ジーク・イェーガー

【進撃の巨人】ネタバレ115話考察!ジークはなぜ復活できた?聖書から予想!

115話「支え」を読み、最も驚いた展開は「ジークの復活」でしょう。

瀕死のジークはなぜ復活できたのか?

そして、まるで聖書の神話のようなジークの描写には、どのような意図が隠されているのか?

神ジークが正しいという展開もあるのか?

聖書から展開を予想してみましょう!

◆ジークの復活展開を検証!

2019-03-11_074240

「進撃の巨人」第115話「支え」より

114話で自ら雷槍を爆発させ自爆したジークでしたが、115話では見事に復活する展開となりました。

まずは雷槍爆発後、ジークがどのような状態だったのかを見て行きましょう。

腹に刺さっていた雷槍を爆発させたジークは、さすがのダメージに死を覚悟します。
2019-03-13_060959

「進撃の巨人」第115話「支え」より

そして実際、死亡したのではとの描写が登場します。
2019-03-13_060912

「進撃の巨人」第115話「支え」より

しかしピク巨人が登場し自らの腹を裂き、死亡したようなジークの半身を掴んで中に入れます。
2019-03-08_065510

「進撃の巨人」第115話「支え」より

そしておそらく座標と思われる場所で少女ユミル・フリッツと出会い、ジークは体を治されます。
2019-03-08_065621

「進撃の巨人」第115話「支え」より

「この場所が座標である」や、「この少女が始祖ユミル・フリッツである」というのは当サイトの考察上での表現です。

この辺りは115話考察!道の少女は始祖ユミル・フリッツなのか検証!にて考察しているので、見てみてください!

そしてピク巨人から出てきたジークは完全復活しており、キレイな体となって再登場しました。
2019-03-11_074240

「進撃の巨人」第115話「支え」より

つまり、ジークが復活できたのは「始祖ユミル・フリッツの能力のおかげ」となりますね!

これが無かったら、やはりジークは死亡していたでしょう!
2019-03-13_060912

「進撃の巨人」第115話「支え」より

たまにネット上で「ジークが復活したのは兵長のミス」みたいな意見が見られますが、本来だったらジークは死亡しており、これは「予想外の始祖ユミル・フリッツの登場」が原因であるので、兵長のミスではないと管理人アースは見ます。

そしてジークが完全復活したのはたしかに「始祖ユミル・フリッツの能力のおかげ」となりますが、ここではジーク側から検証したいと思います。

115話「支え」最新あらすじ考察まとめ!でも「神話だ」と感想を述べていますが、その印象を受けた理由は「ジーク復活の描き方」にあると察せられます。

ジークの風貌からはイエス・キリストのイメージを受けますし
2019-03-13_060912

「進撃の巨人」第115話「支え」より

死亡してから復活する展開や
2019-03-11_074240

「進撃の巨人」第115話「支え」より

その描写の演出です。
2019-03-11_074303

「進撃の巨人」第115話「支え」より

これ、完全に聖書の神話のイメージですよね!

ジークが神のように描かれているかなと!

これまでの雨のシーンは、ジークが復活する際に雨が止み「天使のはしごの描写をするためだったのでは」とも感じられましたよ!
2019-03-11_074303

「進撃の巨人」第115話「支え」より

おそらくは本当にそうなのであり、諫山先生の予定通りなのでしょう!

では、なぜジーク復活の場面を神話のイメージにする必要があったのでしょうか?

ジークを神に見せる意味とは?

さらに考察を進めてみましょう!

◆ジークを「神」に描写する理由とは?

2019-03-13_081117

「進撃の巨人」第115話「支え」より

ここまでの考察で、ジーク復活が神話をイメージさせる描写であり、諫山先生の予定通りであることが分かりました。

ここで、コダヌキオタヌさんから興味深いコメントをいただいております。

まずは、そのコメントを紹介します!

薄明光線は別名『天使の梯子』『ヤコブの梯子』と呼ばれます。
創世記で、旅で野宿したヤコブ(後のイスラエル)が梯子を上り下りする天使の夢を見る描写から、上記の薄明光線は『天使の梯子』と呼ばれるそうです。旧約聖書創世記28章10節~12節に由来。(讃美歌『主よ御許に近づかん』はこの話から)
ヤコブは母の一計により、兄エサウに変装し(腕に子羊の毛皮を巻き、毛むくじゃらの兄を真似た)、目が悪い父を騙して兄に譲られる予定だった長子権を奪います。
あの薄明光線の描写は、アースさんの「エレンが最後の最後にジークをひっくり返す」という考察が当たる予兆かもしれません。因みに、エサウは狩人でした。

この「天使のはしご」は「ヤコビのはしご」と呼ばれており、ヤコブは兄エサウを騙すという展開が旧約聖書にはあったんですね!

さらに、騙されたエサウは毛むくじゃらの獣のようであり、狩人(イェーガー)だった!

これ、完全に獣の巨人ですし、ジーク・イェーガーじゃないですか!

その兄を弟ヤコブが騙して権利を奪う…

つまりは、エレンがジークを騙すという展開が来るという事でしょうか?

座標が発動した瞬間にエレンがジークを騙し、全てをひっくり返すと予想をしている管理人アースとしては嬉しい展開ですが!

コダヌキオタヌさん!

いつも素晴らしい考察をありがとうございます!

となると、今回神話のような描写をし、ジークを神のように演出したのはこの旧約聖書のイメージを表すためだったのかもですね!

さらに、今回ジークが神のように描かれているところに「ジークが正義側に見せる演出効果を狙っている」のかなとも感じました。

つまりジーク側に正義があり、それをひっくり返そうとするエレンやパラディ側が悪のように見せる展開が、これから起こるのかなと。

これは考察ではなく直感のような感じですが、そのように感じました!

それくらい今回のジークには、神っぽい感じが見受けられましたよ!

さて、今回の考察でジークが復活し神のように描かれているのは創世記をイメージしており、エレンから裏切られる展開になる伏線であると予想できました!

そしてジークが正義でありパラディ側が悪になる展開もイメージできましたね!

果たしてそんな展開がやってくるのか?

最後の最後まで見逃せないですね!\(^o^)/

115話「支え」最新あらすじ考察まとめ!
115話考察!道の少女は始祖ユミル・フリッツなのか検証!
アニメseason3のPart.2最新情報!
115話考察!二千の読み仮名を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 第4住宅 より:

    むしろ私はジークが(一旦)死んだことに驚きました。

    これまで作中で巨人化能力者が死んだのは他の巨人に捕食されたときだけですよね。ライナーに至ってはほとんど不死身と言っていいほどでした。ジークもこれまでに何度も復活しています。今回ジークが死んだのは何故なのでしょうか。傷が獣の持つ固有の再生能力を超えており、かつ、(ライナーがやったように)意識だけ一時的に他の場所に留めておく最後の手段も使えなかったからでしょうか。

    • 管理人アース より:

      半身をふっ飛ばされたら「脳機能の移行」はできないのかもですね。
      さらに巨人の脳に記憶を移動させる、雷槍攻撃から復活できたのは巨人化していたからだと思われるので、今回のジークはできなかったのでしょう。
      今回のジークの自爆は、本当に決死の思いだったのかなと感じられます。

      管理人アース

  2. Rana より:

    いつも素晴らしい考察ありがとうございます。

    原作が佳境に入り、続きが楽しみで毎月こちらの記事を読みながら耐える日々です。

    確かに、最新話のジークはイエス・キリストを彷彿とさせますよね・・・

    そうだとすると、イエス・キリストは人類の罪を背負って磔刑にあったこと、復活の40日後に昇天(=死亡)していること、さらにいつか再復活すると預言されていること、なども今後の展開に盛り込まれたり・・・したら滾ります!!!

    兵長の生死もエレンの思惑も気になります・・・
    また色々な考察お待ちしてます!

    • 管理人アース より:

      >さらにいつか再復活すると預言されていること、なども今後の展開に盛り込まれたり・・
      この展開が来たらスゴイですね!
      でも、最後の「お前は自由だ」の子どもがジークかもとも感じられるので、時空を越えてジークが復活みたいな展開も妄想…
      最後まで見届けなきゃですね!(*^^*)

      管理人アース

  3. 進撃のトド より:

    更新お疲れ様です。
    段々と神格化され、神々しくなっていくジーク。聖書などの神話の影響が見られますが、他方で、キリスト教には『グノーシス派(グノーシス主義)』と呼ばれるグループも存在します。
    付け焼き刃の知識なので、間違えている部分もあるかもしれませんが、グノーシス主義とは、
    ・エデンの園とは何の不自由もなく暮らせる楽園に見えて、実際は自由ではない地獄である
    ・エデンの園を作った神とされる存在は、地獄を作った悪神である
    ・神が禁じた知識の実を食べるようそそのかした悪魔こそが、本当の神であり、偽りの楽園から人間を解放したのである

    概ねこんな感じだったかなと。
    なんとなく、進撃の世界観に、重なる部分があるのかなと思います。
    長文失礼しました。

    • 管理人アース より:

      >そそのかした悪魔こそが、本当の神であり、偽りの楽園から人間を解放した
      なんか、壁を作った145代フリッツ王を連想させられますね。
      壁内が楽園だった、という見方もたしかにできますし…エレンに怒られそうですが(・_・;)
      面白い考察をありがとうございます!(*^^*)

      管理人アース

  4. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    114話でジークの真意が明かされた際、自分的には「ジーク=分かりやすい悪」で良かったと安堵していたんです。
    ラストの煽り文の「慈悲深き男」にも違和感を覚えたくらいです。

    なので今回の復活&神降臨的な演出は意外でした。
    まぁ、こうなってしまった以上は、素直に現実を受け入れるしか無いんですけどね。

    この構図だとエレンはイエスを裏切るユダで、イェレナはマグダラのマリアになるのか。
    エレンが世界を救う為に兵団の指令に背き、逆賊として追われながら戦うのならまだ納得も出来ますが、背信者として描かれるのはキツいですね。

    ジークの意志に背いた者には、神罰が下ると言う展開になるんですかね。
    ・・・ただ、やっぱりエルディア人の安楽死が救済になるとは思えません。

    もうこうなったらエレンが戦鎚の力で十字架を出して昇天させて欲しいです。
    最後は始祖ユミルに抱かれて、ピエタ像のように描かれれば、ジークにとっても救いになるのかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      ジークは「分かりやすい悪」であり「救世主的存在」という見方もできるような描き方ですよね。
      見方が変われば「神」にも「悪魔」にもなる、というのがマーレ編以降感じられるテーマですし、故意にそのようにしているのかもです。
      読者にとって、ジークが「神」になるのか「悪魔」になるのか?
      それも「読者それぞれにとって違う」ような描き方になるかもですね!

      管理人アース

  5. 井筒孝庵 より:

    こんにちは。

    ジークの復活とその際の薄明光線、(神話的に)ヤコブの梯子が、旧約のエピソードを隠喩し、進撃でのイェーガー兄弟の関係を示唆しているという、コダヌキオタヌさんのご指摘は、的を射た考察ではないかと思っています。ありがとうございます。> コダヌキオタヌさん

    ・・・

    余談となりますが、

    ジークの復活シーンに神話的な隠喩を見出だしつつも、

    SF的な設定という観点で眺めて見たときに想起するのは、

    鈴木光司の「ループ」です。彼の代表作はホラーの「リング」ですが、ループにて、かなりガチなハードSF(とハードボイルドミステリー)に着地させていて、

    ループは叙述ミステリーであるため映像化できないという理由から、ループの知名度はリングに比べてかなり低いですが、

    扱われているSF設定は、

    仮想空間と現実空間との関係にあり、

    仮想空間→現実空間、逆に、仮想空間←現実空間の「移動」に際しては、SF的アイデア/仕掛けと、作中人物においての高い「ハードル」が施されていて、

    進撃において、二つの異世界がどういう関係にあるのか?はまだ明らかではありませんが、

    ジークの復活劇とは「相似」の関係を見て取ることがでくるので、

    かなり濃密な神話的隠喩を感じつつも、SF的設定の範疇になおあるというのが、自分の見方です。

    神話的要素は、作品解釈の自由度を拡げると観ますが、それが主たる位置を占めてしまうと逆に自由度が大きく狭まり、過去2千年余り十分過ぎるほどに取り扱われてきたお題でもあるので、

    今後の謎解きには無関係であって欲しいと思っています。

    ーーーーーーーーーーーー

    • 井筒孝庵 より:

      追記です。

      う~ん、悩んでしまう(^^;

      ジークは、普通の意味で死んでいるように見えるけれど、
      巨人の遺伝子が働いているので、道を通じて、再生に必要な、情報とエネルギーが、(ジークに刻印されている座標を通じて)供給されて、

      劇中の意味で「再生」されているのではなかろうか? と。

      死からの復活になぞらえられるような、特異な再生の解釈をとしては、

      一つには、ジークに限界的能力を超える、アッカーマンのリミッター解除に類似の現象が発生したという解釈、

      もう一つには、道の少女は、黙々と知性巨人を再生しているけれど、それは失われそうな自身の重要な部分を治そうという《自己修復》の機能が働いたという解釈、

      或いはそれら両方が働いたという解釈。

      であるとすると、(特に自己修復)

      道の少女は、ジークを特別の助けたようにも見えるけれどそうではなく、

      むしろ、遺伝子操作でエルディア人もろとも、エルディア人から巨人を葬ろうというジークのプランが《破綻》しているということを、皮肉にもジークの復活が示唆している、ということになるでしょう。

      それと《赤子継承》ということについて、知性巨人が不慮の死(に類する危機的状態)を迎えた時、(便宜的に平たく言えば死ぬ時)

      その能力は赤子に継承されると解釈されてきたけれど、

      ひょっとしたらそうではなく、

      赤子を出産するように再生されるということであれば、

      今回の不可思議な再生シーンというのが赤子継承だとなるのかもしれません。

      極力、これまで出てきている設定を活かそうとして、あれこれ想像していますが、悩ましい(>_<)

      ーーーーーーーーーーーー

      • 井筒孝庵 より:

        追記です。

        悩ましく思っている箇所は大きく二つあり、

        一つには、知性巨人が捕食されるに際して、「自己修復」の機能が必ずしも働いていない、というところですが、

        「捕食」は、無知性巨人のよる捕食にせよ、儀式による捕食にせよ、状況として《継承》が担保されているということでは、個々の知性巨人継承者にとって危機的でも、始祖ユミル(或いは大地の悪魔)の基準にあっては、危機的ではない、ということになるでしょう。

        二つ目は、既存の設定を活かすと申し上げつつ、第88話「進撃の巨人」で判明している、《赤子継承》という新設定を、自分で歪めてしまっているところです(^^;

        「巨人化能力者が13年を待たず、更に次の継承者に継承されず死亡した場合弐は、巨人の力はそれ以降に誕生するユミルの民の赤子に継承される」、とあるわけなので。

        これについては苦しいところなのですが、

        全ての巨人についてそうだ、とは必ずしもなっていないし、← 苦しい

        言い換えると、進撃の巨人については、「自由意思」という資質により、むしろ赤子継承を原則としてきたと言えるのではなかろうか、と。

        進撃の巨人が継承において、システムの奴隷(意志に関わらず、継承を余儀なくされる)というのは、矛盾すると思われるので。

        ・・・

        第115話の内容を契機に、こちらでの以前の考察「赤子継承」(2017/01/11)を振り返ってみると、始祖ユミルから9つの巨人への「継承」が行われた際に、それが赤子継承によるものではないか? というアース団長の仮説の提示に、もっともらしさを感じております。

        用意された9体の無知性巨人・新の腹部に、分割された始祖ユミルの体部を収めるという形で。

        推測の域を出ませんが、第88代までの始祖ユミルの継承では、端的に言えば、継承の都度、1人の女性(娘)を生け贄として、赤子継承による再生が行われてきたという可能性があり得るかと。

        そしてそれは、始祖ユミルの積極的な意思というより、自己保存・自己修復の本能が作動しているもので、言い換えれば、初代ユミルが背負った業(ごう)と言えるものなのかもしれません。システムの奴隷の始まり。

        ーーーーーーーーーーーー

        • 管理人アース より:

          赤子継承の展開は現在登場していないですが、考察上非常に大きな影響を及ぼしていますよね!
          今後の登場を期待したいですが、怖いです(汗)

          管理人アース

      • 管理人アース より:

        一度死亡した場合、赤子継承されているのかがキモになりますよね。
        この辺りも気になりますよ!

        管理人アース

    • 管理人アース より:

      「巨人ウィルス」という展開となり、最後はパソコンの中の世界だったみたいな展開にはならないかもですが、リングシリーズを連想するのは同感です!
      どちらも歴史に名を残す名作ですよね!(*^^*)

      管理人アース

  6. ジークや 獣の巨人の キャラ、風貌を、
    作者は聖書の中で ずっと温めていたの
    かと思われます。

    ならば、845は「天使のはしご」と
    関係あるのか?
    845年を境に、地上は 天使の往来が
    激しくなった如くに、慌ただしくなった
    という事なのか?

  7. あしゅけ より:

    神様は元は太陽や海、大地などの自然現象で、力が弱まって死(冬至)を迎えたり、親子や兄弟関係にありながら敵対関係となる他の神との戦いで殺されてしまったとしても、間もなく復活を遂げるものと、太古の時代から、人の意識に植え込まれてきたので、人間であっても受難、死、復活を経ることで神と呼ばれ、崇め奉られるようです。
    ジークにも死と復活による神格化が必要だったのですね。

    ウガリット神話に出てくる英雄神バアル(後に悪魔ベルゼブブになったりします。「よんでますよ、アザゼルさん。」で、神谷浩史さんがベルゼブブ優一の声をやっているのも何かの縁かも知れません)の物語も、神の死と復活のエピソードが盛り沢山で興味深いです。

    • 管理人アース より:

      >ウガリット神話に出てくる英雄神バアル
      バアルゼブブとはベールゼブブと呼ばれる悪魔ですよね!
      復活には神格化が伴いますし、演出としては最高だと感じますよ!

      管理人アース

  8. yumiる より:

    アースさん、更新ありがとうございます(^-^)
    この神々しいシーンはキリストの神話をなぞらえていたんですね。作者さまの知識の多さが進撃の深さの所以ですよね。
    花に囲まれたジークの表情はまさにキリスト…。

    話が逸れますが進撃の世界では花や植物が美しく描かれているところもお気に入りの1つです。今回のジークの周りの花々(こういうトーンあるのかな、とかお絵描きする自分としては気になったり)とか、アニメでも破壊される前のエレンの家の周りの石畳が花や植物ですごく美しく描かれていて感動しました。
    エレンがペチンをした時も花がいっぱい咲いてました。
    この背景も神々しさが表してるのかなと思います。
    スミマセン、すごく脱線しました
    💦
    ちなみに113話のリヴァイが巨人にされた兵士達に引導を与える直前の表情は菩薩、返り血を浴びてジークを追いかけてくる表情は阿修羅かなあ。

    • 管理人アース より:

      >進撃の世界では花や植物が美しく描かれているところもお気に入りの1つです。
      同感です。
      アニメの描写は本当にキレイですよね!
      今、ちょうどアニメ35話のユミル回想シーンを振り返るため見ていました(笑)
      以前書かれていた、あきすてのさんのコメント通り8本の道がたしかにあります。
      2019-03-17_032237

      描写もキレイですし、この伏線の広さと細やかさ!
      進撃の巨人は神話ですね!(*^^*)

      管理人アース

  9. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    一度死んでからの、復活とかまさにキリストを彷彿させますね。

    さて、ひとつ気になる事があります。
    それは、ピク巨人は何故ジークを復活させた後に死んだのでしょうか?
    うなじを削がれている訳でもないのに。
    無知性巨人は、うなじを削がれない限り死なないはずなのにおかしいですよね。
    ここから読み取れるのは、やはりピク巨人は単なる無知性巨人ではなく、特別な役目を与えられた巨人だったと感じられます。
    この点も何か聖書や神話に関係があるのでしょうか?気になるところです。

    • 管理人アース より:

      >ピク巨人は何故ジークを復活させた後に死んだのでしょうか?
      これ、気になっていましたが考察材料が少なすぎ後回しになっていました(・_・;)
      ここから連想できることは、「ピク巨人の正体の女性兵士が生まれ変わる」であり、完全に妄想です(泣)
      完全に管理人アースのイメージですし考察でも無いですし、さらには現在否定している「獣の赤子継承」を伴う妄想ですので、とても記事にできるものではありませんが。
      ちょっと、突飛すぎですよね!
      また考察記事にしたいですよ!

      管理人アース

  10. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    何度も書いちゃいますが、こどもは希望そのものです。こどもの生まれない世界に希望はありません。

    新生ジークが神のように描かれていても、ジークの思想を考えれば、偽物です。神なんかじゃない。

    巴里の恋人さんが書かれていたように、少女は2000年もの長い間自分の犯した罪に苦しんできていると思いますので、不死を望んだ自分の過ちを帳消しにしてくれるジークの存在にすがっただけだと思います。

    エレン。もしかしたら赤子を抱いたヒストリアが、少女(ヒストリアだったらクリスタって呼ぶだろうな)と対話して過ちに気づいてくれることを願います。

    アルミンが何度も言っている対話の必要性。エレンは、話し合いたいばかり言って、軟弱になった。とか言っていますが、心からの対話は、暴力に勝ります。

    エレンが、ベルトルトさんとの対話を望むアルミンに「何を言っている?」と不審げだったのが気にかかりますが(これ、ずっとひっかかってる)。

    真実の言葉の強さが最後に効いてくるなら、もしかしてジークも改心して生き残る可能性もでてくるかもですが

    これは、お話だから、ある程度の犠牲は伴うんでしょうね。

    • 管理人アース より:

      >心からの対話は、暴力に勝ります。
      これ、良いですね!
      当サイトのコメントの言葉も、本気で考えている考察に出会うと熱いです。
      これは考察が自由であり、本気には熱が生まれるのかなと。
      ジークももちろん真剣で本気なのでしょうが、それだけに彼を改心させ救うには犠牲が大きそうですね(泣)

      管理人アース

井筒孝庵 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です