【進撃の巨人】ネタバレ117話考察!イェレナの「エレンは特別」の意味を検証!イェーガー信奉者?

117話にてイェレナから「エレン」「あなたは特別…」という発言が登場しました。

イェレナはジークの信奉者なので、ジークを神と崇めているのは分かっています。

しかし弟であるエレンを特別視する理由は、分かりませんよね。

なぜここで、イェレナはエレンを特別だと言ったのでしょうか?

エレンとイェレナには、我々読者が知らない関係があるのでしょうか?

それとも実際イェレナにとって、エレンには特別な何かがあるのか?

考察してみると、イェレナが「イェーガー信奉者」であることが判明しました!

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆イェレナの「エレンは特別発言」を検証!

2019-05-24_040306
「進撃の巨人」第117話「断罪」より


117話「断罪」にて、イェレナから「エレン…あなたは他の人と違う…」「あなたは特別…」という発言がありました。

この時のイェレナは、どのような意味で「エレンが特別」と言ったのでしょうか?
2019-05-08_052827
「進撃の巨人」第117話「断罪」より


この時エレンは鎧の巨人、顎の巨人、車力の巨人の3体の巨人を相手にしていました。

善戦していたエレンですが、車力の巨人の対巨人砲に頭を撃ち抜かれピンチとなり、オニャンコポン達義勇兵からは「このままじゃ始祖がやられる」「始祖が食われる」との発言も飛び出し、このままではエレンはやられてしまうのではとの流れとなります。

イェレナの「あなたは特別」というセリフは、そんな流れに対しての発言となっています。

つまり「普通の人ならこのままやられてしまうけど、エレンは特別であり他の人と違いやられたりしない」との意味となりそうです。

たしかにエレンはこのままやられはしなかったですが、なぜイェレナは「エレンは特別」と認識しているのでしょう?
2019-05-08_052941
「進撃の巨人」第117話「断罪」より


このイェレナのセリフについては普通の東洋人。さんから非常に素晴らしい考察コメントをいただいております。

エレンは抗おうとする、エレンやパラディを悪とみなす、マーレや世界からの『断罪』などはね除けんとばかりに。
同じ地獄を知ってしまった者同士ながら、ライナーとは見ている先は明らかに違っている。 そういう意味でも確かにエレンは「他の人とは違う、あなたは特別」なのだと思います。

これはエレンの反骨心であったり自由を求める強さを表している「特別」だろうとの考察ですね!

たしかにエレンの気持ちの強さは尋常ではないですよね!

このコメントを読んだ時「おお!なるほど!」と感じましたよ!

普通の東洋人。さん!

素晴らしい考察コメントをありがとうございます!


しかしいっぽうで、義勇兵として同じ程度エレンと接していたであろうオニャンコポンでさえ「このままでは食われる」と判断していました。

このイェレナのエレンに対する信頼感は、どこから来るのでしょう?

ちょっと見返してみると、110話にてエレンについて語るイェレナの場面がありました。
2019-05-24_041408
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


イェレナはエレンに対し「ジークが我々にその希望を見せてくれたように」「エレン・イェーガー自身に主体的な思想があることを私は求めました」と語っています。

そして「彼は想像以上です…」と評価しており、イェレナにとってエレンは「望んでいた以上の人物」という評価をしていることが分かります。

つまり、ここからイェレナの信頼感が生まれている事が分かりますよね!

今回の「エレンは特別」という信頼感は、ここに繋がっているように感じられます。

要は、イェレナにとってエレンは「ジークと同じように希望を見せてくれる存在」と言うことなのでしょう。
2018-10-09_061138
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


おそらくはパラディ島での密会での会話から信用に足る存在だと判断し、マーレ強襲時でのエレンの行動を見て「ジークに等しいほどの存在」だと感じたのではないかと考えられます。

イェレナはジーク信奉者であり「エレン信奉者」という存在でもありそうですね!

ジークを崇めているように、エレンに対しても同じような感覚を持っているのでしょう!
2019-05-24_040029
「進撃の巨人」第117話「断罪」より


つまりイェレナは「イェーガー信奉者」なのでしょう!

110話でのピクシスの「時折り事実を混ぜてしゃべる事」もエレンに対する気持ちは事実でエルディアに対しての気持ちがウソなのかなと、今読み返すと分かります。
2018-10-12_050322
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


イェレナという存在は、「イェーガー信奉者」ということで、ある程度説明が付くように感じますよ。

では、これまでに考察してきたイェレナ考察は、このままスルーする展開になるのでしょうか?

これまでのイェレナ考察を見返してみましょう!

◆イェレナ考察を再検証!

2019-03-13_081117
「進撃の巨人」第115話「支え」より


イェレナに関して最も気になっているのは、「イェレナはクルーガーの娘という展開は無いのか?」という考察です。

これまでにも105話考察!イェレナの意味とは?ジーク信奉者を検証!にて「イェレナがクルーガーの娘では?」と考察してきましたし、それを前提で110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!にてエレンとイェレナの密会での会話を予想してきました。

さらには114話考察!クサヴァーの正体を検証!にて、クルーガーとクサヴァーがマーレ軍にいた時期が重なっている事が分かっています。

この辺りもイェレナから何かの形で回収があるのでは、なんてことも妄想したこともあるのですが…

別の考察では115話考察!イェレナの継承展開を検証!自身が神となる展開も?ではイェレナが始祖の巨人を継承する展開も予想したりもしました。

ただ、もしかしたらイェレナはこのまま「ジーク&イェレナ信奉者」=「イェーガー信奉者」として終わるかもしれませんね!

そんな展開もあるのでは、と今回の考察で感じましたよ!

今回の「エレンは特別発言考察」から、イェレナが「イェーガー信奉者である」事が分かりました!

さてさて今後のイェレナに「クルーガーの娘」くらいの展開があるのか、それともこのまま終わるのか?

今後のイェレナも要チェックですよ!\(^o^)/

117話考察!ライナーが安楽死計画を知っていたのか検証!
117話考察!獣の巨人登場からジークの任期と伏線を検証!
117話考察!エレンが戦った理由を検証!
117話考察!エレンの表情を検証!リヴァイを待っていた?


Sponsored Link

24 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ117話考察!イェレナの「エレンは特別」の意味を検証!イェーガー信奉者?”

  1. ファルコン より:

    まずは信用に足る人物ではないと密会など危険なことはしないので
    信用したのはヒストリアを庇ったときだと思いますね。
    ジークの真意を伝えたと思われる密会がばらされたら計画に支障をきたします。

    義勇兵の中でも「真意を伝えるに値する人物か」選択してると思われる描写があります。
    例えばオニャンコポンが「いろんな奴がいた方が面白いってな」という
    自分の宗教観を披露したときイェレナの顔のコマが挿入されてますよね?
    イェレナ(こいつはだめだな)という顔に見えませんか?
    エルディア人を消す思想とは間逆ですからね。

    全ての義勇兵に真意を黙っていたと仮定すると
    イェレナが真意をばらした時点で誰もついてこなくなるはずです。
    義勇兵達も祖国を失っていてマーレも裏切っているわけですから
    エルディアが安楽死でジリ貧になれば居場所がなくなってしまいます。
    襲撃したのに自分達がイェーガー神に協力した使途だから世界に受け入れられると
    安易に考えているなら話は別ですが楽観しすぎで不自然になるかと存じます。

    • 管理人アース より:

      >イェレナ(こいつはだめだな)という顔に見えませんか?
      よろしくはない感じの表情でしたね。
      おっしゃる通り、たしかに義勇兵の未来は暗いですね。
      オニャンコポンも含め、今後どのように動くのか要注目ですね!



      管理人アース

  2. プリッツ より:

    「特別」という言葉に関して思い出したことがあるのですが、73話はじまりの街にてエレンが自分たちの事を「オレ達は生まれた時から皆、特別で自由だからだ」と言ってましたね。それまでは「生まれた時から、自由だー」と言っていた気がしたので、エレンが普遍的な意味にせよ自らを特別だと言ったことに少し驚きました。話の展開としてはキースから聞いたカルラの「特別じゃなきゃだめですか」の件の後だったので、その事が影響してるのかなと思っています(親にとっては皆特別、的な)。そもそも、ジークを育てていた時のグリシャは、いわゆる毒親だったのに、エレンの子育てに関してはカルラ主導のような具合で、エレンが王家の血ではないからどうでもよかったのか、クルーガー流の父親としての在り方の名残なのか、その辺が気になりました。
    イェレナの「特別」と関係ない話ですみません。。。
    関係無いついでに、、最近アニメを見返していて、おそらくアニオリなんですがカルラがエレンの事を「嘘つくとすぐ耳が赤くなる」と言ってたので、28巻のエレンがミカサに「ずっとお前が嫌いだった」の時のエレンの耳を確認したら、その台詞を言った時のエレンの描写はありませんでした。ので、それは嘘だと信じています。笑

    • 管理人アース より:

      >ので、それは嘘だと信じています。笑
      アニメでエレンの耳を確認したいですね!
      まず間違いなく真っ赤でしょう!\(^o^)/



      管理人アース

  3. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    なんかイェレナがクルーガーの娘と言うのがなんかしっくり来ないんですよねぇ。
    確かにクルーガーもイェレナも高身長ではあるものの、顔が似てなさ過ぎる気がします。
    イェレナは丸顔、クルーガーは面長、イェレナは目がぱっちり、クルーガーは切長。

    何故イェレナがエレンを特別だと思うのか、それはイェレナがエレンの娘であり未来から過去へ父親を救いに来たシュタゲの鈴羽的な存在だから。
    なんて展開は無いですね(笑)

    • 管理人アース より:

      >イェレナがエレンの娘であり未来から過去へ父親を救いに来た
      この展開が来たらスゴイですね!(笑)
      エレンと誰の間の娘かも気になるところですが!
      髪の感じからはミカサとの間の娘には見えない(泣)



      管理人アース

  4. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    物語の最終章が迫っていると言うのに、一向に話が見えて来ないと、どうしても諦めたくなってしまいますね。
    自分も117話でジークが登場した時の、イェレナの陶酔し切った表情を見て、彼女はイェーガー兄弟の信奉者なのだと感じました。

    ピクシスから尋問を受けていた時、ずっと伏し目がちだった彼女が「二人の兄弟によって世界は生まれ変わる」と言った時だけは妙に生き生きとしているんですよね。
    117話で104期生達に安楽死計画を説明している時と同じ表情です。

    twitterに関連記事を揚げておきましたが、ジークがクサヴァーさんから始祖を託す相手を探しなさいと言われてから、エレンよりも先にイェレナが登場しています。
    ジークがイェレナに義勇軍を統率させ叛マーレの狼煙を上げた時点では、イェレナに始祖を託すつもりだったのでは?と言う考えも捨て切れません。

    巨人化能力者でも無い彼女が、どう言った経緯でジークを神として崇め、安楽死計画に賛同するに至ったのかも気になります。
    自分はまだイェレナはクルーガーの娘だと信じていますが、母親の事も明かされる事になるかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      イェレナはジーク信奉者というよりもイェーガー信奉者なのかもですね。
      このまま終わる可能性もありますが、イェレナからもう一波乱はありそうな気がしますよ!



      管理人アース

  5. アース調査兵団志願兵 より:

    管理人アースさん、こんにちは。
    この考察、そうだなあと思います。私は、今のエレンは、エレン・クルーガーが転生したのだと推測しています。グリシャはそれを知っていて、エレンと名付けたのだと。
    知性巨人を継承した人が子供を産むと捕食された人が転生されるのだとして、イェレナがクルーガーの子供だとしたら、イェレナはクルーガーの前の進撃の巨人だったことになります。そして、「エレンは特別発言」がしっくり来ますよね。

  6. フツウノコウコウセイ より:

    ここの記事とは全然関係ないんですがここが一番返信してくれる確率が高いと思うのでここに書きます。
    「奇行種の」発生条件についてです。
    無垢の巨人には「通常種」と「奇行種が」いますね。
    「奇行種」が発生する条件は「進撃の巨人」の継承者が無垢の巨人になる前のユミルの民に触れてから巨人化すると「奇行種」になるのではないのでしょうか。
    根拠としては 「進撃の巨人」の現継承者であるエレン・イェーガー に巨人化する前のロッドレイスが触れておりその後にロッドレイスが巨人化し「奇行種」なりました。
    またかつての「進撃の巨人」の継承者であるエレン・クルーガーはマーレ治安当局の軍人になりすましており ユミルの民を拷問してました 。
    その際に彼に触れたユミルの民が後に「楽園送り」されてパラディ島で「奇行種」になったのではないでしょうか。
    「奇行種」が少ないのはエレン・クルーガーが触れてから巨人化したユミルの民が「楽園送り」にされたユミルの民全体のほんの一部しかいないのだからと思います。
    最後に指疲れた❗

    • フツウノコウコウセイ より:

      すいません。
      補足です。
      ダイナフリッツに関してはグリシャの回想でクルーガーがダイナが王家の血を引いている事を揉み消したと言っていたので恐らくクルーガーが進んでダイナの拷問を行いその際に触れたと思います。

      • 管理人アース より:

        ダイナが奇行種だったかは分からないと思いますよ!


        管理人アース

        • フツウノコウコウセイ より:

          私がダイナ巨人が「奇行種」だと判断した理由は2つあります。
          ひとつ目はダイナ達が「楽園送り」になった時です。
          その際にダイナは目が特徴的な笑巨人の様に他の復権派より少し遅れて無垢の巨人になりましたよね。
          その際に目が特徴的な笑無垢の巨人は堤防の上にいる人間に反応していましたがダイナ巨人は無視していました。
          またベルトルトがシガンシナ区の壁を破壊後人間に戻ったベルトルトとダイナ巨人はかなり接近しましたがダイナ巨人はベルトルトを無視していました。
          以上の事からダイナ巨人は「奇行種」だと思うのですがどうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      面白い考察です!
      管理人アースは、継承時に脊髄を損傷していると奇行種になるのかもと考えています。



      管理人アース

  7. ツクシ より:

    イェレナの父がクルーガーというのは大いに有り得る展開ではないかと思います
    いつもながら目の付け所が鋭くて感服いたします!

    エレンはクルーガーの記憶を継承しているはずのグリシャに育てられている為、少なからず彼の人格から影響を受けていると思われます。そこにイェレナは亡き父の面影を重ねているのかもしれません
    もちろんエレン自身がニ世代前の進撃継承者であるクルーガーの記憶にアクセスし直接影響を受けている可能性もありますが、グリシャやフリーダの記憶を取り戻した時と違い、エレン自身が具体的にクルーガーの存在を自身の内面に感じ取っているような描写はこれまで確認されていない為、違うのではないかと思います

    あくまでエレンの中にあるクルーガーの要素というのは、クルーガーの記憶を継承した父グリシャからの間接的な影響なのではないかと思います

    ところでエレンの人格形成に影響を与えたのはグリシャだけではありません。母カルラの愛を受けて育ったエレンは、クルーガーやグリシャとは別の価値観を持っている事になります
    表面的にクルーガーと似た部分があるエレンを無意識的に信奉しているイェレナですが、エレンの内面に流れるカルラの影響には気付いていないはずです
    なので彼女のエレンに対する理想は最終的には砕かれる事になると思います

    • 管理人アース より:

      カルラの愛から引っくり返る展開が起きたら熱いですよ!(*^^*)



      管理人アース

  8. ミカサファン より:

    エレンが特別な理由を無理やり考えようとして出てきた答えが、今登場している知性巨人のうち、エレンだけが知性巨人の子供ってことでしょうか。

    もしかしたらウーリやヴィリーの妹もそうだったかも知れませんが、知性巨人の子供は何かしら特別なのかも知れませんね。

    あと一つは複数の巨人を保有していること。進撃が始まった当初、9体の巨人は9人が保有していましたので、それぞれ1体ずつの継承となっていましたが、複数保有するエレンを捕食すれば複数継承となるはず。

    つまり過去に複数保有したエルディア人がいたが、継承せずに死亡したため1体ずつに分散赤子継承されたか、過去に複数保有した人がいないかのどちらか。

    前者だと以前の進撃保有者が複数保有を試みて失敗したのかな?後者だと初めての複数保有者だから特別なのかな?と。

  9. ファルコン より:

    オニャンコポンが宗教観を語るシーンですが、
    ここからアルミンの真意を読み取れる気がしてきました。

    「そう考える者もいる 考えるだけなら自由だろ」というオニャンコポンのコマの
    両サイドのコマがほぼ同サイズですので、ここが「対比」だと考えられます。
    「対比」の場合、イェレナが反対ならアルミンは自動的に賛成になります。

    こういうことです。
    左のコマ:アルミン(賛成) オニャンコポン(意見) 右のコマ:イェレナ(反対)

    つまり「そのような尊いお考えがあったとは…」と思っているのは
    「俺達は皆求められたから存在する」という宗教のほうで
    アルミンはオニャンコポン教信者だと考えられます。
    アルミンはイェレナを騙していますが、別の宗教にハマっているという考察です。

  10. miyavim より:

    アースさん こんばんは
    私もイエレナの父親はクルーガー、母親はキヨミかと思っていましたが、 当初おじさんでと考えてたピークに興味が行き、イエレナの伏線も用意したが諌山先生が当初考えたほどキャラとして立たなかったのかなと感じています。
    結構このパターンはアニの父親などの伏線回収と似ていて、アニの父親も物語的に重要伏線と考えていたが、あっさり登場してたりしていたので、イエレナは、あまり重要ではない役柄にしていくのかなと感じています。

  11. まながつお より:

     イェレナの人間性をあえて言うなら
    アニとユミルを足して2で割ったような
    印象があります。

     何か特定の事には目を輝かせる反面
    人間性が複雑そうでどこか根が単純な
    感じがするのです。

     進撃アニメで女型の巨人との最終決戦でも
    エレンの巨人化は何か特別な印象がありました。
     一体イェレナは何を感じたのでしょうか?
    エレンの人間性?それとも
    自分の想像を超えた所にある存在感?

    「初めて見るけど貴方は特別」なのか
    「想像していたけどやっぱり特別」なのか
    ニュアンスの違いに頭を抱えています。

    • 管理人アース より:

      どちらかと言うと管理人アースは「「想像していたけどやっぱり特別」」ですね。
      ジークから聞いたイメージとマーレ強襲からエレンのという人間が特別だと認識し「やっぱり」という感じでしょうか?



      管理人アース

  12. 通りがかりの人 より:

    私も、イェレナはクルーガーの娘だと思っています。理由は、エレン・クルーガーの「エレン」と「イェレナ」の語源が共通しているからです。つまりクルーガー(フクロウ)が娘に自らの名を模してつけたのだとしてもおかしくはないかなと。
    ちなみに、エレン・イェーガーの父グリシャの名前は聖書に登場する堕天使グレゴリーを由来とするようです。堕天使グレゴリーは人間に教えてはいけない知識(武器の作り方など)を与え、世界に争いをもたらしました。過去を振り返ると、物語でのグリシャの役回りに近しいものを感じます。
    話は逸れましたが、進撃の世界観には前述した通り神話や聖書由来のものが見受けられらようにも思います。
    「エレン」と「イェレナ」について、語源はギリシャの女神(かつては樹木信仰の形態もあったとされる)ヘレネではないかと思います。このヘレネスは神ゼウスの娘で半神半人です。イェレナの父エレン・クルーガー(仮定ですが)は進撃の巨人継承者で、さらにそれを継承したグリシャはエレンの父にあたります。つまりエレンとイェレナは対の関係となっているのかなと。
    進撃では、イェレナのジークに対する信奉が語られますが、私はこれに違和感を感じています。たしかにジークはグリシャの子ではありますし、獣の巨人を後に継承はしますが、ジークを育てていた当時のグリシャは巨人継承者ではなく、盲目的な反体制派の人間でしかありません。
    よってイェレナにとって片割れのような存在といえそうなエレンほどの結びつきを感じないのです。マーレでのイェレナのジークに対する信奉は「エレンの兄」であることぐらいの意味でしかなかったのではないでしょうか。「エレンは特別」発言の真意もここかなと。
    ただしこの仮説はイェレナが初めからエレンを知っていたのかどうかが鍵になると思います。クルーガー(フクロウ)が道を通じて未来の記憶であるミカサやアルマンの名を叫ぶシーンがありますが、未来→過去の記憶の伝搬の精度次第では、イェレナが父であるクルーガーからエレンについて知っていてもおかしくないでしょうか。
    いずれにせよピクシス司令の「嘘に真実を混ぜる」発言がありましたが、私はイェレナのジークへの信奉が嘘で、初めから目的はエレンだったというように推察しています。また、イェレナの「私はただエレンを知りたかっただけ」発言がありましたが、聖書において「知る」というのは性交することの隠語です。進撃最後のコマの赤ちゃんは、ヒストリアの子供説やエレンの子供説がありますが、さすがにイェレナの子は考えすぎでしょうか?^^;
    神話の世界では、ヘレネスはトロイア戦争を勃発させるきっかけとなり、最後はたくさんの人が滅びて平和(?!)になった世界で家庭を持ち幸せに暮らすそうですが、進撃の世界観ではさすがにそれはないですよね…?
    これまで象徴的だったエピソードに、エレンの母親であるカルラの「生まれてきただけでえらい…」といった発言とサシャの父親による森と狩人に関する話があったと思います。
    そこと繋がってくるかわかりませんが、イェーガーという姓には「狩人」の意があります。また、クルーガーの通り名「フクロウ」はギリシャ神話で知性や戦術を司る女神アテネが肩に乗せていたとして森の賢者と呼ばれています。そしてクルーガーという姓にも「賢い」といった意味があるそうです。全ての姓名に意味があるのかはわかりませんが、諌山先生が狙ってつけたのであればイェレナはやはりキーパーソンに思えるのです。
    エレンとイェレナの2人は、命の奪い合いを続けるしかない「森」から、全ての命を祝福するできる世界へ抜け出すことができるのか、進撃の巨人はそんな物語なのかなと予想しつつ毎週楽しみにしています。

    • 管理人アース より:

      北欧神話と絡めて見ると面白いですよね!
      イェレナとエレンが対比関係にあることは同感です!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ