【進撃の巨人】ネタバレ108話考察!エレン、ミカサ、アルミン3人の話し合いを予想!決別か?

108話「正論」にて、調査兵団ではベテランとなったジャンやコニー達104期生が、エレンについて話し合う場面が登場しました。

そこではエレンの意思を確認するためにエレン、ミカサ、アルミンの3人で話し合う場を設ける事で話は終わりました。

ここから、109話以降でエレンとミカサ、アルミンが3人だけで話し合う展開が登場することになると思われます!

その話し合いの展開とは、どうなるのでしょうか

エレンとアルミンとミカサは、分かり合えるのでしょうか?

そこではエレンの口から真意が語られるのでしょうか?

検証してみましょう!

Sponsored Link

◆エレン、アルミン、ミカサの話し合いを検証!

2018-08-16_055022
「進撃の巨人」第108話「正論」より


108話ではマーレ強襲時に独断で民間人を殺したエレンに対し、不信感を募らせる104期生が描かれていました。

そんなジャンとコニーに対し、アルミンはミカサと共にエレンと3人で話し合いその意思を確認すると提案します。

その際に、アルミンはエレンが信用できないようだったら、別の信用できる人物にエレンを捕食させ始祖の巨人を継承させるとの作戦も明らかにします。
2018-08-16_055049
「進撃の巨人」第108話「正論」より


この発言からも、アルミンでさえも、エレンが信用できなくなっているのだなと感じられましたよね!

さて、この話し合いの展開はどうなるのでしょうか?

エレンとアルミン、ミカサは分かり合えるのでしょうか?

予想してみましょう!


◆話し合い後の展開は?

2016-08-15_042647
「進撃の巨人」公式ガイドブック「Answers」より


まず【進撃の巨人】キャラクター名鑑とは!でも触れていますが、ここでの諫山先生ロングインタビューにて「エレンとアルミンの仲違い展開」を示唆していました。

さらに最近では当サイトでも106話考察!エレンとアルミンの仲違いを検証!にてエレンとアルミンの仲違い展開が登場するのではないかと予想し、この時の諫山先生のインタビューについても触れていました。

ここからも、現在既に起こっているエレンとアルミンの考え方のすれ違いが作者にとって予定通りであることが分かりますよね!

つまりは、これからエレンとアルミン、ミカサの3人の話し合いでも理解し合える展開は起こらないでしょう!

もともとエレンとアルミンの仲違い展開は、2015年8月に刊行された「月刊 進撃の巨人 公式フィギュアコレクション 第5巻」の諫山先生とアニメ監督の荒木哲郎監督によるスペシャルインタビューにて
「荒木監督と一致していたのは、『アルミンはエレンと仲のいい幼馴染』で終わることは絶対にないということ。
監督も僕も、アルミンはいつまでもエレンと一緒にいる人ではないと思っていたんです。」

と諫山先生は言われていました。

これほど以前から言われていた「エレンとアルミンの仲違い展開」ですから、これからする予定の話し合いでも、間違いなくエレンとアルミンは袂を分かつでしょう!

では、もういっぽうのエレンとミカサはどうでしょうか?

エレンとミカサの今後の展開については、公式ガイドブック「Answers」の諫山先生インタビューにて触れていました。

そこで
  • ミカサの成長はエレンと袂を分かつことかもしれないですね
  • ミカサはエレンと一緒にいるだけではかわいそうだと思ってしまうです
  • ミカサにしてもエレンとアルミンの間で苦しむことになるかもしれません
  • と諫山先生は述べています。

    これは2年前の2016年に刊行した公式ガイドブックですが、まさに今の展開を述べていますよね!

    となると、今後の3人の話し合いではエレンとアルミンの仲違いは決定的となり、ミカサはその間で苦しみながらもエレンと離れる…

    そんな展開となると予想できますよね!

    では具体的にどのような話し合いが展開するのでしょうか?

    妄想してみましょう!

    ◆エレン、ミカサ、アルミンの話し合いを妄想!

    2018-08-16_073926
    「進撃の巨人」第108話「正論」より


    アルミンとミカサは地下牢に収容されているエレンに会いに行きます。

    ミカサ
    「…エレン」

    牢の中でベッドの上に座るエレンに声をかけるミカサ

    エレンはミカサとアルミンに目線をやり、確認します。


    牢の中に入る二人

    エレン
    「アルミンとミカサか…」

    「ハンジさんに言われて来たのか?」

    「前に酷いこと言っちまったからな、ハンジさんは」

    「ここにはもう来れないだろうし」

    「クックック」と笑いながら話をするエレン

    そんなエレンを悲しげな表情で見るアルミン


    アルミン
    「そうじゃない。君への不信感は同期の間でも広がっている」

    「君の目的を確認しにしたんだ」

    アルミンの言葉に眉をひそめ聞き返すエレン

    エレン
    「目的?」

    アルミン
    「そう 目的だ」

    「君の目的はなんだ?エレン」

    真っ直ぐな視線でエレンを見つめるアルミン

    そんなアルミンの目線を見つめ、スッと逸らし、エレンは答えます。


    エレン
    「俺への不信感が高まるのは分かるがな」

    「そんな事よりも考えなければいけないことがあるだろう?アルミン」

    「お前の頭でヒストリアを救う事を考えてくれよ!」

    「それがお前の役割だろう!」

    立ち上がり激昂するエレン!

    激昂するエレンの顔には、ビキビキっと発生する巨人化の痕の描写が!
    2018-07-17_090133
    「進撃の巨人」第107話「来客」より


    そんなエレンを座ったまま静かに見つめるアルミン

    アルミン
    「エレン…君は変わった」

    「まだ話し合ってもいないじゃないか?」

    「もう…話し合う事もできないのかい?」

    それをジッと見つめるアルミン

    エレンは答えません。

    再び口を開くアルミン


    アルミン
    「エレン…サシャが死んだ時

    笑ったというのは・・・本当かい?

    真剣な表情で尋ねるアルミン

    そのアルミンの表情を見つめ、エレンは答えます。


    エレン
    「ああ…笑ったよ」

    「最期の言葉が『肉』って聞いて…おかしかったからな」

    しばし目をつむり、沈黙するアルミン

    そして、スッと立ち上がります。


    アルミン
    「君の答えは分かったよ エレン」

    そしてエレンに踵を返します。

    アルミン
    「僕はずっと君を追いかけてきた。君の隣に立つことが目標だったんだ」

    「いつも君に助けられていたからね」
    2018-08-16_072836
    「進撃の巨人」第11話「応える」より


    「でも、今はもう君の隣に立ちたいとは思わない

    「僕たちはもう、違う道を歩くことになる」

    「行こう ミカサ」

    ミカサに声をかけ、牢から出ようとするアルミン

    ミカサ
    「…エレン」

    エレンに対し、心残りがあるようなミカサ

    そんなミカサにも激昂した状態のエレンは怒りの表情を見せます。

    ミカサ
    「…」

    辛く悲しそうな表情のまま、ミカサもアルミンの後を追い牢を出ます。

    3人の話し合いでは、このような展開があるのではと予想します!

    これまで隣に立つことを目標としてきたエレンに対し、決別を告げるアルミンが登場するだろうと!

    この後エレンとアルミン、ミカサは袂を分かち決別する展開になるでしょう。

    しかし、いずれはまた分かり合える展開が登場するのではと!

    そんな展開を期待しながら予想しました!

    今回の予想も、かすってくれたら嬉しいです!\(^o^)/

    108話考察!ジークとエレンマーレ接触確定から展開を妄想!
    108話考察!ニコロのボトルを検証!ナイル巨人化か!?
    108話考察!ガビとファルコが会った少女を検証!
    108話考察!コニーの「エレンじゃない」を検証!


    Sponsored Link

    33 Responses to “【進撃の巨人】ネタバレ108話考察!エレン、ミカサ、アルミン3人の話し合いを予想!決別か?”

    1. 蒼雪 より:

      アルミンじゃなくても、この時点でエレン自身に確かめなくてはいけないことはいくつもありますよね。自分がマスコミの記者でエレンに取材するとしたら、この辺りをインタビューしたい、という感じで書いてみます。

      (1)最優先すべきはもちろん、エレンの真意。敵国とはいえ民間人さえ犠牲にしたことも含めて、意図の再確認が必要。
      (2)ジークとの面会で具体的に何があったのか。
      (3)エレンは元々は自分やみんなが自由になり、ミカサやアルミンたちを守るために、進撃の巨人の力を使いこなしてきたはず(グリシャからの注射のシーンや、クルーガーの謎の記憶にあったセリフより)。この意図は変わっていないのかどうなのか。エレン自身が覇王になって人類を支配しようとしている、とも見える…。
      (4)今のエレンには、心臓を捧げる対象があるのかないのか。つまり、自分だけのために行動しているのかどうか。はたから見たらセルフィッシュにも見える…。
      (5)ヒストリアのことをどう考えているのか。
      (6)進撃の巨人の力を誰に継承させるべきだと考えているか。
      (7)アルミンのことをどう考えているのか。あの、アルミン復活のためにリヴァイ兵長に逆らいもした友情はどこへ?
      (8)ミカサのことは今でも家族だと思っているのか?
      (9)あの「仕方がなかったから」というのは単に言い訳ではないのか?
      (10)サシャへの笑いの意味は?

      ……まだ挙げられそうですが。
      ハンジさん、エレンを対象に記者会見を開いてくれませんかねぇ?

      • 管理人アース より:

        ハンジさんが記者会見を開き同席したら、ずっとハンジさんが喋っていそう(笑)
        7、8辺りをインタビューで聞いたら、管理人アースは涙なしでは聞けませんよ!(´;ω;`)




        管理人アース

    2. 妄想を捧げよ! より:

      アース隊長

      うわぁ、いいですね〜!!脳内に映像が流れましたよ^ ^

      ぜひ付け足して頂きたいのが、アルミンが見たであろうベルトルトの記憶について、エレンが迫る場面もあり得るかなと妄想しています!


      エレン『アルミン、お前もう知ってるんだろ?ベルトルトの記憶を見たんだろ?』

      アルミン『あぁ、見たよ。でも僕は自分の目で確かめたいんだ。』


      ファルコに訊かれたガビのセリフと、軍港を破壊したアルミンのセリフにも掛けてみました^ ^あるかなー?

      • 管理人アース より:

        アルミン『あぁ、見たよ。でも僕は自分の目で確かめたいんだ。』

        これ、たまんないですね!
        エレンとアルミンの決別展開はずっと諫山先生の中で温められていたはずなので、かなり気合が入った作画になると思われます。
        怖い展開だけれど、むっちゃ期待しちゃいますよ!



        管理人アース

    3. リヴァイ大好き より:

       こんばんわ。
       アルミンの知りたいことは、エレンの目的。でも例え幼馴染の2人でもエレンは目的を自らは話さないですよね。それはアルミンも承知していると思うので、何か、カマをかけてくるのかな。
       アルミンが幼馴染としてではなく策士としてカマをかけるとしたら、何を使うだろ?いや、やっぱり幼馴染としてかな。カルラのこと、アルミンのおじいちゃんのこと、ミカサの両親のこと。憎しみは負の連鎖を生むこと。
       エレンが負の連鎖を断ち切るために頑張っていても、反対に負を増幅させようとしているとしてもエレンはそこで切れるだろうな。
       アルミンだけじゃなく、ミカサからも袂を分つ言葉が出るようにしむけるんだろうな。

       そして最後は、アース団長さんが望まれている様に分かり合える時がくる。

       エレンが負を増幅しようとしていたら、永遠に分かり合える時は来ないですけどね。

      • 管理人アース より:

        > そして最後は、アース団長さんが望まれている様に分かり合える時がくる。
        そう、分かり合える時が来るのは「最期」ですよね。
        最近良く見かける9つの巨人コンプ展開があるならば、エレンがアルミンを捕食する時なのか…
        これは本当に見たくないですが(・_・;)
        決別展開、怖いですがむっちゃ期待する場面ですよ!



        管理人アース

    4. 妄想を捧げよ! より:

      アース隊長


      私とした事が、時系列を間違えて書いてしまいました。軍港を破壊した後なので『自分の目で確かめたい』は変ですね。。

      という事で妄想を訂正します。(妄想を訂正するっていうのも変ですが)


      エレン『アルミン、お前もう知ってるんだろ?ベルトルトの記憶を見たんだろ?』

      アルミン『ああ。見たさ。初めて超大型巨人になった時にね。(マーレの駆逐艦の前に立ちはだかる超大型巨人の描写)』

      エレン『。。なんでその時に言わなかった?』

      アルミン『言ったらエレンはマーレに行くのをやめてくれたかい?』『エレンはいつも僕やミカサを置いて行くじゃないか!』

      沈黙が流れる


      ○○『ふーん、アンタ達も喧嘩するんだ。』

      アルミン『アニ!どうして??』

      アニ『私が賭けた未来が気になってね』

      ここで突然のアニ登場!と、期待をこめて妄想します^ ^

      • 管理人アース より:

        アニ登場!\(^o^)/
        これ来たら全部持っていかれますね(笑)



        管理人アース

    5. 動物好きの巨人 PEACEorFREE より:

      どうも、深夜に動物好きの巨人PEACEorFREEでございます。

      幼馴染3人水入らずの会話、どんな内容でどういう展開になるか、楽しみな気もしますし、怖い気もしますね。仲違いしたわけでなく、進路の関係で親友と別れた私は、本当に気になりますよ。

      本当に仲違いで、3人とも違う道を歩むのか………。

      まぁアルミンはエレンの巨人を誰かに継承させるかもと言ってますが、近々マーレとの戦争が起こりそうな現状況でそれは愚の骨頂だと思うのですよね。獣がこちら側についたとはいえ、向こうにも巨人が3体いるんですからね。アルミンの超大型も、最初の大爆破を躱されたら鎧か顎にやられちゃいそうですしね。今や巨人化のベテランであり、多くの巨人との戦闘経験があり、座標の力を使ったことのあるエレンを死なせ、能力の高い誰かに巨人を移したところで、事態はより絶望に向かうと思うのですよね。

      その前にマーレが奇襲してきそうですが………それではまた。

      • 管理人アース より:

        >その前にマーレが奇襲してきそうですが
        これ、気になりますよね!
        ライナーの進言が通ったらかなり混乱する展開になりそうですよ!



        管理人アース

    6. 馬来熊 より:

      愛ってなんだ?ためらわないことさ
      そんな歌があったでしょう
      三人の間にあった愛と友情がなくなだてしまったわけではないんだよ
      ただ、それはいつもベタベタしていることではなかったというだけなんだ

      …と、そういった描写の展開になってほしいですね

      • 管理人アース より:

        そうですね!
        成長した彼らの形での友情が展開すると嬉しいですよ!



        管理人アース

    7. 二度目の投稿 より:

      こんにちは。団長。
      エレンはアルミンと決別し、孤立が決定的になる展開だろうと思ってます。
      次回、エレンがジークに会うために飛び出した回想含みでいきなり3人の会話から始まるかもしれませんね。
      飛行船に戻った時のアルミンの雰囲気からすると、その時にも一悶着あった事でしょう。
      それが明らかになる展開もありだと。
      ところでアルミンが言う「僕達と同じ目的」とは世界に対して島側は安全だと認めてもらう事?
      未だ、そんな甘い事を考えてるとしたら、
      この点をエレンに問われたらアルミンは即答できるのでしょうか。

      エレンはジークと同じ目的か?はわかりませんが、エレンは地鳴らし発動もやむなしと言うと思います。
      エレンの真意はともかく、そう言うしかないだろうと。
      それでは、決別=誰かに継承させようとする流れになるのでしょうか。
      アルミンが言ったからにはなるでしょうね。
      しかし、戦鎚の力を持つエレンを捕捉する事は簡単ではありません。
      そのバタバタの最中にライナー達が再び壁ドン突入!ってな事になるかもです。

      • 管理人アース より:

        >決別=誰かに継承させようとする流れになる
        そしてもちろんそれをエレンが認める訳がないので、この辺りからどうなるのかが気になりますよ!
        エレンゲリオンVS超大型巨人という展開にならなければ良いですが(;´Д`)



        管理人アース

    8. 暴食のサシャ より:

      話し合ったとしてもエレンは説得できずに対立してしまうでしょうね。

      単独行動をとる前にアルミンに相談してないところをみると、エレンは揺るがない目的意識を持ってしまったと思われます。
      話し合うタイミングはもう逸してしまったでしょう。

      アルミンもエルヴィンの代わりに生き残り、調査兵団としての責務というものを重要視するようになったようなので、エレンを突き放してしまうかもしれません。
      昔ならエレンを巨人に食わすなんていわなかったはずです。
      周りを治めるための発言とも取れますが。

      ミカサはただ狼狽するだけで説得にはいたらなそうです。解決策を提示出来ずに感情で説得を試みるのでは。

      3人の話し合いで少しはエレンの行動のヒントが出るでしょうか。
      次回はいろいろ面白そうですね。

      • 管理人アース より:

        >少しはエレンの行動のヒントが出るでしょうか
        話ししてもどこまで信用して良いのかが、今のエレンには分からないので難しいですよね!
        ただ、この展開は本当に楽しいですよ!



        管理人アース

    9. クルーガーがグリシャに こう言っています。
      「ミカサやアルミン みんなを救いたいなら
       使命を全うしろ」
      その後、グリシャがエレンに 巨人化注射を
      打つ場面でも こう言っています。
      「ミカサやアルミン… みんなを救いたいなら
       お前はこの力を 支配しなくてはならない。」

      ミカサ、アルミン、エレン- この3人には、
      未だ明かされていない 大きな繋がりが隠さ
      れていて、ループの謎に大きく絡んでいると
      思われます。

      一方で、ジークはエレンに こう言っています。
      「お前は 父親に洗脳されている。
       そこから救い出してやる。」
      やはり エレンは ジークとの接触で、クルーガー
      やグリシャの記憶から 離れてしまったのでしょ
      うか?

      • 管理人アース より:

        クルーガーやグリシャの記憶が出てきているのか離れているのか…
        今のエレンは本当に判断が難しいですよ!



        管理人アース

    10. なり より:

      アース団長いつも考察ありがとうございます。
      私も3人は袂を別つのではないかと考えております。エレンもアルミンも最期の最期に互いの考えを理解して、でももう手遅れで…という展開になってしまうかも知れませんが…。
      理由はエレンとアルミンには決定的な違いがあるからです。沢山の方が考察されているタカ派ハト派のそれなのかなと。現実でもこの2つは相反するものの象徴ですよね。アルミンが平和的に他国に歩み寄りたい、自分達が危険じゃないと知って欲しいと言っているのに対し、エレンは戦え、戦え。ですから、根本から考え方が違うのでしょう。また、エレンのこれまでの行動を見ると説得でアッサリと考えを改めるようなキャラではないですよね。子供の頃から自分の意思を頑なに曲げない子でしたし。強固な意志があると言いましょうか。頑固とも言えます。ミカサはどちらでもなく、強固な考えがあるわけでもなく、ただ3人の幼馴染がこれからも一緒に居続けることに依存している。それがずっと続いて欲しい願いを持っているのかなと。だから、ミカサは声を荒げる(であろう)2人のやり取りの中でおろおろするばかりなのかと思います。2人にミカサ、お前はどうしたいんだ?と聞かれても私は…と口を噤んでしまいそうです。また、アルミンのエレンを誰かに捕食させると言うのはジャン達をひとまず安心させるために言ったことで本心ではないのかなと。動物好きの巨人さんが仰るように、緊迫状態である今、巨人練度の高いエレンを失うのは戦力の大幅ダウンを強いられますし、策士であるアルミンがそんな非効率的なことを本気で考えるわけがありません。

      • 管理人アース より:

        >巨人練度の高いエレンを失うのは戦力の大幅ダウンを強いられますし、策士であるアルミンがそんな非効率的なことを本気で考えるわけが
        この辺りは難しいかなと思いますよ。
        「地鳴らし」が可能であるならば良いという考えならば、器はエレンでなくとも良いので…
        ただ戦力ダウンもですが、アルミンがエレンを切り捨てるような作戦を…する訳がない!…と信じたいです!(;´Д`)



        管理人アース

    11. アース団長考察お疲れ様です‼️初投稿となりますタイガレオンハートです。よろしくお願いします。僕の予想ではエレンはアルミンに目的を聞かれエレンは
      「俺は指名を果たさないといけない そうしないとお前らを守れない」
      「何で俺がこんなことやってるかいつかわかる すまねぇなアルミン、ミカサ」
      的なことを言い残して硬質化の能力を使い地面に潜っていきます。そしてアニをかっさらってウォールマリア外の小さな小屋でアニが目を冷ます的な展開になるのではないでしょうか?そこで自分の欲望にまみれた考察ですが…

      • 管理人アース より:

        エレンの使命が気になりますね!
        やはりジークと関係しそうですが!



        管理人アース

    12. ギラ より:

      アースさん お疲れ様です。

      今回のアースさんの予想を読んでいるだけで
      なんかとても悲しくなりました。
      エレン・アルミン・ミカサで話す場を持ったとしても
      理解しあえず、決裂してしまうのは想像しただけで
      とても悲しい気持ちになります。

      しかしライナーとエレンの会話の流れを見ても
      エレンは自分の考えを曲げないで勝手に突進むでしょうね。

      だから聡いアルミンの事ですから本当の狙いは
      エレンが洗脳されている?ジークに操作されているか?を見極めようとするのではないかと思います。
      王家血統や始祖が絡むと記憶の改竄が出来る事はアルミンも当然知っているでしょうし、このエレンの変貌ぶりの理由の可能性として、洗脳や操作の可能性がある事は考えていると思います。

      その点に、カマをかけた会話を振ってくるのではないでしょうか?

      • 管理人アース より:

        >洗脳や操作の可能性がある事は考えていると思います。
        その点に、カマをかけた会話を振ってくるのではないでしょうか?

        そのような会話を振るのはアルミンっぽいですよね!
        この展開、ありそうな気がしますよ!(*^^*)



        管理人アース

    13. ヒストリア王政支持派 より:

      私もエレンと、ミカサ、アルミンの話し合いは平行線で終わると思います。ハンジさんのように。エレンとジークは今のところほぼ目的が一致していると思います。つまりジークの任期が完了する前に地鳴らしで世界を滅ぼし、新生エルディア帝国を建国することです。地鳴らしてエルディア人を絶滅させようとしている「世界」を滅ぼせば、「ミカサやアルミンを救う」ことができ、「ヒストリアを犠牲にする」こともなく、「大事な104期が長生き」できる世界が生まれるからです。

      しかしエレンは、このジークとの強硬策がハンジ団長やアルミンなどの穏健派からの賛成が得られないと思っているのでしょうね。それで、エレンはどんなに孤独でも大切な人たちを守り抜くまで「戦い」続けなければならないのです。

      あとエレンは、すべての巨人を食べようとしているようにも思えます。となるとアルミンも例外ではないかもしれません。

      • 管理人アース より:

        この予想ありそうですし、これだとアルミンは反対するでしょうね。
        となると、アルミンを捕食する際はかなり厳しい展開になりそうで、想像するだけでキツイですよ(泣)


        管理人アース

    14. 何だか、三者会談は平行線、あるいは
      エレンが最初から拒否のような様相が…
      そもそも、エレンを鎖で拘束しても、四肢を
      切断しても、自傷行為なしに巨人化できる
      ようなので、アルミンの施策は そう上手く
      いくのか?

      そうこうしている間に、エレンがマーレ軍の
      進行を予感し、
      「くっ くっ くっ (来るっ、来るっ、来るっ)」と
      笑います。

      その予感通り、突如として一報が入ります。
      「ウォールマリアが破られ、巨人出現!!」
      さあ、物語は マーレ軍、ライナー組、ジーク組、
      ガビ、ファルコ、エレン、アルミン、ミカサ、104
      期生、パラディ島勢力、それぞれの思惑が複雑
      に入り乱れる 泥沼の展開へ!?

      • 管理人アース より:

        壁が破られ、という展開が今後登場しないであろうと思うとちょっと寂しいですね(泣)



        管理人アース

    15. 恥垢種 より:

      アース団長、お疲れ様です。新考察ありがとうございます。
      私は、この二人はハト派タカ派というより(確かにそういう面は認めますが)
      この二人の間の齟齬は、理想主義者(アルミン)と現実主義者(エレン)の違いと見ています。わかりやすいのは、「話合いで解決できるハズ、僕たちは恐ろしくないと」、「俺たちは巨人になれるバケモノだ、そこに間違いは無い」というクダリでしょう。
      話し合うには、自分たちが巨人になれる「バケモノ」であることを解決しないと、テーブルにはつかないでしょう。利聡いヒィズル国のような国は、むしろ、レアケース。ヒィズル介しての折衝も無理ですし、エルディア人が孤立しているのは事実でしょう。アルミン(たち?)はどうやって折衝する気なのか、全然見えないですね。理想はわかりますが、誰もテーブルにつかなければ、座して死ぬだけ、それこそ、不戦の契りをしたカール・フリッツと同じですよ。
      エレンは、「地ならし」を背景とした他国交渉を考えているのでしょう。恐らく。力が無ければ、交渉すらできないのをわかっているのでしょう。現代においても、そうですよね。今でこそ、人道的観点などで、弱小国も振り返るようになりましたが、エレン達の時代は、恐らく、こちらの世界の19世紀~20世紀初頭でしょう。弱い国にはドンドン不平等条約を結ばされ、併呑された時代ですね。力を背景にした外交は、現実的な路線と私はみています。二人の折り合いはつかないけど、少なくともどちらかに舵を切る必要がありますよね、エレンの器のすげ替えなんか言ってる暇があるならね。
      私から見ると、理想派の人は危機感無さ過ぎ(作戦立案すらできてない)ですね。もう時間は無いですよ。ライナーの奇襲もそこに迫ってます。
      長々失礼しました。

    16. 蒼雪 より:

      今、ちょっと嫌な想像をしてしまいました。
      前に、ジークとライナー&ベルトルトで、アニとエレンどっちの奪還を優先すべきかモメたとき、ライナーとジークが巨人化した上で拳で勝負し、結局、座標保持者エレンの奪還が先だってことになったことがありましたよね?
      もしもエレンとアルミン、ミカサの話し合いでモメた場合、エレンとアルミンが巨人化して拳で語り合ってしまう展開は…考えられないでしょうか。
      意見が合わないくらいならまだしも、ガチに戦うのは見たくないなあ。この3人には仲良くして欲しいのに。

    17. 匿名 より:

      エレンはグリシャのエルディア復権思想に取り憑かれているのではないかと思います
      巨人学会曰く、継承者が血縁関係にあれば記憶の継承に強く影響するようなので、グリシャの記憶を色濃く受け継いでしまい自分を見失ってしまっているのかもしれません
      ジークが言っていた父親に洗脳されているとは、この事なのかもしれせんね
      また不戦の契りもこれと同じものだと考えます
      今のところ明確に血縁者に継承された巨人は進撃、戦鎚、始祖だけです
      進撃、始祖は先程述べた通りですが戦鎚も例外ではないと思われます
      タイバー家が巨人とともに真の歴史を継承してきたのは、不戦の契りのように強い拘束力を持つ思想が真の歴史を伝える妨げになる事を理解していたからなのかもしれませんね

    18. ジョン より:

      エレンが何故話し合わないのかが腑に落ちなさ過ぎて、、みんなが知ると計画に支障が出るんでしょうか?それとも納得してもらえないからなんでしょうか?はたまたエレンが中身が子供のままだからなのか。全然理解出来ないんですよね。
      マーレの一般人殺したり、サシャの死に笑ったり、主人公らしからぬ行動には何か時間を巻き戻せる(ループ)確信があるからの様にも思えますし。その為に自分の命を捨てるつもりでいるのかもですね。そうでもしないと主人公じゃ無くなってしまう今のままでは、、、

    19. 春風 より:

      アース団長お疲れ様です。
      この考察は今最も気になるところですね!

      私はアルミンがエレンをどのように思っているか、という視点から考えてみました。
      アルミンの今までの言動を見るに、アルミンは物事を断定する人であるということが分かります。全て言い切っていますから。また、エレンなど他の人の手を取らないことから、他人の意見を一切受け付けない人ということも分かります。
      つまり、今回アルミンが話し合いを持ち出した理由は、エレンが自分の意見と同じことを考えているか、受け入れてくれるかを確かめるためなのではないかと思いました(作中では目的が同じかですが)。アルミンの性格上、アルミンには何かしら断定した物事があり、それに反する者は邪魔者である。それはエレンの手を取らないことから、エレンも例外ではないと考えます。
      現在のアルミンにとって、エレンは不都合な存在なのです。
      結果、エレンはアルミンの思い通りにはならないはずなので、二人は対立することになるでしょう。

      また、アルミンは口では他国の人と話し合いによって仲良くなりたいと言っていますが、それを行動に移したことは一度もありません。マーレ人と触れ合えたのも、他の人の力のおかげです。その点、エレンは一人でマーレに出向き、そこで様々な人と触れ合うことで自分の考えを整理しています。
      ここでも二人には大きな違いがあります。
      では、アルミンはなぜ行動しないのか。それは断定する人間であるからだと思います。アルミンにとって、マーレ人の考えを受け入れることは無意味なのです。自分の考えこそが正しいことと考えているのでしょう。今のエレンにとって他を受け付けないアルミンより、敵でも手を取ってくれるライナーを今は信用しているのではないでしょうか。

      他国の人に歩み寄っていくエレンと、自らを最優先するアルミン。
      この二人の決別は確実なものになると思います。

      あと私としてはミカサが気になります!
      サシャの死を笑ったのは、ハンネスさんの死の時と同様であると気付いてもらえればいいのですが。

      以上、長く失礼しました。

    コメントを残す

    このページの先頭へ