【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ザックレー死亡は確定か?替え玉説を検証!

110話「偽り者」にて、自らの「芸術」を完成させた特注椅子の爆発により、ザックレー総統が死亡した描写が登場しました。

このザックレー総統が替え玉では?という説が、ネット上でまことしやかに流れています。

ザックレー総統の死亡は確定なのか?

タイトル「偽り者」はザックレーの替え玉を示唆!?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆ザックレー総統の死亡は確定か?

2018-10-10_075643
「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


110話「偽り者」が発表されると、ネット上で良く見かけたのが「ザックレーは死んではいないのでは?」という内容の考察でした。

その理由は、この三点でしょう。

  • ザックレー総統の顔が判別できない描写となっている
  • 遺体の欠損箇所が不自然
  • タイトル「偽り者」

  • たしかに今回のザックレー総統の顔の欠損は大きく、本人と確認ができない程でした。

    ただ、ここから遺体が替え玉という伏線と考えるのは苦しいかなと思われます。

    これまでの描写でも、顔が欠損した遺体の描写は登場しており、パッと思い付くグロス曹長ですね。
    2016-12-08_041815
    「進撃の巨人」第88話「進撃の巨人」より


    グロス曹長は顔から巨人に捕食され、ザックレー総統と同じく顔が大きく欠損された遺体となっていました。

    ザックレー総統もグロス曹長も拷問が好きという性癖だったので、もしかしたら諫山先生はこのような人物達を「顔を欠損させて死亡させる」という気持ちがあるのかもしれませんね!

    この時の遺体はグロス曹長本人ですし、今回も顔の欠損が大きいですが、それでも面影はありますし「替え玉」とは言えないでしょう!

    もちろん全く伏線ではないとは言い切れませんが、顔の欠損の描写は拷問が好きな人物達への因果応報的な意味合いでそのようしているのかなと、管理人アースは捉えているので、逆にザックレー本人かなと思ってしまいますよ!(^^)

    そしてタイトルの「偽り者」がザックレーであり、遺体が替え玉という意味合いではとの考察は、たしかに面白いですよね!

    同じように「偽り者」というタイトルは、これまでにも110話考察!タイトル「偽り者」の意味を考察!にて、当サイトでも考察しています。

    タイトルから「ザックレー総統が偽り者」との考察結果でしたが、「聖書の意味での偽り者」であり、替え玉という意味ではなくエレンが救世主となる展開を示唆しているのでは、と考察しました。

    タイトル「偽り者」は、物語の見方を示唆しているのではと考えたのです。

    遺体の欠損箇所の不自然さも110話考察!タイトル「偽り者」の意味を考察!にて考察しましたが、謎ではありますがおそらく「本人が椅子に座ったのだろう」と予想し、替え玉説は否定しています。

    ここから、管理人アースは遺体はザックレー本人であり、ザックレー総統の死亡は確定していると考えています!

    ただ、コメントでタイトル「偽り者」について、新しい見方が登場しました!

    見てみましょう!
    Sponsored Link

    ◆タイトル「偽り者」は「ギリシャ神話」をしているのか?

    2018-10-09_061048
    「進撃の巨人」第110話「偽り者」より


    ヤイセさんから面白いコメントが登場しました!
    「『偽り者』の言い回しを知らなかった未熟者なので、これ『ギリシャ』って読ませたいのかな?と考えました」

    これ、スゴいですよね!

    たしかに「偽り者」は「ギリシャ」と読めますよ!

    こう考えると「偽り者」を「偽る者」としなかった理由も、「ギリシャ」と読めるようにしたかったのかな、と考えられます。

    ギリシャから連想できるのは「ギリシャ神話」ですよね。

    現在の展開から真っ先に考えられるのは「ギリシャ神話 トロイア」でしょう。

    HOTARUさんもコメントにて
    110話ですがPCウィルスのトロイの木馬とギリシャ神話トロイア戦争のストーリーと似てますね。
    ザックレーが死ぬ前にエレンは操られていると。

    と考察してくれていました。

    もしかしたら、タイトル「偽り者」はギリシャ神話のトロイの木馬を指しており「エレンは操られている」という伏線なのかもしれません!

    今回のタイトル「偽り者」は様々な見方をさせてくれますよね!

    「エレンが救世主展開」
    「イェレナやジーク、ザックレーが偽っている」
    「エレンは操られている」


    スゴいですよ!

    さて、110話タイトル「偽り者」の真の意味は何なのか?

    エレンは操られていないと考えている管理人アースは「イェレナが偽っている」「エレンが救世主という物語の見方もできる」という捉え方をしていますが!

    みなさんはどのように見ていますか?

    この答えを確認するためにも、今後の展開も要チェックですね!\(^o^)/

    111話あらすじ!
    110話「偽り者」あらすじ感想考察!
    110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!
    110話考察!エレンは操られている?ジークガスから検証!


    Sponsored Link

    20 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ザックレー死亡は確定か?替え玉説を検証!”

    1. 進撃のおかん より:

      「ぎりしゃ」!!!!
      一度読んだらそれにしか読めなくなりました!!
      シンプル&ちょっとクスッと来ます(笑)

      ザックレー替え玉説絡みでもうひとつ気になるのは、ザックレーの死に方が派手すぎる点です。
      あそこまで建物が破損してたら遺体は粉々ですよね。建物前に民衆がいるのが分かってる上で、民衆たちに見せつける=新聞や噂などで広めたい、という意図を感じます。
      殺すことだけが目的なら暗殺していたと思います。
      でも暗殺なら隠蔽されてしまう(多分すぐに民衆には報せなかったでしょう)

      替え玉にせよ、本当にザックレーが殺されてたにせよ、「ザックレーが死んだことを直接連絡が取れない誰かに伝えたい」のが目的かな、と思います。

      ザックレーが死んだことで動く誰か。ザックレーの動きは封じたぞ、と伝えたいけど伝えられない誰か(発信者)と誰か(受信者)

      って考えたら、エレンかジークか、海の向こうの誰かか?

      • 管理人アース より:

        クーデターを見せつけたかったのかもですね!
        顕示欲みたいな(;´Д`)



        管理人アース

    2. おおぞらバード より:

      死んだのは替え玉で、ザックレーは
      隠然とパラディ島を陰で操る存在と
      なる。 それが王道パターンですが、
      その王道の斜め上をいく本作なので、
      果たしてどうやら?

      ところで、皆さんは「進撃ロス」
      大丈夫でしょうか?
      私めは、いつもの日曜深夜の楽しみが
      なくなり、ポッカリ穴が開いたような
      心境です。
      でも、その穴埋めではありませんが、
      「下町ロケット」が激面白くて、心を
      熱くしてくれます。
      こういう夢中になれる作品の中に、考察
      のヒントがあるのでは? などと勝手に
      想像しております。

    3. ダダ より:

      団長! 新考察ありがとうございます!

      ここ数話あまりにいろいろありすぎて、半端な妄想ばかりあふれて、脳内ゴミ屋敷状態です。

      エレン一派がふっとばしたのが本当にザックレー総統なら、この先みんなのエレンに対する”やっちまったぜ”感ハンパなくなると思いますが、1コ気になる点が。
      爆破が起こる前に、憲兵が3人ザックレーの部屋にはいっていますが、以前、飛行艇を持ってきたキヨミ様を出迎えたときにも兵が3人、総統の後ろにいました。
      部屋にはいった3人がその時の3人と同一人物かどうか確信もてないのですが、なにか気になります。(ネット上のどこかで既出だったらスミマセン 団長のトコしか観てないので・・)
      他にも、あの椅子をチラ見してアルミカサの視線を誘導したり、暗にエレンを誰かに食わすことをニオわせて「君たちだけに話すんだ」なーんて言っておきながら、くいさがるアルミカサを問答無用でつっぱねる・・なにか思惑があってのことでなきゃホントにただのSです。

      実際にザックレーが死んだとしても、ただボヤッとふっとばされたのではなく、彼は彼なりの正義を仕込んで発動させていると思います。
      実は替え玉使って生きていたとしたら、やっぱり正義を実行するでしょうし。

      今、島にいるみんながみんな、それぞれ自分の正義で動いていて、そこへさらにザックレーの正義もまざってもうメチャクチャ・・というところに行くのではないかと。
      その中で誰かの正義がよかったとなるのか、誰の正義も失敗・・救世主としてエレンの正義がいいみたいだと思わせられながら彼のも失敗・・なんて恐ろしい結末・・それはキツいです!
      妄想暴走失礼しました!

    4. ただのヒィズル国民 より:

      自分もザックレーではなく替え玉説推しです。既出の通り椅子とは反対側の腕無くなっていましたからね。 ここからは、今回の記事とは内容が離れますが、自分はヒッチもエレン派の可能性もあるのではと思いました。アニの見張りもしていたのでフロック達を牢から逃した看守でもあるのではと思いした。そして、ザックレー殺害計画も知っていたかも。ただそこで気になるのがザックレー死亡直後の『何があったの?他に誰がいたの?』です。ですがヒッチは根はいい奴なので標的のザックレー意外に巻き込まれた人はいないのか心配したのでしょう。考察とは言えないですけど、可能性は0ではないかなと思いコメントしました。他に進撃の巨人を話す人がいないのもあるけど(笑) 団長の、変わった性癖の持ち主は顔を大きく損傷して死亡するという文を読みマルコももしや!と思った、ただのヒィズルの区民でした。

      • 管理人アース より:

        ヒッチのエレン派考察は面白いですが、悲しい展開ですね。できたらアルミンとの関係もそのままで…(・_・;)
        マルノも顔欠損でしたね!
        でもマルコは良い子でした!(笑)



        管理人アース

    5. 井筒孝庵 より:

      こんにちは。

      ザックレー総統の配置について言えば、群衆が庁舎を取り囲み、3名の憲兵が状況について何らかの報告の行ったなら、ザックレー総統が窓側に向かい群衆を目視するということは十分にありうるか、と。

      (狙撃を警戒していれば窓際に立ちませんが、であるなら窓際にデスクと席を設けることもなかろうと。)

      むしろ気に止まったのは、110話の最後の場面で、脱出後にフロックからザックレー総統暗殺の報告を受けた時のエレンの表情に何の変化も現れなかったところです。

      (信奉者が勝手に暴走しているなら、行き過ぎに釘の一つでも刺しそうなところ)

      ザックレー総統の爆死はショッキングな事象でしたが、エレンの内部では、或いは今後のエレンの行動においては、もはや意味をなさない事象のようなスルーの仕方であり、これだと実はザックレー総統が生きていた、というのはなさそう。

      (討たれたと見せかけて実は生きていたというのは、主役級のジークが直前に既にやってしまっていることでもあるので。)

      ではまた。

    6. 恥垢種 より:

      アース団長、お疲れさまです。
      私も、ザックレー死亡は確定とみていますが、あの遺体の損傷が変なんですよね。
      まず、顔面の損傷があるということは、ザックレーの前方で爆発した。あと、下半身が無いんですよね。ならば、腰のあたりをベルトで固定してないので、目の前の机が飛んできてきて、背後の壁とぶつかった衝撃で圧壊し、千切れたと見るべきですね。爆発がザックレーの芸術品による爆発とするなら、顔面の損傷はあるとして体の左側の損傷が激しいハズが右側だし、下半身の切断も難しい気がします。となると、爆発物は右前方で机より前にあったとするのが妥当では?となると、前にいるのは憲兵3人くらいでしょ。エレン信奉者は憲兵組織(3人ともではなく、恐らくうち一人)にもいて、自爆テロによる暗殺では?大体、この時代に時限式爆弾がつくれるのでしょうか?導火線くらいあるでしょうけど、バレるでしょ。
      遺体からの妄想でした。

    7. 二度目の投稿投稿 より:

      こんばんは。団長!
      私めは死亡確定派です。
      派手な描写はテロ発生を決定づけ、フロック一派の仲間の命すら犠牲にする過激さを示すもの。他の104期生など、旧兵団が命を大事にする考えとの対比など、今後の島内の混乱の幕開けを示す象徴がザックレーの爆死だと。
      派手な爆死によって、その役割を終えたと。
      これって、ジークが言う所のグリシャ達の緩い復権派に対するジークの真の復権派と似てる気が。。
      そこまでは考え過ぎかもしれませんが、
      今後も誰か死亡するのでは?ひょっとして早々に首謀者のフロック退場もありでは?と感じてます。

    8. つんつん♪ より:

      充分、顔判別出来ると思うのですが、
      それでも替玉説が多いのは「死んで欲しくない」と願うザックレーおじさんの人気もあると思います。
      さすが、ステータスオール11のナイスガイですね♪

      「偽り者」は最初と最後に登場のピークちゃんが意味深だと思っています。
      最初の目のアップは、
      ジークを「疑う偽り者」
      最後は、壁内住民の
      「ふりをしている偽り者」


      タイトル繋りで質問です。
      ( ・ω・)∩シツモーン
      5巻19話「まだ目を見れない」は、どういう意味だと思いますか?
      誰が誰の目を見られないのか、どうにも腑に落ちないのです。
      今更な質問で申し訳ありません。
      m(__)m
      お忙しければ団長権限で無視して下さいませ。
      m(__)m

    9. つんつん♪ より:

      アース団長

      やはりそうですよね。
      でも何かしっくり来なくて、裏の意味が在るのかなと質問してしまいました。
      お忙しい所、ありがとうございました。
      m(__)m

    10. リヴァイ大好き より:

      こんにちわ。

      わたし的には、新約聖書の世界かな。詳しくないですけど。

      使徒たちを連れて信仰を広める救世主と、信仰の理解が浅く自分達の利益に反するとみなすや否や、救世主を処刑しろと騒ぐ群衆。

      審判の場で、イエスに、ピラトが、救世主かと問い、イエスは違うと答えたと思いますが、エレンも自分を人々全部を助ける救世主にはなれないと考えているのではないかと思っているんじゃないかと。

      エレンをついついイエスに当てはめちゃう自分としては、エレンは自分の正義を貫きたい(イエスは信仰)だけで、そのためのある程度の犠牲はやむなしと考えているのではないかと。

      イエスの死後に雨が降り、その雨に当たった人たちも病気が治り(確か)、初めてイエスが特別な存在だったと気づかされますが、それが、エレンの場合は、エルディア人の道からの解放に繋がる(巨人化しなくなる)んじゃないかなーなんて、妄想しています。

      お腹すいているので取り留めのない文章になりましたが、結論としては、

      エレンはエルディア人が巨人化する根本を無くすために動いているのじゃないかと考えている。でした。

      あれ?またお題から離れちゃったかな?

      • 管理人アース より:

        エレンとイエスのイメージが重なるのは同感ですよ!
        救世主というワードから、そうなりますよね。
        今後のエレンの展開が気になりますよ!



        管理人アース

    11. 巴里の恋人 より:

      団長殿、いつも更新お疲れ様です。

      10/13日分の記事で総統の右半身が吹き飛んでいるのに、見当違いのコメを投稿してしまい大変失礼致しました。
      改めて団長殿や皆様の考察を拝見しましたが、やっぱり総統の死は確定で良いのではと自分も思います。

      亡骸の不自然な破損状況やミカサ達が廊下ですれ違った憲兵達の動き等々。
      なにかの伏線を匂わせているのかもと考えてしまいますが、偽装工作までして総統を隠すメリットがあるのかとは思いますね。

      もし仮にあるとすれば憲兵団の仕業だと思いますが、さすがに「ザックレーが一連の騒動の黒幕でした」的な展開は無いでしょう。
      もう既に読者は総統の裏の顔を知っているわけだし。

      その一方で気になるのがヒストリアの今後です。
      エレンが脱走した事でローグの正論発言が兵団内で再燃&加速するような気がするんです。

      エレンとジークが落ち合う前にヒストリアの身柄を拘束し、獣の巨人を継承させてしまおうと言う動きが起きるかもしれません。
      民衆が蜂起して壁の中が無政府状態に陥る事を考えれば、ヒストリア擁護派だったナイルも考え方を改めざるを得ないはず。

      エレンやライナー達だけでなく憲兵団も巻き込んでのヒストリア争奪戦・・・。
      この窮地からヒストリアを救出してくれるのはピクシスだと信じたいですが、イェレナの件もあるのでどうなるか先行きは不透明ですね。

    12. ZAKU より:

      アース団長さま
      お疲れ様です!

      ザックレー総統の欠損部と爆発の場面から爆発物の位置と起爆方法について想像してみました

      不自然なのは
      下半身がちぎれるほどの衝撃を受けた割には、上半身の制服は、原形をとどめている事です

      ミカサとアルミンがいたとき、ザックレー総統は両腕を机の上に上げて話をしていました

      この体勢で机の下で爆発しても、下半身が吹き飛ぶだけで、
      右手と顔が吹き飛ぶ事にはならないでしょう

      なぜ下半身だけでなく、右手と顔も吹き飛んだのかというと、爆発は二段階で、まず小規模な爆弾が机中央の引き出しにセットされていて、その引き出しを開けたときに起爆する仕組みになっており、ザックレー総統が右手を机の上に上げたまま、左手で引き出しを開けて、覗きこんだ瞬間に爆発したと予想します!

      その小規模な爆発が起爆材となって机の両袖の引き出しにセットされていた大量の爆弾が爆発して、下半身が吹き飛んだと思います。

      これらの爆弾は、拷問椅子の中に仕込んでザックレー総統の部屋に持ち込み、その後、机の引き出しにセットされたと思います。

      ミカサが扉が吹き飛ぶ爆発の直前にゾワッっと感付けたのは、最初の机中央の引き出しを開けた時の、小規模な爆発音に反応したのではと予想します。

      ミカサとアルミンが出て行った後に入って行った新兵たちの役割は、ザックレー総統に引き出しを開けさせる事だったと思われます。

      エレン擁護派の市民を扇動するため、暗殺ではなく、センセーショナルにザックレー総統を殺害したかったのでしょう。

      • 管理人アース より:

        >ミカサが扉が吹き飛ぶ爆発の直前にゾワッっと感付けたのは、最初の机中央の引き出しを開けた時の、小規模な爆発音に反応
        面白い考察ですね!
        爆弾が2段階という予想は、素晴らしいですよ!
        しかし、やはりあの憲兵達は怪しいですね(・_・;)



        管理人アース

    13. にこ より:

      偽り物をギリシャと読むのって面白いですね。
      諌山先生はクリスチャンなのかな?
      ギリシャとグリシャ似ている。
      エレンとエデン似ている。
      カルラとカルマ似ている。
      ダイナはガイア似ている。

      • 管理人アース より:

        面白いです!
        諫山先生がクリスチャンという考察はスゴいですよ!



        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ