【進撃の巨人】ネタバレ109話考察!ミカサの記憶が違う理由を検証!

109話が発表されてから当サイトに寄せられるコメントの中では、ミカサに関するものがかなり多くなっています。

その中でも多く登場している「頭痛」に関しては既に考察していますが、今回は「記憶」に関して考察したいと思います!

ミカサが頭痛を伴い思い出した「記憶」は、2巻第6話で思い出した記憶とは違うのか?

違うのであれば、その理由は何なのか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆第6話と109話に登場したミカサの記憶の違いを検証!

2018-09-07_050110
「進撃の巨人」第109話「導く者」より


109話では久々にミカサの頭痛が登場しましたが、それと同時にミカサがエレンに救われた場面を思い出すという展開となっていました。

この場面は2巻第6話にて登場したシーンですが、コメントではこの場面と今回の描写ではかなり違いがあると指摘がありました。

まずはコメントを順番に見て行きます。

暴食のサシャさんのコメントから見ていきましょう!

エレンが殺人を犯している場面を思い出してますが、2巻の場面と背景の部屋の作りが違ってますね。
2巻では壁は全面同じ素材っぽいですが、109話では木の素材が使われてます。窓も全然違います。
先生の画力向上の影響かもしれませんが、ミカサが記憶している出来事と、実際に目の前で起きた出来事に相違があるのかもしれないですね。

2巻第6話と今回109話では、部屋の作りが違うと指摘されています。
2018-09-14_055140-horz
「進撃の巨人」第6話、109話より


たしかに、窓の作りや窓の下の壁部分に違いが見られますね!

さらにaaaさんが違いを指摘してくれています。

まとめサイトで見た考察ですが、「少女の見た世界」におけるエレンの強盗殺害シーンと今回の回想では若干違うとの事です。
前者では抵抗する強盗ともみ合いになったエレンが必死にナイフを振るっていますが、後者では既に動かなくなった強盗をエレンがめった刺しにしています。「少女の見た世界」として美化された記憶ですが、本来はエレンの残虐性に対するトラウマがミカサの中にあるのではないでしょうか。
強盗の件を思い出すたびに頭痛が起こるのは無意識にエレンを恐怖しているからでは?そして今回、本来の記憶を思い出したと。

この場面ですね!
2018-09-14_055024-horz
「進撃の巨人」第6話、109話より


たしかに6話のエレンは強盗の手を掴んでいますが、109話では手を掴んでいませんね。

この記憶の違いを、gray11さんも記憶改ざんと考えて考察されています。

頭痛は、記憶の改ざんに抵抗している描写、の可能性はないでしょうか?
未来のエレンがユミルの民以外にも適用される始祖の巨人の力を発動し、読者が見続けてきたエレンは都合よく改ざんされたエレンの姿だった。ミカサだけは僅かながら改ざんに抵抗していて、それが頭痛では?

未来のエレンにより「叫び」で記憶改ざんされている、という考察は面白いですし斬新だなと感じますよ!

aaaさんの考察ではエレンに対する恐怖からのミカサ自身によるものですが、記憶改ざんという部分では同じ考察かなと感じられます。

つまり暴食のサシャさんの指摘も含め、109話の頭痛の場面は「ミカサの記憶改ざん」を表している!という考察ですよね!

暴食のサシャさん!

aaaさん!

gray11さん!

素晴らしい考察コメントをありがとうございます!


たしかに6話と109話の描写は違っており、ミカサの記憶違いのようにも感じられます。

ただ管理人アースは暴食のサシャさんが触れていたように、諫山先生の画力向上による部分と描写ミスなのではと考えています。

考察してみます!

◆第6話と109話の描写違いを考察!

2018-09-15_160042
「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


まず、第6話の場面を5話から見返してみましょう。

これは「ミカサが回想で思い出している」という展開となっていますが「844」との表記から始まっており、視点はミカサだけでなく神視点となっています。

そして、ミカサが見ていない場面までが登場しておりミカサの回想からも逸脱している展開となっているのです。

ここから管理人アースは、第6話の一連の描写は「ミカサの記憶」ではなく「物語の展開」なのではと考えます!

つまり、第6話の描写の方が「事実」では、と考えられるのです。

ここから6話との違いは、109話の描写が「間違い」であり、ミカサの記憶違いと考えられますね。

その違いとは、「窓と壁」と「エレンが強盗を殺す場面」ですが、たしかに窓と壁は全く違いますね。
2018-09-14_055140-horz
「進撃の巨人」第6話、109話より


ただ、109話でエレンが強盗を殺すこの場面は、
2018-09-07_050110
「進撃の巨人」第109話「導く者」より


第6話のこの時かもしれませんね。
2018-09-14_055100
「進撃の巨人」第6話「少女が見た世界」より


腕を押さえていた場面では抵抗していた強盗も力尽き、その後エレンがさらに攻撃していたのかもしれません。

つまり109話でエレンが強盗を刺す場面は、その後にエレンがメッタ刺しにする時の最後の一撃の描写だったのかなとも考えられます。

こう考えると、明確な違いは窓の描写だけとなります。

たしかに気になる違いですが、このような違いは他の場面でも見られます。

その違いは諫山先生の「間違いを指摘する」事となるのであまりツッコミたくないですから、一点だけ取り上げたいと思います(笑)

今回名前が判明したルイーゼを見てみましょう。

ミカサが巨人を倒した後に登場したルイーゼは、母親に抱きしめられています。
2018-09-14_055242
「進撃の巨人」第5話「絶望の中で鈍く光る」より


ルイーゼの腕は母親の腕の内側に入っており、ちょこっと浮いています。

いっぽうで今回109話に登場した回想のルイーゼと母親では、ルイーゼの腕は母親の腕の外側に出ており6話とは違っています。
2018-09-14_055200
「進撃の巨人」第109話「導く者」より


さらに73話に登場したルイーゼと母親では、腕は外側には出ていませんが、6話とは違いルイーゼは浮いていませんでした。
2018-09-14_055300
「進撃の巨人」第73話「はじまりの街」より


このように、以前の場面を描き直した場面での食い違いはたまにあり、今回の窓と壁の違いも同種かなと管理人アースは考えています。

つまり伏線ではなく、描き間違いなのかなと!

たしかに敢えて窓と壁を違う描写にし、ミカサに封じられた記憶があるという伏線という展開が起こる可能性もありますが、管理人アース的には伏線ではないと考えています!

ミカサの頭痛と記憶から、どのような展開が起こるのか!?

頭痛伏線回収間近のように感じますよ!

要注目です!\(^o^)/

ちなみにこの記事を書いている時にクオカが届きました!(*^^*)


考察がドンピシャで当たったレベルで嬉しい管理人アースでした!(笑)

109話「導く者」あらすじ考察感想!
110話展開あらすじ!
109話考察!ミカサの頭痛の意味を検証!
109話考察!サシャ父の「訛り」を検証!ブラウス家マーレ人説はある?


Sponsored Link

18 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ109話考察!ミカサの記憶が違う理由を検証!”

  1. 住吉夢物語 より:

    団長、新考察記事有難うございます。

    確かに画に違いがあるようですが、私はこの違いをポジティブに受け取っています。

    同じ事象を見ても人によりその記憶は違いますし、同じ人でも時間とその時の心情で記憶に変化があると思います。

    ミカサにとって初期のエレンは「自分を助けてくれた恩人」であり自分を「導く者」でした。
    でも今のエレンはミカサにも理解できない人になっており、残虐性があり、とても自分を「導く者」とは感じられない。
    このようなミカサの心境が記憶描写に変化を与えたのだと考えています。

    頭痛発症と記憶描写違いは「もうエレンは自分を導く者ではない」というミカサの心情の変化を表し、同時にミカサとエレンの関係性の変化をも暗示しているのではと考えています。

    • 管理人アース より:

      >頭痛発症と記憶描写違いは「もうエレンは自分を導く者ではない」というミカサの心情の変化を表し、同時にミカサとエレンの関係性の変化をも暗示しているのでは
      これ、同感ですよ。
      ミカサとエレンの今後の関係性を暗示していそうですよね!
      …3人での話し合いが気になります(・_・;)



      管理人アース

  2. ああああ より:

    漫画を描いてる者です。
    背景の違いに関してですが、基本的に作家は締め切りがあるためキャラクターしか描きません。
    背景はアシスタントスタッフが描いています。
    そして余程重要な(進撃の巨人で言うなら壁の構造など)背景でない限り作家の細かい指示なしでアシスタントが大体の要領で描きます。
    窓の形状まで気にしていたら半月(残り月半分弱はネーム)で原稿は完成しません。

    なので管理人さんが言う通りこれはおそらく先生の意図したところではなく思います。

    • 管理人アース より:

      >窓の形状まで気にしていたら半月(残り月半分弱はネーム)で原稿は完成しません。
      具体的でリアルな期間を教えていただき、ありがとうございます!
      半月ネームで半月作画というペースなんですね。
      それを考えたらたしかに窓の形状まで気にしていられませんよね!
      やはり伏線ではないように感じますね!
      ありがとうございます!



      管理人アース

  3. 馬来熊 より:

    ミカサの記憶が操作されてたとすると
    それをやったのはエレンよりグリシャの方が可能性高いかなと思います
    第六話のシーンが「操作後のストーリー」となると、あれはどこまでほんとの話なんでしようね
    刺青が継承されていることから、ミカサ母は確かにいたでしょうが、もしかしてエレンに殺されてたあれがミカサ父だったりして…

    襲ってきたのはイェーガー先生ではなく強盗、男の子に殺されたのはお父さんじゃなくて先生のその強盗で…

    という展開がきたらショッキングだけど、いくらなんでもそこまでするかなぁ…… いや、でもグリシャだしなぁ…

    いずれにせよ、あのシーンにはまだ僕たちの知らない情報がありそうですね

    • 管理人アース より:

      考察の結果から考えると、ミカサの記憶は操作されていないと思いますが、分かりませんよね。
      まだ知らない情報がある展開もあるかもです!
      ただ、やはりこれはこれからミカサとエレンが離れるという暗示シーンのように感じますね。
      Wミーニングで、何かの伏線という考えもできますが…
      これからのミカサの動きに要注目ですね!



      管理人アース

  4. 暴食のサシャ より:

    アースさんにコメントを使ってもらい調査兵団になれた気分です。

    記憶の改竄はありそうですが、不戦の契りとアッカーマンは改竄されないという設定がある為、どう考えても考察が破綻してしまいます。

    まだ現段階ではいろいろ分からないですね。

    109話を読んだ全国の調査兵団が2巻に襲い掛かったのは間違いないでしょう。

    • 管理人アース より:

      >コメントを使ってもらい調査兵団になれた気分です。
      今回の記事作成のキッカケは暴食のサシャさんのコメントからです。
      こちらこそ、ありがとうございました!

      >109話を読んだ全国の調査兵団が2巻に襲い掛かったのは間違いないでしょう。
      間違いないですね!(笑)
      このように、物語が進んでいくと以前のシーンに意味合いが変わってくるのがこの作品の特徴であり魅力ですよね。
      既刊26巻ですが、もう50巻くらい出ているように感じる管理人アースです(笑)



      管理人アース

  5. パァンッッ より:

    アッカーマン家は記憶の改ざんの影響を受けないんじゃなかったでしたっけ?
    だから抗っているってのは無いのかなーと思います
    でも、今までのエレンは創られた都合のいいエレンなんていう、読者をも騙すような展開があったらドキドキしますね…!!

    • 管理人アース より:

      その通りですね。アッカーマンと東洋の一族は記憶改ざんの影響を受けません。
      ただ、未来のエレンの始祖ならできるかも…という予想だったと思います。
      読者をひっくり返すような展開、見たいですよね!(*^^*)



      管理人アース

  6. オムオムジャンボ より:

    アースさんこんにちは!!
    ポジティブに受け取るなら、3つは思いつきますね。

    1:ミカサがグリシャによって記憶改竄された

    2:ミカサ自身が都合のいい記憶に変えた

    3:ミカサが座標か何かで違う世界の記憶を見た

    とりあえずこれぐらいでしょうか。

    1ならグリシャがエレンについて知られたくない事があったため記憶を改竄したと予想できます。

    2であるなら、エレンとのかなりのトラウマ的な出来事を思い出したくないがために記憶を自身で塗り替えたと思われます。

    3は個人的に一番可能性が高いと思っています。
    ミカサ外伝の事もあるので、
    ミカサがループなどの何かしらの能力で違う世界を見たのではないでしょうか?


    多分間違いだとは思いますが、これが描き間違いでないのなら重要な情報になるでしょう。
    今後に注目ですね!

    • 管理人アース より:

      ミカサはエルディア人ではないので、始祖の記憶改ざんの影響を受けないので、もし改ざんがあるなら2しかないかなと思っています。
      描き間違いの可能性が一番高いかなと感じていますが、今後のミカサの頭痛はこれからも要チェックですね!



      管理人アース

  7. ケール より:

    アース様、以前コメントさせていただきました、ケールです。いつも楽しく拝読しております。

    今回のミカサの頭痛ですが、シンプルに、ミカサは「今のエレンのやり方には賛成できない(協力できない)」と感じていて、しかし、ルイーゼに「ミカサさんも救われたんですよね?イェーガーさんに」と言われ、個人の感情として「エレンを大切に想う気持ちは今もある」表れとしてマフラーへ手をやった。ルイーゼの「調査兵団に入った理由」という問い、彼女の敬礼には「思い出してください。そして己の信念に従ってください」というミカサへのメッセージを感じました。

    ルイーゼの存在がミカサ、そしてエレンに今後どのような影響を与えるのか、私は楽しみです。

    ミカサはルイーゼに導かれるままに(I導く者?)自分の生きる意味としての、エレンを守ること、彼に心臓を捧げたこと、それらの象徴として力に目覚めた日のことを思い出し、エレンのそばにいるべきか離れるべきか、その葛藤、苦しみから頭痛が酷くなったと感じました。ミカサに心臓を捧げる?ルイーゼの敬礼に、エレンに対する自分の姿を重ねて見たのでは?

    「もう大丈夫だ…安心しろ」というセリフを思い出したのにも、ミカサのエレンを信じていたい気持ちを感じましたよ。ですので、今回の記憶に、不穏な空気を感じたという意見が多くてやや驚きました。

    長文の感想、失礼致しました。

    • 管理人アース より:

      >不穏な空気を感じたという意見が多くてやや驚きました。
      この時のエレンの表情が見えないような描写が不穏に感じさせたのかなと。
      ただ、たしかにそのような雰囲気を描写しているかなと感じています。
      頭痛と共に、気になるところですよ!



      管理人アース

  8. オムオムジャンボ より:

    すみません。1のグリシャに記憶を改竄された、について少し言葉足らずでした。

    別に巨人の能力でなくても、
    薬や洗脳で記憶を書き換えることができるかと思います。

    まぁこれはエレンが何かしらの特別な血筋であることを隠すために改竄した、みたいなあまり可能性のないことですがグリシャならやりかねかいと。


    それと今更ですが少し気になったことを書かせてもらいます。

    グリシャがミカサの両親と知り合いだったからエレンがミカサと出会った、というのが進撃の設定です。

    ではグリシャとミカサの両親はどこで知り合ったのでしょうか?
    本当に偶然出会ったのでしょうか?私は違うと思います。
    なぜならグリシャが「巨人化科学の副産物」や「東洋人」について知らないはずがないからです。
    むしろ狙って接触したのではないでしょうか。

    そう考えるとエレンをミカサに近づけさせたのにも理由があると思います。

    妄想失礼しました。

    • 管理人アース より:

      >エレンをミカサに近づけさせたのにも理由があると
      仰る通りですね。
      最近は聞かなくなりましたが、当時は「グリシャがミカサを手に入れるためにグリシャ家を強盗に襲わせたのでは」という説も流れていましたね。
      グリシャの薬物によるミカサ記憶改ざん説、面白いです!



      管理人アース

  9. ちくわ より:

    ミカサはアッカーマンと東洋人のハーフなので、普通のアッカーマン一族や東洋人にすら影響を与えているある能力に辛うじて抗っているのではないでしょうか?
    その能力が進撃の巨人のものなのかは不明ですが、黒幕か世界の真実に繋がっているのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      >アッカーマン一族や東洋人にすら影響を与えているある能力に辛うじて抗っているのでは
      面白いですね!
      それが未来のエレンが発揮する能力という事もありそうですね!



      管理人アース

コメントを残す

このページの先頭へ