【進撃の巨人】ネタバレ116話考察!ヒストリア巨人化は必要ない?エルディア安楽死計画を検証!

116話にてイェレナの口からエルディア安楽死計画の説明が行われました。

「子供が生まれなくなる」という安楽死計画は、キチンと説明がされたように見えます。

ただ、一点気になるのが「ヒストリアの子が天命を全うするまで」という表現です。

ヒストリアとヒストリアの子が天命を全うする期間だけで、エルディア安楽死計画は達成されるのでしょうか?

それは、26年で可能と言う事なのか?

それともイェレナはウソをついている?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆イェレナの安楽死計画を検証!

2019-04-20_201211
「進撃の巨人」第116話「天地」より


エルディア安楽死計画を説明したイェレナに対しアルミンから「子どもが生まれなくなる」というつぶやきがあったところから、イェレナはウソをつかずジークが考えたリアルな計画を説明したと察せられます。

そのため、計画実行後末期のパラディ島の状態について疑問を感じたジャンは、イェレナに質問しています。

この辺りも納得のいく質問であり、ここからもイェレナはウソをついていないと感じられます。

ただ、そんなやり取りの中でちょっと気になったのはヒストリアと、その子どもについてです。

エルディア安楽死計画において「地鳴らし」による他国への抑止力は不可欠であり、それに欠かせないのが始祖の巨人と王家血統者の巨人です。

現在はジークが獣の巨人を継承している王家血統者であることから、ジークの任期が切れる1年以内にヒストリアが継承することになっており、出産が終わった後直ちに継承される予定になっています。

ただそうなると、ヒストリアの任期13年と、その子どもが継承して13年、つまり26年で王家血統者の巨人継承者はいなくなることになると予想できます。

その後の地鳴らしの抑止力は、無くなります。

そして26年ではエルディア安楽死計画は完了しておらず、まだ存命のエルディア人が数多くいることは間違いないでしょう。

ということはこの部分は、イェレナのウソなのでしょうか?

この謎について、コメントをいくつかもらっています。

猫背の巨人さんは

「ヒストリア女王の子が天命を全うするまで、数名のユミルの民が始祖の巨人を継承すれば」なのですが、王家血統の人も巨人化できなければならず任期は同じで、王家血統の人の人数と、始祖の巨人の人の人数は同じになるはずです。
そして二人分の26年では全員の安楽死は達成できないとおもいます。無垢の王家血統の巨人を使う場合、子供は必要ありません。私の理解不足なのでしょうか?

とコメントをいただきました。

理解不足ではなく、この辺りは本当に謎だと考えられますね。

恥垢種さんからは

ジークは緩やかな絶滅とか、言ってますが、計画が26年で破綻することが、わかっていて言ってるのか?
それとも、その間に軍事科学力を向上させ、通常兵器と3、4体の巨人で防衛できるようになるという算段なのか?どちらにせよ、緩やかには滅ばないですね。
ジャンの言うとおり、人が減りジリ貧になれば、世界はほっとかないでしょう。
なかなか、最期が残酷な計画ですよ。任期が1年あるかないかの男にすれば、知ったこっちゃないのかもしれないですね。

と、ジークが無責任に計画を立てているのではと予想しました。

これはあるかもですね!

それはもともとキヨミ様が語っていたジークの「地鳴らし作戦」では、ヒストリアが何人かの子どもを産む事が必須、と説明されていた事です。
2018-07-07_024834
「進撃の巨人」第107話「来客」より


この時にも50年は地鳴らしの抑止力を維持しなければいけないと言った上で、それに見合った人数の子どもが必要という説明でした。

現在となっては子どもを産まなくさせる安楽死計画が本当の目的であった事が明らかになっているので、この時にキヨミ様が語ったジークの計画は騙されていたのだろうと察せられます。

ただ、エルディア安楽死計画完了には100年近くは必要でしょう。

となると、やはりジークは無責任に計画を立てているのでしょうか?

ただ、管理人アースは「天命を全うすれば」という表現が引っかかっています。
2019-04-20_201211
「進撃の巨人」第116話「天地」より


任期が13年である巨人化能力者に向けて使う表現ではないように感じられますよね?

つまり、「地鳴らし」は王家血統者が存在すれば可能であり巨人を継承しなくても可能なのではないでしょうか?

そうなって来ると、かなり話が違ってきますよね!

どのような展開となるのか、予想してみましょう!
Sponsored Link

◆ヒストリア巨人化回避展開を予想!

2018-07-07_024857
「進撃の巨人」第107話「来客」より


もしヒストリアが獣の巨人を継承しなくても良く、さらにその子どもも継承しなくても良いならば、どのように展開が変わっていくでしょうか?

ヒストリアも普通に天寿を全うでき、その子どもも同じとなりますね!

これまでエレンが「地鳴らし計画」に引っかかっていたのは、ヒストリアの犠牲です。

それがクリアできるとなると、エレンの中でも最も大きかった不安事項が消えますよね!

そしてヒストリアの妊娠タイミングの見方も変わってきます。
2018-07-07_025108
「進撃の巨人」第107話「来客」より


これは「巨人継承」が引き伸ばされるため、という見方もありましたが、もしヒストリアが「エルディア安楽死計画」を知った上での事だとしたらどうでしょうか?

子どもが産めなくなる前に妊娠をした、という見方もできますよね!

さらに巨人継承が必要ない、ということも知っての上だったら…

イェレナやエレンとヒストリアの繋がりを強く示しているように見えてきますよ!

今回の考察では「地鳴らし」には王家血統者の巨人化が必要ない可能性と、ヒストリアと「イェレナ、エレン」に繋がりがあるのではと予想できました!

この考察が正しいと、エレンがヒストリアの為にエルディア安楽死計画に乗ったという事になるかもですが…

これはあるのか?

この展開はちょっと無いと思っていますが、ひとつの見方としては考えておかなくては、くらいに管理人アースは感じています。

「エレンはエルディア安楽死計画に乗ったフリをしている!」と、この考察をした後もそう信じている管理人アースでした!\(^o^)/

116話考察!アルミン号泣はゲスミン伏線か検証!
116話考察!別マガ表紙の伏線を検証!コニー死亡フラグ?
116話考察!ポルコとダッキくん再登場から展開を予想!
116話考察!エレンの「あの女」は誰?ピークではないのか検証!


Sponsored Link

32 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ116話考察!ヒストリア巨人化は必要ない?エルディア安楽死計画を検証!”

  1. 月光 より:

    エレンとダイナの件から地鳴しに必要な王家の巨人は無垢でも良いはずです。
    ヒストリアとその子供は、世界が攻め込んで来たときに無垢にするということだと思いました。
    抑止力になるうちは攻め込まれないため無垢にならずに天寿を全うできることでしょう。
    2人が亡くなった時に崩壊する問題がありますが。

    • 月光 より:

      王家血統者を無垢か九つの巨人にしなければ地鳴らしを発動出来ないことについては
      「ヒストリアを巨人にして接触すれば」のセリフと、わざわざジークを連れてきたことから確定だと思います。
      エレンが安楽死計画に賛同しているかに関わらず、小規模の地鳴らしを速やかに行って抑止力を機能させる必要があります。その際にヒストリアを犠牲にしないためにジークが必要になったと考えました。
      素の王家血統者でも地鳴らしを発動可能ならばジークを連れてくる必要は無いですしね。

      • 管理人アース より:

        >わざわざジークを連れてきたことから確定だと
        おお、なるほど!
        となると攻め込まれた時に巨人にする、という意味かもですね。

        ただもしかしたらイェレナから安楽死計画を聞いた時点で、エレンとしてはジークに絡まざるを得なかったのかなとも感じます。
        この辺りはエレンの真意が明らかにならないと、なんとも妄想の域を出ませんが…(・_・;)
        まだまだ諫山先生の掌の上でコロコロ、ですよ(*^^*)


        管理人アース

  2. 恥垢種 より:

    団長殿、お疲れ様です。
    確率からいくと、先の方がおっしゃる通り、ヒストリア達の巨人化は避けれない気がします。が、諌山先生は大概、斜め方向から仕掛けてきますので、巨人化不要説も頭に入れておく必要があると思います。
    ジークの策は、先に書いたとおり、26年を使っての、非エルディア人(亡国の民、義勇兵)との、パラディ島民入れ替えにあると、考えています。今までなんで義勇兵が必要か、今一つピンとこなかったのですが、そう考えれば義勇兵の必要性というものが、私にはしっくりきました。
    ただ、エレンの策は別にあり、恐らくそれを知るのはヒストリアのみ、と、見ています。あっ、と驚く策を楽しみにしています。今ある情報では、私には無理ですので

    • 管理人アース より:

      >エレンの策は別にあり、恐らくそれを知るのはヒストリアのみ、と
      おお!熱い展開が待っていそうですよね!
      これだけでワクワクしてきますよ!\(^o^)/



      管理人アース

  3. 安楽死計画とは、実は「巨人化計画」
    だと思ったりします。
    ガス兵器や ワインはそのための物で、
    全てのエルディア人を パラディ島に
    集めて、一斉に「無垢の巨人」にして
    しまうのです。

    「無垢の巨人」になれば、生殖能力は
    無くなります。
    それに周りが巨人だけになるので、人を
    喰うという行動も起こせません。
    つまり、ただ居るだけの存在になって
    しまい、生死の意識なんかも無いと思い
    ます。

    また「無垢の巨人」だらけになれば、
    「九つの巨人」の継承先も無くなって
    しまいます。

    そこへ、世界連合軍による 巨人討伐が
    遂行される。
    それが手っ取り早い、安楽死計画では
    ないかと思ったります。

    • 井筒孝庵 より:

      凄い! 逆転の発想(≧∇≦)b

      横からで失礼しましたm(__)m

      でも面白過ぎて性分的に突っ込みを抑えきれませんでした(^-^ゞ

      ーーーーーーーーーーーー

      • 井筒 殿
        イェレナの安楽死計画が 余りにも
        スカスカなので、これを本気にする
        者など ほとんどいないと思います。
        そこで イェレナは、エセ宗教家の
        ようなアリガタイお話で 洗脳して
        いくしかない。
        アルミンは、そんなイェレナの立場を
        滑稽に思って笑ったのかもしれません。

        あと「無垢の巨人」は、ジークの命令
        でのみ行動しますが、ジークは無抵抗
        を指示するでしょう。
        ただ、エレンがこの計画を本当に納得
        しているのか?
        エレンが 最後の鍵を握っており、
        大ドンデン返しが 無きにしも非ず?

  4. 井筒孝庵 より:

    おはようございます。

    新旧の計画を比較対照してみると、

    【旧プラン】(第107話「来客」より)

    《目的》
    ・エルディア帝国の復活。

    《条件(手段)》
    ・ 条件1:地鳴らし。 (小規模実験を経ての壁内巨人群の運用/実戦配備)
    ・ 条件2:ヒィズル国の後見/実効支配によるパラディ島の復興。
    ・ 条件3:始祖の巨人の保有者と、王家の血を引く巨人の保有者、この二つの維持。

    【新プラン】(第116話)

    《目的》
    ・ 不妊化によるエルディア人の漸次、消滅。

    《条件(手段)》
    ・ 条件1: 地鳴らしは変わらず。

    ・ 条件2: ?? (ジャンの指摘通り、自然人口減に見舞われ弱体化するので、旧プランの条件に反することに。ただし、ヒィズル国からの移民=社会人口増でカバーし得る。)

    ・ 条件3: 王家と王家の巨人所有とを分離してきた。王家は王家として維持し、獣の巨人(超大型巨人でも可)の所有者、始祖の巨人の所有者をそれぞれ維持する。

    ・・・

    比較対照すると、目的が変わったというか、真の目的が明らかになり、条件が違ってきている。

    不妊化プランの下では、

    旧プランでの条件2で必要とされている復興期間の50年と、同じく条件3から推測できる可能な継承期間の26年とが大きく食い違ってしまう。

    となれば、

    王家と王家の巨人所有とを分離すれば、この食い違いは解消できる、となるのでしょう。

    目的が変わると、条件2が影響を受け、その影響を時間軸上で小さくとどめようとすると、条件3が一部、修正される。

    イェレナの説明の辻褄は合っているように思われます。

    ・・・

    個人的には、

    ジークの真の計画が出てきたことで当初に比べて注目度が下がっている条件1の地鳴らしが、

    果たして期待通りにできるのかどうか、疑問に思っています。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      追記です。

      ジークの計画には穴があるので、(委細省略)

      不妊化計画補完計画をテキトーに綴ります(^-^ゞ

      まず思うところとして、

      過去と個人的経験について、ジークもライナーもマーレのエルディア人も悲観的に過ぎるので、極論に走る前に普通に考えてみて欲しい。

      その上で、

      遺伝子操作により、不妊化できるくらいなら、

      1) 600年前にパンデミック対策でそうしたように、免疫系を強化して、病気にかからないようにすればいい、

      それと決定的なのは、遺伝子操作ができるなら、

      2) 寿命を決めている遺伝子(↓)を操作して、寿命を思いっきり長くすればいい。

      URL省略。
      (出所:NHKクローズアップ現代、「生命の不思議”テロメア” 健康寿命は伸ばせる」、217/05/16)

      平たく言って「不老不死」の遺伝子を獲得するということで、エルディア人は、ロバート・A・ハインラインの「メトセラの子ら」(1958)の長命族に。

      現行世代での嫉妬で揉めるかもしれないが、長期的には全人類の生病老死の解放に繋がるので、エルディア人は、迫害の逆に栄えるでしょう。(進化に相当)

      ーーーーーーーーーーーー

      • 井筒孝庵 より:

        不妊化計画のバッドエンドをハッピーエンドに変えてしまう続きの追記です。

        【不妊化計画補完計画(第三の選択肢)】

        《目的》
        ・ 不老不死による人類進化のハッピーエンド。

        《条件(手段)》
        ・ 条件1:「地鳴らし」は変わらないが、《国際条約》の締結により、巨人の使用を相互に禁止する。

        ・ 巨人兵器の使用国に対し、地鳴らしを発動する。(本来の国連の安全保障モデルに相当。←現実では後に集団防衛モデルに変質)

        ・ 条件2:エルディア/パラディの復興に変わりなし。

        ・ 長寿化と移民のより人口が増える。新産業(↓)により雇用と所得が一挙に増える。

        ・ 飛行挺x立体機動の組み合わせで、《制空権》を確保し、航空機産業で主導権を握る。← 各国の戦艦や飛行船が陳腐化するのでかなり重要

        ・ 条件3:当初は、王家、始祖の巨人のホルダー、始祖以外の巨人のホルダーを維持する。

        ・ 基本的に物騒な人達なので(私見)、いずれは太陽系外の居住可能な惑星の探査・開発に従事してもらう。適任。

        ・ エルディア・マーレ・ヒィズルのそれぞれの巨人学会は解体→再編して、巨人遺伝子学会にして、巨人遺伝子の機能と機構の解明に研究を集中する。

        ・ その副産物として、大地の悪魔の能力を解明して、超高速計算、超時間通信、情報・物質の相互変換といった技術を確立できれば、人類の活動領域は、銀河系を遥かに超えて拡がる。

        ・ 超時間通信を応用すると、起きた事件の捜査が容易となり、また、予見により犯罪や事故、天変地異への対策・予防が可能に。(映画「マイノリティ・リポート」、ドラマ「シグナル」と同様)

        ・・・

        過去の二千年にあまりいいことがなかったとしたら、改めて、次の二万年なり二十万年なりをよくするようにしたらいい(^-^ゞ

        ーーーーーーーーーーーー

        • 井筒孝庵 より:

          追記です。

          既存の設定を活かすということであれば、

          遺伝子操作の後、← 不妊化にせよ、不老不死化にせよ

          知性巨人のホルダーは、「水晶化」によって眠りにつき、← ある種のコールドスリープ状態(時間は止まっていないが遅れている)

          必要な時に起こすようにしておけば、何人かのエルディア人を継承のために犠牲にしなくても済むでしょう。

          眠らせて起こせるかどうか? については、

          既にレベリオ区急襲の際にライナーが叫びにより復活していたし、今後はアニの復活で確認できるでしょう。

          《補足》
          ・ 眠りから覚めるかどうかは、ホルダー側の「意志」による。知性巨人の死亡ラインが、単にホルダーの肉体的ダメージだけでなく意志にもよるのと同様のイメージ。

          ・ アニの復活も、必ずしも顎で水晶体を噛んで割るという物理的な方法に限らず、アニ側の内面の変化によって生じるというパターンが起こり得る。(顎で水晶体を噛んでも綺麗に割れるという保証はなさそう)

          ・ 進撃の物語のエンディング予想の一つに、エレン以下、知性巨人が全員、水晶化により眠りにつく、というものがありますが、適宜、眠る→起きるという仕組みが取れるなら、安全保障の担保の手段としては、(半)永続的と言えるでしょう。

          ・ なお、アルミンがアニに話しかけていましたが、話はアニに伝わっているものと推測します。さもないと、目覚めた時にアニは何がどうなっているかちんぷんかんぷんなので。(浦島状態)

          ・・・

          関連して最後に、

          第114話「唯一の救い」で判明した始祖の巨人の能力、ユミルの民の体の構造を変えられるという巨人の能力は、とてつもなく強力というか、

          単に不妊化だけでなく、何でもあり的に強力なので、

          逆に、

          何でもありはできない、という設定になっているのではないか、と推測します。

          要は、王家と始祖の巨人のホルダーを分離しても、接触で始祖の巨人の力の真価を発揮しようとすると、不戦の契りが発動して、壁内巨人が勝手に動き出して破滅シナリオがスタートしてしまうという推測です。

          ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      追記です。

      トピックのお題(設問)に即して、私見をとりまとめておくと、

      【問1】 ヒストリアの巨人化は必要ないのか?

      【答1】 必ずしもそれは必要ない。

      《補足1》
      ・ エレンとジークが地鳴らしのデモンストレーションに成功すれば、「抑止力」が生じる。

      ・ 地鳴らしを発動する上では、王家の血筋を引く巨人と始祖の巨人とを分離して、接触させるという手順に変わりはないが、予め王族を巨人化しておく必要はない。

      ・ なお、知性巨人を眠らせて必要都度、起こすということができるとすれば、ジークとエレンを眠らせれば、もろもろの継承は全て要らなくなる。

      ・・・

      【問2】ヒストリアと、エレン・イェレナには繋がりがあるのか? (ヒストリアは不妊化計画を彼らと共有していたのか?)

      【答2】 3人には繋がりがあり、予め不妊化計画を共有していた可能性が大きい。

      《補足2》
      ・ まず、エレンとイェレナは計画を共有していた。また、エレンとヒストリアは接触していた可能性があり(フードの人物)、更に、ヒストリアの妊娠は、旧プラン(帝国再興)での条件に反しているが、新プラン(不妊化)でのそれには適(かな)っている。つまり、3者の間で計画の共有と一定の合意はできていたと見てよいでしょう。

      ・ ただし、エレンとヒストリアの間で、不妊化計画をダミーに、第3の計画で合意している可能性がある。(そういうことだと観ます)

      ・ しかし、第3の計画が用意されているにせよ、第107話「来客」でのエレンの態度は険しく、ヒストリアの表情は暗い。

      ・ これ(↑)は、エレンとヒストリアが、a) 第3の計画の実行が容易でないか、実行に際して大きなリスクを孕んいでいる、と認識している、或いは二人が、b) 第3の計画が危険/無謀であってもそれを実行しなければならないという切迫した事情/危機感を(始祖の巨人の復元により)共有している・・というような状況を示唆するものと推測します。

      ーーーーーーーーーーーー

  5. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です

    私も、イエレナの「天命を全う」の言葉の違和感に引っかかっていました。
    ヒストリアと子供の13年+13年の26年ではエルディア人の安楽死は完成しないですよね。
    王家が巨人化継承した場合2世代で26年ですから、50年だと約4世代。100年だと8世代がおよそ必要になる筈でしょう。
    本当にエルディア人全ての安楽死が完了するには100年位はかかる筈ですよね。
    という事は他の方が仰っている様に、有事の際までは巨人化せずにできるだけ寿命を引っ張る計算なんでしょうかね。
    そうしたらヒストリアの子供が100歳まで生きればなんとかなるかもしれないけど100歳まで長寿の可能性は低いので、少なくともヒストリアの孫かひ孫位までは必要かなとも思います。
    そう考えるとイエレナの計画は不確定要素が大きすぎると思いますね。
    だとしたらレイス家が代々行ってきたようにきちんと13年で巨人を継承していった計画に立った方が確実な気がします。
    あくまで女系の王家血統でも始祖の力が発揮できるならという前提になりますが・・・

    ちなみにジークとイエレナの計画通りに仮にエルディア人の安楽死計画を実施したならば、その後で、獣の巨人は誰に引き継ぐつもりなんでしょうね?ジークが道の奥で始祖ユミルフリッツにより体を再構成されて生まれ変わった際に13年がリセットされてなければ、ジークの任期も残りわずかなはずですよね。
    安楽死計画を実施した後で、獣を誰に引き継がせるつもりなのか?誰でも良いわけじゃないので、だとしたら出来れば、リヴァイ兵長に獣を引き継いでもらって、五体満足に復活して欲しいです。
    (リヴァイアッカーマンにもエルディア人の血が入っており巨人化できる前提ですが)

  6. 馬来熊 より:

    主要キャラクターの少女に子供生ませて、一つの人種まるごと子供を作れない体の人間にする計画に利用する
    なんて展開がマンガで出来るとは思えないなぁ……
    今のご時世そんな話にしたらとんでもなく叩かれることは目に見えてるわけで、ここまで人気になったコンテンツでそんな危ない橋渡らないでしょう、たぶん

    そうなるとヒストリアの子供が即獣を継承する路線はないかと思います。
    ではヒストリアの子にはどんな役目が与えられるのかとなると…
    ……続編の主人公ですね、うん

  7. 猫背の巨人 より:

    記事作成お疲れ様です。

    イェレナのした説明について、皆さんがどう考えるかをコメントで質問しましたが、取り上げて頂いてありがとうございます!
    最終的にこの展開はちょっとないと思っています、ということですが、考え(展開予想)を見せてもらえて嬉しかったです。ありがとうございました❗

    —- - -
    このしたはもうそうです。 
    鉄道開通祝いのタイミングでヒストリア巨人化が必要ないとわかったなら二人はすぐ座標を試してみると思います。
    いまお腹の中にいる子は、より深い接触を試した時に暴発してできた子供で、認めたくないエレンはなかったことにするためにジークを迎えに行ったのではないでしょうか?
    エレンは生まれる前にヒストリアを不妊化するつもりです。
    私はこの展開はちょっとないと思っています

  8. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    なるほど、確かに余命13年なら任期と表記すべきで天命とは言わないですね。
    ただ、この言葉を調べると「天から人間に与えられた、一生をかけてやり遂げなければならない命令」とあります。

    イェーガー兄弟を神と崇め、安楽死計画を遂行しようとしているイェレナなら、こう言う言葉を使うかもしれません。
    「ゆっくりと安らかに」と言う表現は不妊化計画が成功さえすれば、あとは自動的に滅ぶだけ・・・と言う解釈も出来ます。

    ジークは兵長に「仲間達の命を奪ったのではなく、そいつらから生れてくる子供の命を救ってやった」と言っています。
    あくまでもエルディア人の不妊化が最優先事項で、地鳴らしはジャンの質問に合わせた詭弁なんじゃないかなぁ。

    気になるヒストリとその子供が巨人化しないで済む方法ですが、これって始祖の巨人の保持者と接触すれば座標が発動出来ると言う解釈ですか?
    もしそうなら王政編でロッドやヒストリアがエレンに触れた時に「ビリッ」ときているはずです。

    家畜のような不自由な生き方を極端に嫌うエレンがヒストリアの妊娠に賛同するのは考えにくい事ですが、巨人化を防ぐ為に認めざるを得なかったと言う考え方も出来ますね。
    自分もエレンは安楽死計画に乗ったフリをしている説を最後まで信じたいと思います。

  9. HN忘れた より:

    アース団長 いつもありがとうございます。

     ヒストリアと子供では、26年のタイムリミットと計算が合わない。という疑問が以前から出ていて、よくわかっていませんでした。

     みなさん、ヒストリアと子供が、即巨人になって繋いでいくとお考えだったのですね。

     わたしは、
    ①エレン&ジークで「地ならし」の恐怖を世界に見せつける。
    ②その後は、いつでも巨人化できるようにヒストリアかその子供が巨人化の薬を保有する。
    よって、始祖の継承とヒストリア母子の安全確保だけを考えるものと、思っていました。
    (他の巨人は、エレンができるだけ集めてしまう)

    どちらかというと、少数派だったのかな。

    • ムンクの巨人 より:

      HN忘れた さんと同意見です。

      それとは関係ありませんが、みんなが死に絶えた後も壁の中の人たちは永久にご存命なんですかね。無垢巨人なので継承はしないでしょうけど、制御が効かないから陽に当てるのもこわいし、抑止力だから最後の最後まで始末するわけにもいかないし。残されたた世界はもてあましそう。

  10. 次列三・伝達 より:

    団長、新考察ありがとうございます☆

    私も天命と聞いた時、「ん?」と思いました。

    でもその疑問が流れた理由は団長の考察と同じ内容であり、明文化した団長を「さすが!」とおもいましたね☆


    抑止力である地鳴らしに必要なのは、「始祖の巨人能力者」と「王家血統者+巨人能力者」ですよね。


    「叫び」では、「王家血統者(ダイナ)+無垢の巨人」だったので、始祖の巨人能力者であるエレンの一部の力しか発揮されなかったと今は見ています。

    ライベルが生き残ったのがその証拠でしょう。


    イェレナの言う計画は、「その子が天命を全うする迄」と話しており、産業革命〜第一次世界大戦位の時代背景なら平均寿命は50歳以上はあると思うので、50年と仮定します。


    「王家血統者」/ヒストリアとその子供で約50年。

    「始祖の巨人能力者」/エレンとその継承者4名で50年。

    「他巨人化能力者」/ジーク・アルミン・ライナー・ピーク・ポルコ・アニの、何れか、若しくは、全員それぞれの継承者4名で50年。


    これで、ヒストリアとその子供が巨人化されなくても計画は理論上、実行可能です。

    もしそれでも他国が干渉して来た場合は、地鳴らし発動となり、
    先ず「王家血統者」のヒストリアかその子供が「巨人化注射」で無垢の巨人となります。

    人間の姿のまま「他巨人化能力者」の脊髄液を摂取してもジークの脊髄液入り巨人同様に「無垢の巨人」にしかなりません。


    上記でも書いてある通り、この段階でも「座標」は発動出来ますが、その真価が発揮される確率はギャンブルに近くなります。


    従って、無垢の巨人となった「王家血統者」に
    「他巨人化能力者」を継承させます。


    これで、地鳴らし発動の「王家血統者+巨人化能力者」が揃い、後は「始祖の巨人能力者」と接触すればOKですよね☆


    この結果から、イェレナの話は嘘では無く実現可能であり、団長の考察通りに「その時が来るまでヒストリアを巨人化させる必要は無い」事が確定しました。


    本来は「王家血統者」であるヒストリアの子供のみが居れば済む話ですが、その子は未だ産まれてもいない赤子なので、その子が巨人化出来る年齢までは、ヒストリアが担当すると思います。


    私も「ヒストリアを巨人化させない」条件なら、エレンはジークとイェレナの計画に取り敢えず合わせているのかなと思っています。


    壁内が混迷している最中で、いくら懐妊中とは云え全く表に出て来ないヒストリアには違和感を覚えていました。

    例え静かな所に居ようとも、ザックレー爆破や兵士の移動等の音は多少なりとも耳に届くと思います。


    団長の考察通り、ヒストリアも知っていたなら全てが納得出来ます。


    エレンのマーレ急襲での主人公らしからぬ虐殺も、ヒストリアのいるパラディ島を巻き込まない為の覚悟の犯行だったのかも知れません。

    エレンのした虐殺行為は、宣戦布告無しの一方的な虐殺をした「重大な戦争犯罪」であり、世界的にエルディア人が差別を受けている現状や、世界と隔絶されたパラディ島政権とは云え、世界・パラディ島政権共にこの重大な戦争犯罪は無視出来ないものです。


    イェーガー派の誕生は、エレンの安全保障の裏返しかも知れませんね。


    何れにせよ、マーレでの虐殺や、戦火がパラディ島に舞い戻って来た現状からは、どの様な逆転勝利?をエレンが計画しているのかが、今の所全く皆目検討も付きません。


    次号からはそろそろエレンの真意の糸口を掴めれば良いですよね〜

    • A-11 より:

      > エレンのした虐殺行為は、宣戦布告無しの一方的な虐殺をした「重大な戦争犯罪」であり、
      エレンはギリギリセーフだと私は考えます。
      片方が宣戦布告している場合は、布告された側まで宣戦布告する必要はないようです。
      宣戦布告 – Wikipedia
      URL略
      によると、1998年にエルトリアが宣戦布告せずにエチオピアに侵攻したとき「エチオピア側から宣戦布告を受けているので、こちらからは必要ない」と言い訳したそうで、その後2012年の南スーダン・スーダン国境紛争でも同様の言い訳が行われたそうです。

      そこで題名ズバリの100話「宣戦布告」を読み返すと
      【進撃の巨人】100話101話展開予想!アニ登場を予想!
      https://animenb.com/%e3%80%90%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%80%91%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac100%e8%a9%b1%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%e8%80%83%e5%af%9f-24633

      ヴィリー
      「今ここで宣言します!!」
      「パラディ島 敵勢力へ!!」
      「宣戦布告を!!」

      両手を広げ、高らかに「宣戦布告」を叫ぶヴィリー
      同時に上層階には人々がいる建物を破壊し、そのまま巨人化するエレン!

      「同時」とは絶妙です。
      エレンの出現が一瞬でも遅れていれば、ヴィリーの布告を受けての反撃なので、東京大空襲よりずっと軽い罪しかエレンは問われないでしょう。
      フセイン政権を葬った2003年のアメリカ・イラク戦争では、猶予終了時刻と同時に巡航ミサイルがバグダッドに着弾していたと記憶しています。
      (巡航ミサイルの発射は猶予終了時刻のだいぶ前に行われていたわけです。)

      さらに、逆にヴィリーの宣言が一瞬遅れても、エレンが罪に問われるか微妙だと私は思います。
      先述のWikipediaによれば、宣戦布告の前の「最後通牒」(で通告した猶予期間終了?)の時点で、攻撃が問題なくなるようです。
      どうも、日露戦争直後までは、国交が断絶していれば戦争しても良いようです。
      「宣戦布告」という作法自体が、日露戦争の開戦経過を受けて作られたもののようです。
      パラディはヒィズル以外の国とは国交がないので、マーレに最後通牒とかする必要がない、というより、国交がないのだから通牒する手段がありません。
      そもそも、これら「宣戦布告」などの国際法は、その条約に加盟した国にしか遵守する義務はありません。
      いずれの条約にも加盟していないパラディには、それらの条約により罰せられる謂れもありません。

      それでもヴィリーの宣戦布告までエレンは待ちました。
      ならば、日清・日露戦争で捕虜を正しく処遇するなど国際法を遵守し、不平等条約改正を成し遂げた明治政府並みの展望を、エレンは持っている。
      と、私は考察します。
      東郷平八郎のように国際法に明るいなんて、エレンには出来っこないと私は信じているのですが…。
      明治維新の立役者・坂本龍馬も、剣術道場の塾頭を務めるほどの剣術バカでした。
      そのうちエレンも坂本龍馬の俗説よろしく、
      ある日、アルミンが巨人化してエレンに殴りかかってきたら、
      「巨人なんて古い。これからは化石燃料による機動戦士の時代だ!」
      とかいって120mmザクマシンガンを突きつけ、
      次の日、ガンダニウム合金製ビームライフルをアルミンが持ってきたら、
      「ペンは剣よりも強いんだぜ!」
      とか言って万国公法の洋書をエレンが見せびらかし、
      弁護士免許をアルミンが取ってきたら
      「そもそも正しく法律を作るには、意思決定システムがマトモじゃないとダメだよな。」
      とか言ってジョン・ナッシュによる非協力ゲームの均衡の分析に関する論文を読むエレンに辟易するアルミンが描かれると、私は考察じゃなかった、妄想します。

  11. ミカサファン より:

    イェレナの安楽死計画自体は「不妊化」よりも「生存者の安楽死」を重視した方法なんだろうなと感じています。不妊化だけならいつでも出来たはずなので。いかに今生きている人たちに天命を全うさせるか。

    ジーク、キヨミ、ヴィリーが相互に繋がっていたわけですから、ジーク、エレンもヴィリーの行動を知っていたはず。宣戦布告を待ってヴィリーに襲い掛かっている。つまり全世界の敵としてエレン(始祖)はパラディに籠り、地ならしを盾に安楽死を図るつもりだった。

    これって不戦の契りを交わして籠った145代とあまり変わらない気がするんですよね。不妊化するかしないかは違うけど、結局籠の中の鳥。エレンが自由意思で選択しているとは思えないですよね。

    あと一つ、考察テーマと違うんですが気になっていることがあります。エレンがガビに、ファルコを助けたかったら何に協力させようとしたのか。

    「捕らえられているファルコを助けたい」だとガビも同様に捕らえられていますので、恐らく「ジーク液を飲んだファルコを助けたい」なんじゃないかと。エレンにはジーク液を飲んだファルコを助ける術があるんじゃないかと。

    これって母親を巨人にされたコニーがジークに敵対的=エレンに敵対的なのが、最後コニーの母親のジーク液が無効化されて助かる=コニーとエレンが仲直り、みたいな展開がないかな~と期待しています。

    • 管理人アース より:

      >エレンがガビに、ファルコを助けたかったら何に協力させようとしたのか。
      潜入しているピーク達をあぶり出そうとしていたのかなと思っていましたよ。
      結局ピークが登場したので、エレンとしては手間が省けたのかなと。



      管理人アース

  12. はつこめです より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    どなたか同じコメントをされていたらすみません。

    以前、、、、マーレでのやりとりですが
    ジークがエレンと握手を避けたシーンがあったと思いますが
    両者が人のままでも地ならしできるって事でしょうか。

    そうなると天寿という表現も違和感はないかなぁと感じました。

    • 管理人アース より:

      >両者が人のままでも地ならしできるって事でしょうか。
      まず、巨人化しなくて地鳴らしは出来るのだろうと思われます。
      これまでに唯一「座標発動」が登場している第50話では、エレンは人の姿でした。
      2015-06-14_185549

      「進撃の巨人」第50話「叫び」より


      なので、巨人にはならなくても地鳴らしは起こせると思われます。
      ただ、始祖の巨人継承は必要なので、任期13年寿命からは逃れられないので、天寿はシックリ来ないかなと感じています。



      管理人アース

  13. 高飛び込み より:

    ヒストリアの子供は、獣などを継承するのではなく、人間として生かされると思います。
    比喩的に言えば、核兵器は持たないけど、瞬時に作れる技術は持つ、みたいな。

    王家が知性巨人を継いでいけば便利は便利だろうけど、別に始祖さえ居れば問題はないはず。
    いざという時は王家を無垢の巨人にすればいい。

    イェレナの言うようにヒストリアのお腹の子が天命を終えるまでが計画範囲だとしたら、それはつまり、ヒストリアは他の子供(弟や妹)を生まないということ。
    つまり王家による獣の継承によって始祖の力を保有し続けるのではなく、あくまで王家は人間として待機するということ。
    アルミンが泣いたのはヒストリアとお腹の子が助かると分かったからかも?

    • 管理人アース より:

      >他の子供(弟や妹)を生まないということ。
      安楽死計画が実行されたらヒストリアもヒストリアの子も不妊化されるのでしょう。

      >あくまで王家は人間として待機するということ。
      そういう事なのでしょうね。
      いざとなった時に巨人化すれば良い、という考えはシックリ来ますよ!



      管理人アース

  14. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    わたしもアース団長さんの考察にあるとおりに王家血統者の巨人化は必要ないと思っています。

    エルディア人が死に絶えた後も残る王家は、考えるだけで寂しい存在ですが、悪魔の契約をした責任を負う形で取るべき犠牲だとイェレナに諭されたんでしょう。

    だけどエレンが、そんな家畜の中の家畜みたいな立場にヒストリアをおくとは、やっぱり思えないので、どう逆転をしてくるかが、今後のみものですね。

    どう逆転するんだろ?

    エレン1人が犠牲になれば済む問題でもなさそうです。

    ミカサ、アルミンを遠ざけようとしているところにヒントがあるんだろうけどなあ。

    わかんないや。

    • 管理人アース より:

      >ミカサ、アルミンを遠ざけようとしているところにヒントが
      やはり遠ざけないと「ミカサやアルミンも巻き込み犠牲にしてしまう」「命の危険を伴わせる」のかなとイメージしますね。
      今後に注目ですよ!



      管理人アース

  15. 普通の東洋人。 より:

    ヒストリアの懐妊は、エレンのパラディ出奔より後なのかどうなのか?
    エレンの預かり知らない所でイェレナが、ヒストリアに「エレンは『エルディア人安楽死計画』に賛同しました。 ですが女王陛下が巨人になる事を避けるべく、単身マーレに乗り込み、ジークを呼び寄せようとしています。 エレンの捨て身の行動に報いるために、どうかお世継ぎを!」などと言葉巧みに言い含めて身籠らせる、あたりの事は、イェレナならやりかねないなーと思いました…。
    やはり「エレンは計画に乗っかったフリ説」が有力ですが、「小規模どころか、ホンマもんの地鳴らしを起こして、パラディとヒィルズ国以外の世界を滅ぼすつもりでいる」説はさすがに出ないですね。 今のエレンならありそうだと思うんですが。 巨人を無くしたとしても、全てのエルディア人が壁の外へ本当に自由に出られるとすれば、結局それしか無いと。
    見も知らぬ人々より、仲間たちの命を選んで世界を滅ぼす。 この世で一番座標を持ってはいけない人物、というライナーの危惧が現実に…?

    • 管理人アース より:

      >「小規模どころか、ホンマもんの地鳴らしを起こして、パラディとヒィルズ国以外の世界を滅ぼすつもりでいる」説はさすがに出ない
      ちょうど先日、そのような妄想をしていました。


      やっぱりエレンの主目的として実行されるのかな?
      それはそれで、かなり辛い展開でたまらないです(泣)

      >「エレンは『エルディア人安楽死計画』に賛同しました。 ですが女王陛下が巨人になる事を避けるべく、単身マーレに乗り込み、ジークを呼び寄せようとしています。 エレンの捨て身の行動に報いるために、どうかお世継ぎを!」
      >見も知らぬ人々より、仲間たちの命を選んで世界を滅ぼす。 この世で一番座標を持ってはいけない人物、というライナーの危惧が現実に…?

      いつもながら素晴らしい考察で、本当に同感ですよ!
      特に「仲間の命を選んで」は起こりそうですよね!


      これも先日同じようなTweetをしていて…
      それが地鳴らしという可能性は高いなぁと、今感じています。



      管理人アース

    • A-11 より:

      > やはり「エレンは計画に乗っかったフリ説」が有力ですが、「小規模どころか、ホンマもんの地鳴らしを起こして、パラディとヒィルズ国以外の世界を滅ぼすつもりでいる」説はさすがに出ないですね。
      私A-11は
      【進撃の巨人 ネタバレ】108話109話最新画バレ!「正論」あらすじ考察感想!
      https://animenb.com/%e3%80%90%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%80%91%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac108%e8%a9%b1%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%e8%80%83%e5%af%9f-28956
      の時点では、ホンマもん地鳴らし派でした。
      しかもヒィルズ国まで平らにする派。
      細かい操作は地鳴らしではできない、もしくは、ヒィルズ国をエレンは信頼していない(少なくとも、ミカサやピクシスはヒィルズ国を「利益で動く国」と見ている)と考えます。

      しかし、その根拠であるレベリオ虐殺(パラディ島の外だから、ジーク亡命時に虐殺しなくても地鳴らしの巻き添えで虐殺)に別の線(ジークの信用を得るために虐殺)が強く出たため、すっかり確信を失っております。
      ホンマもん地鳴らしの否定もしませんが、それはつまり、「わからん、なにがなんだか、さっぱりわからん。」頭の中真っ白と同じです。
      さらに、全知全能のコネコネさんの登場。
      「ドラエモーン!」と詠唱して泣きつけば、
      コネコネさん「しょうがないな、のび太くんじゃなかった、エレンくん。」
      とか言って、23世紀の秘密道具をコネコネしてくれるでしょう。

コメントを残す

このページの先頭へ