【進撃の巨人】伏線の検証

【進撃の巨人】ネタバレ114話考察!始祖の新しい能力とは!進撃も比較検証!

114話にて、始祖の巨人の新たな能力が明らかとなりました。

「体の構造を変える」という能力には、驚きましたよね!

この新たな能力から、どのような展開が予想できるでしょうか?

そして未だ明らかとなっていない進撃の能力について、始祖の能力を踏まえ検証してみました。

そこには不思議な共通点が!?

考察してみましょう!

◆新たな始祖の巨人の能力を検証!

2019-02-15_055042

「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より

114話にて新たに明らかとなった始祖の巨人の能力は「ユミルの民の体の構造を変えられる」という、驚きの能力でした。

この時のキッカケとなった600年前に起こった流行病については114話考察!600年前の流行り病を検証!にて考察しているので、見てみてください!

始祖の巨人にとってはユミルの民は全て「体の一部のようなものだ」と表現されるくらい思い通りに操れるという、とんでもな能力が判明しましたが、逆に疑問が湧いてきますよね。

コメントでも非常に多く見られたのですが「体の構造を自由に変えられるのであれば、巨人になれない体にすれば全て解決するのでは?」というものです。

エルディア人が差別を受けるのは、エルディア人が巨人になり人を捕食するからです。

もし始祖の巨人継承者がユミルの民の体の構造を巨人になれないようにすれば、その辺りは全て解決し、エルディア人が差別をされる理由がなくなります。

たとえば、コメントでは巨人化できなくするという事を「アッカーマン一族と同じ体にすれば」という表現で説明してくれている方もみえました。

そうなんですよね!

始祖の巨人の力で「体の構造を変えられる」のであればジークのように「子供を作れなくする」という、滅亡へ突き進むネガティブな方法でなくても解決できるように思えます!

ここから、エレンの本当の目的は「エルディア人を巨人化できなくする」であり、最終的にはヒストリアとこのようにするのではと114話考察!エレンの目的と方法を検証!でも展開予想しています。

ただいっぽうで「これは出来ないのでは」との予想も、コメントでは見られました。

巨人化とは「道」を通して血肉が送られて発動します。

「巨人化を出来なくする」ということは、この「道」を塞ぐ事になるので、これは始祖の巨人でも出来ないのでは、という考えです。

たしかに「道」を塞ぐというのは巨人化システムを作ったであろう大地の悪魔の考えにも反するように感じられるので、始祖の巨人でも無理なのではとも感じられますよ!

だから、これまでの始祖の巨人保有者や、不戦の契を行いながらも「巨人化できなくする」という方法を145代フリッツ王がしなかったのは、この理由があったからかもですね!

ただこの辺りは、もう少し話が進まなければ、範囲が広すぎて予想が難しいですが!

今回の始祖の巨人の能力を考察していく上で、ちょっと気になったのは始祖の巨人の能力をエレンが発揮できなかったことです。

これはもちろん血統が理由なのでしょうが、進撃を絡めてさらに考察してみましょう!

◆始祖の巨人の能力と進撃の能力を比較検証!

2016-11-09_193805

「進撃の巨人」87話「境界線」より

知性巨人である9つの巨人は文字通り9つおり、これらについてはかなりの事が明らかとなっています。

この辺りは95話考察!9つの巨人まとめ戦槌の巨人を予想!にて考察まとめをしています。

現在分かっているのは、こんな感じですよね!

①始祖の巨人…ユミル・フリッツ→…ウーリ→フリーダ→グリシャ→エレン
②進撃の巨人…クルーガー→グリシャ→エレン
③超大型巨人…ベルトルト・フーバー→アルミン
④鎧の巨人…ライナー・ブラウン
⑤女型の巨人…アニ・レオンハート
⑥獣の巨人…クサヴァー→ジーク・イェーガー
⑦顎(アギト)の巨人…マルセル→ユミル→ポルコ・ガリアード
⑧車力の巨人=四足歩行型巨人…ピーク
⑨戦鎚の巨人…タイバー家→エレン

それでは、この9つの巨人の能力をまとめ、見てみましょう!

①始祖の巨人…ユミルの民の記憶の改ざん、体の構造も変えられる。
②進撃の巨人…自由を求め続けている?
③超大型巨人…巨大は体躯。巨人化の際の破壊力
④鎧の巨人…常時硬質化された高い防御力
⑤女型の巨人…汎用性の高さ。巨人を呼び寄せられる
⑥獣の巨人…投球術からの石つぶて攻撃
⑦顎(アギト)の巨人…動きの速さ。歯と爪の硬質性
⑧車力の巨人…巨人化の持続性。
⑨戦鎚の巨人…硬質化を操り武器を生み出す

「進撃の巨人」以外は、ほとんどが明らかとなっていますよね!

95話で明らかとなった事が大きかったですよ!
2017-07-06_041421

「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より

ただ、獣の巨人の能力に関しては、クサヴァーさんは発揮出来ていませんでした。

これはジークの投球術が反映して獣の巨人の能力として発揮されたのか、それとも王家の血統が発揮させているのかは分からないので、獣の巨人の能力はハッキリとは言いきれないですね。

クサヴァーさんは運動が苦手そうだったので発揮できなかったけれど、獣の巨人の投石能力がジークの投球術により発揮された、と管理人アースは考えており、獣の巨人の能力は「石つぶて攻撃」かなと考えています。

コメントでは「獣の巨人は継承者により様々な容姿に変わる能力があり、ファルコが継承したら隼巨人になるのでは」という考察を良く見かけますが、これには管理人アースは否定的です。

さて、ここで管理人アースが気になっているのは「③~⑨の巨人は血統に関係なく能力が発揮されている」という事です。

①の始祖の巨人の能力は王家血統でなければ発揮されないですし、②の進撃の具体的な能力は不明です。

そのため、当初から二つも巨人を継承していたにも関わらず、エレンは巨人の固有の能力を発揮できませんでした。
35de968d3385521cf15a07355a4fdbf5

「進撃の巨人」第33話「壁」より

その一方で、③~⑨の巨人は血統に関係なく発揮されています。

もちろん、ライベル、アニ、ピーク、ガリアードが継承家血統だったという展開もありますし、どちらかというと管理人アースはその説推しなのですが、確定されていないので、ここでは脇に置いておきます。

ここで注目したいのは、⑨の戦鎚の巨人の能力をタイバー家血統ではないエレンが地下牢から脱走する際に発揮していた事です。
2019-02-22_081754

「進撃の巨人」第110話「偽り者」より

ここから、戦鎚の巨人の能力は継承家以外でも発揮できることが分かります。

となると、女型や鎧等の別の巨人も血統に関係無く能力が発揮されるのではと分かりますよね!

しかし、始祖は違います。

そして進撃の能力は発揮されていません。

ここから、もしかしたら始祖の巨人と同じように「血統によって発揮される」ように、何かしらの縛りがあるのでは?と管理人アースは感じます。

そして「自由を求めて進み続けた」という進撃の性質から「思想的縛り」「精神的要素の縛り」があるのではと考えたりしますよ!
2016-12-08_042127

「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より

もしかしたら、「自由を求めて進み続ける人物」にだけ発揮される能力があるとか…

ほとんど妄想ですが、そんな考えが広がっていきますよ!

となると、あるところまで「自由を求めて進み続ける」と発揮される能力があるのかもしれませんよね!

例えば「始祖の巨人からの『命令』に逆らうくらいまでの意志の強さを示すと発揮される能力」とか…

そこで発揮されるのは「進み続ける継承者を阻む者を排除する能力」とか!

この辺りはmaSumiさんとのやり取りから生まれた予想ですが!

maSumiさん!

ありがとうございます!

こんな能力が発揮されたら、むっちゃ熱いですよね!\(^o^)/

今回の考察で「145代フリッツ王が始祖の能力で巨人化できない体にしなかった理由が明らかとなる」展開が起こり、「進撃の巨人の能力には縛りがあり、真の能力は始祖に逆らうくらいの自由を求める時に発揮されるのでは」と考察できました!

進撃の能力が登場する展開が、待ち遠しいですよ!\(^o^)/

【進撃の巨人】リヴァイが死亡確定するのか検証!
114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証!
114話考察!ジークの目的まとめ!
114話考察!600年前の流行り病を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 次列三・伝達 より:

    団長、新考察記事ありがとうございます☆

    来た来た↗↗とテンションの上がってしまうテーマですね♬

    私も進撃の巨人の特性は「始祖の巨人の配下に治まらない」事だと思います。

    決定的なのが、かなり違和感無くスルーされているグリシャ巨人vsフリーダ巨人のバトルです!

    全ての巨人を操る事が出来ると云われた始祖の巨人ですが、このバトルでは呆気なく捕食されてしまいました。

    フリーダの練度が低かったからと説明されていますが、何だか言い訳がましく聞こえます。

    全ての巨人を操る力や練度不足の説明は「嘘」では無いかと思っています。

    真実は、「進撃の巨人とアッカーマン一族のみ支配から逃れられる」では無いのでしょうか?

    決定的な事が、先の巨人対戦で盟約を交したフリッツ王家とタイバー家。

    フリッツ王家はパラディ島に篭り始祖の巨人を継承。

    一方タイバー家はマーレ大陸に残り戦縋の巨人を継承。

    傘下のマーレ政府に、獣、超大型、鎧、女型、顎、車力を管理させていました。

    常々思っていたのですが、何故進撃の巨人だけはこの盟約に囚われずに反マーレ勢力に継承されて来たのか?

    かつての継承者クルーガーは、赤子継承では無く同胞から継承していますよね。

    例え100年前から始まったフリッツ=タイバー盟約でも、その間、進撃の巨人が彼らに回収され無かったのは疑問に思いました。

    これはもしかすると、「回収出来なかった」のでは無いのでしょうか?

    回収出来なかった理由は…「進撃の巨人だけ別の道だったから」では無いかと睨んでいます。

    グリシャ巨人vsフリーダ巨人で、フリーダは始祖の巨人の力を行使しようとしたが、進撃の巨人は別の道だった為始祖の力が通じず、よもや肉弾戦しか無かった!の様なフリーダ巨人の表情です。

    進撃の巨人を操ろうとした間にフリーダの兄弟達が殺されたのかなとも思っています。

    始祖の力が通じるなら兄弟達が死んでいく間に止めようともせず、また事後戦おうとするなんて理解出来ません!

    グリシャ巨人vsフリーダ巨人しか始祖の巨人の対巨人戦がありませんがこれなら納得です。

    別の考察も…。

    9つの巨人の古の絵では始祖の巨人以外は膝まずき始祖の巨人に対して忠誠を誓っています。

    恐らく当初は進撃の巨人も他巨人同様に傘下にいたと思います。

    しかし、始祖の巨人以外の巨人同士が戦い始めると自我が目覚めてしまい、自由を求め始祖の巨人から開放される術を得たのでは無いかと思います。

    やがて巨人科学が進み、進撃の巨人からアッカーマン一族が生まれたのでは無いかとも妄想しています。

    進撃の巨人とアッカーマン一族は始祖の巨人に囚われない共通点があるからです。

    始祖の巨人に囚われずかつ忠誠を誓わない進撃の巨人の負の部分がアッカーマン一族でしょうか?

    宿主に忠誠を誓い、巨人的な力を手に入れるが姿は人間のまま。

    しかし自由を求める意志がジレンマを起こし頭痛を発生。

    こう考えてみるのも面白いですね☆

    ミカサこそ成り行きからエレン(進撃の巨人)に従ってますが、何かきっかけがあればリヴァイ兵長も傘下に治められるのかも?

    ケニーの時は超ネガティブエレンでしたしw

    私の考察をまとめると、進撃の巨人は…
    ①始祖の巨人に囚われない
    ②アッカーマン家は副産物

    こんな考察はどうでしょうか?

    • 管理人アース より:

      1、2同感ですよ!
      ただ、フリーダが進撃を操れなかったのは不戦の契のせいかなと思われますよ。

      管理人アース

  2. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。団長!
    進撃の能力は始祖にあがなえる力。
    なるほど、なるほど。
    始祖の力は強大ですが、それにあがなえる力!
    進撃が求める「自由」とは始祖の支配下から逃れる事とみました。
    つまり、ラスト1コマの「自由」とは始祖の力がなくなった事を示すと。
    うーん。。なんか、1人納得して(笑)
    ところで、
    ジーク巨人とエレンが接触した時にどれだけの始祖の力を発揮できるのか?主導権をエレンが保てるのか?などの疑念が残ったまま話が進み、ジークの目論見が分かった時点で王家筋の者は主導権を奪えるのだろうと思ってましてた。しかし、エレンがあがなう力を有しているのであれば、ジークに抵抗することができます。
    エレンは始祖と進撃の記憶からあがなう力を理解しているでしょうし、ジークの作戦に乗ったフリができる訳ですね。
    最後に
    始祖と、これにあがなう力の2つの力を有するという事はどういう状況でしょうか。
    これはなかなか難しい(汗)

    • 管理人アース より:

      始祖と進撃と戦鎚が特別な巨人となれば、王家血統にも対抗できるのかもですね!
      座標発動場面が楽しみです!

      管理人アース

  3. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    拝見していてとても楽しいです。改めて集合知に感謝(*^^*)

    三姉妹のシーナ・ローゼ・マリアをそれぞれ始祖・戦鎚・進撃に対応させるというアイデア、とても面白い(*^^*) > 進撃最高さん

    そう考えると、なぜ、エレンが(民間人を犠牲にしてまで)レベリア収容区を急襲し、戦鎚を捕食する必要があったのかに謎の一端が、解ける気がしました。

    東洋の一族は依然として謎めいていますが、ふとあのヒィズル将軍家の紋章/ミカサのタトゥー、「三つ組筋違い」が、ユミル直系3姉妹と所縁(ゆかり)があるようにも思えてきました。(ヒィズル国とエルディア帝国との国交樹立は比較的近年であっても、中世のどこか、例えば845年前の接触/交流という形で)

    大地の悪魔は・・巨大樹の森ではないかと仮説していて、その場合、それが何か?は明らかではないですが、物語の初期の頃から読者はその姿を既に観ていて知っていたというオチか。

    去年の12月ですが、地下5kmで「巨大な生命圏」が発見されたというニュースが上がった時、物語で設定されている大地の悪魔を想起してしまいました(^-^ゞ

    URL省略。
    (Newsweek他、「地下5kmで巨大な生命圏が発見された」、2018/12/13)

    ーーーーーーーーーーーー

  4. 始祖ユミルに、現代科学でも成し得ない
    人体改造の技を伝えた “大地の悪魔”とは
    何者なのか?
    それは 超科学文明を有した知的生命体、
    あるいは未来人としか思えなくなります。

    こうなると、エレンとミカサが何者かに
    監視されていた、実写版後編の ラスト
    シーンと重なってきてしまいます。
    また、エレンと先進世界を知るシキシマ
    の兄弟で 協力して敵を倒したところも
    今に繋がっている様です。

    実写版後編は、トホホ映画として惨憺たる
    結果でしたが、原作終盤と繋がるヒントが
    あるのではないか?
    諌山先生も 監修に関わっておられるので、
    改めて 実写版後編を考察するのも意義が
    あるのではと思います。

    • 管理人アース より:

      実写版を考察した方が良いのは分かるのですが、個人的感情が邪魔をして…(;´Д`)
      ただ同じ結末にはしないと思いますし、「お前は自由だ」的なラストにするのであれば特にそう感じます。
      大地の悪魔が東洋の一族と関係していたら、当初からそのように考察している管理人アースとしては嬉しいのですが!

      管理人アース

  5. 猫背の巨人 より:

    記事作成お疲れ様です。

    ユミルの民の非巨人化ができないことを説明できることに驚きました。
    視野の広い考察ができるのが羨ましい笑 皆さんすごいですね。
    私では145代フリッツ王と非巨人化が繋がりませんよ笑

    進撃の巨人の能力についての考察ですが、アッカーマンにとても良く似ていますね。
    リミッターが付いていたり、なんだか当たりそうな予感がしました。

    • 管理人アース より:

      アッカーマンと進撃が関係している時に、エレンゲリオンがミカサを攻撃し、その傷が癒えていないことにも繋がりそうですね!

      管理人アース

  6. 進撃の眼鏡 より:

    更新お疲れ様です。

    進撃の能力が始祖の巨人に逆らうことができるというのを聞いて、記憶改竄できないアッカーマンの性質も進撃の巨人由来のものなのでは?と思いました。

    • 管理人アース より:

      なるほどですね!
      巨人をいじくり回してできたアッカーマンなので、進撃がモデルなっている可能性もありますね!
      興味深い考察です!

      管理人アース

  7. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    知性巨人の個々の能力は、中にいる人間によるものなんじゃない?とかずっと思っていました。

    女型だけは特殊かな。とか思っていたくらい。

    でも今回のアース団長さんの考察読ませていただいて、なるほどなー!です。

    ただ。エレンのもって生まれた性格にプラスして、進撃の巨人の特性を活かすためグリシャが意識してエレンを育てたのかもとか想像すると、現在グリシャの記憶を探れる立場にあるエレンとしては、複雑な心境だろうな。

    ジークの破滅的思想を育んだ父が、今度は自由を求める特性を自分に求める。

    進撃の巨人を内包したことは、ジークの育て方を失敗した反省に加えて、グリシャの考え方を変えさせた結果エレンの育て方に繋がったとしたらいいんですけどね。

    • 管理人アース より:

      >グリシャの記憶を探れる立場にあるエレンとしては、複雑な心境だろうな
      ジークの気持ちも察せられるかもですね。
      ライナーの気持ちが察せられたように。
      そこを踏まえてさらに前進するエレンを見たいですよ!

      管理人アース

  8. 紅月の巨人 より:

    進撃の巨人の能力は初期の頃にエレンゲリオンの目が緑色になってたのが関係するのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      アニメの設定なので、どこまで取り入れて良いかが難しいところですね。
      ミカサを攻撃したのは、何かしらの意味があるのかもと思ったりしています。

      管理人アース

  9. 17期卒現役調査兵 より:

    団長、考察お疲れ様です!

    今回の考察を読んで疑問に思った点を考察してみたのでみてくれるとありがたいです。

    疑問に思ったのは王家の血は具体的に他のエルディア人と何が違うのかと言うことです。おそらくここで関係してくるのが始祖ユミルが死後九つの巨人に魂を分けたと言うところだと思いますが、ここで初めて血統の違いが生じたんだとおもいます。
    九つに分けた方法は、始祖ユミルの死後だから普通の継承の仕方ではなく娘のマリア、ローゼ、シーナの子供たちに赤子継承した際に九つに別れたのかなとおもいました。2期のEDはたぶん一番最初は赤子継承するためにも食べないといけなかったみたいな?ちょっとこれは説明できなくてすみません🙇‍♂️
    だからエルディア人の血は9通りあって今は混ざったりしてるけど、王家の血は初めに始祖の巨人を継承した人の血で、これを持つ人たちは他の民族に子供を産ませてその血を持つ者を増やさなかったから数が少なく、他の知性巨人の血の人たちは増やしたからいっぱいいるんじゃないかと。ここで自分たちの血を持つものを増やしたのはその知性巨人の真価はその知性巨人の血を持ってるかに依存するからではないでしょうか。
    つまり、血統の区別は最初に分けられた9人の血で、巨人の真の力もそれに対応する血を持っているかどうかに関係してくるとおもいます。
    ということはエレンは王家の血はないにしても進撃の血も無くてタイバーの血はある…ん?

    なんか最後まで書くと自信なくなりましたけどせっかく書いたので送ります。

    • 管理人アース より:

      >娘のマリア、ローゼ、シーナの子供たちに赤子継承した際に九つに別れたのかなとおもいました。
      赤子継承で偶然自分の娘達に継承するのはちょっと難しいのでは?と思ったりしました。
      ちょうど始祖ユミルから最初どのように継承したのかという考察をしていたのですが、たぶん体の一部を食して継承していたのかもと考えています。
      脊髄液だけを摂取すると無垢になるけれど、脊髄液+内蔵を摂取すると9つの巨人も継承できるのかなとか。
      まだまだ妄想段階ですが(;´Д`)

      >血統の区別は最初に分けられた9人の血で、巨人の真の力もそれに対応する血を持っているかどうかに関係してくるとおもいます。
      そうですね!
      良く分かりますよ!
      タイバー家とレイス家は、最初からずっと継承していた血統ということかなと!
      他の継承家もあるかもですね!

      管理人アース

      • 17期卒現役調査兵 より:

        返信ありがとうございます!マリア、ローゼ、シーナの子供に継承したところなんですけど。
        全てのエルディア人の先祖はユミル・フリッツだと思うのでここから子供を産んで増やして行くとするとマリア、ローゼ、シーナの時点でエルディア人はユミル・フリッツ含め4人。この3人が合計9人以上、生めば確実にこの子たちに継承されるんじゃないかなーとおもいます。
        お相手の男性も他民族との間でもエルディア人はできるみたいなので。

        • 管理人アース より:

          なるほどですね!
          面白いです!
          そうなると、全てユミル直系というイメージになりますね!
          だから巨人の真価が発揮されるのは王家血統という設定なのかもですね!
          面白い考察、ありがとうございます!(*^^*)

          管理人アース

      • 進撃最高 より:

        団長様、いつも楽しく拝見させていただいております。

        始祖ユミルから娘3人を含む9人に継承されたのが事実であれば、ユミルからの継承直後の3つの巨人には王家血脈が流れていると思います。

        例えば長女が始祖を継承してフリッツ家として君臨し、次女または三女が他の巨人を継承しているならば、始祖の娘からの継承を脈々と続けているのは戦槌を受け継ぐタイバー家だけだと思うので、タイバー家にもユミル・フリッツ直系血統の流れが残っている可能性があるのではないでしょうか。

        他の巨人の血統は長い歴史の中で赤子継承であったり、戦士への継承であったりで、始祖の血脈は途絶えている可能性はありますが

        例えば長女がフリッツ家血脈、次女がタイバー家血脈となるならば、三女からのユミル・フリッツ血脈直系の巨人が1体居るのではないかと思います。

        私は三女が初代の進撃の巨人の継承者ではないかと推測しています。
        自由奔放な末っ子娘、みたいな。

        そうなると、始祖も戦槌も取り込んだエレンには始祖ユミル・フリッツの思想は強く入り込んでいるのではないかと思います。

        エレン自身は王家血脈ではないでしょうから単独で始祖の能力は扱えませんが、ジークやヒストリアの血脈と合わさった時、ジークの獣の巨人の能力を遥かに超える能力を発揮することが出来るようになるのではないでしょうか。

        • 管理人アース より:

          マリア、ローゼ、シーナがユミル直系で巨人を継承していたという考察をする時、始祖と戦鎚ともう一体は何だろうとなり、それが進撃だったら面白いなと思ったのですが、その可能性もありますよね!
          そう考えると、今のエレンはスゴいですよね!
          全ての直系巨人を取り込んでいることに!
          面白い考察です!(*^^*)

          管理人アース

  10. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    他の皆様とネタがカブりそうなので、今回は早めに投稿しておきます。
    進撃の巨人になんらかの特殊能力が備わっているのならば、それは始祖の力を以てしても屈服させる事の出来ない強靭な意志の強さなのではと考えます。

    69話でのウーリとケニーのの描写を見る限り、完全な始祖の力を有していなくても、ある程度の命令は出来る事が確定しています。
    そう考えればフリーダはグリシャを簡単に追い返す事も出来たはずです。

    フリーダがエルディア人存続の為に自ら喰われる事を望んだ可能性も捨て切れませんが、グリシャが簒奪者としてフリーダに刃を向けた時点で、十分過ぎるくらい始祖の巨人に逆らっている気がします。
    ひたすら自由を求める今のエレンにとって始祖の巨人の血の呪縛に囚われている事自体が不自由な事なのかもしれないし、場合によっては始祖の巨人と戦う事も辞さない覚悟があるのではと考えます。

    巨人大戦勃発時に進撃の巨人がどう動いたか明かされていないのがネックですが、おそらく進撃の巨人だけは145代王の言う事を聞かなかったんじゃないかなぁ。
    93話のライナーじゃありませんが、145代王が進撃の巨人に「お前がエルディアを救いだすんだ。この真っ暗な俺たちの未来から」みたいな展開があったら最高に滾りますね。

    • 管理人アース より:

      >おそらく進撃の巨人だけは145代王の言う事を聞かなかったんじゃないかなぁ。
      このイメージは同じですね!
      ただ、これが「巨人に意志があるのか?」と「継承者がそのような者が選ばれ継承してきた」とかなのかなとも。
      この辺り、もう少し煮詰めたいです。

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です