ネタバレ考察

【進撃の巨人】ネタバレ124話考察!ライナーの5つのパンと3つのリンゴを聖書から考察!

エレンの目的である地鳴らしが発動し大きく物語が転換した124話でしたが、今後の物語の進展も大きく変わっていく事は間違いないでしょう。

イェーガー兄弟が中心だった展開から、個々の物語が進展していく展開となりそうな気配です。

「アニ」「コニーとファルコ」「イェレナとジャン」…

これからの物語の展開の種がいくつか撒かれているようにも見られますが、これら以外にも伏線が仕掛けられているのではとのツイートを先日発見しました。

ライナーの休息場面です。

エレンを止める事ができなく世界が滅ぼされると絶望し力尽きたライナーが寝込んでいる場面に、伏線が仕掛けられているとのつぶやきを発見したのです。

これはどのような意味を持った伏線なのでしょうか?

今後予想できるライナーの展開とは?

検証してみましょう!

◆124話!ライナー休息場面を考察!

力尽きたライナーがガビに休ませてもらったのであろう場面では、布団をかけてもらい水とリンゴとパンが用意されている描写となっていました。

この描写について、かよこさんが「福音書の5つのパン」「世界を変えた3つのリンゴ」の暗喩では、という考察をつぶやかれていました。

管理人アースのタイムラインにこのツイートが流れて時点で、気にはなっていました。

すると、抹茶っ子さんから「良かったらこの点についても考察していただけると嬉しいです」と非常に丁寧な申し出があり、考察してみたいと思い出しました。

そしてお互いフォロワではないのですが、かよこさんにツイートの使用許諾もいただけ「よし!調べてみよう!」と決心したのです。

抹茶っ子さん!

かよこさん!

考察するキッカケを作っていただき、ありがとうございます!

恥ずかしい話ですが、かよこさんのつぶやきを見た時には「3つのリンゴ」も「5つのパン」も管理人アースは全く知りませんでした。

しかし抹茶っ子さんの申し出後に調べてみると、非常に意味深いものが含まれている事を知りました。

順番に見て行きましょう!

まず、「3つのリンゴ」とは何なのか?
2019-12-16_064423

これは「Eyes,JAPAN」という企業の代表取締役である、山寺純さんから生まれた言葉となっています。

会社のトップである山寺さんはよく「俺達が4番目のリンゴになりたい」と社員に言われるそうです。

最初はアダムとイヴの禁断のリンゴ。

2番目はニュートンが万有引力の法則を発見したリンゴ。

3番目はパーソナルコンピュータをつくったアップルのリンゴ。

3つのリンゴが世界を変えた。

そして、自分たちが4番目のリンゴになろう────。

このように言われると、たしかに世界には3つの世界を変えたリンゴが存在することが分かりますよね!

読んでみて「おお!たしかに!」と思いましたよ!

では、ここからライナーの横に供えられているリンゴにはどのような意味が含まれていると考えられるのでしょうか?

管理人アースは、「ライナーが4番目のリンゴ」くらいの意味があるのかなと感じました。

「進撃の巨人」は諫山先生のデビュー作品であり、この作品が生まれた事により諫山先生の世界は間違いなく大きく変わったでしょう。

その理由の一つには、ライナーというキャラが大きな役割を担っていたのではと感じます。

諫山先生はライナーに感謝の気持ちを込めてリンゴを3つ供えたのかなと感じました。

諫山先生の世界を大きく変えたという意味での4番目のリンゴであるライナーに、感謝の気持ちを込めて3つのリンゴを描いたのではと読み取りました。

もうひとつは来年のアニメファイナル・シーズンと今後の原作の展開に対する意気込みもあるかなと感じました。

アニメファイナル・シーズンも原作最終話が近いであろう進撃の巨人の展開も「作品を4番目のリンゴにする」くらいの決心を込めて3つのリンゴを描いたのかなと。

ライナーの3つのリンゴは「世界を変える作品にして物語を締めくくる!」という決意表面なのでは、と読めましたよ!

では次に「5つのパン」は何を表しているのでしょうか?
2019-12-16_065019

これは新約聖書のひとつである「ヨハネの福音書」の一節に登場する「5つのパンと2匹の魚」の事を指しています。

「5つのパンと2匹の魚で5千人の人々の空腹を満たした」というキリストが起こした奇跡の話であり、奇跡の話の中でも非常に重要な章となっています。

では、5千人の空腹を満たしたという5つのパンをライナーの枕元に供えた意味とは何なのでしょうか?

こちらにも「多くの読者の心を震わすエピソードが数多く生まれた。ありがとう」みたいな、諫山先生のライナーに対する感謝の気持ちが表れているのではないか、と管理人アースは感じます。

3つのリンゴからもそうですし、この5つのパンにも「ありがとう」「しばらくゆっくり休んでくれ」というライナーに対する感謝が感じられますよね。

全身を布団、布でくるまれているライナーからもそのような諫山先生の気持ちが感じられます。

逆に描写されていない「2匹の魚」も気になりますよね。

かよこさんもツイートで「2匹の魚…川…まさか」と連想しているように、どうしても川に飛び込んだ二人を思い起こされてしまいます。

約8ヶ月以上登場の無い二人を思い出させるような意味合いを持っていそうですよね!

今回の「3つのリンゴと5つのパン」からは

・作品に対する貢献と読者の心を震わせたライナーへの感謝
・これからの進撃を4つ目のリンゴにするという決意表明
・ハンジとリヴァイ兵長への想起

の3つの意味が含まれているのでは、と考察できました!

これは、あくまでかよこさんのツイートから管理人アースが連想した考察です。

個人的解釈なので、その点についてはよろしくです!

さて、ここで気になるのは今後のライナーですよね?

現在は諫山先生のはからいで休んでいるライナーですが、今後彼にはどのような役割が残っているのでしょうか?

さらに予想してみましょう!

◆今後のライナーの展開は?

2017-05-28_051357

今後の物語の展開はしばらく地鳴らしの進攻が続きながら、「アニの物語」「コニーとファルコの展開」「イェレナとフロックの展開」が続くかなと思われます。

その間にエレンの容姿、全容などが少しづつ明らかになっていくのかなとも予想できます。

そしてその間、ライナーはしばらく登場が無く休むのだろうと思われます。

ではいつ目覚め動き出すのか?

おそらく上記の展開が落ち着いてから、主要人物はマーレの撤退用の飛行船とキヨミ様の船や飛行艇で、マーレ大陸に移動するのではと管理人アースは予想しています。

もしかしたらヒィズル国に行く展開があるかもですが、やはりマーレ大陸に移動し地鳴らしを止めようとする展開となるのではと思っています。

その移動する時までは、ライナーは休んでいるのではないかなと。

そして超大型巨人が海を移動する時点で、生き残っている人々でエレンを止めに行くのかなと。

そこでライナーも再登場し同乗し、止める為に動くのではと予想します!

いつも予想の斜め上を行く諫山先生なので外れそうな気がガンガンにしますが、今のところの管理人アースのイメージはこんな感じですよ!

今回の考察で3つのリンゴと5つのパンの考察ができ、そして今後のライナーの展開を予想できました!

しばらくだけど、ライナーにはゆっくり休んで欲しいなと願う管理人アースでした!

そしてかよこさん、抹茶っ子さん、ありがとうございました!m(_ _)m

124話考察!コニー死亡とファルコ捕食の展開を予想!
124話考察!アニ復活を指輪から検証!
124話考察!無垢巨人が制御されていない真相を検証!
124話「氷解」あらすじ感想考察!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    ライナーへのお供え、わかっていましたが、あまり注目してませんでした。
    しかし、ライナーさんは死なない、死ねないキャラですよね。(NHK BS深掘りでも話題でしたが)
    まず、致命的に殺されかけたのは、2回ですか?W-マリア奪還作戦で、、兵長に首をほぼ切断されても死なない、次に雷槍で頭を吹き飛ばされても死なない。そして、レベリオ区に戻ってからは、自死を望むも、ファルコの壁ドンで銃が撃てない。地下にエレンに拉致されてファルコだけ救って死ぬつもりも、ガビとファルコが喚いて死ねない。そして、巨人化ファルコに食われて継承するつもりもボルコに邪魔され失敗。
    もうここまでくると、彼はユミルの呪いさえもエレンに解除されて、天寿を全うする気さえしています。リンゴとパンの話はよくわかりませんが、これは、不死身の神として祀られており、もう供物でしょう。

    • 管理人アース より:

      ライナーを崇めた供物という見方も面白いですね!
      たしかに不死身の神と言っても間違いではない!(笑)
      諫山神からライナー神への供物かもですね(*^^*)

      管理人アース

  2. 17期卒現役調査兵 より:

    いやぁ〜皆さん
    色々なリンゴのエピソードをご存知ですねぇ
    リンゴといえばハイヒールのリンゴさんしか出てこない私とは大違いですよ…

    しかし、ライナーの今後も気になりますね。
    やはりライナーは最後の最後まで死ねそうにありませんね。
    個人的に楽しみなのは、アニとの再会です。
    ヒッチや104期のみんなとの再会も楽しみですが、やはり同じ敵であるライナーとアニの絡みは見たいです。

    団長の進撃の巨人展の音声でありましたが、エレンをアルミン含む数名の立体機動装置の所持者が追いかける展開が来るそうですね。
    この数名は生存してる104期なのではないでしょうか?
    アニもライナーも立体機動できますし、ライナーもアニもマーレ軍に置いていかれ、104期と一緒に立体機動でマーレ大陸に、そこでアニは父との再会というのはどうでしょうか。
    おそらく今のエレンにはどの巨人も敵わないでしょうし、もう知性巨人の出番は終わり、ここからは立体機動装置の出番だではないでしょうか。
    久しぶりに104期とライナー、アニの共闘、ライナー、アニの立体機動が観れると嬉しいです!

    ちなみにですが、父親との確執も無くなったジークはいよいよ役目終了です。
    後から来るリヴァイ兵長にとどめを刺されて終わりそうですね。
    リヴァイ兵長もこれでエルヴィン前団長との約束も果たせ、あとはパラディ島で待つだけかなぁと思います。

    私はライナーはマーレに帰らず、104期とエレンを追いかける展開を予想します!

    • 管理人アース より:

      >ライナーはマーレに帰らず、104期とエレンを追いかける展開を予想します!
      管理人アースはどちらかと言うと

      マーレの撤退用の飛行船に同乗…生き残っているマガト、ピーク、ライナー、ガビなど
      キヨミ様の船&飛行船…104期、ハンジ、リヴァイ、ヒストリアも?…

      でマーレに行き向こうで邂逅するのかなとイメージしています。
      もしかしたら舞台はヒィズルかもですが…今さらヒィズルは登場しないかな?
      今の所のイメージです!

      管理人アース

  3. ぽん より:

    アース団長やみなさんの博学な考察に脱帽ですね。

    さて、ライナーはエレンに向けて繰り返し「この世で、一番持っちゃいけない~」発言をしてるのが実は超重要な伏線なのでは?
    とか思ってます。

    実はライナーだけがエレンが始祖を持ってはいけない”何か”を知っている・・・もしくは歴代鎧継承者も進撃継承者と因縁深くて、その危険性を記憶から直感している・・・とか?

    • 管理人アース より:

      「この世で一番持っちゃいけない」は、今まさに証明されていますよね(笑)
      これ、ライナーがこの未来を見ていた、という意味にも受け取れますがさすがに無いかな?

      管理人アース

  4. みねさん より:

    こんばんは!みねです。

    このお供えにはそんな意味が…!
    すごいです!!

    ライナーにはまだ役目があるのでしょうね。
    やはり誰かと合流するのでしょうか。

    それぞれにまだまだドラマがありそうで、楽しみです!

    • 管理人アース より:

      ライナーはしばらく休んでエレンを止める展開になった時、立ち上がるのかなとイメージしています。
      ヴァル源さんの「ベルトルトやマルセルの死をムダにしちゃいけないよ…」というアニの言葉をキッカケに立ち上がるイメージが、今頭の中を占めています(笑)

      管理人アース

  5. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です。

    「5つのパンと2匹の魚」
    「世界を変えた3つのリンゴ」
    かよこさん 凄い!凄すぎる!!

    2匹の魚=川に飛び込んだハンジとリヴァイ
    に1票!

    5つのパン=井筒孝庵さんの解説
    に1票!!

    3つのリンゴ=進撃が世界を変える作品になる
    に1票!!!

  6. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    自分もふて寝をしているライナーの横に置かれたお供え物(?)には気付いていましたが、ここからの考察はすごいですね。
    ライナーが世界を変える4番目のリンゴになれば、進撃が世界を変える作品になるのは必然だと思います。

    5つのパンと2匹の魚も興味深いです。
    ハンジさんと兵長が消息を絶ってからもう1年だし、これからの2人の活躍にも期待したいです。

    気になるライナーの今後の展開ですが、団長殿は一時離脱説なんですね。
    実際、エレノサウルスが動き出さない事には予想は難しいです。

    ただ、今のエレンを止める事こそが、ライナーに残された最後の役割なのだと感じています。
    ライナーの兄貴キャラの復活に期待したいです。

    • 管理人アース より:

      ライナーとエレンの対峙展開は再び起こるようのに感じますよね。
      そのタイミングまでいくつかのイベントがあり、その後対峙するかなと。
      それまではゆっくりとライナーに休んでもらいたいですよ(*^^*)

      管理人アース

  7. あいな より:

    お疲れ様です!
    巨人展の映像では大地の悪魔がユミルに林檎を渡していましたので、三つの林檎は三人の娘を意味するものかと思っていました。でもパンは五つ、合計で8個!関係ないかな?122話でも8体の巨人が描かれていましたので巨人の数と継承過程が気になります。人間の為に作られた人造人間によって世界が滅ぼされる物語「ロボット」の作家、チャペックの作品で「五つのパン」がありました。みんなはお腹いっぱいになったけどパン屋が困るみたいな話らしいです。彼の作品のテーマは、「人間とは別の見方、異なる考え方をする生き物である」らしく、とても気になります。しかしパンと林檎はどこから持って来たのでしょうか?ジガンシナ区にはまだ人が住んでいないはず。

    • 管理人アース より:

      >しかしパンと林檎はどこから持って来たのでしょうか?
      109話でフレーゲルが「シガンシナ区強制退去」させられハンジに食い下がっていたので、それまでは多くの住民が住んでいたのでしょう。
      どこかの家か店から持ってきたのかなと。
      チャペックの「5つのパン」は聖書から派生した物語かもですね。

      管理人アース

  8. ヴァル原 より:

    アースさん、こんにちは。
    パンとリンゴ、私はまったく見落としてました。それらにまつわる話も知りませんでした。すごい観察力、面白いです!
    井筒さんのコメントも勉強になりました。それまで知らなかった事を知るってとても楽しいです😊

    そういえば音楽の世界を変えたビートルズもアップルミュージックという会社を立ち上げてるのを思い出しました。リンゴは偉大だ…明日買って食べよう。

    昨日作品を眺めてふと考えたのですが、諌山先生のお名前の「創」は何もないところから何かをつくりあげるという意味ですよね。進撃天地創造。おおぉ、ジャストなお名前!
    なんだろう、色々な事がもう、何か降りて来てるとしか思えません。

    おくるみされてる苦悩の人ライナーが再び立ちあがる気持ちになるには、もう昔の同士アニとの再会しかないのかなと思いました。、アニに「ベルトルトやマルセルの死をムダにしちゃいけないよ…」と低く静かに喝を入れられるとかそんな展開が来たらまたグッときます。なにはともあれ今はひと休みさせてあげたいです。

    もうひとつわからないのが、フロックの役割です。性格もイマイチつかめなくて…まだ一波乱ありそうです。ジャンが次の世代のリーダーになるための試金石とか?
    エレンジーク接触までのそれぞれの思惑があまりに複雑だったのでもう一度読み返して整理してみます。
    いつも最高に楽しい考察記事のUPありがとうございます!
    寒いし乾燥してきています。アースさん、皆さま風邪などひかないように気をつけてお過ごしください

    • 管理人アース より:

      >アニに「ベルトルトやマルセルの死をムダにしちゃいけないよ…」と低く静かに喝を入れられる
      これ良いですし、アニなら言いそう(笑)

      >もうひとつわからないのが、フロックの役割です
      これ、次の記事で取り上げる予定です。
      フロックは以前のジャンのイメージですよね。悪く言うと自己中で最もリアルな人物だと感じます。
      仰られている「ジャンの試金石」というポジションもありそうですよ。

      >いつも最高に楽しい考察記事のUPありがとうございます!
      こちらこそいつもありがとうございます!
      お互い体調に気をつけながら考察を心臓を捧げつつ、年末を乗り切りましょう!\(^o^)/

      管理人アース

  9. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    5つのパンと3つのリンゴは全く気づかず、細やかな観察力に感心してしまった(*´∀`)

    以下、マイ解釈になりますが、

    たまたまアニの復活でレオンハート家のルーツと、マリア・ローゼ・シーナの三姉妹との関係をいろいろ想像していたこともあり、

    3つのリンゴから自分が想起したのは、

    まずギリシア神話でのパリスの審判、3美神(ヘラ・アテナ・アフロディテ)による「黄金の林檎」を巡る争奪ともたらされた《不和》でした。

    それと同時に、北米神話での「黄金の林檎」を巡るロキとイズンのエピソード、《生命力》の喪失と回復でした。

    3つのリンゴは・・不和と生命力を暗喩か?

    ・・・

    なお、西洋美術とその図象に興味があるので自分がフォローしてきたところでは、

    エデンの園の木が林檎であるという伝承(注記:旧約には記載なし)はギリシア神話に由来しているようであり、

    前述の3美神のうち、ギリシアの最高神の女神であるヘラが所有するヘスペリデス庭園から、ヘラクレスが、そこを守っていた蛇を殺して黄金の林檎を奪うというエピソードが、エデンの園の伝承として投影されているようです。

    蛇足ですが、ヘラクレスは巨大な胴体に多数(7つとも9つとも100とも)の首を持つ「ヒュドラ」を退治していて、ギュスターブ・モローが描いた「レルネのヒュドラ」は、エレノサウルスっぽい造形です(*^^*)

    北欧神話のラグナロクでは、神族のトールが巨人族の「大蛇ヨルドムンド」と相討ちになりますが、《毒》によって倒れるところは、ヘラクレス神話と共通していて、

    ヒュドラ=ヨルドムンド=エレノサウルスというイメージの繋がりを持っています。(私見)

    ・・・

    5つのパンのほうですが、

    マイ聖書解釈では「パンと魚の奇跡」のエピソードでのパンとは、キリストの《言葉》のことなので、(← 言葉により群衆の心を満たした)

    ライナーの脇にあるそのパンが何を隠喩しているか?と想像すると、

    「エレン放送」でエレンがユミルの民に向けて放った言葉なのではないかと思われます。

    つまり、

    ライナーが回復の後、エレンの言葉をどう受け止めて、どう行動するのか?を隠喩している。

    3つのリンゴを仮に、ユミルの民と人間、ユミルの民同士の不和とその遠因と見なすなら、

    5つのパンと3つのリンゴとで、

    ライナーが回復の後、エレンの言葉をどう受け止めて、不和の解消に向けてどう行動するのか?

    を隠喩してくるかに思われます。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      5つのパンの解釈同感です。
      ある意味ライナーの心も絶望で満たしましたし(泣)
      ライナー復活後の展開は本当に注目ですよね!

      管理人アース

  10. aaa より:

    ジーク由来の巨人はそのままでしたが、鎧含めた全巨人の硬質化が解かれるなど、9つの巨人の力は大きく弱体化しています。
    水晶体状態の硬質化をも砕く「顎」すら無力でしょう。
    このような状態でライナーにできることは戦闘以外の何かだと思います。裏の主人公とも言える彼の今後が気になるばかりです。
    無論、作品のキーパーソンたるジークやミカサもですが。

管理人アース にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です