エレン・イエーガー

【進撃の巨人】ネタバレ107話考察!エレンの巨人化痕を検証!ハンジの王家血統説!?

様々な伏線と回収が登場した107話ですが、これもひとつの伏線と言えるでしょう。

ショックを受けた読者も多いと思われますが、エレンがハンジの胸ぐらをつかんだ場面です。

巨人化していないエレンの顔に、ビキビキっと巨人化痕が発生したのです!

これってスルーすれば何てことない描写です。

しかし、進撃の考察を掲げている当サイトとしては見逃せない描写ですよ!

この時にエレンの巨人化痕が生まれた理由は何なのか?

検証してみましょう!

◆巨人化していないエレンの巨人化痕は何を意味するのか?

2018-07-17_090133

「進撃の巨人」第107話「来客」より

巨人化していないエレンの顔に巨人化痕が発生している…

107話まで続いていた「進撃の巨人」の作中で、このような描写はこれまでほとんど見当たらないでしょう。

この描写について、pp-Manさんがコメントしてくれています。

ちょっと長いコメントなので一部抜粋という形で紹介させてもらいます。

エレンが12巻で、始祖の力を発動した時に巨人化痕は消えていたのに発動タイミングで巨人化痕が復活、これは漫画だけではなくアニメでも同じく描写されていて、巨人化痕が出るときの状況をまとめると、
・巨人化時
・座標(叫び)発動時
・107話のハンジとの口論(脅し)

全文コメントは107話「来客」あらすじ感想考察!に載っていますので、見てみて下さい!

巨人化痕について、かなり詳細に考察されいます!

これまでのエレンの巨人化痕発生時をまとまると、たしかにこの3つになりますよね!

「巨人化時」は一般的であり、「座標発動時」はこれまでに12巻50話しかないので特別なのは分かりますが、ここに「107話ハンジとの口論」が並ぶというのは、いかにあの場面が特別であったかが窺えます。

pp-Manさん!

素晴らしいコメントありがとうござます!

とりあえず「巨人化時」に巨人化痕が発生する事については良いと思うので、「50話座標発動時」と「107話ハンジと口論」場面を見て行きましょう。

第50話では、エレンの中の始祖の巨人の能力である「座標」が発動し、この時にだけ人間時のエレンの顔に巨人化の痕が表れています。
2016-12-14_081705

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

これはおそらく「始祖の巨人」の「座標発動」という特別な巨人の力が発動したためだと思われます。

となると、今回のハンジに対して激昂したエレンの顔に巨人化痕が発生したのもエレンの始祖の巨人が「座標発動」をしようとしたのでしょうか?

しかし、この始祖の巨人の力は「王家血統の巨人との接触」が条件であり、第50話でも王家血統であるダイナ巨人との接触があり発動しました。

ここではハンジとの接触がありますが、ではハンジが王家血統者でそれに反応しエレンの中の始祖の巨人が巨人化しようとしたのでしょうか?

たしかに、ハンジの胸ぐらをつかんだ時点でエレンの顔に巨人化痕が発生しています。
2018-07-07_024857

「進撃の巨人」第107話「来客」より

そしてこの後の「エレンのエッチ!!」というハンジのセリフから「直接エレンがハンジに接触していた」と推察できます。

つまり「王家血統のハンジにエレンが直接接触し、始祖の巨人が反応した」という伏線にはなっていると考えられます!

では、ハンジが王家血統の展開はあり得るのでしょうか?

さすがにこの展開は無いかな、と管理人アースは考えています。

いちおうそのような伏線にも受け取れるので、頭の片隅には入れておこうと思いますが…(・_・;)

それでは、ハンジの胸ぐらを掴んだ時に、なぜエレンの顔に巨人化痕が発生したのでしょうか?

pp-Manさんはコメントで「『巨人化してやろうか!?』的な脅しのニュアンス」と説明されていますが、管理人アースも同感です。

この時エレンはハンジに向かい巨人化痕を顔に意図的に発生させ、威圧していたのでしょう。

つまり現在のエレンは「自在に巨人化痕を発生させる」くらいの巨人化の練度があるのではと思われます。

この時エレンは怪我をしていません。

つまり、実際に巨人化はできなかったはずです。

ここからも、エレンの巨人化の練度がかなり高くなっている事が窺えますね!

しかし、第50話のエレンの巨人化痕は違うでしょう。

この時のエレンの巨人化の練度はそこまで高くなかったはずです。

やはり始祖の巨人が発動したからだと考えられますよね!

ただ見直すと、ちょっと気になる描写を見つけました。

エレンが始祖の巨人を発動する前から、巨人化痕が発生しているのです。

となると、この時のエレンの巨人化痕は、「座標発動」ではなかった?

見直してみましょう!

◆第50話のエレンの巨人化痕を考察!

2018-07-18_061448

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

第50話の座標発動場面を見直してみましょう!

まず、座標発動前にエレンには巨人化痕はありません。

キレイな顔になっています。

ミカサから「最後のお礼」を言われ、エレンは発奮しダイナ巨人に殴りかかります!
2018-07-18_061511

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

この時点でエレンの顔に巨人化痕が確認できますね!

そして「ペチン」とダイナ巨人と接触し
2018-07-18_061530

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

座標が発動した後も、エレンの顔には巨人化痕が見られます。
2018-07-18_061545

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

このように見ると、やはりエレンの巨人化痕は座標発動により生まれたように見えますが、発生のタイミングがおかしいことに気付きます。

それは、ダイナ巨人と接触前である、殴りかかる時点で巨人化痕が発生していることです。
2018-07-18_061511

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

次のコマでわざわざアップにして巨人化痕を描写しているため、これが意識して描かれている事が分かります。
2018-07-18_084831

「進撃の巨人」第50話「叫び」より

ここからつまり、諫山先生が意識して座標発動前に巨人化痕が表れている事を描写したと分かります。

ということは「始祖の巨人」の能力発動によって巨人化痕が発生していたわけではない、という事なります。

pp-Manさんも指摘されていますが、アニメでもこの辺りは踏まえられており、エレンがダイナ巨人にペチンする前のタイミングで巨人化痕が発生しています。
2017-06-18_190942

そのアニメでは、殴りかかる前に手の怪我が急速に回復するという描写が登場していました。
2017-06-18_190929

これ、間違いなくこの時点のエレンが特別であるという「何か」を表していますよね!

この時点でのエレンは王家血統巨人と接触していないので、「始祖の巨人」の能力ではありません。

では、この時の巨人化痕や急速な回復は「進撃の巨人の能力の表れ」ということでしょうか?

つまりこの時のエレンの巨人化痕やアニメの急速な手の回復は「進撃の巨人」の能力発動を表わしている、という事になるのかなと!

これはまた別記事で考察しようかなと思っております!

今回は巨人化していないエレンの巨人化痕について、107話では「エレンの巨人化の練度の高さの表れ」「ハンジ王家血統説」と考察でき、50話の巨人化痕からは「進撃の巨人の能力の発動」と考察できました!

この考察テーマは、まだまだ考察の余地がありそうですね!(^^)

107話考察!ヒストリア妊娠とエレンの恋愛展開を検証!
107話考察!氷爆石を検証!巨大樹の森、黒金竹との関係も!
107話考察!時系列まとめ!ミカサとヒストリアのw妊娠はあるのか?
107話考察!サシャの墓参り場面から家族と作者の思いを検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. kng より:

    管理人さま、初めまして!!いつも楽しく拝見させて頂いてます。

    さっそくですが、今回の巨人化痕と50話での巨人化痕の共通点は「怒り」なのではと推測します。怒りによって巨人の力を最大限使えるようになり、急速に手を再生させ、王家との接触により始祖の力を使ったのが50話なのではないか。
    また、エレンの性格がマーレ編以降かなり攻撃的に変わっている印象を持ちました。これはエレンが始祖の巨人に支配されつつある影響なのではと思いました。
    始祖の巨人は大地の悪魔から授かった能力であるため、人間の為に存在するものではなく、やはり悪魔にとって必要な存在なのではないかと。以上から、自傷行為が無くて巨人化痕が発生している起因は怒りで、50話、107話のエレンは巨人の力を使う意思は無い状態だったが、怒りによって使うつもりの無い巨人の力が出てしまった。エレンは始祖の巨人=悪魔の意思に乗っ取られつつあり、自分の感情や巨人の力を抑える事が出来なくなってきているのではないか。自傷行為は人間から巨人になるきっかけですが、完全に始祖の巨人に支配された状態ではすでに人間ではなくなってしまうため、特に自傷行為は必要なく巨人の力を自由に使えるのでは。
    現在のエレンは巨人の力を以前よりも制御出来てなく、巨人=悪魔に支配されつつあるかなり危険な状態なのではないかと思います。おそらく、フリッツ王はそれに気付いて、完全に巨人に支配されずに巨人の力を人間の為に使うため、不戦の契りと13年周期での継承を能力者に科したのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      始祖に支配はあるかもですが、トロスト区の大岩を持ち上げた時に打ち克ったと思っていたのでこの展開が来たら悔しいですよ❗
      これからのエレンの巨人化痕は要チェックですね❗

      管理人アース

  2. rpson より:

    エレンの怒りの感情によって発生してると考えます。
    ミカサの前に立ちダイナ巨人に向かって殴りかかった時エレンは多分何もできない自分への怒りで巨人かの跡が出て来たのかと考えます。
    ハンジの胸ぐらを掴んだ時は多分自分もこんなことをしたくなかったがやるしかなかった状況に向けての怒りで巨人の跡ができたのではないかと思います。練度が高いのもあると思いますが怒りの感情によって巨人の跡ができてると考えると状況的に納得できると考えました。これが進撃の能力なのかもしれません。

    • 管理人アース より:

      自傷行為が無くても巨人化痕が登場する、というのが進撃の能力だとしたら、もしかしたら「怒り」に関しての能力があるのかもですね!

      管理人アース

  3. 二度目の投稿 より:

    こんばんは。団長。
    前に3体目の巨人を捕食したから、ビキビキが出たのでは?と書きましたが、50話の件、全く気付いてなかったです!(泣)
    この進撃の話、スッゲー前の伏線の回収が突然来るから、後で「マジかー」って多いですよね。

    • 管理人アース より:

      >スッゲー前の伏線の回収が突然来るから
      ですよね!
      その時点で「あ、これそういう意味の伏線だったんだ!」と気付かされるパターンがあるので怖いですよ!(笑)

      管理人アース

  4. 青い戦鎚 より:

    エレンは戦鎚の能力を宿してますから、巨人のうなじ部分にいなくても、巨人化する(生成する)ことができるわけですよね。
    ハンジの胸ぐらを掴んだ時に巨人化痕が生じたのは、巨人のうなじにいなくても、管で繋がった状態でも巨人化できる能力を発動させる途中(もちろん、巨人化してやろうか?という脅し)だったのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      そういう意味だとも考えられますよね。
      ただ、やはりそうだとしても自傷行為なしで巨人化痕が出ているのは特別ですよね!
      これも練度の問題なのかもですが。

      管理人アース

  5. sukekiyo より:

    こんばんは。

    エレンの巨人化痕、記事を読ませて頂くまで気づいていませんでした…!Σ( ̄□ ̄;)

    言われて初めて「あ、本当だ!」と思った次第です(笑)
    そこで初めてハンジが王家血統?との辻褄が合いました。

    確かに「進撃の巨人」の能力も未だ謎ですが、巨人化するには自傷行為以外に意思の強さも重要だったかと思います。ダイナ巨人に接触する直前と今回ハンジに掴みかかった場面で共通しているのはいずれもエレンが強い憤り(107話時点では別の解決法が見つからずヒストリアを犠牲にせざるを得なかったことに対して)を見せていたことです。

    あと他の方もおっしゃるように巨人化の練度も関係していると思いますね。以前と違い感情をコントロールする術は身に付けているように思いますが、三体の巨人を取り込んだことで力を制御するのも大変なのではないかと思いました。暴発はしないけれど持て余してる感はある、みたいな。

    顔の巨人化痕が進撃の能力に由来するかどうかは分かりませんが感情や意思の強さは影響していそうな気がしています。

    • 管理人アース より:

      共通点は「強い憤り」ですよね。
      「巨人化するには自傷行為以外に意思の強さも重要」から、巨人化自体に精神的作用も絡んでくることから、この巨人化痕も「強い憤り」に反応して出たのかもですね!
      ヒストリア妊娠展開とともに、この後のエレンの登場が気になりますよ!

      管理人アース

  6. リヴァイ大好き より:

     こんにちわ。
     気づきませんでしたが、確かに座標発動時に巨人化痕出てますね。
     ハンネスさんを助けようと焦っている時には出なくて、ミカサを守りたいと思った時に、体の修復が進み、巨人化痕が、出たんですね。
     そして今回は、ハンジさんに対して怒りを覚えたから?
     そんなことないですよね、きっと。ハンジさんには怒りは向いてはいない。ヒストリアを守り切れない自分に怒りを覚えるのならわかりますが。
     んー。
     「誰かを心底守りたい」って、思った時に出る?ハンネスさんの時には、助けたいとは思ったけど、「守る」とは違ったから?焦りの気持ちが強過ぎた?
     「進撃の巨人」は、自由を追い求めているんですよね。
     自由と、守る。(「人を愛せ」にかかるような)
     ヒストリアは、現時点では、自由から程遠いところにいそうですし、ミカサもあの時、死を覚悟(生きる自由の放棄?)したからの告白だったでしょうし。

     自由を追い求める進撃の巨人ならではの能力の発動。確かにそんな気がします。

     でも「自由」が能力って、すごいですよね。抽象的過ぎるし、喰らった人の個性もあるだろうし、だけど、その分、喰らった人と、進撃の能力の相性がいい場合には、強力な武器になりそうですね。
     「進撃」が、マーレに渡らなかったのもその能力所以ってことかな?。
     
     読みそこなっているかもですが、マーレは「進撃」は、フィリッツ王とともにパラディにいると思っていたんでしょうか?
     一緒にいてもおかしくないと思われていたのなら、一番の王の側近の巨人だったことになるのかな。でも王は、「進撃」もパラディに連れて行っていない。
     王が職場放棄して一時の楽園作りの名目で、パラディに行っちゃった時、アッカーマンは、その性質から付き添ったけど、「進撃」は、ついて行かなかった。自由なんて、ないと思ったから?マーレに残る羽目になった一般エルディア人の自由を守るため?

     うーん。

     取り留めない独り言でした。

    • 管理人アース より:

      >マーレは「進撃」は、フィリッツ王とともにパラディにいると思っていたんでしょうか?
      93話でジークがマガト隊長に話す場面で、「革命軍の残党フクロウが隠し持っていた『進撃の巨人』」と言っているので、ある程度は進撃の巨人の動向は把握していたのかなと思われますね!

      管理人アース

  7. 暴食のサシャ より:

    エレンに巨人化痕が出来たのは知性巨人の取り込み過ぎが原因ではないでしょうか。
    9つの巨人をすべて1人で宿したらどうなるのかという話が今後出て来ると思うので伏線では?
    ユミル・フレッツが初めて巨人化した時の傷が目の下についた傷でそれの名残なんじゃないかなあと考えてます。聖痕みたいなものですね。
    イルゼ・ラングナーが出会ったしゃべる巨人は目の下をバリバリ引き裂いてましたが、巨人化痕と似てるのが気になります。痕が描かれだしたのはライナー達が巨人だと発覚した後からなので関係ないとは思いますが。
    それとエレンに巨人化痕が出来た後のコマでエレンが手以外黒く塗りつぶされて描かれているのに違和感を感じます。
    進撃でキャラクターが塗りつぶされて描かれたことって少ない(私は記憶にない)ですが体にも変化が出てるかもしれませんね。

    • 管理人アース より:

      複数の巨人を所有しているのはエレンだけなのであり得る予想ですよね!これからのエレンの描写には要注意ですよ❗

      管理人アース

  8. 進撃の個人 より:

    エレンの考え方は昔からシンプルですよね。

    「勝てなきゃ、死ぬ
    勝てば、生きる
    戦わなければ、勝てない」

    サシャの墓の前でミカサが呟いてましたが、ミカサには最後の「戦わなければならない」に迷いがあるため、そこのセリフはエレンのコマ割りになったのでしょう。アルミンもハンジもまだそこまでの決意になっていない。ただ1人エレンだけが「戦わなければ勝てない」。それがエルディア人が生き残る唯一の手段だと信じているのでしょう。

    だからそこまでの覚悟がない周りにイラついていて、それが今回ハンジに向けられたのだと思ってます。

    その純粋さがリスキーにも感じますが、別の意味でリスキーな方向に走るガビとぶつかってプラスマイナスゼロにならないかなぁとも考えてます。

    • 管理人アース より:

      プラスマイナスゼロになるかもと思いますよ❗
      二人が重なる展開はあるかなと❗
      ただ、そのゼロがどのような形で展開するのか気になります( ̄▽ ̄;)
      プラスマイナス▶プラス(良い方向)にならないかな?

      管理人アース

  9. マーレ編で、エレンがライナーと握手を
    した直後に 巨人化しています。
    この時、巨人化痕こそ現れなかったです
    が、自傷行為なしに巨人化するという、
    これまでなかった事をやっています。
    エレンの巨人化錬度が、相当に上がって
    いるのかと思います。

    • 管理人アース より:

      握手の時は、たしか手に怪我をしておりファルコか指摘していました。
      ただ、怪我をしていながら巨人化せずコントロールしている所から練度を感じますね❗

      管理人アース

  10. なり より:

    アース団長、いつも深いところまでの考察ありがとうございます。2回目の投稿となりますがよろしくお願いいたします。
    さて今回のエレンの巨人化痕の説ですが、私個人は「今まさに食った戦鎚の能力を見えないところに発現しようとした(あるいはこの瞬間した)のでは?」を推したいと思います。それをする理由としては、団長の仰る通りハンジ(含む104期以外の調査兵団及び首脳陣)への脅しも多分に含まれていると思います。あのやり取りは「その気になれば俺はいつでも”この力を使って”ここから出られるし外の情報収集もできる。勿論、その気になればアンタ達を皆殺しにすることも。アンタたちが裏で何を企もうと、俺を止めることはできない。そして始祖を宿す自分を殺すことも出来ない。だから俺のやりたいようにやらせろ。時間いっぱいかけてもヒストリアを犠牲にしない方法が見つからなかったんだ。だったら、パラディ島以外の人間全部絶滅させる以外方法がないじゃないですか!今更ながらそれが間違いだと、どうして実行者の俺に言うんですか!じゃあ、そんな方法があったなら教えてくださいよ!それ以上のいい方法があるっていうなら!アンタ達があれやこれや話し合いばかりで決めるものも決められなかったから、もう時間がないんですよ!分かってるんですか!?」と言う意味ではないかなと。ジークの寿命も迫っているから早く島に連れて来なければならなかったし、首脳陣は頑なにジークとの接触を警戒し、未だ信用出来ないとイェレナ達を銃で拘束しました。エレンにはそれらが手ぬるいと感じたか、ジークの時間切れに対する焦りもあったのではないでしょうか。王家の血筋の者と接触しなければ地ならしは起こせない。でもハンジ達はそれを良しとせずこのままジークが死ぬまでエレンと会わせないつもりかもしれないとエレン自身が疑念を持ってしまっているとしたら。それが募った結果、マーレ強襲という強硬手段でジークを迎えに行き、例え懲罰により自分が閉じ込められても外を自由に動ける戦鎚の能力を得たのでは。戦鎚の能力があれば、外から遠隔操作のように独房含む建物は破壊可能でしょうし、それをせずとも視覚聴覚なども閉じ込められたまま戦鎚の視点で知覚できるのではないかと。脱出をしてどこかに隠れながら戦鎚の能力を使えば、エレン本体が見つからない限り即再生でき、一方的に相手を蹂躙できます。それをクルーガーかフリーダの記憶から知り、食おうと決意したのかも知れません。
    一度エレンを突き放すように言ったハンジですが、エレンは貴重な戦力。なんとか彼を宥めようと再び距離を取りに来たのでしょうけれど、エレンの逆鱗に触れて、裏目に出ちゃったように思います。常に自由を求めたという進撃の巨人。その能力者エレンも、組織という枠組みでは収まり切れないのかもしれませんね。この数年間、トップの話し合いは一向に進まず、無駄に時間が経つばかり。エレンの目には首脳陣はとんでもなく無能で、臆病だと感じたのではないでしょうか。

    • 管理人アース より:

      エレンの巨人化痕が戦鎚の能力によるもの、という考察面白いですね!
      となると、108話で戦鎚の能力が発現された展開が起こるかもですね!
      これは面白いです!

      >エレンの目には首脳陣はとんでもなく無能で、臆病だと感じたのでは
      これも納得できる考察ですよ!
      これまで力も知識も無かったエレンですが、現在は両方とも持っている状態です。
      エレンはこれらに振り回されている、舞い上がっているような感じかなと。
      これらを使いこなし、乗り越え成長するエレンを見たいですね!

      管理人アース

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です