ネタバレ考察

【進撃の巨人】ネタバレ115話考察!リヴァイ死亡確定!?伏線から理由を検証!

115話にてショッキングだった描写は、間違いなく「瀕死のリヴァイ兵長の描写」でしょう!

指の欠損と右目が失明している事は確定しても良いと思われますが、死亡は確定でしょうか?

ハンジの「死んでいるよ」は、もちろんブラフでしょうが、アッカーマン一族の伏線からのリヴァイ兵長死亡予想とは!?

リヴァイ兵長の死亡確定予想は見たくもない、という方は申し訳ないですがご遠慮ください!m(_ _)m

もちろん、管理人アースもリヴァイ兵長がこのまま死亡退場するとは思ってもいないですが、一考察として考察するべきかなと!

それでは、リヴァイ兵長の死亡展開が起こり得るか、伏線を踏まえ検証してみましょう!

◆リヴァイ兵長の死亡確定を検証!

2019-03-10_082354

「進撃の巨人」第115話「支え」より

114話最後にてジークの自爆によって吹き飛ばされたリヴァイ兵長には、指はちぎれ右目にも大きな切り傷がある描写が115話にて登場しました。

意識も無いようであり、その状態を確認したハンジはフロック達イェーガー派に「死んでるよ」と言い切ります。

この「死んでるよ」のフォントが重要な事である際に使用する仕様であるため「これは本当で、死亡確定では?」との考察を見かけた事があります。

ただ、これはイェーガー派兵士が「頭に一発撃ち込んで」という言葉に対して「必要ない」という意味でのセリフだと考えられますよね!

つまり、撃たせない為の詭弁かなと!

そして、この後復活したジークを目の当たりにしたハンジは、一瞬驚き、何かを決心したような表情となり、リヴァイを抱えたまま川に飛び込みます。
2019-03-20_181953

「進撃の巨人」第115話「支え」より

これはほぼ妄想となりますが、「拘束が解けた万全なジークがイェーガー派に合流したことになる。調査兵団はピンチ。ここでリヴァイを死なせたら希望は失くなる。ダメ元でも川に飛び込み息があるリヴァイを助け逃げなければ」と判断したのではないでしょうか?

つまり、リヴァイ兵長は生きており、助ける為にハンジはリヴァイ兵長を抱えて川に飛び込んだのでは、と予想します!

ここから、管理人アースはリヴァイ兵長は死亡していないと予想しますよ!

ただいっぽうで「リヴァイ兵長が死亡する展開」を予想しているコメントも見かけます。

管理人アースは推しではないですが、この展開を考察してみましょう!

◆アッカーマン一族の戦闘経験継承という伏線とは?

2018-12-06_063027

「進撃の巨人」第112話「無知」より

ナナバさんからいただいたコメントを見て行きましょう!

死亡することで アッカーマンの「道」を通じミカサに強さが継承されると予想します。

これ、非常に短いコメントですが、かなり面白い考察になっていると管理人アースは感じました。

アッカーマン一族は、「道」を通じて過去の戦闘経験を継承することができると、112話でエレンから説明がありました。

この設定は、63話に登場したリヴァイ兵長のセリフの回収にも繋がっていましたよね!
2018-12-10_061829

「進撃の巨人」第63話「鎖」より

この辺りは112話考察!エレンのアッカーマン習性秘話を検証!にて考察していますので、見てみてください!

ただ、ここでの考察は「リヴァイやミカサが強い理由」や「セリフの回収」であり、過去の回収ばかりを考察した内容でした。

「過去の戦闘経験が継承される」という設定が、今後の展開で登場があるという事は考えられないでしょうか?

もしそれが起こるとしたら、ナナバさんの予想通り「死亡することで アッカーマンの『道』を通じミカサに強さが継承される」という展開もあるかもですよね!

ナナバさん!

面白い考察をありがとうございます!

たしかにアッカーマン一族の過去の戦闘経験継承展開が起こればリヴァイ兵長死亡はあり得る展開ですが、ここで死亡するとは管理人アースは予想していませんので!

ただ、物語の最後の最後には起こる展開かもですよね!

今回の考察で、115話時点でリヴァイ兵長は死亡していないけれど、今後死亡しミカサに戦闘経験が継承される展開が起こるかもと予想できました!

116話でリヴァイ兵長の安否が分かったら嬉しいな、と願う管理人アースでした!

115話考察!ユミルは座標を見た?道にいたのか検証!
115話考察!ジークはなぜ復活できた?聖書から予想!
115話考察!道の少女は始祖ユミル・フリッツなのか検証!
115話考察!ジークは一度死んだ?赤子継承と座標不発動を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 2000年後の未来から、始祖ユミルの
    遠い遠い子孫 “ドクター・ユミル” が
    タイムリープしてやって来る。
    そして、瀕死のリヴァイの大改造に取り
    掛かる。
    右目には、レーザービーム。
    右手には、ロケットパンチ。
    左手には、ブレードと小型雷槍を内蔵。
    足には、ジェットエンジン装着で飛び回る。
    「サイボーグ・リヴァイ」として大復活!!
    兵士百万人分の大活躍で、並み居る世界の
    敵を次々と撃破する。
    未来のエルディア帝国の、科学力の大勝利!
    「科学に不可能は… ないのです。」

    妄想が過ぎてスミマセン。(笑)

  2. 高飛び込み より:

    アッカーマンのリミッター解除と宿主認定って同時に起こるように思わせてるけど、それってミスリードじゃないかと思い始めました。

    仮に同時に起こるとすれば、リヴァイやケニーのリミッター解除の場面が描かれないことにも納得がいく。
    つまり作者としてはミカサの解除だけを見せて宿主も同時に決まると思わせたい。
    しかし実際には宿主理論はでっちあげ。

    とすれば頭痛の原因もまた振り出しに戻る。

    リミッターと宿主がリンクしてるなら、描いたほうが絶対キャラクターに深みが増すが、描かないのはそういうことなんじゃないかという仮説。
    リヴァイの宿主がはっきりしないことからも、そもそもアッカーマンに宿主を見つける性質はないんじゃないかと思う。

    • 管理人アース より:

      アッカーマン一族の強さには、リミッター解除が必須なのは間違いないかなと。
      で、それには宿主が必要なのかもですが、リミッター解除と同時かは分からないですよね。
      頭痛はもともと管理人アースも東洋の一族の習性かなと思っています。

      管理人アース

  3. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    少しでも生きている兆しが見られるということは、兵長には、まだ役割があるということだと思います。

    今回の兵長は、仕方ない状況があったとしても感情に左右されてしまっています。

    その結果の重症。

    感情を抑え、やるべきことを確実に成す。

    今からは展開が早いと思われますので、重傷を負った兵長自らの手による解決は困難になりました。

    これからは、エレンの精神的な補佐にまわることになるのではと考えます。

    知性のハンジさんが、兵長から事の顛末を聞いて解決法を導き出し、勘の兵長が、上書きする。

    そろそろアルミンの始動もあるかもです。

  4. 井筒孝庵 より:

    おはようございます。

    第115話での描かれ方から、リヴァイは生きていると観ますが、

    生きているとしても重症で、アッカーマンの再生能力をもってしても数日での回復は無理でしょうし、回復しても戦闘能力の低下は免れそうにないし、

    (医療サスペンスのインバウンドのような)義指による相当な復活もあり得ますが「リハビリ」に時間がかかりそう。

    リハビリによる復帰だと数カ月後の世界連合の侵攻には間に合いそうですが、

    エレン巨人vsジーク神の決戦には間に合いそうもなく、

    山場がどのタイミングで来るかが、悩ましいところ(>_<)

    ・・・

    リヴァイの容態がかなり危うく、エレン巨人vsジーク神の決戦が近いとなれば、皆さんのご意見にあるように、「巨人化注射」という選択になるだろうと思いますが、

    巨人化注射の場合、何らかの副作用が伴っていそうで、感覚的には、ラグナロクでトールが巨蛇ヨルグンガンドを倒した後、毒が回って相討ちになるというイメージを抱いています。 (← まだ考察しきれていません)

    ・・・

    これまでリハビリか巨人化注射の二択だろうと思っていて、

    上記の高飛び込みさんの、「エレンの座標発動によるリヴァイの回復」という展開に全く考えが及んでいませんでしたが、ふとそれもあり得なくないと思い、興味深く感じました。

    というのも、別トピックでの幾つかの考察を考え併せると、

    a) アッカーマンは進撃の巨人を与型(雛型)としていて、両者には繋がりがある、

    b)ただし、進撃の巨人はアッカーマンを直接には命令/指揮していない、

    c)巨人を直接、命令/指揮できるのは始祖の巨人だけである、

    d)ただし、進撃の巨人は、始祖の巨人の直接の命令/指揮から外れてしまっている、

    つまり、

    アッカーマンとの関係で、進撃はアッカーマンと繋がっているが命令/指揮の能力を欠いていて、一方、始祖は、命令/指揮の能力はあってもアッカーマンとの繋がりを欠いている。

    しかし、もしエレンの始祖と進撃とが、より「一体化」してくるならば、それぞれに欠けているものが補われることになるので、←エレンの練度にかかるところ

    始祖x進撃によってアッカーマンに直接的な命令/指揮が出せるとなって、リヴァイの巨人化による《完全復活》が起こり得なくないということに。

    第3の選択肢というものを想像してみました。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      以下、追記となりますが、

      リヴァイの負った顔面の傷、右目の失明を免れそうにない傷からビジュアル的に想起したのは、Before the wallの隻眼の「キュクロ」でした。

      キュクロの名が隠喩するというか直喩しているのは、ギリシャ神話での単眼の巨人《キュクロプス》ですが、

      後のティタン神族(クロノスら)とオリュンポス神族(ゼウスら)との決戦となる《ティタノマキア》で、最終的に勝敗の帰趨を決定づけたたのは、キュクロプスらがゼウスに加勢したからでした。

      進撃という物語が、北欧神話をはじめ、神話をモチーフにまた神話的隠喩を用いながらも、それらを単純になぞっているとは全く思いませんが、

      予想・考察というより嗜好・願望で申し述べると、

      クロノスをジーク、エレンをゼウスと見立てると、キュクロプスであるリヴァイが、《ティタンとの戦い》(Attack on Titan)の最後の最後にエレンに加勢してそれでジークを討ち果たす・・

      単にリヴァイが生き伸びるのではなくて、決定的な場面で必ずや活躍する、

      そう思っています。

      立体機動戦術の創始であるキュクロとその集大成であるリヴァイとが隻眼のビジュアルで重なり合い、

      リヴァイ自らによって立体機動の戦いをもはや必要としない世界が切り拓かれるということでもある、と。

      ーーーーーーーーーーーー

      • 管理人アース より:

        ハンジさんとも隻眼同士になりますし、何か意味がありそうですよね!
        リヴァイ兵長の今後は、かなり熱くなりそうですよ!(*^^*)

        管理人アース

    • 井筒孝庵 より:

      追記です。

      リヴァイの治癒や復活は、アッカーマンが、「リミッター解除」によって巨人の力を引き出せるという能力に依るので、

      リミッター解除について、取り敢えず整理しておきます。

      【利他的行動とリミッター
      解除】

      大地の悪魔が、社会性昆虫にみられる集団志向、全体指向を基本的な本能に、利他的行動に対し反応する、と仮設しておきます。(既述) その前提の上で、

      ・ 全てのユミルの民は、ヒトx巨人のハイブリッドな遺伝子を持っているが、それらは始祖を座標(系)として非空間的通信の際の、識別子となっている、

      ・ 巨人化学の副産物であるアッカーマンは、単に識別子(=座標成分)を持つだけでなく、識別子を介して始祖の座標(座標原点)に対し、能動的に働きかけることができる、

      ・ 能動的に働きかけることで、アッカーマンと始祖との間に、新たな伝送チャネルが設定される、(双方向通信に設定され直される)

      ・ そうしたことが起きるには「条件」が必要で、リミッター解除では、アッカーマン本人と周辺を含む生死の極限的な状況を伴っていたが、(生きたいと護りたい) それ(=強い想念or心の叫び)は、大地の悪魔の基本的な習性/本能からすると、強い《利他的行動》のシグナルとして検知され、送受信での同調により、双方向通信のチャネルが築かれる、

      ・ そうした図式を仮設すると、リミッター解除は、能動と受動、自力と他力で成り立っていて、

      ・ 更に、アッカーマンがなぜ、始祖(或いは王家、或いは宿主)に対し、《忠誠》であるのか?と言えば、集団全体に尽くすという大地の悪魔の習性が反映されていて、社会性昆虫で喩えれば、始祖・王家・宿主は、《女王蜂》のようなものであるから、

      ・ 一方で、とはいえアッカーマンが必ずしも無条件に忠誠ではない、ということをどう考えればいいか? と言えば、アッカーマンが《自由意志》の進撃を与型(雛型)としているということと、双方向通信のチャネルの設定では、《自力》の要素が同時に働いているから、

      という解釈が、SF設定的には成り立つだろう、と考えています。

      ・・・

      ただし、ファンタジー設定として、情報不足で未だにどう理解したらいいのか分からない大きな要素があって、

      それが、「東洋の一族」と「巨人化学学会」の正体となります。

      言い換えれば、仮説に仮説を積み上げながら、整合性を取ろうとしてはいるものの、

      未だに大きな穴、《ミッシングリング》となっているのがそこ(東洋の一族と巨人化学学会)で、今後、見方や解釈が、大きく変わるとすれば、そこだろうと思っています。

      東洋の一族と巨人化学学会に続きます。

      ーーーーーーーーーーーー

      • 管理人アース より:

        巨人学会はそろそろ登場しそうですよね!
        その後、東洋の一族が展開しそうですよ!

        管理人アース

  5. えのまさ より:

    そうしますとケニー死亡でもケニーの強さがリヴァイとミカサに継承されていることになりますね。

  6. 高飛び込み より:

    アッカーマンが人間のままの巨人だとすれば、そしてエレンの言う宿主理論が事実だとすれば、アッカーマンの宿主は始祖の巨人かもしれないと思いました。

    実際、ミカサにしろリヴァイにしろ、多大な犠牲を払ってでもエレンを助けているし。

    無垢の巨人は始祖の巨人から生まれた巨人のこと。
    基本的に巨人は始祖の巨人が作ってきた。
    だから始祖の巨人は巨人をコントロールできる。
    しかし科学の進歩で、脊髄液を注射することで他の知性巨人からも巨人を作れるようになった。
    それらは始祖にはコントロールできない、だから145代はもうええわと言って楽園に逃げた。

    、、と思ったけど、リヴァイさんざんエレンのこと蹴ってましたね(笑)

    ともかく、今後エレンが座標を使ってリヴァイを回復させる展開希望。

  7. リヴァイは、薄目を開けて ハンジを
    見ているようです。
    そして「……」と、小声で何かを
    言ったようにも。

    その直後、ジークの復活で 注目がそこに
    集まり、銃殺を免れます。
    結果、ジークに運良く助けられたと思い
    ます。

    ハンジは、ジーク復活を 目の当たりに
    して、何か思い立ち “決意”をしたように
    見えます。 そして リヴァイを抱え、川に
    飛び込んだ。

    これらの流れから察するに、
    ハンジは ジークの復活を観て、リヴァイ
    にも 一縷の望みがあると感じたのでは
    ないか。
    それは 何とか生き延びて、一か八かで
    リヴァイに巨人化注射を試してみる事では
    ないかと、現時点では思います。

  8. ゴート より:

    リヴァイが115話時点で死亡していたのであれば、ハンジは追っ手から逃れなければいけない状況でわざわざ遺体を抱えて川に飛び込んだということになりますので、まだ息があるということでしょうね。ただ負傷の度合いからみて、リヴァイはもう人類最強ではなくなったという伏線に思えますので、再登場後に死亡という展開はありそうです。後一回ぐらいはリヴァイの見せ場があるとは思いますが・・・

    • 管理人アース より:

      >後一回ぐらいはリヴァイの見せ場があると
      エルヴィン団長の時以上の見せ場が欲しいです!
      それくらいを用意してくれていそうな気もしますが、気になりますよ!

      管理人アース

  9. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    エルヴィンが天に召された時、ハンジさんは瞳孔が開いているかを確認していました。
    今回は心臓に手を当て首のところで脈を測っているように見えるので、現時点で兵長の息はあると思います。

    雷槍が炸裂する前に「ゾクッ」となっていたので、致命傷になりかねない内臓へのダメージは受けていないのかもしれませんが、自分にはケニーの時よりももっと重症に見えました。
    どこかに寝かせておけば傷が治るような生易しいものではなく、一分一秒を争う危険な状態だと思います。

    もうこうなってしまうと、ウルトラC級の奇跡にすがるしかありません。
    112話で明らかになった「人の姿のまま、一部巨人の力を引き出せるアッカーマン一族」に何かヒントがあるのではと考えていますが、これ以上は考察し切れません(泣)

    どこかに都合良く巨人化注射薬が落ちていないでしょうかね。
    ダメ元で射ってみたら奇跡の大復活・・・みたいな展開が起きてくれる事を最後まで信じたいです。

    • 管理人アース より:

      瀕死の状態から宿主の命令によってリミッター解除がされる、というアッカーマン一族の習性から、ハンジさんが「生きろ!」「戦え!」みたいな命令を発し「リミッター解除2」みたいな展開が起こったら熱いですよね!
      超サイヤ人3みたいな感じですが(笑)
      でも、兵長はまたキレッキレで復活すると思いますよ!(*^^*)

      管理人アース

  10. レイ より:

    お久しぶりです。

    生きててくれ、兵長…。

    希望的観測ですが、
    アッカーマンの力が巨人の一部というなら、再生能力だって使えておかしくないはずです。
    覚醒も、宿主を見出だすことで第一段階、更にそこから自立することで第二段階に至るかもしれません。
    ジークが一度死んだなら、エルヴィンへの約束は果たしたことになりますし、その時リヴァイがエルヴィンから自立し、第二段階に移行した、という可能性もあると思います。

    何より、リヴァイにはまだ物語としてやるべきことが残っています。
    自分の意思で「悔いなき選択」をして皆を救うことです。これをせずに逝ったらイザベルとファーランにあの世から追い返されるでしょう!

    長文散文失礼しました💦

    • 管理人アース より:

      まだまだ兵長には頑張ってもらいたいですよね!
      管理人アースも、またキレッキレなリヴァイ兵長を見たいです!

      管理人アース

rpson にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です