【進撃の巨人】ネタバレ115話考察!イェレナの継承展開を検証!自身が神となる展開も?

115話にてジーク回想シーンにて、イェレナとジークの出会いがジーク目線にて登場しました。

ジークから見たイェレナは「始祖を託す信頼に足る人物」とのような意味で描写されていました。

そしてイェレナは「ジークを神」と称しながらも、さらなる裏があるのではと思えるようにも感じられました。

イェレナの目的とは、何なのでしょうか?

もしかしたら、自身が神になるような野心もあるのでは?

となると、イェレナの巨人継承展開もあるのか!?

では、イェレナは巨人化が可能なのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ジークから見たイェレナとは?

2019-04-04_071938
「進撃の巨人」第115話「支え」より


115話のジーク回想シーンにて、クサヴァーさんから「信頼できる者に始祖を託すんだ」とジークが助言される場面が登場していました。

これは「エルディア安楽死計画」に必須である「座標発動」の主導権が「始祖の巨人所有者」にあることが理由となっています。

始祖の巨人所有者がエルディア安楽死計画を理解し信頼できる人物でなければ、座標発動ができたとしても、その力を全く違う事に使われるかもしれない、と考えられるからでしょう。

つまりは、エルディア安楽死計画を目的とする同志が始祖の巨人所有者でなければならない、ということですね!

そして回想シーンは進み、その人物がイェレナであるような描写が登場します。
2019-04-04_072034
「進撃の巨人」第115話「支え」より


たしかにイェレナはジークの信奉者ですし、エルディア安楽死計画を理解していると言えるでしょう!

しかし、始祖の巨人は現在エレンが所有しており、ジークはエレンを信用しているように見えます。

ここから、エレンがクサヴァーさんの言う信頼できる人物なのでは、とも考えられますよね?

ただ、管理人アースはこの場面を見た時「ジークはイェレナに始祖の巨人を継承させるつもりなのでは?」と感じました。

そして、コメントでも「ジークはイェレナに始祖を託すのでは?」との考察も見かけられました。

今後、ジークはイェレナに始祖を継承させるために、エレンをイェレナに捕食させるつもりなのでしょうか?

というか、そもそもイェレナは巨人化できるのでしょうか?

さらに考察を進めていきましょう!

◆イェレナの始祖継承展開はあるのか?

2019-04-04_073923
「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より


26巻第106話にて、イェレナが「亡国の民」と称され、マーレ敵対国でありながらもエルディア人ではないような表現をされていました。

オニャンコポンもそうですが、エルディア人ではないため、巨人化は無理なのだろうと、これまで管理人アースは考えてきました。

ただ、「亡国の民」でもエルディア人の血統が入っている可能性は、十分にありますよね!

さらに105話考察!イェレナの意味とは?にてイェレナがクルーガーの娘である可能性を考察し、あり得るのではと予想しました。

となると、ライナーがマーレ人とのハーフでも巨人化できるように、イェレナも巨人化が可能という展開は十分にあるでしょう!

イェレナが、自分の父がクルーガーであることを知っており、それをジークに話し、ジークはイェレナの巨人化が可能である事を知っているのかもしれませんね!

となると、ジークはエレンと接触する気はなく、イェレナにエレンを捕食させるという展開もあるかもですね!

さらに気になるのは、本当にイェレナが真のジーク信奉者なのかどうかです。

イェレナは間違いなくキレ者です。
2019-03-13_081117
「進撃の巨人」第115話「支え」より


全てがジークのため、と見せておいて最後の最後にひっくり返すという展開もあるかもですよね!

罰を下す神に自分がなる、とか…(・_・;)

この辺りはほぼ妄想ですよね!

ただ、可能性としてはあり得るので、頭には入れておきたいですよ!

今回の考察で、イェレナが巨人化しエレンを捕食。さらに最後に全てをひっくり返す展開もあり得ると予想できました!

116話以降のイェレナの展開も、要チェックですよ!\(^o^)/

115話考察!リヴァイ死亡確定!?伏線から理由を検証!
115話考察!ジークはなぜ復活できた?聖書から予想!
115話考察!ジークが握手を避けた理由を検証!
115話考察!ガビが動けない理由を検証!血統も関係か?


Sponsored Link

13 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ115話考察!イェレナの継承展開を検証!自身が神となる展開も?”

  1. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    確かにイェレナとの出会いはクサヴァーさんの「信頼の出来る者」を示唆しているように感じます。
    時系列からみるとクサヴァーさんの遺言→イェレナとの出会い→義勇軍の結成→ライナーからエレンの存在を知らされると言った流れでしょうか。

    自分はまだ心の中でイェレナはクルーガーの娘でエレンの味方であると信じたいのですが、115話を見た限りだとジークの狂信者であり共犯者である可能性も捨て切れません。
    巨人化したイェレナにエレンを狙わせる展開があるとすれば、ジークと接触して座標発動をする前でしょうね。

    気になるのは団長殿が睨んでいる通り、イェレナが最後で全てをひっくり返す気があるのかどうかです。
    ・・・ただ、余命13年の運命を受けて入れてまで神になっても・・・と思う部分はあります。

    それにイェレナがあまりにも目立ち過ぎちゃうと、エレンVSジークの最終決戦の構図が霞んじゃうんですよね。
    実はイェレナが隠れ王家で本当に狙っているのはジークの後継者・・・なら話は別ですが、さすがにそこまで妄想を広げちゃうとイマイチ現実味に欠けるしなぁ(悩)

    あのクールな彼女が唯一感情を露わにした「そんな事では意味がありません」には、何かもっと深い意味が隠されているような気がします。
    116話でイェレナに新たな動きがある事に期待したいです。

    • 管理人アース より:

      >心の中でイェレナはクルーガーの娘でエレンの味方であると信じたいのですが
      管理人アースもイェレナはクルーガーの娘だと信じています。
      イェレナという名前がエレンと同じ語源であると記事にも書いたことがありますが、これってエレン・イェーガーではなくエレン・クルーガーのエレンと絡めているのかなと感じています。記事に書くのを忘れていました(;´Д`)
      ただエレン・イェーガーの味方なのかは分からないかなと。
      まずは116話のイェレナに注目ですね!(*^^*)


      管理人アース

  2. 次列三・伝達 より:

    団長、考察お疲れ様です☆

    確かにイェレナは隠れた王家血統の持ち主かも知れませんね。

    あれ程残酷な結果になったシガンシナ区決戦から、エレンがジークの目的に賛同する事は無かったでしょう。

    調査兵団が9人までしか生き残れなかったシガンシナ区決戦の後に、例え腹違いの兄弟であってもその時は初対面であり、全くの他人どころか敵の最重要人物でした。

    そんな相手には恨みこそ有れど共闘する事など毛頭無い状況でした。


    それなのにエレンは、イェレナと密会した後にすんなりとマーレに単独潜入し今に至ります。


    とてもイェレナの話術やジークの言伝だけでは寝返れる状況では無かったと、今、団長のおかげで頭の中を整理出来ました。


    イェレナが密会で提示したのは、王家の力をエレンに証明したのでは?


    王家の血を継ぐユミルの民との接触では、その人物の過去やその血統の過去が、始祖の巨人継承者だけが見れるのはヒストリアとの接触やロッドとの接触で証明済みです。


    百聞は一見に如かずでは無いですが、エレンがイェレナを通しジークとの過去を見れば、何かしら有り得ないと現状の発端があったのだと思います。


    直前まで「お前らは誰よりも大切だ」と言っていたのに、お前らどころかパラディ島全てを敵に廻してでも寝返った決定的な事情があったのだと思います。


    …でも、やはりそれなら矛盾が出て来ますね。


    ジークがイェレナにすんなり継承するなら自爆してまでリヴァイ兵長から逃げる必要は無かった筈です。

    イェレナがジークの元へ行けば良い話なので。


    エレンをイェレナが捕食し始祖の巨人を継承して、ジークの目的が達成されるなら、現在のエレンとジークは会う必要は無く、また、イェレナ単独で全てが叶うのでジーク自身の存在意義が無くなってしまいます。


    本当にイェレナは何なんでしょうか?

    • 管理人アース より:

      >リヴァイ兵長から逃げる必要は無かった筈です。
      イェレナがジークの元へ行けば良い話なので。

      イェレナがジークの元に行っても座標は発動できないですし、もしできたとしてもリヴァイ兵長は操れないのでやはり兵長からは逃げなければ行けなかったのかなと。
      エレンをイェレナに捕食させるならば、ジークの協力が必要かもですし、イェレナ単独では難しいかもですね。
      これも一考察ですので、116話以降のイェレナを見てさらに予想を深めたいですよ!(*^^*)




      管理人アース

  3. いつもたのしみに拝見させて頂いてます より:

    「忌むべきは巨人の力ではない」と考えているキャラクターの一例として、
    巨人が神に見えるイェレナの横顔が挿入された、
    ように見えなくもないですかね?

    • 管理人アース より:

      まさにそうですね!
      イェレナは獣の巨人や巨人を神だと感じているのだと思われますよ。



      管理人アース

  4. ジュケン イヤァーダー より:

    お久しぶりです。進撃の巨人を何度も見直してたのですが、やはりジークはエレンを信用しきってはいないと思います。
    エレン、ジークがマーレで会話をした時、「父親に似てきたな。」みたいな事を言ってましたが、あれはエレンの現在の冷淡な雰囲気の事でしょう。マーレ時代のグリシャは髪もそこまで長くなく、ヒゲも目立っていませんでした。なのでジークの知るグリシャとエレンの容態は似ていません。
    そこで問題ですが、ジークからすれば自分を苦しめ続けたグリシャに似たエレンを信用し切れるかどうかです。少し厳しいと思われます。

    あと、今回の内容とは違いますが、僕はジークは死亡説に投票します。
    重要人物のエルヴィンやケニーが死ぬ時に、花がコマの中にありました。今回で言うと、ジークの所には花があり、リヴァイの方には少し背の高い草がありました。リヴァイは生存してると思われるので、やはり花が今回もポイントだったのですかね。
    ※ツィッターの方はやっていないので、そちらの考察と被っていたらすみません!

  5. 「マーレに恨みをもつ、亡国の民」
    というのが イェレナの立ち位置の
    ようですが、これは正しくは、
    「マーレに滅ぼされた エルディア
     王族」という気がします。

    イェレナが 王家の血を引く者なら、
    多くが繋がるのです。
    クルーガーが 王家の巨人能力者で
    あり、イェレナの父であること。
    さらには、イェレナの真の目的は
    かつての王族の復活。 すなわち
    「新生エルディア帝国」の復興であり、
    そのために ジークを神と崇めて協力
    しているのではないか。

    そのジークも、実はエルディア人全ての
    絶滅を望んでいないのではないか?
    安楽死と言っても “絶滅”とまでは言って
    いないのです。
    ここは意外と盲点なのでは?

    ので、例えば イェレナの一派だけは
    「新生エルディア人」として、巨人化
    に替わる 優れた能力を身に付けた人種
    として残すことが、真の目的なのかと
    思ったりもします。

  6. ちえこ・キルシュタイン より:

    アース団長、お疲れ様です(^^) イェレナ、ほんと謎が多い人物で掴めないですよね。クルーガーの娘、かなりありそうですよね。
    まさかのまさかでアルミンの姉ってのはないですかね? 頭いいのもそうだし髪質もなんとなく似てる…アルミンの両親が気球に乗って壁外に行こうとしたのもこれでうなずけるし。
    でもこれだと話がややこしいですね。やっぱりお父さんがクルーガーかなあ。
    あと、なんであんなに身長高いんでしょうかね? 兵長と並んだところ、見てみたいかも(笑)。兵長大丈夫でしょうか。そっちも気になります。

    • 管理人アース より:

      身長が高いのは、クルーガーの血統かなとも感じられます!
      ミスリードかもですが!(;´Д`)



      管理人アース

  7. ミカサファン より:

    イェレナがクルーガーの娘というのはかなり確立が高いと思っているのですが、もし王家だとすると、クルーガーとダイナの娘かなと妄想しております。

    王家の残党からなる革命軍の一員である父をもつクルーガーは、復権派に王家ダイナを遣わすくらいですから王家との繋がりは深いだろうし、王家は子孫を多く残すよう努める風習があるようなので、意外とあり得るかなと。

    もしイェレナがクルーガーの娘であり王家の一族であれば、クルーガーの記憶を持つエレンに大きくなった自分を見てもらいたかった、知ってもらいたかっただろうし、自分が始祖を持つと不戦の契りに縛られるので、信頼に足るものに始祖を奪還させるようクルーガーにも教えられていたかも知れません。それをジークに期待していたのかも知れませんね。

    だとするとそれを知るエレンとイェレナは通じており、クサヴァーとジークが考えた安楽死計画には反対の立場のような気もします。クルーガーはグリシャに「臆した王から始祖の巨人を取りあげる」と言ってますし。

    エレンだけがクルーガーグリシャの進撃側の「エルディアの復興」と、レイス家の始祖側の「エルディアの死滅」の両方の思想を受け継いでいるので、どう動くかまだ分からない、そんな状況を想像しています。

    • 管理人アース より:

      イェレナの血統がエルディア人のハーフというのはあると思われますが、王家血統はどうかなと感じます。
      王家血統だとエレンを捕食して始祖を取り入れても不戦の契が発動してしまうので、ちょっと厳しいかなと。
      この辺りはもうしばらく展開を見たいですね!




      管理人アース

  8. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    いろいろと衝撃的な115話でしたが、イェレナについて言えば、クルーガーの娘という想定で推測を重ねていたこともあり、115話での(狂信的な)イェレナの描写には凹みました(;´∀`)

    それとも《梟》(ふくろう)として未だ水面下での活動中で、クルーガーのように土壇場で正体を現すのかな? 諫山先生に翻弄されてしまっているので、も~よく分かりません(;´∀`)

    ・・・

    図象としての《梟》(ふくろう)は、ローマの女神《ミネルウァ》で、(ギリシャ神話名アテナ、英語名ミネルヴァ)、

    それは「戦争の女神」であるけれど、戦神マルス(アレス)との違いは、ミネルウァは「正当な理由」があって戦うというところ。(マルスのほうは、一般的な破壊)

    梟の系譜にもあるエレンには、(クルーガー→グリシャ→エレン)、その戦え・戦えに、ミネルウァの戦い方を重ねていたのだけれど、

    イェレナのほうはいったいどうなのだろう。

    ーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

このページの先頭へ