【進撃の巨人 ネタバレ】103話104話最新あらすじ感想!「強襲」画バレから考察!

第103話「強襲」の内容が明らかとなりました!

まさに「巨人大戦」!!!

ジークが!

そしてピークとポルコとリヴァイ率いる調査兵団が完全激突という展開となっていました!

そんな展開の中、アルミン@超大型巨人が登場!

さらにファルコが登場し、ガビと戦場にて邂逅!

まさに103話の展開は、全てが結びついた展開となりました!

それでは103話のあらすじから、感想考察を見て行きましょう!

Sponsored Link

◆第103話「強襲」あらすじ&内容!

2018-03-08_044037
「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


建物の崩れた瓦礫が積み上がっている描写から始まります。

その積み上がった瓦礫の中央がズズっと盛り上がり、ボッコオっと中から巨人の手が飛び出します!

その手は何かを包み込んでいるような形をしており、ちょうど「チューリップ」の形をしています。

「チューリップ」の中から「ゴホ」「ゲホッ」っとむせながら、誰かが出て来ます。


ファルコです!\(^o^)/

巨人の手にて崩れた建物の瓦礫から守られていたファルコは、少し怪我をしているようにも見えますが、無事なようです!

そのファルコが出てくると、周りでは巨人たちが戦っています!

獣の巨人は石つぶてを投げ、その横をポルコ@顎巨人はが走り回っています!

車力巨人の機関銃が火を吹き調査兵団を狙っています!

そしてエレンゲリオンは戦鎚の正体を掴んだまま空中にて固まっています。

そんな戦い真っ最中の光景を見るファルコ!


ファルコ
「…」

「…これは?」

あまりの非現実的な光景に、状況が理解できないようで呆気に取られています。

オオオオオオオオ

エレンゲリオンを串刺しにしている突起状の硬質化物質にアンカーを刺し立体機動にて飛び、ミカサが戦鎚の正体に雷槍にて攻撃します。

カッオ!

戦鎚の正体に命中しますが、覆っている硬質化物質に守られており、雷槍も跳ね返します!

ファルコ
「うっ!?」

地上からエレンゲリオンを串刺しにしている戦鎚の巨人を見て、驚くファルコ

そして上空のエレンゲリオンを見ます。


ファルコ
「…!?」

雷槍でも歯が立たない戦鎚の正体を見やるミカサ

硬質化物質にて守られている戦鎚の正体は、その中からミカサを見ます。

そして突起状の硬質化物質でエレンゲリオンの喉を串刺しにしようとしていますが、エレンゲリオンは腕を硬質化し、喉は守っています。


これならば、戦鎚の正体を捕食できそうです!

地上からエレンゲリオンの顔を見たファルコは、その顔からエレン巨人だと認識したようです。


ファルコ
「…!!」

「あれが…まさか!?」

「クルーガーさん!?」

そう言った後、地下室でのエレンとのやり取りを思い出したようなファルコ

ファルコ
「いや…」

「クルーガー…」

「よくも…!!」

「騙した…」

いや、クルーガーじゃなくてエレンなのですが騙されたと思いきれないようなファルコ

汗をかき、苦渋の表情をしています。

そして自分の周りでは建物の瓦礫の下敷きになり、死亡している人々を発見します。

ファルコ
「…!!」

「…そんな」

「建物の住民!?」

驚き真っ青になるファルコ

何かに思い当たります。


ファルコ
「ブラウン副長!!」

ガッと自分を包み込んでいた巨人の手の中に戻ります!

ファルコ
「あの時…」

「身を挺してオレを…!!」


巨人化し発光しているエレンからファルコを守る為に手を噛みながらファルコに飛びつくライナーの描写

巨人の手の中には、背中から巨人の手を発生させながら意識を失っているライナーがいます。

そのライナーの首元を触れながらファルコは眠っているようなライナーに話しかけます。


ファルコ
「副長…」

「ごめんなさい…オレのせいで」

首元に触れ、生きている事を確認するファルコ

ファルコ
「生きてる…」

「でも…」

”意識が無い…”

ライナーの意識がない理由を想像するファルコ

ファルコ
”巨人の力なら損傷した体は勝手に修復されるはず”

”生きる強い意思がさえあればだけど…”


”これは…”

”まさか…”


ファルコは地下室でエレンの前に跪き「俺を…殺してくれ…」と懇願し「もう…消えたい…」とつぶやくライナーを思い出します。

そしてファルコは今一度目を閉じ、眠ったように反応しないライナーを見ます。


ファルコ
「副長…」

「助けを呼んできます」

「外にいるのは敵ばかりじゃありません」

「オレもガビも…」

「みんな あなたの味方ですから…」

ライナーの胸に手を当てながら語りかけるファルコ

場面は、調査兵団とマーレの戦士との戦いに移ります。

調査兵団に向かい、石つぶてを投げつける獣の巨人!


ブオン!

ジャン
「来るぞ!!」

「避けろ!!」


叫びながら後続の兵士に指示するジャン!

立体機動で石つぶてを避けます!

ドドドドドドドド

獣の巨人が投げつけた石つぶてにより、建物が破壊されます!

その破壊力を見たジャンは「…!!」と真っ青になります。


調査兵
「あの野郎 許せねぇ!!」

獣の巨人に向かい、2名ほどの兵士が立体機動にて飛びかかります!

ヒュン

ジャン
「オイ 待て!!」

その兵士達に向かい、叫ぶジャン

獣の巨人に立体機動にて飛びかかる調査兵!

そこを狙っていたかのように、車力巨人が機関銃を撃ち放ってきます!


ガガガガガガガガ

空中で避けきれず撃ち落とされる調査兵

撃ち終わった後、ピークがパンツァー隊に語ります。

ピーク
「戦士長の背後は私達が守るよ」

「残弾に注意して」


パンツァー隊
「了解!!」

そうピークが言い終わった後、バシュっと車力巨人の真上に兵士が飛びかかってきます!

ピーク
「ッー!!」

「真上だ!!」

「パンツァー隊!!」


兵士を確認し、パンツァー隊に撃つよう指示をするピーク

パンツァー隊兵は機関銃を上に向けますが、真上は射程外のようです。


パンツァー隊
「クッ!!」

「射角が!!」

ガゴっと限界まで機関銃を上に向けるパンツァー隊兵士

そこへ、建物の壁を登る顎巨人が登場します!


ガリアード
「見えてきたぞ」

「奴らの動きが」

壁を登った勢いそのまま車力巨人の真上まで飛び、車力巨人を雷槍で狙っている兵士に飛びかかります!

調査兵
「ああ!」

顎巨人の掌底に襲われる調査兵!

顎巨人はそのままバレーのアタックのように兵士を払い落とします!


調査兵を倒し、そのまま車力巨人の近くに着地するガリアード

ドオオオオ

パンツァー隊
「ガリアード!!」

「危なかった…」

「ありがとよ ポッコ!!」

ピーク
「助かったよ…」

ガリアードは、顎巨人のうなじから顔を出し、叫びます。

ブシュウウウ

ガリアード
「気を付けろ!!」

「追ってたアッカーマンを見失った!!」

「奴がどこかに潜んでいるぞ!!」

ピーク
「何だって…」

そう言いながらエレンゲリオンに目線を移したピークは、バキバキっと言いながら戦鎚を捕食しようとするエレンゲリオンを確認します。

ピーク
「ポルコ!!」

「戦鎚が…」


結晶体のまま、戦鎚の正体を捕食しようとするエレンゲリオン!!

口を開いたエレンゲリオンは、ググっと口に戦鎚の正体を寄せます。

目を見開き、エレンゲリオンを睨みつける戦鎚の正体の女


ガッキっと戦鎚を噛み砕き、捕食するエレンゲリオン!

血しぶきが飛び散ります!

愕然とするガリアード

悲しげな表情のピーク

汗をかきながらも真剣な表情のジャン、コニー

かっこいい、イケメンな表情のミカサ

しかし、戦鎚の正体を噛み砕いたはずのエレンゲリオンは、口を開くと歯が折れています!


シュウウウっと言いながらも、戦鎚の正体の結晶体は、傷一つ付いていません。

表情を変えず、エレンゲリオンを睨みつける戦鎚の正体の女

その結晶体を見るエレンゲリオン


エレン
”アニと同じ水晶体…”

”やはり こいつには歯が立たねぇか…”

”でもおまえは力を使い果たしている”

”少しでも余力があるなら このまま本体ごとうなじを貫いてるはずだ…”


硬質化した腕で突起状の硬質化物質を防いでいるエレンゲリオンの描写

エレン
”もう おまえの手札は残っていない”

そう考えながらブシュウウウっとエレンゲリオンのうなじから登場するエレン

そのエレンを驚いた表情で確認する戦鎚の正体の女


エレン
「オレは まだだけどな」

そう言いながらうなじから出たエレンは、飛び降りながら手を噛み、すぐに再び巨人化します。

その場面を見て驚くマーレの戦士達


Sponsored Link


ガリアード
「クソ…」

「あの野郎 まだ…」

「力を残していやがったか」

戦鎚の硬質化物質で動けなくなっているエレンゲリオンの横で、再び巨人化し登場したエレンゲリオンの描写

ガリアード
「奴さえ仕留めれば…」

「始祖さえ…」

エレンゲリオンを見てつぶやくガリアード

その言葉を聞き、ピークが言います。


ピーク
「何をビビってんの ポッコ?」

ガリアード
「…あ!?」

ビビってるとの言葉に引っかかり、聞き返すガリアード

ピーク
「私達が焦る必要は無いよ」

「今この戦場を支配しているのは私達」

「端から敵は追いつめられてる」

冷静な表情で説明するピーク

ピーク
「敵は『立体機動』で乗り込んできたわけだから」

「武器も燃料も大した物量じゃない」

「つまり補給線の無い敵地の ど真ん中で袋のネズミなわけ」

雷槍を装備し、建物の中で待機する調査兵の描写

ピーク
「今頃マーレ軍がこの収容区を包囲してる頃だから敵に退路は無い」

「そもそもパラディ島勢力それ自体にはマーレ相手にまともに戦争できる体力は無いんだよ」

大勢で収容区を包囲しようとしているマーレ軍の描写

ガリアード
「だから『始祖の巨人』さえ押さえちまえば」

「奴らは『地鳴らし』の切り札を失うって話だろ?」

「今その切り札が目の前にあるんだぞ!?」

ピークの話を聞いた上で、言い返すガリアード

ピーク
「だから慎重に駒を進めようって話なの!!」

たしなめるように言うピーク

ピーク
「とにかく私達は」

「アッカーマンから戦士長を守ればいいの」

締めくくるピーク

やり取りを聞いていたジークは、獣の両手でバキビキっと石を砕き石つぶてを作りながら言います。


ジーク
「さすがピークちゃん」

「その通りだよ」

そして両手で一気に石つぶてを投げつけます!

ドドドドドドドドドドド

投げつけられた石つぶてで、周り一体が一気に吹き飛びます!

コニー
「うおッ!」

ジャン
「な…!?」

近くの建物の影にいた調査兵達にもドドドドっと突風が吹き荒れます!

そして獣の巨人からエレンゲリオンまでの間に、遮蔽物の一切が無くなります!


獣の巨人
「エレン・イェーガーは」

「俺の敵じゃない」
2018-03-08_044124
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


戦鎚の正体を握りしめ持ってまま、獣の巨人を見るエレンゲリオンの描写

そのジークの言葉を聞くピークとガリアード


獣の巨人
「まずはお前からだ」

「出てこいよ リヴァイ」

バキビキっと再び両手で石を砕く獣の巨人

ジーク
「時間が無いんだろ?」

物陰で懐中時計を見ているリヴァイ兵長の描写

どこかでジークの言葉を聞いているようです。

ファルコ
「すげぇ…」

「ジーク戦士長」

獣の巨人の近くにいるファルコは、獣の巨人を見上げながら言います。

ファルコ
「やっぱり圧倒的だ…」

そのファルコに頭から血を流したマガト隊長が声をかけます。

マガト隊長
「グライス!?」

声をかけられ、ビクッとしながらも答えるファルコ

ビックリ

ファルコ
「マガト隊長!?」

マガト隊長
「何をしてる!?」

「怪我は!?」


ファルコの肩に手をかけ尋ねるマガト隊長

ファルコ
「あ ありません」

ファルコに怪我が無いことを確認し、マガト隊長は避難させようとします。

マガト隊長
「ならば急いでここから離れろ!!」

ファルコ
「あの!!」

「ブラウン副長が広場の奥に…!!」

「動けない状態で地中にいます!!」

避難させようとするマガト隊長に説明するファルコ

ライナーの事を聞き、マガト隊長は止まります。


マガト隊長
「何だと!?」

ファルコ
「オレのせいで…」

「オレを庇って!!」

マガト隊長
「誰にやられた!?」

マガト隊長に答えながら、近くに駆けて来る人物に目を向けます。

ファルコ
「エレン…」

「イェーガーに…」

マガト隊長に言いながら、近くに駆けてきた人物・・・

ライフルを持ったガビを見るファルコとマガト隊長

場面は、レベリオ収容区を包囲するためにやってきた軍艦に移ります。


マーレ兵
「着港を急げ!!」

「大至急 レベリオ区へ兵を送れ!!」

「現場は壊滅的被害を受けている!!」

軍艦から急いでレベリオ収容区へ移動しようとしているマーレ兵達

そんなマーレ兵の一人が軍艦の近くに漁船が一隻浮いているのを見付けます。


マーレ兵
「ん!?」

「オイ!!」

「そこの漁船 危ないぞ!!」

「この艦隊が見えないのか!?」

漁船に叫ぶマーレ兵

それでも漁船に乗っている人物が答えないので、さらに呼びかけます。


マーレ兵
「オーイ…!?」

そこで声をかけていたマーレ兵は、漁船の上に乗っている人物を見て表情が変わります。

羽織っていたマントを外したその人物は、ハーネスを装着しており、背中には立体機動のガスボンベが覗いて見えます。

さらに、顔は僅かに発光しているように見えます。

そして、目や手からはさらに発光し、パリっと音が鳴ります。


そしてオオオオオオオオっと爆発します!

これは超大型巨人の爆発!

その爆発は、遠くレベリオ収容区で戦っている巨人たちやマガト隊長、ファルコ、ガビ達にも見えます。

ガビとファルコはその爆発により、宙に吹っ飛ぶ軍艦を確認します。


ガビ
「軍…艦…?」

宙に浮かび、砕ける軍艦の姿が信じられずにつぶやくガビとファルコ

しかし、マガト隊長はそれを確認し、すぐさまガビの両肩をつかみ、言います。


マガト隊長
「ボサッとするな!!」

「お前達はここから逃げろ!!」


肩をつかまれながらもガビは宙に吹っ飛んでいる軍艦を指差しマガト隊長に聞きます。

Sponsored Link


ガビ
「マガト隊長…」

「あれは…」

マガト隊長
「軍港がやられた…!!」

「あんなことができるのはー」

マガト隊長も爆発があった方を見ながら言おうとしますが、その瞬間、爆風が襲います!

ブワッ

マガト隊長
「ッ!!」

ファルコ
「ー!?」

爆発の爆風がレベリオ収容区まで襲ってきたようです!

そしてこれは超大型巨人の熱風!

顎巨人はふっ飛ばされないように建物のヘリに捕まりながら言います。


ガリアード
「『超大型巨人』だけ!!」

「こんな事ができるのは『超大型巨人だけ』」とガリアードは言います。

ガリアード
「ベルトルトは命と巨人をー」

「奪われていた!!」

「クソがああ」

”やはり連中が無策でここまで攻め込んできたわけがねえ!!”

超大型巨人の爆発の熱風に耐えながら考えるガリアード

ガリアード
”やってみろよ悪魔共!!”

顎巨人@ガリアードは建物から降り、駆け出します!

ピーク
「ポルコ!?」

ガリアード
”始祖さえ失えば すべてご破算だろうが!!”

顎巨人はその機動力を活かし、一気にエレンゲリオンに向かいます!

そしてエレンゲリオンの近くまで来ると、その近くにいたミカサを確認します。

ミカサは向かってくるガリアードを確認し、シャンっとブレードを抜きます。


ガリアード
「…もう一人の」

「アッカーマン!!」

ミカサを確認したガリアードは、そのままミカサに飛びかかります!

ガリアード
「邪魔だ!!」
2018-03-08_044213
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


両手を広げ、ミカサに襲いかかる顎巨人!

両手にブレードを握り、迎え撃つミカサ!

場面は、ジャン達調査兵団に移ります。


ジャン
「もう『時間』が迫ってる!!」

「それまでは何としても『車力』の機関銃を無力化するんだ!!」

調査兵達
「了解!!」

その言葉が聞こえたのか、ピークがジークに言います。

ピーク
「戦士長!!」

「敵の総攻撃が来ます!!」


と言った瞬間、獣の巨人のうなじから血が吹き出し、そこにザッと何かが移動します。

目を見開くピーク


いきなり獣の巨人のうなじをブレードで切り裂くリヴァイ!

歯を食いしばり、切り裂くリヴァイ兵長の顔に獣の巨人の返り血が飛び散ります!

そしてうなじを切り裂かれた獣の巨人は、ドオオオオオっと倒れ込みます


突っ伏した獣の巨人のすぐ傍には、マガト隊長、ファルコ、ガビがいます。

驚き言葉を失うマガト隊長とファルコ、ガビ

突っ伏している獣の巨人のうなじ近くに「トッ」と降り立ったリヴァイ兵長の手にはブレードの他に手榴弾も握られています。

2018-03-08_044149
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


ピンっと芯を抜き、獣の巨人のうなじに落とします。

それを見たマガト隊長は、ガビをかばいます。


ガビ
「ジークさん!!」

マガト隊長
「下がれ ガビ!!」

ヒュッと移動するリヴァイ兵長

その瞬間、ドオオオっと獣の巨人のうなじが爆発します!

何も言えないマガト隊長、ガビ、ファルコ

その光景を見たガリアードは、止まります。


ガリアード
「な…!?」

ピーク
「…ジーク?」

信じられない表情のピークは、呼び捨てに(・_・;)

パンツァー隊
「ピークさん!!」

「敵が来ます!」

ピーク
「クッ!!」

調査兵団が総攻撃で雷槍を車力巨人に撃ち込みます!

数が多すぎ対応に追われる車力巨人


ドドド

ドドドド


そんな中、一人サシャは崩れた砲台の影に潜んでいます。

サシャ
「ふーっ」

ライフルを抱え、息を整えるサシャ

そしてバッと砲台の影から飛び出し、パンツァー隊の機関銃を撃っている兵士に照準を当てます。

ライフルを構え、狙いを定めるサシャ

ドンっとライフルを撃ちます!


ピーク
「!?」

「な…!?」

パンツァー隊
「どうした!?」

「オイ!?」

「カルロ!?」

カルロと呼ばれたパンツァー隊兵士の眉間は、サシャが打ち込んだライフルが命中し、被弾しています。

それを知ったピークの目は、怒りと悲しみが混在した表情となります。


ピーク
「よくも…!?」

ドドドドドっと一気にサシャに向かっていく車力巨人!

すると、サシャの後ろから雷槍を構えたジャンが登場します!


ジャン
「あの時は どうも」

右手の雷槍を車力巨人の顔に向け、発射します!

ドオ!


カッと車力巨人のマスクに当たった雷槍は車力巨人の目に向かって跳ね、そのまま爆発します!

ドオオオオオ!

ジャン
「今だ 撃て!!」

他の調査兵に指示をするジャン!

ジャン
「撃ちまくれ!!」

ジャンの指示により、打ち込まれる数々の雷槍!!

雷槍の総攻撃により、パンツァー隊は次々と被弾して行きます!

雷槍攻撃により、ボロボロになる車力巨人!

ピークは「ゴンボ」と血を吐きます!


ピーク
”…みん…な”

そのまま建物から落ちていく車力巨人

ドオオオオオ

マガト隊長
「ッ!!?」

「ピーク!!」

近くに落ちてきたボロボロの車力巨人を確認するマガト隊長、ガビ、ファルコ

車力巨人は目が飛び出し、血だらけです。

マスクは取れ、シガンシナ区決戦時の四足歩行型巨人の顔が確認できます。


ジャン
「急げ!!」

「とどめだ!!」

ヒュンっと立体機動で車力巨人に向かうジャン

その言葉を聞き、ボロボロの車力巨人を見ながらつぶやくファルコ


ファルコ
「もう…」

「やめてくれ…」

目には涙が浮かんでいます。

そしてダッと車力巨人に駆けていくファルコ


マガト隊長
「グライス!?」

止めますが、ファルコ止まりません。

ガビ
「…!?」

そしてファルコはボロボロになり蒸気を発している車力巨人の上により、ジャンに向かって叫びます!

ファルコ
「撃つな!!」

「やめてくれ!!」


ファルコを確認し、驚いた表情のジャン

オオオオオオオオ

悲劇の連鎖

止まらず!?


104話につづく

Sponsored Link


◆諫山先生へ一問一答!

2018-03-08_044102
「別冊マガジン」4月号より


Q.ナナバさんの名前の由来はありますか?
A.髪型がバナナの房みたいなので、ナナバにしました。

ナナバの由来は、やはりバナナだったんですね!(笑)
2016-04-27_191215
しかし、髪型の形からだとは思いませんでした(・_・;)

たしか匂いもバナナだったような…(笑)


◆諫山先生巻末コメント!

2018-03-08_051645
「別冊マガジン」4月号より


サイン会楽しかったです!
我が故郷までご足労いただきありがとうございます!

これは3月3日に行われた「諫山先生日田サイン会」の事ですね。

一日中のサイン会で大変だったと思われますが、諫山先生もファンとの交流を楽しんでおられたようですね(*^^*)

諫山先生日田サイン会まとめ!にて記事にしていますので、興味のある方は見てみてください。

◆第103話「強襲」の感想!

2018-03-08_052419
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


全員集合!

これまで未登場だったファルコとライナーが登場し、とうとうマーレ側は全員登場しました!

パラディ側もハンジが未登場ですが、とうとうアルミンも登場しました!

さらにはガビも戦場へと到着し、マガト隊長とファルコと合流となりました。

まさにこれにて全員集合となり、91話から始まった「マーレ編」がパラディ側と重なった瞬間と言えるでしょう!

マーレ側とパラディ側が接触した、最後のファルコとジャンの場面は熱かったですよね!
2018-03-08_052440
「進撃の巨人」第103話「強襲」より


そして今回の展開で感じたのは「負の連鎖」でした。

これまでの「進撃の巨人」は「圧倒的に弱い立場の人間が巨人に立ち向かっていく」話でした。

これは初期の「進撃の巨人」から前編の「シガンシナ区決戦」までが、そうでした。

ただ、「マーレ編」は違います。

たしかにパラディ側はマーレよりも弱い立場でしょうが、今回の戦いは「圧倒的に不利」という展開ではなく、逆に作戦を練ってきた分、どちらかと言うと有利に戦いを進めているように感じます。

間違いなく「圧倒的に弱い側が強い側に立ち向かっていく話ではない」ですよね。

そしてこれまでと違うのは「読者、パラディ側が相手側の事情を分かっている」ところです。

これまで「巨人側」や、「王政編」で言えば「レイス側」の事情は分からず感情移入できずに「悪い相手」に立ち向かっていく、エレン側からの目線で話が進んできました。

しかし今回マーレ編は相手の事情も分かっています。

マーレの戦士たちや、ファルコ、ガビの事情も分かっており、そちら側の気持ちも読者は察してしまいます。

その分、どちらにも気持ちが入ってしまいますよね!

ジャンの気持ちもそんな感じでしょう!

この辺りが「立場の弱い側が強い相手に向かっていく話」ではなく「お互いに事情がある者同士が戦う話」となっているところであり、これもこれで複雑な展開ですよね!

本当にどう決着が付くのか分からないです!

そしてこれまでと最も違うのは「何も知らない立場であり、最も何も知らなかった主人公エレンが全てを知っている立場となり、逆に読者は知らない」という部分です。

これまで壁内にいたエレンは周りの登場人物が事情を知っており、エレンは何も知らない立場となっていました。

その分、逆に読者はエレンの事は全て分かっていました。

しかし現在はエレンが最も事情が分かっている立場となっており、逆に読者はエレンの考えが分かりません。

この辺りもどのように決着を付けるのか、楽しみですよね!

なぜエレンはこのように民間人を虐殺するような作戦をとったのか?

どのようにマーレ編が決着するのか?

皆が集合し全てが整い、本当に期待が大きくなる103話となっていました!

次回は104期と同じ「104話」となっています。

間違いなく、大きな展開となるでしょう!

今回103話は全てが揃い、次回に大きな展開を期待できる回となっていました!

次回104話、むっちゃ楽しみですよ!ここから今回の考察についてお伝えしていきます。
Sponsored Link

◆第103話の伏線ポイント!


今回の考察ポイントは、このようになっています!

  • 今月の擬音「カッオ」「ビックリ」
  • 戦鎚の水晶体を見て「アニと同じで歯が立たない」というエレン
  • 「エレン・イェーガーはオレの敵じゃない」発言
  • 時間が無い事を知っているジーク
  • 呆気なく倒される獣の巨人
  • ジークを呼び捨てにするピーク
  • ジャンの「あの時は」
  • 四足歩行型だった車力巨人
  • 再三登場する真ん中分けの兵士

  • それでは順番に見て行きましょう!
    Sponsored Link

    ◆第103話のポイント考察!


    まずは最近は定番となった「今回の擬音」コーナーです(笑)

    今回は「カッオ」「ビックリ」が登場していました。
    2018-03-08_065206

    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    前回に続き「カッオ」が登場しましたね!
    2018-02-09_074204
    「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


    今回は硬質化物質を跳ね返す場面だったので「サザエさん」のカツオではないという事でしょう。

    これはプロレスラーの大野勇樹さんを指しているのでしょうか?

    そしてファルコがビックリしている場面で「ビックリ」というそのまんまな擬音が登場しています。
    2018-03-08_065228
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    これ、まんまですね!(笑)

    第96話でのベルトルトとがビクっとするところが「ビッグ」になっていたのを思い出しましたよ(笑)
    2017-08-08_020502
    「進撃の巨人」第96話「希望の扉」より


    諫山先生は本当に擬音で遊ぶのが好きですよね!(笑)

    そして気になる描写で戦鎚の正体を捕食しようとして失敗し、「やはりこいつのは歯が立たない」とエレンが考えている場面がありました。
    2018-03-08_070741
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    前回102話では「戦鎚を捕食しようとする」場面があり、そこから102話考察!アニは捕食されているのか?にてアニが捕食されているのかもしれないという考察を行いました。

    ただここで戦鎚の正体を捕食することが出来なくて「アニと同じ」という事は、エレンはアニを水晶体ごと捕食できなかった、という経験があるということですよね!

    これで少なくとも「アニが水晶体のまま捕食されている展開は無い」事が分かりました!

    アニがまだ生きており、再登場する可能性が高くなったと言えるのではないでしょうか?

    嬉しいですよね!(*^^*)

    そして今回、やはり気になったのはジークです。

    まず、ジークは「エレン・イェーガーは 俺の敵じゃない」と発言しています。
    2018-03-08_044124
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    これ、そのままの言葉で受け取ると「俺はエレンの味方だ」という意味になりますよね!

    これはやはりジークとエレンが繋がっているという伏線なのではないでしょうか?

    そして前回のジャンの発言から、パラディ側の作戦で「時間」が鍵となっていることが分かっています。
    2018-02-08_040902
    「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


    そしてその事を知っているような発言をジークはしています。
    2018-03-08_065246
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    これはジークがパラディ側の作戦を知っていることになりますよね!

    単純に「物量の無いパラディ側は短期決戦を狙っている」という意味だけかもしれませんが、やはりジークがエレンと繋がっているという伏線であるとも考えられます。

    この辺りは102話考察!ジークとエレンは繋がっているのか検証!でも考察してまが、先ほどの「エレンは敵じゃない発言」やボールとグローブの伏線を含め、エレンとジークが繋がっている伏線として頭にいれておいた方が良いかもですね!

    そしてその後、ジークは呆気なくリヴァイ兵長に倒されます。
    2018-03-08_065322
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    これは「圧倒的に強いリヴァイ」を表しているとしても、あまりにも呆気なさすぎですよね!

    これももしかしたら、「エレンを介し調査兵団とジークが繋がっている可能性を示唆している伏線」かもしれません。

    この場面は間違いなく要チェックだと感じますよ!

    そしてそのように呆気なく倒されてしまった獣の巨人を見て、ピークは思わず「ジーク?」と呼び捨てにしています。
    2018-03-08_065425
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    これまでピークはジークのことを「戦士長」や「ジーク戦士長」と呼んでおり、呼び捨てにするのは初めてです。

    これはもちろん「驚きのあまり信じられず思わず」そのように呼び捨てにしたのかもですが、これはもう一つの可能性も示唆していますよね?

    つまり二人が…「進撃ではあまりお目にかからない関係」なのではという伏線です(苦笑)

    もしかしたら「先の短い殺人鬼同士」な二人が、ベルトルトがアニと果たせなかった関係だったという伏線かもですね!❤

    二人きりの時は呼び捨てなのかもしれません(*^^*)

    そして今回終盤でジャンが大活躍となりました!

    「あの時はどうも」と言いながら車力の巨人に雷槍を撃つ場面は、本当にカッコよかったです!
    2018-03-08_052521
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    この時の「あの時」はあの時の事ですよね!(笑)
    2016-07-08_035828
    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


    自分の判断ミスが原因ですが、一度は倒して捕獲したライナーを車力の巨人に奪われた事を指して言っていますよね!

    今回はこれでリベンジを果たしたという感じでしょうか?(*^^*)

    ジャン、カッコ良かったです!

    そしてマーレ編になってからの登場では、必ずマスクをしていた「車力の巨人」ですが、今回初めてそのマスクが外れる事となりました。
    2018-03-08_065342
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    この顔は、間違いなくシガンシナ区決戦時の「四足歩行型」巨人ですよね!
    2016-07-08_035851
    「進撃の巨人」第83話「大鉈」より


    マーレ編になってからはずっとマスクをしていたので一時ネット上では「車力の巨人と四足歩行型は別人では?」「シガンシナ区決戦時の車力はピークではなかったのでは?」という考察が見られましたが、やはり「四足歩行型=車力の巨人」でしたね!

    もともとほぼ確定していた事実ですが、ここで完全に確定したと言って良いでしょう!

    人間時と巨人時での、容姿のギャップにかなり驚かされたキャラでした!(笑)

    そして前回102話から気になっているのが、この真ん中分けの兵士です。
    2018-02-08_041103
    「進撃の巨人」第102話「後の祭り」より


    今回もけっこう目立つポジションで登場しています。
    2018-03-08_065406
    「進撃の巨人」第103話「強襲」より


    この真ん中分けの兵士については102話考察!最後の真ん中分けの調査兵を考察!ミカサが助けた少女?にて考察していますので、見てみてください!

    今回も分かるように登場していることから、やはりこの兵士は今後も重要なキャラとして登場しそうな感じですよね!

    今回も考察ポイントは多かったですね!

    ここで取り挙げていない考察や、さらに詳しい考察もこれから別記事にて考察していく予定です!

    これからの考察も楽しみですよ!\(^o^)/

    次に103話展開予想の自己検証に移ります!
    Sponsored Link

    ◆第103話展開予想を自己検証!

    2015-11-07_023003
    「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より


    102話公開時点で103話の展開を予想していました!

    ここで、その予想を自己検証してみます!

    獣の巨人
    「ウオオオオ!」

    獣の巨人が叫ぶとともに動き出す調査兵団とマーレの戦士達!

    ジャン、コニー達と顎巨人@ポルコに向かっていきます!

    そしてリヴァイは獣の巨人へ向かいますが、そうさせまいと車力巨人が銃撃により近寄らせません。


    リヴァイ
    「ちっ!」

    車力巨人の銃撃を躱しながら、獣の巨人を攻めあぐねるリヴァイ。

    そこへ、ミカサと他の数人の調査兵が車力巨人の後ろへと回ります。

    しかし、パンツァー隊がすぐさま反応し、車力巨人が後ろを向いたままの姿勢で銃撃しミカサ達を狙います!


    驚きながら躱すミカサ!

    銃撃により倒れる調査兵!

    立体機動を経験している車力巨人と獣の巨人を攻略することに、調査兵団は手間取ります。


    そんな調査兵たちを冷ややかに見ながら、獣の巨人は戦鎚に串刺しなったままのエレンゲリオンに近づきます。

    それに気付き、何とか戦鎚の巨人の硬質化物質から剥がれそうとしますが、エレンゲリオンは全く身動きできません。

    その様子を見ながら戦鎚の巨人は、まだ頭部が骸骨状態でありながらも話し出します。


    戦鎚の巨人
    「獣の巨人よ」

    「今こそ簒奪者エレン・イェーガーから『始祖』を奪還するチャンスです」

    それを聞いたジークが無表情で答えます。

    ジーク
    「ああ」

    「そのつもりですよ。戦鎚さん」

    ゆっくりとエレンゲリオンのうなじに手をかける獣の巨人。

    汗をかきながら、焦るエレン

    このような展開を予想します。

    予想ここまで!
    ➾エレンは戦鎚から脱出する展開でしたね!

    全く予想は外れましたよ(・_・;)
    Sponsored Link

    ◆「登場していないハンジとアルミン」「ライナーとファルコ」の登場は?

    o0480048512570996110
    「進撃の巨人」第46話「開口」より


    正直に言うと、103話の予想は本当に自信がありません(・_・;)

    本当に予想が難しい展開となっていると感じます(泣)

    このような展開を予想しながらも、気になっているのは「ライナーとファルコ」、そして「登場していないハンジとアルミン」です。

    そして「ライフルを担いて走ってきているガビ」がこの局面にどう絡むのか、気になります。

    わざわざライフルを持って広場に向かっている事から、やはり調査兵の誰かを撃つ展開となるのかなと予想できます。

    エレンなのか?

    それとも他の調査兵なのか?

    もしかしたらライナーを?(;´Д`)

    そんなことはさすがに無いと思うのですが、気になりますよ!

    そして登場していないハンジとアルミンが、どのような展開で登場するのかは重要ですよね。

    すぐに登場しないのは、マーレ側が「アルミンが超大型巨人を継承していると知らない」事を利用して、何かしらの作戦を練っているのかなと妄想します。

    さらに、もしかしたら「樽」に入った状態で飛んできたりとか…(笑)
    2016-01-08_032409
    「進撃の巨人」第77話「彼らが見た世界」より


    これを見たジークが呆気に取られた表情で避難しようとする場面を想像すると、ちょっと期待したりします(笑)

    ハンジが登場していないのは、もしかしたら目が治っているのを見せないようにしているのかな?とか思ったりもします。

    これは女型の巨人を継承していて…(笑)

    いや、本当に妄想ばかりが膨らみますが、全く予想にはなりえません(泣)

    具体的な予想が難しい展開だなと感じています。

    103話は戦闘展開となりながらも、「ライナーとファルコ」か「アルミンとハンジ」のどちらかは登場するのではと思います。

    というか、希望します!(笑)

    103話の展開、ドキドキで楽しみですよ!\(^o^)/

    予想ここまで!
    ➾ハンジ以外は登場していましたね!

    アルミンの登場は嬉しかったですね!

    さらにライナーとファルコも登場していました。

    自己採点20点くらいでしょうか?

    本当に最近の展開は予想が難しいですよ(泣)

    102話「後の祭り」感想考察!
    104話あらすじ!
    巨人の耳の形を徹底検証!ライベルアニは正統継承者だった?
    103話考察!アニの水晶体を検証!
    103話考察!ジャンは撃てないと予想!
    ミカサのマフラーはループ伏線か?エレン・ループ説も!
    103話考察!ジャンの「時間」を考察!
    103話考察!獣の巨人@ジーク死亡か!?リヴァイとの関係を考察!
    103話考察!ピーク死亡か?
    【進撃の巨人】「マーレ編」考察!ファルコとガビ、、マガトは死亡するのか検証!
    【進撃の巨人】ネタバレ考察!サブタイトルの意味を検証!


    Sponsored Link

    230 Responses to “【進撃の巨人 ネタバレ】103話104話最新あらすじ感想!「強襲」画バレから考察!”

    1. いや~、色々とあり過ぎて
      何からコメントして良いやら…

      「カッオ」 と 「歯が立たない」 には、
      突出して笑えました。(笑)

    2. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

      管理人のア-ス様 いつも考察ありがとうございます。
      103話ドキドキの展開でした。最後の場面で
      ジャンが撃たれるのではないかとハラハラしました。ガビは確かライフルを落としていたように見えましたが、もし拾っていたら、もしくはマガトがピストルを持っていたら、めちゃくちゃ危ない状況ではありませんか!ひとり死ぬことは決定していると先生のコメントが以前あったので、ドキドキしてしまいました。
      ジ-クはなぜ「時間がないんだろ」と知っていたのでしょう?パラディ側の作戦を知っているってことですよね。この倒されるのは敵を欺くのは味方から作戦なんでしょうか?やられているよう(死んだよう)に見えて実はパラディ側とつながっていての猿芝居で生きているなんてことも?見た目が猿だけに猿芝居(笑)。それともひとり死ぬ予定のひとり?それにしてはラスボスともいわれていたのにあっけない。 このまま獣、車力、鎧はファルコ、ガビ、コルトに引き継がれていくのか。。。。
      双方の兵士が亡くなっていますが、名前も呼ばれ亡くなったのはパンッア-隊のメンバ-のひとりでしたね。パンッア-隊も全滅なので、先生はこのことを言っていたのかな?
      次号が待ちきれないです。

    3. 今のところ、調査兵団側の大善戦!
      機動力と エレン・クルガーの 沈着冷静な
      洞察力が光ります。
      対して マーレ巨人軍は、対巨人の経験に
      乏しく、感情に走り、隊列を乱しています。
      車力の重装備の仰角が足りない点など、
      巨人の力に頼り切った感があります。

      このまま マーレ軍が壊滅的打撃を受ければ、
      マーレは何をやっているんだと、世界から
      危うい立場に追い込まれてしまいます。
      そこで、マーレとの 仮初めの和議がなるのか?
      と予想しますが、果たして…

    4. コンロガス より:

      103話は完全に想像を超えてきましたね。読んでいて思わず何回も声が出ましたよ。

      (1)リヴァイの懐中時計は気になりますね(時刻は、、、6時55分くらい?)。ジャンも時間を気にしていますし、(仮に時刻が6時55分だとして)7時すぎにヒイズル国の航空機?飛行船?のお迎えがあるんですかね。。航空機の軍用化がない世界でのヘリコプターの登場はないと思いますし、パラディ側が制圧した道路は瓦礫も多そうで航空機の着陸には向かなそうですし、ハンジが乗った飛行船が登場するのが現実的かなぁと思います。

      (2)諫山先生が「ネームを描いてて、あれ、死んじゃった」というのは、リヴァイが倒したように見えるジークと、調査兵団にボロボロにやられて吐血したピーク、どちらなんでしょうかね。ジークの抱える秘密を考えると、パンツァー隊が全滅したピークの方が死に場所としてふさわしい気もします。このネームは103話ではなく104話のもので、104話で104期が死ぬ、という展開もあり得ますが、4年間の回想が終わるまでは避けてほしいですねぇ。

      (3)こうやってジークが倒されると、今までの怪しげなジークの動きは何だったのかがより一層よく分からなくなってきます。リヴァイに倒されて爆弾でうなじを爆発させられるところまで台本通りの演技だったらすごいんですが、さすがにないですよね。。。「エレンは俺の敵じゃない」発言やパラディ勢の時間的制約を分かっている感じからすると、パラディ勢とは何らかの交渉が成立したものの、リヴァイ個人とは交渉決裂、もあり得るでしょうかね、、、

      (4)エレンの硬質化前歯、硬質化犬歯はなかったですね(笑)。アニの眠り姫状態が今でも続いている可能性が出てきました。

      (5)3回目のエレンゲリオンになったことには驚きました。81話のハンジの実験では続けて巨人化できるのは3回までだったので、練度が上がって回数が増えている可能性もありますよね。サイズが小さくなったかはよく分かりませんでしたけど、、、

      (6)アルミンは海で巨人化しましたけど、あの距離を超大型巨人が歩いてくるとは思えないので、戦場に向かうならばアルミンは一旦巨人化を解いて人間の姿で戦場に向かいそうですね(兵装だし。)。海でひたすら軍艦を沈めて線路を破壊して、パラディ勢の退路を作る役割を担うのかもしれませんが。

      (7)次回、ライナーが息を吹き返して鎧の巨人でファルコを助けるのが一番あり得ると思いました。エレンとの会話でライナーの役割は完全に終わったと思ったのですが、ファルコとガビを守る立場として、もうしばらく役割が続くかもしれません。ガビの鉄砲でジャン死亡も考えましたが、ジャンという存在の重要性を考えるとさすがにないでしょうし(建物の上にはスナイパーサシャがいますし)。そのほかには近くに倒れているジークに助けられる展開や、調査兵団がファルコを拉致してパラディ島に連れて行く展開もあり得るかもしれません。

      いずれにしても、戦鎚の体力切れ、獣と車両が生死不明のダウンとなって、撤退の時間?も近づいて、リベリオ収容区の奇襲戦も終わりが近づいていますね。

      • コンロガス より:

        ほかの方のコメントを見ていて、(3)はジークとリヴァイの台本通りの行動なのかもなぁと思えてきました(ジーク本体の描写がないので)

      • にこ より:

        コロンガスさんへ
        スゴい推理力!
        成程って感嘆しました。

      • 進撃の子育て より:

        ⑴の考察、サシャとコニーのライトを灯すのは、飛行機の目印にですかね?

        • コンロガス より:

          ライトは目印だと思います。飛行船は地上からの砲撃にはそんなに強くないと思うので、安全がある程度確保されているエリアを飛ぶ必要がありそうですし。

    5. 二度目の投稿 より:

      早速の更新お疲れ様です。
      いやぁ。ガチンコ対決ですね。まさか、速攻で獣が倒されるなんて。。
      ジークの生死はともかく、これでエレン&獣によるペチン!の展開はなさそうですね。
      早く読みたいです。

    6. 進撃の巨人にやられっぱなし より:

      再びの投稿です。アルミンも登場し、風貌もわかりました。さて、ポッコとピ-クを穴に落としたのは一体だれだったのでしょう?私はアルミンだと思っていたのですが、ひげがちょっとしか見当たらず。でも、ジャンよりは例の兵士にしているように思ったのですが。
      正解はだれだったと思われますか?

      • オルディオス より:

        雷槍を撃ち込もうとピークに対するこまで「あの時はどうも」とジャンが発言しているのは、シガンシナ奪還作戦でジークを連れ去ったことだけでなく、落とし穴に誘導した、ついさっきの件にも触れる、ダブルミーニングかも?と感じました。

    7. knight より:

      いつも読ませてもらっています。
      ジークの「エレンは俺の敵ではない」はまた怪しい発言ですね。単純に相手を見下すことを言ってるようにもとれますが、エレンが味方であるという伏線にも聞こえます。
      日本語だと微妙な台詞に聞こえるのですが、英語とかだとどのように翻訳されているか気になりますね。

      • Wir sind der Jäger より:

        Eren Yeager is not my enemy.

        ですね

        • knight より:

          英語表記教えていただきありがとうございます。
          not my enemyですと、「敵ではなく見方」というニュアンス以外に、「取るに足らない」というニュアンスもあるんでしょうかね?
          もしないのであれば、ジーク裏切り説は濃厚ですよね。

      • 海は広いな大きいな より:

        わ!めっちゃ気になります!

        ずいぶん前だけど、
        敵は何か?のユミルの「せー」 もどうやって訳したんでしょう!

    8. 進撃のデブ より:

      アースさん、おはようございます。
      いやー、熱い展開でしたね。
      ピークちゃんがやられたのは残念でした…
      僕から2つ、1つ目はやっぱりジークは繋がっていると思います。なぜなら、わざとマガト隊長たちの前で殺されたようにしたんだと思います。リヴァイ兵長なら獣からジークをほぼ無傷で出せると思うからです。さらにはピークちゃんが被爆した時の描写はあったけど、ジークはそのような描写がなかったからです。それでバレないようにうなじから出て隠れたのだと思います。
      2つ目は、最後のファルコの「撃つな」ですが、ジャンは以前中央憲兵の女性を撃てなくて、次は撃つと言ってたから撃つと思います。
      あと、104話の最後でエレンに辿り着いたジークはエレンに接触し、地ならしを発動して終わると思います。
      ジークですが、最終的にはリヴァイと戦うと思います。

      • にこ より:

        色々な伏線の回収が出てきて、そんな考えがあるんだと納得です。でもジャンはピークちゃんに容赦しなかったから、ファルコの選択では達成感のすぐ後のまたかよって躊躇するかもですね。
        子供だし、多分エレンからファルコのことも聞いているだろうし。何度も同じ事をやってしまうのが、ジャンのような気がしますが、どうなんでしょう。

    9. 最澄 より:

      こんにちは。最澄です。
      最新話更新ありがとうございます。
      毎度の事ながら今回もすごいですね!!
      私的にはまず、ピーク!!(泣)とても好きなキャラですしジークと違って吐血の描写も見られるので死亡でしょうか…。ジークはまだ退場する訳ないと思いますし、巨人脳を使った意識移行等行ってるのではと思います。
      ガリアードは生き急ぎすぎに感じます。ミカサにもやられそう…。ガリアードの気持ちもよくわかりますが。

      そしてアルミン!来ましたね!この後飛行艇(ハンジ)によるアルミン回収→広場で再投下と予想します。ジャン達も車力について「仕留めろ」では無く機関銃を「無効化しろ」だったので、やはり超大型ダイブありえるのではと思います。

      一番気になったのはラストのシーンですね。ジャンがファルコを殺めるか、ジャンが躊躇してガビに撃たれるのか、後者の方が可能性は高い気がします…。
      それとも躊躇して撃たれるもジャンを誰かが庇うとか、あるかな…(フロック、コニーとか?)

      長文申し訳ございません。

    10. レイ より:

      アース団長
      今回も更新お疲れ様です。

      アルミンの役目は、前回二度目の投稿で予想した通り援軍への攻撃でしたね(落ちては来ませんでしたが)。予想が当たったのはこれが初めてだったので、ことのほか嬉しいです。

      ラストシーンは王政編を思い出しますね。あの時は人間である敵兵を撃てなかったジャン。次は撃ちますと宣言した一方、本当に間違っていたのかとリヴァイに問われたジャンがどんな結論を出したのか、気になるところです。

    11. 巨人化学毛根再生術研究員 より:

      更新お疲れ様です。

      私は、ジーク本体がやられている描写がないので、
      アルミンの爆発に全員が気を取られている内に巨人から抜け出していると思います。
      つまり、パラディ側と繋がっている若しくは単独行動だと思います。

    12. 青ねこ より:

       私が思ったよりも展開が早いので、この6章めで終わりになる可能性がある(次に最終章が来ると考えていましたが)
       ジークが死んだように見せかけ生かしていますが、ピークは死んでもかまわない攻撃をしているのをみると「巨人あつめ」が第一目標ではないのだろうか?と推測できます。マーレ打倒のため「地鳴らし」が目的なら、車力の確保は最重要ではないでしょう。
       ただ、始祖持ちエレンが車力がどこで生まれるかを「道」を通して知ることができるなら、ピークを死なせて奪う、という事なのかもしれませんが。

    13. まいんちゃん より:

      いつも楽しく拝見させていただいております。
      今回の103話で気になったのは、ジークが倒される前、ジークのうなじにアタックを仕掛ける描写です。一見リヴァイが攻撃した感じに見えますが私にはうなじから飛び出した描写に見えました。あっけなさすぎる=ジークエルディア側説を信じる私としては、リヴァイが攻撃した描写ではなくジークが立体起動で離脱したのでは?と思います。リヴァイがうなじを手榴弾で爆発させますが、ジークを粉微塵にして殺したというアリバイを作るためだとも思います。いやぁ進撃の巨人楽しいですね〜!!
      管理人様、サイト運営そして考察、お疲れ様でございます。

      • みんと より:

        私も同じくです。
        あの絵は脱出だと見ました。
        ジークの遺体を誤魔化すために手榴弾を使っているのでしょう。

        ではピークが死ぬとすれば誰が捕食するのか。
        エレンがねこ集めならぬ巨人集めかな?

    14. 車力の銃撃を躱せなかった調査兵団 より:

      今回の考察も面白かったです!皆さんも色々考察してますが 僕は以下の考察をしています
      ①『ジーク(獣巨人)は何故呆気なくやられ ジークを切ったリヴァイは倒れたジーク(獣巨人)へのトドメが手榴弾なのか?』 それは、リヴァイは獣のうなじを切りましたが リヴァイはわざと浅くきったのではと思います(リヴァイ程の戦闘センスならば わざと浅く切る事も可能と思われます)そしてジークはやられた演技をし倒れ リヴァイはトドメに手榴弾をうなじへ投げ爆破ですが リヴァイは浅くうなじを切っているので アニの様にうなじを集中し修復を加速をジークがしていればうなじは完治しているはずです
      よってそれを承知でリヴァイは手榴弾を そしてそれによって起こる砂埃でジークは離脱したのでは?
      ②『エレンは敵ではない発言の意味は?』①と繋がりパラディ島側に加担しているので 「エレンは敵ではない」発言をしたのではないでしょうか?そして戦鎚の本体を持っているエレンではなく 作戦通りリヴァイと交戦したのではないでしょうか?そして①の通りやられたフリをし車力 顎を油断させ 無力化させたのではないでしょうか?そしておそらく「自国の主勢力の巨人がほぼやられればマーレは降伏する」と思わせるのがジークの目的ではないかと思われます なので作戦には「なるべく エルディア人の死人を多く出さない ピークなどの仲間達を殺さない」というのが条件に入っているとのかな?と思います。
      長文で読みにくくて申し訳ないです、、

    15. 恥垢種 より:

      アース団長殿、更新お疲れ様です。
      やはり、車力がやられましたね。「獣」までやるのは想定してなかったですが。しかし、ジャンはヤバイですね。フロックみたく悪魔になりきれていないですからね。私は、ファルコを蹴飛ばしてでもトドメを打ちに行くとみてますが、この場面で退場がピーク以外に出るかはわからないですね。
      さて、「時間」はアルミン爆弾ではないようですね。ジャンは車力が邪魔といってるので、これは、どなたかのコメントにあったように、「時間」は飛行艇による撤退が濃厚な気がしますね。あの「灯り」も含めて。
      アルミンはあの爆発で東西からの海軍3万は壊滅ですから、あとは、上陸して列車からの一個師団を蹴散らしてお役目は完了と見てます。そのあと立体機動で広場に向かう算段では
      獣は「時間」が無いと言ってますが、あれはピークちゃんの言うとおり、兵站が無く、補給できないから「時間」が経つほど、ジリ貧だという意味の「時間」が無いと推定します。
      しかし、あの「戦鎚の水晶女」はあのまま持ち帰るのでしょうね。大丈夫でしょうか?宙吊りでも武器が出るなら危険ですよね。それとも大地との接触が必須条件なのか?能力的には武器を量産すれば、消耗するようですね。エレンが3体まで巨人化可能ですが、奴はその力を武器や道具に割くので最大2体+武器のようですね。今回、一杯出しましたもんね。無節操なくらい。超巨大槍、ハンマー、蒔き菱、ボーガン、剣、六股(?)剣、そして巨人+無数の槍(格闘戦に弱いのか、不慣れなのか)
      あと、ジークのエレンへのコメント「敵ではない」も気になりますね。額面どおり、「グリシャに洗脳されているので、俺が正してやる、だから敵では無い」と言いたいのかな。でも、アッサリ死亡退場しそうですね。今回の確定死亡者は彼なんですかね。
      長文失礼しました。

    16. しらたき より:

      更新考察お疲れ様です。

      今回気になったのは、やっぱりジークですね。
      考察にありましたが、「エレンは俺の敵じゃない」という受け取り方によって意味が変わる発言もですが、リヴァイのうなじ→手榴弾コンボでは、ジークの本体が無事である可能性が高そうです。
      エレンと戦鎚の戦いが、巨人化して食う=巨人の力を奪う方法を取ろうとしているのに獣に対しては爆散というのも違和感があります。
      ジークは死んだとマーレ側にはみせかけて、密かに調査兵団に着くのかな? と期待が高まります。
      ジークが王家の血を引いていることも壁内人類しか知らず、エレンと接触すれば「地ならし」ができる、と駒がそろった感じで今後の展開も目が離せないですね!

    17. アールグレイ より:

      更新お疲れ様です。怒濤の展開となりましたね!どうなるのか早くも次話が楽しみです。
      今回気になったことは、ガリアードとエレン巨人、そしてファルコの発言です。ガリアードはうなじから顔を出して話していましたが、これ、ユミルもやっていましたよね。始めは練度が関係するのかと思っていましたが、顎固有の能力かもしれませんね。
      エレン巨人については、「おれはまだだけどな」と言っているので、切り札は「体力がまだある」だけではない気がします。ここで進撃のまだ明らかにされていない固有能力がお披露目されるかも?と予想します。
      ファルコの「生きる強い意志があれば…だけど」発言から、巨人の再生能力の源についてパラディ側もしくはエレンが知っていることになります。これ、どこで分かったのでしょうか。エレンがうつ状態になったときにでも実験したのですかね?笑

    18. しいざあ より:

      更新お疲れさまでした。
      いつも拝見させていただいております。あまりにてんこもりだったので初めてコメントさせていただきます。
      戦鎚は食えなかったのでアニは生存していそうですね。
      先月、エレンは全ての巨人を食ってしまうのではと言った方がおりましたが、エレンの目的はこの世からの巨人の駆逐なのでやりかねませんね。
      全部食ったあと自分を硬化させて地面に埋まってしまえば、新たに巨人は生まれませんしね。
      ループの話もあるし、大地の悪魔ってエレンなのではと妄想が止まりません(笑)。

    19. 暇人 より:

      ジークって今何を着ているのでしょうね?獣になってからの服装が描写されてないので。
      もしグルで調査兵団の服着て立体起動装置つけてたらリヴァイの奇襲の後に簡単に脱出してパラディ側につけますよね。面白い展開になりそうですし。

    20. HN忘れた・・・ より:

      管理人様
      いつも、楽しく読ませていただいてます♪
      ジークについては、すでに同じ意見が出ていると思いますが、リヴァイにうなじを切られる前のページで「脱出している」と思います。
      これは、パラディ側と打ち合わせがあったものでしょう。
      だからリヴァイは脱出の痕跡がばれないようにうなじに「爆弾」を使用したのでしょう。

      それにしても、サシャの射撃はお見事!

      早くも来月が楽しみです♪

    21. 住吉チンチン物語 より:

      更新お疲れ様です。
      やはり今回は注目の104話へ繋がる前哨戦という展開でしたね。個人的には想定内の展開だったので、ちょっと安心しています。
      ただ、アルミンの登場は以外でした。これは時間が来れば実施されるパラディ島側の秘密作戦は、アルミン爆弾では無いといううことでしょう。まあ、住民に被害が出る作戦をアルミンが承諾するはずは無いですかね…。
      さて、パラディ島側の作戦ですが、自分はマーレが保持している巨人4体の捕獲と考えます。
      今回の襲撃はエレンの暴走に引きづられる形で始まったと思われ、エレンの独走を止められないと判断した調査兵団は、これを機に巨人捕獲作戦を決行したのだと考えます。
      急襲部隊が時間内に一箇所に巨人を集めて抑え込み、マーレ軍の対空反撃部隊を制圧、ハンジ率いる空挺部隊投下。その時、ハンジが発明した巨人捕獲器が登場するかもしれません。
      でも、作戦は失敗しそうです。サシャとガビ、ジャンとファルコの対峙は作戦実施を躊躇する前触れかもです。エレンとジークも作戦を知りながら独自行動し、パラディ島側は想定外の事態に陥り、主要人物の死亡展開。う〜ん。次回が楽しみです。

    22. 馬面野郎 より:

      今更気づいたんですけど立体起動装置がかなり改良されてましたね
      鞘の上面からブレードを出せたり、ガスボンベが鞘の下に設置されてたり…
      鞘が太ももに密着して装着されてるのも目立ちました
      サシャが使ってる小銃もボルトアクションだったので4年間での技術の発展がよくみてとれた103話でした

    23. 住吉チンチン物語 より:

      マーレ側が保持している巨人は5体でしたね。すみません。
      それにしても、マーレ側のポルコは調査兵団のフロックと同様、危うい存在ですね。調査兵団に捕まるかもです。

    24. バッツ より:

      アースさん、更新と興味深い考察、いつもありがとうございます。

      もしジークがパラディ側と繋がっているとすれば、皆が大型巨人の爆風に注目している瞬間に獣の巨人から離脱したか(リヴァイが来たのか、ジークが抜けたのか微妙な絵があると感じます)、あるいは、硬質化で守っているか、脳意識を巨人の体に移すかなどの方法を取っているかもしれないですよね。

      ジークは、戦士長である自分が倒れれば、ガリア―ドも車力も精神的ダメージを受けますし、勝ち目が無くなることを分かっていたと思います。

      その上でまず自身がやられ、その後二人がやられてから目覚める算段なのかなと思いました。

      進撃の巨人は、アルミンが知恵、ミカサが力、エレンが勇気だったと思います。

      ただ、勇気を持って勇敢にベルトルトに立ち向かったことを考えれば、アルミンには既に勇気もあったと思います。

      それに力も加わったわけですが、知恵、力、勇気の三つを持ったアルミンの顔には痺れました。

      これからは、誰よりも高い位置から、周囲を見渡し、戦略を立て、指示を出しつつ(大型が喋れればいいですが)、知恵と力で責めるのでしょうか。

      というか、エレンも知恵と勇気と力を持っており、ミカサにもそれなりの知恵はあるだろうし、皆成長し切ったのだなぁとも感じました。

      最後のピークやパンツァー隊がやられていくところを見て、アースさんの考察にもある様に、パラディ側から見ると敵ですが、マーレ側の事情やキャラクターも分かっており、感情移入もしていたので、正直心が痛い気持ちになりました。

      それにしても、ジークの立ち位置に関して、まだまだ引っ張りますよね 笑

      諌山先生はまだまだ考察させてくれるみたいですね。

      あと、時間が無いという発言が頻繁に出てきていますが、個人的には、ヒストリアが来るのかなと思っています。

      ジャンは、戦槌と車力の機関銃を無力化する必要があると言っています。

      ジークが味方なら獣の無力化は入れないでしょうが、顎の無力化を言っていないのは、簡単に倒せるからなのでしょうか。

      次の展開が楽しみです。

      今回も記事の更新、考察、ありがとうございました。

    25. バッツ より:

      連続コメントすみません。

      アニと戦槌の水晶体は雷槍で壊れませんが、鎧の巨人の硬質化は壊れました。

      やはり、二人の水晶体?硬質化?とライナーの硬質化は、何か違うということでしょうか。

      連続での投稿すみませんでした。

    26. あしゅけ より:

      ジークは実は獣のうなじには居なくて、戦鎚のように別位置にいて、獣を操作していた?
      そしてリヴァイと一芝居打って、うなじを攻撃され、討たれたフリをして、マーレ側を欺いている?

      • はなはな より:

        それは無いと思います。1度リヴァイ兵長と戦った際にうなじからジーク戦士長は出されてますからね

    27. リヴァイ大好き より:

       こんにちわ。
       獣を兵長が倒した時は、何やってるのよ兵長! と大騒ぎしましたが、皆さんの考察を読んで納得です。まだまだ獣は倒しちゃダメですよね。
       エレンが、みんな来てくれたんだな。と、以前言っていましたが、その意味がよくわからないんですよね。作戦通りとも思える調査兵団の動きと、エレンの言葉がしっくりこないというか。ミカサの憔悴しきった表情もそぐわない。最初はエレンが単独行動をとったのかと思っていましたが、もしかしたら、作戦に異を唱えたのはミカサ個人だったのかな? ラストでファルコが車力をかばって飛び出したのを見て、最後に大きな愛が勝つ。なら、ミカサはエレンを最終的に見放しちゃうのかな、なんて。辛いな。妄想だけど。
       

    28. tomo より:

      今回は凄かったですね!
      雷槍をもった調査兵団強いし、
      マーレ側の巨人も各々能力を発揮しました。

      来週も見逃せません、
      ジークがあっさりやられたのは本当なんだろうか。
      爆弾でうなじごっそりやられたのでやられてるかも知れませんが、あっけなさ過ぎだし、あれじゃ死体の確認が出来ません。

      それとアルミンがいい意味で謎です。
      あの距離で巨人化するとはどんな作戦をもってるのか。
      そもそもエレンたちの目的は何だろう。
      巨人の力を盗みにきた感じでもないし、
      巨人を殲滅してマーレ側に能力者がいない状態にしてアドバンテージをとりたいのか。

      まったく想像つかない、
      作者凄すぎます。

    29. コダヌキオタヌ より:

       失礼いたします。コダヌキでございます。
       今の時期お仕事が忙しい中での更新、お疲れ様です。全員
      集合との言葉に、一瞬いかりや長介氏を思い出しました(笑)。

       憎悪の連鎖止まらず。TV版一期OP冒頭の鎖は、人間同士の
      争いが終わらない世界を暗示していたのでしょうか。

       そして、例によって私の拙い考察ですが、ジークとエレンは
      お互いそうとは知らずに踊らされているのでは?
       ヒィズル国は、楽園とマーレ国の双方を操っているのでは。
      楽園にマーレ国の情報を伝えて軍事的な援助をし、マーレ国に
      は楽園の情報を流す。楽園とマーレ国は、ヒィズル国がコウモ
      リのように動いているのだと知らないのでは。
       ジークとエレンは、それぞれがエルディア人存続の為にヒィ
      ズル国と共謀している。だがその件ついては、お互いヒィズル
      国から何も知らされていないのでは・・・と考えました。
       ヒィズル国は、楽園とマーレ国を戦わせ、生き残った方に
      安住(約束?)の地を与えようと画策しているのかなと。浅学
      ゆえ、これが私の限界です。

       失礼します。

    30. より:

      いち早くのネタバレ更新ありがとうございます

      今回は語りたい事が盛りだくさんですが、
      次回の冒頭の展開を自分なりに予想してみました

      ①ジャンは雷槍を発射するのを躊躇して、ガビに撃たれる

      ②ジャンが躊躇してファルコと対峙、間髪入れずフロックが背後から雷槍発射、ジャンはファルコを抱えて、爆発を回避。

      ③ジャンは(過去にあったような)迷いを振り切り雷槍発射。ピーク死亡し、ファルコは重傷。

      個人的には、②を強く推します

      それでファルコがパラディにも心ある人がいるというような希望を抱いて、恐らくはバッドエンドに向かうであろう物語の僅かな救いのエピソードに繋がると期待します

      アース様の予想はどうでしょうか?

      • ポルコロッソ より:

        横から突然すみません!
        普段読む専門なのですが、
        紫さんの選択肢があまりにも私の希望願望とぴったりなのでコメントしてしまいました笑

        私も⑵推しさせてくださいーーーーー。

        と言うか…

        ガビーーーー!
        ジャンは撃たないでーーーー!!!!!!!!!!!!!! 笑

        個人的に、ガビはサシャを撃つと思います。
        104話で104期生が死亡するとしたら、
        サシャかな、と。

        前回、サシャが敢えてガビを生かした場面は、アニがアルミンを敢えて殺さなかった所に似てるなーと思っていて、その結果、アルミンによってアニ達の作戦に大きな狂いが生じているので、今回はその対比で、ガビをあの時殺さなかった結果、サシャが殺される展開を……

        希望はしません。。爆

        もう2カ月間位、
        104期生 ロスに怯えています…

        104期生の誰か死んだら、
        2日間くらい寝込むかもしれません。。
        …みんな死なないでくれーーーーー。

        と言うことで、
        本当にいきなりすみませんでした。笑

        • より:

          コメントありがとうございます

          お気持ち良く分かります


          個人的にも104期のメンバーには死んで欲しくないので、②を強く推しました。

          ただ実際は①が有力な気がして胸がざわついてますが…


          ただ、今回は対マーレ戦のあくまで序章なので、まだ主要キャラは退場しないと淡い期待をしています

    31. なんでやねん より:

      更新お疲れ様です。
      私は時間=ジークの命と考えています

    32. JuliietSiren より:

      更新ありがとうございます!

      ジーク「エレン・イェーガーは俺の敵じゃない」

      これが、「味方」を意味するものだとしたら?
      という考察を読んだとき

      83話 ジークとエレンの対面シーンでのジークのセリフ
      「信じてほしい 俺はお前の理解者だ」
      を思い出しました(^^)

    33. エレンの家ェーガー より:

      リヴァイが獣の巨人を地に伏せるシーンがヘーロスに見えましたね…
      これは何かの伏線だったりするのでしょうか?

    34. にこ より:

      えっ、え~~~~~。
      何この展開の斜め上じゃなくて、三回まわってワンからの針の穴からの展開だ~~。

      もう何が何だかわからないです。
      明日まで待ての犬状態。

      アルミン巨人来たの?
      アルミンむさいおっさんになったのかなあ。
      ゲスミンかなイケミンかなヒゲミンかなデブミンかなホソミンかな・・・
      髪型は長髪かなあ。
      背は伸びたのかなあ。

      ライナー死んだの生きてるの?
      ピークちゃんやジークやポッコはどうなったの~~。
      長時間お預け食らった犬のように今月もヨダレだらだらで来月まで待つのですね。辛い。

    35. にこ より:

      もしかして時間がないって、液体を振り撒いてマーレにいるエルディア人をみんな無垢の巨人にしてしまうのではないでしょうか?

    36. きじねこ より:

      記事作成お疲れ様です。
      ライナー、ファルコの安否確認ができてまずほっとしました。その一方、でジークとエレンが接触する動きがないままジークがリヴァイに倒されてしまう展開には、びっくりしました。ピークもコテンパンにやられてしまいましたし…
       ピークを庇おうとするファルコにもまた注目ですね。ジャンは撃つのをためらってしまいそうです。その隙にガビがジャンを撃つ展開がありそうです。(アルミンの爆風で銃を落としていましたが拾い直したと予想)ジャンが重症となり、ジャン退場とみけかけて車力を継承させる展開があるかもしれないですね。馬面なだけにw ただ、山からマーレ兵の大軍が向かってきてたりとゆっくり継承していられそうな雰囲気ではないですよね。
       アルミンが海上で巨人化する展開にもこれまた驚きました。確かにマーレの艦隊を撃破するには有効な方法だったのでしょう。一方で屋根につけた明りの使い道が不明となってしまいます。そこでやはり戦いの仲裁役としてだれかが(ヒストリアかキヨミ?)パラシュート等で降下する展開を個人的に押したいと思います。パラディ側の人間はマーレ側にあまり人的被害を出させようとしていないので、パラディはマーレに劣らない軍事力を持つことをアピールしてパラディ攻めをあきらめさせることを狙っていそうです。要するに調査兵団としてはマーレとの不可侵条約締結が目的じゃないかなと思っています。しかしながら、民間人にも多くの死傷者を出している状況から交渉決裂の展開へとなっていきそうと予想しています。

    37. かつどん より:

      更新お疲れ様です

      今回の話で1番気になったのは、リヴァイが手榴弾らしきものを使ったことですね
      ウォールマリア奪還作戦の時のようにうなじから引きずり出して剣で殺せばいいものを、まるでガビ達に見せつける(ジークが死んだという目撃者を作り出す)かのように殺したはどうも引っかかりました
      あの手榴弾、煙だけで爆発力は大して無いんじゃないかなーなんて考えてます

      それにしてもジャンの「あの時はどうも」ってセリフ、本当に胸アツですね!
      次回が楽しみです!

    38. ひざ より:

      港でアルミンが巨人化し、海からの兵力は壊滅しました。ということは、ハンジは山にいて、山の兵力を倒すのではないでしょうか。でも、巨人の力がなければそれは難しそうですし、微妙ですかね・・・

      1人死ぬことが決まっていたというのは、ピークのことでしょうか。もう死んでいる可能性もありますが、他にも可能性があるのは、ジャン、ファルコ、ガビの誰かでしょうか。でも、ジャンは先生お気に入りのキャラなので、死ぬ可能性は低そうですが・・・

    39. ギラ より:

      アースさん お疲れ様です。

      2点ほど気になった点があります。

      ①リヴァイが獣のうなじを縦に切っている事!
      横に切れば本気で殺しに行っている証拠ですが
      縦に切っているということは・・・・・
      そうです プロレスです!

      うなじを切り、獣が倒れ、手榴弾で爆破されるまでの僅かな時間に、ジークはうなじを抜け出ていると見てます。

      ②アルミンが乗っていた漁船らしき小舟には
      なんと ゴムタイヤが巻きつけられています!
      ゴムタイヤは、石油製品です。つまり石油精製技術が既にパラディ側にあるという事です。
      ヒィルズ国による技術支援によって、石油で動く自動車や飛行機すらパラディ側にはあるかもしれないなと感じました。

      • 管理人アース より:

        >石油精製技術が既にパラディ側にあるという事です。
        これ、面白いですね~(^^)
        パラディの4年間の妄想が止まらないですよ!


        管理人アース

        • ギラ より:

          アースさん 返信ありがとうございます。

          もしこの4年でパラディ島の工業化が進んでいたら・・・これを前提に104話を予想(妄想)します。

          ずばり レベリオ大空襲です。
          B29爆撃機の様な飛行機にハンジが乗ってきて
          東京大空襲の様に、レベリオを焼き尽くすのでは?
          これがいわゆる「時間のリミット」であり、パラディ側の作戦の本丸と予測します。

          戦争をするなら勝たなければならない!
          圧倒的にマーレを叩く形で勝利すれば
          もう その他の諸国はパラディを攻めようとは思わなくなるでしょう。
          敵対するより逆に和平協定の道を模索する流れになると思います。

    40. りゅう より:

      考察いつもありがとうございます。

      読者とエレンの立ち位置の考察が流石ですね!

      ピークとジークの関係も!

      ジークの発言をその様に解釈するのも驚きでした!

      とすると、ジーク獣がリヴァイに倒されるのも打合せ通りの作戦ならば、首で爆弾を爆破させたのも そうだとすると…ジークはここで死んだことにしてマーレを欺く作戦?秘かにジークはうなじから脱出し、ピークは最早それを確認出来ない状態。ピークは頭がキレるから欺くのが大変ですね。

      しかし パラディ側。ここまで用意周到な作戦を立てることが出来たのは、寝返ったジークからの情報なのかもしれませんね。

      ジーク、エレンの目的は この悲しい歴史を なんとか止めることとしたら、、、

      2人が手を組めば、始祖のチカラを発揮することが出来るだろうし…

      妄想は膨らみますね!

      そして、キーとなる「時間」は何が起こるのか?

      たくさんの謎、伏線の回収がありますね。

      その「時間」になる前に、時が遡って回想シーンになるのか?

      アニは?
      ハンジは?
      ヒストリアは?

      超大型アルミンは どんな顔しているのかも楽しみです。

      来月も楽しみですね〜

    41. ぴょろり より:

      いつも拝見しています。
      ピークはこれで退場してしまうのでしょうか?
      ハンジ、アルミンとの頭脳戦も期待度していたのですが。。
      ジークは完全にエレンと繋がっていますね。
      リヴァイへの「時間がないんだろ」は「協力してやるよ」という意味に感じられました。

      ベルトルトやパラディに向かった戦艦が還ってこない時点で襲撃に超大型が参加するであろうことはピークなら予想できたはずですが
      「さすがピークちゃん」というやたら印象に残る台詞でおだて続けてきたジークの方が一枚上手だったのかなという感じです。

    42. やっぱり来た! オリンピックねた。
      獣の巨人の 今度の投球フォームは、
      羽生結弦選手の フィニッシュポーズ
      ではありませんか。

    43. 兵長の寝室係 より:

      皆様の考察合戦の隙間に失礼してこれだけ。

      ジークとピークの関係は、ピーク→ジークで、片思いなのではないかと……!♥

      • 管理人アース より:

        呼び捨てにしているので、付き合っている関係はあるけれど、ジークの気持ちは分かりませんよね。
        ジークは本当に掴みどころがないですよ!(・_・;)
        全て妄想ですが・・・(笑)


        管理人アース

    44. Footerd より:

      更新お疲れ様です。

      最後のジャンとファルコ..気になります。ジャン好きなので..

      この先、ジャン達はどうなるか想像してみました。
      ジャンがファルコを撃つのを躊躇している内にガビに撃たれ..というのもあり得そうですが、もしそうなったら、後から来た調査兵団にガビ、ファルコ、マガト、ピークはボコボコにされて一発終了です。
      一気にそんなにたくさん消えないような気がします。

      そこで、こんな感じを予想しました。
      ①ジャンが躊躇する。
      ②ジャンがファルコを突き飛ばす。
      ③ガビがジャンを狙う。
      ④それを見つけたサシャがガビを撃つ(ガビの顔を知ってるし)
      ⑤ガビ死亡?ついでにピークも?ファルコの内面が大きく変わる

      何にせよ、来月が楽しみです。

    45. ハンジ班志望 より:

      アースさん、いつもありがとうございます!
      103話の情報量の多さに興奮が収まりませんね!
      104話に向けて何か整えたというか、ここまでやって104話へっとゆう、諌山先生の思いを感じるような気がします。
      あとアースさんの記事を読んでから、真ん中分けの兵士がかなり気になってます!

      そして私はアルミンの変身前の表情が一番気になりました。ベルトルトが巨人化する時にしていた顔のような。。そしてジャンは撃つと思います、そしてファルコはマガト隊長がグッと引き寄せて助かるのでは。ピークも死なないで欲しいけど、パンツァー隊と運命を共にしたと思います(;ω;)

      もはや背後からエルヴィン団長の声で「君には何が見える?」と聞こえてきそう。。。先が全く読めません(汗)

      次回は記念すべき104話ですね。104期の4年間の話なのか、それともさらに怒涛の展開になるのでしょうか。。。

    46. ヤマユリ2010 より:

      アース様、こんにちは。倒れた獣の巨人に降り立って手榴弾を投げ入れようとするリヴァイの表情は意味深ですね。何かに気付いたのでしょうか。トドメを刺す表情ではないなと思いました。

    47. オバミン より:

      こんばんは。
      巨人だらけの展開ですね。
      もしや、エレン巨人が全ての巨人を食べて・・最後はアルミン超大型巨人が寿命のつきるエレン巨人を食べて、9つに分かれていた巨人が1つになるなんて・・
      来月号が楽しみです。新刊も楽しみです!

    48. トロスト区議会議員 より:

      アースさん更新お疲れ様です。

      ジークについては何人かの方が考察されていますが、私もリヴァイに攻撃された時点で獣のうなじにはいなかったと思っています。アルミンのピカあたりから獣の巨人の動きが全くないことが気になります。ただ、その理由が「調査兵団と通じている」「リヴァイとはグル」かと言うと、この戦いによる兵団側の犠牲者が多いので、単純な寝返りという感じでないと思います(これ以上の考察はできていないですが・・・)。

      あと次回の展開については、ベタですが、ファルコの危機に対して、ガビが叫んで、ライナーがガビの声を聞いて復活、みたいな展開を期待します。
      そうなると、マーレ側が元気な巨人が2人(顎・鎧)となりますが、調査兵団側はエレンの体力も武器もそんなに残っていなさそうです。調査兵団側の目的は良くわかりませんが、戦槌と車力の無力化は達成はしているので、時間が来て撤退戦に移るのではないかと思います。

      • 管理人アース より:

        >この戦いによる兵団側の犠牲者が多いので、単純な寝返りという感じでないと
        これ、102話の最後「生き延びろ」というリヴァイのセリフが意味深になりますよね。
        もしかしたら「内通しているジークを奪うだけの作戦だ」「そんな作戦で死ぬな」みたいな意味なのかもしれないなと。



        管理人アース

    49. 進撃したいけどできないメロス より:

      ハンジさん、死んでる可能性もあるんじゃないかなぁ?

      そうじゃなければ、壁内で安全に暮らしてると思います。少なくとも、失明してるハンジが戦場のど真ん中にいることは考えにくいです

    50. トロスト区議会議員 より:

      連続投稿すいません。

      回想も含めて今までストーリー上死んだ巨人化能力者は、クルーガー、ウーリ、フリーダ、グリシャ、マルセル、ベルトルト、ユミル、になりますが、みんな誰かに捕食されて死んでいます。言い方を変えれば、捕食以外で死んだ巨人化能力者は今のところいません。なので、ピークや(仮にリヴァイに切られてボムされたとして)ジークがあの程度では死なないような気がします(戦闘不能にはなるでしょうが)。

      巨人たちの今の状態としては、

      ・戦槌…戦闘するだけの体力なし(ただし、エレンが言っているだけなので、隠し技がまだある可能性はあり)
      ・獣…重症により戦闘不能、もしくは撤退?
      ・顎…リヴァイに顎を切られたものの回復済み。元気。
      ・車力…重症により戦闘不能
      ・鎧…意識不明・戦闘不能

      ・進撃…3回巨人化しており体力はそれ程残っていなさそう(103話では戦闘描写なし)
      ・超大型…戦場まで来るには少し遠い?

      といったところでしょうか。

      • 管理人アース より:

        >・超大型…戦場まで来るには少し遠い?
        これはすぐさま人間に戻り、104話では立体機動でレベリオ収容区までハンジと移動してくるのかなとか妄想しております(^^)


        管理人アース

    51. ホリー・スプリンガー より:

      団長おつかれさまです!

      今回は激アツ展開ですね!最近はずっとですが笑笑

      サシャのライフルとジャンの「あの時はどうも」がかっこよすぎです!!

      ジーク戦士長をリヴァイが手榴弾を使ったのはどさくさに紛れてジークに逃げる隙を与えたのかなと、、、。ブレードで削ぐのが殺すとしたら一番確実だと思うのですが、手榴弾によって殺したと見せかけたのではないかと予想してます!

      そんでどっかでまたジークが出てくるのでは!

      ハンジさんが出てきてないことを考えると、パラディ側にもう一山作戦がありそうですね。

      あぁ早く最新話が読みたいです!!

    52. リヴァイ屋さん より:

      獣はまた石を投げ散らかしてますけど、パラディ側の投石での死者の描写もないですし、明らかにうなじをやられる前の獣のコマは上に逃げてますよね。
      てことはジークが立体起動をつけてる姿が出てくるんですかね。
      いずれにせよ今のところ完全にパラディ側なのかジークなのかの思惑通りの展開。
      それをファルコ達がこの流れを変えるのかな?
      いずれにせよ次回でこのマーレ編は終わって、壁内の3年をやるのかな?
      ピークやボルコらに壁内観光して欲しいなぁ

    53. 進撃の阪神 より:

      ピークとポルコを穴に落としたのがジークの手引きなら、やはり機動力の高い顎と車力が邪魔ってことですね。
      パンツァー隊が2人を救助したのは誤算でしょう。
      上記の通りジークの手引きなら今回のジャン達のセリフで壁側の思惑と一致してるということがわかりますし、ジークは壁側と繋がっていると考えていいでしょう。

      ついでに、ジャンの「あの時はどうも」の時のピークの表情は、ヒゲの兵士さんとライナー奪還時に見かけたジャンは同じ人物だと合点したからではないでしょうか。

    54. イケミンだミン より:

      アース団長こんばんは
      初めて投稿させていただきます。
      私が気づいた事なのですが、今のライナーはアニと同じ状態なのではないかと思いました。ファルコが「生きる意志があれば」と言っているので。ただ本体が結晶に包まれているか包まれていないかの違いかと思われます。

      余談でしたm(_ _)m

    55. 叫ばずにはいられない人 より:

      アルミンの超大型巨人投下は違いましたが、ライトを町に配置した理由って何なんでしょうかね・・・時間がないというのも気になりますし。
      もしかしたらですがパラディンが用意した脱出用の飛行船(プロペラ機とか?)がある時間に頭上を通過するんでしょうかね?屋根のライトに沿って。
      そいで調査兵団は立体起動で飛行船にワイヤー繋げてフルトン回収みたいにとんずらするとか・・・飛行船はハンジが操縦で。
      あっさりやられたと思ってたジークは実は生きててパラディン側に寝返っており一緒に飛行船に乗るとか

    56. JOJO より:

      自分もジークはリヴァイが斬りかかる前に脱出しているような描写に見えました。ミケの立体起動を使ったのか、それとも新しいのを事前に調査兵団から渡されてたか。あと、メガネかけてたのに、外していたので、やはり何か作戦を知ってての行動のように見えました。

    57. 通りすがりの調査兵団員 より:

      なんか自分の予想が外れまくってても、むしろ清々しさを感じるのはなぜか?
      やっぱり凄い作品だなあと改めて思う回でした。

      あの時はどうもで、顎髭の兵士はジャンで確定でしょうね。
      ジークがもし調査兵団服を着ていたとしたら?
      以前のピークが発言した「まさか、そんなわけが」は、ひょっとしてジークの姿を見たのかもとも思いました。
      ピークとジークがもし恋仲だったとしたら、ピークの心情は相当複雑なものだと思います。
      二人の名前の響きもよく似ているし、恋仲説の可能性は高いのかな?

      来月も楽しみ〜。

    58. サンドロ より:

      名前の通りなんですが、獣がやられた時の模写があからさまに「獣から離れた模写」と思います。

      本来であればうなじに向かって降りる模写でなければいけないので「ザッ」とうなじ方向へ円状に模写があるはずです。

      ところが今回の模写はジークが獣から離れた模写のようです。「ザッ」の所の少し上に円状に模写があり、さらに足のような影も飛び立つように見えます。

      この事からジークはほぼ間違いなく生きており、更にわざわざ爆弾を使う必要性はリヴァイにはないはず、周りにジークは殺したぞと見せびらかしているかのような模写です。その結果動揺した車力ピークはやられましたしね。

      • より:

        >模写
        「描」写(びょうしゃ)?

        立体軌道装置は空を飛べるわけではなく、
        まずアンカーをどこかに固定しなきゃならんので、
        衆人環視の状況かつ巨人からブチブチ抜け出なきゃならない状態で、
        いきなりのロケット脱出は出来ないと思うよ

    59. 天草タロウ より:

      ジャンが顎鬚兵士だとしたら「さっきはどうも」と言うと思います。「あの時」と使っていることから、ジャンではないと確定では?

    60. 気まぐれ より:

      いつもお疲れ様です。また気になったことをいくつか…

      「ビックリ」と同じページのジークが岩を砕く擬音、一つだけ「ビキニ」が混じっていませんかね?笑
      直後にアルミン爆発ですし、やはりビキニ環礁の核実験を意識してのことでしょうか。

      ピークちゃんは頭脳的には言わずもがなでしたが、物理的にも視野が広くて驚きました。
      考えてみれば、目の位置は草食獣に近いので当たり前といえば当たり前なのですが。

      「とにかく私達はアッカーマンから戦士長を守ればいいの」→「さすがピークちゃん その通りだよ」のやりとりは非常に気になります。
      単に「他の兵士は脅威ではない」ということかもしれませんが…
      リヴァイと一芝居打つ可能性を察して、暗に「後ろから見張ってますよ」と釘をさし、ジークは白状したようにも見えます。
      ジークはその後、開き直ったかのように裏切りとも取れる発言をしていますし、何よりピークの話の流れなら持久戦に持ち込むべきですが、二度と会いたくないはずの相手に「時間がないんだろ?」と煽る始末。
      そう考えるとやはり、みなさんも指摘される通り兵長の爆弾はフェイクの可能性が高そうです。
      とはいえ、兵長が切り込む前にジークが離脱するのはパンツァー隊に見られるので無理でしょう。大量の蒸気も目立ちますし。(逆に兵長は死角である真上から切り込んだことになります)
      離脱するとすれば、定石通り巨人の蒸発に乗じてとなりそうです。

      ピークは退場になりそうで悲しいですが、来月も楽しみです!

    61. 進撃の読者 より:

      死ぬのはジャンなのか、、、兵士以外を犠牲にしない、という発言もありましたし

      にしてもジークは生きてると思います、やはり離脱の描写に見えますし
      また少し違和感なのが戦ついはあれ程食うことにこだわっているのに、ジークは爆弾というところ。
      離脱したのを悟らせないというのがしっくりきます

    62. HN忘れた・・・ より:

      P477の獣の描写
      ジークが獣のうなじから離脱する場面(だと思う)は、動きがかなり速いので、きっと「立体機動装置」を使っていると思う。

      99話の落とし穴作戦の時に、ジークだけ別行動させられてるから、その時に渡されて装着したんだろうな。

      ジークの立体駆動見てみたい。

    63. 考察初心者🔰 より:

      管理人さま♪更新ありがとうございます😊

      いや〜怒涛の展開で何から書いてよいやら…

      アルミンも来てましたねェ〜😅お留守番の可能性も否定出来ないなぁ〜😅と最近まで考えていたので…

      パラディ側の結束が固いのに安心しました😆

      最終的な目的は達成やはり来月、新団長ハンジか登場してハッキリしそうな感じですね✨

      それにしても…最後のシーンはジャンの死亡フラグにしか見えない😱

      先日のサイン会での諌山先生の発言が気になります😱

      今の時期にすでに104話のネームが完成してるんですかね❓

    64. 劇団の小人 より:

      お初にコメントいたします。

      ピークの呼び捨て「ジーク」呼ばわりは、ロマンス〜な関係の暴露ではなく(笑)、ピークがジークに対して、疑惑の念がほぼ確定した状態の表れかと読みました。

      今回の戦闘で、最初からジークを怪しんでいる戦士隊の人間はピークひとりです。
      それがほぼ確信に変わったところでピークは退場、他の戦士隊はジークの裏切りに気がつかず、ジークとパラディ側の思惑にはまっていくのかなと思いました。

    65. 蒼雪 より:

      ライナーは例の「意識を巨人側に移動」ってヤツをまたやったのかなぁと思いました。こんなところで彼が終わるわけないので!
      それにしてもファルコを守るのを最優先にしているあたり、やっぱりらしいなぁと。

    66. コンロガス より:

      ピークが屋上にいる建物の一番上の階の右から二番目の部屋が、最初は暗かったのに、ポルコがエレンに向かって走り出した場面では部屋の中の明かりがついていることに気がつきました。意味があるかはわかりませんが、、、

      可能性があるとしたらリヴァイがこの部屋に隠れていて明かりをつけた、ジークがこの部屋に隠れて明かりをつけた、くらいでしょうか。

    67. りんりんアッカーマン より:

      更新ありがとうございます。
      劇団の小人さんと同じで、ピークはジーグの裏切りに気づいた顔なのではと思います。

      リヴァイに切られる前のコマは、ピークがジークの離脱を見たか気づいた顔、ジークと呼び捨てにしているコマは裏切りを確信した顔なのかなと。

      ピークは生き残って、今後のジークの動きや作戦がピークによって邪魔されてしまうのでは…

    68. 駆逐系男子 より:

      アースさん、、、俺、、、忘れてましたわ。
      マーレ編が続いたことでライナーやファルコ達に感情移入し過ぎて忘れてましたわ。
      やつらは壁内の人間を巨人に食わせた敵。
      エレンが俺の目を覚まさせてくれました。
      今まで生身の人間に追い詰められたことなんてないであろう巨人たちが調査兵団にやられていく姿は圧巻です。
      フロックイズムに毒されている俺はマーレ側への感情移入という作者の罠から解き放たれました!
      俺も自分の指ガリィやりながらアースさんの予想読んでますw
      駆逐してやる!!!

    69. にこ より:

      まさかだけど104話で終わるってことないですよね。104期だけに。
      クライマックスに入っているのかなあ。

      さっきマガジンのアプリで進撃の巨人103話を読みました。

      アルミン髪を結わえてるのかな?ちょっと悲しげなイケメンになっていました。o(^o^)o

    70. 匿名 より:

      ポルコがベルトルト死んだの知らなかったのは意外でした。本当に。

    71. 馬面野郎 より:

      ジークがあっさりやられるとは思えないし…
      リヴァイがわざわざマガトの目の前でジークのうなじを爆破したのはジークは死んだと見せかけてるのではないかと思いました

    72. 匿名 より:

      更新お疲れ様です
      はやくも次回が待ち遠しいですね笑
      自分はジークはやはりパラディ島側と組んでいるのではないかと思います
      過去の話を読み返してみましたが、9つの巨人が敗北するときは本体の描写がある(本体の正体が不明だった2巻の進撃、7巻の女型を除く)のでジークは既に獣の巨人から離脱しているのだと思います
      ピークがジーク?と言っていましたがアッカーマンから戦士長を守るという発言から鑑みるにジークが兵長に敗北する可能性もあることを認識しているようなので倒されただけでは驚きのあまり名前で呼ぶようなことは無いと思います
      位置関係的にピークだけがジークの離脱を目にしてしまい愕然としているのではないかと思います

    73. にわかファン より:

      『エレン・イェーガーは 俺の敵じゃない』
      というのは、

      『エレンは俺の味方』
      という意味じゃなく、単純に

      『エレンは俺にかなわない、大したことない奴』
      って意味じゃないの? 

      • より:

        例えば、FBIが二人で犯人を追跡中、人質を取られたとするよね、

        A「頼みがある、お前に殺される前にこのガキを殴らせてくれ」
        犯「ああ、分かった」
        A「相棒B!お前は本当に役立たずだな!
         射撃訓練に何度も落ちやがって!
         よく狙って撃て!この間抜け!」
        殴られまくって倒れた相棒B、Aの足から予備の拳銃を取り出して犯人を射殺

        みたいなシーンと同じような、
        共謀者に聞かせるためのセリフじゃないの、って事でしょう

      • より:

        「エレン・イェーガーは、俺の敵じゃない」
        ※周囲のマーレ勢へのアピール、裏では読者への掛詞

        「出て来いよリヴァイ、時間がないんだろ?」
        ※挑発だが、共謀していた場合は共謀者への合図・語りかけの意味を持つ

        二つの違い、連投御免

    74. より:

      「エレン・イェーガーは、俺の敵じゃない」
      「まずはお前からだ。出て来いよリヴァイ、時間が無いんだろ?」

      読者の反応(必死に伏線を読もうとする)を受けたセリフだよなぁ

      「時間」に向けて、リヴァイ(とジークの合図)の行動が起点となって動き出す感じ
      巨人フォーメーションを崩す、行動に移る前の信号弾がアルミンかな

      「さすがピークちゃん、その通りだよ」
      は、フォーメーション作るのが想定通り、という意味で
      うなじから瞬時に引きずり出せるリヴァイが爆弾(目くらまし)を使う意味とか

    75. 動物好きの巨人return より:

      どうも、久々に改名して帰ってきましたよ、動物好きの巨人でございます。

      まさしく阿鼻叫喚、もはや巨人が戦場を支配する時代は終わったようですね。すべては人の力と知恵ですよ。

      以前、私はジークが「猿芝居」しているのでは?みたいなこと書き込んでましたが、にしては手が込んでそうですよね。わざわざ、うなじを削いでから爆弾で吹っ飛ばすしては必要はないし、あるとすれば、ジークが逃げ出したのを目隠しするためかな、と思ってます。つまり、「ジークエルディア説」ですね。

      やはり、エレンはかなり冷静になってますね。もはやマスタークラスの巨人化能力者でございましょう。

      そして、ジークとピークの関係に疑惑が………😅

      書きたいことはたくさんありますが、また今度。それではまた。

    76. イラクマ より:

      今回が1番興奮しました。
      ところでみんなが気になっているジャンですが、僕は次号も生きていると思います。何故かというと、車力は調査兵団の数人に囲まれやられました。

      要するにトドメはジャンが先陣を切っただけで後方には調査兵団数名が居るのです。

      ジャンを殺してしまうと車力はもとよりファルコすら危うい状況に陥るし、マガト、ガビも無事では済まない戦況。だから冷静に判断できるガビやマガトなら撃たない判断をすると思います。
      結局スキをつかれ車輪にガビやマガト、ファルコらを連れて逃げられ時間切れで何かが起こると予想。

      • より:

        ガビが銃を持っている(作者が銃を持たせた)ので使いどころが次回なんだろうけど、
        車力に関しては、ジーク「いつかお前を、救い出してやるからな」を直に聞いている、
        離反濃厚なジークへの疑念を持たせるための最大の要素なので、
        重傷で物語を進行させる時間を稼がせつつ、生き残らせるんだろうな派です

    77. ノルン北欧神話 より:

      更新お疲れ様です。
      いつもありがとうございます!!

      ジークは死んではいないようですね。リヴァイはジークを爆弾で殺したように周りのマーレ(マガト達)に見せているように感じます。時間になれば、ハンジ班が運転しているプロペラ付きの飛行船が出てきて調査兵を救出しそうです。ジークもパラディに連れて行くかもしれませんね。

      ここで気になるのは「ジークで何をしたいのか?」
      エレンと「地鳴らし」を起こすのではないか?と言う意見が多いですが、そんな感じがしますよね。「地鳴らし」が起きれば壁内の大部分は壊滅しますが、住民を「ウォール・シーナ」に集めて「地鳴らし」で超大型巨人が外側に歩き出すように発動すれば助かりそうです。エレンも100話で「俺は進み続ける 敵を駆逐するまで」と言っていますしね。

      もし調査兵団がこのように計画したとしても、思惑通りに進まないのが「進撃の巨人」らしさ…最終的には「地鳴らし」は起きると思いますけど。
      どうなるかこの先が楽しみですね!!

    78. リヴァイ屋さん より:

      ヒイズルの目論見は実はマーレの弱体化にあったのかも

      知性の巨人を無力化させてマーレを弱体化、パラディ側との利害が一致して協力体制を結んだ、とか

      ジークを説得したのもヒイズルかも

    79. ごっとあるみん より:

      考察お疲れ様です!
      2つ思うとこがあります。
      1つはジークが殺られるところですが
      もう既に獣の巨人から抜け出しているのでは
      ないかということです
      2つ目はピークのジーク?の発言です
      これはジークのおかしな点(行動や様子)に気付いたのではないでしょうか?
      これならパラディ勢と繋がってても
      スッキリします笑

    80. ルイコスタ より:

      諌山先生のサイン会での発言、死ぬことが1人決まっている、についてですが、
      自分は「ライナー」だと思っています。

      戦前、あれだけライナーの過去にページ数を割いたのは、亡くなる伏線に思えました。
      そして、戦いの前に自殺を匂わせる部分もあり、今回も生きる意思がないように描かれています。
      もはやライナーは死に場所を求めているとしか思えないんですよね。

      しかし、死に損なったライナーが死ぬとすれば、どういう理由で死を迎えられるのか。

      ここで目を向けたいのが鎧の継承者です。
      これまで鎧の継承者はガビと決まっていながらも、ファルコが継ぎたがっており、ライナーも気にしている様子が描かれています。

      そこで考えられる展開はファルコの命の危機です。
      ジャンに撃たれるかどうかは分かりませんが、瀕死の状態のファルコを救うため、やむを得ず鎧を継承させる。
      ライナーは、ファルコを救うという理由をもって、ようやく死を迎えるという筋書きです。

      サイン会での発言によれば、あっさりと死んでしまうとのこと。もしかしたらライナーはもう意識を取り戻さないかもしれない。

      注目したいのは、あの場にマガトがいることです。
      この期に及んで意識不明で戦力にならないライナーより、若い命を助ける。その判断をできる権限を持つのは、マガトです。
      巨人の継承順位って、そう簡単に変えられないと思いますが、そうしなければならない状況になり、その決定ができる人物がその場にいたら…

      次回も楽しみですね!

    81. 混乱中~ より:

      管理人様いつもありがとうございます。

      ジークの「エレンイエーガーは俺の敵じゃない」っていうのが引っ掛かります。エレンは、違うけどそれ以外は敵?という考察から、エレンは調査兵団が本来乗り込んでくるより先に単独で来たのではないでしょうか?手段は分かりませんが…。
      そう考えるとミカサの「帰ってきて(戻ってきて?)」もつながるのかな、と。

      ただ元々来る計画はあったので、時間を決めた作戦はあったのかな、と考えております。

      そしてジークの、行動を考えているとそもそも何で寝返ったのか、ということも気になりました。何か狙いがあったのか…両親達を指差しているあの描写が無理矢理感情を殺しているように見えてしまいました。

      とにかく気になることが多すぎて早く次が読みたいです! 

      長々とすみませんでした!

    82. イラクマ より:

      2回目コメ失礼します。
      時間というのは何かと思っていました。なんの時間なのか?時間通りに何があるのか?時間までになぜ車力の砲台を無効にしないといけないのか。
      1つは大勢の人が予想されている飛行船のようなものが降りてくるので大砲や戦艦、砲台を無力化させないといけないと思います。

      では2つ目はアルミンがなぜ岸壁ではなく、海上に居たのか・・・まさか津波を発生させたのではないでしょうか。
      海上で軍艦が空中に舞うような大爆発が起きた場合、どれくらいの津波が発生するでしょうかこれが作戦なのでは!津波到達までの時間??
      しかしこの場合、津波作戦を知っていればミカサはエレンと再会をしたとき無関係な人を殺したことを残念そうに話した事やジャンの無駄な殺生はしないような台詞からも矛盾が出ては来るのでどうかとは思いますが。

      違うかなw

    83. 主一 より:

      次回、列車で山から降りてくるマーレ軍に対応するのがアニだったら胸熱ですよね!
      13の倍数且つ104期に因み特別な回と思われる104話が早く読みたいですね(^_^;)

    84. 首位太 より:

      誠にスミマセン🙇
      名前を間違えで投稿してしまいました!
      主一❌
      首位太⭕
      です
      大変簡単なコメントなので特に言及はされないと思いますが念のため

    85. 李紅蘭@Mogtan より:

      管理人は伏線の推測や考察にばかり行きすぎて普通の日本語の文脈を読み取れなくなっている気がします。
      「エレンは敵じゃない」発言は状況と文脈から見れば「エレンごときがこの俺を倒せるはずがない。」と相手の実力を見下した発言の様に思えました。
      この意味で使われたとするならば、以下の管理人の推測全てが妄想になります。
      尤も諌山先生はこういった表面上の展開を覆す展開を好む様ですので見たままの表現通りに進むとも思えませんですね。
      一般読者や管理人の推測を超えた意外な展開に発展するなら「お見事!」と称賛したい所です。

      • 首位太 より:

        所謂ダブル・ミーニングじゃないんですかね?(^_^;)

        • より:

          そりゃ周囲(というかマーレ勢)に聞かせるためのセリフなんだけど、
          「既にジークの伏線(グローブやら何やら)に目を向けてるであろう読者に向けたセリフ」
          にもなってるって事ですよね

          自分は、その後に続くリヴァイへの挑発の方は、
          今のところ「時間がない、そろそろ始めよう」という合図(語りかけ)と思ってますが

          • 李紅蘭@Mogtan より:

            考察班をミスリードに導くデコイの可能性は?
            ストーリーの伏線に関わる様に見せておいて実は何の意味も無かったアイテムだったとすれば、それを基にした推論はその根底から覆る事になる。

      • イラクマ より:

        本来の意味は確かにエレンはジークには敵わない。俺(ジーク)の方が強いという意味のだと思います。

        でもそれはマーレ軍がそう認識するだけで、パラディ島の主要メンバーにも向けた解り易い暗号。

        俺はエレンの理解者だ。エレンとは戦わない。の2重の意味を持つ台詞は間違いないと思います。

        仮定ですが、何かパラディ島軍に取引を持ちかけられどちらに味方するかを決断した台詞だったのかもしれない。
        深読みや妄想と言いますが、ジークの秘密や怪しい言動をみたらそう思う方が読者としては通常だと思います。

    86. 混乱中~ より:

      度々申し訳ございません。

      既に出ている内容でしたら重ねてすみません。

      そもそもこの日にヴィリーの演説があることをエレン達はどう知ったのでしょう?誰かがかなり前から潜入していたにしても、兵団との連絡手段がないですよね?まさか郵便や電話はマーレ、パラディ間で繋がっていないでしょうし。だとしたら、やはりヒィズル国と繋がっているとしか…

      • 管理人アース より:

        その通りですね!
        管理人アースはヒィズル国のキヨミ様から情報を得たのかなと考えています。
        「さて…」と言いながら会場を去っていったのも「パラディ強襲」を知っていたからかなと。


        管理人アース

    87. ハウ より:

      ジーク生きてますね、どう考えても

      後ろから切り掛かって離脱したと思われる描写の後、まだリヴァイがいるって事は、リヴァイが切った部分からジークが立体機動で飛んでったって事でしょう。
      ・時間が無いってリヴァイに言ってるのは手紙で作戦を知ってるから早く脱出させろと急がせた
      ・いきなり切られてるなら獣の中での驚いた表情を描写するはず。何の描写も無く粉々に爆死は無いはず
      ・自分らが必死とは言え、エレンもミカサもジャン達を全く気にしてない
      ・この漫画、伏線を回収する

      以上の理由でジークは生きてますね

      • にこ より:

        私も同意です。ジークは立体起動で飛び去ったと思います。
        最初の煙はうなじから飛び立った感じがしてならないのです。
        リヴァイが切り裂いたときは煙が逆さまだし。
        ジークが立体起動を持って帰った事の伏線回収に違いないですよね。
        ジークが呼ばれて一人だけ帰ったのは、立体起動の装着ととスーツを着てたのかもしれませんね。

    88. ヤアズ より:

      すごいこと気づきました。巨人同士の会話です、ピークがポッコに「何ビビってんの・・・」~ジーク「さすがピークちゃん・・・」の会話って三体とも言葉話せる巨人なんですかね?
      その時の巨人達のセリフの吹き出しがトゲトゲしてて普通の会話と区別されてるよう(見えるんですがトランシーバーみたいな無線機を巨人体の中に持ち込んで会話してるんですかね?

      • 管理人アース より:

        獣と車力はもともと話せる巨人です。
        顎巨人はユミル巨人時に「いきたか つかあれ」くらいにしか話せなかった事が分かっています。
        なので、うなじから出て話をしたのでしょう。
        他の会話と区別しているのは、巨人の口で話をしていると分かるようにでしょう。



        管理人アース

    89. 地下室の謎が知りたい より:

      すごくお久しぶりです。
      前回から色んな考察があって楽しいですが、今回ちょっと違った見方で謎が増えました。

      水晶体の戦鎚の正体に雷槍を攻撃してノーダメージでした。
      でも、水晶体は硬質化物質ですよね?

      「ヨロイブラウン」の薬でエレンが硬質化可能=「ヨロイ」とライナー「ブラウン」の鎧の巨人が雷槍でダメージを負った=雷槍硬質化物質破壊可能と考察しました。

      アニが生きてるかどうかは今後次第でわかると思いますが、アニ同様の硬質化物質水晶体の破壊攻略法などがまだわかってないのがちょっと納得が出来ない部分でした。
      対巨人砲なら破壊できるのかな?

      硬質化物質の水晶体がヨロイブラウンとは違った新たな薬の能力だったら可能だと思いますが、どう思われますでしょうか?

      早くアニとヒストリアとハンジの状況も知りたいですね。

      • 管理人アース より:

        この水晶体は硬質化物質と同じなのかどうか、難しいところですよね。
        雷槍は鎧の巨人のうなじを破壊できましたが、水晶体は全くノーダメージでしたので、違う能力なのかもしれないですね!
        巨人化薬の種類というよりも、9つの巨人の力の種類なのか…?
        この辺りは気になるところですよ!



        管理人アース

    90. アレン より:

      もう誰かとこの考察が被ってるかもしれませんが、壁内人類側が時間を気にして戦っているということは、壁内側が収容地区に爆撃(超大型ではなく、単に爆弾を使用)する作戦を行おうとしているからではないでしょうか?時間を気にしているということは、自身に身の危険が迫っているということ、つまりはやり方によっては敵味方関係なく無差別に殲滅するような大胆な作戦を実行しようとしているのでは…と私は考察しています。もしそうだとすると、時間が無いことを知っているジークは、事前にこの作戦を知らされていることになると思います。前にマガトさんがマーレ側に裏切り者がいるみたいなことも言ってましたし…。それにもしエレンと手紙のやり取りを行っていた相手がジークでしたら、納得できなくもありません。ただ、この考察に関してはあまり自身がありませんが(汗

    91. ガンバとカープファン より:

      ジャンのセリフで「もう時間が迫ってる。それまでは何としてでも車力の巨人の機関銃を無効化するんだ」
      というセリフがありました。
      それまでに、ではなくそれまではということに疑念が浮かびました。
      戦線を変える力は外部ではなくこれまでの要素にあるということでしょうか。

    92. ゴレイヌ より:

      ジークは遅れたとはいえ誰も殺していない

    93. 新米訓練兵 より:

      こんにちは、更新お疲れ様です。
      みなさんの考察を見ているとジークが立体機動装置を付けて離脱している考察が多いみたいですね。ここでおもいだされるのはやはり「ミケの立体機動装置」ですよね?
      ミケ討伐後、シガンシナ区決戦までの間に、ライナーとベルトルトと会っているのでその有用性は確認できてると思います。そこで、マーレ側には完璧についていないジークは回収してきたことをマーレ側には報告せずに、隠していたのでは無いでしょうか
      これで、ジークの立体機動装置の入手は可能ですね
      拙い考察ですがよろしくお願いします

      • 管理人アース より:

        これ、まさに明日公開予定の記事通りで焦りました(笑)
        ジークがミケの立体機動を使用していたとしたら・・・何だか切ないですね(;´Д`)



        管理人アース

    94. 西から進撃 より:

      アース団長!
      はじめまして!いつも楽しく拝見しています!
      周りに語れる人がいなくて、この場所でアース団長やみなさんの考察を見るのがとても楽しみです。

      私なりの考察というか考えを整理したというか・・・(たんにみなさんに交じりたかったというか・・・)

      ●ジーク投石の時のジャンの「…!!」
      ジークがパラディ勢に加担説押しなので、その視点で読んでいるとジークが投石して、ジャンが「…!!」となったのは『お前けっこう本気で投げてくるジャン…!!』という感じかなと。
      その後「あの野郎許せねぇ!!」という兵士をジャンが止めているのは『あいつは放っておいて大丈夫なのに!』というのがあってかなと解釈しました。
      そしてこれが、女型の巨人捕獲作戦の時の幹部組しか作戦を知らない状態と似てるいるなぁと思いました。主要キャラ(生き残った9名の調査兵団かな?フロックは違うかも)しかジークが加担していることを知らないのかなと。
      102話のことですが、ピークの機関銃武装は初見のはずですが、ジャンは驚いてなかったので、これはやはり事前に知ってたんですね。

      ●ジークの脱出
      切られる前にジークが脱出した…かなと思ったんですが、立体軌道の軌跡を見てると「ボシュ」っとなってから進む方向に先細りの跡が見えることが多いし、なんか血のようなものが出てるので・・・疑惑の4コマはほぼ一瞬なのかなと(ピークが「戦士長!!」と話してる時に、兵長がジークの首に飛びついて切った)。なので脱出してるとしたら、兵長に似合わない爆弾を使ったタイミングかなと。
      死んだと見せかける理由が気になります・・・マーレ側に不意打ち?もしくは裏切ったと思われたくない(ジークはマーレ側に戻りたい)?

      ●よく登場するセンター分けの女の子
      正直、既出のキャラなのかわからないのですが・・・もしエリーだとしたら、大きく写った場面で右横(コマ割りでいうと左)の男性はお兄ちゃんかな?

      ●ハンジは空から?
      何かしらで空から来たとして、操縦は片目では難しそうですね。ハンジ以外がしてそうです。

      ●兵長のマントは黒
      「サイン会まとめ!」から、兵長のマントは「黒」に変わってると知りました。新しい兵団服も黒?なので、夜の作戦向きに変えたんでしょうか。壁外調査の時は自然の中を行くので「緑」がカモフラージュ色ですもんね。兵長はわざわざ染めてまで自由の翼を背負ってるんですね・・・かっこいいです!
      あとサイン会コメで「あれっ死んじゃった」みたいな感じで主要メンバー亡くならないで欲しい・・・!!ごめんやけどフロックであって欲しい(102話のエレンに対しての「悪魔」発言でフロックの役目は十分だったと思う)・・・!!

      ●壁の巨人
      そういえば壁の中の巨人って内側向いてませんでしたっけ?
      「地鳴らし」のために海を渡るなら半回転しないといけないですね・・・ってふと思いました。


      お目汚しですみません!
      これからも考察楽しみにしています!

      • 管理人アース より:

        >「あの野郎許せねぇ!!」という兵士をジャンが止めているのは『あいつは放っておいて大丈夫なのに!』というのがあってかなと解釈
        この考察良いですね!
        たしかに女型時のエルヴィンの選択を思い出しますよ!

        >ジークの脱出
        明日公開の「ジーク死亡?」の記事にて考察しています。
        良かったらまた見てください!

        >もしエリーだとしたら、大きく写った場面で右横(コマ割りでいうと左)の男性はお兄ちゃんかな?
        おお、これも面白いですね!
        細かいですが、諫山先生ならやりそう(笑)



        管理人アース

    95. 8” より:

      初めてコメントさせてもらいます。
      103話のジークがリヴァイに斬られる前のページの真ん中のコマでジークの頭上に影が見えます。
      最初はリヴァイの影だと思っていたのですが、次のページでのリヴァイの体勢を見ると前のページの影の動き(影の動きは下から上へ、次のページのリヴァイは上から下へ)と一致していません。
      可能性としてリヴァイが下から上へ斬りつけて再度上から下へうなじに斬りかかったというという事も考えられますがリヴァイの実力があれば一度でうなじを斬り落とす事は可能でしょう。二度に分けて斬りかかるメリットもないです。
      この影はリヴァイのものではなくジークが獣巨人から抜け出した影ではないでしょうか。

    96. SINYA-F より:

      「こいつには歯が立たねえ(慣用句ではなく物理)」は笑うところでしょうか。

      ピークちゃんボコられて悲しかったけど「あの時はどうも」のジャンは超かっこよかった。ピークはパンツ隊と運命をともにして死のうとするんですかね。それを思い留まるのか。シガンシナ決戦でジークがあれだけ刻まれて生きてたんだから、ピークも死んではいないでしょう。ジーク呼び捨てはやっぱり恋仲かなんかだと思いますよ。裏切りが確信できてコンチクショーと思ったって、いきなり慣れた呼び方は変わらないもんです。

      サシャのライフル攻撃が聡明なピークを激高させて結果的に車力が倒れたわけですが、あの女は頭がいいから動揺させるにはファンクラブのパンツ隊を殺すこと、とか事前に計画していたのかな。

      「アッカーマンから戦士長を守ればいい」と言っていたわりに簡単にリヴァイを好きにさせてしまって、やっぱり直前にジークが出て行ったんで動揺したんでしょうね。

      あとは……基本的に人間のクズしかいないマーレ人のなかで、パンツ隊とならんでマガトは人間的に立派ですね。ファルコに「怪我は?」と訊いたり。

      • 管理人アース より:

        マガト隊長はある意味不気味ですよね。
        エルディア人へ感情移入している描写、切れ者という設定、ヴィリーへ見せた忠誠心・・・
        どこまでが本当なのかが分からないように感じる時があります。
        たぶんジークを疑っていたのはマガトだけだろうし・・・・
        今後のマガトは要注意な気がしますよ❗



        管理人アース

    97. ガイア より:

      はじめましてアースさん
      103面白かったですねぃ

      やはり一番気になるのは
      ジークがパラディ島と
      結託しているかどうかなんですが
      私は結託していないと思います。

      ジークが裏切っていた場合
      どちらにも居場所が無くなりますし
      今までの行動が支離滅裂になる感じがします。

      よってエレンと何かしらの取り決め
      約束を確認をしただけだと思います。

      どちら側が勝っても
      共通の目的を遂行すると言う様な


      ジークはエレンの
      唯一の理解者と言っていた事は
      目的は同じと言う事なんではないでしょうか


      エレン、ジークが目指しているのは
      それぞれ自身の所属する勢力での
      エルディア人解放なのかも

      • より:

        大陸での戦時、3年間の空白(そんな余裕がない)を経て、
        パラディ島への再侵攻を(何故か)提示したのはジーク
        それ自体、寿命1年足らずを最後のチャンスとして理由に挙げている(作者が強調)

        成功さえすればいいという最後の計画であるなら、
        元より居場所なんてものは考慮にすら入らないかと…

    98. モレーノボレー より:

      まさに第2次巨人対戦さながらでしたね。自分は、今回の行動はエレン・ジークの2人で仕組んだ行動だと思っています。

      これから、パラディ、マレー、そしてイェイガー(笑)の三つどもえの展開になっていくのではないでしょうか。

      今一番気になっているのが、以前マガドが言っていた「ネズミ」の存在。個人的にはそのネズミがジークだと考察していますが、どうでしょう。

    99. コンロガス より:

      ジークが立体機動をつけているとの予想をいくつも見ますけど、立体機動を使うには専門の訓練が必要なはずなのでさすがに無理じゃないですかね。。。

      (とはいえ、シガンシナ区決戦をシガンシナ区で待っている間にベルトルトとライナーに習って練習してたら面白いですけど。)

      • 管理人アース より:

        シガンシナ区で立体機動を訓練するジークと教えるライベルが目に浮かびました(笑)



        管理人アース

    100. アッカーマン より:

      アースさんはじめまして。
      いつも楽しみに拝見させて頂いてます。

      俺は、ファルコを助けるのは、
      ファルコの兄貴だと思います。

      ジャンが撃たなくて、
      フロック辺りが撃とうとして、
      兄貴が助ける的な。。

      ジークは、絶対、エルディア派。
      クルーガーがグリシャに進撃の巨人を継承できたのも、ジークがチクったからだし。
      クルーガーの息の根がかかってる。
      クルーガー→ジーク
      クルーガー→グリシャ→エレン
      2人は同じクルーガーの息の根が。。。

      でも、時間を気にしてるのは今でも不明ですね。。

      何故だろう!


      それだけが、今でも考えても考えても、、分かりません。

      104期、104話で誰も死なないでほしいと願うばかりです。

    101. 匿名 より:

      それにしてもなんでジークがメガネ外してるんですかね?

      今までトレードマークだったのに。。。

    102. まさ~ん より:

      初めておじゃまします!

      硬質化した結晶体を高速で回転させたらどうかなって思いました。
      回転させれば遠心力で中身の本体も影響を受けるはずなので。
      ただ本体が意識を失った後に結晶体が解除されなければ意味ないんですけどね・・・。

    103. 進撃の個人 より:

      ジークがリヴァイに切られる前のコマですが、リヴァイは上から下にかけて切りつけているのに、何かが上に飛び出したような描写になっているように見えます。
      やはり、あそこでジークが脱出したのではないでしょうか。
      リヴァイを挑発するセリフがありますが、あれが脱出の合図かと思いました。

    104. 進撃の個人2 より:

      ジークがリヴァイに切られる前のコマですが、リヴァイは上から下にかけて切りつけているのに、何かが上に飛び出したような描写になっているように見えます。
      やはり、あそこでジークが脱出したのではないでしょうか。
      リヴァイを挑発するセリフがありますが、あれが脱出の合図かと思いました。

    105. マキ より:

      ジークが島側と繋がってるのは確定と言って良いでしょうね。
      ジークへの呼び捨ては聡明なピークちゃんなので「おかしいぞ。こいつもしかして…」的な不信感の表現もあり得る??
      恋愛関係だとすると…ジーク鬼畜ですねw

    106. よっちゃん9 より:

      こんにちは。ついに超大型巨人が登場しました。この戦いにはアルミンも納得する大義があるのだと思いました。
      ヴィリーは、“我々エルディア人は100年前、世界を苦しめている事を悔いて、始祖の力を封じ巨人の運用をマーレに譲渡して、贖罪に徹してきた。(暗に、巨人の力を悪用しているのは、現マーレ上層部)そして、また世界を恐怖に陥れようとしている諸悪の根源のエレンとパラディ勢と戦おう。”と世界に訴え、マーレ内の革命(人道的見地を持つマガトをトップにする)をも計画していました。
      これに対してパラディ側の大義は、“現在、巨人の力を悪用し、世界を苦しめているのはマーレであり、マーレを鎮圧し巨人の悪用をやめさせる。”と言うものではないかと思います。
      女王ヒストリアの登場ありそうです。
      長文失礼しました。

    107. ZAKU より:

      アース団長さま、お疲れ様です!

      水晶体の解除について考察しました!

      タイバー家が代々継承してきた事を考えると、解除方法があり、巨人能力者が自らの意思できるのではないかと考えています!

      タイバー妹は、水晶体の中でまぶたを開くという動作をしています。本当に硬い物質ならば、まばたきもできないはずですから、硬さをコントロールできるのでしょう!

      ただし、生きている限り、13年の呪いは適用されるので、赤子継承させたくなければ、その前に出てこなければならないでしょう!

      アニが、水晶体から出てきてないとすれば、アニの意思でしょう!アニを水晶体から出たいと思わせるような、ネタがあるとすれば、やはり父親が会いたがっているとかなのかな?

      拙い考察で失礼しました!

    108. ZAKU より:

      連投すいません(^_^*)

      水晶体について

      タイバー妹は、エレンに発見された際にすでに水晶体となっていましたが、あれが 通常の巨人化状態なのか疑問を感じています。

      水晶体にならなくても、戦鎚の巨人の行使は可能だと思いますが、万が一エレンに発見された場合やガレキが崩れる可能性を想定したのかもしれませんね!

      タイバー妹とそれが作り出した巨人とは、水晶体を介して繋がっていることから、水晶体は、単なる物質ではなく、タイバー妹の意思や巨人が見ている景色を伝える事も出来ると思います。

      そういう意味では、単なる硬化物質ではなく、タイバー妹の身体の一部とも言えると思います。

    109. エルヴィンの隠し子 より:

      初コメさせて頂きます
      大したこと無いかもしれませんが、、、
      アルミンが乗ってきた船はヒィズル国から来たものではないでしょうか

      • 管理人アース より:

        これは分からないですね。
        でもパラディとヒィズルは繋がっていると思います。


        管理人アース

    110. sukekiyo より:

      お久しぶりです、こんにちは。
      いつも最新話含め濃厚な考察記事をありがとうございます。
      今朝ようやくこちらの記事と投稿された皆さんのコメントを拝見することができました。

      アース団長の総括で「今まではエレンだけが何も知らず読者は知っていた」展開が、今では「読者は分からないがエレンだけは知っている」という点。鋭い視点になるほど確かに、と深く頷いた次第です。
      しかしながら未だに謎は多く残っていてその全てが回収されるのがそう遠くない未来な気がしてソワソワします。

      さて、およそ他の方と似た感想になってしまいそうなのですが、(既出でしたら申し訳ないです)今回一番ひっかかったのはやはりリヴァイが奇襲した獣の巨人ですね。
      私もジークは生きていると思っています。
      ピーク達が異変に気付く前にジークは離脱したのでは?とのコメントも見られましたが、自身で離脱したとしても癒着部分から大量の蒸気が上がるはずです。さらに気になったのはリヴァイがブレードで斬り付けた際、血飛沫は見えましたが蒸気が上がっていないことに一番疑問を感じました。

      ポルコも会話をする為に巨人体から部分的に離脱した時にもやはり蒸気が立っていたので作者は意図的に描いていないものと思います。

      そうなるとリヴァイは獣を倒したと見せかけて「本体」には傷を付けていないフェイントだったと考えられますし、直後の爆撃は目くらましか証拠隠滅なのではないかと思われます。

      そして最後のコマ、次回が既に気になる良い持って行き方ですね(笑)

      私の予想では民間人を傷つけるつもりはないジャンも子供相手に一瞬の躊躇を見せ、そこをガビに持っていた銃で狙われるけれど、ジャンの近くにいたサシャがガビを撃つのではないかな、と思いました。撃つとは言っても手や腕などを狙ってそれ以上攻撃できないようにする程度。ガビまで傷つけられたのを見たファルコがとうとうキレるのでは?と思っています。
      鎧を継承するのはおそらくファルコな気がしています。

      それにしても一話たりとも気が抜けませんね…。
      毎月読み終えた後何とも言えない疲労感があります(笑)

      • 管理人アース より:

        ジーク離脱考察についての記事は明日公開予定です。
        またお
        お時間ある時に見てみてください‼
        次回のジャンの展開は楽しみですよね。
        ガビが絡んで来そうで、どうなるのかドキドキです❗(*^^*)


        管理人アース

    111. ako より:

      アース団長

      最新103話もそうですが、このサイトの皆様も面白すぎます。こんな楽しみ方があるとは・・
      明日の団長のジーク死亡?記事も待ちきれないです!

      ジークとエレンの共謀説になるほどと思いますが、ピークたちが痛くないよう落とし穴に藁を敷いていた優しさと、今回のピークの痛ましさが相反する印象です。マガト隊長ではないですが、本当に底知れないジーク・・・
      でも、ピークちゃん、まだ死んでないですよね。とどめがまだですもんね。

      それから、今回は、巨人化する前のアルミンのためらいが感じられる表情や、ファルコのまっすぐさに救われる思いでした。

      ところで、初心者の質問で恐縮ですが、巨人化したときの風貌というのは、巨人の特性より個人の特性のほうが強いのでしょうか?顎の巨人、ガリアード兄弟が似ているのは当然として、ユミルの時の顎巨人とはぜんぜん違うのが気になって、、、無垢の巨人だったユミルと、顎巨人ユミル、あまり変わりないですものね。
      アルミン超巨大巨人が、次回以降どんな風貌で登場するのかちょっと見たいような知りたくないような、、、

      • 管理人アース より:

        巨人の容姿については謎が多いですが、基本的に9つの巨人継承者の容姿は個人を反映しているように見えます。
        アルミン超大型巨人の容姿は楽しみですよね!



        管理人アース

    112. 気まぐれ より:

      二度目のコメント失礼します。

      ジーク離脱についてですが、立体機動装置のガスの描写を踏まえると、やはりリヴァイ切り込み前に脱出したとは考えにくいですね。
      ガスは最初に大きく噴射され、その後は進行方向に向かって細くなっていきます。
      これに倣えば、獣が開口しているシーンのガスの方向はうなじに向かっているため、斬りかかる直前にふかして加速したものと考えられます。
      また巨人の本体が露出した際には大量の蒸気が発生しますがその描写もないため、少なくともジークは巨人の中にいるはずです。

      ではどこにいるか…大穴予想で口の中!笑
      シガンシナでは鎧の口に雷槍を打ち込んでうなじを吹き飛ばしていたことと、獣が倒れているシーンではがっちり口を閉じていることから、可能性としてはありかな…と。
      獣は大きい分、うなじと口内は少し遠そうですが笑

      あとジークとピークの関係は…個人的には恋仲ではなく同期みたいな感じと思っています。「戦士長」は戦士隊としての呼び方で、普段は呼び捨て。やはり恋仲に近いのはポルコと妄想してます。姉さん女房的ですが。
      それもあってピークのところに顎が駆けつけ、ためらっているジャンが犠牲に…顎はピークとファルコに覆いかぶさるも、すぐさま追ってきたミカサや他の調査兵に討たれ死亡…と予想します。
      ジャン退場となると尚更悲しいですが、ある意味ではジャンには死ぬまで甘さを貫いて欲しいとも思っています。

      ガビの銃は、エレンに向けられるまでは使われないかも…。

      長々と失礼しました。

    113. wim より:

      お初です。いつも考察楽しませてもらってます。

      既出考察かもしれませんが、水晶体になれるのは女性巨人だけなのかなと思いました。
      アニと戦鎚しか使ってないし他の巨人が使えるなら使ってもいい気がする場面がある事と、巨人の始祖ユミルが女性だったことからユミルと同じ女性だけが使える能力もあるのかな?と。ユミルの血を引く王家の血筋だけが使える能力があるように。

    114. ZAKU より:

      wimさんの考察にかぶせてしまいますが、水晶体になる能力は、元々女型の巨人の能力かもしれませんね。

      タイバー妹は、その能力を利用できる事を知っていて、女型(アニ?)由来の巨人化薬を注射していたかもしれないですね。

    115. にこ より:

      次回の擬音にソダネーがあることを希望します。

    116. まなか より:

      アース団長いつもお疲れ様です。

      103話の内容ではジークの退場なのか?とアルミンの登場でよりこの戦いが終わりに向かっていると思いますが仮にジークがリヴァイ兵長に切られる前に離脱していてパラディ島側に加わったとしても数では不利ですよね?

      パラディ島側が「進撃」「超大型」「獣」として

      マーレ側は「顎」、負傷が酷いですが「車力」、「戦鎚」「鎧」

      パラディ島の目的がジークを味方に引き入れるにしても全世界を敵に回すこのタイミングで仕掛けるのはどうでしょうか?
      全世界を敵に回すなら全巨人を手に入れる位の算段を持って仕掛けたいと思うんですがそれは考えすぎですかね?

      もしよければ意見を聞かせてもらえれば嬉しいです!

      • 管理人アース より:

        巨人の数に関しては、調査兵団の戦闘力を加味すればそれほど不利ではないように感じます。
        リヴァイ兵長と顎巨人を比べても、おそらく互角以上でしょうし(笑)
        あと既に巨人の世界は終わろうとしているとされているので、全巨人を手に入れることにそれほど執着していないのかもですね。
        全巨人よりもジークを手に入れたかったのかなと。

        >全世界を敵に回すこのタイミングで仕掛けるのはどうでしょうか?
        たしかにそうですね。
        これで世界中にパラディは敵とみなされたでしょう。
        ただ、これもヒィズル国と打ち合わせ済みな作戦だと思っています。
        ヒィズル国が世界の中でどのような立場の国なのかは分かりませんが、そうしてでもジークを手に入れたかったのかなと。
        パラディの4年間とともに、ここは明らかになるのが非常に楽しみなところですよね!(^o^)


        管理人アース

    117. jyaian より:

      ジークと調査兵団の関係に注視してみると、102話で獣登場の時のエレンの顔は、危険を感じる顔をしてるようには、みえません。ジャンは、「来やがった」と発言。リヴァイの表情も来ることを予想してかのように見えます。
      今作戦にジークは、鍵であり、始祖の巨人の力と関係しているでしょう。ただし、エレン以外ジャンやリヴァイは、ジークが味方かどうかこの時点では半信半疑でもあるのでは。
      一方で、ピークやボッコの登場は、リヴァイの舌打ちを見る限り、地下からの脱出は計算外だったのでしょう。つまり、本来、獣のみが広場に来る予定だった。車力とあごの登場が、より半信半疑にさせたのかもしれません。
      そして、最後のリヴァイの言葉も「死ぬな、生き延びろ」作戦の真の目的を知るものは、一部であり、知らないものに対して早死するなという意味に思えます。
      103話では、この状況でジークが、味方であることをやんわり伝えているように思えます。まず、威嚇射撃はしてるが、調査兵団の誰一人も殺していない。ジャンの発言も獣に対して攻撃的ではない。
      ボッコのリヴァイを見失ったという発言をジークが聞き、エレンの味方であるともとれる発言。また、時間を気にしているリヴァイを挑発。
      そして、投石をしているように見せて、砂塵を作り、雲隠れしているリヴァイを助け引っ張りだす。ファルコがジークのすごさに驚いているシーンに砂塵の中をリヴァイが利用しているようなおかしな砂塵あり。その後、ジークがうなじを削られる。その時もジークの後ろにおかしな煙?砂塵?。ジークもまた砂塵を利用している可能性あり。
      リヴァイが爆弾を使用したのも、獣への注目を爆風でそらさせるためであり、またジークの遺体が木端微塵になったと思わせるためではないでしょうか。
      時間がないとは、世界の武力が集結される前に作戦を遂行するということだと思います。立体起動の燃料や巨人の体力を考えても、時間稼ぎはできても、防ぐことはできないでしょう。
      エレンの目的は、エルディア人の解放。そのための世界への抑止力となる始祖の力。始祖の力を自在に操り目覚めさせることだと思います。
      エルディア人は、各地にいますから、始祖の力を使いこなせれば、地ならしとともに脅威となると思います。
      また、今作戦において、実は、戦鎚の捕食も含まれてるのかもしれません。始祖の力を封印する不戦のちぎり。始祖から得られない歴史を紐解くために、巨人大戦の歴史を知り歴史を操ってきた戦鎚の巨人の記憶から得ようとしてるのかもしれません。使いこなすには、王家ジークと戦鎚の記憶かと。

    118. 赤子継承推奨派 より:

      戦争に勝つには、情報戦も制しなくてはなりません。ヴィリーが、捨て身の泣き落としで世界の同情を買い(あくびがでるほど大甘だなと思いますが)、パラディ島が、世界共通の悪者と一度確定されてしまうと、世界はパラディ島側の弁明に聞く耳を持たなくなり、そのまま世界を相手に戦うはめになるでしょう。この状況を打破するには、今現在、世界で最強の力を持っているのはマーレでは無く、パラディ島である事を誇示する必要があります。
      そこで、今回の襲撃でマーレの主力巨人が倒されたところの写真を撮るための飛行船が、時間になるとリベリオ上空を通過するんだと思います。その写真をプレスリリースして、世界が、パラディ島側の言い分に耳を傾けざるを得ないように仕向ける、そこに活路を求めているのかなと思いました。

    119. 赤子継承推奨派 より:

      連続投稿失礼します。
      一部修正します。
      この祭事の報道写真を撮るために飛行船が来ることは、祭事の予定表に入っていたことなので、特に裏はないと思います。その予定表をパラディ島側にリークしたのは、やっぱりジークなのかな。

    120. 進撃の読者 より:

      エレンが戦ついは力を使い果たしたといっていましたが、よく考えたら水晶使いながら巨人化しているのとエレンは巨人化と硬質化だけなのでエレンの方が持久力ありますね。
      しかし、戦ついの水晶体は自分の意志で解除できるものだと思っています
      アニは眠ってしまいましたが、戦ついは起きているので

    121. 竹槍 より:

      作者は日本の近現代史に関係するネタを織り込んでくる傾向があります。ミカサは戦艦三笠が由来だし、ピクシス指令のモデルは秋山好古でした。マーレ編初頭の戦争は旅順包囲戦301高地がモトネタでしたし。そこから考えると、今現在パラディ島勢力がやっていることは、日露戦争あるいは第二次世界大戦で日本がとった戦略をなぞったものである可能性があります。どういうことかというと、劣勢の日本が最初の手痛い一撃を敵に食らわして、優位になったところで、有利な条件で講和に持ち込む。たぶん物語的には日露戦争的な成功を目指したつもりが、第二次世界大戦での失敗をなぞるのかなと思いました。

    122. カッオ=アッカーマン より:

      カッオのオは後ろのオオオオだとおもう
      擬音の配置が上手くいかなかったのかと

    123. 諫川装 より:

      アルミン超大型巨人化の時
      拳を握っているのは
      アニとペアルックで同じ
      指輪にしてるかな?
      ますますアニ再登場が
      疑わしい。

    124. 塩こうじ青森 より:

      ジャンまだ死ぬな!
      マーレ側の主人公枠?であるファルコがまだ死ぬわけがないし…
      ジャンが撃ってファルコ死にかける
      そして、ライナーが助けにきて鎧の巨人を継承する。
      という展開ならばファルコとジャンがどっちも生存する!多分ないと思うけど…
      (ライナーごめん)

    125. リヴァイ大好き より:

       こんばんわ。
       読み直して疑問に思ったこと。
       ジャンがピークちゃんにとどめだと言って、飛び出した。→ピークちゃん殺したら、赤子継承になってしまうのを良しとする? まとめてしまう必要が無い? そういえば戦槌の時もうなじを十分潰したと言っていたし。赤子継承した人間は、傍目からそれとわかる特徴を持たないとすれば、見つけるのには莫大な労力を必要とする。というより無理なので、戦力として浮上する懸念がないから放っておいていい? 
       抑止力を持って平和をなしとげようとしたら9つの巨人コンプが必要だと思い込んでいましたが、そうじゃないのかな?
       絵本の少女クリスタに力を与えた大地の悪魔によく似た巨人。クリスタとして育てられたヒストリアに力を戻して、平和が完成するのかなと思っていましたが、違うかも。
       でもとにかく今は、ジャンが心配。他の方が言われてましたが、わたしもジャンは、最後まで甘ちゃんでいてもらいたいし、でも死ぬのは嫌だしな。兵長の次にお気に入りのキャラなので、いなくなると嫌だな。
       

      • 管理人アース より:

        もしかしたらエレン&ジークは9つコンプ目的で調査兵団は「巨人の無力化」が目的なのかもしれないですね。
        この辺りはまだまだ考察範囲が広すぎて予想が難しいですね(・_・;)
        エレン、ジーク、調査兵団の目的が知りたいですよ!



        管理人アース

        • リヴァイ大好き より:

           おはようございます。
           返信ありがとうございます。つい過程よりも結論を知りたがるタイプなので先読みしちゃう癖がありますが、もっと過程を楽しんで、諌山先生に大いに翻弄されたいと思います。
           と言いながら、自己犠牲のエレンをヒストリアが食べましたシーン(絵では現さないと思う)が頭の中にこびりついている今日この頃です。

    126. 家画 絵恋 より:

      104話予想
      ファルコがじゃまでとどめをさせなかったジャン。ジャンに銃口を向け撃つガビ。ジャン被弾。そこへ兵団が合流。逃げるガビ一行。死にそうなジャンを、ピークのところへ連れて行き、ピークの背中にナイフ。脊椎液をサシャに舐めさせ、ジャン巨人化。そのままピークを捕食。ジャンが車力保有者に。
      超大型に気をとられてるうちに、こっそりうなじから出ると同時に立体起動で離脱したジーク。それを隠すため、直後にカラになった獣のうなじを切り、爆破したリバイ。2人はグル。巨人になると、欠損した体でも元通りになるように、実は視力も回復していたジーク。ポルコに見られても気付かれないように、だてメガネを捨て、速攻でひげを剃り、リバイとともに離脱。
      足元にライナーを見つけたエレン。ライナーを掘り出し、ライナーの手チューリップに戦槌を押し込みライナーと戦槌を確保。ナイスアイディア。
      サシャ、空腹が限界に。ひとりその場で芋を捕食。
      兵団、エレンにつかまり、レベリオ区から退避。
      そして7時。
      ドバーっ、グギャギャー。

    127. 海は広いな大きいな より:

      今回の考察、自分のわだかまりの気持ちを全っっ部言ってもらえて、すっごく嬉しかったです!

      つまり、今までの進撃とは違い、読者が相手の事情を分かっていて、主人公が圧倒的に弱い立場ではない、などのくだりです。

      今までは、壁内人類が敵を倒したらスカッとしていたのに、

      今回ピークがやられた瞬間、すごく死んでほしくなくて、

      その、「死んでほしくない」って気持ちに自分がなってることに気づいてモヤっとしていました!

      アース団長ありがとうございます!!!

      • 管理人アース より:

        感想の部分での考察のコメントは珍しくて嬉しいですよ(*^^*)

        >「死んでほしくない」って気持ちに自分がなってることに気づいてモヤっと
        ここですよね!
        この部分が諫山先生が狙っていた部分で読者に感じてもらいたかったところではないかなと。
        作品にかなり厚みが加わっているように感じますよ!
        これからの進撃には、色々な意味でさらに期待したいです!(*^^*)


        管理人アース

    128. ATOMO より:

      いつも拝見させてもらってます。

      ジーク脱出説が優勢ですが、その補足でリヴァイ兵長が獣のうなじから飛び降りるコマに、反対方向の上空に血飛沫のようなものが飛んでいます。それがなんとなく人型に見えるのですがどうでしょう? ジーク本人ではないとしても脱出を暗示させる伏線ではと思えたのですが。

      • 管理人アース より:

        面白いですね!
        たしかに飛び出している人のように見えます!
        暗示考察、ありがとうございます!(*^^*)


        管理人アース

    129. 進撃のニシン より:

      はじめまして!アース団長!
      今13巻を読んでいたら気付いたんですが、第51話「リヴァイ班」に登場しているヒストリアの昔読んだ本の女の子?はリンゴを持っていて、その左には悪魔のような者が居ます。
      これって、大地の悪魔とユミル・フリッツを表しているのではないでしょうか?
      既出でしたらごめんなさい🙇
      何かお役に立てれば嬉しいです!

    130. シーナ より:

      アース隊長!!
      更新お疲れ様です(‘ー’*)ゞ
      お忙しい中、いつもありがとうございます。

      エレンが「もう戦鎚の手札は残っていない」と言い水晶体を握っていますが、戦鎚があのまま水晶体とは思えないです。そう簡単には終わらなさそう。
      また水晶体からケーブルを出し、エレンゲリオンに巻き付き「マスク巨人」に変わるとか!←まだこだわってる(笑)

      ロットレイスが、「礼拝堂地下」「三重の壁」「記憶の改竄」3つともある巨人の恩恵だと言っています。もしこれら全てが「戦鎚」の能力だとしたら、64話で「記憶の改竄」をしている「大勢の人々の前で叫んでいる巨人」は「始祖の巨人(145代フリッツ王)」+「戦鎚」とも考えられるかなと…。「記憶の改竄」は始祖の能力ですが、「戦鎚」が知性巨人の「始祖」と一体になり、メガホンみたいに増強し多数の人々に一発で「記憶の改竄」が出来たとか…(妄想ですねw)
      激しい展開で続いています。来月号も楽しみです。

      隊長も忙しい日々が続いているようですね。
      お体には気を付けて下さい。

    131. 進撃のニシン より:

      カツオのような擬音遊び関係で一つ見つけました。もうご存じかも知れませんが、98話「よかったな」のガビ「これが祭りかぁぁぁ」ファルコ「行くぞ!!」のシーンの擬音が「ダッシュ」です

      • 管理人アース より:

        おお、面白いですね!
        ありがとうございます!


        管理人アース

      • ぴーきんぐ より:

        95話のポルコがあくびしながら階段登っているシーンの「ふぁ・・・」と見えるけど
        ・・・のところが、みちきと書いてあってファミチキになるんですよねww
        語彙力すいません

    132. っち より:

      ピークちゃんもギリギリ離脱したようにみえますが

    133. ななしー より:

      エレン「ジーク。俺は親父の過去を見てお前が王家の血筋であることを知っている。巨人化したお前が俺に触れたらどうなるかわかってるな?」
      ジーク「・・・!?」
      という展開でマーレを裏切らないといけない状況かなと推測。

    134. そば より:

      あの場面で、エレンは俺の敵でないというのは見下す相手への発言としか考えられないのでは?
      万が一誰かに聞かれたら作戦は意味をなさないし。
      20代後半の大人で、ある思想の元で育ったリーダーが国や思想を簡単には裏切らないと思います(北○鮮の人みたいな)。
      親すら売った男ですし。
      むしろ戦術を理解する者なら、強襲、奇襲は短期決戦で行うものという読み→時間が無い発言、と、所詮年下(異母弟)のエレンは自分に劣るという優越感を持ってる強キャラをあっさり殺すという流れではないかと。
      エルヴィン団長の仇と言うべき存在ですし。

      撤退説は当たりの可能性が高いと思いますが、撤退せずにそのまま制圧し、マーレ側の圧政に苦しむ人々を解放する話もあるのではないかと思います。
      撤退しない方がマーレの中枢をそのまま制圧できるのが、攻め手にとっての利点になります。
      さらに各国に事実上の戦線布告をした現実があり、


      戦術上優位(壁の巨人もいるし)なのを見せ付けて和平交渉に持ち込む。

      最後が政治決断となるので、回収がセリフ祭りになりそう。


      敵対国とさらに戦争。

      マーレ軍は壊滅的被害を受けたものの他の国の軍はダメージを受けておらず、かつ巨人化対策もされていることから複数対パラディの国家戦争が始まる。

      カオス化し、時間が巻き戻され、1話へループ。


      パラディ側が全ての巨人を奪取。

      最終的に巨人の能力が統一され、パラディ側への更なる壁(海に壁を作り200海里は確保する的な)を作り、エレンは能力を使いきり死亡。

      なんていう展開にも持っていきやすいですし。
      ガビ達は104期のオマージュかもとも思います。
      相手側の立場や状況がわからない子供達の目線を通して、エレン達の成長や時間の経過を見せたかったのかもと思ってます。

      今回の作戦目的がまだはっきりしてないのでどうなるかわかりませんが、手持ちの全ての駒を投入した本国の防御を完全に捨てた作戦である以上、かなり戦略的に高度かつ絶対の自信があるはずです。
      エレンの切り札発言は巨人化する回数だけでなく、硬質化を溶かす薬品を開発していたり硬質化を破壊する何らかの手段があったり、ハンジ部隊率いる増援、補給部隊を示唆しているのかと思います。

      エレン達の最終的な目標は島の安定と平和だと思うので、復讐の連鎖を止めていかに終結していくのか、どうなるのか楽しみです。

      長文失礼しました。

    135. リヴァイ屋さん より:

      どうもジークのグリシャ密告から今に至る経緯の全てがクルーガーの筋書き通りなのではないか、と思えてきました。

    136. りんりんのりん より:

      初めましてです!いつもこのブログに世話になりました!変な日本語になったらごめんなさい!外国人なので!
      今回の作戦はもしかして陽動作戦では?つまり真の目的は他にある!
      祭りの日のレベリオ収容区には色んな国からの偉い人が集まっていて警備体制も強化しないといけなくて、そしたら他の所の警備がガバガバになっちゃって狙われやすくになりますね!
      しかもエレンが祭り中に暴れて、マーレ側の巨人が対戦しないといけないし、これは陽動作戦ならかなり成功ですね!
      ジャンが気にしている『時間』は撤退時間もしくは別の班(真の目的狙いハンジ班にしよう)と合流時間かもしれません。
      何か狙いというなら私的には巨人学の情報とかそれとももっと重要なものかもしれません。

      • 管理人アース より:

        陽動作戦だとしたら、巨人学会をハンジが別動隊で襲っているかもですね!
        それはそれで面白い展開かも!(*^^*)
        日本語大丈夫ですよ。普通の文章に感じます。

        管理人アース

    137. こぱたろう より:

      多分アルミンの役目は、軍港を破壊したあと、ライトを設置してあるところまで歩いて行き、上空に出現した飛行船にアルミン巨人を足場にし、立体機動で飛び移り、トンズラすることだと思います。

    138. 進撃のチョコたん より:

      キヨミ様の姿がないのがヒジョーに気になるのと
      ポルコの巨人はユミルの記憶を持ってるから誰が継承するのか気になる!

    139. 1.67m級巨人 より:

      いつも楽しく拝見しております。
      私もやはり、いまのところ以下の流れの予想です。

      1 ジークは、兵団を着実に仕留めているガリアードやピークと違い、派手に暴れて、マガトなど「ギャラリー向け」のパフォーマンスをしているだけで、兵団を一人も殺していない(投石も、避けられる余裕を持たせて投げているように取れる)。

      2 かたや兵団の作戦は、「時間」までに戦槌と車力を「無力化」すること(必ずしも殺害を目的としていない)に絞られている。

      3 マーレ側では車力、獣、戦槌が「飛び道具」を持つが、この中で、兵団は獣を「無力化」の対象から外している(顎には「飛び道具」がないので適度な制圧のみの対象にしている)。

      →兵団とジークの間では、専ら「マーレを弱体化させ、周辺諸国のマーレ侵攻を誘発すること」を目的とした取引(第二次大戦期の独ソ相互不可侵協約のようなイメージ、いずれどちらかが破ることが前提の敵同士の一時的協調)が成立している。
       リヴァイの獣への攻撃は、やはりジークをマーレ側から一時行方不明にする目的での偽装工作。

      →「時間」は、やはり空からの兵団の回収予定時間(ここではヒイズル国の協力があり得る)。「明かり」は航空誘導燈。

       兵団の回収の後、レベリオを包囲したマーレ陸軍の殲滅作戦がありそうですが、超大型爆弾はもう使われているので、手段は、「陸軍の市街地突入を待って再度巨人化したのジークの360度投石攻撃」、と予測してみます。

      もし当たれば嬉しいです。

       

      • 管理人アース より:

        >再度巨人化したのジークの360度投石攻撃
        これはすごいですね!
        ここまで全面的にジークがマーレを裏切る展開があるのか・・・
        要注目ですね!



        管理人アース

    140. しんぎゅらりてぃ より:

      ピークのジーク呼び捨て発言は、ファルコがエレンの裏切りに気がついた場面での発言「クルーガーさん!?いや…クルーガー…よくも…!?騙したな…」との対比になっているように見えます。
      つまり、ピークは「ジーク…よくも騙したな…」という旨の発言をしたということです。
      そうなるとピークとジークができていた可能性はあまり考えられないでしょう。

      • 管理人アース より:

        ジークの裏切りに気付いた、という描写ということですね!
        これもありそうです!



        管理人アース

    141. ビーチク ピーク より:

      もしかして時間がないっていうのは
      地ならしを発動済みで
      超大型巨人群がレべリオ区の海岸まで
      海中を歩いてきているのでは?

      • 管理人アース より:

        エレン単独で地ならしは不可能だと思いますが、ヒストリアに接触したら可能なのかな?
        しかしヒストリアが巨人化していなければ厳しいのではとも感じます。


        管理人アース

        • ビーチク ピーク より:

          エレンがレベリオに潜入したときにジークとこっそり接触していて
          今海岸まで壁巨人が迫っていて時間がないんかなーと
          思いますた

    142. 進撃の夫人 より:

      104話の展開が分かりました。「時間」になったらハンジが無知性巨人をばらまくんです。これでマーレは滅びます。ひらめいたので誰かに披露したくて仕方なくて初めて書き込んでみました!読んでくれてありがとう。

      • 管理人アース より:

        90話時点で無垢の巨人はほぼ淘汰されているので、無垢の巨人をどうやって調達したのかが難しいところですね。
        後はジークのように操れないと難しいかなと。


        管理人アース

        • 進撃の夫人 より:

          アースさん、返信ありがとうございます!

          海の近くで発見された、自力で動けない巨人やコニーの母親の脊髄液を飛行艇で乗せてきた囚人などに注射して空からバラまくんです。

          ご指摘の通り、制御はできず無差別に人を襲うから、ジャンたちは「時間」に焦っているんです。

          • 管理人アース より:

            たしかにこれは怖いですね(・_・;)
            ジャンの「時間」が何なのか、明らかになるのが楽しみですよ!



            管理人アース

    143. ジャン大好き より:

      59話でジャンを撃つことを躊躇した中央憲兵がアルミンに撃たれたように、戦士候補生を撃つことを躊躇した調査兵団が殺されるかもと予想してます

      56話で拷問を受けたサネスが順番という言葉を使っていましたが、蹂躙されたパラディ側がマーレを蹂躙している。
      調査兵団側も躊躇して殺されたり、拷問で本人なりの尊厳を踏みにじられる展開があるかもしれませんね

      • 管理人アース より:

        ハンジの順番が伏線ではないことを祈りますよ(泣)
        次回のジャンの展開、気になりますね!


        管理人アース

    144. 進撃のおばさん より:

      初めまして!いつも、アースさんの予想を楽しみにしています!

      私は、もういっそのこと、エルディア人殲滅させるような気がしてきました(;´д`)

      巨人を兵器にしないために、我らで終わらせるべきだ!とかなっていて。
      エルディア人が一人でもいたら巨人になれる子が生まれちゃうから殲滅(意味:残らず滅ぼすこと)するしかないみたいになって。

      アルミンさんが、過去に死ななきゃいけない理由があれば死んでもいいみたいなこと言ってたし。(スミマセンうろ覚えです…)

      で、エルディア人収容区で暴れたら一気にやれるし。

      今の巨人の人たちが生き残っても13年だし。

      なーんてかなり飛躍してしまいましたが、これからの展開が楽しみですね‼️

      • 管理人アース より:

        >エルディア人殲滅させるような気がしてきました
        これはキツイ展開ですね(・_・;)
        ただジャンが民間人への影響を気にしているので、それが目的ではないのではと思いますが、エレンの目的が気になるところです。


        管理人アース

    145. 1.67m級巨人 より:

      アース様、皆様

      いつも楽しく拝見しております。

      さて、話題の103話時点の『時間』についてですが、兵団やジークが言っている「時間」は、間もなくやって来る「一定の時間」、調整が効かず、動かせない「絶対的な時間」、のような感じがします。

      ふと思ったのですが、この夜の状況でそういう「時間」があるとしたら、それは



      『月の出の時刻』



      ではないでしょうか?

      そう考えると、兵団の行動やこれまでの伏線といろいろ符合する点が出てきそうです(たとえば、ヴィリーの劇以降まだ点いたままの「広場の照明」、それが消えた時に備えるかのように兵団が設置した「明かり」、ウドガルド城戦の「月光の巨人」、ジークの関与、など)。

      時間があればまた私からも追加コメントさせていただきます。
      また、もしご賛同いただければ、アース様、皆様からもストーリーを広げていただければ嬉しいです!

      • 管理人アース より:

        夜になると何かしらのアクションがあるという予想ですね。
        ただ、月光の巨人は太陽でもOKなので、夜を待つ必要はないでしょう。
        104話が楽しみです!(*^^*)


        管理人アース

    146. スプット より:

      ジークの裏切り行為上手くまとめてる人がいます。 

      • 管理人アース より:

        外部リンクは削除させていただいておりますm(_ _)m
        ジークの真の目的が明らかになるのが楽しみですね!(*^^*)


        管理人アース

    147. 進撃の猫 より:

      考察ではないですが、進撃の巨人の本編の方が終わったら、アースさんは諌山さんにどんなことを描いてほしいですか?僕は進撃の巨人のパラディ島側勢力やマーレだけじゃなく、ほかの国のことや昔のことも描いてほしいです。例えば当時のエルディア帝国はどのようなことを行なっていて、どんな情勢だったのかや、エルディア帝国支配下での元で暮らしていた住人などはどんな思いだったのかや、どのようにエルディア帝国をどんな作戦で打ち滅ぼしたのかなど。

      • 管理人アース より:

        スピンオフでも良いのでケニーの若き日の話、リヴァイとの生活の話を描いて欲しいなと思っています。



        管理人アース

    148. 進撃の鳥 より:

      もうすでに気づいていらっしゃるかもしれませんが23巻の表紙でジークのような人物だけ背を向けていて、それはジークはパラディ側であるという伏線なのでは?

    149. 8939 より:

      以前も同じ推察を投稿しましたが、今回のアルミン登場時のパリパリ音で、アルミン蒸気タービンによる電力利用がパラディ島勢力の真の切り札だと確信しました。違うかもしれませんが多分今までの巨人化時の電撃となんだか違う気がしませんか?

    150. ぴーきんぐ より:

      ジークはおそらくパラディ島勢力の味方でしょうね
      ストーリーでも出てきた「何かを変えることが出来る者は何かを捨てることができる者」にのっとって実の父母を捨てエルディア人としてのプライドを隠しマーレに潜入したのかと
      シガンシナ区戦でもエレンの理解者であると言っておりエルディア復興のために大事なものを「捨てた」のでは?
      王家の血を引いているため歴史を知り協力するのでは
      おそらく立体機動装置を付けているでしょう

    151. シュウヘイ より:

      初コメです。少し気になったことがあったので。エレンのように2つの巨人の力を持つことは他の人でも可能なのでしょうか?もし誰でもできるのならば、ガリアードが「ベルトルトは命と巨人を奪われていた!!」と言うのは不自然かなと思いました。ライナー側の人たちは、ベルトルトがエレン側に捕まったときにそのままただ殺すとは考えないでしょうから。見当違いなことだったらすみません。

      • 管理人アース より:

        >「ベルトルトは命と巨人を奪われていた!!」
        たしかに表現に違和感を覚えましたが、アニのように能力が奪われていないという可能性も考えていたのかもしれませんね。



        管理人アース

    152. りんご より:

      ジャンについては58話を思い出しました。あのときと同じで今度も撃たないかもしれませんね。そして、躊躇したときにガビに撃たれるかも。でも、前回と同じくジャンは死なないと思います。
      もし、同期でだれか死ぬとしたら、フロック辺りがヤバイかも。躊躇したジャンを尻目にフロックは躊躇せずに撃とうとして、ガビに撃たれるとかありそう。。。

      • 管理人アース より:

        フロックがガビに撃たれる予想が多いですね(笑)
        気持ちはむっちゃ分かりますが(笑)


        管理人アース

    153. veldona より:

      ジークがどうなったのか次回が楽しみですが、これで死んでいた、ではあっさりすぎます。もしジークも先代の獣継承者も復権派であったと仮定するとここまでの物語の骨組みが見えてきます。 

      血がつながる異母兄弟の一方が王家の血をひき獣を継承し、他方が王家の血をひかずに進撃と始祖を継承すれば各々が継承した記憶に導かれ自ずと共同作戦をとり不戦の契りを回避して始祖の力を発動する。 巨人化能力も代々の記憶も十分に引き出すには時間がかかるので異母兄弟の両方が成熟しかつ13年の余命前に同時期に行動できる時期を確保する。このタイミングの調整がこの物語全体のタイムコードを決めているのでしょう。

      王家の血をひく子供を進撃の継承候補イエーガーにつくらせ、英才教育の上、ジークに密告させれば、ジークは獣継承レースで優位になり、イエーガーをパラディ島に送り込め、進撃を継承させ、かつ、ダイナが一緒では生まれる子供が王家ばかりになるので処刑した、と一石四長の策です。「壁までは一人しかいけない」とクルーガーはすぐにばれる虚をつきましたが(巨人化して肩に乗せて連れていけばいいわけで何往復かすれば仲間全員助けられたでしょう)、助けることもできたダイナを処刑された恨みでミッションを放棄することはない、つまり処刑にはイエーガーも呑み込まざるを得ない必然性があったということです。

      最大の疑問はイエーガーはどうやって始祖の位置を特定したのか。フリーダは継承後の間がなく始祖の巨人を使いこなせずに敗れたとありますが、タイミングも絶妙だったということです。進撃の巨人が負けたのでは元も子もありません。イエーガーが熟練しフリーダは初心者だったあのタイミングで襲うしかなかったのです。巨人の記憶をいくら継承しても過去のもの。フリーダの始祖継承の時期は記憶ではわかりません。イエーガーは最初の壁への攻撃の直前に王都へ旅立っていましたが「攻撃」の時期も正確に知っていたのか? なぜエレンが捕食されるリスクを冒してまでエレンの安全確保よりも始祖襲撃を優先させたのか? あの時礼拝所にレイス家が集まっていることを知っていたわけですね。またなぜ王家の血をひく子供たちまで殺す必要があったのか。 

      一方のマーレ戦士隊は何年かかっても始祖の位置がわからず継承のタイミングも知らないのであればうかつに戦うと始祖に負けたかもしれません。かなり無謀な作戦です。始祖に関してイエーガーとマーレ戦士隊では、ずいぶんと情報の質と量が違いますが復権派はマーレ戦士隊より上位の勢力とつながっているのでしょうか。諜報活動を展開するにしては頭のいいジークとピークをはずしたのも裏があるのでしょうか。

      獣の継承時期の調整も問題です。パラディ島攻撃計画が決まって戦士候補生の大募集があり募集対象年齢にジークがぴたりあっていたわけですがこれが偶然なのなら運頼みの作戦ということになります。パラディ島攻撃はタイバー家不承知でできるはずもなく、また獣の継承者決定に重要なカギを握るのはマガト隊長、戦士隊の責任者の人事に口を挟めるのはタイバー家。獣を確実に継承させるには、タイバー家・マガト隊長枢軸が復権派であれば何でもでき、逆にそうではないなら確実なコントロールは困難です。 もしジークの先代の獣継承者も復権派ならここは絶対確実に復権派になる子供に継承させないと継承される記憶から内情がばれてしまいます。 もし代々、獣が復権派に継承されていたなら戦士隊長も代々、復権派の影響下にないとどこかで部外者に継承され全部秘密がばれるリスクがあります。そもそもマーレの管理下にある巨人が力を合わせればマーレを倒せるようにも見えますが、ここまで自重してきたのはむしろ復権派が獣を継承し、今回の作戦の期が熟すのを待っていたと考える方が自然です。

      始祖は代々、王家が継承してきたようですが、すると王家の血をひかないエレンがダイナ巨人と接触して始祖の力が発動された、というようなことは過去、一度もなかったことになりますが、不戦の契りを回避する手法があることを知っていなければ、そもそも何をやっても無意味なわけでパラディ島は滅ぶしかありません。不戦の契りを回避することが可能と知っていたからこそ復権派は活動してきたのであり、またマーレも始祖奪取に意義を見出していたはずです。どうやって知ったのでしょうか。 

    154. りんご より:

      今更ですが、
      103話で「アッカーマン」がたくさんでてきます。
      ポッコ「追ってたアッカーマンを見失った!!」
      ピーク「アッカーマンから戦士長を守ればいいの」
      ポッコ「もう1人のアッカーマン!!」

      アッカーマンって、アッカーマン家という一家の固有名称のはずですが、なんだか普通名称のような言い方です。
      巨人科学の副産物ということなので、マーレにもいたりするのでしょうか。
      副産物というからには人工的に作られた感じですね。たとえば、巨人化の脊髄液に免疫があって、なにかのときに注射しても巨人化せず、かえって能力を強化してしまったとか。。。
      そしてその子孫だとすれば、そういう特別な血統の人がほかにいてもおかしくありません。
      能力でいえば、ガビですが、姓はブラウンですよね。母側の旧姓がアッカーマンとかw
      もし、巨人化に対して特別な免疫がある血統とかなら、エレン達のように巨人化能力を手にした人達をリセットする効果があるとか、ナイかな。エレンらが生き残れる余地はあるかもしれない。。。

      • 管理人アース より:

        アッカーマンは副産物でありながら血統で能力を継承しているのが不思議ですよね!
        今後、アッカーマンについてさらに何らかのエピソードが登場するかもですね!


        管理人アース

    155. kenji より:

      アース様

      1.
      すでに誰かが指摘しているかもしれませんが。
      この場面で,獣の巨人(ジーク)と巨人化したエレンが同じ場所にいます。エレンは,どうして猛ダッシュしてジークに抱きつかなかったのでしょう?エレンが巨人化してたら駄目という場合でも,猛ダッシュして抱きついて硬質化して獣の巨人の動きを少しでも止めてうなじから出てタッチすればいいのでは?知性派巨人の場合は,巨人化していない状態で,それぞれ巨人化してない状態での「接触」じゃないとダメというなら,帰りの飛行船でタッチしなかったのはどうしてでしょう。飛行船の中にはアルミンがいるので,「接触」で巨人操作できるか否かの確認にはなったのではないかな?座標の力発動条件に,「王家血統巨人」と「始祖の巨人」の「接触」のほかに,まだ何かあるのかしら?
      2.
      毎晩の夜更かし,いいかげん,限界かも~。おやすみなさいませ。
      素敵な記事,本当に楽しいです。

      • 管理人アース より:

        >エレンは,どうして猛ダッシュしてジークに抱きつかなかったのでしょう?
        これを考えていくと、場所がパラディ島でなければいけなかったのかなという考察に行き着きますよね、
        後はジークが裏切っている事がマーレ側にバレてしまうと祖父母の身が危ないから(ピークちゃんによりバレてしまっていますが)と考えていたのかなとか。
        飛行船では危険だからと考えていたのかもですね。
        ジークも座標発動は初めてでしょうから、実験を踏まえなければと考えていたのかも。

        お体気を付けてください(笑)


        管理人アース

    156. kenji より:

      アース様

      1.
       まだ寝てない(笑)。
      2.
       エレンはマーレに潜入してジークとキャッチボールしてたり手紙のやりとりしたりしていると考えられます(確証はない)。
       もし,そうであれば,厳しい監視下でしょうが,人状態同士での接触はやっているのではないか(すれ違いざまに手が触れるとか,歩行中よろけてぶつかるとか,傍目には自然に見える「接触」はいくらでも可能と思います。)。その時点で,「接触」で座標発動が確認できているというパターンを考えました。ジークが巨人可してなければダメという場合は,さすがに,ひと目を忍んでの接触は困難なので,「接触」効果確認の可能性は低いように思います。
       なお,実験的な「接触」によりジークが操作されてしまうリスクを彼が飲むかについては,座標発動の持続時間の問題があって(それはまだ具体的に明らかにされていませんが),私は,エレンがずっとジークを操作し続けることができないと考えます。さらに,エレンとジークの両者が「地ならし」を目的としていると仮定します(その使用目的,使用時期,使用方法について同床異夢であったとしても。)。そうすると,「地ならし」発動の点で両者は,完全に相互補完関係になっているので,当面,二人は,同床異夢状態で協力する方向でやっていくしかないことになります。そうすると,「接触」発動に持続時間制限があるなら,ジークが実験的接触をするリスクはかなり低くなるように思います。
      3.
       そして,マーレの収容区の戦闘でエレンがジークに抱きつかなかったのは,そこでエレンが座標発動させてアギト,戦鎚,車力,鎧を操ってマーレを叩いたり,また,一気に捕食したりしても,エレンが描くプランが実現できないので,その方法は選択できなかったからかなぁと想像しました。そのプランが明らかになっていないので,これ以上の考察は困難ですが。また,あの戦闘状態で抱きついて座標発動させると,ジークが「王家血統」とマーレ側にばれかねません。マーレが「接触」発動を知らない状態であったとしても,ジークのあまりの特殊性から,もしかしたらジークは「王家血統」ではないかという重大なヒントをマーレに与えることになります。そして,「接触」が座標発動方法であることは,マーレ側には絶対に秘匿したい情報なので(これはジークも同様),あの場面で「接触」発動をしたら,「接触」発動についても,マーレに解明されてしまうリスクが高くなります。こういった理由もありそうだなと思いました。
      3.
       今度こそ,おやすみなさいませ。

    157. kenji より:

      アース様

      1.
       ああ・・・。寝る寝る詐欺ですわ(笑)
      2.
       エレンがジークを捕食したふりして胃袋保管する。それでマーレはジークが死に,獣も奪われたと勘違い。能力発動で,アギト,戦鎚,車力,鎧の全員捕食。そして,軍港その他を叩きまくる。その後,どうやって,エレンが巨人化を解き,人間ジークをこっそり飛行船に回収するかが悩みどころですが,リヴァイの獣殺傷偽装に紛れて実現できているので,やりようによっては何とかなるかも・・・。ただ,このプランは,マーレを欺けても,ジークのプランに反してジークが協力しないのかな?
      3.
       こんどこそ,おやすみなさいませ。

      • 管理人アース より:

        マーレ強襲は、本来ポルコとピークは登場しない予定だったはずです。
        なので、もともとはそのような計画もあったかもしれませんね!
        しかし二人が登場してしまったし、なおかつ戦鎚もいたのでエレンゲリオンがジークを捕食して…みたいな展開は無理だったのかもです。
        マーレ強襲展開には、いろいろ妄想を掻き立てられますよね!(笑)



        管理人アース

    158. kenji より:

      アース様

      1.
       超寝不足で仕事を終えました(笑)。お気遣いありがとうございます。
      2.
       アース様ご指摘のとおり,事柄が大きいので,賭け的なこと,実験的なことはマーレではできなかったというのが合理的な説明と思いました。
       パラディで,大声上げて無垢巨人の目玉えぐる実験なら,これまでの戦闘経験から,それによりトンデモな結果はまあ起きないだろうと踏んで実験やれます。
       しかし,人・エレンと人・ジークが町中や飛行艇内で触れ合った瞬間,「王家血統」側のジークが突発巨人化するかもしれない(ないとは言えない。)。マーレ強襲中に巨人・エレン,巨人・ジークで接触して,座標発動しちゃったら,ジークの「王家血統」や「接触」がマーレにバレる可能性が高い・・・。
      3.
       そんなこと考えると,「地鳴らし」発動実験は怖いですね。発動したら止まらなくなっちゃったとか,一部発動のつもりが連鎖反応で全発動しちゃったとか・・・。途中でコントロール喪失して,超大型巨人が壁内外区別なく文字通り「地均し」しちゃうとか(そうなったらギャグです。)。ジークがジーク脊髄液注入でコントロールする無垢巨人のように,一定の操作性が保たれる見込みが立たないと怖くて実験もできないなぁ。
      4.「地鳴らし」とは別に,座標発動で知性巨人をどの程度操作できるかも今のところ不明です。物語中確認できているのはエレン初回発動時の「ビビ」だけですから。そして,この実験は,やろうと思えばアルミンでやれますが,アルミンに「接触」で座標発動の実験したら,座標の力の支配力(意思)の制御に失敗してしまい,それが知性巨人の人格(意思,知性)を完全に吹き飛ばして,9つの巨人のうちの超大型巨人が道に行っちゃった(赤子継承)ってなっちゃう可能性も,ないとは言えない。
      5.
       慎重に進めると,まずは「接触」でエレンが無垢巨人操作できるか再確認し,練度を高め,無垢巨人で十分訓練した後で「地鳴らし」実験でしょうか。でも,パラディは無垢巨人いなくなっちゃったのでは???(完全にいなくなったかまでは確認できていませんが)。もし,野良無垢巨人を駆逐してたら,ハンジさん,パラディの極悪死刑囚「ユミルの民」を無垢巨人にしてモルモットにするのでしょうか?100年遅れたパラディで脊髄液製造できるのかしら?また,ハンジさん,「人」としてそういう実験やるかしら?
      6.
       実験大好きハンジさんは,実験やりたくて仕方ないけど二の足を踏んでしまうフラストレーションで発狂寸前になりそう(笑)。ハンジさん,マーレ巨人科学研究所に,潜入スパイ送り込みたいでしょうね(本当は自分で行きたいでしょうねぇ。)
      7.そんなことをつらつら考えたら,「地鳴らし」発動実験は,どういう条件下で,どういう方法でなされるのか,興味津々です。
      8.
       話は変わりますが,10月14日に初めてアニメのEDを見た私は,突然の画像乱れエンディングは,最初からああいうエンディングだと思って見ておりました(笑)。さっそく,ED画像考察記事を上げていただき,感動しております。
       これからも素敵な記事を待ち望んでおります。

    159. kenji より:

      アース様

      1.先のコメントのP.S.です。
      2.
      コニーの母ちゃん,どうなったんでしょ。シガンシナ奪還後の3年間,ハンジさんがコニーの母ちゃんで実験する時間はたっぷりあったわけで,ハンジさんなら,コニーの母ちゃんでもやっちゃってるのでは? また,ハンジさん,シガンシナ地区入植を放棄させて,そこが無垢巨人の捕獲場にして(外門あけてシガンシナ地区に一定数の人を置けば,巨人鼠取りになる),既に多数のモルモット無垢巨人確保済みだったりして。同じように,突起上の地区は全てモルモット無垢巨人で溢れてて,ハンジさんウハウハで実験しまくってたとか・・・どんな実験をどんな顔してやってたのか怖いかも・・・。
      3.ああ,短いPSのつもりが,どんどん,怖い想像を広げてしまいました(笑)

      • 管理人アース より:

        地鳴らし実験を無垢から初めているという予想はありそうです!
        それにコニー母巨人を使うとしたら、コニーの気持ちを考えると「…」ですが(・_・;)
        コニー母巨人、どうなったんでしょうね。
        駆逐はされていないと信じたいです!



        管理人アース

    160. kenji より:

      アース様

      1.
       ご返信ありがとうございます。
      2.
       コニー母も,先生は回収してくれると信じます。そして,回収方法としましては,
      A案
       かつて無垢巨人を「ユミルの民」の人に戻す方法があった。それが見つかり,「ユミルの民」に戻った。
      B案
       ハンジさんの実験材料としてどこかで消滅

      私はB案かなぁと想像しています。安易ですが。
      A案ですが,無垢巨人を「人」に戻す方法があるが前提です。この点は,私は,かつて存在していた可能性があると考えています。無垢巨人の兵器使用は,正確な始期は不明ですが,エルディア帝国には使用されていました(「古来よりエルディアは『無垢の巨人』を安価な破壊兵器として利用した」(クルーガー)。エルディア帝国が,自国内「ユミルの民」を,現在のマーレのように兵器使用していたとすると,その残虐性から,帝国民「ユミルの民」の帝政への支持調達が揺らぎますし,供給源も問題になります。死刑囚とかでまかなえたんでしょうか?まあ,遠くない過去にこの日本も,国民に特攻や人間魚雷にしておりますが・・・。戦闘で生き残った無垢巨人を野良無垢巨人で放置とか知性巨人が掃討するとかしてたら,さすがに帝国民「ユミルの民」は帝政から離れていくのではないかなと考えます。それで,かつては,方法があったのではないか?ただ,こう考えると,今,マーレは,その方法を持っているのか?持ってないなら,なぜ調達不能なのかが次に問題になるなぁと思っています。私は,A案展開で,人に戻す方法についての展開がリアルに描かれれば,それはそれでスゲェと思います。ですから,A案だったら嬉しいなと思っています。巨人の仕組みに関する様々な謎も全て回収してほしいなぁと思っています。

      • 管理人アース より:

        巨人が人間に戻せる、という展開が起こるかどうかですよね!
        少しでも救いのある展開があれば嬉しいですが・・・残酷な展開になりそうで怖いですよ(;´Д`)



        管理人アース

    コメントを残す

    このページの先頭へ