【進撃の巨人】ネタバレ119話考察!ライナー・ポルコの「パリ」を検証!アルミンの言い訳は真実?

「パリ」

「ビリ」


「進撃の巨人」ファンにとって、この効果音は特別でしょう。

少なくとも管理人アースは「ビリ」の「座標発動シーン」や「王家血統者接触」を連想し、考察心がざわつきます(笑)

そんな効果音が、119話にも登場しました。

しかし「座標発動」が起こったわけでも「王家血統者との接触」が登場した訳でもありません。

では「パリ」は、どうやって起こったのか?

そこにはどのような意味が隠されているのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆119話「パリ」場面を検証!

2019-07-09_054945
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


119話で登場した「パリ」。

その描写からポルコがライナーの記憶を見た展開となりましたが、いったいどのようにして登場したのでしょうか?

今一度、この場面を見直してみましょう!

まずボコボコになったポルコに代わり、鎧の巨人がエレンゲリオンのマウントを取ります。
2019-07-09_054921
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


動かない顎に向かい、「起きろ」と叫ぶライナー。
2019-07-31_045444
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


起こそうと思ったのか、鎧の巨人は顎の頭に触れようとします。
2019-07-31_045043
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


鎧と顎の間に電流のようなものが走る描写があり、ライナーの記憶であろうマルセルが弟ポルコを守りたい、と語る描写が登場します。
2019-07-09_054945
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


この場面を初めて見た時は、とにかく熱くたまらない気持ちになったのを覚えています。

タイトル「兄と弟」がココから取ったのだろう、と感じました。

ただ、その後にエレンの首が吹っ飛ぶ場面を見て、全てが吹っ飛びましたが!(笑)

そして記事作成の為に読み返した時に、この展開に違和感を覚えました。

「王家血統者が絡んでいない『パリ』ってあり得るのか?」と。

巨人継承者が他者の記憶を見る場面は、これまでに何度も登場してきました。

ポルコもユミルの記憶を見ていましたよね!
2019-07-31_052040
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


ただ、これは先代巨人継承者の記憶を自然に見た場合であり「パリ」とは違います。

「パリ」が起こり見える記憶は、何かしらの力が働き眠っていた記憶が甦らされる場合に登場します。

これまでの「パリ」場面を振り返ると、ロッドとクリスタがエレンの背中に触れた時や
2015-10-05_044437
「進撃の巨人」第62話「罪」より


エレンのヒストリア女王の掌に口づけした際に起こっています。
2017-02-08_064438
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


今回の「パリ」から記憶を見る展開は、これらと同じでしょう現象でしょう!

そしてこれらの現象は「王家血統者」と「始祖の巨人」の接触の際に起こっています。

おそらくですが、王家血統者が始祖の巨人を継承した場合に得られる記憶改ざんや記憶消去ができる能力に繋がっている現象だと思われます。
2015-10-05_044249
「進撃の巨人」第54話「反撃の場所」より


しかし、今回接触したのはライナーとポルコです。
2019-07-31_045043
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


二人とも始祖の巨人継承者でも王家血統者でもありません。

なぜ「パリ」が起こったのでしょうか?

コメントで見られた考察で、ポルコに接触している鎧の巨人はエレンゲリオンとも接触しているので間接的に始祖と接触していることになるのでは?というものがありました。
2019-07-31_045043
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


たしかにエレンゲリオンと鎧が接触しているので、間接的に始祖と顎が接触したことになりますね!

しかし、ライナーもポルコも王家血統者ではありません。

そして始祖との接触だけで記憶が甦る現象が起こるのであれば、これまで鎧の巨人も顎の巨人も接触しまくりだったので何度も「パリ」が起こっているはずです。
2019-05-08_052601
「進撃の巨人」第117話「断罪」より


しかし起こってはいないので、「始祖との接触」だけでは「パリ」は起こらない事が分かります。

それなのになぜ、今回は間接的な始祖との接触だけでライナーの記憶が甦ったのでしょうか?

さらに言うと、これまでの「ビリ」からの記憶甦りは「先代継承者の記憶をエレンが思い出す現象」でした。

つまりは、エレンが忘れていた記憶や先代グリシャの記憶という、もともと持っていた記憶を思い出していたのでした。

しかし今回は「ライナーの記憶をポルコが見る」という現象となっています。
2019-07-09_055023
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


つまりポルコが持っていた記憶ではなく、ライナーが持っていた記憶をポルコが見たのです。

これ、今までの「ビリ」「パリ」とは全く違いますよね!

となると、この現象はこれまでの「ビリ」「パリ」とは別種の現象なのでしょうか?

ここからは考察ではなくほとんど妄想になりますが、管理人アースはここに「意志」が介在しているのではないか、と想像しています。

この時、ライナーはポルコに「起きろ!」と叫んでいました。
2019-07-31_045444
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


そこからライナーの記憶を見て、結果としてポルコは起きる事になります。
2019-07-09_055330
「進撃の巨人」第119話「兄と弟」より


ライナーは自覚してはいないかもですが、ライナーの「起きろ」という意志がポルコに記憶を見せたのでは、と考察できますよね!

ロッド接触の時は「グリシャの記憶を思い出せ」というロッドの意志から思い出し
2015-10-05_044437
「進撃の巨人」第62話「罪」より


ヒストリアに口づけ場面では、エレンの「ヒストリアを犠牲にする覚悟がない」という意志から、グリシャが覚悟する場面を思い出しました。
2017-02-08_064453
「進撃の巨人」第90話「壁の向こう側へ」より


つまりは「王家血統者」という条件よりも「意志」が鍵になり記憶を思い出しているのかもですね!

今回のライナー、ポルコの現象からは「思い出す」だけではなく「他人に見せる」ことも「意志と接触」から可能なのかなとも思われます。

ちなみに巴里の恋人さんがこのようなツイートをされていました。


たしかにこの時のアルミンの「言い訳」が真実なのであれば、今回の「パリ」も納得できますよね!
2019-07-31_085813

「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


もしかしたら、巨人化能力者同士なら始祖や王家血統すら必要なく「意志と接触」だけで記憶が見られたりするのかもですよ!

ここまでの考察で巨人化能力者同士であれば王家血統や始祖の巨人ナシでも「意志と接触」で記憶が見られる可能性がある、と分かりました。

もしこの考察が正しかった場合、どのような展開が予想できるでしょうか?

さらに考察してみましょう!

◆ライポルの「パリ」からの展開を予想!

67b69b425b710de466236dbf5734bfed
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


管理人アースは119話でエレンは死亡しておらず、120話でエレンとジークの「接触」が起こると予想しています。

その時には「座標発動」となり、シガンシナ区の超大型巨人が動き出す、という現象が起こるのではと妄想しています。

その時に50話でライナー、ベルトルト、ユミルに起こった「ビリビリ」が、現在シガンシナ区にいるピーク、ライナー、ファルコ、そして無垢の巨人となったピクシス、ナイル達にも起こるのではないでしょうか?

そして座標発動の主導権を握っているとされるエレンの記憶や意志が「ビリビリ」と共に皆に伝わる、という展開ももしかしたらあり得るのかなと妄想しています。

ライナーとポルコで記憶が見られるくらいですから、王家血統+始祖の巨人で起こる座標発動からの展開であれば、シガンシナ区中にいる人々にエレンの記憶が見られてもおかしくはないですよね!

119話のライポルの記憶描写展開は、その伏線でもあったのかなと察せられますよ!

今回の考察で「ビリ」「パリ」からの記憶描写展開が王家血統ナシでも「意志と接触」で可能である可能性があり、ジーク&エレンの接触からエレンの記憶をシガンシナ区中の巨人化能力者、無垢の巨人たちが見るという展開が予想できました。

そのような展開が起こるのか?

120話の展開で「ビリ」が起こるのかどうか、要注目ですね!(*^^*)

エレンの利き腕を検証!鏡映し伏線か?
119話考察!祈るイェレナを検証!巨人化フラグか?
30巻あらすじ感想と考察まとめ!
auスマートパス「ひとコマ劇場」6月優秀作品の発表!


Sponsored Link

27 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ119話考察!ライナー・ポルコの「パリ」を検証!アルミンの言い訳は真実?”

  1. ツクシ より:

    あのパリによって再生された記憶の出だしは、マルセル視点から見たライベルアニの姿から始まります。これはポルコが顎とともに継承した先々代マルセルの記憶をただ思い出しただけのように見えます
    一方で記憶の終わり方を見ると懺悔の言葉を話すマルセル自身の横顔が映し出される形となっており、あたかも第三者視点からその出来事を見ているかのように描かれています。三人の座り位置とマルセルの顔の角度から考えて、その角度からマルセルの顔を見られるのはライナーしかいませんのであれはライナーの記憶であると見る事も出来ます

    巨人同士の接触により、ライナーからポルコへと記憶が譲渡されたという可能性も考えられますが、それでは出だしがマルセル視点だった事の說明がつかないので、ここは共鳴説を提唱したいと思います
    同じ記憶を持つ二人の人間が、巨人能力≒道によって繋がる事で、互いの記憶同士に共鳴が起こるのではないか、という事です
    今回の場合、ライナーとマルセルに共通する記憶があり、互いに巨人化状態で接触した為、二人が同時に同じ記憶をそれぞれの視点から追体験する事になったのではないでしょうか?

    同じ理屈でベルトルトとアニにも共通する記憶があると思うので、もしアルミンが何かベルトルトの過去にまつわる記憶の断片を思い出し、それがアニとの思い出に関わる出来事だったとしたら、接触によって二人の記憶が呼び覚まされ、アニと混線する事が出来るかもしれません

    • 管理人アース より:

      >ここは共鳴説を提唱したいと思います
      マルセルとライナーの記憶の共鳴という考察は素晴らしいです!
      面白い考察をありがとうございます!

      アルアニ共鳴展開はたまらないですね!



      管理人アース

  2. 調査兵団副団長 より:

    考察お疲れ様です😀個人的には「パリ」のカギになるのは意思もあるかと思いますが、精神的に追い込まれた状況、にあるのでは無いかと考察します。(もちろん王家血統者&巨人化能力者若しくは巨人化能力者といった条件もありますが。)まず、エレンが最初に接触によって記憶を見た時は見知らぬ所で拘束されている不安感、2度目はヒストリアを犠牲にするかどうかという葛藤によって精神的にマイナスの感情を持っています。今回のポルコも瀕死に追い込まれ立つこともままならない状況で精神的に追い込まれています。このように巨人化能力者の精神的なスキにつけ込むかのように記憶の邂逅、すなわちパリ、が起こるのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ロッドが背中に触れてパリが起こった時に「この場所なら」みたいなセリフがあったことを思い出し、ちょっと気になっています。
      巨人化能力者の精神状態も絡んでいるかもですね!




      管理人アース

      • 調査兵団副団長 より:

        確かに礼拝堂地下と93話のユミルがポルコに捕食されたであろう場所は類似しているので、場所が先代の記憶を思い起こす条件に可能性もありますね😄今回のライナー&ポルコの記憶邂逅からも読み取れるように、記憶がつながった場合、「その人にとって印象的な記憶」が呼び起こされると想定されるので、先代にとって、巨人に捕食されるという記憶はかなり強い記憶でしょうから、継承者される場所と言うのは思い起こされやすいのかなと思いますね。となると場所と言うのは条件というよりも、現象を補助する触媒ということになりますが🤔どうなんでしょうかね、、、

        • 管理人アース より:

          「パリ」に王家血統が必須ではないことが今回分かりましたが、これからはそこからさらに大きなパリが起こりそうな気がしますよ!


          管理人アース

  3. めい より:

    今回もとても面白い考察ですね!

    エレンとジークの接触によってエレンの記憶や意思が伝わるとすれば、それは巨人化している人々にだけなのでしょうか?それともエルディア人ならみんな道を通して影響を受けるのでしょうか?始祖は壁の中の人々全ての記憶を改竄してしまうほどですし。
    もしエルディア人なら巨人化に関わらず見られるのだとして、これによってエレンの真意に迫る記憶や思いが伝わる展開になれば、ガビや104期にも見られる一方、始祖の干渉を受けないミカサにだけエレンの意思が見えないということも…(泣)
    イェレナがエルディア人かどうかもわかるかもしれません!

    • 管理人アース より:

      >始祖の干渉を受けないミカサにだけエレンの意思が見えないということも…(泣)
      そうなんですよ(泣)
      これは考察しながら思ったのですが、記事にはちょっと書けませんでした(泣)
      ミカサにはアルミン、兵長にはハンジが伝えてくれたら…なんて妄想しています。




      管理人アース

  4. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    自分のツイートを取り上げて頂き有難うございます。
    ピリとパリと言う2つの効果音ですが、諫山先生の事ですから、明確な意味合いを持って使い分けていると思います。

    自分が119話のパリを見て真っ先に思い出したのは、100話ラストのエレンがライナーと握手した直後に巨人化する場面です。
    思わず「おおっ、この時にも記憶が流れ込んでいたのでは?」と色めき立ったのですが、103話でアルミンが港で巨人化する時も「パリ」でした。
    パリは記憶が流れ込んだ時と巨人化の際に起こる発光現象にも使われているようです。

    そして過去のお話を読み返しているうちに、団長殿の考察されている記憶を見るには意思も必要である事も理解出来ます。
    ライナーが以前にポルコに言っていた事からも分かるように、ライナーの記憶は決してポルコには見られたくなかった内容だと思います。

    自分はマルセルの意思が働いて、ライナーの記憶をポルコに見せたんじゃないかと思うんですよ。
    ガリアード兄弟がなぜ自らを犠牲にしてまでライナーを守ったのかは分かりかねますが、119話のタイトルが「兄と弟」だし、マルセルの気持ちがそうさせたとしても不思議ではないのかなぁと。

    • 管理人アース より:

      Tweet使わせてもらいましたm(_ _)m
      考察している際に巴里さんのTweetを思い出し載させてもらいました。

      >マルセルの気持ちがそうさせたとしても不思議ではないのかなぁと。
      面白い考察ですね~。
      ライナーとの接触がキッカケでマルセルの記憶を思い出した…
      ライナー視点の描写もあるけれど、マルセルの記憶を思い出したという現象にも見えますよね。
      「兄貴の記憶を見た」とも言ってますし。
      マルセルの意志も感じますね!



      管理人アース

  5. 二度目の投稿 より:

    ふむ。ふむ。
    ここはツクシさんが書かれたようにライナー→ボッコへの記憶の継承ではなく、ボッコの中のマルセルの記憶が蘇ったと考える方が理にかなってると思います。知性巨人どうしの接触で中に眠っている記憶が蘇るという事ですね。
    そして、それは意図せずに起きる現象であると。119話で描かれたのは「兄と弟」エピソードであり、兄は弟を守ろうとするんだという兄弟愛の表現であり、かつ兄の想いが叶わないという残酷な世界を表現したものだと感じます。
    とするとイエレナが瞑目する一コマもイェレナの兄弟を思う気持ちなのか?実は身近な人が兄弟とか?と思ってしまいました。

    • 管理人アース より:

      >イエレナが瞑目する一コマもイェレナの兄弟を思う気持ちなのか?
      面白い視点ですね!
      次号が「兄と妹」とかだったらスゴいです!



      管理人アース

  6. 猫背の巨人 より:

    記事作成お疲れ様です!

    この予想が当たったら震えますね!
    地ならしと、エレンの真意発表が重なったらコメント欄が伸びすぎてしまいます笑

    今回のパリはこの先は回想ですよと読者に知らせるためのものとして、私はスルーしてしまいましたがこんな視点と結果があって驚きました!

    • 管理人アース より:

      あくまで管理人アースの妄想ですが、あったら熱いなと感じていますよ!
      もうすぐ読める120話、楽しみです!(^^)


      管理人アース

  7. 賛遊帝炎上! より:

    ツクシさんの共鳴説が有力ですかね。それぞれがそれぞれの巨人内の記憶を同時に再生。読者にはそれぞれがいい感じに編集された状態で公開される。個人的には、相手に映像を送り込む能力は9つすべてにあって、王家に限ってあの場所で他の巨人の映像を抜き取ることができるのではと思ってました。

  8. めい より:

    皆さんの考察すごいですね!
    共鳴説は説得力があるし、素晴らしいと思いました。
    では何故今回共鳴したのかと考えてみました。
    記憶を共有する知性巨人同士の接触は今までにもあったでしょうし、その度に何らかの記憶が蘇っていたわけではなさそうです。
    なので今回は、ライナーとマルセルが同じ記憶を持つからではなく、同じ「強い意思」が関係しているのではと思いました。
    このときライナーはポルコに「起きろ」と言っていますが、これはつまり死ぬなというような意味だと思います。「ポルコを死なせたくない、生きて欲しい」という強い思いが、マルセルの同じ思いと共鳴したということです。

    そして、そこに始祖が触媒として必要なのかどうかですが・・・。
    ライナーがエレンに触れているため、道が開いたという見方も出来ますが、アルミンの言い訳が事実だとすれば始祖はなくてもまさに「意思と接触」で起こりうることなのではないかと思います。

    私のイメージとしては、本来始祖+王家血統の能力によって道を開くことで起きる現象であるが、2人の知性巨人の「共通する強い思い」が共鳴し、例外的に互いの道が繋がったという感じです。
    それでマルセルの記憶を呼び起こすと同時に、関連するライナーの記憶も流れ込んだ、というのはどうでしょうか。

    • 管理人アース より:

      >「共通する強い思い」が共鳴し、例外的に互いの道が繋がったという感じです。
      管理人アースもこのイメージですね。
      始祖無しでも同じ方向性の想いが重なり道が重なったような感じかなと!



      管理人アース

  9. にゃんこ より:

    エレンとジークの接触により、グリシャのジークへの思いがジークが考えを 変える きっかけになるかも

  10. ユミル・イェーガー より:

    >エレンの記憶や意志が「ビリビリ」と共に皆に伝わる
    管理人様の妄想に共鳴いたしましたぁ!
    もし今回 エレンとジークの接触があれば、「始祖と王家」「兄と弟」「絶体絶命の精神状態」「強い意志」と皆さんが考察中の「ビリ」発生条件のほぼすべてを満たす状態が生まれることになります。加えて「エレンの首が飛ぶ」という究極の局面。これは管理人様の妄想通り過去最大の「ビリビリ」が起こっても何ら不思議ではありません。それこそパラディ島だけでなく大陸を含むすべてのエルディア人に伝わってもアリじゃないでしょうか。エレンが持つ記憶や想いだけでなく、「始祖の記憶」「世界の記憶」として描写して欲しいです。これまで登場人物たちが受けた苦しみや悲しみは、歪められた情報や歪められた教育によって植え付けられた記憶(それぞれが相反してしまう正義)が引き起こしています。この物語をハッピーエンドにするためにも全てのエルディア人に真実の記憶を共有させる過去最大の「ビリビリ」を期待しております!!

    • 管理人アース より:

      >全てのエルディア人に真実の記憶を共有させる過去最大の「ビリビリ」を期待
      良いですね!
      この場面が登場したら熱いですよね!\(^o^)/




      管理人アース

  11. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。お久しぶりになっておりますm(__)m

    知性巨人の「意志」は、知性巨人の生命力についての議論でも一つのキーワードになっていたことを想い起こしております。

    ・・・

    意志と接触は、ジークとエレン(巨人保有の王家血統と始祖の巨人)が最も象徴的ですか、

    私見では、ユミルの民は世界樹の道で繋がっていて、潜在的には意思疎通が可能で、

    ただ、その能力の発現には、素質(知性巨人であることなど)が求められ、更には環境(強い意志を有すること)が求められのではなかろうかと。

    ・・・

    観点を変えると、

    リベリオ急襲以来、ライナーとガビ/ファルコの間で、非接触の意思伝達(精神感応)が幾度か発生していて、

    それは彼ら固有の理由によると思われますが、

    ひょっとしたら、ある種のXデイが近づいていて、眠れる能力が発現する時期にきているのかもしれません。(← 別観点)

    (楳図かずおの半魚人のような話)

    ・・・

    全く余談ですが、

    最近、話が急展開して終わりに突入しそうでありながら、幾つかの大きな謎(大地の悪魔・845年・巨人大戦など)の解明には程遠いことから、

    ひょっとしたら、進撃の巨人が大地の悪魔なのかな、と想像しています・・だとすると謎解きが一挙に進みそうなので(笑

    理由としては、

    1) 進撃の巨人も大地の悪魔も、通常時空を超えて存在できている、(進撃は超時間通信、大地の悪魔は喩えるなら余剰次元にお住まい)

    2) 始祖ユミルは9つの欠片(知性巨人)に分割されたけど、もともとの始祖ユミルはヒトの少女と大地の悪魔が融合したもの、であるとすると、9つの欠片のどれかには、オリジナルの大地の悪魔が色濃く反映されている可能性がある、

    といったところ。

    猛暑で妄想全開(;´∀`)

    であるとすると、

    喩えるならエレンは大地の悪魔の魂で、道の少女は大地の悪魔の魂の抜け殻。(← ゲゲゲの鬼太郎に見られるパターン)

    エレンの頭が飛んで、こちら側ではジークとエレン(の頭)が接触、

    あちら側では治そうとした道の少女が頭に接触してパリ/ビリで、なんとそれが自分の頭だと気づく。(大地の悪魔も記憶を回復)

    あちらの世界(大地の悪魔の側)とこちらの世界(エレンの側)は、鏡の向こうとこちらのような関係。← 鏡映対称

    エレンと大地の悪魔が契約を解除すると、鏡映対称なので対消滅して無に帰する。

    更に、

    世界は、大地の悪魔が見ていた夢なのでしょうか? エレンが見ていた夢なのでしょうか? となれば、その構造は、キャロルの「鏡の国のアリス」と同じ。← エレンの夢の謎、物語の冒頭箇所の謎、(未解決)

    ーーーーーーーーーーーー

    • 管理人アース より:

      >エレンは大地の悪魔の魂で、道の少女は大地の悪魔の魂の抜け殻。
      面白いですね!
      獣の巨人の耳の形が尖っている事から、進撃と獣と顎は大地の悪魔から派生した、という考察もできそうですね!



      管理人アース

      • 井筒孝庵 より:

        こんにちは。

        返信を頂きありがとうございます。

        物語が佳境を迎えているのと猛暑とで、妄想全開中です(^-^ゞ

        ・・・

        耳か(≧∇≦)b

        初期の頃の考察対象でしたが、伏線になっていて繋がってきたら面白いことに。

        進撃と獣とで共通するのは、取り立てて他の巨人のように優れた戦闘能力を持ち合わせておらず、

        であるがゆえに、未知の能力があるのでは?と度々、考察対象に上がってくるということと、

        物語の進展とともに、両者共に能力を開花させてきていることでしょう。

        それぞれが最終形態に向かって進化しているかのよう。

        獣は有機生命体の一部に過ぎませんが、継承者により様々な形態を取り得るということは、大地の悪魔が有機生命体の「起源」であることと、結びついているところでものかもしれません。

        (今妄想中で、エレン=大地の悪魔説を想定して進めています)

        そして、ジークの獣もまた9の欠片のうち、もともとの大地の悪魔の性質を色濃く受け継いでいるとすると、

        物語上、エレンとジークは「兄弟」ですが、

        同時に、エレンとジークは大地の悪魔の「分身」となってきて、

        二人が出会い接触するということが二重に意味を帯びてきます。

        また、とても話題になったジークの異例とも言える再生/復活も、王家の血筋という観点に、大地の悪魔の分身という観点が加わるかもしれません。

        妄想がいましばらく続きそうですがご容赦を(^人^)

        ーーーーーーーーーーーー

        • 井筒孝庵 より:

          顎もでした。

          今や顎はファルコか、そしてそばかすユミル、ヒストリアへと繋がりを持ち、

          進撃・獣・顎で大地の悪魔の三位一体かな?

          大地の悪魔の欠片である顎、

          そばかすユミルはだからヒストリアとの結婚を望んだのかな? (←ユミルの手紙の謎)

          なぜなら、大地の悪魔は解体前には、道の少女(=村人ヒストリア≒女王ヒストリア)というのは一体だったから。

          三つが合わさって一つと言えば、

          ヒィズル国将軍家、 ミカサの「三つ組み筋違」の紋章/タトゥ。

          関係があるのか?

          三位一体の大地の悪魔を慰撫・鎮魂するという将軍家祭祀繋がり?

          ーーーーーーーーーーーー

          • 管理人アース より:

            ミカサの刺青はおそらく次の展開でさらに深堀りされると思われますが、今から楽しみですね!
            佳境に来た物語ですが、ここもキッチリ回収されると信じていますよ!



            管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ