【進撃の巨人】伏線の検証

【進撃の巨人】ネタバレ125話考察!ジャンとオニャンコの目合わせ伏線を検証!

125話「夕焼け」では大活躍のロックに対し、心を乱すジャンの描写が登場していました。

「エレンの代弁者」と自らを称するフロックの前にジャンは何も言い返す事ができず、「好きに生きていい」という言葉に流されそうになっていました。

さらにフロックから同期ならではの親しさで話され、返そうとしているジャンを見つめるオニャンコポン。

そのオニャンコポンに目線を移すジャンの表情は、明らかに変わっていました。

この描写についてコメントもいただきましたし、読み方に対するツイートも見かけました。

どうやら読む人によって、かなり意味が違っているようです。

では、どのような意味を持つ場面だったのか?

さらにここには、ジャンがフロックに反撃する伏線も仕掛けられているのか?

検証してみましょう!

◆ジャンとオニャンコポンの目線を合わせる場面の意味を検証!

2020-01-27_051311

30巻125話でフロックから「俺はエレンの代弁者だ」と説明を受けるジャン。

さらに「エレンが島の外の問題を解決」し、自分は「島の中の遺恨を消し去る」役割分担をしているという話し方をされ、ジャンは「エレンが自分たちよりもフロックを選んだ」と感じているのは間違いないでしょう。

ジャンの表情、そして同じように説明を聞いているミカサの表情を見ると、そのように感じている事が分かります。

そこに「もう戦わなくていい」と畳み掛けられます。

これを言われるとジャンとしては、フロックに反発する理由は無くなってしまいます。

さらに同期のよしみを感じさせる話方をされているので、ジャンはそのままフロックの話術に飲まれ「気安さ」を見せてしまいそうになってしまいます。

そのやり取りを後ろから見ているオニャンコポンに、ジャンは気付きます。
2020-01-27_052230

「進撃の巨人」第125話「夕焼け」より

オニャンコポンと目を合わせ表情が変わるジャン、見返すオニャンコポンの表情。

諫山先生が見せる人の表情には、本当に味わいがあります。

味わいがあるゆえに、読む者によって読み取り方が変わってきます。

この場面、みなさんはどのように読んだのでしょうか?

管理人アースはこの場面を読んで、まず116話のコニーを思い出しました。
2020-01-27_053338

「進撃の巨人」第116話「天地」より

この場面ではオニャンコポンが逆にコニーに言われていましたが、125話でのオニャンコポンの目線は「やっぱりお前はそっちか」と語っているように読めました。

そして「それはしょうがない事だけれど」という人への諦めも含まれているように感じられました。

いっぽうで、ジャンは「弱い人の気持ちが分かる」人物です。

この時のオニャンコポンの気持ちを強く察せられたのではないでしょうか?

管理人アースにはこの時のオニャンコポンの表情からは「人への諦め」、ジャンからは「諦められたと察するジャン」の表情のように読めました。

では、他の方々の読み方を見てみましょう。

けっこう近い読み方ではあしゅけさんから「一言で言うとしたら『見損なったよ』なのでしょうけど、その思いの内容は一筋縄ではいかない(´・ω・`)」とツイートをいただいています。

そう、「見損なったよ」はけっこう的確な表現だなと感じました。

あしゅけさんのツイートは覚えているのですが、元が見つからず紹介できませんでしたm(_ _)m

さらに全く別の読み方をされているコメントも見られました。

おっくんさんからのコメントを見てみましょう。

ジャンとフロックの最後の盤面、ジャンの足元にあった石が次の場面ではなくなってました。
おそらくジャンが隠し持ってる?
オニャンコポンとも目が合うシーンがあるので、幽閉される前にジャンはフロックに手を打つのではないでしょうか…。
ミカサも隣にいるし

ジャンの後ろにある石が無くなっている描写から、この目が合う描写は「目配せ」ではないか、という考察をされています。

これ、かなり見逃せない考察ですよね!

さらに深堀りしてみましょう!

◆ジャンとオニャンコポンの目合わせは「目配せ」だったのか?

おっくんさんと同じように考察されている方は、Twitterのフォロワーさんからも見られました。

hiroさんは「この石でフロックを襲うんじゃないか」と予想されています。

さらにkayokoさんは「作画ミスかも」とされながらも、同じように石が無くなっている事を指摘されています。

しかしこの時のジャン同様、kayokoさんもどのように読むのか揺れているようです。

たしかにジャンの後ろに固まっていた数個の石が無くなりこれをジャンが隠し持っており、フロックへの反撃に使用するのではないか、という予想はありそうにも感じます。

ジャンはオニャンコポンが気付いたように見え表情が変わったけれど、それを見逃したオニャンコポン、というようにも読めます。

無くなった石からの、素晴らしい予想ですよね!

おっくんさん!

kayokoさん!

素晴らしい考察をありがとうございます!

hiroさん、考察使わせていただきました!

ただ管理人アースは125話考察!フロックのウソを検証!で予想している通りフロックはハンジ、マガト達が倒しに来るのではと考えています。

そのため、しばらくはフロック達が島内の主権を握る展開になるだろうと考えています。

ただ、もしジャンの石展開が登場するとしたら、この後いきなりフロックに投げつけるか殴りかかるかもですね!

これは126話でチェックしなきゃですよ!\(^o^)/

今回の考察でジャンとオニャンコポンの「目合わせ」「目配せ」には、以下の意味が込められているのではと予想できました!

・『諦め』『見損なった』というオニャンコポンとそれを察するジャン

・フロックに襲いかかろうとするジャンを見逃すオニャンコポン

さてさて、どちらの予想からの展開が登場するのか?

126話からのジャンとオニャンコポンは見逃せないですね!\(^o^)/

125話考察!アルミンの2日眠りたい発言は伏線?地鳴らしいつ完了か検証!
125話考察!無くなったミカサのマフラーとルイーゼを髪が短くなった理由から予想!
125話考察!フロックのウソを検証!ハンジ復活の当て馬か?
125話考察!アニと父の関係が義父になった理由を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ゆーさ より:

    はじめまして
    いつも楽しく拝読させて頂いております

    石の件は、初見では判らず、こちらの考察で気付いたのですが
    オニャンコポンは、ジャンと目配せしたり軽蔑している様には思えません
    ジャンがたじろいでいるのを、諦観の境地で見つめている様に見えます

    石の有無に気付かされて、即妄想したのが
    ジャンがフロックに殴りかかる→オニャンコポンがそれを止める→そしてオニャンコポンが、、、
    でした
    #オニャンコポン好きだから、当たらないと良いな、この妄想

    そして、今考察の引用画像「もうお前らは戦わなくていい」の表情で、初めてフロックを可愛いと思えました

    • 管理人アース より:

      >「もうお前らは戦わなくていい」の表情で、初めてフロックを可愛いと
      おそらく125話を通して読むとまた違った見方になるかなと。
      しかしオニャンコポンとジャンの描写は、本当に読む側によって意味が変わってくる場面ですね。
      この記事を作って本当に良かった、と感じています。
      ありがとうございます!

      管理人アース

      • ゆーさ より:

        ご返信有難うございます

        フロックに関しては、今迄は、詭弁、正論、本来ジャンの役回りだったかも知れない(が、ジャンが傍観者として、良い視点を持ち過ぎた為に果たせなくなった)主人公側への対立要素、悪役、鋭い視点(でも空気読めない、と言うか今はそれじゃない感)、など色々あると思うのですが
        言及しました画像と「もうお前らは戦わなくていい」で、これは本音なのかもー
        とか思えたのです

        何にしても次号以降の展開が楽しみです

        #ちなみに、自分の推しは、アニ、ミカサ、104期ユミルなので、彼女達が報われて欲しいです
        #捧げた心臓が無駄にならなかったなあ、にしかならないかも、ですが
        #104期ユミルはイカした人生は送れなかったけど、少しも「哀れな女」とは思わない(ポッコへ)
        #アニも、きっと、「帰らなきゃならない」望みは叶わない(本当の意味での)

        #ミカサには、幸せになって欲しいですよね

        • 管理人アース より:

          >「もうお前らは戦わなくていい」で、これは本音なのかもー
          なるほどですね!
          本音でジャンに言っていたのなら逆にけっこうイイやつに見えますね。
          読み方で本当に意味合いが変わってくる場面だな、とさらに感じました。

          >#ミカサには、幸せになって欲しいですよね
          これ、管理人アースにとっても本願です。
          読み続けながら一番願っていることですよ(泣)

          管理人アース

  2. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    別の端末からの投稿となりますが、お手数ですが認証、宜しくお願いしますm(__)m

    ・・・

    フロックとイェレナのポジションが似通っていながら対照的なのと同じく、ジャンとオニャンコポンのそれも似通っていて対照的かなと。

    ジャンとオニャンコポンの共通点は、自らが意思決定をする際に必要な重要な情報を全く欠いていたところにあります。エレンの秘策にせよ、ジークの秘策にせよ、二人とも蚊帳の外に置かれていた。非情な決断の結果としての行動に加担しなければならない苦しい状況とも言えるので、強い責めを負う/糾弾されるという立場ではないと思えます。

    ジャンがどういう行動に出るか?ですが、あの場ですぐにフロックを襲うようなことはないだろうと思います。

    理由は大きく5つで、1) ジャンは混乱している、2) 場面は違うがキース教官はスルマ達に自重を促している(機を窺うという一つの伏線)、3) フロックを倒してもエレンをどうこうできる状況に全くない、(解決の術が全く見えていない)、4) フロックを倒しても射殺されて終わる、5) フロックは多くの読者から嫌われているようですが、作中ではエレンのプランを代行しているだけでなく、ほとんどのパラディのエルディア人から支持される立場にある、といったところです。

    ーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      仰る通りジャンとオニャンコポンのポジションは似通っていますね。
      この二人の展開が今後にも登場しそうですね!

      キースが自重を促している、がジャンが襲わないファクターならば、ジャンと新兵が一緒に決起する展開もあるかもですよね。
      「やるじゃないか。新兵」とスルマに声をかけるジャンを妄想しました(笑)

      管理人アース

  3. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    原作を読んでいて感じた事ですが、シガンシナ区決戦編に入ってから諫山先生の作画が飛躍的に向上していますね。
    セリフ無しでここまで各キャラの心理描写を描き分けるのは凄い事だと思います。

    ジャンとオニャンコポンの表情からの考察、興味深く拝見させて頂きました。
    自分はイェーガー派に靡きつつあるジャンに迷いが生じているところに、オニャンコポンの視線でハッと我に返るみたいな展開を望んでいます。

    アルミンの言葉ではありませんが、やっぱり地鳴らしを行使してユミルの民だけが生き残るのは度が過ぎています。
    今何をすべきかが分かるジャンならその事に気付いて欲しいし、キース教官の「それまで自分を見失わないように」と言う言葉を聞かせてあげたい(切望)

    そしてこの落ちていた石ころからの予想も凄い。
    自分もtwitterで見ていましたが、こんな僅かな違いを見つけ出すなんて凄過ぎですよ。

    ただ、フロックはもう少し見せ場を作りそうだし、退場劇はもうしばらく先になりそうな気もしています。
    そばにミカサもいる事だし、この石ころがすぐに登場する展開はどうかなぁとは思います。

    いずれにしても126話ですね。
    一刻も早くハンジさん達が合流してくれる事に期待します。

    • 管理人アース より:

      >一刻も早くハンジさん達が合流してくれる事に期待
      そうなんですよね。ミカサも近くにいるしハンジさん達合流展開を予想しているので石を投げるなり使用して殴りつける展開というのがどうもシックリ来ないように感じます。
      ただたしかに石は無くなっていますし、諫山先生の事ですので、…斜め上の展開が来るかも(・_・;)
      126話にて要チェックですね!

      管理人アース

  4. ののの より:

    考察、ありがとうございます。
    数時間前にオニャンコポンの事を信じると言った後で、フロックのコレですもんね。落差が凄い。
    オニャンコポンの表情は「フロックの言う事に本当に賛同するつもりか?」と言う感じに思えました。本当に「見損なった」がしっくりきますね。
    ジャンは、トロスト区奪還の頃からずっと自分の罪をちゃんと認めて葛藤し、それでも前を向いて進み続けて来ましたね。見ない方がずっと楽なのに、それはしないで…
    色んな立場の人の心情が理解出来てしまうが故に、人よりもずっと多くの苦しみがあるのだろうと思います。だから、フロックの言葉はジャンにとって、非常に確信を付いた言葉だったんでしょう。そして、それを受け入れる事が、この殺し合いを終らせて楽になりたいと言うだけの自分の欲求なのではないかと、恥じる気持ちもあった様に見えました。
    石、投げますかね?
    ここから、どんな風にジャンが変わっていくのか、あるいは変わらないのか、楽しみです。
    関係無いのですが、124話以降セルフオマージュが各所に詰め込まれていますね。125話のガビとカヤが、ヒストリアのシーンだとは気付きませんでした。
    見逃しもあると、勿体なくて、こちらも共有させて頂きたいなぁと思いました。

    • 管理人アース より:

      >125話のガビとカヤが、ヒストリアのシーンだとは気付きませんでした。
      「私の本当の名前」場面ですね。
      一度セルフオマージュ記事を作成しても良いかもですね!
      ありがとうございます!

      管理人アース

  5. コダヌキオタヌ より:

     失礼致します。コダヌキでございます。

     記事作成お疲れ様です。諫山先生が見せる人の表情には本当
    に味わいがあるという、アースさんの御意見に全く同感です。
     このサイトで様々な解釈に出会えるのが日々の楽しみです。

     王政編の頃から兆候はありましたが、団結して巨人と戦う間
    は各人物が見ずに済んだ自分の本心や影の部分が、壁の崩壊と
    同時に露わになったように感じます。アルミンもジャンも。
     
     四年前のジャンは、尊大な態度で自身の弱さを隠していまし
    た。マルコの死と「君は指揮官に向いている」の言葉は、ジャ
    ンを励ますと同時に、彼に生き方を決断させる呪いでもあった
    ように思います。フロックの「好きに生きていい」はジャンの
    兵士の建前を剥がし、本来の弱さを知られた後ろめたさや罪悪
    感がジャンに↑のような表情をさせたのかと、個人的には感じ
    ています。
     
     世界を変える夢を抱いていたオニャンコポンは、手を取り合
    えると思っていたエルディア人のジャンが結局は加害者側だっ
    たとの現実を突き付けられ、夢への諦観や無力感そして悲愴感
    があの表情をさせたのかと考えています。
     
     個人的に印象に残ったのは、フロックが「自由だよ」と言っ
    た時の表情です。言葉とは裏腹に、俺と違ってお前(ジャン)は
    自由になれるだろと言ってるようにも見えます。世間の空気に
    よって最前線に押し出されたフロックは、『獣』の投石を生き
    延びた代わりに、自らの意志で人生を決める自由を失い扇動者
    として生きる事を強いられたように見えます。「誰か生き残っ
    た奴はいないのか」と呼びかけるあの孤独な場面が、彼の残り
    の人生を暗示しているように思えるのです。

     失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      >フロックの「好きに生きていい」はジャンの
      兵士の建前を剥がし、本来の弱さを知られた後ろめたさや罪悪
      感がジャンに↑のような表情をさせたのかと

      仰る通りですね。同感です。
      流石に同期だけにフロックはジャンを知っていますよね(・_・;)

      >誰か生き残った奴はいないのか」と呼びかけるあの孤独な場面が、彼の残り
      の人生を暗示しているように

      良いですね~。たしかにあの場面で彼のその後人生が決定付けられたようにも考えられますよね!
      素晴らしい考察をありがとうございます!(*^^*)

      管理人アース

  6. ユミル・イェーガー より:

    こんにちは。
    オニャンコポンの表情は「お前も そっち側に行くのか?」のあとに「ジャン お前はそうじゃないだろ」という気持ち、想いの現れた表情であり目合わせだったと捉えていました。

    それにしても石が消えた件を発見した皆さま、いつもながらホントによく見つけるなぁと感服しています。

    • 管理人アース より:

      >「ジャン お前はそうじゃないだろ」という気持ち、想いの現れた表情
      ああ、良いですね~~。
      オニャンコポンとジャンのこういう対峙、けっこう味わいあると感じますよ!(*^^*)

      管理人アース

  7. kayoko より:

    団長殿、おはようございます。

    ツイートを取り上げてくださりありがとうございます😊

    今回のジャンとオニャンコポンのあのコマは本当に皆さんの考察力をかき立てたのですね。フロックにしてもジャンにしてもオニャンコポンにしてもキャラクターのイメージは皆さん同じ様に感じているのに展開の捉え方がまるで違う…。漫画でここまで読まされる作品はそう無いと思います。
    このサイトと団員の皆さんに感謝ですね!

    オニャンコポンには
    「進撃の巨人占い」でオニャンコポンと出たわたしwからの希望でもう一度ジャン達と手を取り合って最終局面(エレンを止めるかな?)にいってほしいです。

    • 管理人アース より:

      >キャラクターのイメージは皆さん同じ様に感じているのに展開の捉え方がまるで違う…。
      仰る通りですね。諫山先生が作為的に描写されているとは思いますが…凄まじい描き方だと感じますよ!

      >もう一度ジャン達と手を取り合って最終局面(エレンを止めるかな?)にいってほしいです。
      管理人アースもそのように願いますし、そうなるかなと妄想しますよ!
      楽しみです!\(^o^)/

      管理人アース

  8. 17期卒現役調査兵 より:

    こんばんは!

    私も団長と同じような捉え方でした。
    正直、これを見たときは胸が苦しくなりましたよ。
    オニャンコポンは本当に寛容な奴で、誰よりも104期との距離が近かっただけに「オニャンコポン!申し訳ない!」「ジャンを攻めてやらないでくれ!」「もう一度仲直りしてくれ!」という気持ちでいっぱいでした。

    おそらく、エレンの地鳴らしによる故郷の破壊とフロックの義勇兵の扱い、それにジャン対するお前もそっちなのかよ感による目ですよね。

    石の説も興味深いですが、前者が妥当な気がします。

    〜オニャンコポンへ

    ジャンを含め多くの人が、あなたがとても優しく暖かな人だと知っています。
    多様性を大事にする姿勢、裏表のない性格、あなたのそんな所がみんな大好きです。
    今は辛い時期かもしれませんが、あまりジャンを攻めてあげないでください。
    進撃ファンの多くはあなたを応援しています。

    17期卒現役調査兵より〜

    • 管理人アース より:

      オニャンコポンが素晴らしい人物であることは、進撃ファンなら皆知っていますよね。
      それだけにジャンへの蔑視のようなあの目線は辛いです(泣)
      これからジャンがどのように動くのか、楽しみですね!\(^o^)/

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です