ネタバレ考察

【進撃の巨人】ネタバレ104話考察!鎧無し巨人ライナーマンを検証!不完全体か?

みんなの味方ライナーマン!

思わずそう叫んでしまったライナー巨人が登場した場面は、104話でも最も盛り上がった場面だと言って良いでしょう!

むちゃくちゃカッコイイ登場シーンでしたよね!

ただ気になるのは、その容姿です。

その姿は「鎧の巨人」ではなく「ライナー巨人」となっていました。

なぜ、このような容姿となっていたのでしょうか?

検証してみましょう!

◆ライナーが鎧の巨人ではなかった理由を検証!

2018-04-07_081744

「進撃の巨人」第104話「勝者」より

104話でガビとファルコの助けを呼ぶ叫びに目を覚まし、カッコよく顎の巨人をエレンゲリオンから救出した鎧の巨人ライナーですが、その容姿は完全に「鎧の巨人」ではありませんでした。

これは「鎧の巨人」ではなく、どちらかというと「ライナーがそのまま大きくなった」状態でした。

アリさんマークの引越社のCMに出てくる赤井英和さん巨人、みたいな感じですね(笑)

ではライナーはなぜ、このような容姿で巨人化したのでしょうか?

おそらくこれは「不完全な鎧の巨人」という状態なのでは、と管理人アースは考察します。

エレンが巨人化できたのはなぜ?理由を考察!でも巨人化の条件を述べていますが、一言で言うと「はっきりとした目的を持ち、自傷行為を行う」という事になります。

今回のライナーの巨人化での「自傷行為」に関しては、ファルコを守っている時点で巨人化しており、これはエレンの巨人化からファルコを守る際に手を噛み切っている場面が103話冒頭に登場しているので、この時の傷だと考えて良さそうです。

ただ、この時の「はっきりとした目的」はファルコを守るためであり、そのため巨人化の形状はファルコを守るための巨人の手で包み込むような形となっていました。
2018-03-19_141556

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

そしてその状態でファルコを守ってからは目的が達成されたため、直前の「死にたい」という精神状態が反映され「意識がない」状態となり、このまま死亡するのではとも思える状態となっていました。

ここからファルコとガビの叫びによりライナーは巨人化しますが、「鎧の巨人」とはなっておらずライナーがそのまま巨人となっている状態でした。

やはりこれは「ライナーの精神状態の反映」だと思われますね!

ファルコとガビの叫びで無理やり目を覚まされた状態であり、自己否定からの「死にたい」という気持ちは吹っ切れていないからこのような状態なのでは、と感じられます。

それなのに立ち上がるライナー!というのは、完全に主人公キャラであり、まさに「ライナーマン」ですよね!(笑)

この時のライナーを細かく見てみましょう!

ファルコとガビの叫びにより巨人化したライナーの姿は、いつもの鎧の巨人とは違い全く鎧には覆われておらず、むき出しの状態でした。
2018-04-16_053920

「進撃の巨人」第104話「勝者」より

肩周りや肘周りに見える突起状の物は、いつもは覆っているはずの鎧が覆われず剥がれている感じでしょうか?

そして注目すべきはその顔です。
2018-04-16_053950

「進撃の巨人」第104話「勝者」より

いつもの鎧の巨人の顔ではなく、ライナーの顔そのままとなっています!

いつもの鎧の巨人と比べてみましょう!
2018-04-16_054015

「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より

顔は完全に鎧で覆われていますし、肩や腕周りもキチンと鎧で覆われています。

特に顔の部分は全く違いますね!
2018-04-16_053950-horz

「進撃の巨人」第104話、第43話より

ただ、こうやって見ると完全な鎧の巨人でも髪の毛は出ていますよね?

となると、この鎧の巨人の顔の中身はもしかしたら「まんまライナーなのかも」とも思いました。

つまり、今回104話で登場したライナー巨人はたしかに不完全な鎧の巨人なのですが、いつもならここから硬質化物質による鎧がまとうはずなのですが、それが出来ていない状態なのかなと。

要は、いつもの鎧の巨人でも中身はライナー巨人にはなっているのかなと感じました。

ただ、鎧では覆われていないだけであり、これこそ今のライナーの精神状態を表しているようにも見えますよね?

「むき出しで自分を守ろうとしていない」ライナーの精神状態が…(´;ω;`)

ここまでの考察では、104話のライナー巨人は精神状態を表しており、不完全な鎧の巨人なのではと考察できました。

それでは105話以降のライナーは、復活するのでしょうか?

さらに考察を続けましょう!

◆ライナーは復活するのか予想?

2018-04-16_061618

「進撃の巨人」第14話「原初的欲求」より

今回のライナーが巨人化する場面は、4巻第14話の外からのアルミンの呼びかけに呼応して眠りから覚めるエレンの場面と似ています。

14話の考察!「原初的欲求」の伏線ポイントまとめ!にてこの場面のエレンは「初代王の思想に取り込まれそうになっていた」と考察していますが、この考察は現在でも変わっていません。

こう考えると、104話のライナーは自分が許せなく自己否定し、自分の殻に閉じこもっていたのだと考えられるので14話のエレンとはちょっと違うかもしれませんが、内側に閉じこもろうとしているところを親しい人間の外からの呼びかけに反応し自分を取り戻すという展開は、かなり似ていますね!

ただ、ライナーは仲間ポルコの為に目を覚まし、エレンは自分が壁の外に出るという「自分の夢のため」に目を覚ましましたが!(笑)

ではこの後、ライナーは第14話のエレンと同じように自分を取り戻し復活するのでしょうか?

管理人アースは、ちょっと難しいのではないかと感じます。

14話で復活したエレンゲリオンは、完全にいつもと同じ状態で巨人化できていました。
2015-10-14_083627

「進撃の巨人」第14話「原初的欲求」より

これは復活したエレンが、完全にいつものエレンとして自分を取り戻していた事を表していると思われます。

これに比べライナーは自分を取り戻しておらず、自己否定も乗り越えれていません。

おそらく105話でも、ライナーはまだ自分を取り戻せていないのではないかと予想できますよね!

ここから105話でもライナーは自己否定の状態で登場するのでは、と思われます!

では、ライナーはこのままの状態で展開していくのでしょうか?

管理人アースは、ガビと絡み状態が動くのではと妄想しております!

今回の考察では、104話のライナー巨人は不完全な精神状態であるために鎧をまとっていない状態であり、105話でも自分を取り戻せていない状態で登場するのではと予想できました!

今後のライナーにも、要注目ですね!(*^^*)

104話考察!オニャンコポンはポスト・モブリットか考察!
104話考察!ファルコの「…」を検証!ピークは何を語ったか?
104話考察!ポルコは戦鎚を継承したのか検証!
104話考察!パンツァー隊の生き残りを検証!ダッキ君の役割とは?
104話考察!アルミン超大型の容姿を検証!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ギラ より:

    アースさん お疲れ様です。

    ひとつ疑問なのですが・・・・
    1巨人化には、1自傷行為がセットだとしたら、ファルコを護るための手の平巨人化の自傷行為は、今回の不完全ライナーマン巨人化には適用されないと思います。

    という事は、手の平巨人の中でライナーは再度自傷行為をしたという事になりますね。
    舌でも噛み切ったんでしょうかね?

    マーレとしても、もはや生きる気力も無くし、不完全な巨人にしかなれないライナーから、次の継承者に鎧を移すのは必然だと思います。
    というわけで、ガビかファルコが鎧を継承する日が近いと感じています。

    • 管理人アース より:

      >ガビかファルコが鎧を継承する日が近いと
      この場面を思い浮かべたらちょっと泣きそうになりました(´;ω;`)
      ライナー退場はありますよね…
      できれば最後まで引っ張って欲しいですが…無理だろうな・・・

      管理人アース

  2. マキ より:

    以前、ガビとファルコの脱落予想に関してアンケートの結果は「両方生存」が多かったという記事がありましたが、これは要するに「ライナーが脱落してないから」かなと思います。
    ライナーが脱落すれば自然と2人も役割を終えるし、逆にライナーが生きてる内は脱落しないのかもしれませんね。

    まぁ、エレン達をガビが追いかけてますし、
    両方が生き残れるかは微妙ですが

    • 管理人アース より:

      ライナーが脱落=ガビ、ファルコの退場は面白い考察ですね!
      でも、言われる事は分かります。
      二人ともライナー関係の伏線がけっこう貼られていますので!
      同時にファルコがグライスの血統というのも気になっています。
      ここから、ファルコだけ生き残るという可能性もあるかなとも思えますよ!

      管理人アース

  3. ちぎれた付箋 より:

    この記事を読んでいて、ライナーが頭を吹き飛ばされながらも巨人の脳を利用して生きながらえたシーンを思い出し、コミックスの78話「光臨」を読み返しました。

    神経網を通じて巨人の脳に意識を移したライナーを発見したベルトルトは「これは…最後の手段だ。まさか本当にやるなんて…」と言っており、かなりリスクを伴う行為だったことが読み取れます。

    その後作中でライナーに後遺症などは見られませんでしたが、今回の鎧が剥がれたライナー巨人がその後遺症なのではないかと考えました。

    ライナーの神経が鎧の巨人の神経に移行したことで巨人との同化が進行しているという可能性があるのではないでしょうか?

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      ただ、スラバ要塞では普通に鎧の巨人となっていたので、シガンシナ区決戦の後遺症は無いのではとも感じます。

      管理人アース

  4. 次列三・伝達 より:

    連続投稿すみません!

    そういえば、第70話「いつか見た夢」のライナーは、“髪”が見えていましたよ☆

    • 管理人アース より:

      そうですね!
      鎧をまとっていなかったのはそういう精神状態だったからだと思われますよ!

      管理人アース

  5. 次列三・伝達 より:

    おはようございます☆

    団長、皆さん考察お疲れ様です☆

    鎧が硬質化してなかった理由を私の考察で。

    第70話の「いつか見た夢」で鎧は獣にアニ奪還か座標奪還かでバトルしボコボコにされてます。

    その鎧の描写は顔の硬質化が剥がれ、“皮膚の無い顔”でした。

    ライナーの普段通りの意識なら“皮膚が厚く硬質化”出来るのでは無いかと思います。

    逆に今回は、死ぬつもり?だったのにガビとファルコの叫びに応え、何とかガリアード奪還の為に巨人化しました。

    死ぬつもりだったので、“硬質化を放棄した”描写だったのでは無いかと思います。

    こんなにメンタルがやられているライナーを見ていると辛いですね。

    次回以降が凄く心配です。

    例え敵であろうと…。

    コロンガスさんの考察は、おお!なるほど!!と納得しました。
    素晴らしい考察です☆

  6. 考察初心者🔰 より:

    管理人様♪更新ありがとうございます😊

    本当に104話だけ読むと、まるでライナーが主人公の様な感じにみえますね✨

    自分は長く、ライナーは役割を終えて死亡退場と予想していたんですが…

    105話、以降もマーレ側の重要キャラとして登場しそうですね😆

    ライナー自身は望んで無いとゆう点が、ミソですね✨

    ライナーが好む、好まないに関わらず今のマーレにとっては鎧の巨人の重要性は更に高まると思います❗️

    パラディ側の実情を知るライナーは更なる苦悩を抱えながらも鎧の巨人として、どう活躍するのか楽しみです✨

    マガトやポッコとの対立、おそらく裏切ってパラディ側につくジークへの思い、ピークとの関係性、ガビ&ファルコへの思いetc…

    諌山先生😅「ドSか❗️」と叫びたくなる様なライナーイジリの展開に期待大です✨

    • 管理人アース より:

      この後はマガト隊長が活躍するのではないかと、何気に思っていますよ!

      管理人アース

  7. 進撃のデブ より:

    アースさん、おはようございます。

    僕はこの鎧の巨人は鎧が剥がれただけだと思います。
    理由は11巻の表紙の鎧の巨人は、金髪だからです。

    それで、鎧をまとえなかった理由は、精神状態が不安定だったからだと思いました。

  8. コンロガス より:

    「ライナーは今は殺せやしないだろう」は、エレン達が、だと思います。つまり「ライナー(のこと)は(エレンが巨人の力を使い果たし、ライナーが仰向けで寝っ転がっている)今は(エレン達には)殺せやしないだろう」です。

    ライナーもピークもポルコもこの闘いが完全に終わるまではまともな状態には戻らないと思います。下手をしたら闘いの後日談的なエピソードでも3人とも入院しているとか、ライナーだけは意識を失ったままとか、あり得るかもしれません。

    • 管理人アース より:

      なるほどですね❗
      ありがとうございます❗
      後日談的展開、ありそうです!

      管理人アース

  9. ランニング より:

    不完全体で思うのがフリーダも不完全体だったのではないか、ピークやヴィリー妹の巨人は女性っぽくなかったので。
    104話の終わりの方でエレンが「ライナーは今は殺せやしないだろう」と言う様に、エレン達を殺せないと思うが、
    ガビとファルコの叫びで邪魔したので、この二人が今後どのように行動するかが、ライナーの行動を決めるかと。

    • 管理人アース より:

      フリーダ巨人の不完全体説は面白いですね!

      それもそうですが『「ライナーは今は殺せやしないだろう」と言う様に、エレン達を殺せないと思うが』を読み「なるほど!」と感じました。
      このセリフを管理人アースは「エレンがライナーを殺せないだろう」という意味で読んでおり意味が分からなかったので(;´Д`)
      この意味で読み意味がわかりました!
      ありがとうございます!

      管理人アース

  10. 青い戦鎚 より:

    戦鎚の「鎚」の部分を「槌」から「鎚」に修正しました、青い戦鎚です!どうでもいいですが(笑)

    どなたかが書かれていたと思いますが、ライナー顔の巨人のうなじから、ライナー本体が出てくる光景を想像すると、なんだかグロさを感じますね…(^_^;)
    それとも、この不完全ライナー巨人は、そのまま小さくなってライナーに戻るとか、何かいつもと違ったりするんでしょうか…。
    ちなみに不完全巨人といえば、エレンが榴弾からミカサとアルミンを護ろうとして骸骨の上半身みたいな巨人になったのを思い出しますね。
    あれもとにかく二人を護る!という意思だけが強く出た結果でしたよね。
    あと、落ちたスプーンを拾おうとして手だけ巨人化したりとか…。
    今回のライナー不完全巨人は、そのどちらとも違っていますが、その「意思」によって巨人化が左右されるというのは、一つの興味深いポイントですよね。

    • 管理人アース より:

      >「意思」によって巨人化が左右されるというのは
      ですね!
      体力だけではなく「意思」によって巨人の容姿も変わるというのは要チェックですよ!

      管理人アース

ランニング にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です