ジーク・イェーガー

【進撃の巨人】ネタバレ103話考察!獣の巨人@ジーク死亡か!?リヴァイとの関係を考察!

獣の巨人@ジーク死亡か!?

103話「強襲」ではマーレの巨人と調査兵団の戦いが繰り広げられ、調査兵団優勢という形で終わりました。

その中で最も強烈だったのは、リヴァイ兵長によって獣の巨人が倒された場面です。

獣の巨人@ジークは死亡したのでしょうか?

それとも生きており、死亡したように見せかけたジークの作戦なのか?

検証してみましょう!

◆103話考察!獣の巨人@ジークは倒されたのか検証!

2018-03-08_044213

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

103話はまさに「マーレの戦士VS調査兵団」という展開でした。

冒頭から一進一退の攻防が繰り広げられますが、超大型巨人の巨人化による爆発から形勢が変わります。

この調査兵団の攻撃により、港に押し寄せていた軍艦が爆破され、調査兵団に退路が生まれます。

それが合図だったかのように、リヴァイ兵長がいきなり獣の巨人のうなじを削ぎ、手榴弾にて爆発し、獣の巨人を倒します。

それに動揺したかのように、車力の巨人@ピークも倒されます。

このように調査兵団優勢という形で103話は終わりましたが、気になるのは獣の巨人@ジークが本当にリヴァイ兵長に倒されたのか?というところです。

ここはコメントでも最も多かったポイントであり、「ジーク死亡?」が、みなさんの関心の高さも窺えます。

まいんちゃんさんは「一見リヴァイが攻撃した感じに見えますが私にはうなじから飛び出した描写に見えました。あっけなさすぎる=ジークエルディア側説を信じる私としては、リヴァイが攻撃した描写ではなくジークが立体起動で離脱したのでは?」とコメントをしてくれました。

このコマの事ですよね!
2018-03-09_073325

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

たしかに、リヴァイ兵長がうなじにアタックをかけている描写というよりも、「うなじからジークが離脱する描写」に見えますね!

さらに巨人化学毛根再生術研究員さんは、「アルミンの爆発に全員が気を取られている内に巨人から抜け出していると思います。つまり、パラディ側と繋がっている若しくは単独行動だと思います。」と予想されています。

なるほど!

アルミンの超大型巨人化爆発の場面でジークが既に離脱しているのではという考察ですね!

ちょっと見てみましょう!

一進一退の攻防を繰り広げている中、獣の巨人は辺り一帯を石つぶてにて平らにし、カッコよくリヴァイを挑発します。
2018-03-08_065246

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

その後、アルミン@超大型巨人の爆発が起こります、

この時、超大型巨人の蒸気により、かなり視界が悪くなっています。
2018-03-09_073223

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

ガリアードが単騎行動に出ますが、この時にジークは発言していません。
2018-03-09_073252

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

その後いきなり獣の巨人のうなじから出血している描写があり、
2018-03-08_065322

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

それがリヴァイ兵長による攻撃のためだと分かります。

そしてうなじを手榴弾で爆発させます。
2018-03-09_073345

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

巨人化学毛根再生術研究員さんの考察では、蒸気にて視界が悪くなっている場面辺りでジークが離脱しており、うなじから出血している辺りでは既にジークはいなくなっているのでは、という予想でしょう!

これも面白い考察ですよね!

まいんちゃんさん!

巨人化学毛根再生術研究員さん!

非常に面白い考察をありがとうございます!

どちらも「ジークは離脱しており、死亡していない」という予想となっていますね!

管理人アースもさすがにここでジークが死亡しているとは思えません!

やはり、離脱していたのでしょう!

超大型巨人の蒸気に紛れてか、リヴァイ兵長の攻撃の直前のどちらかのタイミングで離脱していたのだと思います。

102話で、明らかに遅い登場となったジークのそれまでの行動は明らかとなっていません。

そして登場してから、ジークの顔の描写はありますが、どのような服装をしているのかの描写がありません
2018-02-11_081336

「進撃の巨人」102話「後の祭り」より

もしかしたら立体機動装置を身に着けていたのではないでしょうか?

そして登場が遅くなったのも、立体機動装置を身に着ける時間がかかったからではないでしょうか?

そして、それはもしかしたらミケの立体機動装置だったとか…(泣)

管理人アースは、ジークが蒸気にまぎれて立体機動装置にて離脱したと予想します!

そしてリヴァイ兵長が手榴弾で獣のうなじを爆発させたのも、ジークが離脱した痕跡を消す為だったのではないでしょうか?

本人は粉々になり、死亡したと思わせる為だとか…

このように考察します!

では、もしこの考察通りだとするとジーク戦士長はパラディ側、そしてリヴァイ兵長とも繋がっている事になります。

そのような事があるのでしょうか?

さらに考察してみましょう!

◆リヴァイ兵長も通じているのか?

2018-02-11_060555

「進撃の巨人」第97話「手から手へ」より

これまでエレンとジークが繋がっているのではという伏線は作中にて多く散りばめられており、特に最近では102話考察!ジークとエレンは繋がっているのか検証!にて考察しています。

今回もジークがエレンの味方だという伏線っぽい描写がありましたね!
2018-03-08_044124

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

もちろんこの「敵じゃない」は「エレン・イェーガーは、とるに足らない相手だ」という意味のセリフでしょうが、諫山先生お得意のWミーニングで「エレンの味方だ」という意味での伏線に感じられます。

さらにこの後の「出てこいよリヴァイ」「時間が無いんだろ?」も「そろそろ離脱の時間だよな?」「出る準備しとけよリヴァイ」みたいな意味も察せられます(笑)
2018-03-08_065246

「進撃の巨人」第103話「強襲」より

ただ、今回もしこのような考察通りジークがリヴァイ兵長に仕留められておらず脱出しているのであれば、エレンだけではなくリヴァイ兵長とジークも繋がっていることになるでしょう。

ここでふと思い出したのですが、以前行なった97話考察!エレンの手紙からの展開を予想!にて、エレンの手紙について考察しました。

ここでエレンの手紙の相手が「ジーク」と「リヴァイ」と両方の可能性が高いなと管理人アースは感じていました。

「家族に宛てた手紙」とエレンは言っておりながら伏線としては「リヴァイ兵長宛」となっていました。

ここから、もしかしたら手紙はジークとリヴァイ兵長の両方とやり取りしていたのかもしれないと感じられたのです。

そうなれば、エレンを介してジークとリヴァイ兵長が繋がる展開があってもおかしくはないですよね!

となれば、今回ジークはリヴァイ兵長に倒されてはおらず脱出している可能性が高いと考えられます!

ではジークはどこに行ったのか?

間違いなくパラディ側に付いたということでしょう!

おそらく今回パラディ側がマーレを強襲したのは、「ジーク奪取」が目的だったのではと考えられます!

そこからパラディ側の作戦はこれにて成功したことになるので、後は104話は撤退する展開になるのかなと予想できますね!

ジークと一緒にリヴァイ兵長とエレン、調査兵団がパラディ島に帰る場面…

むっちゃ妄想が広がりますよ(笑)

今回の考察からは「ジークはパラディ側全体と繋がっていたのでは」と考察できました!

エレン、リヴァイ、ハンジ達とジークが会話する場面が楽しみです!\(^o^)/

【追記】

105話にてジークがパラディ側、エレンと繋がっていたことが確定しました!

この考察は、ある程度当たっていましたね!

103話「強襲」あらすじ感想考察!
104話あらすじ!

アニメやマンガが見放題
進撃の巨人を無料で楽しむ方法

進撃の巨人のアニメやマンガを楽しむならU-NEXTがおすすめです!

今だけ31日間の無料トライアルがあるので、進撃の巨人のシーズン1、シーズン2、シーズン3、劇場版が見放題です!

初回特典でU-NEXTで「600ポイント」が無料でもらえるので、進撃の巨人の最新刊も無料で見ることができますよ!

U-NEXTは解約もワンクリックでできるので、安心して無料トライアルを楽しめます⭐️

評判&口コミ公式ページ

\無料キャンペーンあり/

VODランキングはコチラ

↑タップでコスパ比較↑

POSTED COMMENT

  1. ジークは アニや 戦鎚と同じく、体を水晶体で
    覆っているのでは?

    というのは、リヴァイが一太刀入れた場面の
    アップの顔に、「やられた」 みたいな悔しさが
    出ているように見えるのです。
    そこで、ブレードでは到底 歯が立たないので、
    爆弾に切りかえた。
    爆弾でも効かないのは、戦鎚で実証済みです
    が、マーレへの精神的ダメージを狙ったと思う
    のです。
    結果、車力は狼狽し 撃沈。

    一方のジークは、リヴァイのブレードで倒れて
    います。 が、これは水晶体と巨人を繋いでいる
    ケーブルが切られたからか。
    あるいは、死んだふりの芝居かもしれません。
    何れにせよ、ジークは水晶体の中で 生きている
    と思われます。

    と同時に、ジークなら 水晶体の壊し方も知って
    いるはずです。
    それが、戦鎚やアニの開放にも繋がっていくの
    では と想像します。

    とにかく、ジークはシガンシナ区決戦で 硬質化
    が間に合わず、リヴァイのスピードに不覚を
    取っています。
    その経験から、今度は最初から水晶体を作って
    その中に居た。 または、超大型の爆発に危機を
    感じ、水晶体を作って中に入った。
    ジークには そうした能力があり、策をとっている
    と思うのです。

    • 管理人アース より:

      面白いですね!
      となると次回獣の巨人復活!リヴァイと対戦!という展開もあるかもですね❗

      管理人アース

  2. 気まぐれ より:

    確かにジークだけは服装がわからないようになっていますね!脱出のタイミングはさておき、立体機動装置をつけている可能性は高そうです。
    ただ、ミケのは装置の一部しか持って帰っていないはずなので、直前にパラディ側から一式渡されたか、ウォールマリア奪還作戦の前か後に兵士の死体などから回収した物かなと考えています。車力の鞍には樽トルト以外の荷物も積まれていたことですし、(持ち込んだ食糧の残りも含まれるでしょうが)帰国にあたり調査目的で持ち帰りたい物もたくさんあったかと思います。

    訓練はライベルに教われば使いこなせそうですしね。アニ含めマーレの戦士達は優秀でしたので、ジークにも十分素養があるでしょう。
    「悔いなき選択」では正式な訓練無しでも使いこなせる人間が出ていましたし。
    尤も、帰国後は使う機会もなかったでしょうから今使ってもぎこちないかもしれませんが笑

    • 管理人アース より:

      ライベルから立体機動を教わるジークを妄想すると、ぜひ見てみたいですよ!
      訓練風景を見たピークが「さすが戦士長だ」とか(泣)

      管理人アース

  3. みんと より:

    ジークエルディ側説が出てますがちょっと違う仮説を。

    古い話ですが、フクロウは誰の意向で動いていたのでしょう。
    誰の指示でマーレ軍の内通者をしていたのか。
    やがて自身の余命が尽きる前に内通者の役目をジークに継承しますが、おそらくジークが密告する場面にはフクロウも軍人の一人としていたはず。
    つまりジークは子供の頃に内通者として選ばれたと思います。
    そしてもう一つの役目、進撃の巨人はイエーガー先生へ継承しパラディ島へ。
    自身の役目をマーレとパラディ島へ分けた形ですが、その目的は?誰の意向が裏に動いているのか。
    私はそれはヒイズル国ではないかと思います。

    今回ジークは大きな目的がありエレンに接触しエレンがマーレへ潜入。
    その際にパラディ側と意志の違いがありミカサの「エレン早く帰ってきて」発言があったのでは。
    長くなってしまいましたが、ジークがパラディ側というよりジークへの指示を出しているヒイズル国の意向に兄弟二人が動いている気がします。

  4. 住吉チンチン物語 より:

    管理人様、こんばんは。

    自分もジークは生きており、エレンを介して間接的に調査兵団と繋がっていると考えています。
    しかし、完全にパラディ島側に付いたとは思えません。エレン、ジーク、パラディ島側の三者はそれぞれ目的や方向性に違いがあると考えます。
    ・エレン:全ての巨人の殲滅及び敵国マーレの壊滅
    ・ジーク:エルディア人の復権又はエルディア王国の復活
    ・パラディ島側:マーレを含む世界との和平交渉によるパラディ島の安全と存続

    ジークは自らの目的の為には、9つの巨人が必要で、特にエレン(始祖と進撃)は必須と考えており、できればエレンを調査兵団から引き離そうと画策していると思います。
    今回の調査兵団の急襲では、エレンを介して表向き協力的に装い、できれば、マーレ軍、調査兵団ともに潰し合い、弱体化すれば尚良しと考えているのではないでしょうか。
    案外、ピークとポルコを地下の罠に嵌めたのは、ジークの指示かもしれません。

    調査兵団は、既にエレンとの間に溝ができ、繋がりを維持するのに苦労している状況で、今回の急襲の最優先は、独走したエレンの保護と警護、そしてマーレ側の巨人の捕獲ができれば尚良しの作戦だと思います。
    ジークを敵とするか味方とするかは、未だ判断しかねており、とりあえず今回の作戦についてのみ、疑いながら手を組むという感じだと考察しています。

    • 管理人アース より:

      管理人アースもジークとは「一時休戦」だと思っております。
      特にエレンとはまた敵対するかなと。

      管理人アース

  5. 双子座流星群 より:

    ほとんどの声がジーク離脱説を支持していますね。
    その前提でジークがパラディ側に「付く」という場合の「付く」の意味が問題かと思います。

    たしかに、コニーをはじめとする旧調査兵団(現在は「パラディ軍」と呼ぶべきでしょうか)の面々にとって、ジークは決して許すことのできない仇敵でしょう。
    普通の意味で「付く」にしてもパラディ軍のほとんどからは受け入れられないでしょう。

    ここで忘れてはならないのは、ジークの寿命がわずかあと1年だという事実です。
    ジークはおそらく自分をエレンに差し出す(たとえば捕食させる)という形でパラディ側に「付く」ことにしたのではないでしょうか。
    そういう形で話が付いているのならリヴァイも納得して受け入れ、協力するでしょう。

    そして、おそらくこのことはパラディ軍全員が承知していることでもないのでしょう。
    ジャンの制止にもかかわらず、本気で獣に立ち向かっていってパンツァー隊の機銃の餌食となってしまったパラディ兵がいました。

    かつてジークがマーレ軍中枢にパラディ再遠征を提案していましたが、これも同じ考えで、残り僅かとなった寿命の中で、何とかエレンに会って自分を差し出す積もりだったのではないでしょうか。

  6. 兵長の寝室係 より:

    能力的には、エレンとジークが揃えば始祖の力を発動出来るので、ジークを奪取しない手はありませんよね。
    始祖の力をどう使うのかは謎ですが…。

    一時的とはいえ、ジークの身柄の確保の為に、兵長はエルヴィンの仇討ちを我慢しているのでしょうね。
    ジークもまた兵長を憎んでいるけれど、一時的な同盟関係の為に協力しているのでしょう。

    もしもジークが壁の中に行ったら、どんな記憶を語るのでしょうね。
    楽しみです。

  7. 名前はまだない より:

    更新おつかれさまです。毎日楽しく読ませてもらっています!

    私もジークは王家の血筋としての重要性や、主人公の肉親という
    立場、グローブの伏線などもあり、このまま退場とは思えません。

    ジークエルディア側とすると、一点疑問があります。「エレンは敵じゃない」「時間がないんだろ」などの発言をなぜこポコピーの前でしたのか?

    普通に考えるとする必要ない、むしろしない方がいいですよね。

    ここ、考察に採り上げていただきたいです(_ _)

    • 管理人アース より:

      >「エレンは敵じゃない」「時間がないんだろ」などの発言をなぜこポコピーの前でしたのか?
      これ、リヴァイに聞かせる感じですよね。
      おそらくリヴァイのアクションを促しているように感じられます。
      「そろそろ来いよ」とか「オレの事を信用しろよ」とか。
      この時に言う必要性があったのかなと。

      管理人アース

  8. 地下室の謎が知りたい より:

    こんばんわ

    ジークがパラディ島側につくのはちょっとなーと思います。リヴァイもそうですがコニーは絶対納得できなような気がします。
    ライナー達はマーレの命令で壁を破壊しましたが、コニー家族を巨人化したジークは私的行為ですよね。母親以外は死んでしまったわけですし。

    ミカサがエレンに帰ってきて。と発言があることからエレンはジーク側にいてパラディ島側と距離感があるのではないと思います。
    作者が過去にアルミンとエレンの仲違いが起きる的な発言をしてます。

    もしマーレ国が共通の敵なら今回だけはリヴァイとジークの同盟関係だけで今後は敵対関係になるのではないかと思いました。

    • 管理人アース より:

      >マーレ国が共通の敵なら今回だけはリヴァイとジークの同盟関係だけで今後は敵対関係になるのではないかと
      そうですね!
      最終的にはそうなると管理人アースも思っております。
      一時的な休戦状態かなと。

      管理人アース

    • より:

      アルミンとの仲違いに関しては、前回102話、ジャンとフロックの会話抜粋からも、

      ジャン「民間への被害は最小限に抑えろ!」
      フロック「ここにいるのは敵と、敵の住む建物だけだ」
      ジャン「お前まだそんな事言ってるのか!?」
      フロック「エレンは示した、戦えってな」「俺達にはあの悪魔が必要だ」

      辺りからも、どういう立場・方針で進めているかという予想が出来ますね。

      離反するというよりは、侵攻の方針として対立するなら、
      エレンは表向き、フロックのような「ともかく殺っちまえ」派を焚きつける、
      もしくは、惹きつける方向で作戦を提案していたのではないかと。

      侵攻の要となるエレンが「ともかく殺っちまえ」(脳筋)派だとは全く思いませんが、
      ミカサ「エレン…、…お願い、帰ってきて」は、同じく巨人の力を持つ=軸となる戦力である、
      アルミンと多少なりとも(深刻なレベルではないが)進め方に関して対立が生まれたが、
      それらの溝を埋めないまま、計画を始めてしまったのかな、と思っています。

      事象の表はパラディ・マーレですが、エレン、ジークにそれぞれ思惑が有りそうなので、
      この2名の動き次第でどうにでも話が転がりますね。
      特にジークはパラディよりエレンのため、という方向で動いていると思われるため、
      どんな方向に行くのか今のところ全く読めません。

  9. 進撃のデブ より:

    アースさん、こんばんは。

    僕も、ジークエルディア説信者です。1番分かりやすいのは、獣の投石によって調査兵が殺されたような描写がないからです。
    アルミンの巨人化が合図って言うのは、自分も同感です。それに、リヴァイはうなじを縦に切っていると思います。
    ジークは立体機動装置は付けていないと思います。理由は練習なんてできてないと思うので立体機動中、逆に目立ってしまうと思うからです。

  10. より:

    こんばんは ジークなだけにじっくりと考察を読ませて頂きました
    自分もあの時点ではジークは死んでおらず 獣から離脱したと思っています
    あと通常の衣服では到底逃げられないので立体機動を身につけていた可能性についても
    ただ シガンシナ区~ウォールマリアにて民間人・調査兵側に多大な損害を出したジークをパラディ(と調査兵)がどんな気持ちで受け入れるのかと考えます
    パラディに着く(と仮定しても)それを人類の為と承認出来るのがエレンの他にリヴァイもいた という事なのか とか コニーがそれを受け入れるのか分からないので 兵団がエレンやジークをめぐりいずれ分裂してしまうという可能性もありそうです
    考え過ぎなら良いのですが・・

    • 管理人アース より:

      >多大な損害を出したジークをパラディ(と調査兵)がどんな気持ちで受け入れるのかと
      本当にそうですよね!
      ジークがパラディ側に付いたとしても、それは調査兵団の一部だけにしか知らされていないと思います。
      それでもリヴァイやコニー、そして多くの同僚を殺されたハンジ達の気持ちを察するとたまらないですね。
      この辺りにどう落とし所を持っていくのか、これも要チェックです!

      管理人アース

りょう にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です