ジーク・イェーガー

【進撃の巨人】ネタバレ114話考察!ジークの目的まとめ!エレンと合致か検証!

これまで最も大きな謎のひとつであった「ジークの目的」が、114話にて明らかとなりました。

当サイトとしてはある程度予想通りでしたが、これまでの伏線を振り返りながら今一度考察してみたいと思います!

そして気になるのがエレンも同じなのか、というところです。

エレンの目的もジークと同じなのか?

エレンがジークを信用しようとした「ジークの作戦」がウソでも?

検証してみましょう!

◆これまでの伏線を振り返り「ジークの目的」まとめ!

2019-02-08_115534

「進撃の巨人」第114話「唯一の救い」より

今回ジークの真の目的が「始祖の能力を使いユミルの民から子供ができないようにする」という「エルディアの安楽死」である事が判明しました。

これは、長らく謎であったジークの目的が明らかになった事を意味します。

しかし、これまでに登場していたジークの発言と合致している内容なのでしょうか?

まずは見直してみましょう!

第77話ではライナーとベルトルトとの会話で「始祖を奪還し、呪われた歴史に終止符を打つ」と発言していました。
2016-01-08_031652

「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

もちろんライナーとベルトルトに対する詭弁である可能性もあるのですが、「終わりにしたいんだ」というしみじみとした言葉からは、本音のように感じますよね!
2017-05-11_203158

「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より

ただ、「俺たちで」というのはエレンを指しているようにも感じますが!(・_・;)

そして「始祖を奪還し」というのは「エレンを捕食して」ではなく「エレンを手に入れて」という意味にも、今となっては感じますね。

そしてその後、エレンと出会った際に「自分達はグリシャの被害者であり、グリシャに洗脳されている」と発言し、
83wagurisya

「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

「救い出してやるからな」とエレンに言い残します。
2016-07-08_035101

「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

これも今となっては本音だったのだろう、と感じますよね!

114話で明らかとなったジークの生い立ちから、自分がグリシャの被害者であると感じているのは間違いないでしょうし、異母弟のエレンも同じように育てられたのだろうと予想しての発言かなと察せられます。

エレンと話をしエレンの理解を得て、接触して座標発動という作戦をこの時にジークが抱いていたとすれば、理解できる発言ですよね!

リヴァイ兵長に追われたため諦めましたが、このに時エレンと会話し理解を得ていたら接触して座標が発動し、その瞬間に全てのユミルの民が子供を産めないようになっていたかもですね!

そう考えると、リヴァイ兵長の追跡はむっちゃ大きな意味があったのだなと感じますよ!

そしてジークが最も本音を言っているであろう、と思われた場面が81話の場面です。
2016-05-07_034057

「進撃の巨人」第81話「約束」より

特攻して来る調査兵団に向かい「哀れだ」と言い、レイス王に対し怒りが収まらず石つぶてを砕いてしまいます。
2016-05-07_034114

「進撃の巨人」第81話「約束」より

この時の怒りは何だったのでしょうか?

おそらくはクサヴァーさんから教えてもらった歴史、もしくは継承した記憶からの発言でしょうが、ここだけはまだちょっと分かりませんね!

そのいっぽうで、パラディ島のエルディア人を楽しみながら残虐に殺している場面もあります。
2016-05-07_034327

「進撃の巨人」第81話「約束」より

これも死によって「救ってやったんだ」という考え方をしているジークからすると、目的と合致する描写なのかなとも感じられますよね。

石つぶてを砕いた場面以外は、114話で明らかになったジークの目的と過去のジークの発言や行動が合致している事が分かりますよね!

やはり、これがジークの真の目的なのでしょう!

まだまだジークの目的伏線はあったかもですが、拾いきれないところもあるので、あったらコメントください!

では、このジークの目的とエレンの目的は合致しているのでしょうか?

◆エレンの目的はジークと同じなのか?

2019-01-18_070731

「進撃の巨人」第113話「暴悪」より

エレンとジークの目的は同じなのでしょうか?

というか、エレンはなぜ現在のようにジークの事を信用するようになったのでしょうか?

初めての出会いの時は、当たり前ですが全く信用していませんでした。
2016-07-08_035101

「進撃の巨人」第83話「大鉈」より

そこからジークが自分の異母兄であると分かり、親しくは感じられるようになったのだろうと察せられますが、おそらくエレンがジークを信用しても良い、と思ったのは106話にてジークの作戦を聞いた時でしょう。
2019-02-18_055028

「進撃の巨人」第106話「義勇兵」より

この時に「ジークはウソを言っていない」と感じ、信用しても良いと思ったはずです。

しかしその後のジークが提案した作戦は、全て嘘だった事が分かっています。
2019-02-18_060244

「進撃の巨人」第107話「来客」より

ジークの真の目的は、自分の任期中に全てのエルディア人が子供を産めないようにすることですから!

その上でジークを信用する理由とは、いったい何なのでしょうか?

以前から、いざとなったら(地鳴らしの時)にひっくり返すのではと管理人アースは予想していますが、そうするつもりなのか?

エレンはジークを信用しているように見えるけれど、同じ目的なのかどうかは難しいところですよね!

これは別記事で考察したいですよ!

今回はジークの目的がこれまでの伏線通りであることから、真の目的であることが分かりました!

ジークの真意の次はエレンの真意が気になる管理人アースでした!

【進撃の巨人】リヴァイが死亡確定するのか検証!
114話考察!ラーゴの惨劇は事実か?アニメ2期EDから検証!
114話考察!効果擬音「パアシイ」を検証!
114話考察!600年前の流行り病を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. 一つ不思議なことがあります。
    それは 、そもそもの事の発端である
    “大地の悪魔” の事を、エレンもジークも
    語っていないのは何故なのか?

    もしかすると “大地の悪魔” から巨人発生
    の秘密を引き出し、その対処法を見出せば、
    エルディア人が救われる道も あると思うの
    です。
    なのに、二人とも “大地の悪魔”へと矛先を
    向けないのはどうしてか?
    余りにも 正体が不明だから、あるいは強大
    過ぎるからなのか?

    しかし、自由を求めて進む「進撃の巨人」
    エレンの最後の敵こそ “大地の悪魔” なの
    ではないかと思うのですが。

    • 管理人アース より:

      どこかで登場すると思われますが、大地の悪魔の回収も気になりますよね❗

      管理人アース

  2. hana より:

    アース団長、ご無沙汰しております。
    いつぞやは大変お世話になりました。まさに人生のどん底にいるとき、こちらのサイトに出会い、団長の、またコメントよろしくです!の言葉にどれだけ救われたか。残念ながら考察は外れてしまいましたが、考察って楽しむものですもんね。アースさんと団員のみなさんに教えていただきました。

    しばらく進撃から離れていたのですが、情熱大陸で流れたラストのカットが気になり、物語が終盤に近づいている寂しさもあって、覗かせていただきました。相変わらず熱のこもった記事、更新も毎日されているようで感服するばかりです。
    団長も考察されている、ジークとエレンの目的について私なりに考察してみました。よろしくお願いします。

    まず、114話を読んで感じたのですが、ジークとグリシャが目指す世界は、実は全く同じなのでは…と思いました。巨人のいない世界、巨人化の苦しみのない世界。地上から巨人を駆逐すること。団長も考察されているように、ジークの過去の発言、「洗脳されている」「救い出してやる」などは本心だったと思います。

    ただ、目指すところは同じでも、選んだ手段は正反対で、ジークは、ユミルの民の絶滅、もしくは子ども産めないように身体を作り替え巨人化できる人間を最終的にこの世から消す。

    一方、グリシャが望む世界は、エルディア人が存在し続ける世界です。「ミカサやアルミン、みんなを助けたいなら…」が本心ならば、ですが。
    全ての知性巨人を一体に集め永遠の眠りにつかせる。死んでしまうと赤子継承の問題が起きてしまうので、アニや壁の巨人のように結晶化して内部の時間を止めるつもりだったのではないでしょうか。

    ジークは、復権派であったグリシャに対する反発からユミルの民の根絶を望み、エレンはグリシャの思いを受け継ぎ、エルディア人を守る選択をするのでは、と個人的には思っています。父に愛されなかったジークと、愛されて育ったエレン。

    突然ですが、巨人中学の最終話のエンディングのあと、突然、荒涼とした土地が映り表面の石(土?)がどかされた下に黒いものが現れます。初見時はかなり不自然に思えたのですが、あれ棺のようにみえません?最終話のカット、「お前は自由だ」は、結晶化して眠りにつくため棺(?)に入る前のエレンの台詞なのでは、と考えるとつじつまが合いませんか?

    子どもはヒストリアの子?エレンは自分の自由と引き替えにその子の自由を守る、ということでしょうか。
    バットエンドにも思えますが、巨人を駆逐するという願いがかない、自由意志でエルディア人のため、眠りにつくことを選んだのであれば、エレンもまた、自由である、と考えることもできますよね。

    ちなみに、進撃の巨人の力は、時間に関する能力だと思っています。道を通り、空間や時間を移動する能力、または時間を操作する能力。ハンネスさんが喰われる場面でしたっけ?巨人化していないのに顔に巨人化の痕跡がありました。あれ、巨人化した直後のどこか別の時間から、肉体ごと道を通ってきたんじゃないかと思います。
    東洋人のミカサは座標の守り役、案内人のような立ち位置で、肉体は道を通ることはできないが、意識は通ることができる、つまり道を介してタイムリープすること可能なのだと思います。

    意識だけが道を通り、道から出ると上書きされ忘れてしまう? 頭痛はタイムリープのせいだと思いますが、親子、イルーゼ(?)の説明がつきませんね。
    シーズン1のエンディングの洞窟のような場所が「道」でしょうか。無数のナイフが落ちているのは、ミカサが繰り返した数え切れないほどのリープの比喩、「何度でも捨ててはみつけ、また思い出すよ」もそのままです。

    もしそうなら、エレンは、物理的にはアッカーマンとしてのミカサによって、時間に関しては東洋人としてのミカサによって、2重に守られていたといえますね。ライナーの「座標が最悪なやつの手に渡っちまった」はこのことをいっていたのでしょうか。アッカーマンについては知っていたが、東洋の一族については伝聞程度しか知らなかった…

    ついつい、長くなってしまいました。話しも逸れてしまい申し訳ありません。
    読んでいただきありがとうございました。

    • 管理人アース より:

      最後のヒトコマの子どもがエレンの子供なのか?
      としたら、ヒストリアとの子供なのかが、かなり気になりますよね❗
      お久しぶりです。
      このサイトは皆さんの熱いコメントにより継続できつています。
      終盤に差し迫った進撃を最後まで考察により応援し、最後の回収を予想し駆逐したいと思っています。
      これからも考察し続けるので、またよろしくです!

      管理人アース

  3. 恥垢種 より:

    アース団長、お疲れ様です。エレンの目的は難しいですね。ただ、あの「おまえは自由だ」から想像すると、ジークの「ユミルの民」を種無しにしての「安楽死」は決して自由になることではないですよね。まあ、宗教的には死んで魂が解放されるみたいな考えもあるようですが(宗教は詳しくはないのでこれ以上言及しませんが)、エレンの目指す「自由」はそれではなく、現世における「ユミルの民の自由」とみますので、ジークとは相反すると考えます。
    よって、エレンはジークと同調してるフリをしていると、私は妄想しています。彼の目的はどなたかが言うように「無知は不自由だ」と発言から、自分が知りえた「始祖の歴史」の全てを「始祖の力」を使い、ヒストリアのように公開する。かつ、「道」を塞いでの「巨人化」の放棄、もしくは、全ての民の「アッカーマン化」(←これは他国民に反感を買うかもしれないですね。ただ、これも巨人化しない選択肢の一つかなと)
    この条件をベースに諸外国と交渉ですが、「地ならし」は交渉が成立しない限り、放棄できないでしょうね。
    ただ、グダグダ書きましたが、既に多国籍軍が迫りつつあり、かつ、ピークなど、その先遣隊が侵入していることを考えると、こんなことをしてる余裕はなく、侵入者に対し、いきなりの「地ならし」発動や、車力のピークを「始祖の力」で従わせ、逆に侵入者を殲滅したりの、展開があるかもしれないですね。ジークに主導権があるなら、無抵抗に島民全滅になっちゃいそうですけど。
    まあ、どういう展開になるかは、全く、わからないので、まだまだ、目は離せませんね。

  4. リヴァイ大好き より:

    こんにちわ。

    カルラがキースに言った、この子は生まれてきてくれたから、それだけでえらいんです。(言葉をよく覚えていませんが)が、全てかな。

    エレンは、ジークの考えに飲み込まれそうにはなっているけれど、賛同はしていない。

    ジークもエレンが、自分の考えに賛同しきっていないと思っているはずです。だからワインのこととかエレンには伝えない。

    ちなみにライナーたちにジークが不妊化計画を伝えているとも思えない。

    破滅的過ぎますもん。そんなこと言ったら誰もついてこない。

    イェレナだって賛同しているのかどうか。

    意見が完全に一致しているのは、眼鏡のおじさんだけだと思う。

    • 管理人アース より:

      エレンが同意していないは同感ですよ❗
      イェレナとの関係が気になりますね❗

      管理人アース

  5. 考察初心者🔰 より:

    管理人様🎶新たな考察ありがとうございます😊

    うん✨これが物語終結に向けての最大の岐路ですね😆

    問題は全てを解った今❗️
    エレンがグリシャの事をどう思ってるか❓
    ですよね😓

    先の方も書いてましたが、ジークはグリシャに対して否定的な感情しか持って無いでしょう😓

    エレンは…違う❗️
    と…思いたいのがファン心理ですが😅

    ミカサやアルミンに喧嘩を売った行動も含めて😓色々な妄想が浮かんでは消えてます❗️

    あれは…俺はジークと共にエルディア人絶滅を目指す❗️

    止めるのは、お前らだ❗️
    的な胸熱なメッセージだったのかも❓

    とか妄想してます😆

  6. 次列三・伝達 より:

    団長、新記事ありがとうございます☆

    進撃の巨人の完結へ向けての最大のシナリオ考察ですよね。

    ジークに関しては団長や皆さんの考察に圧倒されてます。

    エレンの真意は何でしょうか?

    その真意こそ分からなくてもジークと一線を画しているのは明白だと思います。

    エレンは脱獄後、ジークと約束した「場所」に向かわず、約束した「時間」より前にジークの居場所へ向かっています。

    やはりこの行動は、約束の時間と場所に来る前の「拘束された状態のジーク」が目的では無いかと思っています。

    また、ハンジ等調査兵団幹部を人質にしているのに、亡くなったザックレー総統やピクシス司令のいる政権中央はジークの脊髄液混入のみで野放しです。

    エレンやイェーガー派の持つ軍事力なら、政権中央を掌握し、その事実を公表すればジークもおのずとその場所まで勝手に来てくれる筈です。

    いくらヒィズル国から軍事援助されていても、エレンがエレンゲリオンになった時の「対巨人徹甲弾」等はヒィズル国には無い筈ですし、何しろエレンは脱獄時のみしか巨人化しておらず、体力も十二分にある為、各兵団兵力を集中しても難しい程です。

    なのにエレンはジークを探しながら向かっています。

    エレンが最も一番苦戦を強いるリヴァイ兵長が護衛に就いているとしりながら…。

    私が思うにエレンの目的は、実はリヴァイ兵長ではないのかと少し思っています。

    やはりアッカーマン一族の核心部分の何かをリヴァイ兵長が知らずに持っていて、エレンはそれが目的であると。

    過去を知り過ぎたエレンならミカサを論破したようにアッカーマン一族の謎を知っている筈です。

    元々王家の懐刀をしていたアッカーマン一族ですから、エレン(始祖の巨人)が必要とする秘密があるんじゃないかなと思います。

    ジークはあくまでそのついでであると思います。

    問題はエレンが何を目的にしているのか?

    前記事の「流行り病」を考察していて思ったのが、「レイス家が始祖の巨人を継承している間に、始祖の力を使っていないのでは無いのか?」と疑問をかんじました。

    確かにウーリはケニーに対して始祖の力により懐柔しようとしましたが、ケニーがアッカーマン一族であり無効となりました。

    でもそれは始祖の巨人継承者であるウーリがケニーと直接対面していた時です。

    かつて第一話のベルトルトによる扉破壊による巨人襲撃時に、レイス一族は祈るばかりで何もしておらず、グリシャが訪れて抗議しても何もしませんでした。

    「滅亡を受け入れる」と表明したカールフリッツ王の意志と反して居ませんか?

    始祖の巨人の力をパラディ島全域に行使出来るのであれば、「抵抗するな!」と記憶を改竄すれば良い話であり、カールフリッツ王が望んだ事です。

    実は始祖の力を行使するにはアッカーマン一族の力が必要だったのでは無いかと思います。

    レイス家は過去にアッカーマン一族を追放してから行使出来なくなったのでは?

    ミカサと一緒にいる時にエレンは座標を発動させました。

    その後のロッド巨人の時は発動しませんでしたが…。

    う〜ん…無理がありますかね〜◝(・▿・)◜

    • 管理人アース より:

      エレンの目的がリヴァイ兵長という考察、驚きました!
      たしかに
      そのようにも予想できますよね❗
      ただ引っ掛かっているのは飛行船でジークにもリヴァイにも会っているんですよね。
      飛行船でダメでパラディ島でなければいけない・・・
      地鳴らしなのかなぁと思っちゃいますよ( ̄▽ ̄;)

      管理人アース

  7. ただのヒィズル国民 より:

    エルディア帝国は他民族に無理やりエルディア人を産ませ、その新しい世代に他国への殺戮をさせていました。ガビはそれについて
    「望まない子を産ませた」と言っています。ジークがシガンシナ決戦で言っていた”歴史の過ち”とはこれであり、特攻してくる調査兵団を見て言った”過ちを繰り返している”とは壁の外には世界という強大な敵がいていずれ攻め込んでくるという残酷な壁の世界にエルディア人を産み、結果的に地獄を味わせている壁の中の社会に対しての怒りだと解釈しました。

    • 管理人アース より:

      なるほどです!
      ジークの考えは進撃の大きなテーマなひとつかもですね!

      管理人アース

  8. ムンクの巨人 より:

    ジークの目的は、エルディア人を永遠の苦しみから「絶滅」によって「救う」事でした。同じような理論の持ち主として思い出すのは、映画アベンジャーズの敵サノスで、彼も世界の人口を半分にすることを「救済」と呼んでいます。
    ただ、サノスは増えすぎる人口から宇宙のバランスを守りたいだけ。極端ではあるものの、論理的な思考であり、誰もが全面的に否定はしづらいと感じました。
    対してジークは自分のトラウマによる絶望を勝手にエルディア人全員にあてはめて押し売りしてるだけ。生い立ちに同情の余地はあるものの、その手法や結論には感情的な論理の飛躍を感じてしまいます。
    そのジークとまさに対極にあったのがヴィリー・タイバーであり、演説の「生まれてくるべきではなかった」「しかし生きたい」というくだりでは、こちらも「頑張れ頑張れ」と応援したくなりました。

    エレンについては、これまで地ならしでひっくり返すだろうと思っていましたが、ちょっと自信がなくなっています。
    ヴィリーの言い分を全て聞いてから捕食しましたが、宣戦布告に対してでなく、あの生への執着が理由だった(もし演説中、エルディア人全員退場を宣言したら襲わなかった)とすると、完全ジーク派である可能性もあるかなと。まきぞえのエルディア人の死を顧みなかったのも、救済の一環だからという事で。

    • 管理人アース より:

      >完全ジーク派である可能性もあるかなと
      たしかに、マーレの強襲はジークの考えに沿っているからとも受け取れますよね。
      なるほど…
      しかしこれまでのエレンの求めているものとは一致しないようにも感じるのですが…
      これはまだ考察の余地がありそうです!
      ありがとうございます!

      管理人アース

  9. 根絶 より:

    新記事更新お疲れ様ですm(__)m

    アースさんの集団自決は本当にドンピシャで驚いていました。

    ヴィリータイバーが、エルディア人の根絶を望んでいると演説していた時に、メガネの光っているジークが歩いている場面を出してきたのは、「ジークもそう願っている」と暗に伝えたかったからなのだと思いました。

    本当にドンピシャで、しかも、本当にエレン達のラスボスになりそうで、最後の場面がどうなるか、とても緊張、ドキドキしています。

    いつも更新ありがとうございます。
    アースさんの更新をいつも楽しみにしています。

    • 管理人アース より:

      >本当にエレン達のラスボスになりそうで
      当サイトの予想を読んで覚えていてくれているのが嬉しいですよ!
      ずっと言っていますが、やはりジークがラスボスだと今でも思ってます!
      最後の戦いがどのような展開になるのか、楽しみですよ!(*^^*)

      管理人アース

  10. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。
    私も、今話を読んで、すぅかりいっちゃってるグリシャを見た時にジークとエレンが始めて会った時のグリシャの洗脳と救い出してやる発言を思い出しました。
    結局、2人ともグリシャの意思で巨人になった訳で、この点についてはエレンも納得いくでしょう。アッカーマン家のミカサに近づいたのも、グリシャの作戦だと言ったのかもしれません。
    十分ありえます。
    (ミカサの両親を襲わせたのもグリシャの差し金だとも。。)
    つまり、何も知らないエレンはクソ親父の奴隷状態だったと理解させ、洗脳を解く。
    エレンがミカサ達に無知は不自由だと言ったのもこれら伏線か?

    しかし、例え親父の洗脳から解かれたとしても、ジークのエルディア人の安楽死作戦を受け入れるでしょうか。
    この点については主人公としてのエレンをまだどこかで信じてるからかもしれませんが、ないだろうなと。
    エレンが求める自由と安楽死はあまりにもかけ離れてますしね。
    「お前は自由だ」に繋がる別の道の使い方をもう少し考えてみたいです。

    • 管理人アース より:

      >エレンがミカサ達に無知は不自由だと言ったのもこれら伏線か?
      おお、なるほど!
      たしかに起こりそうな展開ですよ!

      >エレンが求める自由と安楽死はあまりにもかけ離れてます
      今書いている記事がまさにこの内容です!
      同意見で嬉しいですよ!(*^^*)
      主人公としてもそうですが、ここは譲って欲しくないですよね!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です