない性格説。 奴隷契約から解放されはしたものの、生来の奴隷気質であるユミルさんは、ライナーやアニの要請を断れずうっかり受けてしまった。 お願いされたら断れないんです。 2.知性巨人作品陳列説。 ユミルさんは知性の巨人継承が行われるたびに継承者をモチーフにして巨人オブジェをこねこねします。 その作品は座標世界の一隅に陳列されています。 ライナー達が巨人化を要請するたびにその陳列オブジェが転送されるのです。 要請のたびにコネコネするわけではない?? 3.時間概念無視説。 座標世界は時間の概念が現実世界とは異なります。 現実世界での「今」の要請は座標世界では「今」ではなく、要請された回数だで既に作り終えているとか。「すでに」とか「終えている」という表現は矛盾するので文章化が難しいです。 現実世界の「今」のユミルさんの状態に関係なくコネコネされている。。時間の概念に囚われている私には表現が難しいです。 3.ユミルさんカタルシス状態説。 2000年の呪縛から解放されたユミルさんは、今ノリノリです。 数千万の巨人を使って進撃して踏みつぶすのが楽しくて仕方ありません。 ライナー達の要請にも、いいよ、みんなで楽しもう。 エレンの要請にもうっかり超巨大恐竜で答えてしまいました。Everybody let’s party!状態です。 4つ妄想していました。 まだまだ可能性はありそうですけど、私は個人的に4が良いなと思っています。 今はノリノリのユミルさんですが、カタルシス状態の興奮が大きいほど後の反動も大きく、何かのきっかけでやりすぎを後悔しそう。 これまでは、「誰かに背中を押されて」破壊や虐殺を行ってきたユミルさん。今は「自分で自分の背中を押おして」進撃しています。 自分で作り出した地獄を目の当たりにして、自由の代償に恐れをなす時が来るのではないでしょうか? 全くの妄想ですが、その転換のきっかけは財布をすった難民の少年の危機とかじゃないかな?なんて妄想してみたり。 

    • >ライナー達の要請にも、いいよ、みんなで楽しもう。 エレンの要請にもうっかり超巨大恐竜で答えてしまいました。Everybody let’s party!状態です。
      エレンとノリノリでダンスしているユミルちゃんを妄想しました。楽しそう(笑)
      ジークも一緒だったら良いけれど、たぶん一人だけ置いてけぼりにされているんでしょうね…(;´Д`)

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です