【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ジークの道と座標から地鳴らし実験を検証!

これまで「座標」についてはかなり考察をしてきました。

第50話でエレンの座標発動場面を見たライナーの「座標が渡っちまった」というセリフから考察は始まり、88話でのエレン=クルーガーの説明でかなり解明されていました。

そして89話で王家血統と始祖の巨人の接触により、座標が発動することも決定付けられました。

その仕組に、110話にて新たな事実がジークから説明がありました!

そこには、座標発動の必須である王家血統の役割が解明!?

これまで座標について明らかになっている場面を振り返りながら、さらに座標を掘り下げてみましょう!

Sponsored Link

◆110話!ジークの座標説明を検証!「座標」「道」「始祖の巨人」とは何なのか?

2018-10-12_073245
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


今回110話は、ジークのラガコ村襲撃時の説明が冒頭からあり、いかにしてジークが無垢の巨人を操っているのかが明らかとなりました。

ジークの脊髄液をわずかでも摂取した「ユミルの民」には巨人の力の送り先となる「座標」が刻み込まれ、ジークが命令すれば「道」を通じ「座標」に巨人の力が送り込まれます。

その巨人はジークの「獣の巨人」を介した道で繋がっているため、ジークの命令通りに動く巨人となるとの説明でした。

これは非常に大きな謎の解明ですよね!

これまでは、ジークは王家血統だから自分の脊髄液を摂取した無垢の巨人だけを操れる、との情報だけでした。

さらに驚きなのが、この説明の中に登場する「道」「座標」という言葉です。

ジークが無垢の巨人を操る説明の中に、「座標」という言葉が登場するとは思いませんでしたよ!

これまで「座標」=「始祖の巨人」というイメージだったため、ジークの王家血統による無垢を操る力とは関係がないと決めきっていたので、まさかの登場に驚きました!

ジークの説明をまとめて見ると、こんな感じですよね!
2018-10-19_052714
ここで注目したいのが「座標」についてです。

ジークの説明では「座標」とは巨人の送り先に刻み込まれるもの、とされていました。

これまでの「座標」とは、ちょっと意味合いが違いますよね。

第88話「進撃の巨人」にて、エレン=クルーガーから座標についての説明がありました。
2016-12-08_041628
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


この説明ですと、「ユミルの民を繋いでいる全ての道の交差点」が座標であるされています。

そして管理人アースは、この座標に影響を与えられる能力が「始祖の巨人」ではないかと考えています。

こんなイメージですね!
2018-10-19_055515
ここから、今回ジークの説明に登場した「座標」とこれまでに登場した「座標」とは違うものを指しているように感じられます。

ジークの座標は「目印」というイメージで、これまでの座標は「交差点」というイメージになると感じます。

ただ、ここに共通点を見出した考察がありました。

おっさんさんのコメントを紹介しましょう!
今回、「座標」という概念がかなり明らかになりましたね。座標は操る側の力を指すのかと思っていましたが、なんとなく言葉がしっくりこなかった。
そうじゃなく、操られる側の情報が座標で、「道」は指定された座標へつながって、力や情報が送り込まれる、と。
エレンが初めて座標の力を発揮したときを見ると、座標を組み込む瞬間だけ王家との接触が必要で、一度道がつながってしまえば(少なくとも短時間は)、非接触でも命令が届くという仕組みなんですね。まさに対象を特定する情報が座標、ようやく言葉がしっくり来ました。
そして始祖の巨人の力は、任意の巨人(エルディア人)の座標を捉え、道をつなぎ、力や記憶を送り込むこと。
力や肉体の送信元はナゾ。「有機生物の起源」から来るのでしょうか? 大地の悪魔からでしょうか?

これ、素晴らしい考察ですよね!

つまり「座標」とは「力の送り先」を指しているという事になりそうです!

この捉え方をすれば、ジークの「座標」もエレンの「座標」も同じ意味になりそうですね。

ジークの「座標」は「自分の脊髄液を摂取したユミルの民」であり、エレンの「座標」は「全てのユミルの民に繋がる道」であり、どちらも「力の送り先」という意味になりますよね!

おっさんさん!

素晴らしい考察をありがとうございます!


さて、「座標」の意味は分かりましたが、気になるのはジークの無垢を操る能力です。

これは王家血統による力なのは分かりますが、「獣の巨人」だから可能な力なのでしょうか?

それとも、他の巨人でも王家血統者が継承すれば発揮できる力なのでしょうか?

93話でのコルトのセリフからは、王家血統者が継承すれば獣の巨人以外でも発揮できそうな気がしますよね!
2018-10-19_062626
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


しかし、第88話のグリシャの言葉から見ると、獣の巨人の真の力を発揮したという意味にも感じられ、「獣の巨人独特の力」のようにも受け取れます。
2018-10-19_062601
「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


こうなって来ると、ジークに他の巨人を継承してもらわないと分からないような気もしますが!(笑)

さて、今回のジークの説明からさらに気になったのは、以前にも考察した地鳴らしの主導権についてです。

今一度「地鳴らし」について考察してみましょう!

◆地鳴らし実験の主導権はエレンにある?

2018-08-08_060030
「進撃の巨人」第108話「正論」より


これまでにも109話考察!シガンシナ区の全住民強制退去命令から「地鳴らし」展開を妄想!にて考察しましたが、「地鳴らし」を発動した際の主導権がエレンとジークのどちらにあるのかは、非常に重要なポイントとなります。

「巨人を操る」という意味では、今回のジークの無垢の巨人を操るシステムと似た力の作用により「地鳴らし」は発動するのでは、と察せられます。

となると、こんな感じで発動するのかなと思われますね!
2018-10-19_052714
この「獣の巨人」という部分が「始祖の巨人」になるのかなと思われます。

そして「ジークの脊髄液を摂取したユミルの民」は「壁の巨人」という事になるでしょう!

ということは、「獣の巨人」を介しているから俺の命令を聞く、というジークの説明からすると、「始祖の巨人」を有しているのはエレンなので「地鳴らし実験」での壁の巨人は、エレンの命令を聞くようになるのでしょうか?
2018-10-19_072919
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


そういう事になりそうですよね!

ただ、王家血統者が命令したら、そちらの方が優位な気もしますが…(・_・;)

この辺りも、実際にエレンとジークが接触して座標発動場面を見なければ分からないように感じですよ!

どちらが主導権を握るかは、これまではジークが握るのではと思っていましたが、今回の考察で五分五分な気がしてきました(;´Д`)

さて、今回の考察で「座標」は力の送り先ということが分かりました!

この考察を踏まえて見返すと、この時のライナーは「始祖の、座標に影響を与える力」が、最悪の奴の手に渡っちまったと言っていた事になりそうです!
0a00609e
「進撃の巨人」第50話「叫び」より


今後も「座標」という単語が出てきたら、この考察を要チェックですね!\(^o^)/

111話あらすじ!
110話考察!タイトル「偽り者」の意味を考察!
110話考察!エレンは操られている?ジークガスから検証!
110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!


Sponsored Link

32 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ジークの道と座標から地鳴らし実験を検証!”

  1. 二度目の投稿投稿 より:

    こんにちは。団長。
    座標については私も団長と同じイメージでした。
    当初は明らかに交差点のイメージで、座標=始祖の力と思ってました。
    趣旨変えなのか、別の意味なのか。。わかりませんね。
    ところで、叫びの力ですが、93話のコルトの台詞の「王家筋でもないのに」にはわざとらしさを感じ、24巻95話「嘘つき」でマガド達が巨人の力を評する時に、「驚異の子の奇跡」と評してます。
    これらから、叫びの力はジークの力であり、薄々はジーク(またはイェーガー家)が王家筋と気付かれてたのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      ジークが王家血統であることがどこまで知られているのかは謎ですよね。
      マガト隊長やピークには気付かれているのかなと感じますよ!



      管理人アース

  2. 馬来熊 より:

    巨人の力の真価を引き出す
    「知性巨人が本来持つ固有の能力フルに使いこなせる」という意味であれば、無垢を操るのが獣の巨人の能力と思えてくるのですがこの場合「巨人の力」は主力殺戮として運用されている無垢巨人のことでしょう
    元々マーレでも獣の能力にはそんなに期待してなさそうでしたし

    しかし僕は獣の巨人を継ぐのはダイナと思っているので
    そうなると次世代でもハッキリしなくなりますね

    • 管理人アース より:

      獣の巨人が継承するのが誰なのか気になりますよね❗
      ヒストリアの間違いでしょうか?



      管理人アース

      • 馬来熊 より:

        いえこのまま順当にヒストリア… となる前になにか一波乱ありそう
        その波乱起こしそうなのはジークですし、彼が本心を見せる数少ないシーンで「エレンを救う」と言っています
        ジークにとってはあんな親でも母親ですし、助ける方法があるなら助けるのでは…
        と思いましたが、いくら母親でもジークの中でグリシャの共犯扱いになってそうだしなぁ……
        エレンもダイナを助けると知ったらどう出るかわからないし…

        しかしエレンが座標値発動したときの様子を見るにダイナ巨人がギリギリで生きててもおかしくなさそうに思えるのですよ。

        • 管理人アース より:

          ダイナ巨人が生存という展開からの予想だったのですね!
          なるほどです!
          ただ巨人は全て駆逐されていると思われるので…
          でもあったら熱いですね!



          管理人アース

          • 馬来熊 より:

            そこでシガンシナ決戦の時車力に載せてた荷物ですよ
            座標発動で襲われてるライナーたちを助けたジーク、同じく難を逃れたダイナ巨人を回収してあの中に……

            いやでも今思えば裏切りの計画を知らなかったピークに運ばせてたくらいだから、中身をマーレに隠しておきたいものではなさそう……
            何なんでしょう

          • 管理人アース より:

            ダイナ巨人を襲った巨人はおそらく野良巨人かなと。
            ジークの脊髄液巨人ではないと思うんですよね。ダイナ巨人のように。
            なのでジークは操れなかったのではと。

            ピークの荷物は気になりますよね。
            やはりマーレから連れてきた巨人化用のユミルの民なのかなぁ。



            管理人アース

  3. 青ねこ より:

     現時点では「座標」と「道」に焦点が当てられていますが、肝心なところがまだ。ユミルから各巨人に分けられた能力(と分けられた理由)です。
     そもそも、何で1体だけ「猿」なんでしょうう??? その異種の巨人を王家血統ジークが継いだことで生じる反則破り的な能力がこれからの鍵かと。これは三体の巨人を保持しているエレンにも言えることですが。
     もっとも、物語としてはこれらは反則でなく、物語の帰結として考えれば当然のことかもしれませんが。

    • 管理人アース より:

      獣の容姿だけ異様な理由は気になりますが、マーレ軍が普通に受け入れていたので代々そうなのかなと思っております。



      管理人アース

  4. おおぞらバード より:

    簡単に言うとー
    先ず、ジークの脊髄液の摂取で、ユミルの
    民が ターゲット・ロックオンされる。
    そこに向かって、「道」というアンカーが、
    獣の巨人の発射口から打ち込まれる。
    そのアンカーを伝って、巨人の力が送られ、
    獣の巨人の命令が伝わる といった仕組みか
    と思います。

    ただ問題なのは、巨人の力の “供給源” が
    どこなのかです。
    獣の巨人は、供給源からの “中継点”に過ぎ
    ないと思うのです。
    もしかすると、供給源は 始祖が握っていて、
    その巨人の力の源を「座標」と呼ぶのでは
    ないか。

    だが、始祖一人に そんな莫大な力が備わって
    いるのか? その力には、大地の悪魔が絡んで
    いるのではと思います。

    • 管理人アース より:

      管理人アースも大地の悪魔が有機物の起源かなと思っております。



      管理人アース

  5. つゆり より:

    いつも拝見させていただいております。

    個人的な座標の考え方ですが、まず座標には始祖の座標や獣の座標などの種類があり、ほぼ全ての人類(ユミルの民?)に産まれた時から始祖の座標が埋め込まれていると考えてます。
    それによりその始祖の座標へ道を通して記憶改竄をする事が可能なのではと(アッカーマン等一部の種族はその座標が無いため改竄できない)
    そして、巨人化注射薬はその座標に物理的に巨人の力をおくるのではないかと。

    ジークの場合は獣の座標を対象に追加し、自ら操れる道を繋いで操った物で、この自分の座標を誰かに付与したり自由に操れるのが王家の血だけなのかなと思ってます。

    ちなみに女型の能力は、無垢の巨人の中の始祖の座標に呼びかけて集められる能力と考えれば命令できないのも納得できるかなー。

    長々とまとまってない文章ですみません。

    • 管理人アース より:

      面白いです!
      ユミルの民の定義が座標があるのかどうかになりそうですね!
      素晴らしい考察、ありがとうございます!




      管理人アース

  6. ヒョウ より:

    「座標」と言う言い方をするとどこかに原点があるはずなんですが、それが始祖なんではないかな、と思っています。
    そして9つの巨人が何故9と言う数字なのか疑問でしたが
    、始祖(原点)と8方向(方角)を示すのではないかと思っています。
    仮に獣を北とするならば、脊髄液を注射された者は北をインプットされた感じで獣の眷属になる感じかな、と。

    個人的には獣以外も王家の血があれば無垢の巨人を操れると考えてます。

    • 管理人アース より:

      原点が始祖なのか大地の悪魔なのか有機物の起源なのか…
      まだまだ謎は残っていそうです!



      管理人アース

  7. 次列三・伝達 より:

    団長、考察記事ありがとうございます☆

    いや〜分かりやすい!

    王家の血が巨人の真価を発揮するのを物語の流れから「始祖の巨人だけ」と勘違いしていたのを発見させられました!!

    この事実は本当にデカイ!
    感服デス☆

    ヒョウさんの「原点・方角」にも分かりやすくて感服してしまいました☆

    …となると、ラガコ村の住民がジーク(獣の巨人)に巨人化された情報は、本来ならエレン(始祖の巨人)の座標(交差点)を通っていた事になり、本来ならエレンは知らなければならなかった情報です。

    しかしエレンはその事実に気付いていませんでした。

    これはおそらく「王家の血」を持たない為、「始祖の巨人の真価」を発揮出来ていなかったと見れます。

    その後、現在のエレンは達観している描写が多々ある為、王家の血統では無いが始祖の巨人の練度が上がり道にアクセスし易くなりユミルの民の過去現在を少しだけ見れているのかなと思います。

    となると即ち、脱獄したエレンはジークの情報がある程度見えており、パラディ島各所に点在する「巨大樹の森」の中からジークのいる場所を【特定】しようと
    しているのかなと推測出来ます☆

    となると同じ座標と道を通じ、他方角のアルミン(超大型巨人)の情報も知っており、調査兵団とエレンを会わせないとザックレー総統に結論させたエレン派の工作や、それに伴うザックレー暗殺もエレンの仕業なのかなと思ってしまいます。

    ならばパラディ島に潜伏しているピーク(車力の巨人)等マーレ軍の動向と、ジークの思惑をもエレンだけは知っているのでは無いでしょうか?

    まあその様な始祖の巨人がチートな展開なら話が出来過ぎてしまいますけどね。

    でも団長や皆さんの考察からはエレンだけは始祖の巨人の力により何かしら情報を得ていると思います☆

    • 管理人アース より:

      エレンが始祖の力を少しでも発揮できるようになって来ていたとしたら、かなりの展開が待っていそうですよね!
      …波乱が起こりそう(・_・;)



      管理人アース

  8. おおぞらバード より:

    そもそも 始祖ユミル・フリッツが
    大地の悪魔と契約を結んだ時点で、
    始祖の巨人は 大きなリスクを背負わ
    されていると思います。

    例えば、巨人の力は どこから来るのか?
    数多の巨人が発生する場合、「道」を
    通って 莫大なエネルギーが必要となり
    ます。
    始祖の巨人が いくら超絶した能力を持つ
    としても、まかないきれないエネルギーが
    要るはずです。
    ので、そのエネルギーの大部分は、大地の
    悪魔がまかなっていると思います。

    だがしかし、それはタダではないはずです。
    “契約” という以上は、必ずその見返りが
    求められるのです。
    始祖は 大地の悪魔へ、巨人の力の見返りを
    返さなければならない。 始祖の巨人は、
    絶えずリスキーな立場にあると感じます。

    エレンは 巨人の力を使うほど、大地の悪魔
    から命を削り取られ、このままだと 本当に
    燃え尽きてしまうかもしれません。

    • 管理人アース より:

      13年寿命のユミルの呪いがそうなのかもしれないですね!



      管理人アース

      • おおぞらバード より:

        “不戦の契り” の真の意味とは、
        巨人の力を捨て去り、大地の
        悪魔の契約から離れようとした
        とも思えます。

  9. アニメ半年待てない より:

    アースさんの考察、毎回楽しみにしています。
    座標の表現について、とても分かりやすと思います。

    気になったのは巨人化したジークにエレンが触れて地ならしを命令した場合、どちらが主導権を握るかです。
    私のイメージでは、始祖=全ての巨人の座標を持つ電話帳、王家=知っている座標に命令を下す電話機です。
    フリーダのような始祖+王家の場合、電話帳と電話機があるため、自由にさせないように初代王は不戦の契りで制限をかけました。
    今のジークは電話機能を持っていますが、始祖の電話帳は取り込めず、脊髄液ガスで吸った人間のみ座標(電話番号)が分かるので命令(電話)できます。

    エレンと巨人ジークが触れるとお互いが電話帳と電話機能を共有することになります。
    触れている間はどちらもあらゆる巨人に命令できますが、命令することに慣れていて電話帳を切り離しても記憶できそうなのはジークです。
    巨人ダイナの場面と同じく、エレン側が王家の接触をやめると電話機がないので数分で効果は消えます。
    しかしジーク側は始祖の電話帳を一部記憶できれば後からいつでも命令を上書きできると考えます。
    地ならしに必要な巨人のみメモ取りできれば形勢逆転できるので、エレンすら裏切る可能性があります。

    つまりエレンジーク接触による地ならし作戦はジーク有利と予測します。
    この予測が正しければ、シガンシナ奪還でエレンが獣の巨人に触れていたら大変なことになっていたかもしれません。

    • 管理人アース より:

      >始祖=全ての巨人の座標を持つ電話帳、王家=知っている座標に命令を下す電話機
      これ、分かりやすい喩えですね!
      ジークが一度電話帳を持てば、たしかに電話なれしているジークが有利そうなイメージです!

      >シガンシナ奪還でエレンが獣の巨人に触れていたら
      リヴァイ兵長のおかげですよね!
      この時ジークはリヴァイ兵長がアッカーマンと気付いていたので、急ぎエレンに触れて座標発動できても操れないから逃げたのかなとか思っています。
      兵長は何度パラディを救っているのだろう(*^^*)



      管理人アース

  10. 耳鳥さい より:

    「座標」=「力の送り先」という意味だとすると、

    88話のクルーガーの台詞
    「すべてのユミルの民はその座標(始祖の巨人)へと繋がっている」と矛盾する気がします。
    ユミルの民から始祖の巨人へと力が送られるというような意味合いになってしまうからです。

    今回のジークの言った座標の意味と、今までの座標の意味を、包摂するように考えると情報が行き交う線(道)の両端の「点」といった意味に近いような気がします。

    座標とは「道という線の両端の点」を表す言葉

    つまり、情報や力を送る側の始祖の巨人も座標(点)

    送られる側のユミルの民も座標ということですね。

    • 管理人アース より:

      >送る側の始祖の巨人も座標(点)、送られる側のユミルの民も座標ということですね。
      なるほど!
      発信側、受信側も「座標」と表現するのかもですね!



      管理人アース

      • 耳鳥さい より:

        追記です。

        読み返して確認したところ
        座標=点(道という線の両端)
        で今まで出てきた座標の言葉はだいたい違和感なく置き換えられました。

        ただ、ライナーの台詞
        「よりによって、座標が最悪の奴の手に渡っちまった」
        の「座標」は「座標の力」の省略だと思われるので、座標の力の意味もそこから考えてみました。

        座標の力=ユミルの民(点)と始祖の巨人(点)を結ぶ道(線)を利用できる能力(指示、力、情報のやりとり)

        この力は、王家の血との関連が必須のようですね。
        王家はチートすぎる気もしますが、、

        そういえばミカサは東洋の王家の末裔ですが、「ユミル民の座標の力」に対なるような力は持ってないんですかね?
        もしあるなら、頭痛の伏線となにか関係があるかもと妄想してしまいますね。

  11. 暴食のサシャ より:

    グリシャの言葉が真実なら王家の血を引いた人物が女型の巨人を継承したら凄い巨人になりそうですね。
    女型は不特定の無垢巨人を操れるし、巨人の能力は1通り使えるのでかなり強力になりそうです。
    ジークが女型を継承していたらビジュアル含めて危険でしたね。

    女型の巨人も道を使って無垢の巨人を操ってることになると思うのですが、獣と女型が特殊ということでしょうか?
    私が妄想するに王家の血族だけが道の通行手形を持っている感じで、女型の巨人は座標の大元ユミル・フリッツ巨人をそのまま弱体化させたバージョンのようなので、血を引いてなくても道を通るのは顔パスみたいな感じなのではないでしょうか。
    つまり女型の巨人は巨人能力で、ジークは獣関係なく自身の血の能力で操っているという妄想です。

    地鳴らし発動でかなりの謎が明かされそうで楽しみですよ。

  12. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    図解を用いてのアース団長の考察、皆さんの考察と解釈、楽しく興味深く拝見しております(*^^*)

    ユミルの民は予め座標に相当するものを持っているけれど、1)座標系が備わって初めて座標が明示的に定まり、2)座標が定まるとパス(道、通信路)が設定できて、パスが設定されると情報やエネルギーが伝送される、3)いずれも始祖の巨人の力に拠るけれど、力を起動するのが王家の血である、

    そうした見方を採っておりました。

    すると、座標を同定しパスを設定できるのは、(自ずと)エレンだろうと思っていましたが、

    図解を眺めていたら、ジークの獣の巨人の持つ力が、限定的とはいえ、突然変異的な「第二の始祖の巨人」の力のようにも見えてきて、

    主導権はジークか?と悩ましく思えてきました(^^;

    ジークの巨人が有する能力の及ぶ範囲/程度をどう設定してくるか?に依ってくるので、どうなるか分かりませんが、分からなさを楽しんでおります(*^^*)

  13. 進撃のジョージ・ウェア より:

    考察お疲れさまです。
    独特のピクトグラムかわいいですね(笑)

    座標については、自分も、始祖の巨人についての座標も、獣の巨人についての座標も同じ空間内にあると思ってます。で、XY軸の(0.0)にあるのが始祖で、ここから他の座標を与える力が始祖にはあるのかなと。獣の巨人も空間は限定されるかもですが、道を使う能力については同様の考え方です。

    自分が気になっているのは、ジークの狙いです。彼自身の口からまだ「地ならし」って言葉を聞いてないんですよね。
    しかもキヨミ様には、「王家の血を引く巨人と、始祖の巨人が接触すれば何が起きるのか、マーレは知らない」とすら言っています。
    ヴィリー・タイバーは壇上で地ならしの恐れを訴えましたから、地ならしの件をマーレが知らない訳はない。

    ジークの狙いは、エルディア帝国の復国で間違いはないと思います。しかし、それがどういう形の国なのか、どういう方法で行おうとしているのか、本当に地ならしなのか、これはまだまだナゾだと思います。

    何となくの予感ですが、本当のジークの狙いは別にあったのに、何かしらの行き違いで、地ならしが起きてしまうような展開がある気がしています。
    不謹慎ではありますが、壁の巨人が一斉に動く様子は見てみたい…(笑)

  14. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    この物語で初めて座標と言う言葉を目にした時から、座標の概念が気になり自分なりに色々と調べてきました。
    ・・・しかし、文系出の自分にはまるで理解出来ない世界で、座標の考察はなかば諦めていたんです。

    今回の団長殿や皆様の考察を見て、進撃の世界で言う座標の意味が少しだけ分かったような気がします。
    ジークの言う「獣の巨人を介した道」を持っている事自体が、王家の血を引く巨人のみの特権なんですかね。

    2人が接触する事で全ての道が繋がれば、これまで獣の道経由でしか出来なかった命令がジークでも出せてしまうのかなぁ?
    そうなるとやっぱり条件は五分五分になるのか。

    エレンの指示で壁の外側に向かって進み始めた超大型巨人達がジークの一吠えでクルリと向きを反転・・・。
    なんて展開もありそうですが、これはあまり見たくはない絵ですね。

    • 管理人アース より:

      >「獣の巨人を介した道」を持っている事自体が、王家の血を引く巨人のみの特権
      なるほど!

      >条件は五分五分になるのか。
      同じイメージです!(*^^*)



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ