【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ガビとファルコの血統から予想!ライナー従兄妹とグライス甥回収は?

ライナーとイトコという関係のガビ。

グライスの甥というファルコ。

この二人には、110話時点では回収されていないと感じられるこのような伏線がはられています。

ジークやヒストリアの「王家血統」や東洋の一族、アッカーマン家など、血統を重視する展開が続く「進撃の巨人」において、これらの血統伏線も見逃せないのではないかと思われます。

ガビとファルコの血統伏線は、どのように回収されるのでしょうか?

それとも既に回収されている!?

予想してみましょう!

Sponsored Link

◆ガビとファルコの血統をおさらい!

2018-04-16_082805
「進撃の巨人」第104話「勝者」より


まずは、ガビとファルコの血統を今一度おさらいしましょう!

ガビはライナーの従兄妹(いとこ)となっています。

94話「壁の中の少年」あらすじ感想考察!の考察部分でも取り上げていますが、ガビの父親が「我が甥」とライナーを呼んでいる場面と
2017-06-08_040355
「進撃の巨人」第94話「壁の中の少年」より


104話「勝者」あらすじ感想考察!でのマガト隊長の「ブラウン」発言から、ガビの姓がブラウンである事が確定しており、ガビとライナーの関係が従兄妹であることは間違いと考えられます。
2018-04-07_204633
「進撃の巨人」第104話「勝者」より


次にファルコの血統ですが、93話にて「グライス」である事が判明し、エルディア復権派のグライスの血統であることが察せられました。
2017-05-08_042920
「進撃の巨人」第93話「闇夜の列車」より


その後、98話にてグリシャ父によりファルコが復権派グライスの甥であることが確定します。
2018-10-30_053519
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


ここから復権派グライスが、ファルコの父親の兄弟がであったことが察せられますね!

このように、「ガビはライナーの従兄妹」「ファルコは復権派グライスの甥」という関係であると確定されています。

これって結構な伏線ですよね!

ガビとライナーの関係はかなり大きな伏線に感じられますが、ファルコのグライス甥という設定も見逃せません。

どのような意味があるのでしょうか?

まずは、ファルコのグライス甥設定を見て行きましょう!

グライスはグライスの経歴プロフィールまとめ!でもまとめていますが、グリシャを復権派に入れた人物で、最後は無垢の巨人に追われ退場しています。
2016-11-08_034730
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


そのためグライス家の血統であるファルコ一家は関与を否定するために、兄コルトとファルコは戦士候補生に志願したと98話にてグリシャ父から説明がされています。
2018-10-30_060237
「進撃の巨人」第98話「よかったな」より


つまりは、今のところ明らかになっているファルコのグライス家甥設定は「戦士候補生に志願するための伏線」という事になります。

たしかにファルコは、自分から戦士候補生に志願するようなタイプではないでしょう。

そのファルコを戦士候補生という設定にするために、グライスの甥という設定にしたと言うのも筋は通るかもです。

ただ、それだけの為にグリシャを復権派に入れたというけっこう重要な人物グライスの甥にする理由としては弱い気がするんですよね。

他の戦士候補生であるガビやウドやゾフィアにはそのような理由が登場していませんが、戦士候補生になっていますし。

それにその理由だけでグライス甥という伏線を張るのであれば、同じく兄弟揃って戦士候補生となっているマルセルとポルコにも同じように大きな伏線が貼られるのではと察せられます。

今のところ登場していませんし、今後も登場しないように感じますが。

ここから、ファルコのグライス家血統伏線がまだ回収されていないと考えられ、これから回収される展開が登場するのだろうと思われます!

次にガビのライナーと従兄妹設定を見て行きましょう!

ガビのライナー従兄妹設定からは、これまでに「血の繋がりが巨人の記憶継承に影響する」という展開が登場しています。
2017-07-06_040323
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


これによりガビが鎧の巨人継承に執着するという展開が生まれており、そのための「ライナー従兄妹設定」なのかなとも感じられますが、これも「それだけの為ではないのでは」と、管理人アースは感じます。

実際ガビの鎧の巨人の継承にこだわる気持ちは恋心によるものでしょうし、それはファルコが見せる嫉妬からも察せられます。

これまでの鎧の巨人継承にこだわるガビの設定のためもあるでしょうが、ガビとライナーの従兄妹設定は、その為だけではないでしょう!

ここまでの考察から、「ファルコのグライス甥設定」と「ガビのライナー従兄妹設定」が、まだ未回収であると分かりました!

ここからさらに考察を進めていきましょう!

◆それぞれの回収展開を予想!

2018-09-07_050417
「進撃の巨人」第109話「導く者」より


まだ未回収である「ファルコのグライス甥」と「ガビのライナー従兄妹」伏線から、どのような回収展開が予想できるでしょうか?

それぞれ予想をしてみましょう!

「ファルコのグライス甥」伏線からは、やはりエレンとファルコの再接触展開が予想できますよね。

エレンが継承している「進撃の巨人」の前継承者グリシャ、前前継承者クルーガーもグライスの事は知っています。

特にグリシャがエルディア復権派に入るキッカケを作った人物が、グライスです。

ここは、非常に大きなファクターですよね!

ファルコがその甥であるとエレンが知る展開から、エレンの中のグリシャが起き出し・・・みたいな展開が起こるのではと予想します!

特に気になっているのは、グライスがグリシャに裏切られた感じで最後を迎えている事です。
2016-11-08_034730
「進撃の巨人」第87話「境界線」より


そしてファルコもエレンに騙され利用されている点です。
2018-10-31_072728
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


この対比には何か意味があるのでしょうか?

この辺りからも、ファルコの血統伏線にはエレンが絡んで展開が起こるのは間違いないように感じますよね!

次に「ガビのライナー従兄妹」伏線を見てみましょう!
2018-10-31_073146
「進撃の巨人」第95話「嘘つき」より


これはこのままだとガビが鎧の巨人継承に拘る理由付けだけの伏線になってしまいます。

それ以上の展開となると、実際にガビがライナーから鎧の巨人を継承する!?という予想ができますが…

管理人アース的には、これは無いかなと思っております。

どちらかと言うと、ライナーとガビの距離を近くする為の設定のように感じるので、やはりサシャを殺したのがガビだったとライナーが知った時のショックを大きくするためかなとも思いますが…
2018-05-08_051202
「進撃の巨人」第105話「凶弾」より


これ以上はちょっと思いつかないですね!

ただ、諫山先生の展開は斜め上を越えていくので、ライナーとガビの従兄妹伏線の回収は意外な所からあるのかなと思われます!

ファルコのグライス血統からエレンの中のグリシャとクルーガー展開が予想でき、ガビのライナー従兄妹伏線からは、ライナーがサシャ死亡を知る展開を予想できました!

「この為だったか!!」とガツンと来る回収が楽しみですよ!\(^o^)/

ハリウッド版実写映画化決定!監督は『IT/イット』なアンディ・ムスキエティ氏!
110話考察!アルアニ展開を検証!ベルトルトの気持ちが反映か?
110話考察!タイトル「偽り者」の意味を考察!
110話考察!イェレナがクルーガーの娘からエレンとの会話を予想!


Sponsored Link

17 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ110話考察!ガビとファルコの血統から予想!ライナー従兄妹とグライス甥回収は?”

  1. ただのヒィズル国民 より:

    おはようございます。単純にマーレへ潔白を示すためだとすればコルトだけでも良さそうですし、弟思いのコルトならファルコに『おまえは戦士にならなくて良いんだぞ』と言うだろうと思いました。なので、ファルコ自身に大きな意志があると感じます。

  2. ただのヒィズル国民 より:

    追記          ガビを守るために鎧の巨人の継承を目指したり、気の弱いファルコにも大きな意志をもつという面もあるから、戦士に志願したのはファルコ自身に大きな目標があるからという理由でもおかしくないかなと思いました。

    • 管理人アース より:

      なるほどですね!
      ファルコが戦士候補生に志願した事と血統は関係ないのかもですね!



      管理人アース

  3. PANDA より:

    新考察ありがとうございます。
    次から次へとネタは尽きないものなのですね。

    私はグライス兄弟は
    兄弟愛に、涙…
    だけでなく、
    コルトの方に何かが
    隠されている気がします。
    例えば、グライス叔父の
    生前の日記を見つけ、
    ジークが王家の血筋と
    知っていた…とか。

    もうすぐ別マガ発売日ですね。
    楽しみです(*´ω`*)

    • 管理人アース より:

      ネタは尽きないですね(笑)
      考察記事にするほどでもない、と言っては変ですがそういうテーマのネタを入れたらスゴくあります。
      記事にするのは難しいなと思っているネタだと「アニメでの始まりの場所」とか。
      あまりにも妄想範囲が広すぎて却下しています。
      もうすぐ発売日ですね!
      この時期はゾクゾクそわそわしちゃいます(笑)



      管理人アース

      • PANDA より:

        なにそれ面白そう!
        是非記事にしてください
        「始まりの場所」
        ついでに、いつになるかは分からないけど
        映画の方の
        「始まりの場所」
        とで3つ比べるのも面白そうですね
        もちろんハリウッドの方で
        (苦笑)

        ゾワゾワワクワクが
        止まらない気持ちわかります。
        そして進撃は、
        こちらが期待し過ぎても
        それをかるーく超えていくのでこちらの期待値もとどまれませんよね(笑)

        はやく発売日になれー

        • 管理人アース より:

          アニメのみのロッドのセリフ「始まりの場所」
          あのレイス領礼拝堂地下の事だと思われますが、これだけで予想は難しいです(・_・;)
          145代フリッツ王の始祖の力で作ったであろう、地下…
          何が始まったのか?
          また何か思い付いたら記事にします!\(^o^)/



          管理人アース

  4. 次列三・伝達 より:

    団長、新考察記事ありがとうございます☆

    マーレ編からパラディ島凱旋編までが複線が多重に散りばめられており、ガビファルコの血統は頭から抜けていました!

    ガビファルコの存在意義はライナー延命と名場面になるであろうライナー死亡の場面への複線かなと思っています。

    ライナーは小さい頃からマーレの教育と母カリナによる洗脳により模範的な非マーレエルディア人として人格が形成されました。
    パラディ島急襲作戦でもマーレの思想そのままで挑んでいました。

    マルセルからの事実の告白とユミル巨人によるマルセル捕食やその後の葛藤により人格にヒビが入ります。

    以降、兵士として暮らす内に兵士と戦士の狭間に揺れ人格分裂を起こしてしまいました。
    マーレ帰還後は自殺しようとする程、人格崩壊を期していました。

    自殺を思い留める時のガビファルコへの「俺にはまだあいつらが…」の想いは鎧の巨人を継承する為だけの想いしか無かったと思います。

    鎧継承の責任以外に生きる目的が無かった為、エレンと祭場地下で再会した後はファルコを守る為だけの未完成の巨人化しかせず、また、生きる意思も無いので回復しなかったのだと思います。
    その後のガビファルコの叫びにも鎧化をしていない巨人化でポルコを助けていました。

    未完成の巨人化や回復拒否、鎧解除の巨人化は、生きる意思が無い=そのまま捕食されれば鎧継承問題もクリア出来ると考えていたのでは無いのでしょうか。

    エルディア国撤退後、ガビファルコがパラディ島に渡った事を知り、ここで初めてガビファルコへの本当の想いが起こされたと思います。

    ガビはイトコであり、かつての自分に重なるマーレ思想の持ち主。
    自分自身が鎧でブラウン家は既に名誉マーレ人である為、ガビには普通の生活をして欲しい。
    かと言ってそのままガビに話せばジーク隊長の過去と同じ様に密告されてしまう。

    ファルコはそんなガビを好きでいてくれて、環境的に戦士候補生にならざるを得ない今の自分と同じ気持ち。
    エレンに利用された為、マーレ帰還後はファルコ自身やグライス家が危険な状態である。

    ライナーの再パラディ島急襲発案は、ガビとファルコを命もその後の生活も守る為では無いでしょうか?

    ガビファルコの身の安全を保障しながら異国の地でファルコに鎧継承ならマーレも認めざるを得ずガビも安泰です。

    マーレ急襲時にいつエレンに捕食されても良いように二度も不完全な巨人化をしており、捕食される事への抵抗は無いでしょう。

    エレンがグリシャとクルーガーの意志に感化されファルコへ贖罪の継承もあるかも知れません。

    もしかしてファルコが全ての巨人継承を達成してしまうかも知れませんね☆

    • 管理人アース より:

      ファルコがマーレ側の主人公格だと思われるので、彼を中心にマーレ展開は終結するかもですね。
      巨人継承展開があるのか…
      展開が読めませんね!



      管理人アース

  5. 進撃まだむ より:

    ガビはライナーから聞いた 芋で教官を買収しようとした”悪党”の話をニコロのレストランで、もしかしたらコニーあたりとカヤの会話からも聞くのではないかと。。。サシャの存在性を。
    そして島に入ったライナーはサシャがガビによって亡くなった事、ベルトルトはコゲミンに喰われた事を知るんだろうな。

    ファルコはかつて叔父がきっかけで復権派となったグリシャが始祖を引き継ぐエレンとジークの父だった事に何を感じるのか?

    際限ない世界にそれぞれの思いが交わりそれこそ座標ではないかと感じる。

    そして、物語も全員参加で佳境に入り見逃せないです!

    • 管理人アース より:

      >際限ない世界にそれぞれの思いが交わりそれこそ座標ではないか
      上手い表現ですし、本当にそう感じますよ!
      進撃の座標とは、それぞれの思いなのかもしれませんね!
      それらをキチンと丁寧に描かれる諫山先生こそ始祖なのではと!
      最後の最後まで追いかけたいです!\(^o^)/



      管理人アース

  6. おおぞらバード より:

    もしかすると、グライスとライナー母は
    顔見知りであり、ライナー母は かつて
    エルディア復権派だった。
    ところが、マーレからの厳しい取り調べ
    とか、仲間の裏切りなどに遭い、必要
    以上に パラディ島を恨むようになって
    しまったのではないか。
    マーレ人を夫に持ったのもそれ故か。

    ライナー母は 元エルディア復権派で、
    グライスと知り合いだった。
    それが知らされ、ガビとファルコの
    関係にも大きな変化が現れる。
    これは 結構ガツンと来るのでは?

    • 管理人アース より:

      カリナにもまだ何かありそうですよね!
      カリナとグライスが繋がると、カリナの姪であるガビにはたしかに大きな影響がありそうです!
      面白いですね!\(^o^)/



      管理人アース

  7. 井筒孝庵 より:

    こんばんは。

    今回の「対比」も、落とし所(伏線の回収)として、興味が尽きませんし、アース団長の考察/ご指摘、おおいに的を射ているものと感服(*^^*)


    ファルコはマーレ編の起点でもあり、注目すべきもう一人の主人公っす。自分の場合、ミカサとリヴァイ、イェレナに感情移入してしまっておりますが(^-^ゞ

    (言い替えると、ライナーとガビを媒介に、ファルコの物語の発展が楽しみ(*^^*) )

    先代の、裏切りを巡るイェーガーとグライスの行き違いは、局面の展開を通じて
    次世代のエレンとファルコの相互理解へと昇華(止揚)されるものと確信しますが、どういう状況を通じてそうなるのか、超楽しみです(*^^*) ← さっぱり見当がつかない状態(^^;

    • 管理人アース より:

      >次世代のエレンとファルコの相互理解へと昇華(止揚)されるもの
      これ、良いですね!
      どちらかと言うと悪い方へ走っているように見えるエレンに、正しきファルコが良い影響を与えるような展開になりそうな気配もありますよね。
      この時点で主人公はファルコのような(笑)
      エレンとファルコの再邂逅展開が楽しみですよ!(*^^*)



      管理人アース

  8. 巴里の恋人 より:

    団長殿、いつも更新お疲れ様です。

    確かにライナーとガビ、グライスとファルコの関係は血縁者だと言う事だけが先行していて、今のところこれと言った決定打は出ていないような気がします。
    団長殿や皆様の素晴らしい考察を見て、これ以上考察の余地は無いかなとも思いますが、ちょっとだけ自分の思った事を書かせて下さい。

    ライナーとガビの伏線は94話のライナーが言った「そこにいた日々はまさに地獄だった」に対し、ガビが「色んな奴らって何・・・?悪い奴らでしょ?」と問いかけた答え合わせになっている気がします。
    ガビはサシャの家族や島の人達と接する事で、ライナーの言葉の意味を身をもって体験するんじゃないかなぁと思ってます。

    一方、グライスとファルコの伏線は難しいですね。
    グライスが生きていれば話は別ですが、その可能性はきわめて低いと思われます。

    コルトとファルコは叔父の犯した罪から家族を守る為に、戦士候補生に志願せざるを得なかったと言う意識がまだあると思うんです。
    2人ともライナーやジークに「名誉を軽んじる気か?」とたしなめられている事からもそれは明白です。

    ついでに言ってしまうとファルコが鎧の巨人継承を宣言したのも、ガビを助けたいからと言う理由でしかないんですよね。
    そんなファルコの心情に変化をもたらすのが、ガビでありエレンなのかなぁと思ってます。

    エレンがファルコに「お前の叔父さんはかつて俺の親父と共にエルディア人復権の為に勇敢に戦った戦士だった。お前は何の目的でマーレの戦士になったんだ?」とか言う展開はあるかもしれません。
    以上、少々長くなってしまいましたが、ファルコとガビの行動が真の世界平和への架け橋になってくれる事に期待したいです。

    • 管理人アース より:

      >「お前の叔父さんはかつて俺の親父と共にエルディア人復権の為に勇敢に戦った戦士だった。お前は何の目的でマーレの戦士になったんだ?」
      エレンとファルコの再邂逅場面は妄想がたぎりますよね!\(^o^)/
      どのようなやり取りが展開するのか、早く見たいですよ!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ