地鳴らし

【進撃の巨人】ネタバレ121話考察!エレンが見た「あの景色」を検証!地鳴らしか?

121話「未来の記憶」にて、そのタイトル通りエレンが未来の記憶を見る、という描写が登場しました。

エレンが見た未来とは、どのようなものだったのでしょうか?

エレンが言った「あの景色」とグリシャが言った「あんな…恐ろしいこと」というエレンの未来の景色とは同じなのか?

同じなのであれば、それはどのような景色だったのか?

ここにエレンの目的がありそうな気がしますよね。

エレンが見た未来の景色から、エレンが目指す未来を予想してみます!

検証してみましょう!

◆エレンが見た未来とは?

2019-09-06_055930

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

121話に登場した「エレンが見た未来の記憶」については、レイス家襲撃を終えたグリシャの独白から始まります。

見えてはいないジークに向かい「お前の望みは叶わない」「叶うのはエレンの望みだ」と、これからのエレンとジークの結末を表すような説明を言います。

それは「エレンの先の記憶を見た」からだと説明し、その記憶を「まさかあんな…恐ろしいことになるとは」と表現します。
2019-09-07_204446

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

つまりグリシャは未来の継承者の記憶を見られる進撃の巨人の能力でこれからのエレンの記憶を見て、エレンとジークの結末は「エレンの望みが叶う」けれど「恐ろしいことになる」と説明しているのだと考えられます。

進撃の巨人の能力については121話考察!未来を見る進撃の巨人の「特性」を検証!にて検証していますので見てみてください!

このグリシャの説明についてジークがエレンに問います。

エレンは「親父の記憶から未来の自分の記憶を見た」と答え、「あの景色を…」とその時に見た記憶を思い出し何とも表現し難い表情をします。
2019-09-06_060045

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

つまりエレンが未来に見る景色をグリシャが進撃の能力で見て、エレンは巨人継承に伴う記憶継承でグリシャの記憶を継承し、その記憶を見たということになりそうです。

こうなって来ると鶏と卵のようにどちらが先なのか、という話になりますよね。

「その未来を最初に見たのはグリシャなの?エレンなの?」

「エレンが見た未来をグリシャが見たのだけれど、その未来を見てエレンは動いているんだよね?」みたいになります。

このような展開には、どうしてもこのような矛盾が含まれてしまいますが、ここでは一端置いておきます。

ここで押さえておきたいのは、「グリシャが見た未来の記憶」と「エレンが見た景色」が同一のものであるはず、という事です。

二人とも、これから先のエレンの記憶を見たはずです。

しかし同じ記憶を見たはずの二人の表情には、けっこうなギャップがありますよね。

グリシャは「あんな恐ろしこと」と言い、
2019-09-07_204446

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

エレンは感慨深そうに「あの景色を」とつぶやいています。
2019-09-06_060045

「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より

この差は何なのでしょうか?

同じなのに、これだけ違う反応を生む未来の景色とはどんな景色なのか?

管理人アースは「地鳴らしの景色」だと考えています。

◆エレンとグリシャが見た「未来の景色」を「地鳴らし」と予想!

2019-06-07_082116

「進撃の巨人」第118話「騙し討ち」より

118話でアルミンから、エレンの目的は「シガンシナ区の壁の数百体の巨人による地鳴らしでパラディ島を守る」と説明がありました。

これまでに重要ポイントでアルミンの予想が外れた事は無かった、と認識しているので間違いは無いと思われます。

となるとエレンの目的は「シガンシナ区巨人による小規模地鳴らし」であり、グリシャが叶うと明言したエレンの望みも地鳴らしであると言えるでしょう。

そう考えると、グリシャが「あんな恐ろしいことになるとは」と言ったのも頷けますよね。

おそらくエレンの望みが叶った「地鳴らし」の景色を見て、「恐ろしい」と表現したのでしょう。

いっぽう同じ景色でもエレンからしてみれば、これは「アルミンやミカサ、パラディ島を守る」事に繋がる光景ですし、これまでの自分の自由を奪う存在としての象徴であるシガンシナ区の壁が壊れる光景なので、このような表情になっても自然なのではと思われます。

このように見れば、エレンとグリシャは同一の記憶、景色を見ていながら全く違う発言をしていても納得できますよね!

今回の考察で「エレンとグリシャが見た未来の景色は『地鳴らしの光景』」だと予想できました!

ただこれだけですと、この後にグリシャがエレンに巨人を継承させた理由が分からないですよね?

なぜエレンに始祖・進撃の巨人を継承したら恐ろしいことになる、と分かっていながら継承したのか?

これについては121話考察!グリシャがエレンに継承した理由を検証!にて考察しているので見てみてください!!

最終話へとラストスパートに向かっている進撃の巨人!

考察も気が抜けないですよ!\(^o^)/

121話考察!未来を見る「特性」を検証!タイムトラベルは進撃の能力なのか?
28巻まで無料キャンペーン!10周年記念企画内容を紹介!
122話あらすじ!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ゲスモン より:

    僕もエレンが言ってるあの景色と
    グリシャが見た場面は違うものだと思いました
    グリシャのは地ならしの最中で
    エレンのあの顔は、空や遠くの場所から何もかもが壊滅したエルディア島を見てる感じというか・・・
    巨人化してるアルミンの中から見てるエルディアの風景というか・・
    アルミンが巨人化してマーレの海軍ぶっ潰してた時にこれがベルトルトの・・みたいな事言ってたのを思い出しました
    あの時のアルミンにイメージがはまりました

    マフラーを巻いてる少年エレンの場面を見ている長髪エレンの顔てきにも、ミカサとはもう会えないんだろうなって思いました
    ミカサを嘘で突き放したのも2度とエレンとは会えないからだと思ったり

    ED楽しみです、寂しいですけど・・

  2. ユミル・イェーガー より:

    管理人さま
    更新お疲れ様です。

    グリシャとエレンが見た未来の記憶は同一のモノであり それぞれが違った心境で捉えている
    という管理人様の考察 同感です。。。

    それが どのようなものだったのか?
    可能性としては いくつかの断片的なものが複数含まれていたのではないかと。120話にあった記憶の断片のように。
    予想としては
    ①地ならしのような描写(壁の巨人が動くが目的が地ならしとは限らない)
    ②エレンがミカサ・アルミンなど大切な人たちと戦っているような描写
    ③エレンがヒストリアを捕食しているような描写(またはその逆)
    ④ラストカット「お前は自由だ」のような描写

    などかなぁ…と思ってます。

    それと
    グリシャの「全ては王の独善に抗うため」が気になっています。
    エレンがヒストリアに跪いているところのヒストリアの描き方が不気味な気がして、今後、王であるヒストリアの独善にエレンが抗う という惨状が起こりそうで・・・ただの妄想ですが…

    もうひとつ
    17期卒現役調査兵さんの「進撃はエレン(未来)へと繋がり 始祖は始祖ユミル(過去)へと繋がっている」という考察コメントと
    井筒孝庵さんの「物語の始まりと終わりが重要で しかもそれが繋がってる」という考察コメントに 非常に共感を覚えまして 今後の考察の参考にさせて頂きたいと思っています。

  3. Juice より:

    1つ引っかかるのは、
    ジークの安楽死計画が実現したとしても、今後50年パラディ島に手出しをさせない為に抑止力として地鳴らしを実行するのは既定路線なのではという事です。つまりどの道「恐ろしい事」は避けられない。であれば、グリシャの言う「恐ろしい事」、もしくはエレンの言う「あの景色」はさらに一段上の何かが起こる事を暗示しているような気がします。
    とはいえそれが何なのかは全然わかりませんが..。

  4. naoko より:

    やっぱりそれは、正にマーレ国の地獄絵図ではないかな?
    1回目のエレンの奇襲も容赦なかったしね。
    グリシャからしたら、さぞ残酷な景色でしょうね。
    爺さん婆さんも居るワケだし、女子供も容赦なくやりそうだよエレンなら。
    幼い頃から母親を殺した巨人達を酷く憎んでたし『ぶっ殺したい』って口癖だったし。
    リヴァイが『俺には分かる、アイツはバケモノだ!巨人の能力とか関係なしに』って言ってたしね。

  5. 恥垢種 より:

    団長殿、お疲れ様です。
    どなたかが、進化の話を書かれていて思いましたが、結局、この戦いは、例の曹長も言ってましたが、同じ人類の戦いではなく、新型人類と旧人類の生存をかけた戦いと言うことになるかと感じます。進化の過程で片方がその進化を受けいれないなら、どちらかが、淘汰されるまで続くのでしょう。ネアンデルタール人は、争い淘汰されたのではなく、現世人類と混血する形でいなくなったようです。(厳密には、我々はその血を引いてます)
    しかし、この物語では受け入れれば、巨人化という、許容できない遺伝子がついてきますので、ユミルの民が淘汰されるか、巨人化を許容するかの2択になる訳です。
    結局、行き着くところは、ジークとエレンの葛藤になるのでしょう。グリシャも復権と威勢が良かったのですが、行き着く結果を見て、戸惑い、ジークにエレンを止めろまで言うわけですね。でも、生物の生存競争など、そんなもんでしょう。物語の最初から、話されてるとおり、世界は残酷なんですよ。エレンは、早い段階で、それに気づき戦うことを選んだのでは?と感じます。
    また、自分達は同じ人類だという結論に行き着いたユミルの民は、共存の道が無いので、滅びの道を選ぶのだろうと思います。同胞の旧人類を守る為に。

  6. きじねこ より:

    久しぶりにコメントさせていただきます。きじねこです。未来の景色をみたグリシャとエレンが異なるということですが、地ならしによってグリシャの故郷であるレベリオ区が破壊される光景を見たのだと私は考えます。エレンにとっては不自由の象徴であるレベリオ区も破壊しそうですが、グリシャとしては生まれ育った故郷であるレベリオ区が破壊されるのは、嫌な思い出があるといってもつらいものだと思います。

  7. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    (´・ω・`) ← 意見が全く同じだとかえって途方に暮れてしまっているところ

    ・・・

    分かりました、グリシャとエレンがみた「あの風景」で、グリシャからするととてつもなく恐ろしく、エレンからするととてつもなく恐ろしいかもしれないけれど、希望が持てるシーンとなると・・

    ズバリ、

    ミカサがエレンをばっさりと斬り捨てるシーン、となります(;´∀`)

    グリシャからすれば自分の息子が娘をのようなものです。家族ですから。

    壁内巨人群の行進だと、あれ? 動いているけれど、止めてくれるんだろうな、エレン、頼むぞ、という感じでしょう。← 英語版でのストップ、エレン

    第120話、第121話で明らかになった重要な事実は、1)ヒストリア宅に現れたフードの男はやはりエレンだった、2)ヒストリアとエレンは4年前から、ある意味、ただならぬ関係にあった、この二つだけであった、と言ってもよいでしょう。

    ストレートに言えば、ヒストリアのお腹の子の父親はエレンだ、と確定の断定。

    ミカサという者がありながら・・ということで、自業自得なわけです。

    ばっさりですばっさり。首と胴体がばっさり。

    逝ってらっしゃいエレン・・

    エレン、そ、それでいいのか!?

    そこには、親として息子を思うグリシャの心境が現れていて、人類の行く末は全く関係ないと思いますし、

    医師としてのグリシャの経験的な判断も働いているでしょう、マズイ、これは即死だ、と。

    一方で、エレンは、と言えば、

    いつかはそういうことになるとは、予想できていたことでしょう、

    エレンには、自らの未来を間接的に観るすごい力がありますが、その力を使わなくても予想できるでしょう、

    ミカサという者がありながら、4年間もヒストリアと密会を重ね、身籠らせたわけですから、

    いつかはたいへんなことになるということくらいは。

    そういう背景・事情があるので、この4年間、エレンは終始浮かない暗い表情をしていたわけです。

    エア麻雀でミカサを突き放したのは、エレン流に別れ話を切り出したということです。

    それでもエレンがなぜか爽やかで希望がありそうで達観した表情なのは、

    首が飛んでも、もう一度、道の少女に治してもらえばいい、と、楽観していられるからでしょう。(平たく謂えば、味をしめた)

    ただ、エレンは、今回のツアーで、弟を最後まで見捨てないという深い愛情ある兄貴を突き放してしまっているので、

    次回、ミカサに斬り捨てられた時、そこにジークはいません。

    昔、ゲーム大賞と星雲賞を取ったシミュレーションRPG「高機動幻想ガンパレードマーチ」(2000/09)で、主人公のエースパイロットが、戦いの最中、

    関係を持ってしまった同期の女性にいきなり刺し殺されて終わる、ということがありましたが、

    グリシャが見た怖い風景もおそらくはそれとよく似たものなのでしょう((( ;゚Д゚)))

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      こんにちは。

      スマホ不調で、投稿が途中で2回落ちて消えたので、短い投稿が続くかもしれませんがご容赦をm(__)m

      前稿の訂正から。

      息子が娘を(誤)→ 娘が息子を(正)

      ・・・

      トピックでの2つ目のお題、(意訳で) 不穏な未来の風景であるにも関わらず、それでもなぜ、グリシャは進撃をエレンに譲り、未来をエレンに託したのか?

      一つの謎を孕んでいてとても興味深いです。

      長く書いていて落ちると怖いので、要点から記すと、

      可能性の一つとして、

      グリシャは、礼拝堂を後にしてエレンに会った時、継承させまいと決めていたが、更に「異なる風景」を後から観て、継承に踏み切ったというものです。

      冥界に戻った後、エレンがジークに、自分が親父を捕食するところを観なくていいのか?と問うていましたが、それは伏線になっている。

      《問》 不穏な未来の風景を観たのにも関わらず、なぜ、グリシャはエレンに未来を託したのか?

      《答》 その不穏な風景は、グリシャが観た最後の風景ではなかったから。

      ・ 後から、もう一つの風景を観た、となります。

      ・ エレンはその風景を知っているので、穏やかな表情にある。

      ・ 設定上、混み入りますが、その第2の風景を先に観たのがグリシャで、そのグリシャの記憶をエレンが観ている。

      ・ であるとすると、なんだろう?

      問題を先送ってしまっていますm(__)m

      落ちなくてホッと(;´∀`)

      ーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      グリシャが見た怖い風景がキレたミカサだったら納得かも…(;´Д`)

      管理人アース

  8. 考察初心者🔰 より:

    管理人様🎶新たな考察✨ありがとうございます😊

    122話展開予想のトコにも、書いたんですが…

    自分はエレンが始祖ユミルと接触することで更なる記憶の扉が開いて🚪地ならしを起こした事を後悔する展開を期待してます😆

    エレンの継承については…
    121話でエレンがジークに言った台詞が気になります😱
    「まだ親父がオレに食われる所を見てないぞ」

    これは…継承時にもグリシャと大人エレンの間に何かあった❗️可能性を示唆した台詞ですよね❓

    こうして書き連ねていくと😱自分にはエレンが何かに操られている様にしか見えません😱

    その辺りが最終回のキモになりそうな😱予感がしてます😱

  9. たなか より:

    おはようございます。グリシャがずっと秘密にしてた地下室を見せてやると言ったシーン。あれは大人エレンに向けレイス家の地下礼拝堂を見せてやるということだったと考えるととても納得がいきます。

  10. 馬来熊 より:

    未来の記憶を見るのが進撃の巨人(エレン)の能力とわかったわけですが
    獣の巨人には何があるんでしょうか
    無垢巨人に命令したり投石したりといったジーク固有の能力ではなく、獣の巨人の特性はなんでしょう
    マーレ軍にも今まで特にないと思われていたようですが、気づかれていない能力が眠っているのでは……

    人間はサルから進化したと言われていますね
    しかし今いるサルもずっと進化していくと、いつか人間になる… ということではなく、あれはあれで「人間とは別方向に進化した動物」なんだそうです
    だからサルは人間には到底マネできない能力をもって、彼らのテリトリーで暮らしているわけです。

    別方向に進化した、もう一つの可能性
    未来の記憶という要素が出てきた今、そういうとなんだか『これか…?』っていう気がしてきませんか

    誰にも使いこなせなくて、その存在にすら気づかれなかったものの、進撃の巨人が見た未来を変えるチカラが獣の巨人にあるのでは……

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です