【進撃の巨人】ネタバレ124話考察!イェレナの展開を予想!フロックの真の目的とは?

義勇兵を率い「イェーガー編(当サイト呼称)」では大活躍だったイェレナですが、30巻に入った辺りから影をひそめ最新話124話では意気消沈している状態でした。

現在のイェレナはどのような状態なのでしょうか?

そして「ジークの信奉者」である彼女の今後の展開は、どのようになるのでしょうか?

さらにそのイェレナに銃を突きつけていたフロックの目的とは?

予想してみましょう!

Sponsored Link

◆124話のイェレナを考察!

2019-11-23_184555
124話ではアニやコニーといったこれまであまり動きが無かったキャラが動き出し、新たな展開が動き出したなと感じられる回となっていました。

そして29巻まではイェーガー派の黒幕であり義勇兵を率い大いに活躍していたイェレナにも久しぶりにセリフが付き、さらにはフロックとの絡みも登場し、今後スポットが当たるのではと察せられる描写が登場していました。

実際見返してみるとイェレナは29巻前半ではピクシス司令を拘束し兵団を支配し、さらには104期達に安楽死計画を説明するという非常に重要な役割を担ったキャラとして物語の中心にいるように見えるくらいの活躍をしていました。

しかし29巻後半で「戦鎚の能力で地下から逃げろ。このまま戦っても分が悪い」とアドバイスを送ったエレンにフラレてからはアルミンに変な顔をしたのを最後に、ほとんど登場も無くなっていきました。

30巻からは、ほとんど描写も無いくらいでしたよね。

さて、そんなイェレナの今後の展開はどう予想できるでしょうか?

まず、彼女に残された伏線を見てみましょう。

トロスト区鉄道開通式時にエレンとイェレナは密会をしており、これをキッカケにエレンは単独行動を取るようになっています。

118話にてアルミンが104期の皆にエレンの目的を語っている場面で「アルミンの想像」の描写として密会場面が登場していますが、実際の会話内容は明らかとなっていません。

これについては121話考察!イェレナとエレンの密会を再考察!にて考察しています。

ただ「アルミンの想像通りの話をしていた」として、このままスルーする可能性も十分にあります。

そしてイェレナは118話にて、アルミンにかなり不気味な表情を向けていました。

この意味は未だ明らかとなっていません。

これについては118話考察!イェレナ表情を検証!不気味な意味の真相は?にて考察しています。

ただ、もしかしたら単純にジークの事が心配であり「本当に頼んだよ。アルミン」という意味での泣きそうな表情であり、このままスルーする可能性も十分にあります。

そして117話では大ピンチとなったエレンに対し「あなたは特別」と発言しています。

これは117話考察!イェレナの「エレンは特別」の意味を検証!にて考察していますが、かなり意味深な意味としても考えられますが、110話でピクシスに語ったエレンの評価が本音であり「エレンという器が始祖を継承している事実」を取り上げ「特別」と言っているとも考えられます。

となると、このままスルーする可能性は十分に考えられます。

そして当サイトではイェレナがクルーガーの娘では、と考察しています。

105話考察!イェレナの意味とは?ジーク信奉者を検証!
110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!

上記記事でクルーガーの娘という展開からの予想をしていますが、この展開は来るのでしょうか?

そして110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!で考察していますが、イェレナという名前にエレンと同じ意味が込められている事も含め、見過ごせません。

このイェレナと同じ意味の「エレン」がエレン・イェーガーを指しているのかエレン・クルーガーを指しているのかは分かりませんが、これまでの展開ではまだ回収されていないように感じます。

となると、やはりイェレナはクルーガーの娘という展開が来て、そこから「イェレナ」と名付けられたという意味で回収するように管理人アースは思いますよ!

ただ今回のイェレナが「どうしてジークは巨人を制していないの…?」というセリフからは、イェレナはエレン放送を聞いていなくユミルの民ではないのではとも察せられます。

クルーガーの娘であればユミルの民である可能性が高いので、これはイェレナ回収という意味ではかなり不利な要素ですが…(・_・;)

ただエレンの女性名(エレン子みたいな)という名前が付いている意味は回収されるかなと思いますよね!

それとももしかしたら既に回収されているのでしょうか?

この辺りを検証してみたいと思います。

◆エレン女性名であるイェレナという名の意味は回収されているのか?

2019-12-19_055142
イェレナはジーク信奉者としてジークのエルディア安楽死計画に協力し、義勇兵を率いパラディ島で兵団を支配しました。

この行動はとてつもない覚悟が必要であると察せられます。

マーレの目を盗み義勇兵を統率する覚悟。

時に仲間を撃ち殺し恐怖によりまとめ上げるイェレナ。

ジークを盲信し、自らの目的達成の為ならば方法を厭わない生き方はエレンを彷彿とさせると言えばそうかもしれないな、とも感じます。

もしかしたら、そういう意味でイェレナと名付けたのかもしれません。

そうも感じますが…いっぽうでは正直、管理人アースは「攻撃的で器の大きいニック司祭」というイメージを持っています。

このように考察しても、やはり「これまでの展開からは女性名エレンという意味はまだ回収されていない」ように察せられます。

となると、これからの展開から回収されそうですよね!

この辺りも頭に入れながら今後のイェレナの展開を予想してみます!

◆125話以降のイェレナの展開をフロックを交えて予想!

2019-07-01_050201
場面は124話のつづきから。

フロックの指示通り義勇兵を集めたイェレナ

銃を突きつけられたイェレナは無表情なまま俯いています。


フロック
「ありがとうなイェレナ。お前は新生エルディア帝国の礎を築いてくれた」

「もうお前の役割は終わりだが…その功績を讃え命は奪いやしない」

「これからも…俺達エルディア人の為に尽くしてくれ」

俯くイェレナを見下げ勝ち誇ったように言うフロック

イェレナは俯き無反応。

フロックは壁面が巨人に破壊されむき出しな外を見やり、エレノサウルスが率いる地鳴らし巨人を確認します。


フロック
「見ろよ。このままエレンは世界を平らにする。これからは新生エルディア帝国の時代だ!」

悪魔のような表情で笑うフロック

その瞬間、イェレナが隠し持っていた銃でフロックの後頭部を打ち抜きます。

悪魔のような笑顔を浮かべたまま破壊された壁から落ちていくフロック


ジャン
「な!?」

いきなりな展開で言葉を失うジャン

フロックを撃った銃口を下げ、そのままうつろにつぶやくイェレナ


イェレナ
「…全ては終わった。巨人が支配する歴史を終わらせるはずが結局は巨人が支配する世界は続く」

「ジークの安楽死計画は…潰えた」

そのままフラフラと外へ向かうイェレナ

誰もが動けずにいる中、ひとり反応したジャンが追いかけます。


ジャン
「おい!待てイェレナ」

そのまま外に出るイェレナ

すると何かを見つけたように地面にひざまずきます。

エレノサウルスの下敷きになりペッタンコになったジークを見つけ、ワナワナと震えているイェレナ


イェレナ
「ジーク…」

ジークは蒸気を発しておらず体は回復していないよう。

エレンに負けて裏切られ始祖ユミルにまでフラレて、生きる気力を失くした模様。


イェレナ
「私には分かっていた。父が…クルーガーが言ってた『進撃が目指す』未来は変えられないと」

「進撃の巨人継承者がひとつの未来に向けて力を継承していることも、父さんから聞いていた」

「だから…止めたかった。父がその未来の為に全てを犠牲にし、家族も…だから私はジークに賭けた。進撃を止められるのはジークの安楽死計画だけだって」

「だけど…どうやらそれも終わりのようだね」

フロックを撃った銃を自らのこめかみに向けるイェレナ

パン!っと辺りには乾いた音が響きます。

そのままジークに折り重なるように倒れるイェレナ

全てを見届けたジャンは、新兵に二人の遺体を民家の一室に寝かせるように指示します。


このような展開があるのではないか、と予想します!

やはりイェレナという女性名エレンはクルーガーのエレンから来ていると考え、クルーガーの娘という展開が来るのではと予想します!

そしてイェレナはエレン放送を聞いた上でもジークが負けたことを認められなかったのではないかなと。

「どうしてジークは巨人を制していないの…?」というセリフは、理由は分かっているけれど認められなかったのかなと考えました。

ジークが死亡しているという展開はちょっと迷いましたが、進撃だとあっさりとジーク級のキャラも死亡することがあるので、逆にありそうだなとも感じました。

ただフロックがここで死亡するのかは、微妙ですよね。

何となくイメージですが、フロックはエレンにその考えと行動を否定されてから退場するようにも感じています。

今回の考察で、「イェレナがクルーガーの娘であると明かされジークと共に退場する」と予想できました!

125話以降のイェレナは、要注目ですよ!\(^o^)/

124話考察!ライナーの5つのパンと3つのリンゴを聖書から考察!
124話考察!コニー死亡とファルコ捕食の展開を予想!
124話考察!アニ復活を指輪から検証!
124話考察!無垢巨人が制御されていない真相を検証!


Sponsored Link

28 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ124話考察!イェレナの展開を予想!フロックの真の目的とは?”

  1. aaa より:

    フロック、まさに「悪魔を生き返らせる」キャラを貫徹しそうですね。
    しかし、イェレナとの関係はいったい何だったのか。協力者のような感じではありましたし。
    「義勇兵を集めろ」というセリフやシーンから、二人の間に密約や特定の条件が揃った(あるいは特定の状況に陥った)際の決め事があると私は解釈しました。そもそもですが、フロックのようなエルディア帝国原理主義者が安楽死計画に同調する筈ありませんよね。

    • 管理人アース より:

      安楽死計画は知らなかったかもですね。
      もしかしたらエレンを信じて動いていたのかもですが…それにしても同僚達が脊髄液が入ったワインを飲んでも知らん顔しているのは許せないのではと感じますよ。



      管理人アース

  2. ぽん より:

    もしかするとエレンが前もってイェーガー派に始祖ユミル獲得後の行動を指示していたのでは?
    とかも考えられませんかね?
    (行動を指示されてただけで真意やその後に起こる展開は聞かされていない=エレンに使われた犠牲者にフロックも追加されるパターン)
    とか

    それにしても団長のフロック即死考察がツボにハマりました(笑)

    • 管理人アース より:

      >フロック即死考察がツボに
      脊髄液摂取を知りながらもイェレナと同調して動いていたのは許せないですし、そろそろ退場かなという願望が表れたかも(笑)


      管理人アース

  3. 団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    今回、フロックの口からイェレナをはじめとする義勇兵の拘束と言う言葉が出た事に驚かされました。
    イェレナはエレンと密会する為にフロックを利用しただけで、彼にジークの安楽死計画を告げているとは思えません。

    そもそもエルディア帝国復活を謳うフロックに、安楽死計画自体が受け入れられるはずもありません。
    自分は前からフロックが安楽死計画を知ったらどう動くのだろうと考えていたのですが、ここまでフロックが安楽死計画を知らされた場面は登場していませんね。

    フロックの退場劇は早かれ遅かれ訪れると思いますが、このまま呆気無く退場してしまうのも勿体無い気がします。
    彼にはもっと相応しい死に場所が用意されている気もするし、イェレナもこのまま呆気なく退場と言う展開は淋しいです。

    そんな事もあり、今回の(今回もですが)考察はめちゃくちゃ説得力を感じます。
    イェレナがクルーガーの遺志を継いでエレンの地鳴らしを止める為に、ジークの安楽死計画に加担した説には自分も大賛成です。

    イェレナもこのままでは死に切れないと思うので、もう少しだけ活躍の場があるような気がします。
    どうかジャンだけには危害が及ばずに、物語を盛り上げてくれる事に期待したいです。

    • 管理人アース より:

      >どうかジャンだけには危害が及ばずに
      本当にそうですね。
      最終話の音に登場したいくつかの立体機動の音にジャンの立体機動装置も含まれていると管理人アースは信じていますよ!


      管理人アース

  4. 進撃訓練兵 より:

    「どうしてジークは〜」のくだりで
    状況がいまいち把握できていないということは
    イェレナはエレン大放送が聞こえてなかった可能性もあるかなと思います。
    座標砂漠のようなシーンにも描かれてなかったというのもありますが
    純粋なマーレ人であったりする可能性もあります
    イェレナに関してはまだまだ情報不足なので
    どのような可能性もおかしく無いというのが現状ですね。

    • 管理人アース より:

      >エレン大放送が聞こえてなかった可能性もあるかなと
      その通りですね。
      同時にエレンが地鳴らしを起こしているのでジークは負けたのだろうけど、それでも巨人をコントロールすることはできるはずなのに…という意味でも受け取れるかなと。
      まだまだイェレナは未知数で、どのような可能性もあり得る存在ですよね。


      管理人アース

  5. ののの より:

    過去の考察も今回の考察も、面白く読ませて頂きました。ありがとうございます。

    確かにイェレナは、ジークが死んでしまったのを確認すれば、今にも自死を選びそうですね。
    しかしジークは、まだ役割がありそうにも思えます。もし、エルディアとマーレが共闘するなら、ジークが繋ぐのもあり得るのかとも考えます。共闘する様なジークを許せず、イェレナに頭撃ち抜かれる。。。そしてイェレナも自分の頭を撃ち抜くと、予想してみました。
    進撃に出てくる女性は、皆凄く強くてカッコイイので、ただでは終わらなさそうな気もします。

    フロックは、今まで何を見て、何を考えたのか、凄く気になる人です。
    この人も死ねないキャラで、まだまだ役割がありそうに思えます。
    ジャンが指揮を取るにあたって、現実を突きつける役割?、引っかき回す役割???ジャンが超えるべき壁と言う感じでしょうか?
    フロックの最期は、エレンに退場させられるのかな?と、妄想します。
    とりあえずフロックは、一回キース教官に頭突きされてほしい。。。

    • 管理人アース より:

      >進撃に出てくる女性は、皆凄く強くてカッコイイので
      この見方していなかったですね。たしかに仰る通りかなと!
      イェレナも最期まで見届けたいですよ。

      >とりあえずフロックは、一回キース教官に頭突きされてほしい。。
      地面に埋まるまで頭突きされ続けて欲しいです(;´Д`)



      管理人アース

  6. ヴァル原 より:

    こんにちは。めちゃくちゃ読み応えのある考察でした。
    情景が映像のように頭の中に浮かびあまりにリアルで一気読みしてしまいました。
    進撃のテーマのひとつは、家族間の愛憎劇、絆だと思います。
    イェレナのあの異様なまでの意思の強さ、執着心も、実はそれが根底にあるという予想に深く納得。
    そうなると(既に提示されてるかもしれませんが)115話『支え』で義勇兵らに演説してるイェレナの「忌むべきは巨人の力ではない それに飲み込まれる人の弱さだ」は父クルーガーを指してると考えられてすんなりきます。

    なんかイェレナあまり好きでなかったんだけれど、この流れなら初めて気持ちを理解できそうです

    フロックとしては、
    単純に、世界に対して攻撃的なエレンをトップにしたいという気持ちからジークイェレナに協力してプチ地ならしへ動く→フタを開けてみたらエレンがマジ地鳴らし開始、嬉しい誤算でやったーエルディア帝国だ!→その後仲間から実はイェレナジークの安楽死計画という裏切りがあったのを聞き、「島民以外信用ならん、義勇兵、拘束する」という流れなんでしょうか…
    俯いてるイェレナはなんか怖いです。ジャンがうまくまとめてくれるといいのですが。
    いつも最高に楽しく考えを増幅させて貰える考察記事ありがとうございます!

    • 管理人アース より:

      >イェレナあまり好きでなかったんだけれど、この流れなら初めて気持ちを理解できそう
      管理人アースもイェレナは非常に理解し辛いキャラなのですが、クルーガー父を持った娘なら理解できそうかなと。
      進撃の父娘関係は泣けてくるドラマが多く登場しているのであるかなと!

      >フタを開けてみたらエレンがマジ地鳴らし開始、嬉しい誤算でやったーエルディア帝国だ!
      ああ、このパターンむっちゃありそうですね!(笑)
      フロックが動くと不安を煽られるのでジャンがちょっと心配です(・_・;)

      >いつも最高に楽しく考えを増幅させて貰える考察記事ありがとうございます!
      嬉しいです!ありがとうございます!



      管理人アース

  7. ユミル・イェーガー より:

    団長 記事更新お疲れ様です。

    >このままスルーする可能性
    だと残念すぎるので なんらかの伏線回収場面を期待しています。

    私は密かに イェレナとオニャンコポンは マーレ以外の国の王族の血筋ではないかと予想してました。和平交渉の時にキヨミ様とともに何らかの役割を果たすのかなぁ と。
    なさそうですね・・・( ´∀` )

    • 管理人アース より:

      オニャンコポンの今後も気になりますよね。
      イェレナが退場したとしてもオニャンコポンは生き残って欲しいなと感じますよ。
      アルミンとの会話をまた見たいです。


      管理人アース

  8. 17期卒現役調査兵 より:

    こんばんわ

    確かに今話のフロックの行動は気になりましたね。
    フロックの立場としてaaaさんの言葉を借りるならエルディア帝国原理主義者で間違いないでしょう。
    そして、フロックもジークの建前案しか、知らなかった可能性の方が高いのではないかと。
    ただ、フロックからしたイェレナたちは単なるコマなのか、それとも協力する相手だったのか疑問ですね。

    イェレナですが、おそらくユミルの民ではないのは確実でしょう。
    ただ、クルーガーの娘説も捨てきれません。
    そこで、ありきたりな案かもしれませんが、血の繋がりのない親子ではないでしょうか。
    クルーガーとしても、マーレ人と偽っている手前、エルディア人の妻子は持てませんし、マーレ人と結婚しても、クサヴァーさんの二の舞になります。
    それに同胞を蹴落としてきたことに罪悪感を覚えていたのは確かですから、マーレ人でもエルディア人でもない子供を拾い、育てていた。みたいな?

    妄想が過ぎました、失礼しました。

    • 管理人アース より:

      >血の繋がりのない親子ではないでしょうか。
      この展開、面白いですよ!
      この予想に1票!\(^o^)/



      管理人アース

  9. フロックが何故こうも「エルディア帝国
    復活」を掲げるのか疑問です。
    フロックは王族の末裔なのでしょうか?

    当初は軟弱だったフロックが変わったのは、
    エルヴィンを援けてからだと思います。
    自分一人が生き残り、エルヴィン団長を救う
    という運命に、何か特別な意味をフロックが
    悟ったとも思えます。

    • 管理人アース より:

      自分たちユミルの民という種族が蹂躙され続けていることが我慢できないのかなと妄想します。
      なので世界を滅ぼそうとしているエレンには同調しているのかなと。
      フロック自身の口から語られる場面が来るかもですね。



      管理人アース

  10. イェレナは「私を見くびるな!!」と突如
    言い放ち、 “鬼の形相” に変身!
    それに驚き怯む相手の隙を突き、フロックに
    ズドンと一発お見舞いする。
    この大逆転劇で、フロックは退場か?

  11. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    フロックは、好きか嫌いかで言ったら大嫌いなんですけど、理由としては、人情味に欠け過ぎる、人間性が感じられない。ところにあります。

    悪魔になることを選択したからだろうと思いますけど、パラディ島の人間にとっては、頼もしい人材ではあります。

    ただ、小さな国を守るために他の国や人を犠牲にする。なんて事は許されないことなので、最終的に改心して、世界を壊さないままにパラディの国益を守る人間に成長するのが、ベストな役割なのかな。

    フロックを抹殺するのは簡単でしょうが、生かして、人間性を取り戻させるまで描かれるとしたら、凄いだろうなと思います。

    イェレナも、ただ一人の神のジークを信俸するのではなく、本当の仲間になるなんて事が起こったらいいな。

    自死は、ドラマチックかもしれませんが、一番避けて欲しい展開ですね。

    • 管理人アース より:

      >フロックを抹殺するのは簡単でしょうが、生かして、人間性を取り戻させるまで描かれるとしたら、凄いだろうなと思います。
      >イェレナも、ただ一人の神のジークを信俸するのではなく、本当の仲間になるなんて事が起こったらいいな。

      本当にそうですね。
      この二人の行く末にどのような展開が用意されているのか、最期まで見届けなきゃですね!



      管理人アース

  12. knight より:

    イェレナは実際フロックたちも騙していたわけですが、逆にフロック達は、自分等が騙されていたことは知らないはずですよね。
     
    不妊化計画云々は、ジークとエレンの精神世界で起きたことなので、フロックから見たら、元々予定していた地ならしが、何の問題もなく起きたように見えるはずですよね…。

    それなのに、用済になった義勇団とイェレナを拘束するのはワルですね…。

    • 管理人アース より:

      エルディア安楽死計画はフロックは知らないはずですよね。
      なので、フロックがイェレナを拘束するのは「彼にとっては最初から予定していたこと」だと思われます。
      フロックの先は読み辛いですよね(・_・;)



      管理人アース

  13. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。
    フロックは誰かから、安楽死計画を聞き、拘束に動いたのでは?と、妄想しています。
    イェーガー派といえど、エルディア人には安楽死計画を話してないだろうし、義勇兵の一部だけが知っていたのでしょう。これが、わかった時点でイェーガー派エルディア人とは、分裂でしょう。
    しかし、イェレナが簡単に拘束されるとは思えないので、反撃か、フロックの逆拘束で人質にして、ジークの所に行くように思います。
    そこで、ピーク&マガトに鉢合わせ、どちらもジークを回収したいので、争奪戦になるか、マガト達に降伏して、安楽死計画などを洗いざらい白状し、逆に、エレン阻止の協力を依頼するかもですね。
    しかし、エレン阻止は非常に困難ですね。確実な方法は、立体起動と雷槍、ブレードで1体1体潰すか、エレンと折衝するしかないでしょう。大陸側は、対巨人兵器はありますが、60mを超える高所から、うなじを打ち抜く乗り物がないですね。飛行艇は遅いから、落とされるでしょう。プロペラ機くらいはあるでしょうが、あの巨人砲は装備できないでしょう。エレンを射抜きたいでしょうが、場所が高所で特定出来ないし、硬質化で防御してるから簡単ではないでしょう。

    • 管理人アース より:

      今最も気になっているのは、エレンをどう止めるのか、ですね。
      止められずに地鳴らしコンプ、という展開ももちろん頭にはありますが…
      この辺りが最も今気になっていますよ!
      まだまだ先が読みきれませんね(・_・;)


      管理人アース

  14. みねさん より:

    本当にこの先は、読めないですよね。

    イェレナとエレンの密会の真相は果たして明かされるのでしょうか?

    ジークは、完全に死んでしまったとしたら、赤子継承になってしまう可能性も残されているので、どうなんでしょう…。
    退場しそうなキャラも何人かいますが、どんな感じに退場するのか読みにくいです。(私の中では、生き残るであろうと思っているのはミカサと、ガビと、ジャン位であとは全く分からないと思ってます。)

    イェレナ周りはまだ謎だらけですよね…。
    確か、「不幸な事故」で、ミカサが髪を切ったのも、この「イェレナとの密会」の頃でしたか?…違ってたらすみません。

    • 管理人アース より:

      >(私の中では、生き残るであろうと思っているのはミカサと、ガビと、ジャン位で
      巨人展の最終話の音から、アルミンは確実だと考えられます。
      あとは分からないですね…(・_・;)

      >「不幸な事故」で、ミカサが髪を切ったのも、この「イェレナとの密会」の頃でしたか?
      ありましたね!
      113話考察!ミカサの髪が短くなった「不慮の事故」を検証!で検証していたので見てみてください!
      時系列で言うと、その辺りかなと思われます。


      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ